高 所 作業 車。 高所作業車(自走式) | 株式会社アイチコーポレーション 公式サイト -高所作業車、穴掘建柱車などの機械化車両で「作業環境創造」を実現するアイチコーポレーション-

高所作業車(自走式) | 株式会社アイチコーポレーション 公式サイト -高所作業車、穴掘建柱車などの機械化車両で「作業環境創造」を実現するアイチコーポレーション-

高 所 作業 車

また、万が一の事故が発生した場合にも総合補償システムがあるため、ご利用いただくお客様の信用をお守りいただくことができます。 クレーン車や高所作業車が緊急で必要になった際には、ジャパンレンタルまでご相談ください。 また、作業に必要な車両が分からないという場合にもお気軽にお問合せください。 専門の担当が現場に適した車両をご案内させていただきます。 ジャパンレンタルではオペレーター付き高所作業車の貸し出しを行っております。 車両のみのレンタルにも対応しています。 ジャパンレンタルでは、オペレーター付きの作業車の貸し出しを行っています。 オペレーターなしで車両のみの貸し出しも行っております。 詳細は担当者からご案内させていただきます。 工事現場や事故車の救援などで重量物を運搬するために使用します。 ジャパンレンタルではクレーン車や高所作業車などの貸し出しを行っています。 ラフテレーンクレーンは不整地走行可能なクレーンのことです。 ジャパンレンタルではラフテレーンクレーンとクローラークレーンを取り扱っています。 千葉県袖ケ浦市にも営業所があるため、そちらでも問い合わせを受け付けております。 高所作業車やクレーン車が必要な際にはお気軽にお問い合わせください。 当社では車両のみのレンタル、オペレーター付きのレンタルともに行っております。 高所作業車やクレーン車のレンタルをご希望の際は、電話、FAXもしくは本ホームページのお問い合わせフォームからお問い合わせください。 どういった車両が必要なのか分からないという場合には弊社の担当スタッフまでお問い合わせください。 作業の内容に合わせた車両をご提案させていただきます。 ジャパンレンタルで取扱いしている高所作業車のラインナップにはタダノ社、アイチコーポレーション社、ブロントスカイリフト社のものがあります。 用途に合わせてさまざまなご提案ができますので、高所作業車が必要な際にはジャパンレンタルにお問い合わせください。 最適な車両がわからないときでも弊社の担当者にご相談ください。 作業に最適な車両のご提案をさせていただきます。 ご依頼いただく際にどういった高所作業車やクレーン車が必要か、弊社担当者が対応させていただきます。 レンタル高所作業車やレンタルクレーン車はジャパンレンタルまで。 オペレーターを含めてのレンタルならジャパンレンタルまでご相談ください。 作業が行えなければ工期や人件費の無駄が発生してしまいます。 また必要以上の規模の車両では作業は行えるものの小回りが利かず作業が困難になる可能性もあります。 対人・対物・搭乗者に万が一のことが起こった際に補償をするシステムです。 サポートサービスをご利用いただくことによって安心してクレーン車、高所作業車をご利用いただくことができます。 詳しくは当社のホームページの補償制度の項をご覧ください。 大抵は1日あたり幾らというサービスになり、それぞれの会社によって料金を異なります。 また料金は、高所作業車のスペックによって異なってきます。 