軽度 発達 障害 と は。 大人のアスペルガーADHD特徴 発達障害 軽度なほど問題な理由

軽度発達障害児の保護者の会

軽度 発達 障害 と は

Contents• 大人の発達障害 発達障害は主にADHDとASDがあり、知的障害を含め複数が伴っている場合、そして重度の人から軽度の人がいます。 発達障害は能力の偏りといわれ、健常者が平均的であるのに対し、苦手なことと得意なこととの偏差が大きく、程度も千差万別です。 症状に困っている人から、並みはずれた能力で地位が高い人もいます。 ですので健常者はその中間に多く位置しているといえます。 軽度発達障害とは 知的障害を伴わない発達障害のことです。 能力はあるのに、集団の中で誤解されたり不適応をおこすなど対人関係に問題を抱えやすい。 軽度とは、あくまでも知的障害に限定したもので、障害が軽度という意味ではありません。 以前は、知的な遅れを伴わない高機能自閉症、アスペルガー症候群、学習障害、注意欠陥多動性障害などを「知的障害が軽度である」という意味で「軽度発達障害」と称することがありました。 しかし、知的な遅れがない人の中にも、その他の部分で重篤な困難さをもっている場合があります。 そのことから、「障害そのものが軽度」と誤解される可能性を危惧して、最近では「軽度発達障害」ということばは、あまり使われなくなってきています 発達障害情報・支援センター コミュニケーションの隔たり コミュニケーションパターンが、そもそも健常者と異なります。 例えばどんなふうに違うのでしょうか。 ある当事者会(本人、家族)でASDの女性(50代)と知り合いました。 その女性から「ぜひこのことをブログで伝えて」と頼まれました。 その内容は、日頃からの健常者に対する疑問です。 彼女はとても論理的でものごとを一つ一つよく考えていて、その徹底さに圧倒され、話に入る隙も無いほどでした。 1 健常者はなぜ、心にもないことを口にしたりするのか? 例えば、別れ際次回また会いたいと思わない相手にまで「また会いましょう」と言うのか理解できない。 社交辞令だったのか、分からずに何度も本気に受け取ってしまったことがあったといいます。 2 なぜ「会話はキャッチボール」というのか? 彼女曰く「会話はドッチボール」である、もしくは「会話は玉入れ」であり「キャッチボール」ではないと主張します。 自分は納得できないことや主張したいことを、日頃から曖昧にせず上司にでもとことん追求するので、上司は顔を真っ赤にして拳をぶるぶる振るわせ、しまいには怒鳴らせてしまうのだそうです。 しかし最近になって、健常者がはっきり言わないことは、相手に対する思いやりでもあると少し理解できたといいます、がその日の当事者会開始早々、発言するも、ものの3分で家族の当事者を怒らせてしまいました。 ASD(アスペルガー含む)特徴 コミュニケーションとは、相手に気持ちを伝える意ではなく、 勝ち負けと考えたりして、 拘ることがあり絶対に謝らなかったりする。 中略 冗談、比喩、ほのめかし、皮肉は 言葉通りとってしまう。 大人びた話し方や、正確に話そうとして回りくどい話し方になってしまう。 中略 相手の表情や身ぶりの理解も困難である。 無表情に話し、他の人の微妙な感情が読めないことがある。 (学童期、知的に問題が無く通常クラスに在籍し定型発達の子どもと同じ指導を受けると、個別で支援を受けている発達障害の子より不適応を呈しやすくなります) また、 軽度なために障害に気付かず、特性の傾向を自覚しにくいことです。 最も問題なのは、 気付かないまま人の上に立つ立場になった場合、まわりに与える影響力です。 勝ち負け、拘り、一番が好き、こうした完全主義的な上昇志向は、コミュニケーションでの支障が避けられなくなってきます。 相手の些細なミスを絶対に許さない、融通がまったくきかない、他人に対して上から目線だったり厳しすぎたりする、すぐに相手を馬鹿にする、すぐにキレる、言葉尻を捉えて執拗にくちで攻撃する、相手を徹底的に論破する、人を傷つけても平気、常に自分が正しくて相手が間違っているなどというような言動をとり、相手を精神的・身体的にとことん追いつめる等をします。 P4~ 本人は「自分には問題がない」「うまくいかないのは相手がわるいからだ」と頑なに思い込んでいて問題は自分のほうにあるなどというような自覚はまったくといっていいほどありません。 なぜそのような言動になるかは、特性で脳に関係します。 記憶力に優れていれば、嫌なこともいつまでも忘れられずにいたり、忘れやすければミスにつながったり 頭の回転が早ければ、せっかちになります。 決して性格ではありません。 そのことを理解し、 どうすれば相手に伝わりやすいかを考えていかなくてはなりません。 これらを阻まれることが一番のストレスになります。 私の親をはじめ家族には発達障害があります。 長年知らずにきましたが、最もしてはいけないことは「否定」です。 矛盾していますが、分かり合おうとしないことが、互いにとっていい関係が築けます。 討論をしないことです。 近い関係でも、距離感が大事であると思うのです。 まとめ 違いは埋めようとしなくていい。 なぜなら、幸せの形もそれぞれ違うからです。 自由に生きることこそが、発達障害の人にとって一番の幸せだからです。

