ドーントレス コア。 RELEASE: OB 0.8.3のざっくり和訳

『Dauntless(ドーントレス)』600万人ユーザーが参戦!無料の新作モンスター狩りゲーム!|オンラインゲームズーム

ドーントレス コア

Dauntlessドーントレスはどんなゲーム? 制作会社 Phoenix Labs は、というゲームの開発していたJesse Houstonさんが 興 おこしたした新しいゲームスタジオです。 は Phoenix Labs フェニックス・ラボの第1作目の作品です。 ストーリー 世界は粉々になり空に浮かぶ島となった。 島に残る僅かな資源を喰らう貪欲で巨大な獣ベヒモス。 スレイヤーズは島に残る僅かな資源を得る為、島々を探索し、ベヒモスに立ち向かう。 特徴 基本無料でアイテム課金製です。 島の中に生息する植物を採取したり、ベヒモスというモンスターを倒して素材を集め、装備や道具を揃えていきます。 セルというアイテムでパーク(スキルみたいなもの)をセットし、オリジナルなキャラを作成できます。 装備の染色もできます。 このあたりはモンハンっぽいです。 クエストで新装備のレシピが解禁されるのもモンハンと一緒。 シーズンが分かれており、ハントパスという目標をクリアすることで報酬が貰えます。 有料ハントパスにすると、特別な見た目の装備やアイテムが手に入ります。 ここはフォートナイトっぽいかな? オリジナルな要素としては、ベヒモスを倒すとコアというアイテムが手に入り、街でコアからアイテムを取り出すことができます。 それからインタラプトと言って、ベヒモスの攻撃に合わせてカウンターを入れると、ベヒモスが吹っ飛んで殴り放題になります。 タコ殴り楽しい! その他にも、ダメージの種類によって表示色が違っていたりとモンハンとの差別化の工夫があちこちにあります。 武器 武器はちょっと変わっているのが多い印象。 とは言え、使いづらいって感じはなくそういう武器なんだなって納得はできました。 好みはあると思う。 一応全部使ってみたので、説明と適当な感想も。 各武器には特殊アクションがあり、ダッシュや必殺技が繰り出せます! 使える武器は以下の6種類。 リピーター ロマンな2丁拳銃です! 部品の交換でカスタマイズできる特殊な武器です。 ベヒモスの近くでリロードするとエネルゲーを奪うようなエフェクトと共に一定期間パワーアップします! 遠距離だと減衰でダメージでないので、ある程度近づいてエネルギー奪いながら戦う感じ。 これが面白くてこのゲームやってます。 ハンマー このゲームのハンマーからはビームがでます。 最初見た時は、感動しました。 もちろん殴ればスタンさせられます。 溜め攻撃もできます。 戦争パイク 槍です。 動きが中国拳法のようなブンブン振り回す感じ。 爽快感のある見た目でかっこいい! 連続攻撃でエネルギーを溜めて弾を装填! 撃てます! ソード 剣です。 特殊アクションで攻撃速度があがって連撃ができます! この時、斬撃が飛びザクザクとベヒモスを斬り刻みます! 爽快感! アックス 斧です。 溜め攻撃で大ダメージな感じ! 各武器で一番一撃のダメージが大きいんじゃないかな? ブーメランみたいにぶん投げることもできます! チェインブレード パッと見は鎌だけど、実は鎖鎌。 攻撃速度が早くモンハンの双剣のような攻撃と、中くらいの距離から鎖を伸ばしてブンブン振り回す攻撃ができます。 鎌をベヒモスに引っ掛けて近づいたり、飛び上がって攻撃回避したりとトリッキーなことも。 これも使っていて楽しい武器。 まとめ 狩りゲーなのでどうしてもモンハンと比べてしまうと思います。 それは仕方ないでしょう。 実際、基本的にモンハンなのでやったことある人ならすんなり始められると思います。 だけどモンハンだと思って始めると、いろいろ雰囲気が違いすぎて違和感が強いかも。 剥ぎ取りとかしなくていいし、ミニマップがないのでマップのどこにベヒモスがいるのかわからないし。 ゲーム印象は、コンボ決めてベヒモスを駆逐するアクションゲームって感じです。 狩って素材採取っていうより、悪いモンスターをやっつけるっていう感じで倒すことで爽快感を感じます。 致命的な問題点としては英語ってことでしょうか? 早く日本語対応して欲しい! 英語でもゲーム自体は問題なくプレイできます。 もし悩むようならおじさんのプレイ動画で雰囲気を感じてみてください。