高所作業車やクレーン車をオペレーターがいる場合にレンタルする際は、直接弊社の営業所にお越しいただき車両の引き渡しを行います。 返却はお借入れいただいた営業所に車両をお返しください。 道中や作業中の燃料につきましては、満タンに給油したうえでご返却いただくか、返却後弊社で給油して利用燃料分をご請求させていただきます。 お申込みいただいたあと、車両の確保、オペレーターの行い、指定の日時・場所に伺い作業いたします。 作業終了後はオペレーターが車両に乗車して帰社いたします。 高所作業車やクレーン車が必要な際には、まずご連絡ください。 作業に必要な車両を当社の知識豊かなスタッフがご提案させていただきます。 高所作業車やクレーン車が必要だけれどどういった車両が必要か不明な場合はジャパンレンタルへ。 作業現場にはその作業現場に合った作業車が必要です。 高所作業車、クレーン車のレンタルならジャパンレンタル株式会社へ。 一方クレーン車は高いところに資材などを運ぶために利用する作業車です。 どちらも高額な車両であるため、工事の際にレンタルするのが一般的です。 高さや足元の条件、その現場に辿り着く方法なども含めて確認しておくことが大切です。 車両のレンタルの手配がきちんとされなければ一日の工期が無駄になってしまう可能性もあります。 ひとつは対応可能な高さ。 ふたつめは積載重量。 みっつめは作業を行う地面の状態。 よっつめは作業装置の方式です。 実際作業を行う現場がどのような条件なのかということを確認したうえで高所作業車のレンタルの手配を行うようにしましょう。 足場を建設することなく作業を行うことができるため、点検、補修などの早急に行わなければならない作業に利用することができます。 例えば町中の信号機の補修点検などにも利用されます。 豊富な車両の取り扱いがあるため多くの作業に適した車両をレンタルすることができます。 特殊車両が必要な工事はジャパンレンタルにご連絡ください。 工事はオペレーター次第でその工期が大幅に変わってきます。 オペレーターも含めてのレンタルなら、ジャパンレンタルにご相談ください。 頻繁に使用する業者ならば自社でそうした車両を購入していることもあるでしょう。 しかしそうした車両はトン100万とよくいわれています。 そのため頻繁に使わないのであればレンタルした方がよいでしょう。 ジャパンレンタルはこうした高所作業車やクレーン車に特化して車両のレンタルを行っております。 また作業員は確保したけれどそうした特殊車両を運転することができないという場合もあります。 そうした場合にはオペレーターも含めた手配が可能です。 指定の場所までご注文いただいた車両で伺い作業のお手伝いをいたします。 知識豊かな当社のスタッフがその現場に合った作業車を選定させていただきます。 車両のオペレーターが必要な場合は弊社がオペレーターの手配まで行わせていただきます。 しかし、そうした作業車は常に必要となるものではありません。 また、そうした作業車は特殊な車両であるため、購入費用も高額になりがちです。 ジャパンレンタルは多くの作業内容にマッチする豊富なレンタル車両を取り揃えております。 高所作業車のレンタルはジャパンレンタルまで。 しかし、さまざまな現場で工事を行う際にはそうした車両が必要になることもあるでしょう。 ジャパンレンタルではラフテレーンクレーンやクローラークレーンなど多くのクレーン車を取り揃えております。 建設現場などでクレーン車が必要になった際はジャパンレンタルにご相談ください。