次の

軽度発達障害の診断基準をご存じでしょうか?(症状、特徴、接し方のまとめ)

軽度 発達 障害 と は

人とのコミュニケーションが上手く 行かなかったり、 突発的な行動をしてしまい、 変な人と思われてしまう。 このようなことは、 発達障害の人でなくても、 体験したことがあると思います。 しかし、軽度発達障害や グレーゾーンの人は、 その頻度が普通の人以上、 発達障害の人未満で起こります。 そのため、スクールカーストでは 中下以下の階層になってしまいます。 会社においては、微妙に出来ない人 扱いされてしまいます。 また、 軽度発達障害や グレーゾーンの人は、 発達障害と認定されていない為、 支援の対象から外れてしまい、 多大な生きずらさを感じてしまいます。 発達障害(ASD、ADHD)の特性は、 人との関りの困難さや、日常生活や学校、 職場などにおいて、さまざまな問題が 発生してしまいます。 そのため、現代社会を支援や理解なしで 生きていくことは、不可能に近いです。 軽度発達障害やグレーゾーンの場合、 この辛さを半分背負いながらも 普通の環境で生きていかなければ ならないのです。 支援もないため、ストレスを抱えてしまい、 鬱や社会不安症など、 二次障害に繋がる恐れもあります。 現代社会では、普通とは違うだけで、 物凄く生きずらい世の中なのです。 今回は、軽度発達障害・グレーゾーンの 人の生き辛さや、原因について お伝えしていきます。 Sponsored Link 軽度発達障害・グレーゾーンの生き辛さ 発達障害と明確に診断されていれば、 障害者手帳を取得して、 社会的な支援を受けられます。 学校では支援学級に入れますし、 就職では、障害者雇用枠での採用も可能です。 発達障害者の場合は、明確な困り事があり、 普通の人ができることができないからです。 しかし、軽度発達障害やグレーゾーンの 人の場合、困り感があいまいな為、 正確な診断はされず、 支援も受けられないのです。 普通に出来なくはないけど、 普通の人とは明らかに劣ってしまう。 そのような状態で、普通の人(健常者)と 同じように人生を生きていかなければ ならないのです。 発達障害の特性を少しでも抱えるだけで、 学校や会社など組織的な環境では、 多大なハンデとなります。 学校では、コミュニケーションが微妙に 変になってしまって、スクールカーストの 底辺的な存在になってしまいます。 会社では、仕事のミスが多かったり、 周囲との同調ができずに、怒られたり、 孤立しがちです。 軽度の為、社会的な理解やサポートもなく、 家族や友達に相談しても、単なる能力不足と 捉えられてしまいます。 ストレスを抱えやすく、精神的二次障害を 抱えてしまうこともあるのです。 軽度発達障害・グレーゾーンの原因 発達障害の人の割合は 近年急速に増えてきています。 50年前は、5000人に1~2人、 今では文科省によると、15人に1人です。 そのため、発達障害の特性が 多少みられる人が多いのも仕方がない のかもしれません。 背景には、化学が発展したことによる、 環境の変化があるとされています。 農薬や化学肥料によって、 野菜のミネラルの減少や、 遺伝子組み換え食品の体への影響など。 科学技術の進歩によって、 人間の脳神経に悪影響を与えてしまって いるのです。 親が高齢の時に生まれた子供も、 発達障害の傾向が強まるとされています。 以前は母親の年齢による影響が強いと 考えられていました。 しかし、最近では父親の年齢の方が 発達障害の傾向に影響があると 言われています。 母親が高齢の場合は、知的問題や ダウン症の影響があるようです。 発達障害は先天性の脳の機能異常であり、 環境的・外部的な要因が原因ではないと されています。 しかし、幼児期に虐待や放置された環境で 育った子どもは、脳に悪影響を及ぼします。 子供の脳は3歳までが発達のピークと されています。 その時期にマイナスの成長を してしまう外部的影響があると、 発達障害と似たような脳(グレーゾーン)に なってしまうのです。 また、劣悪な家庭環境で育ったり、 精神が弱くて学校でイジメられるなど、 自己肯定感が育たない状態でも 脳に悪影響を及ぼします。 そして、発達障害と似たような 「社交不安症」「総合失調症」 「パーソナリティ障害」などの 二次障害を抱えてしまうのです。 軽度発達障害(グレーゾーン)は、 親からの遺伝的な要因もありますし、 環境によって脳の異常をきたしてしまう 原因もあるのです。 Sponsored Link ネットの反応 軽度発達障害・グレーゾーンの人の コメントをネット上で拾ってみました。 