光回線 au。 【光回線】auスマートバリューの落とし穴に気をつけろ!メリット・デメリットは?

auひかりのホーム(s)プランはNTT回線を使っている!メリット・デメリットはある?

光回線 au

ソネット光とauひかりの違い9つ ソネット光とauひかりのサービスを比較した結果、9つの違いがありました。 それぞれに良いところ悪いところがあったので紹介していきます。 少しの差ではありますが、マンションタイプの場合auひかりよりもソネット光の方が月額料金が安くなります。 ソネット光公式では「大幅割引キャンペーン」、auひかりではプロバイダの『GMOとくとくBB』公式サイトから申込むと「月額料金割引キャンペーン」が受けられます。 どちらも契約更新までの期間はずっとこの料金でネットを利用することができます。 auひかりはこの月額料金割引にプラスして最大20,000円のキャッシュバックがもらえます。 auスマートバリューでさらに安くなる auひかりは『auスマートバリュー』が適用出来るので、毎月のスマホ代が最大1,000円割引されます。 月額料金の割引とauスマートバリューを適用させることでかなり月々の出費を抑えることが出来ます。 ちなみにauスマートバリューが適用できる光回線はauひかり以外にもさまざまあります。 なので、キャッシュバックを期待してソネット光へ乗り換えるとがっかりするかも・・・。 ソネット光でもネット代理店から申込めばキャッシュバックをもらえますが、僕が確認したところオプション加入が必要なところばかりだったのでおすすめしません。 auひかりも申込み窓口によってもらえるキャッシュバック金額が異なります。 その中でも1番高額で不要なオプションなしで受け取れるのが『GMOとくとくBB』からの申込みです。 auひかりは工事費が実質無料になる So-net光 auひかり 戸建て 24,000円 60回分割 37,500円 60回分割 マンション 24,000円 48回分割 30,000円 24回分割 auひかりのマンションタイプに限り、工事費30,000円が実質無料になります。 1,250円を24ヶ月間月額料金から割り引くので最終的に30,000円が割り引かれ、工事費が無料になるというものです。 もし期間内にauひかりを解約してしまった場合は解約時に残りの工事費分割分を一括で支払わなければならないので注意してください。 ソネット光は戸建てタイプを5年間、マンションタイプを4年間利用すると工事費を相殺することができます。 auひかりよりも長い間使わなければならないですし、ソネット光の契約期間は3年間なので解約時期とタイミングが合いません。 なので、工事費の負担を少しでも減らしたいと考えている方はauひかりをおすすめします。 auひかりはプロバイダ8社から選べる ソネット光のプロバイダはソネットのみですが、auひかりのプロバイダは8社から選ぶことが出来ます。 auひかりのプロバイダ GMOとくとくBB nifty tcom auonenet BIGLOBE ソネット AsahiNet DTI どのプロバイダにしてもauひかりの品質や受けられるサービスは同じです。 ですが各プロバイダの公式サイトから申込む場合はキャッシュバックや割引が異なります。 8社あるプロバイダの中でもダントツお得で人気なのが『GMOとくとくBB』です。 まだ出たばかりのプロバイダですが、ドコモ光のプロバイダとして人気NO. 1となっています。 auひかりのプロバイダは一度契約すると後から変更ができないので慎重に決めましょう。 auひかりは通信速度が速い So-net光 auひかり 戸建て 最大1G ギガが選べる 1・5・10G マンション 最大1G ソネット光もauひかりも通常のプランは最高速度1Gです。 どちらの光回線も「v6プラス」という通信速度が速くなる仕組みを採用しているので速度は申し分ないです。 また、どちらの光回線もv6プラス対応のルーターを無料でレンタルできます。 違うのは『auひかりだけ5G・10Gのプランを契約できる』ということ。 5Gであれば期間限定で追加料金なしで利用できます。 ここまで速い通信速度がでる光回線は他にないので、速度を重視している方はauひかりがおすすめです。 ソネット光の方が使えるエリアが広い ソネット光はフレッツ光の回線を利用しているので日本全国どこでも利用することができます。 また、戸建て限定の5ギガ・10ギガのプランは、 今のところ首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の一部のみしか対応していません。 自分の住んでいる地域やマンションがauひかりが使えるかどうかはから調べることが出来ます。 auひかりは回線撤去工事が必要 ソネット光は解約時の回線撤去工事が任意ですが、auひかりは強制的に行わなければなりません。 光回線の中には解約時に回線撤去を任意で行うところと、強制的に行うところがあります。 【回線撤去工事が任意の光回線】 ソネット光 NTT西日本・東日本フレッツ光 ドコモ光 ソフトバンク光 NURO光 BIGLOBE光 nifty光 excite光 DTI光 OCN光 DMM光【回線撤去工事が強制の光回線】 撤去工事費 強制 auひかり 2018年3月以降に契約 28,800円 コミュファ光 2012年6月1日以降契約 10,000円 2016年8月1日以降契約 12,000円 BBIQ光 2009年12月1日以降契約 5,000円 回線撤去工事費28,800円が発生するのは戸建てで契約していた場合に限りますが、他社と比較してもかなり高額になっていて、一時期ネットでもかなり騒がれていたようです。 ですが、現在は他社での違約金を負担してくれるキャンペーンなどが充実しているのでそこまで心配する必要はないでしょう。 auひかりのテレビサービスは微妙 ソネット光とauひかりはどちらもテレビサービスがありますが、 ソネット光は地デジが観られるがauひかりは地デジが観られないという違いがあります。 提供地域 ソネット光のテレビサービスを利用できる地域は限られていて、今のところ以下の都道府県の一部地域のみになります。 auひかりのテレビサービスの対象地域はauひかりの対象地域と同じとなっています。 auひかりで地デジを観る方法 地デジを観るための方法として2つ紹介します。 UHFアンテナを設置する アンテナの料金は住居・配線の状況・地域によって変わるようなので一概には言えないのですが設置費込みで 50,000円以上かかることが多いようです。 正直アンテナを設置してしまえばauひかりのテレビサービスを契約する理由はないです。 ケーブルテレビを契約する 利用すると豊富なチャンネルを観ることができ、地デジも観ることが出来ますが、ケーブルテレビサービスの月額利用料(5,000円前後)がかかります。 映画や音楽番組などを楽しみたい方にはauひかりのテレビサービスは向いているかもしれませんが、地デジのみで良いという方にはソネット光のテレビサービスをおすすめします。 例えばGMOとくとくBBの場合は12ヶ月間無料でセキュリティソフトを使うことができます。 正直、セキュリティソフトに関しては無理に光回線やプロバイダのサービスを利用しなくても良いと思います。 ソネット光は無料で使えるので申し込んでも良いと思いますが、auひかりの場合は無理に申し込まなくてもウイルスバスターなどを自分で購入したほうがコスパがいいです。 