マイクロソフト オフィス 2019 価格。 Office 2019 ダウンロード ・ インストール ・ライセンス認証方法

Microsoft Office・Microsoft365はどれを購入するべきか?できれば無料で。

マイクロソフト オフィス 2019 価格

Office 365とOffice 2019は何が違うの? さて、"Office 365とOffice 2019の違い" を説明する前に、まずはOffice 365とは何なのか、について少しお話したいと思います。 Office 365=Office... ではない!! そもそも、Office 365とは、マイクロソフトが提供するOfficeアプリケーションを含んだクラウドサービスの「 総称」です。 皆さん、「Office」といえば Word, Excel, PowerPointといった、おなじみのOfficeアプリケーションを思い浮かべるのではないでしょうか? Office 365はそれらの他にも、メール・スケジュール、ファイル共有、ビジネスチャットやweb会議といったグループウェア的な機能のプランもあり、それらを総称して、Office 365と呼んでいます。 つまり、 Office 365 = "Office のなんか新しいクラウドっぽいやつ" だけ ではないんですね。 ですから、今回の記事でご紹介するのも、厳密にはOffice 365とOffice 2019の比較、 ではなく、Office 365の中のOfficeのプランである「Office 365 Business(またはProPlus)」とOffice 2019の比較、ということになります。 それでは、Office 365 Business またはProPlus と Office 2019の違いについて、見ていきましょう! 契約形態 大きく違うのは、契約形態です。 Office 365はサブスクリプション型ライセンスとなっており、契約期間中だけ利用することができます。 お支払いは月単位または年単位です。 一方、Office 2019は永続ライセンスのため、一度購入すれば追加料金なしに利用できます。 ただし、メインストリームサポートが5年、その後、延長サポートが5年でサポートが終了します。 最新版へのアップデート Office製品は、おおよそ3年ごとに新しいバージョンが登場しますが、 Office 365はクラウドサービスのため常に最新版を利用できます! 一方、Office 2019は「買い切り」型の永続ライセンスという特性上、購入後のアップグレードはありません。 最新版を使いたい場合は、再度新しいライセンスを購入することになります。 クラウドサービスの有無 Office 365はクラウドサービスで、最新のグループウェアサービスとデスクトップアプリケーションを一緒に利用できるプランもあります。 このため、クラウド上で会社の同僚と共同作業をしたり、時間や場所を問わずさまざまなデバイスからOfficeやグループウェアを利用して効率的に業務を進めたり、といったことが可能になります! Office 365のメリット Office 365のメリットと、おすすめのポイントをご紹介します。 メリット1:OSやデバイスを問わず使用できる Office 365は、1ユーザーあたりOS Windows・Mac を問わず、パソコン5台までOfficeアプリケーションをインストールできます。 さらにタブレットやスマートフォンへのインストールもそれぞれ5台まで可能です。 メリット2: もうサポート終了に悩まなくて良い 先程もお話したとおり、Office 365は常に最新版のOffice 365のバージョンをご利用いただけます。 そしてもちろん、契約期間中はMicrosoftによるサポートの対象です。 今までは最低でも10年に1度はサポート切れ問題が発生し、社内の総務やIT部門担当者が頭を抱えることも多かったと思いますが、Office 365を使えば、もうサポート終了に悩まされることはありません! メリット3: 1TBのクラウドストレージが付属する Office 365は、Office 2019にはない、1ユーザーあたり1TBの個人用クラウドストレージ OneDrive for Business が付いています。 オフィスで途中まで作っておいたドキュメントをOneDrive for Businessに保存しておいて、続きは出先のカフェや移動中の新幹線の中で... など、どこからでもクラウド上のファイルにアクセスできるので、場所を選ばず仕事ができて業務効率化に役立ちますね! メリット4:月額払いもできるから、一回あたりの費用負担が軽い! 従来型の買い切りライセンスであるOffice 2019を購入する際には、初期費用として最初に多額のコストが発生しますが、Office 365は月額払いも可能。 一度にかかるコストの負担を抑えられます。 また、月額払いなら、従業員の急な増減にも柔軟に対応できますね。 更に、会計処理の考え方としても、OPEXで計上できる場合もあるので費用計上の処理がしやすいというメリットもあります。 Office 2019のメリット 次に、Office 2019のメリットについてみていきましょう。 メリット1:追加費用が発生しない 永続ライセンスなので、一度購入してしまえば追加費用は発生しません。 「延長サポートが切れるまで使いたい」という方に、おすすめです。 メリット2:完全にオフラインで使える Office 2019は完全なオフライン環境下でも、問題なく使用できます。 Office 365は、30日に1回の頻度でOfficeアプリケーションを起動時、ライセンス認証の通信が発生します。 一時的なオフライン環境での利用は可能ですが30日に1回は必ずインターネットへの接続が必要です。 メリット3:ダウングレード権がある Office 2019はダウングレード権があるので、必要に応じてバージョンをダウングレードして使用することができます。 一方、Office 365はダウングレード権がないため、旧バージョンに遡って利用することはできません。 Office 365とOffice 2019の価格を比較してみよう! 費用面では、どちらがお得なのでしょうか?Office 365とOffice 2019の価格を比較してみましょう。 3年間使う場合 まずは、3年間で買い替えた場合の費用の比較です!• Office 365 Business 中小企業向け 1ユーザーあたり32,400円 月額900円• Office 365 ProPlus 300名以上の大企業向け 1ユーザーあたり47,160円(月額1,310円)• 10年間使う場合 前提条件として、Office 2019のメインストリームサポート期限は約5年間、延長サポート期限が約5年とされています。 Office 2019の合計サポート期間である最長10年間、買いかえずに利用し続けた場合と比較してみます。 Office 365 Business 中小企業向け ユーザーあたり108,000円 月額900円• Office 365 ProPlus 300名以上の大企業向け 1ユーザーあたり157,200円(月額1,310円)• ただし、Office 2019のメインストリームサポート期限が切れた場合、新機能が追加されない可能性があったり、重大なセキュリティホールが発見されても対応されず、深刻なセキュリティリスクを抱える可能性がありますので、サポート終了前に新しいバージョンに乗りかえる必要はあります Office 365にはOffice 2019にはない機能やアプリケーションがあったり、メール、ファイル共有、web会議などのグループウェア機能が含まれるプランもあります。 将来的にそれらが必要になるかどうか、利用する計画があるかどうかも考えて、どちらにすべきか比較検討するのが良いでしょう! まとめ 今回は、Office 365とOffice 2019の違いについて見ていきましたが、いかがでしたか? Office 365には、次のようなメリットがあります。