次の

【ドーントレス】初心者:ゲームの流れ・序盤の進め方【Dauntless】

ドーントレス コア

プレイヤーは、 巨大・強大で多様なモンスターが生息する世界で、最大4名の仲間と協力してオンラインでモンスター討伐します。 世界No1のプレイ人口を誇る人気オンラインゲーム「」を開発した、 Riot Gamesに所属していたという 実力派のベテランメンバーも在籍している、 カナダの Phoenix Labs から初のリリースとなる PC用オンラインアクションゲームです。 好きな人は好きだと思うので、 こういったテイストが好きな人 には おすすめオンラインゲームだと思います。 ラムズゲートのスカウトパーティーでも同じ事が起こったが、 北方から歓迎された退職者が1人生き残ったのは不幸中の幸いだった。 森の向こうに森に通じていた跡を辿ると、 切り離され、広大な深い溝の向こうにある浮島。 そして、それは太陽の中で宝石のように輝いていたの見た。 起きた出来事がフラッシュバックしたが、剣を手に握りしめ歩みを進めた。 そして、氷のような青い眼で彼女の剣を睨んだ。 そして、それはとても寒かった……。 キャットの訓練で重ねた肉体と反射神経のお陰で、 隙を見て離脱することを可能にしたのた。 冷たく、苦い空気をその場に漂わせたまま、巨獣は森林の奥深くへと消えていった。 狩りは終わったわけではない。 キャットは共に戦う仲間が必要であることを確信した。 開発陣のこだわりアクション 「Dauntless ドーントレス 」は、猛烈でぞっとするような ヘビーモス との、 緊張・爽快なハクスラバトルが行える 新作オンラインアクションRPGです。 膨大なコンテンツを豊富に取り揃え、目新しいシステムを搭載していくいうことよりも、 バトル感覚を新鮮でエキサイティングできる爽快なものにしていくことに重点を置いているようです。 反復的なハックアンドスラッシュではなく、 戦略的・挑戦的なバトル構成を目指している模様。 PC・コンソールに関わらず、 アクションの爽快感はプレイを続けていく上で個人的には大きく関わるので、 好感が持てますし、なんだか期待してしまうアクションRPGです! 開発からのアクションへのこだわりが公開されていたのでご紹介します。 スイング 空中で剣を振り回す時の武器の微妙な画面の揺れなどの要素は、 プレイヤーが感じる爽快なバトルという部分に大きく関わってきます。 武器を振るだけでいい気分にならなければ、プレイし続けられないと考えているそう。 戦いを選ぶ 静止した物体にぶつかった時、いくつかのフレームのヒット、ポーズ、 そして、 いくつかの方向性に与える影響が、 武器の重量とインパクトの力を与えるのに役立ちます。 敵の出血 『2tある敵の場合どのように暴れるのか?』、『スラッシュ、強打、刺しに対応しているのか?』、 『彼らは苦しみの中で反動し、怒りで叫ぶのだろうか?』、 『攻撃によって攻撃が中断できるのか?』など、 全てのプレーヤーがゲームの世界に影響を与えることを可能にし、 すべてのアクションが等しく、 様々な反応を持つことがプレイし続けていく上で素晴らしいと考えています。 コンボアクション 巨大な打撃、コンボについて考え始めることができ、 開発陣の考える最も重要な部分は 【意味のある選択肢を作り出すこと】だそう。 