ダンス ウィズミー 映画。 ダンスウィズミー

映画『ダンスウィズミー』あらすじネタバレと感想。三吉彩花と大物俳優・宝田明が輝く日本製ミュージカル

ダンス ウィズミー 映画

『ダンスウィズミー』の主演を務めた三吉彩花 『スウィングガールズ』 04 の矢口史靖監督によるコメディミュージカル『ダンスウィズミー』 8月16日公開 で、日本中からのオーディションでヒロインに選ばれた、女優でモデルの三吉彩花。 ダンスシーンでは、スレンダーな彼女の長い肢体が、大いに映える。 本作は歌って踊れる女優、三吉のポテンシャルを最大限に引き出し、コメディエンヌとしての才能も開花させた。 「これまで演じたなかで一番苦労した役」と言う三吉に、本作に懸けた想いや女優としての展望について聞いた。 三吉が演じるのは、一流商社に務めるOL、鈴木静香。 「プレッシャーで極限状態まで追い込まれました」 ミュージカルが何より苦手なOL鈴木静香 三吉彩花 [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 クランクインの2か月前から、歌や踊りを猛特訓したという三吉は、「極限状態まで追い込まれました」と告白する。 「主演のプレッシャーと、初めてのコメディミュージカルということで、いろいろな方がすごく期待をしてくださっている作品だったので、いい作品にしなければいけないと思いつめてしまって。 また、本作で披露するダンスもヒップホップからポールダンスまで多岐にわたっていたので、自分のスキルがまだまだ足りないと痛感していました」。 その結果、三吉はクランクイン前に体調を崩してしまった。 「その時は歌ったり踊ったりできないので、どういうふうに気持ちを保っていけば良いのかといろいろ考えました」。 そんななか、静香と共に旅をする斉藤千絵役のやしろ優や、ストリートミュージシャンの山本洋子役で演技に初挑戦したアーティストのchayと現場で意気投合し、次第に撮影を楽しめるようになっていったそうだ。 「皆さんとの共演シーンが増えていくと、自分は1人じゃないという安心感が出てきて、気持ちが切り替えられるようになっていきました」。 結婚式でサプライズで歌を披露する静香たち [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 三吉はやしろたちとすっかり仲良くなり、撮影がない日も会ったりしていたそうだ。 「3人とも職業や雰囲気は全然違いますが、実は、すごく性格が似ているんです。 いい意味で、人に対してまったく干渉をしないタイプで、いつも他愛ない話をしていました。 すごく波長の合う3人だったので、良かったです」。 自身が演じた静香と三吉は共通点があまりなかったが、だからこそ演じやすかったそう。 「自分に重ね合わせられる役だと演じづらい、というわけではないのですが、自分だったらどうするか?と考えすぎてしまうんです。 だから、自分と近しい役の時、三吉彩花として考えているのか、それともその役がそう思っているのかがわからなくなってしまうことがあります。 実際、そういう経験が過去にあって悩みました。 でも、今回は矢口監督が思い描く静香に近づけることだけを考えてお芝居をしていきました」。 「大勢でやるダンスシーンはかなり大変な撮影でした」 矢口史靖監督の演出について語った三吉彩花 ダンスシーンは実にバリエーション豊かだ。 ロマンティックにステップを踏むシーンから、大勢でのヒップホップダンス、魅惑のポールダンス、アクロバティックなアクションと、三吉は曲に合わせていろいろなパフォーマンスを繰り広げる。 「レストランや会議室など、物がたくさんある中、大勢で撮影するシーンも多かったので、かなり大変な撮影でした。 例えば、静香が務める会社の会議室でのシーンでは、社員の人たちも巻き込んで一緒に踊りだしますが、最終的に机の上にシュレッダーの中の紙をぶちまけるシーンがあって。 一度OKが出ても、また別のアングルで撮らなければいけないので、全員がばらまかられた紙をかき集め、毎回掃除をしてから再度、最初から撮り直さなければいけなかったんです 笑。 また、マンションの中でモップを使って踊るシーンも、テーブルやソファの高さや長さによって、当日少しずつ振り付けが変わったりしたので、皆さんと臨機応変にやっていきました」。 高級レストランでのシーンも強烈なインパクトを放つ。 山本リンダのヒット曲「狙いうち」に合わせてのダンスだが、三吉が艶っぽい目つきで身体をしならせ、ギャラリーを挑発していく。 その後、テーブルクロス引きを3連発で行うが、なんと三吉は1テイクで成功させたようだ。 「レストランでのシーンは4日間くらいかけて、ブロックごとに撮っていきました。 クロス引きは先生に教えていただきましたが、やってみると『ああ、こういうふうにすれば誰もができるんだ』と納得し、意外とできました。 躊躇なく斜め下に引けば、大丈夫です 笑 」。 また、ワインを飲みながら歌い、踊っていくシーンは、撮影後のアフレコが難しかったという。 「歌いながら飲んでいるというシチュエーションなので、飲むタイミングなども考えなきゃいけなかったんです」。 レストランでいきなり踊りだす静香 [c]2019「ダンスウィズミー」製作委員会 なかでも目を見張るのは、後半でシャンデリアにぶら下がり、レストランを左右にぶんぶんと飛び回る、空中ブランコさながらのシーンだ。 「あれはワイヤーで吊るされましたが、自分の力だとどれくらいの高さで振れるかと、研修を受けてから臨みました。 実は私、高いところが苦手なんです。 ジェットコースターの高さくらいまでいっちゃうと大丈夫なですが、公園のブランコなどちょっと浮いている感じもダメなほうなので、ちょっと苦労しました」。 今回、初めて仕事をした矢口監督については「こんなに役者に寄り添って演出してくださる監督には出会ったことがないです。 本当に優しい方ですし、演出はとてもわかりやすかったです」と心から感謝する。 「役者さんやスタッフさんに対して、すごく言葉を選んでくださる監督で、誰も傷つけないように言ってくださいます。 また、ご自身が撮りたい画を忠実に教えてくれますし、表情やリアクションなどを、監督自身が1回やって見せてくださることもあります。 とにかく演出が非常にわかりやすいんです」。 矢口監督自身の印象については「最初は、一体監督は、なにを考えているのだろう?と全然わからなかったんですが、撮影が終わったあと、印象がまったく変わりました」と言う。 「本当にピュアで少年のような方。 ごはんや服なども好みがはっきりしてらっしゃって、好きなパターンがあるようです。 大御所の監督ですが、ちょっとかわいいなと思ってしまう少年っぽさがあります」。