次の

Microsoft Office 2019 を使うには? 価格 ・購入方法。

マイクロソフト オフィス 2019 価格

アカデミック版とは? マイクロソフトOfficeのアカデミック版とはOfficeスイートの最上位エディション WindowではOffice Professional 2019、MacではOffice Home and Business 2019 の学生・教職員向けエディションです。 学生・教職員向けと言ってもOfficeアプリが制限されているわけでなく、最上位エディションと同じアプリが使用できます。 商用利用できない アカデミック版は商用利用ができません。 商用利用とは要するに仕事で使うことです。 学生向けなんだから当然だと思うかもしれませんが学生はいつか卒業します。 学生の時に購入したアカデミック版は卒業して学生ではなくなっても個人用途には使うことができます。 しかし、仕事のために使うことはできません。 会社のOfficeファイルを自宅のアカデミック版Officeで閲覧したり編集するとライセンス違反になってしまいます。 仕事で使うためには商用利用可能なOfficeを買い直す必要があります。 Office 365 Educationとの違い 学生、教職員向けのマイクロソフトOfficeとしてはアカデミック版の他にOffice 365 Educationがあります。 アカデミック版Officeは学生や教職員が購入しますが、Office 365 Educationは教育機関が購入します。 裏面のスクラッチシールをはがすとアカデミック版Officeのプロダクトキーが出てきます。 もちろんこんな小さいカードにDVD-ROM等が入っているわけはなく、ソフトウエア本体はネットからダウンロードします。 このPOSAカードの購入時には学生証や教職員証等の提示を求められるはずです。 ネットで購入する場合 AmazonのPrime Studentに会員登録します。 Prime StudentとはAmazonの学生向けサービスです。 Prime Studentの会員登録時に学校のメールアドレスや学生番号が要求されるため、Prime Student会員であれば学生であることを証明できるわけです。 年会費が2,450円 月換算205円 かかるもののアカデミック版Officeを購入するのであれば会費の元は当然とれます。 アカデミック版Office以外にも会費のモトは余裕で取れると思われる特典があります。 AccessとPublisherはMac版が存在しないWindows専用アプリで、通常のOfficeでは65,784円もするProfessionalにしか含まれていません。 これらのアプリが 本当に必要であれば、Professionalの半額以下で購入できるアカデミック版はお得です。 しかし・・・、 Accessはパーソナルデータベース Accessは他のOfficeアプリとちょっと毛色が違う「パーソナルデータベース」開発用のアプリです。 パーソナルデータベースとはローカルPC内にデータベースを構築して活用する、という時代の遺物です。 しかし、現在のデータベースはクラウドやデータサーバーにあり、ローカルPC内などにはありません。 Accessもそれに対応してクラウドやデーターサーバーの「クライアント」としても使えるようになってはいますが、残念ながら現在のクライアントの主流は「ブラウザ」です。 PublisherでDTP? PublisherはDTP Desktop Publishing 用のアプリですが、DTPするのにPublisherを使いますか? Adobeのソフトを使うのではないでしょうか?