出生時から高校、 大学までの生育歴をそれぞれ箇条書きにする 就職してからの失敗談、 上司から怒られた指摘でASDやADHDっぽい のをチョイスして箇条書きにする 前医で受けたWAIS、 セルフチェックのAQ-JとASRSの結果を添付 止めとけ マジで年金下りないで作業所、 障害者枠で終わる人生だぞ 底辺でもな 彼女出来たり、 貧乏ながら結婚出来るって 幸せなことなんだぞ それらを全部捨てて 誰からも相手にされない あいつは障害者だから 無視しようでスルーされる 野垂れ死に覚悟でクズになりきる覚悟で 寄生する気あるか? 簡単に障害者認定されるだろう なんて夢見てんじゃねぇぞ これについては真面目に 話しておきたいけど 障害認定されようがされまいが 障害者としての人生を送る= 色んなデメリットやいわれのない差別を 受けるって覚えておいた方がいい 普通の人が享受するであろう人間関係も 人生のイベントも何もかも 捨てる覚悟があるか? 最悪、野垂れ死にの可能性も あるけど受け入れられるか? そういう覚悟がないなら底辺なら底辺なりに 足掻いて普通の人生生きた方が きっと幸せな人生送れるよ さまざまな意見がありましたが、 発達障害に認定されたところで、 世の中を生きていく上で リスクが大きすぎるということです。 発達障害と認定されてメリットと 感じられることはいくつかあります。 ・障害者手帳を取得できる ・障害者雇用枠で働ける ・障害者年金を受けられる ・心が楽になる 発達障害者の場合、 知的な問題を伴わない限り、 障害者手帳は3級までですし、 年金も3級までだと思います。 障害者手帳の3級では、 公共料金が安くなります。 精神障害者年金は、 2級でないと意味がないようです。 障害者雇用枠での就職は、 身体障害者が有利ですが、 能力があれば、雇ってもらえます。 発達障害と認定されることで、 普通にできない原因を特定でき、 心が楽になります。 デメリット 世間的に区別される。 障害者雇用枠では、 給料が激安。 普通ではない境遇になり、 結婚や子どもをもつ ハードルが高くなる。 発達障害と認定されたことで受けられる メリットは、中学校卒業までだと 思います。 中学生までは、子供が発達障害と 診断されていれば、 特別支援教育が受けられたり、 理解やサポートのある環境が 用意されているからです。 高校以降は、特別なサポートは ほとんどないですし、 自立が求められます。 就職でも障害者雇用枠は 身体障害者優先ですし、 給料は激安で昇給も見込めません。 なにより、世間から特別視されて 区別される恐れがあることです。 普通とは違うというだけで、 社会生活、恋愛において 偏見な目で見られることは確かです。 私は広汎性発達障害で軽度知的障害 といわれるIQです。 それでも社会的サポートは 一切受けていません。 そのため、ボロボロの人生を送ってきた わけです。 最近ブログネタが無くなってきたので、 障害者手帳や障害者年金の申し込みを してみようかとも考えています。 しかし私は、もの凄く運が悪い人間です。 だから、どうせ何の支援も受けられない という考えになってしまいます。 今まで誰にも相談していないし、 誰も助けてはくれませんでした。 発達障害と認定されても、 本当に意味がないのです。 人生で上手くいかなかった理由が 明らかになり、心が軽くなるくらい だと思います。 Sponsored Link まとめ 発達障害の診断は医師によって 判断が違うようです。 個人で経営している精神科や 心療内科では、発達障害と診断されても 専門機関では、違うといわれることも あるといいます。 ASDの場合は、明らかに人との コミュニケーションにおいて、 上手くいかないことがほとんどです。 また、異常なこだわりもあります。 普通の人とは違う感覚異常もあります。 ADHDでは、頻繁に遅刻、物忘れ、 片付けができない、衝動的な行動など 普通とは違う側面があらわれます。 これらの症状が、過去にあったかどうかが 判断基準になるのです。 軽度の発達障害の場合は、 これらの特性が軽い、もしくは 表れにくく、気づかないのです。 そのため、普通とは違う苦しさを 味わってしまいます。 発達障害という明確な診断もないため、 余計に生きずらさを感じているのです。 発達障害のグレーゾーンの人は、 普通の人(健常者)と同じ条件で 過ごさなければなりません。 そのため、精神的な負担を抱えてしまい、 二次障害になってしまうのです。 普通と違うだけで、人生は ハードモードになってしまうのです。