最近では無料で使えるセキュリティソフトもたくさん出てきましたが、無料版はウイルス検出機能が主な機能なのであんまり信用できません。 悪質な攻撃からセキュリティを守る機能が付いていなかったりPC動作が遅くなったりする場合があるので、安全にPCを使いたいのであれば、ソネット光のカスペルスキーかウイルスバスターの購入をおすすめします。 サポートセンターの質はどちらも良い Twitterで評判を見ていると、どちらの光回線もサポートセンターが親切だという声が多くありました。 ほんと親切! みんなも、au光にしようか! — Daisuke. サポートセンターでは担当者によって知識の差があるというのをよく聞きますが、どちらのサポートセンターもレベルが高いのかもしれません。 また、僕自身ソネット光のチャットサポートを使用してみたのですが、他社に比べてどんなに些細な質問でもすぐにわかりやすく返答してくれて、とても良い印象でした。 auひかりからソネット光への乗り換え 現在auひかりを利用中で、ソネット光への乗り換えを検討中の方は、解約時の回線撤去費28,800円に頭を抱えているのではないでしょうか。 この請求が解約時に一括で請求されるとなると気が重くてなかなか乗り換えに踏み込めないですよね。 ただ、 auひかりでソネットを利用している方はソネット光へ乗り換えで 回線撤去工事費28,800円が全額キャッシュバックされます。 対象は以下の条件を全て満たす方です。 1 auひかりでプロバイダソネットを利用していた方 2 2018年8月1日以降にauひかり戸建てタイプに新規入会・コース変更された方 3 auひかり戸建てタイプを解約した場合、撤去工事費 28,800円 がかかる方 4 auひかり戸建てタイプのお申し込みから60ヶ月以内にソネット光へ新規申し込み・コース変更を電話で申し込み、9ヶ月以内にソネット光が利用開始となった方 キャッシュバックの受取期間は ソネット光の利用開始から6ヶ月後の15日より45日間で、受け取り期間中に受け取り口座の登録が必要です。 条件に当てはまった方もそうでなかった方も、まずはauひかりの契約更新月を確認しましょう。 戸建ての場合は2年か3年、マンションの場合は2年契約をしていると思いますが、契約更新月は利用開始月を1ヶ月目として計算すると以下のようになります。 【注意】auひかりからソネット光に乗り換え 結果から言うと、 現在auひかりを契約中で解約時に高額な違約金がある方の場合はソネット光はあまりおすすめできません。 理由は、 ソネット光では他社の解約違約金キャッシュバックを行っていないからです。 仮に契約期間の更新月に解約し、初期工事費を一括で払い終わっていた場合でも解約時に撤去費用の28,800円は必ずかかってしまいます。 ここからは解約時の支払い負担を少しでも軽くする方法を2つご紹介します。 ソネット光ではキャッシュバックがないので、BIGLOBE光の25,000円キャッシュバックはまとまったお金が欲しい方にとっては嬉しいですよね。 全額とまではいかないものの、auひかりの撤去工事費28,800円の支払い分にも充てられそうです。 対策 2 ソフトバンク光に乗り換える ソフトバンク光には他の光回線にはない大きな特徴があります。 それは、 他社解約時の違約金を最高10万円まで還元してくれるキャンペーンがあるということです。 つまり、auひかり解約時の撤去工事費28,800円、解約違約金、初期工事費の残債がすべてキャッシュバックされるので、実質負担なしで解約することが出来ます。 ソネット光からauひかりへ乗り換え ソネット光からauひかりへ乗り換える場合は 『GMOとくとくBBの公式サイトからauひかりを申込む』のが最もお得です。 理由は以下の4つです。 この30,000円は他社の解約違約金相当額として換算されます。 ソネット光の解約金は20,000円ですので、このスタートサポートによって賄うことが出来ます。 これは、以下2つの条件に当てはまれば適用出来ます。 1 他社固定インターネットサービスから「ネット+電話+電話オプションパック」に新規加入 2 戸建ては36カ月以上の継続利用、マンションは24カ月以上の継続利用を約束 また、携帯もauひかりに乗り換えると他社の解約違約金相当額を1回線につき10,260円が還元されます。 ネット代理店でも高額キャッシュバックを行っていますが、月額料金が安くなってキャッシュバックもまあまあもらえるのは、GMOとくとくBBしかありません。 auひかりをお得に利用したいならGMOとくとくBBの公式サイトから申込みましょう。

次の

インターネット回線・auひかりのプランの料金と特徴

光回線 au

もくじ• 法人向け光回線おすすめランキングBEST5 まずは、法人向け光回線のおすすめをランキング形式でみていきましょう。 それぞれに特長がありますので、自社の環境に合わせて見比べてみてくださいね! では早速、第1位より紹介していきます。 もし社用電話をドコモで契約しているのなら、光回線もコミコミでまとめることで、 毎月最大3,500円の割引を受けることできます。 これは他のキャリアと見ても 割引率が高めのため、見逃せないポイントとなるのではないでしょうか? 月々の料金については、決して格安とはいえませんが、 実績による安心感やセキュリティを考えれば申し分はないのではないでしょうか? なによりも、指定となっているプロバイダ「とくとくBB」では、 素敵な特典も盛りだくさん。 新規工事料金:無料• v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを無料で提供 これほどの特典があるというのなら、まず検討しておきたい法人向け光回線となるでしょう。 この法人向け光回線の一番の特長は、なんといっても その回線スピード。 ストリーミング速度実測測定において、 国内No. 1の結果を残しています。 これを踏まえると、 安定して早い通信速度にこだわりたいのなら、「auひかり」が有力候補になるのではないでしょうか? ただし、とくに早い速度プランの「auひかりホーム5ギガ」「auひかりホーム10ギガ」は、 「東京・神奈川・埼玉・千葉」の一部地域に利用が限られています。 そのため、そのエリア内の方には、とくにおすすめの法人向け光回線となるでしょう。 3Gbps ・速度がありながらも低価格 ・故障トラブル時は専任スタッフが対応 第3位として選ばせていただいたのは、こちらも 通信速度が優秀な「NURO Biz」となります。 他社で1Gbpsが最大であることが多い中、「NURO Biz」では、なんとその 倍の2Gbps。 かなり速度が速いことがお分かりいただけるのではないでしょうか? またその速度は、たとえ 無線LANだったとしても、1Gbpsを超えてきます。 導入企業も名だたる企業が並び、たとえば SBI証券やRaksul、LIXILも「NURO Biz」サービスを利用しているのです。 コチラも 利用可能エリアは限られていますが、ある程度規模の大きな企業なら、十分に候補となる法人向け光回線となるでしょう。 第4位: おてがる光 料金 3,280円~ 最大通信速度 最大1Gbps 固定IP アドレス ー 対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県 全国(一部地域を除く) 特徴 ・契約期間の縛りなし ・IPv6接続に対応 ・オプションが豊富でカスタマイズがしやすい 第4位として選ばせていただいたのは、 契約期間に縛りがない「おてがる光」。 