次の

Microsoft Office 2019 を使うには? 価格 ・購入方法。

マイクロソフト オフィス 2019 価格

Microsoft Office をとにかく 安く 買う方法【Office 2019 】 の正規品を購入する方法はたくさんありますが、どこで買えば最も 安く 購入できるのを知っていますか? Microsoft Office 2019の正規品を購入する場所によっては、同じ製品でも価格が変わってきますよ。 Microsoft の公式サイトでOffice 2019を買う人には当たり前ですが、 「他にもっと安いモノがあった…」ということにならないように、 買う前にはネットでOffice 2019の価格と評価を調べてから買いましょう。 この記事では、Office 2019の価格をできるだけ安い場所を紹介していきます。 このページからは、こちらのOffice 2019永続ライセンスが最もよく購入されています。 また、Office Professional Academic 2019、Office Academic 2019 for Macといった、 安い 値段で学生や教職員だけが購入できる製品もあります。 しかし、Microsoft公式サイトからは購入できないことです。 それでは、以下の流れで、最もお得に、そして自分に最適に使えるOffice 2019を紹介していきます。 Office Personal 2019• Office Professional 2019• 公式で一番 安い Office Personal 2019 Office Personal 2019は、Excel 2019、Word 2019、Outlook 2019を使える個人向けエディションです。 基本的なOfficeソフトだけ使えるため値段が一番 安い です。 Mac またはWindows 10 PCでも使えるのがメリットです。 Office 2019の料金。 一番 安く 買うには? Microsoft Office 2019の種類はたくさんありますのでそれぞれの 価格 や特徴を簡単に説明します。 Microsoft公式サイトから32,184円で購入できますが、それぞれ単品で購入するよりも、16,668円も安くなり非常におトクです。 ただしWindows 10 パソコンPublisher 2019、Access 2019まで使う方は、Office Professional 2019を選ぶでしょう。 でも! 実は Office 2019をもっともーっと 安く買う裏技があるのです。 Office を 安く 買う裏技 「カードに入れる」ボタンを押して次へ進みます。 「レジに進む」をクリックします。 会員の方はメールアドレスとパスワードを入力して次へ進みます。 会員ではない場合、新規会員登録かゲスト登録で次へ進みます。 この画面では、企業名 名前 、メールアドレスなどを入力していきます。 メールアドレスの書き間違いをご注意。 Office 365 Homeのプロタクトキーを電子メールで送りますので書き間違った場合、メールが届かない。 クレジットカードと銀行振込のどちらかを選択して「決済入力画面へ」をクリックします。 クレジットカード払いの場合 必要な情報を入力して次へ進みます。 銀行振込の場合 「注文する」をクリックします。 以上、 Office 2019 を 安く 購入しました 入金後にプロタクトキーがメールで届きました。 まとめ ここまで Office 2019 を 安い 値段で購入する方法を紹介しましたが、Microsoft Office を使うにはほかの方法もあります。 例えば、Microsoft Office を月額で使えるOffice 365 、また、Microsoft Office を無料で使えるOffice Online も存在します。 そのOffice 365を使うメリットについたは以下の記事で紹介しています。 参考にしてください。

次の