次の

軽度発達障害を自己診断するには?!(症状と特徴のまとめ)

軽度 発達 障害 と は

1.用語の説明と定義について まず「軽度発達障害」という用語について説明をしたいと思います。 この用語は、ご存じのようにWHO(世界保健機構)が出しているICD-10や米国精神医学会が出しているDSM-VIといった診断の手引き書で定義されたものではありません。 私が記憶する範囲や見聞してきた限りにおいて、最初に登場した文献や記録等について正確な情報がありません。 おそらくある種の委員会で用語の概念や定義などについて議論され、そして使われ始めた用語ではないと思われます。 誰がどのような意図をもって使い始めたのか、よく分からないままに使われ始め、やがて広まっていったということだと推測されます。 私は平成13年度厚生労働科学研究において、いわゆる軽度発達障害児に焦点を当てた保健指導手引書を作成し、全国の都道府県と政令指定都市の乳幼児健診管轄部署へ送付しています。 「軽度の発達障害」と表記した理由は、あたかも「軽度発達障害」という一つのカテゴリがあるかのような表現は避けたかったからです。 本冊子は、平成13年度に作成した手引書の続編ともいうべきものです。 そして、いまや軽度発達障害という用語は本邦において広く使われている状況であると思われますので、本冊子では「軽度発達障害」という表記をさせて頂くこととしました。 この用語は近年の特別支援教育の充実と歩調を合わせる形で使われるようになってきています。 つまり、教育的な用語としては特別支援教育のなかで新たに取り入れられた枠組みを示す用語、あるいは通常学級に在籍している発達障害という意味に相当するのではないかと思われます。 また、発達障害者支援法も軽度発達障害を意識して制定されたという経緯があります。 つまり、福祉的な意味での軽度発達障害は、障害児者に対する福祉施策の狭間に存在していたという意味であると考えられるのです。 したがって、上述した2つの立場では、軽度精神遅滞は軽度発達障害に含めないといことになるだろうと思われます。 しかし、小児保健の視点でいえば、軽度精神遅滞幼児の診断確定は時期が難しく、保健指導上ではADHDやLD、HFPDDと同様に特別の注意をもって発見にあたらねばなりません。 本研究により、3歳児健診を最終とする現行の乳幼児健診システムでは適切に発見することができていないというデータも得られています。 軽度発達障害というカテゴリを作る意義が、就学前に気づき、就学後の不適応行動を最小限にとどめたいという点にあるとすれば、軽度精神遅滞を軽度発達障害からはずす理由は見当たりません。 2.早期発見をめぐる問題点 最近ではとくに精神遅滞、自閉症、注意欠陥多動性障害、学習障害といった状態の子ども達が多く小児科などの外来に受診してきます。 そしてこれらを背景として学校不適応を起こしている子も少なくありません。 学齢期に起こしてくる二次的な不適応を防ぐには、幼児期のうちに保護者や保育士などが、子どもの特性に気づき適切な支援策を講じることが何よりも大切であろうと思われます。 