次の

映画『ダンスウィズミー』あらすじネタバレと感想。三吉彩花と大物俳優・宝田明が輝く日本製ミュージカル

ダンス ウィズミー 映画

複数のVODで配信されていますが、• 無料登録の入力項目が少ない• 無料キャンペーン期間が長い• 作品の充実度• 解約が簡単 という理由から、最もオススメな動画配信サイトは U-NEXTになります! 映画『ダンスウィズミー』を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。 U-NEXTにラインナップされている作品は• 見放題作品• ポイントレンタル作品 の2パターンが存在します。 『ダンスウィズミー』はポイントレンタル作品となり、通常は追加料金がかかってしまいますが、 現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で『ダンスウィズミー』を観ることが出来ます! U-NEXTは映画のみならず、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。 配信状況などはをご確認ください。 スマホで予約• 視聴後、ポストに返却 という簡単3ステップで、家にいながらツタヤの充実した商品ラインナップを楽しめるサービスです。 の説明が少し分かりにくい部分もありますが、 現在30日間の無料キャンペーンを実施しているので、試しに使ってみて自分が想像していたサービスと違う…と感じた場合はキャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。 2019年公開。 突然歌って踊り出す体質になってしまったOLが巻き起こす大騒動を描きます。 ヒロインの静香役に、『グッモーエビアン!』の三吉彩花。 共演はムロツヨシ、やしろ優などの個性派や、大御所の宝田明、三浦貴大ほか。 ヒロインの体の秘密に関わるクセの強いキャラクターに扮して、作品を盛り上げます。 キャスト全員が、ミュージカルシーン全ての歌とダンスを吹き替えなしで挑戦。 コミカルでハッピーな名曲満載の楽しいストーリーが展開していきます。 映画『ダンスウィズミー』あらすじ C 2019「ダンスウィズミー」製作委員会 一流商社で働く勝ち組OLで、子どもの頃の苦い思い出からミュージカルが苦手なOLの静香。 街中に流れるちょっとしたメロディや携帯の着信音など、あらゆる音楽に反応して、まるでミュージカルスターのように歌い踊り出す体になってしまった静香は、恋も仕事も失ってしまいます。 術をかけた催眠術師を訪ねますが、そこはすでにもぬけの殻。 静香は、催眠術師の助手をしていた千絵とともに行方を捜して日本中を奔走しますが、クセ者たちと出会い、さらなるトラブルに巻き込まれ…。 映画『ダンスウィズミー』主要キャスト紹介• 三吉彩花/鈴木静香• やしろ優/斎藤千絵• chay/山本洋子• 三浦貴大/村上涼介• ムロツヨシ/渡辺義雄• 宝田明/マーチン上田 映画『ダンスウィズミー』主要スタッフ紹介• 矢口史靖/監督・原作・脚本• 高橋雅美ほか12名/製作• 桝井省志/エグゼクティブプロデューサー• 関口大輔、土本貴生/プロデューサー• 谷口和寛/撮影• 磯田典宏/美術• 宮島竜治/編集• Gentle Forest Jazz Band、野村卓史/音楽 まとめ 映画『ダンスウィズミー』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。 動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『ダンスウィズミー』を無料で見られるので安心ですね!.