他社の多くは、最低契約期間を設けており、その時期を迎える前に解約すると違約金がかかるものです。 しかし「おてがる光」では、 そうした費用が一切かかりません。 これは、いつまで契約するかわからない事業者にとって、かなり魅力的ではないでしょうか? また回線スピードも他社に引けを取らず、 最大1Gbpsとなっているので、品質の問題もありません。 こちらも オプションが豊富で、比較的 良心的な価格なので、ぜひ検討したい法人向け光回線といえるでしょう。 料金が気になる場合は、 公式HPでシミュレーションができるので、試してみると良いかもしれません。 その値段は、マンションタイプなら なんと2,500円と、かなり魅力的な金額。 そうした強みがあってか、実績もグングンと伸ばし、 9万社もの企業に導入されています。 また「オフィス光119」では、 自社コールセンターを設けているため、対処も実にスムーズ。 もちろん、 契約手続きもカンタンに行えると好評です。 オプションも豊富に用意されているので、まずはどういったものがあるのか相談や確認をしてみるといいでしょう。 比較する前に!法人向け光回線の特徴を把握しよう まずは法人向け光回線の比較において必要となる、基本的な特徴について把握していきましょう。 これらを把握しておくことは、本当に法人向けの光回線を契約すべきかの判断基準にもなりますので、目は通しておくようにしてください。 VPNの利用が可能|法人向け光回線の特徴 VPNとは簡単にいえば、 本社や複数の支社など離れた拠点間の通信において、• 情報が盗み取られること• 改ざんされること を防ぐために、社内ネットワークのような 閉鎖的なネット接続を実現する技術 のことです。 法人向け光回線では、このVPNを利用する環境が整っているため、安全なデータのやり取りをしたい企業にとっては大きなメリットとなるでしょう。 また近年では、リモートワークも増えつつありますので、 VPNの需要はさらに増していくと想定されます。 複数の固定IPアドレスの取得が可能|法人向け光回線の特徴 法人向け光回線でVPNを利用する際は、そこに接続するための住所となる固定IPアドレスが必要となります。 また固定IPアドレスを活用すれば、Webカメラで店舗や事務所などを 遠隔監視することも可能となるでしょう。 ただし、各光回線のプランによっても付与できる 固定IPアドレスの数は異なりますので、必要な方は事前に公式HPなどで確認しておく必要があります。 サポートオプションが充実している|法人向け光回線の特徴 一般的に個人向けの光回線の場合、トラブルが発生した際のサポート時間は日中のみなどと限られているものです。 しかし業務で使用する場合で、ネットに何らかのトラブルが発生し接続できない状況が続けば、大きな損失がでてしまうことも時にはあるでしょう。 そういったことにならないよう法人向け光回線では、オプションなどで 24時間いつでも専門のオペレーターが修理にかかわる対応をしてくれるのです。 こういったサポートは、業務を止めないためにも必須となるでしょう。 法人名義の領収書の発行が可能|法人向け光回線の特徴 法人向け光回線では、税申告の際に必要となる領収書の発行が可能です。 業務で使用する場合は、当然その料金は経費となりますから、この領収書の有無は重要な項目となるでしょう。 また クレジットカード決済では、 領収書の発行が難しいケースもあるでしょう。 しかしその場合、法人カードで決済を行っていたのであれば、税申告の際に領収書がなくとも大きな問題にはなりません。 契約時の必要書類が増える|法人向け光回線の特徴 個人で光回線を契約する際は、免許証やパスポートなどの本人確認書類だけで事足りるでしょう。 しかし法人契約の場合では、 それに加え登記簿謄本が必要となります。 また個人事業主の場合では、開業届や青色申告書などのコピーが必要となるケースもあるでしょう。 こういった書類は契約をスムーズに行うためにも、事前に準備しておく必要があります。 法人向け光回線の主な種類4つとは 法人向け光回線の特徴を理解したところで、その光回線の種類についても把握していきましょう。 光回線の種類は主に4種類となり、これらはそれぞれに特徴がありますので、ニーズに合わせて選択するようにしてください。 では早速、順にみていきましょう。 フレッツ光はNTTが提供する光回線であり、ひと昔前まで光回線といえばこのフレッツ光が当たり前な時期もありました。 しかしフレッツ光を契約する場合は、 別途でプロバイダの契約も必要となります。 それゆえ、支払いやトラブル時の問い合わせ先がバラついてしまい、 わかりづらいというデメリットがあるでしょう。 しかし、 信頼性の高さや用意されている プランは豊富となります。 そういった細かいプラン設定が行えることから、中~大規模の法人に向いている光回線といえるでしょう。 またプロバイダについては、ある程度指定をされているケースがほとんどで、自由に選択することはできません。 ただし料金については、比較的安価なものが多く、携帯やスマホとの セット割があるため、コストによるハードルは低いといえるでしょう。 その速度については、一般的な光回線では最大1Gbpsが通常ですが、NURO光の場合では 最大2Gbpsと圧倒的な速さを誇っています。 ただし対応しているエリアは、 「関東・東海・関西」に限定されていますので、利用できる企業は少ないのが現状です。 また契約する際は、明確に個人と法人が分かれているわけではなく、名義が異なるだけとなります。 そのため、 店舗や小規模な事業に向いている光回線といえるでしょう。 法人向け光回線の選び方とは 法人向け光回線を比較していくにあたり、どういった点に着目しながら選んでいけばいいのでしょうか。 ここでは、その着目点について紹介していきます。 プロバイダにこだわりがあるのか|法人向け光回線の選び方 法人向け光回線の種類やサービスによっては、 選択できるプロバイダに制限があることもあります。 また光回線は同じであっても、プロバイダが異なることにより、 通信速度が変化することもあるでしょう。 そのため、プロバイダにこだわりのある方も少なからずいるものです。 そういった方は、自身の求めるプロバイダを契約できるかが重要なポイントとなるでしょう。 そうでない場合は、他の項目で判断することとなります。 対応エリア内か|法人向け光回線の選び方 光回線の種類を紹介した際に少しお伝えしましたが、すべての光回線が全国対応しているわけではありません。 そのため契約する際は、最初の段階で対応エリア内かを確認するようにしましょう。 また、どの光回線も対応エリア外だった場合は、 モバイルインターネットなど活用するのも手となります。 通信速度はどうか|法人向け光回線の選び方 法人向け光回線を選ぶ際に、一番気にするべきは通信速度でしょう。 極端に速度の速い通信でなかったとしても、業務に支障が出るほどの遅さでは考えものです。 また先にお伝えした通り、一般的な通信速度は 最大1Gbps程度となっています。 この点を基準に、通信速度は見極めていくといいでしょう。 同時接続が可能な端末数はどうか|法人向け光回線の選び方 各法人向け光回線では、プランによって同時に接続できる端末数は異なるものです。 より厳密にいうと、通信の安定を保つために、 1契約につき推奨される同時接続数が異なるということとなります。 