では発見に適した時期とはいつなのでしょうか? 前述したようにLD、ADHD、HFPDDでは、遅くとも学童期には問題が顕在化してくることが多いことが分かっています。 そして心身症や学校不適応、社会不適応などの二次的な不適応へと進展していくという経過をたどります。 学校教育においては特別支援教育の動きが加速化され、教育の現場でも子どもの特性としての発達障害に気づくようにという呼びかけが進んできています。 しかし、学童期の「気づき」はすでに二次的な不適応の状態であることが少なくありません。 この二次的な不適応を予防するためには、子ども達の発達障害への「気づき」を前倒ししていくことが不可欠であると考えています。 遅くとも就学時には、保護者にも指導する側にも子どもの発達特性に対する認識とその対処方法が備わった状態であることが望ましいでしょう。 しかし、ここで危惧するのは早期発見という掛け声に押されて、子どもたちに不用意に「疑い」をかけることが流行するのではないかということです。 年齢的に見えていないのに、見逃しを減らすために多くの幼児に疑いをかけてしまうことは絶対に避けて頂きたいと願っています。 早期発見といっても早ければいいというのではなく、むしろ問題点が見えてくる時期に適正に発見するという「適正発見」という考え方が望ましいのではないでしょうか。 実際の問題としてADHDやHFPDDの幼児では3歳児健診のあと、保育所や幼稚園で集団生活をするようになってから、急激にさまざまな問題点が指摘されるようになります。 多くは「集団行動が取れない、自分勝手な行動が多い、指示が入りにくい、一人遊びが多い」など集団生活を始めるようになって初めてクローズアップされてくる問題なのです。 そこでいわゆる軽度発達障害児に焦点を当てる具体案として、3歳児健診以降から小学校に入学するまでの間、たとえば5歳児健診あるいは発達相談を行うのがよいと考えています。 また、5歳児健診で終わりとするのではなく、5歳児健診の事後相談体制も必要度が高いことが分かってきました。 つまり5歳児健診と事後相談とで一つのパッケージであるべきと考えています。 事後相談は子育て相談、心理発達相談、教育相談の3つを柱として、5歳児健診からあがってきた種々の心配事に寄り添う体制、そして子どもによっては就学前から学校と連絡を取り合って、就学をスムーズに迎える体制ができることが望ましいと考えています。 子育て相談は、発達障害に限らず、子育ての悩み一般に対応し、その中で虐待にも気づく相談として、心理発達相談は子どもの発達の評価を行い、アドバイスを行うとともに必要によって医療機関や療育機関を紹介する相談として、教育相談は就学予定の学校と保護者との連絡調整役的な相談として体制を整えることが望まれます。 平成18年度から学校教育法が改正となり、通級指導教室の充実を計ることができるようになりました。 子育て全般がうまくいくようになり、子どもも保護者も笑い声で溢れるような家庭が増えてくれればこんなにうれしいことはありません。

次の