相方やらかした芸人。 TKO木下の不祥事を叱った相方、木本にも辛辣コメントが殺到したワケ

劇団ひとり、アンジャ児嶋に謝罪要求でフォロワーから注意? 過去にもTwitterでやらかした芸人が(リアルライブ)

相方やらかした芸人

お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が27日、神奈川県の交差点で交通事故を起こし謹慎処分となった。 そして、その後の対応・信頼回復が問われるわけだが、コンビの命運を握っているのは、残された「相方」であることが少なくない。 数ある芸人の不祥事において、これまで「相方」はいったいどんな対応を見せてきたのであろうか? 今も語り継がれる狂犬・加藤の男泣き• 相方・山本の不祥事を『スッキリ!!』で謝罪し涙を流した加藤浩次 (C)ORICON NewS inc. 芸人の不祥事と言えば、やはり2006年の極楽とんぼ・山本圭壱の未成年絡みの騒動が印象深い。 事件直後、相方の加藤浩次が『スッキリ!!』(日本テレビ系)の冒頭で山本の不祥事を謝罪した際、「16年連れ添った相方がこういう形で報道されるということは…」のくだりで大号泣し、「すごい腹立ちますし、情けないし、ちょっと気持ちの整理がついてない…」としながらも、山本の事務所解雇、コンビの活動停止などを正しい判断とし、山本にもしっかり受け止めてほしいとして、視聴者に向けて誠心誠意の謝罪をしたのである。 当時の加藤は『スッキリ!!』のMCに抜擢されてまだ3カ月目。 そして10年間、相方を見放すことなく、いつかまたふたりで活動したいとの想いを公言し続け、ついに昨年にはライブを開催し、山本も事務所に復帰した。 まさに加藤は、相方を救った芸人の代表格と言ってもいいだろう。 ポジティブでナルシストな相方を一番厳しい姿勢で叱咤• 不祥事を起こした相方・井上を強く非難したNON STYLE・石田明(C)ORICON NewS inc. 最近では昨年12月、NON STYLE・井上裕介の「当て逃げ事件」が記憶に新しい。 相方の石田明は、いきなりピンとして舞台に出るハメになるが、事件後すぐに黒スーツ・黒ネクタイ姿で「この度は大変ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません」と報道陣の前で深々と頭を下げた。 謹慎中の井上よりも先に謝罪することになった石田は、井上の様子や、「これから一緒に許してもらえるようにがんばろう…井上の人生は俺の人生でもあるから…」と井上に伝えたことを報告。 「ゼロからスタートします!」と力強く決意表明した石田は、世間から好感を得た。 しかし、当事者の井上は謝罪会見で「イチからスタート…」と発言。 石田は、ピンで登場した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で「俺はゼロから(スタート)と言ってるのに…追い抜いて行ってるんですよ」とツッコミ、怒りを露に。 さらには自身のブログで「(井上は)家族に対しても、相方の僕に対しても、劇場に対しても、お客さんに対しても、都合の悪いことにはフタをしてきたんです」と井上を痛烈に批判。 芸能界のご意見番や世間から批判される前に、相方自らが井上を強く非難し、さらにそれを笑いに昇華することでNON STYLEの未来を救ったのである。 そんな彼を私たち(家族)は笑顔で支えていこうと思ってます」と肝っ玉母さんぶりを見せれば、仕事の相方である松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「食欲が止まらんくて。 おかずなしでいけると思ったくらい。 中には、相方の対応が結果的に失敗に終わりコンビで共倒れとなる場合もあるだろう。 しかし、さらば青春の光などは東口宜隆の不倫が原因で事務所から契約を解除され、相方・森田哲矢がドン底に落ちたことを番組で嘆きながらも、解散することなく共に活動を続けているし、古くは横山やすし西川きよしの例もある。