そのため、事業においてどの程度端末を同時に使用するのかは、契約する前に問い合わせなどをして把握しておくようにしましょう。 法人向け光回線で注意すべきこととは 法人向け光回線の選び方をお伝えしてきましたが、その際に注意すべき点もあります。 これらを把握しておくことは、選ぶ際の時間短縮や契約後の不測の事態を防ぐことにもつながりますので、必ず目を通しておくようにしましょう。 では早速、注意点について順に紹介していきます。 フレッツ光への転用に注意 フレッツ光から他の光コラボレーションなどに乗り換える転用では、 工事の必要もなくスムーズに乗り換えることが可能です。 しかし、コレが逆のケースである光コラボレーションからフレッツ光への転用では、そうもいきません。 光コラボレーションからの転用の場合では、 一旦現在の契約を解約し、フレッツ光に再契約する必要があります。 さらにその際には、違約金や新規工事費なども発生してしまうでしょう。 そのため、光コラボレーションを選択する際は、フレッツ光としっかり比較をしていくことが重要となってきます。 法人契約ができないプロバイダに注意 光回線により選択できるプロバイダの数は異なりますが、いくら選択肢が多くとも、 必ずしも法人契約ができるというわけでもありません。 プロバイダの候補が決定した段階で、法人契約が可能なのかは、しっかりと確認しておくようにしましょう。 法人契約でも速度制限に注意 まず法人向け光回線で速度制限があるのは、受信データではなく送信データの話となります。 通常利用であれば関係のないことではありますが、動画などの大きなデータを短期間にアップされる方は注意が必要です。 より具体的には、 30GB程度のデータをアップすると制限が掛かる可能性がありますので、契約前には転送制限はあるのか、あるとすればどの程度なのかは、しっかりと確認するようにしましょう。 利用料金を滞納すれば通信が止まることに注意 契約している法人向け光回線の利用料金を、仮に滞納してしまうと、当然のことながら 事務所内で使用していた通信は利用できなくなります。 そうなれば、業務に多大な支障をきたすことにもなります。 払い忘れに対しては、個人契約の時以上に気を配り、 毎月しっかりと確認をするなどの対処をするようにしておきましょう。 数年単位での契約が前提となることに注意 携帯電話の回線契約でも、 「〇年縛り」といったものがありますが、これは光回線についてもいえることです。 携帯電話の場合では、 大抵「2年縛り」となりますが、光回線では3年または5年と設定している業者もあります。 違約金については、そもそも不要な業者もありますが、 一般的には多額の違約金を請求されます。 そのため、契約時は簡単に終えるかもしれませんが、契約前にはきちんとその内容について確認しておく必要があるでしょう。 法人向け光回線おすすめ15社の比較一覧 では、本題の法人向け光回線の比較についてみていきましょう。 ここでは、おすすめの法人向け光回線を15社に絞り比較をしていきます。 またそれぞれの詳しい情報については、次の項で紹介しておきますので、そちらも併せて確認していきましょう。 では続けてみていきましょう。 まずは「おすすめのプロバイダ」から紹介していきます。 フレッツ光おすすめプロバイダ5社 法人向け光回線でフレッツ光を利用するのであれば、その契約はもちろん、プロバイダについても契約しなくてはいけません。 そのため、おすすめのプロバイダを紹介する前に、フレッツ光の基本情報についてもまとめておきます。 まずはそれを確認し、その後でおすすめプロバイダの詳細を確認していきましょう。 料金 2,000円~ 最大通信速度 最大1Gbps 対応エリア 公式HPの「提供状況の確認」より確認可能 参考: 参考: 特徴 ・事業規模に合わせた細かなプランがある ・トラブル発生時の24時間出張修理オプション有り ・工事担当者が接続確認までしっかりと対応 では次から、おすすめのプロバイダを5つほど紹介をしていきます。 それぞれのプロバイダの基本情報を紹介しておきますので、目的に合わせて選択してみましょう。 このプロバイダの一番の特徴は、 高品質なネットワーク。 通信状態を快適にするための 大容量なバックボーンや、 徹底された監視体制が敷かれています。 また通信を行う上で重要なセキュリティ面についても、しっかりと配慮されているため、安心して利用することができるでしょう。 不正アクセス保護• フィッシングサイトのブロック• ワンクリック詐欺のブロック• 有害HPのブロック• サーバー監視サービス• アンチマルウェア for Business Plala 大学や病院などでも実績がある「BUSINESSぷらら」は、通信の高品質さを求める方におすすめです。 またブロードバンドアワードでは 4年連続受賞をするなど、その信頼性に申し分はありません。 フレッツ光を契約するのであれば、候補として必ず入れておきたい法人向けプロバイダとなります。 IPの個数が1個の場合では割高な値段となりますが、 8個では17,380円からと個数が増すにつれ、大幅に 1個あたりの値段がお手頃となるのが特徴です。 そのため、 中~大規模企業におすすめの法人向けプロバイダとなります。 また運営会社も、その名の通りGMOグループのため 安心感も十分にあります。 既に他のプロバイダと契約しており、コストカットのため乗り換えたい方にもおすすめといえるでしょう。 他社の場合、一見「〇ヶ月無料」といったように記載があったとしても、注意事項で長期継続が条件であったり、違約金が解約する場合かかることも中にはあります。 その点インターリンクでは、 契約期間の指定もなければ、解約による違約金が必要となることもありません。 もちろん、 初期費用もかからないため、しっかりと無料でインターリンクの使い心地を試すことができるのです。 継続して料金発生後も、 1ヶ月ごとの更新となるため、契約期間の縛りがイヤな方はインターリンクを選ぶと良いでしょう。 光コラボレーションおすすめ10社 ここではフレッツ光の光回線とプロバイダが1本化された、光コラボレーションのおすすめ10社を紹介していきます。 プロバイダについては、 20社を超える中から選択できますので、プロバイダを選択したい方にもおすすめの法人向け光回線となるでしょう。 では早速みていきましょう。 マンションタイプであれば、 2,500円より利用が可能となっています。 また個人事業主や法人向けとなっており、 一見面倒そうな手続きも手軽に行える点も魅力。 気になるサポート体制も、自社コールセンターを完備しているため、 スムーズに対応してもらえます。 さらには、 豊富なオプションから自由にカスタマイズができるので、ムダな費用を抑えることにも貢献。 まずは気軽に相談することから始めてみると良いかもしれません。 また公式HPでは、 簡単に割引を考慮したシミュレーションもできますので、気になる方は一度試してみてもいいかもしれません。 しかし、特典の破壊力はすごいものとなっています。 新規工事料金:無料• v6プラス対応の高性能Wi-Fiルーターを無料で提供 など、他社ではないような素敵な特典が盛りだくさん。 個人事業や法人で高速かつ安価でネットを利用したい方なら、こちら選択しない理由はありません。 詳細は下記より確認してみてください。 また通常は新規で工事を行う場合、数万円程度の工事費を最初に一括で支払うものです。 