各武器には、 自分の理想の形を選択することができる独自の多様なコンボツリーが必要で、 これは、キーボードから戦略とアクションを切り分けられることができます。 正しいことや正解はなくプレイヤーの意志、選択が大きく関わる、 サンドボックス型ならではの楽しみ方ができる 新作オンラインゲームになっていそうです。 これは、 攻撃とスタミナの基本システムのほんの一部なので、 コンボ、要素攻撃、武器など、今後様々な情報を公開していくとのことです! ゲームシステム 「Dauntless ドーントレス 」は、巨獣を ハック&スラッシュアクション で狩っていくという、 モンスター討伐系の 新作アクションRPGなので、 巨大で荒々しい様々なヘビーモスが登場します! ベヒーモスは、 地面から潜在エネルギーを飲み込むことにより、地球から致命的な力を引き出します。 装備は鎧と武器に分かれており、 討伐した巨獣から獲得した トロフィー で鍛造されています。 このような勝利トークンを使い、 鱗を刃に付けたり、敵の皮を胸板に付けたりする製造をしていくことができます。 狩りの戦利品を使って武器や装甲を改良・向上していく事がバトル勝利に大きく関わってくるそう。 一部の巨獣をご紹介します。 それは、夜空を仰ぎ、獲物を探している。 鋭い角と爪、そして予測不可能な不安定なスピードを持ちます。 選択した武器に応じて異なる戦闘スタイルとユニークなコンボ攻撃ができ、 どの武器が一番強いなどはなく、 どの武器にも 長所・短所 が設定されているそう。 また1種のみ扱うのではなく、狩りの目的となる巨獣や、 最大4人の仲間と組む狩猟パーティのメンバーによって様々な武器に武装していくのがよさそうです。 各武器の コンボツリー で様々なコンボを習得していくと、 ターゲットに大ダメージを与えることができ、 シンプルなものから、使用タイミングや距離などを考えて使用していかなければならないものまで、 あらゆるコンボのタイミングを練習し、巨獣に対する戦術的な範囲を覚えていくなど、 アクション難易度としては結構高そうなので、 やりこみ甲斐ありそうな 新作オンラインゲームです! 武器や装備のクラフトシステム 「Dauntless ドーントレス 」では、巨獣の特定の 解剖学的領域をマークすることで、 弱点が露呈し、巨獣の攻撃パターンが変更されていきます。 尻尾や角の切断したり、骨を折ったりすると、 巨獣の攻撃の一部を無効化することもでき、 一度勝利すれば、討伐した巨獣から トロフィー を獲得することができます。 それぞれの武器には、 様々な方法でプレイヤーの力を強化するためのシステムがあるので、 自分の武器・装備に、 獲得した素材の要素能力と、巨獣に対抗できるエネルギーを吹き込みます。 この結晶化されたエネルギーは、 鍛冶屋のNPCスミス によって鍛えられ、 武器や装備、装甲を作り出すことができます。 あなたの武器と装備を、 アップグレード・強化することは、巨獣に対抗する唯一の方法の一つで、 これをアップグレード、強化するには、 【巨獣トロフィー、巨獣から得た素材、浮島に生える植物】 など様々材料が必要になります。 このゲームに興味のある方におすすめオンラインゲーム•