次の

ダンスウィズミー【映画】評判や評価は?元気が出るけど昭和感も!

ダンス ウィズミー 映画

この節のが望まれています。 キャスト [ ] 鈴木静香 演 - 有名企業で働くOLだが、真面目であり続けようと内心無理をしている。 子供のころから不自然に歌い、踊るミュージカルを苦手にしているが、マーチン上田の催眠術で音楽を聴くと歌い踊らずにはいられない体質になってしまう。 斎藤千絵 演 - プロダンサーにあこがれるフリーターで、お金とイケメンに目がない。 夢を叶える為、マーチン上田のサクラとして働き、静香とともに消えたマーチンを探す。 山本洋子 演 - 北を目指す訳ありのストリートミュージシャン。 言葉は新潟ネイティブ。 村上涼介 演 - 周囲の憧れの対象となっている清廉潔白のエリートサラリーマンだが、笑顔が妙に嘘くさい雰囲気を放つ。 渡辺義雄 演 - マーチンの行方を捜す興信所の調査員。 マーチン上田 演 - かつて一世を風靡した、逃げ足の速いインチキ催眠術師。 スタッフ [ ]• 原作・脚本・監督:• 音楽:、野村卓史• 振付:Q-TARO、EBATO(電撃チョモランマ隊)• 製作:、池田宏之、吉崎圭一、、有馬一昭、森田圭、太田和宏、、飯田雅裕、中谷健、、三宅容介、小形雄二• エグゼクティブプロデューサー:• プロデューサー:、土本貴生• アソシエイトプロデューサー:楠千亜紀、堀川慎太郎• 脚本協力:矢口純子• 撮影:谷口和寛• 照明:森紀博• 録音:郡弘道• 美術:• 装飾:前田亮• 編集:• 音響効果:• 音楽ディレクター:、石塚信孝• 助監督:井上雄介• キャスティング:吉川威史• 製作担当:山岸秀起• プロデューサー補:• アシスタントプロデューサー:前村祐子、鎌倉希• タイトルデザイン:• 企画・制作プロダクション:• 製作幹事・配給:• 矢口監督のジャズへの強い思い入れから、ミュージカルシーンをが編曲し、演奏された。 公開まで [ ] 製作 「普通に生活している人が突然歌い出す」そのようなミュージカルに抵抗感のあった矢口が『』に触発されて、「なぜ急に」歌い始め、踊り出すのかという疑問に答える映画を、「ミュージカルが好きな人」は勿論「苦手な人にこそ観てもらいたい」と、自ら脚本と監督を手掛けた。 歌って踊れ、演技も出来る主演は選考が繰り返され、およそ500名の応募者の中から三吉彩花がオーディションで抜擢された。 選んだ矢口は「三吉さんに会えた。 宝物を発見したような感覚」と心境を表した。 特技のダンスもオーディションでは必ずしも自信を持てなかった三吉は、不安はありながらも「まずは自分が楽しむ、そして周りを巻き込む」と意気込みを語り、クランクインの2か月前から歌やダンスにポールダンスなど250時間をトレーニングに費やし、全てのミュージカルシーンを吹き替えなしで撮影に挑んだ。 2018年7月24日に撮影が開始され、東京、、、、などでロケを行い、10月4日にクランクアップした。 プロモーション• 2019年5月29日、東京都内で開催されたトークイベントに三吉と、やしろ優、chayが登場した。 2019年に開催された海外の映画祭で上映され、矢口と三吉が訪問した。 6月10日、カナダの日系文化会館が主催するトロント日本映画祭で 、世界初上映となるワールドプレミアが実施され、特別監督賞が贈られた矢口と三吉が出席した。 第22回のガラ部門で6月15日にオープニング上映され、矢口と三吉が出席した。 中国語のタイトルは『 与我跳舞』。 23歳の誕生日を迎える三吉に観客からサプライズでバースデーソングが送られ、矢口から「踊り出さないと」と促された三吉は、ステージ上でくるりと回って見せ観客を沸かせた。 7月19日にニューヨークので行われた、第13回(JAPAN CUTS)においてオープニング上映され、矢口と三吉が舞台挨拶に登壇した。 カナダのモントリオールで開催された第23回で7月21日に上映され、矢口が出席。 観客賞を受賞した。 2019年6月25日、矢口と三吉は沖縄ののオープニングイベントとプレミア上映に参加した。 2019年7月18日、でジャパンプレミアが開催された。 会場スタッフらによるに始まり、三吉とやしろが劇中のダンス『狙いうち』を披露。 さらにchay、三浦貴大、ムロツヨシ、宝田明、矢口が登壇した。 2019年7月30日、でトークイベントが行われ、矢口と三吉が登壇した。 三吉は主演のプレッシャーから一時は入院していたことを明かした。 2019年8月16日の公開初日に、で舞台挨拶が行われた。 矢口はサプライズで三吉に宛てた手紙を読み上げ、歌やダンスに、プロモーション活動を労った。 そしてオーディションでは不安の声のある中で自分だけが「三吉さんでいきましょう」と決断し「あなたなら絶対、この役をやれます」と激励したエピソードを紹介。 「僕の目に狂いはなかった。 よく頑張りました。 