次の

高所作業車の資格・免許ガイド!技能講習と特別教育のちがいは? 車種・価格・事故予防策にも迫る!!

高 所 作業 車

今回は、 造園・石材業界や 電気・電話業者、建設会社の方がよく活用する高所作業車にスポットライトをあてましょう。 高所作業車とは、大きなカゴ状の装置に人が乗って、高い所で作業するための乗り物です。 機能性に優れたスカイマスターシリーズの高所作業車でトップセールスを誇る、『株式会社アイチコーポレーション』の関連会社としても有名ですね。 例えば、電気工事・通信ケーブルの敷設作業や住宅への引き込み作業、電柱・電線 通信線 の工事。 また、道路標識や看板の設置、樹木の剪定など、いずれも地上6m〜10m前後の高所作業で使われます。 筆者の担当編集者である前田も高所作業車に試乗し、 地上高8mでの作業に挑戦しましたが、恐怖で手が震えていました。 地上高17. 1mの世界は風も強い! このとおり特殊車両ではありますが、意外といろんな場所に出没しています。 まとまって受講される方も多く、条件によっては 助成金制度の対象となります。 建設労働者確保育成助成金制度:くわしくはまたは、最寄りのへお問い合わせください マジメに受講すれば取得できる資格ですが、不合格の例もゼロではありません。 各自治体が置く労働局長登録教習機関が講習を代行するもので、今回『トラック王国ジャーナル』の取材に応じてくれた『アイチ研修センター』もそのひとつ。 余談ながら同社の研修規模や講習設備は一流です。 研修センターで得られる情報や気付きは、 『アイチコーポレーション』の高所作業車開発にも反映されていると聞き、ブランドへの信頼度もさらに上がった筆者です。 もちろん高所作業車も例外ではないのです。 ただトラック式の新車を例に出すなら、 1,000万円超えも珍しくないことは確かでしょう。 一方で、中古車両の購入価格はグンと下がって 100万円程度から登場します。 ごく一時的な利用であれば、レンタルを視野に入れても良いかもしれません。 レンタリースの費用は1日あたり 20万円前後です。 それでも、実際の現場では事故をゼロにすることはできません。 1年に5~6件は死亡事故も発生する業界です。 そこで、最大の事故予防策である安全作業の基本ノウハウと事故例の知識をここでお伝えしていきます。 取り上げる事故例は、発生率の高さから危険度1位と言われている 逸走 いっそう 事故と2位の 転倒事故です。 1位:逸走事故 最大の危険予防策として、アウトリガー操作の注意点を『アイチ研修センター』よりご指導いただきました。 傾斜地 坂道 では取り扱いに注意しないと、車両が坂道からずり落ちる逸走事故を招きます。 できるだけ地盤のしっかりした平地に固定するのが基本ですが、作業の都合から傾斜地で使用することもあるでしょう。 そんな時は、最大の注意をはらってください。 やはり坂道は安定性に欠ける! まず、前上りの駐車は危険なので必ず 前下がり 車両前方が坂下側 に駐車することを忘れずに。 次に、 駐車ブレーキと車輪止めを確実に行うことが重要です。 車両をジャッキアップするときは前輪のアウトリガーから行い、後輪を最後に上げましょう。 これは 駐車ブレーキが後輪にしか効いていないからです。 筆者は、アイチ研修センター実技講習場でそんな失敗例の実演を見させてもらいました。 すると、ジャッキアップと同時に車両が動き始め、人力では止められない危険を痛感したのです。 こんなトラブルを防ぐには、アウトリガー操作の正しい手順を守ること。 ジャッキアップは前方から行い、ジャッキを格納するときは後ろから操作しましょう! 2位:転倒事故 もうひとつ作業現場で多いトラブルは、軟弱地盤で養生が不十分のためにアウトリガーが地面に潜り込むケースです。 安心して作業するためには、教習所や研修センターで習う基本的な扱い方を遵守することです。 さらに言えば、適切な作業計画書のもとに作業指揮者や監督に従い操作すること。 それがあなたを守る安全策です!.

次の

高所作業車、クレーン車のレンタルはジャパンレンタルへお気軽にご相談下さい。

高 所 作業 車

高所作業車の用途• 窓ガラスの交換・清掃 操作性能が高く、対象物まで数センチのところまで接近できます。 広告関連 看板、道路標示の設置・メインテナンスに多くの実績があります。 エアコンダクト 工業団地内のエアコンダクト交換など、入り組んだ場所で使用できます。 塗装 外壁、屋根の塗装工事の際は、弊社運転手が無料でバスケットの養生をします。 配管工事 バケットは200kgの積載能力があり、職人がラクラクと配管を持ち上げられます。 街路樹の手入れ 移動効率が重要なポイント、トラック式高所作業車が能力を発揮します。 照明器具 倉庫や街頭の電球交換など、急なご用件も承ります。 外壁・屋根の施工 既存建築物のメインテンスや、新設工場の外壁工事 高広域で作業ができます。 高所作業車、トラッククレーンのレンタルに関するお問い合わせ・お申込みは下記営業所へお電話下さい。

次の