次の

SBD (航空機)

ドーントレス コア

選択した武器を見やすくするための新しい武器プレビューアニメーションが追加されました。 必ず見てください! 彼女はきっとその勉強する姿に心打たれるでしょう。 テラのステータス効果:ベヒモスにダメージを与えた時に負傷したスレイヤーにヒール効果を与える。 QUALITY OF LIFE バグ修正などなど• ゲーム内ストアが永遠のロードサイクルで動けなくなる可能性を減らしました• プレイヤーがSupport-A-Creatorのために選択したクリエーターを確認する方法を追加しました。 ジャンプして着陸するアニメーションが繰り返し再生される可能性があったバグを修正しました。 読みやすくするために、マスタリー目標の数値を再フォーマットしました。 例:500万は、「5,000,000」ではなく「5M」として表されます。 他のWeapon Barrelと区別するためにSylvan Barrelに新しいモデルを追加しました。 マウスとコントローラ入力(PC)を切り替えるとクエストログのフォーカスを失う可能性があったバグを修正しました。 「Boost - Patrol Chest Loot」の説明を改善し、UIにパトロールBooxtが有効なときに表示するインジケーターを追加しました。 耳がSavant's Hoodを突き抜ける可能性があったバグを修正しました。 The MiddlemanのUIフローを改善 - セルの「スピードアップ」購入のためのエースチップコストは正しく表示されます。 ヘルメットが隠れていてもSkullforgeの炎上VFX:視覚効果が表示されるバグを修正しました。 Stealthwork Maskは、正しいデフォルトの染料を表示するようになります。 Stormclawの"稲妻の呪い"は新しいVFX:視覚効果が表示されるようになりました。 さようなら、かわいい雲さん• 他のオプションを妨げないように、ギアのツールチップにわずかなオフセットを追加しました。 フロストのVFX:視覚効果に磨きをかけました。 Death's HeadとSky Anchorの印章がバナーのカスタマイズメニューに表示されていなかったバグを修正しました。 Ramsgateのパフォーマンスが向上しました。 壁やBehemothに対しての改良された逸れる動き。 対象に衝突しても自然に動き続けることが容易になります。 (以前は、壁やBehemothにぶつかると、Slayerの方向や勢いが劇的に変わることがありました。 いくつかのタイプミスを修正し、いくつかの分かりにくいクエストテキストを片付けました。 パーティーメンバーのアイコンをコンパスに追加しました。 一部の報酬名にプレースホルダー名が表示されるバグを修正しました。 ハンマースイングとウォーパイクの突き刺す攻撃は、尾と牙を切断することができます。 Glacial Prismのプレースホルダーのテキストを正しいゲーム内のテキストに置き換えました。 週刊のハントパスチャレンジがクエストの前に表示されるように、クエストログを再編成しました。 エモートメニューから使用できないプレースホルダのエモート(「End of Hunt」)を削除しました。 飛行船ロビーで表示される属性の抵抗方法を整理しました。 バナープラントがアニメーションと同期していないオーディオおよびビジュアルエフェクトを再生できるバグを修正しました。 整理され、改良されたterraのSFX:スペシャルエフェクト• 時々エーテルの泉などをインタラクトする時にインタラクションサークルを埋めても完了できないバグを修正しました。 VFXのパフォーマンスが向上しました• Skarnの渦が非Staggerセルやその能力を使っているプレイヤーを一撃で殺すことができたバグを修正した。 ヒーリンググレネードは体力がMAX状態のスレイヤーに付着することはありません。 復活インジケーターが誤ったインタラクトボタンを表示することがあるバグを修正しました。 Embermaneのアニメーションの変わり目を改善しました。 彼らはより滑らかに動くようになるはずです。 Boreusが歩く代わりに地面を滑っているように見えることがあるというバグを修正しました。 Jumping hammer blastsは今度から正しく弾薬を消費します。 スタミナを使い果たした場合、斧のチャージ強攻撃で動けなくなる可能性があるバグを修正しました。 スレイヤーが次のマスターレベルを達成するまでマスターリワードが完了とマークされなかったバグを修正しました。 初めてConcussive Salvoを使用するとき、ハンマーは正しくすべての弾薬を消費します。 スレイヤーズは回避することでインタラクションをキャンセルすることができるようになりました。 Sword Repeating Elements、war pikeのPiercing Flurry、およびChain Blade Blade Spin:これらの技でスタミナを使い果たしたときにスタック状態になることはもうありません。 Valomyrのパフォーマンスが向上しました。 それは現在ギルドタブの一番下にあります。 プレイヤーが島から落下した時に飛行船のドロップゾーンにリセットされることがあるバグを修正しました。 