しかしこの法人向け光回線では、24,000円の工事費を 分割にして月額料金に含めているため、初期費用をなるべく抑えたい企業には、特におすすめの光回線といえるでしょう。 オプションはセキュリティ対策に関することから、音楽が楽しめるコンテンツまで、幅広く用意されており 数百円から導入することができます。 またサポートが充実しているので、全くわからない方でも丁寧にサポートしてくれるでしょう。 ただし、固定IPアドレスがないなど、 企業によっては物足りなさを感じてしまうこともあるかもしれません。 そのため、 とりあえずネット環境があればいい といった方には、不自由がないでしょう。 また光電話を追加で申し込んでいる場合、 最大で5つの電話番号(1回線100円)を利用することもできます。 また料金体系も 非常にわかりやすく戸惑うことはないでしょう。 固定IPアドレスについては有料となりますが、利用も可能となりますので、必要な方は 別途申込みをするようにしましょう。 3年プランに加入すると32ヶ月目からは「 月額3,490円+法人管理費」となり、36ヶ月目にもなると、2年プランの総額より安くなります。 そのため、3年以上使う予定があるのなら、 3年プランを選ぶようにしましょう。 また、世界的に実績のある会社のセキュリティ技術を採用した「 常時安全セキュリティ24」では、新種の脅威から端末を保護し、高い防御能力を発揮します。 動作もサクサクなため、システムに負荷がかかる心配も大幅に軽減されます。 こういった セキュリティ技術が500円で利用できるのは、かなり魅力的といえるでしょう。 おてがる光|おすすめ光コラボレーション 料金 3,280円~ 最大通信速度 最大1Gbps 固定IP アドレス ー 対応エリア 大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県・和歌山県・福井県 全国(一部地域を除く) 特徴 ・契約期間の縛りなし ・IPv6接続に対応 ・オプションが豊富でカスタマイズがしやすい 「おてがる光」は、なんと契約期間の縛りがない、 新世代型光コラボレーションとなっています。 契約期間に縛りがないということは、当然 違約金が発生するということもないため、 なんか微妙だな・・・ と感じれば、すぐに切り替えもできるわけです。 またそれでいて、回線スピードは 最大1Gbpsと、他社と引けを取らない品質も魅力でしょう。 料金については かなり良心的であり、オプションも実に充実。 公式HP内では、 料金シミュレーションもできるようになっているので、気になる方はまず試してみるといいかもしれません。 3Gbps ・速度がありながらも低価格 ・故障トラブル時は専任スタッフが対応 NURO Bizは、 通信速度が最大2Gbpsと他社よりも速いのが特徴です。 利用可能な エリアこそ限られてはいますが、その点をクリアできれば通信速度や料金面でも、この法人向け光回線は有力候補となるでしょう。 また料金については、 プロバイダ料金が込みの価格となります。 ただし、 条件もそれなりにありますので、実際に加入を検討しているのであれば、 事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。 この法人向け光回線は、小規模事業に向いているといえそうです。 【2020年4月最新】フレッツ光の代理店でキャッシュバックを狙うのもあり ある程度ここまでで、どの光回線にするか候補は絞れたでしょうか? ここでは実際に申込みをするにあたり、少しでも得になるよう、キャッシュバックを実施している代理店を紹介しておきます。 実際に自身の目で確認して、適したキャンペーンがあるのかを確認してみましょう! またキャンペーンは時期によっても、その内容が変わるものです。 ここでは公式HPへのリンクも掲載しておきますので、確認するのにお役立てください。 では進めていきます。 ベストリンク株式会社• 不安な方は下部より公式HPで確認するようにしてください。 フレッツ光の代理店である「ベストリンク株式会社」は、実績も豊富で、その数も 1,730万回線にのぼります。 また各種割引も豊富で、 「2年割」や「光はじめ割」など月々の利用料が安くなるサービスも実施。 肝心のキャッシュバックについては注意点もあり、工事完了後の翌日に送付される書類を、 かならず90日以内に返却するようにしてください。 もしこの期限を過ぎてしまうと、 キャンペーンの対象外となってしまいます。 また一つ目のキャンペーンのキャッシュバックの額は、条件によっても異なり、 5,000円から70,000円です。 この点について、公式HPで確認してみてから、自身にとってお得かを判断してみるといいでしょう。 株式会社NEXT• 不安な方は下部より公式HPで確認するようにしてください。 そのスピードも 最短2ヶ月後。 さらにはキャンペーンにありがちな、オプション加入も必要ありません。 つまり、通常通り申込んでいれば、しっかりとキャッシュバックを受け取ることができ、 貰い損ねがないということでもあります。 とくにフレッツ光を新規で契約する方は、かなりお得になるキャンペーンなので、サッとでも確認しておくようにしましょう。 株式会社アウンカンパニー• 不安な方は下部より公式HPで確認するようにしてください。 代理店であるアウンカンパニーは、ソフトバンク社から 2018年に表彰されるほどの実績があり、また 特典の数も他社より豊富です。 そのため、あらゆるニーズに応えることもでき、確実に実績に伸ばせているのでしょう。 ここでは、特典の数が多いため紹介しきれませんが、もし光コラボを検討しているのなら必ずチェックしたい代理店となります。 株式会社ラプター• 不安な方は下部より公式HPで確認するようにしてください。 NTTの正規代理店である株式会社ラプターでは、 電話一本で新規開業に必要なネット環境を、スピーディーに対応してくれます。 そんな代理店が提供するキャンペーンは、 オプションがなかったとしても、キャッシュバック30,000円が可能。 また月額費などの 割引キャンペーンも用意されており、複数のキャンペーンを 併用できるものも多くあります。 実際に特典を受け取る際の手続きも非常にカンタンで、 申込みの電話で必要内容を伝えるだけ。 これなら貰い忘れの心配もなく、また手間も全くかかりません。 手堅くキャンペーンの恩恵を受けたいのなら、この代理店がおすすめとなります。 ブロードバンドナビ株式会社• 不安な方は下部より公式HPで確認するようにしてください。 最後に紹介する「ブロードバンドナビ」もまた、 豊富なキャンペーンを多く取り揃えている代理店です。 独自キャンペーンも用意されており、それらは 併用することも可能。 また特典については、 最短2週間で受け取ることができるため、商品が届くのを待ってられないという方には特に嬉しい内容となるでしょう。 なにせ特典が多いため、まずはご自身の目で確認してみると良いかもしれません。 もちろん、条件についても忘れずに確認していきましょう。 事業規模に合った法人向けの光回線を選ぼう 法人向けのおすすめ光回線について、比較しながら紹介してきましたが、実際に選ぶ際は事業規模に合わせて選択していくことが大切です。 また固定IPアドレスなどは、提供していない業者も存在しますので、使用するのか否かでも選ぶべき業者は異なってくるでしょう。 ここで紹介してきた選び方や注意点をもとに、通信速度以外の項目も確認しながら、最適な光回線は選んでいくようにしてください。