次の

劇団ひとり、アンジャ児嶋に謝罪要求でフォロワーから注意? 過去にもTwitterでやらかした芸人が

相方やらかした芸人

アンジャッシュ・渡部建が、自身の女性スキャンダルを理由に活動自粛を発表。 そんな中、劇団ひとりが、相方の児嶋一哉のTwitterにリプを送り、謝罪をするよう書き込んだ。 本人的には笑いを取って和ませようとしたようだが、ネットユーザーから注意をされたことで、空気を読めていなかったと自己反省した。 彼の行動に、ネットからは「面白かったですよ」「そういうのある」とフォローがあったものの、ニュースに取り上げられてしまい、多くの人に知れ渡る形となってしまった。 過去にも、ネット関連で失敗をしてしまった芸人は多い。 2017年、狩野英孝が淫行疑惑の謝罪会見を行った際、コメントを書き込みながら視聴できるインターネットテレビ『AbemaTV』が生配信を行った。 ロンドンブーツ1号2号・田村亮は、番組に対するコメントとTwitterが連動していると知らず、一般人に交じって匿名で書き込み。 記者への苦言がTwitterにもアップされてしまい、後日謝罪する大騒動に。 ネットでは高評価だったものの、相方の田村淳からイジられる形となってしまった。 また、現在マッサージ師としても活躍する楽しんごは、自分をバカにしてきた人たちが、コロナ禍で失業しているとし、「貧乏人」などと揶揄。 彼のコメントには賛否両論が巻き起こった。 2013年、個人事務所のマネージャーを殴ったとして傷害容疑で書類送検されている楽しんご。 それにも関わらず、Twitterにて「殴る」「 自分は 干されている」などの書き込みも多数行っており、フォロワーからは「今の方が好き」といった声もある。 「キングコング・梶原雄太扮するカジサックも、たびたびネットで炎上騒動を起こしています。 現在コンビの活動ができていない雨上がり決死隊・宮迫博之とYouTuberのヒカルがCMに出演したことで記念の生配信を行いました。 そこに祝儀という形で投げ銭を送ったカジサック。 その後ヒカルが彼に電話をしてトークを行いました。 しかし、その後カジサックは一人で生配信。 宮迫とコラボしない理由として、最初に絡むのは相方の蛍原徹だと発言したのです。 これにヒカルが激怒。 Twitterで『裏で言っていることが違う』と苦言を述べました。 なんとか大炎上は免れました」 芸能ライター 人を笑顔にするはずの芸人のお仕事。 SNSやYouTubeは気を付けて利用してほしいものだ。

次の

キンコン西野、炎上続きの相方・梶原への正論に反響→どこで道を誤ったんだろう。

相方やらかした芸人

お笑いコンビ・インパルスの堤下敦が27日、神奈川県の交差点で交通事故を起こし謹慎処分となった。 そして、その後の対応・信頼回復が問われるわけだが、コンビの命運を握っているのは、残された「相方」であることが少なくない。 数ある芸人の不祥事において、これまで「相方」はいったいどんな対応を見せてきたのであろうか? 今も語り継がれる狂犬・加藤の男泣き• 相方・山本の不祥事を『スッキリ!!』で謝罪し涙を流した加藤浩次 (C)ORICON NewS inc. 芸人の不祥事と言えば、やはり2006年の極楽とんぼ・山本圭壱の未成年絡みの騒動が印象深い。 事件直後、相方の加藤浩次が『スッキリ!!』(日本テレビ系)の冒頭で山本の不祥事を謝罪した際、「16年連れ添った相方がこういう形で報道されるということは…」のくだりで大号泣し、「すごい腹立ちますし、情けないし、ちょっと気持ちの整理がついてない…」としながらも、山本の事務所解雇、コンビの活動停止などを正しい判断とし、山本にもしっかり受け止めてほしいとして、視聴者に向けて誠心誠意の謝罪をしたのである。 当時の加藤は『スッキリ!!』のMCに抜擢されてまだ3カ月目。 そして10年間、相方を見放すことなく、いつかまたふたりで活動したいとの想いを公言し続け、ついに昨年にはライブを開催し、山本も事務所に復帰した。 まさに加藤は、相方を救った芸人の代表格と言ってもいいだろう。 ポジティブでナルシストな相方を一番厳しい姿勢で叱咤• 不祥事を起こした相方・井上を強く非難したNON STYLE・石田明(C)ORICON NewS inc. 最近では昨年12月、NON STYLE・井上裕介の「当て逃げ事件」が記憶に新しい。 相方の石田明は、いきなりピンとして舞台に出るハメになるが、事件後すぐに黒スーツ・黒ネクタイ姿で「この度は大変ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございません」と報道陣の前で深々と頭を下げた。 謹慎中の井上よりも先に謝罪することになった石田は、井上の様子や、「これから一緒に許してもらえるようにがんばろう…井上の人生は俺の人生でもあるから…」と井上に伝えたことを報告。 「ゼロからスタートします!」と力強く決意表明した石田は、世間から好感を得た。 しかし、当事者の井上は謝罪会見で「イチからスタート…」と発言。 石田は、ピンで登場した『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で「俺はゼロから(スタート)と言ってるのに…追い抜いて行ってるんですよ」とツッコミ、怒りを露に。 さらには自身のブログで「(井上は)家族に対しても、相方の僕に対しても、劇場に対しても、お客さんに対しても、都合の悪いことにはフタをしてきたんです」と井上を痛烈に批判。 芸能界のご意見番や世間から批判される前に、相方自らが井上を強く非難し、さらにそれを笑いに昇華することでNON STYLEの未来を救ったのである。 そんな彼を私たち(家族)は笑顔で支えていこうと思ってます」と肝っ玉母さんぶりを見せれば、仕事の相方である松本人志は『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「食欲が止まらんくて。 おかずなしでいけると思ったくらい。 中には、相方の対応が結果的に失敗に終わりコンビで共倒れとなる場合もあるだろう。 しかし、さらば青春の光などは東口宜隆の不倫が原因で事務所から契約を解除され、相方・森田哲矢がドン底に落ちたことを番組で嘆きながらも、解散することなく共に活動を続けているし、古くは横山やすし西川きよしの例もある。

次の