街から飛行船ロビーに移動する際に謎の音声効果を引き起こす可能性があるバグを修正しました。 Scorchstone Hellionのパフォーマンスが向上しました。 パイロンボーナスをスタックできるバグを修正しました。 アカウントリンク画面で、「リンクなしで続行」オプションが少し遅れて表示されるようになりました。 斧のGrim Onslaughtスペシャルを使用した後に、稀に斧を回収できなかったバグを修正しました。 Molten Edictが溶岩ボールを作成できなかったバグを修正しました。 水の中を移動すると、新しい水の波紋VFX:視覚効果が表示されます。 私は泳いでいるッ!• 狩りのパフォーマンスが向上しました。 Heroic Scorchstone Hellionを倒しても「The Farslayer's Apprentice」クエストにカウントされないバグを修正しました。 セルを装備すると、新しいかっけー確認音が鳴るように!• Gnasher、Pangar、Hellionの磨かれた移動とトランジションアニメーションにより、動きと攻撃の間の衝突を排除します。 今までより25%離れたところから収集物を集めることができるように、収集可能範囲を広げました。 長い、長い腕ぇぇぇ!• ロードアウト画面で、女性型のスレイヤーズがいくつかの武器を誤って保持する原因となっていたバグを修正しました。 ソーシャルUI(チャットなど)がムービー上で開くことがあるバグを修正しました。 HELPから「Help, my character is Stuck! 」を押した時にローディングアニメーションを追加しました。 島と街の間を移動するときに染料が適切に保存されないバグを修正しました。 稀に非常に暗いRamsgateに遭遇する可能性があったバグを修正しました。 自己復活の制限が機能していなかったバグを修正しました。 セルを変更した後、最後に装備されたセルが2回目のスワップをするまで、装備可能セルリストに表示されないバグを修正しました。 ハントの終了画面に部位破壊パーツや報酬が表示されないことがあるバグを修正しました。 Transfusion Grenadesが作成メニューに表示されていなかったバグを修正しました。 ウォーパイクのAimを修正しました。 エーテルダストをしようとしたときにプレイヤーが誤ってプラチナでセルを購入する可能性があったバグを修正しました。 剣のArdent Cycloneによるフィニッシャー攻撃は今度からBehemothsをインターラプトすることができます。 一部の見た目装備のクリッピング問題を修正しました。 コントロールをリセットするときに確認チェック( Are you sure? )を受け取るようになります。 体力HUDのエーテルシールドとスタミナシールドの位置を調整して、それらが途切れないようにしました。 ハントの終了時にemoteホイールが開いているとハントの終了画面が応答しなくなることがあるバグを修正しました。 PlayStation Networkの友達が状況によってはFriend Listに表示されないバグを修正しました。 ゲーム内でプロファイルを切り替えたときに発生するいくつかのバグを修正しました(PlayStationとXbox)• 稀にオブジェクトや他のSlayerを復活させるインタラクトができなくなるというバグを修正しました。 ざっくり和訳!へとへと。。。 クリティカルダメージがベースダメージから 150%に減少しました(200%から)• Valomyrの尻尾部分のトータルヘルスが減少しました。 逃げるときの極端なテレポーテーションのケースを減らすためにValomyrのテレポート範囲を調整しました。 Boreusの調整: 体力が50%以下の時、Boreusuはより攻撃的になります Boreusの免疫力は、シールドフェイズの活性化アニメーションの開始時ではなく終了時にトリガーされるようになりました Boreusは今度からシールドフェイズではない状態で数個のミニオンを召喚することができます Boreusがシールドフェーズに入ることができる最大回数を減らしました Dreadfrost Boreusのミニオンはより多くのダメージを与え、攻撃速度を速めています Dreadfrost Boreusが召喚できるスピッターの上限をわずかに増やしました Dreadfrost Boreusのミニオン召喚のクールダウンを少し長くしました• Kharabakは今度から激怒状態の間にパーソナリティアニメーションを実行することができます。 戦闘中にValomyrがプレイヤーからテレポートできる最大距離を短くしました。 Koshaiの巣穴攻撃中はコントローラーカメラロックが無効化されます• プレイヤーがBehemothにダメージを与えるとShockedステータスがクリアされるようになりました。 スカルンの猛烈な攻撃とリコール攻撃のVFX:視覚効果をアップデートしました。 Rezakiriが逃げたときにプレイヤーに与えられたダメージを取り除きました。 斧のGrim Onslaughtの投げと斧を捕まえるためのハングタイムの増加は特別なメーターを与えるようになります。

次の