次の

ソネット光とauひかりの違いを比較!契約・乗り換えるならソネット光

光回線 au

auのスマホを使っているけど、光回線は「ビッグローブ光とauひかりのどちらを契約するべきなのか」疑問に思っていませんか? 結論、auユーザーの場合、申し込み窓口の選択を誤らなければ、ビッグローブ光もauひかりもお得に契約することができます。 このページでは、ビッグローブ光とauひかりのサービス内容やキャンペーンを比較して、あなたの最もお得な光回線の選び方と契約方法を徹底的に解説します。 これを読めば、ビッグローブ光とauひかりのうち、あなたにとってよりお得な光回線や申し込み方法がわかります。 ビッグローブとビッグローブ光の違いって? この記事では、光回線サービスの「ビッグローブ光」と「auひかり」を比較していきますが、そもそもビッグローブ関連の光回線サービスに焦点を当てた場合、「ビッグローブ」と「ビッグローブ光」を混同してしまうことが多いので注意してください。 結論、ビッグローブ関連の光回線サービスは、以下の2つに分かれます。 ビッグローブ:auひかりのプロバイダ(au回線)• ビッグローブ光:ビッグローブが運営する光コラボレーション(NTT回線) 下記では、プロバイダと光回線の関係を説明した上で、ビッグローブ関連の2つの光回線サービスの違いについて解説します。 プロバイダと光コラボ まずは、プロバイダと光コラボについて説明します。 その前提知識として、 光回線は、インターネット回線とプロバイダの両者と契約しなければならないことを覚えておきましょう。 プロバイダ プロバイダとは、簡単にいうと、 回線をインターネットにつなげるサービスのことで、ISP(Internet Service Provider)とも呼ばれています。 下記のイラストでも分かる通り、プロバイダは、 インターネットの入り口のような役割を担っています。 前述の様に、光回線はインターネット回線を契約しただけでは使用できません。 この時点では、まだインターネットに鍵がかかっている状態なので、それを開けるプロバイダと契約する必要があります。 光コラボ NTTが管理するインターネット回線を他の事業者が間に入って「別のブランド名」で提供するサービスです。 そのため、 インターネット回線とプロバイダを分けずに、 1社のみとの契約で光回線の利用が可能となっています。 たとえば、最近では下記ような会社で光コラボレーションサービスが提供されています。 NTT以外の通信回線事業者(ex. ソフトバンク)• 通信業界以外の会社(ex. TUTAYA) この光コラボレーションの詳細は、「 」を参考にしてください。 「ビッグローブ」と「ビッグローブ光」の違い 「ビッグローブ」は、auひかりというインターネット回線に対する「プロバイダ」のことです。 その一方で、「ビッグローブ光」は、NTTの回線とそれに対するプロバイダが合わさった「光コラボ」のことです。 すなわち、 「ビッグローブ」と「ビッグローブ光」は、運営元のビッグローブは同じですが、プロバイダと光コラボという意味で全く異なる光回線サービスです。 ビッグローブ光とauひかりを徹底比較 ビッグローブ光とauひかりは、以下の5点で比較することができます。 回線タイプ• 対応エリア• 申し込み窓口 これらを考慮することであなたにとってよりお得な光回線サービスや契約方法がわかります。 それでは、以下で詳しく見ていきましょう。 1-1. 回線タイプ ビッグローブ光とauひかりでは、前者はNTTの光回線を使っており、後者はauの光回線を使っています。 したがって、ビッグローブ光とauひかりの回線タイプをまとめると以下の通りになります。 ビッグローブ光:NTT東日本、NTT西日本のインターネット回線• auひかり:auのインターネット回線 この回線の違いが、次に解説する対応エリアに影響します。 なぜなら、 NTTの光回線は全国的に展開されている一方で、auひかりは下記のエリアでは利用できないからです。 中部 静岡県・愛知県・岐阜県 近畿 三重県・大阪府・京都府・和歌山県・奈良県・滋賀県・兵庫県 沖縄 沖縄県 1-2. 対応エリア ビッグローブ光は、日本全国で利用できる一方で、au光は一部の地域では利用できません。 したがって、ビッグローブ光とauひかりの対応エリアは、以下のように異なります。 ビッグローブ光:日本全国で利用できる• auひかり:中部、近畿、沖縄では利用できない 中部、近畿、沖縄に住んでいる場合は、ビッグローブ光を契約することをおすすめします。 1-3. 速度 速度に関しては、ビッグローブ光もauひかりも申し分ないです。 それぞれの光回線の速度に関する口コミについて解説します。 ビッグローブ光 auひかりでIPv6に対応してたかわからないけど、auひかりより倍以上速い…!! ビッグローブ光が遅い理由は、主に以下の2つです。 使用する機器のトラブル• 回線の混雑 これらについて、改善策を解説していきます。 使用する機器のトラブル ビッグローブ光が遅い理由のひとつは、使用する機器のトラブルにあります。 そのため、使用するLANケーブルやルーターが古い製品だった場合は、それぞれ買い替えることで解決できます。 また、ルーターのバージョンが古い場合は、アップデートするようにしましょう。 回線の混雑 ビッグローブ光が遅いというもうひとつの理由は、回線の混雑にあります。 利用している人が周りに多いと回線が混雑してしまいます。 しかし、ビッグローブ光では通常のIPv4の他にIPv6を利用することができます。 IPv6とは? IPアドレスのバージョンです。 従来のIPv4と比べて、割り振ることができるIPアドレスが非常に多いのが特徴です。 また、接続方式は「PPPoE」と「IPoE」に分かれていますが、後者で接続する方が、旧規格による接続を回避できるので、通信速度の改善を図りやすくなっています。 Ipv6を利用することで回線の混雑を回避しましょう。 実際にIPv6を利用することでビッグローブ光が速くなったという口コミを紹介します。 1-4. 料金 ビッグローブ光とauひかりの月額料金は、以下の通りです。 なぜなら、契約当初はauひかりの月額料金の方がビッグローブ光より高いですが、auひかりの月額料金は1年ごとに安くなるからです。 1-5. 申し込み窓口 ビッグローブ光とauひかりには、お得にキャッシュバックを受け取ることができる申し込み窓口が多数あります。 その中でも、高額キャッシュバックが適用され、最もお得に申し込むことができるのは、以下の窓口です。 ビッグローブ光:株式会社NEXT• auひかり:GMOとくとくBB: これらの申し込み窓口が最もお得である理由を解説します。 ビッグローブ光は株式会社NEXTがおすすめな理由 ビッグローブ光は、公式ページもしくは代理店経由での申し込みがメインとなりますが、それぞれの窓口によって「キャッシュバックや工事費割引の金額」「工事費割引の適用期間」が異なります。 そのため、 本当にお得な申し込み窓口を選ぶためのポイントは、「キャッシュバック額+工事費割引額」です。 ちなみに、2020年7月現在、ビッグローブ光の数ある申し込み窓口の中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、 3年間の契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高いのは、下記の代理店です。 