矢口組に参加してくれて有難う」と健闘を称え、感涙した三吉は、自信をなくした撮影時の心境を振り返って「本当に嬉しい」と、矢口の言葉や寄せられた応援のコメントに感謝した。 出演者の三吉彩花、やしろ優、chayの3人 によるプロモーションが展開された。 映画の公開に向けて、本編映像とメイキングを含むフィルムクリップや、オリジナル動画が制作され公開された。 劇中の振り付けを担当した 、電撃チョモランマ隊らによるダンス映像が公開された。 12月14日、リリースを記念して監督の矢口を招いたトークイベントが行われた。 『』で、ある1つのシーンをミュージカル仕立てに描きたかったのが、後の『ダンスウィズミー』製作に繋がる発端で、その10数年後に催眠術のアイデアに思い至った経緯が披露された。 国内で公開後も、海外の映画祭で上映された。 2019年11月19日よりで、やの主催による、第53回日本映画祭が開催され 、初日の開幕上映にプロデューサーの桝井省志と土本貴生が出席した。 桝井はインタビューの中で、オーディションには有名な女優も多数参加していて、最終的に監督が三吉を主演に選ぶまで、別な一人の候補にも主役の選考が絞られていたことが語られた。 12月5日、第4回のガラ部門で上映され、前作の『』に続いて2度目の参加となる矢口と、宝田明がレッドカーペットに登場した。 ので育ち、アジア圏でも人気を博した宝田が流暢な中国語で舞台挨拶に登壇すると、会場から驚きと喝采で迎えられた。 2020年2月6日、タイでバンコク日本文化センターが開催する日本映画祭2020が開幕し、初日のオープニングイベントにプロデューサーの桝井省志と土本貴生が参加。 翌7日の上映後に行われた特別トークセッションにも出席した。 3月8日にかけてバンコクに続き、コンケン、チェンマイ、プーケットでも上映される。 テレビ放送• 2020年5月4日、。 - 独占放送を記念した、矢口史靖6作品の特集の中でテレビ初放送。 受賞 [ ]• トロント日本映画祭 特別監督賞・観客賞• 観客賞 関連書籍 [ ]• 『映画監督はサービス業です。 出典 [ ] []• 日本経済新聞社・日経BP社. NIKKEI STYLE. 2019年9月7日閲覧。 Pouch[ポーチ] 2019年8月20日. 2019年9月7日閲覧。 取材・文:中山治美 2018年9月7日. シネマトゥデイ. 2019年10月12日閲覧。 シネマズPLUS(旧 シネマズby松竹). 株式会社クラップス. 2019年9月27日閲覧。 文・武田由紀子 写真・花田龍之介 2019年8月13日. 2019年10月20日閲覧。 2019年8月18日. 2019年10月23日閲覧。 Movie Walker. 2019年12月29日閲覧。 tower. 2019年9月7日閲覧。 2019年7月30日. 2019年10月22日閲覧。 やしろ優 2019年7月16日. やしろ優Instagram. 2019年10月22日閲覧。 編集部・石井百合子 2018年10月17日. シネマトゥデイ. 2019年10月12日閲覧。 取材・文:編集部 石井百合子 2018年11月18日. シネマトゥデイ. 2019年10月12日閲覧。 編集部・中山雄一朗 2019年8月21日. シネマトゥデイ. 2019年9月26日閲覧。 Inc, Natasha. 音楽ナタリー. 2019年9月7日閲覧。 シネマカフェ. 2019年8月8日. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月5日. 2019年10月13日閲覧。 シネマカフェ. 201-09-26閲覧。 シネマカフェ. 2019年7月19日. 2019年9月27日閲覧。 zakzak. 2019年9月7日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月11日. 2019年10月12日閲覧。 2019年5月31日. 2019年10月23日閲覧。 映画ナタリー. 2019年4月5日. 2019年10月12日閲覧。 ワーナー・ブラザース映画. 2019年9月7日閲覧。 ダンスニュースメディア Dews(デュース). 2019年1月5日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月12日. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月12日. 2019年10月12日閲覧。 シネマカフェ. 2019年6月21日. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年6月21日. 2019年10月13日閲覧。 2019年6月21日. 2019年10月23日閲覧。 取材・文/平辻哲也 2018年11月15日. com. