ウコン 栽培。 ターメリックの育て方|ヤサシイエンゲイ

ウコンの栽培方法 :ウコンの種類、効果と食べ方

ウコン 栽培

ウコン栽培のコツ ウコンの根茎ですが、新芽が3~4個付いた状態で切り分けるそうです。 株の間隔は、30㎝から40㎝ほどにして、深さ7㎝のところに種株を置いた状態で5~6㎝ほど覆土しましょう。 鉢植えであれば、20gから30g程度の根茎を用意し、10号鉢で1個を深植えするそうです。 元肥である緩行性化成肥料は20gから30g程度がいいそうです。 栽培中は、露地植えであっても鉢植えであっても、ともに水を切らさないことが大事なようです。 なぜなら、ウコンは、東南アジア原産ということで、乾燥と寒さにはめっきり弱いようですから。 ウコンは湿った土を好む ウコンは湿った土が好きなので、たっぷり水をあげてください。 真夏の乾燥した状態では、特に水やりに注してください。 土に水分が不足している状態では、まともな収穫は得られませんよね。 しかし、常時水がたまった状態ですと、根茎自体が腐ってしまいますので逆効果だそうです。 たっぷり水はやるけれど、土が水浸しで、いつまでも水がはけないような状態は禁物です。 実りある収穫を期待するなら、特に水やりには注意が必要ということですね。 スポンサードリンク ウコンの収穫と保存 11月上旬から下旬にかけて、ウコンの葉が枯れ始めたら、収穫の時期到来だそうです。 霜が降りる前に、根茎をやさしく堀りあげて、収穫してください。 ウコンは、温暖な地域では、外において越冬しても問題ないらしいですが、寒冷地域では、水洗いをしない状態で、地中深くに埋めて保存するのだそうです。 あるいは、ポリ袋などに入れて、室内で保存するということもあるそうです。 ウコン収穫しました!久々にカレー作っちゃう? — そらとことり soratokotori まとめ ウコンは、肝臓機能低下や二日酔いの予防、動脈硬化の予防改善、がん予防など、効果がたくさんあるということですので、皆さんも栽培してみてはいかがですか? 寒さ、乾燥などに注意すれば、栽培自体は難しくないそうです。 美白、シミ、しわなど、美容面でも効果のある成分がたっぷりの根菜ですので、家族の健康と美容のために、栽培してウコンの収穫をゲットできたら、いいですよね…。 開花すれば、かわいらしい花も咲きますので、花を見る楽しみも味わえると思います。

次の

生ウコンの食べ方&飲み方〜野菜オタク的ウコンレシピ特集! フードメッセンジャー:藤田 久美子 食オタMAGAZINE

ウコン 栽培

肥料は、堆肥・腐葉土・鶏フン・油カス等の有機質肥料を中心に多めに施用します。 土質は、やや湿り気のあるところが好適のようです。 (畑より田がよいようです。 ) 畝幅80cm、畝高30cmくらいとし、4〜5月に親指大 約40g 以上の大きい根茎を、株間40〜50cm、覆土5〜7cm で植え付けます。 畑のない方は、プランター、スチロール箱、大鉢、石油缶等を利用してベランダでも栽培できます。 葉茎は高さ約1. 2mくらいになり根茎は約1kgになります。 収穫は葉が枯れてから初霜が降りるまでに行います。 茎の付け根にある親株を植えると花が咲き水もちのよい切り花になります。 春ウコンは、早植えしたときに5月下旬頃たまにピンク色の花が見れます。 秋ウコンは、8〜9月頃ほとんどの株で白色の花が見れます。 ウコン うこん はインド原産のショウガ科の多年草で根の部分が原料となります。 日本での栽培は沖縄、徳之島、種子島、屋久島、奄美大島、鹿児島などで自生するということで、特に最近、健康に対するウコン うこん の効能が注目されており、沖縄では、以前に増して栽培が盛んになっているようです。 ウコンの栽培の歴史は古く、インド東部地方では紀元前970年頃には栽培が始まっていたといわれています。 時がたつにつれ、周辺地域へも栽培技術やその使用方法が伝わって、広く知られるようになりました。 その後、西洋との交易が進むにつれて、ヨーロッパでは胡椒などと共に珍しい香辛料として高額で取引されるようになります。 日本では、江戸期以前、室町時代から中国大陸経由で渡来していたとされ、その頃は貴重な薬種として珍重されていました。 一方、まだ独立国であった琉球国には1500年頃にウコンが渡来したようで、その後琉球では栽培が開始されます。 1609年になると、薩摩が琉球王朝を支配下ににおきます。 その結果、日本におけるウコンの流通に大きな展開が生じます。 日本の一部となった琉球から、琉球産のウコンの流通量は急速に増大していったのです。 そして、ウコンは特権階級や富裕層の独占物から庶民にも馴染みの深いものに変わっていきました。 そんなウコンも、明治以降西洋医学が浸透するにつれ、他の東洋医学起源の薬種と同じく衰退の運命をたどることになります。 凋落したウコンは一部の漢方薬や、沖縄など一部の地方で民間療法的に用いられ、細々と生きながらえていたのです。

次の

屋久島春ウコン(粒・粉末)の通販サイト-細川自然農園

ウコン 栽培

【鉢の準備】• 8~10号鉢を使う。 鉢底石を敷く。 培土を鉢上部から2cmほど下まで入れる。 肥料は、化成肥料40g、石灰10gを与える。 【苗の植付け】• 3~5葉期の苗を準備する。 鉢の培土表面と根茎上部の高さが同じレベルになるよう植付ける。 株元にワラor刈草を敷いて、土壌の乾燥を防ぐ。 【栽培管理】• 強日射を避け、夏場は半日陰の場所or遮光ネットで覆う。 培土の表面が乾いたら水を与える。 追肥は9月以降、葉色が淡くなったら与える。 【収穫】• 地上部が枯れたら、霜が降りるまでに根茎を収穫する。

次の