『 』 以下の表で、ビッグローブ光の公式ページと代表的な代理店3社について、3年間契約した場合の「キャッシュバック額」「工事費割引額」「工事費割引適用期間」を比較しました。 事前に確認しておくことをおすすめします。 以上のように比較すると、 契約期間内に受けられる「キャッシュバック額+工事費割引額」が最も高い「」経由の申し込みがおすすめです。 また、株式会社NEXT以外の申し込み窓口は、工事費割引の適用期間が40ヵ月間なので、工事費を実質無料にしたい場合、36ヵ月目の契約更新月に解約ができません。 もし契約更新月に解約をしてしまうと、4ヵ月分の工事費が一括請求されてしまうので、割高になってしまいます。 「ビッグローブ光」について、もう一度詳しい情報を確認したい場合は、「 」をご覧ください。 auひかりはGMOとくとくBBがおすすめな理由 auひかりは申し込み窓口が非常にたくさんありますが、 窓口によって、キャッシュバック金額・工事費・月額料金が変わります。 ちなみに、プロバイダでのスペックの差は全くない(公式に問い合わせ済)なので、料金に着目し、どこがお得かで選んでいきましょう。 キャンペーン内容は「キャッシュバック」以外にも「月額割引」など様々なので、トータルでどこがお得かわかるように 全てを合計した金額を1ヶ月あたりの価格に直して比べていきたいと思います。 比較の観点:• 一戸建てはずっとギガ得プランで開通月の翌月から36ヶ月、マンションは開通月の翌月から24ヶ月で計算。 マンションはタイプvの16契約以上の場合です。 以上のように比較すると、不要なオプションもなしで高額キャッシュバックがもらたり、割引が受けられる「」経由の申し込みがおすすめです。 スマートバリューを適用するために必要なひかり電話も無料でつけられ、月額で見ると最も安くなります。 「auひかり」について、もう一度詳しい情報を確認したい場合は、「 」をご覧ください。 auスマホとセットでお得な割引キャンペーン ビッグローブ光は、auユーザーの場合、キャッシュバックキャンペーン以外にも、「割引キャンペーン」を適用することができます。 以下2つの割引キャンペーンはどちらもお得ですが、併用はできません。 auセット割• auスマートバリュー それぞれ選択するべき状況は以下の通りです。 auセット割:家族がauのスマホを契約していない場合• auスマートバリュー:家族2人以上がauのスマホを契約している場合 各割引キャンペーンの内容を詳しく紹介します。 2-1. auセット割 auセット割は、光回線ごとの月額料金に最大1,200円の割引が適用されるキャンペーンです。 そのため、 家族がauのスマホを契約していても、auセット割を選んでしまった場合は、月々最大1,200円までしかお得になりません。 出典:ビッグローブ光 その一方で、auスマートバリューの割引は家族一人ずつのスマホ月額料金に1,000円の割引が適用されるので、家族2人以上がauスマホを契約していると、月々の割引が2,000円以上になります。 したがって、 auセット割は、auのスマホを家族の中で誰も契約していない場合のみ選びましょう。 2-2. auスマートバリュー auスマートバリューは、家族一人ごとのスマホ料金に、最大1,000円の割引が永年適用されるキャンペーンです。 そのため、 家族でauのスマホを契約している人数が多いほど、割引額が増えるのでお得です。 出典:au したがって、 auスマートバリューは、自分以外の家族の誰かがauスマホを契約している場合、選ぶようにしましょう。 auスマートバリュー対象プラン• 新auピタットプランN• auピタットプランN(s)• auフラットプラン7プラスN• auデータMAXプラン Netflixパック• auデータMAXプランPro• auフラットプラン20N• auフラットプラン25 NetflixパックN• データ定額1• ジュニアスマートフォンプラン• カケホ 3Gケータイ・データ付• LTEフラット• ISフラット• データ定額30 また、 auスマートバリューは、ビッグローブ光にも、auひかりにも適応されます。 auユーザー以外の光回線の選び方 ここまで、auのスマホを利用している場合について説明しましたが、次はその他のスマホを使っている場合、どのように光回線を選び、契約するべきか解説します。 基本的に、光回線は以下の5つの要素で料金が決まります。 基本料金(回線使用料)• プロバイダ料金• 工事費• セット割 いわゆる光回線の基本料金、プロバイダ料金に加え、工事費が毎月もしくは一括でかかり、そこから割引が適用されます。 そして、 赤で示した「セット割」に関しては、多くの比較サイトなどで考慮されていないケースがあります。 実はこの 「セット割」を上手に使うことで、光回線は劇的にお得になります。 3-1. スマホとセット割が圧倒的にお得! 先ほども紹介しましたが、 光 回線の会社は基本的にどのスマホを使っているかで決めましょう。 なぜなら、スマホ会社や提携企業の光回線とスマホのセット割を使うと料金がガクッと安くなるからです。 大手携帯会社は基本的にスマホと光回線のセット割を行っていますが、「どちらも使って欲しい」と考えていることから 割引額も圧倒的に大きいです。 例えば、auひかりをauのスマホとセットに使うことで、以下のようにスマホで毎月最大2,000円の割引を受けられます。 たくさんの人で設備を共有するので、マンションの方が若干安くなります。 回線 最もお得な申し込み窓口 申込窓口ページ ドコモ光 GMOとくとくBB auひかり GMOとくとくBB ソフトバンク光 アウンカンパニー NURO光 アウンカンパニー ビッグローブ光 株式会社NEXT ソフトバンクユーザーが使うべきなのは? ソフトバンクは提携している「」でもスマホとのセット割が受けられます。 ソフトバンク光よりNURO光の方が工事費も無料でお得ですが、 一部エリアの方しか使えず、またマンションプランを無条件で選べるのは一部の8階建て以上の設備の入ったマンションだけで、 多くのマンションでは対応していません。 7階建以下マンションの方がマンションタイプを使うためには4人以上の申し込みが必要で、満たさない場合はマンションタイプを使えず 割高になります。 つまり、 対応エリアの一戸建ての方以外は使いにくいサービスと言えますので、それ以外の方は「」がおすすめです。 NURO光対応エリア(2020年7月現在)• 【北海道・東北】北海道• 【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬• 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重• 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良• 【九州】福岡、佐賀 その他の携帯を使っている場合はどうすればいい? 格安SIMなど、その他の携帯会社を使っている場合は、一戸建てであれば、工事費が実質無料で高額キャッシュバックももらえる「」がおすすめです。 ただ、対応エリア以外の方やマンションの方は、工事費がそもそも無料で、縛りも緩く、高額キャッシュバックもある「」がおすすめです。 