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年6月25日. 2019年10月19日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月24日. 2019年10月12日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年6月25日. 2019-010-12閲覧。 WARNER MUSIC JAPAN. 2019年6月20日. 2019年9月27日閲覧。 シネマカフェ. 2019年8月15日. 2019年9月26日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年8月15日. 2019年10月12日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月16日. 2019年9月26日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年8月16日. 2019年10月12日閲覧。 取材・文:編集部 石井百合子 2018年11月15日. シネマトゥデイ. 2019年9月25日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年6月13日. 2019年9月25日閲覧。 シネマカフェ. 2018年7月25日. 2019年9月26日閲覧。 シネマカフェ. 2019年6月29日. 2019年9月26日閲覧。 modelpress編集部 2018年7月25日. モデルプレス. 2019年10月20日閲覧。 映画ナタリー. 2018年7月25日. 2019年10月12日閲覧。 映画ナタリー. 2018年10月17日. 2019年10月12日閲覧。 映画ナタリー. 2018年10月17日. 2019年10月13日閲覧。 映画ナタリー. 2018年11月15日. 2019年10月13日閲覧。 映画ナタリー. 2018年11月22日. 2019年10月13日閲覧。 modelpress編集部 2018年10月17日. モデルプレス. 2019年10月21日閲覧。 磯部正和 2019年5月30日. シネマトゥデイ. 2019年9月26日閲覧。 磯部正和 2019年5月29日. シネマトゥデイ. 2019年10月11日閲覧。 映画ナタリー. 2019年5月29日. 2019年10月12日閲覧。 modelpress編集部 2019年5月29日. モデルプレス. 2019年10月21日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年5月29日. 2019年10月8日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月25日. 2019年10月13日閲覧。 日系文化会館(カナダ). 2019年10月23日閲覧。 modelpress編集部 2019年6月11日. モデルプレス. 2019年10月21日閲覧。 2019年6月11日. 2019年10月23日閲覧。 Mtime(中国の映画ウェブサイト) 2019年6月25日. 2019年11月2日閲覧。 com. 2019年6月17日. 2019年10月20日閲覧。 映画ナタリー. 2019年6月16日. 2019年10月12日閲覧。 2019年6月16日. 2019年10月23日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月22日. 2019年10月12日閲覧。 エンタメステーション. 2019年8月8日. 2019年9月8日閲覧。 シネフィル編集部 2019年6月22日. cinefil シネフィル. 株式会社Miramiru. 2019年12月10日閲覧。 2019年6月27日. 2019年10月23日閲覧。 取材・文:名鹿祥史 2019年7月18日. シネマトゥデイ. 2019年10月11日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月18日. 2019年10月13日閲覧。 modelpress編集部 2019年7月18日. モデルプレス. 2019年10月21日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年7月18日. 2019年10月8日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月31日. 2019年10月13日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月16日. 2019年9月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年10月11日閲覧。 modelpress編集部 2019年8月16日. モデルプレス. 2019年10月22日閲覧。 modelpress編集部 2019年8月16日. モデルプレス. 2019年10月22日閲覧。 取材・文:名鹿祥史 2019年8月17日. シネマトゥデイ. 2019年9月19日閲覧。 取材・文=月山武桜 撮影=永田正雄 2019年8月17日. ザテレビジョン. 2019年10月13日閲覧。 映画『ダンスウィズミー』 [ Dancewithmefilm] 2019年6月16日. ツイート. より 2019年12月11日閲覧。 MOVIE Collection. 2019年8月16日. 2019年10月11日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年7月23日. 2019年10月8日閲覧。 取材・文:森田真帆/写真:サイトウ ムネヒロ 2019年7月23日. シネマトゥデイ. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月11日. 2019年10月11日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月3日. 2019年10月12日閲覧。 modelpress編集部 2019年8月2日. モデルプレス. 2019年10月22日閲覧。 映画ナタリー. 2019年6月29日. 2019年10月13日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月24日. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月30日. 2019年10月12日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月18日. 2019年10月13日閲覧。 シネマカフェ. 2019年8月2日. 2019年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月2日. 2019年10月13日閲覧。 映画ナタリー. 2019年8月8日. 2019年10月19日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年7月26日. 2019年10月12日閲覧。 映画ナタリー. 2019年7月26日. 2019年10月12日閲覧。 Q-TARO 2019年8月30日. 電撃チョモランマ隊オフィシャルブログ「チョモブロ」. 2020年1月7日閲覧。 Q-TARO 2019年8月5日. 電撃チョモランマ隊オフィシャルブログ「チョモブロ」. 2020年1月7日閲覧。 Q-TARO 2019年9月3日. 電撃チョモランマ隊オフィシャルブログ「チョモブロ」. 2020年1月7日閲覧。 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 (KYODO). 2019年12月12日. 2019年12月17日閲覧。 三吉彩花 2019年12月19日. 三吉彩花Instagram. 2019年12月20日閲覧。 S木 2019年12月25日. SCREEN ONLINE. 2019年12月27日閲覧。 TOWER RECORDS ONLINE. 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 SCREEN ONLINE. 2019年10月31日. 2019年10月31日閲覧。 ナビコン. 株式会社 navicon 2019年10月30日. 2019年11月20日閲覧。 2019年10月30日. 2019年11月20日閲覧。 2019年12月18日. 2019年12月19日閲覧。 文化事業部 2019年. 2019年12月12日閲覧。 徳山あすか 2019年11月26日. 2019年12月10日閲覧。 取材・文:中山治美 2019年12月8日. シネマトゥデイ. 2019年12月9日閲覧。 映画ナタリー. 2019年12月6日. 2019年12月10日閲覧。 斉藤博昭(映画ジャーナリスト) 2019年12月7日. 2019年12月10日閲覧。 国際交流基金バンコク日本文化センター. 2020年2月10日閲覧。 ツイート. より 2020年5月4日閲覧。 WOWOWオンライン. 株式会社. 2020年5月4日閲覧。 映画ナタリー. 2019年6月11日. 2019年9月8日閲覧。 外部リンク [ ]• Dancewithmefilm -• - プレイリスト.

次の