「」は、最大37,000円のキャッシュバックを最短2ヵ月で受け取ることができますが、迷ったらNURO光やBIGLOBE光を選びましょう。 4.最もお得に使うコツは申し込み窓口にあり! 光回線は、申し込み窓口でも料金が大きく異なります。 「公式ページ」以外にも、「代理店」や「プロバイダ」から申し込みが可能です。 それぞれ自社経由で申し込んでもらうために、独自の割引やキャッシュバックなどを行なっています。 申し込み方を間違えるといい特典がもらえない可能性が高いので、光回線をスマホとセットで選んだら、どの窓口で申し込むかも慎重に決めましょう。 前述で紹介した回線は、特に申し込み窓口がたくさんあり、申し込み窓口ごとに、キャッシュバックなどの特典が変わります。 そのため、料金が最もお得になる申し込み窓口を解説します。 ドコモ光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ ドコモ光は公式ページもしくはプロバイダ経由での申し込みがメインとなりますが、 独自 キャンペーンを実施しているプロバイダ経由での申し込みが最もお得です。 ドコモは「dポイント最大10,000ptプレゼント」「工事費無料」というキャンペーンを行なっていますが、 プロバイダによってはプラスで独自キャンペーンを行なっているものもあります。 ちなみに、2020年7月現在、ドコモ光全24社のプロバイダの中で、料金・接続方式などのスペックが優れており、 高額キャッシュバックが受け取れ、最高水準のWi-Fiルーターをレンタルできるのは、下記のプロバイダ一択です。 『』 以下、ドコモ光の代表的なプロバイダ4社のキャッシュバック額を比較しました。 したがって、 「キャッシュバック」と「ルータースペック」のレベルが圧倒的に高いので、 ドコモ光は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。 GMOとくとくBB 『』は大手企業のGMOインターネットが運営するプロバイダで、ドコモ光のキャンペーンに最も力を入れている会社の一つです。 「オプションなしで2万円」とドコモ光で最高水準のキャッシュバックをもらえます。 混みにくい接続方式v6プラスにも対応していて、とにかくハイスペックなルーターを無料で貸してくれるので、圧倒的におすすめです。 GMOとくとくBB「ドコモ光キャンペーンページ」: 他の窓口ですと、 無条件では20,000円のキャッシュバックを受けられない可能性が高いので、ドコモ光を使いたい方は、必ず上記キャンペーンページから申し込みをしましょう。 ちなみにGMOで借りられるルーターはどれがおすすめ? GMOとくとくBBでは3種類の高性能なルーターから選ぶことができます。 ただし、正直ここまでくると、どちらも申し分ないスペックなので、家に置くことを踏まえデザインで選んでしまって構いません。 スペックで選ぶなら「 WRC-2533GST2 ELECOM 」ですが、迷った場合は、申し込み時にかかってくる電話で、あなたの細かい要望を伝え、相談しながら決めるのがおすすめです。 キャッシュバック受け取りのステップ dポイントは自動的に付与されるので、GMOとくとくBBのキャッシュバックについて紹介していきます。 ソフトバンク光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ ソフトバンク光は、基本的にプロバイダが「Yahoo! BB」で固定されます。 「Yahoo! BB」はOCNの次に利用者が多いという調査結果もあるくらいたくさんの人が使っているプロバイダなので信頼できます。 ソフトバンク光は基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法がありますが、 独自のキャンペーンを行なっている代理店を窓口にするのがおすすめです。 ソフトバンクが行なっている「工事費相当額を商品券で還元」などのキャンペーンに上乗せして代理店のキャッシュバックをもらえます。 代理店も複数ありますが、比較するともらえるキャッシュバックのお金や受け取るためのハードルが全然違います。 その中で、無駄なオプション加入がなく、キャッシュバックの受け取り時期が最も早く、手続きがいらないのは以下の代理店です。 『』 以下の表で、ソフトバンク光の代表的な代理店3社について、キャッシュバックの「条件」「受け取り時期」「手続きの有無」を比較しました。 以上のように比較すると、キャッシュバックを追加オプションなしで申し込め、受け取り時期が圧倒的に早く、別途手続きをする必要がない「」経由の申し込みがおすすめです。 なぜなら、「LifeBank」「株式会社STORY」はキャッシュバック額が多いですが、4人ソフトバンク光に知り合いを紹介しないといけなかったり、家でしか使えないWi-Fiを申し込まないといけないなど、キャッシュバックの受け取り条件が非常に厳しいです。 またキャッシュバックの受け取りに1年近くかかり、別途手続きが必要なので、不便な上に申し込みから10か月後の手続きを忘れてしまうと全くもらえません。 アウンカンパニー 『』はソフトバンク光の代理店です。 ソフトバンク光の場合、基本的に高額なキャッシュバックはオプションや紹介など高いハードルをクリアしないとキャッシュバックをもらえません。 その中で、アウンカンパニーはオプション等の加入なしで、最短2ヶ月後に現金を振り込んでもらえるので、キャッシュバックを受け取りやすい代理店の一つです。 また、 申し込み時にオペレーターの方から聞かれた口座に自動的に振り込まれるので、申請を忘れることもなく、確実にキャッシュバックをもらいやすいです。 アウンカンパニー「ソフトバンク光キャンペーンページ」: NURO光のおすすめ申し込み窓口とプロバイダ 「 」はプロバイダであるSo-netが提供する光回線ですので、So-netのプロバイダ一択になります。 また、NURO光は、基本的に公式ページか代理店の2つの申し込み方法があります。 オプションをつけるとキャッシュバックが高額になりますが、オプション料で損をすることも多いので、最低限のオプションで申し込みをしましょう。 基本的に ソフトバンクとのセット割を受けて、実質月額料金をお得にするためには、ひかり電話の申し込みが必要です。 そのため、以下の表では、ひかり電話を条件に高額キャッシュバックを実施している代理店と公式ページを比較しました。 事前に確認しておくことをおすすめします。 NURO公式で申し込むと最もお得に見えますが、公式ページのキャッシュバックは、開通翌月15日後に受け取り手続きが必要なので手間がかかります。 また、 NURO光は、公式ページからの申し込むと、以下2つの落とし穴があるので注意しましょう。 ひかり電話の追加手続きが必要• キャッシュバックの受け取り手続きを忘れてしまうと1円も受け取れない 上記のように比較すると、 NURO光の申し込みは、ひかり電話とセットで38,000円のキャッシュバックを受け取れ、手続きなしで最短1ヵ月で35,000円が振り込まれる「」が最もおすすめです。 申し込み時の確認の電話で聞かれた口座番号に最短1ヶ月で振り込まれるのでもらい忘れもないので、損しないためにもこういったシンプルなキャッシュバックをしている代理店がおすすめです。 アウンカンパニー「NUROひかりキャンペーンページ」: まとめ ビッグローブ光とauひかりのサービス内容やお得なキャンペーンを比較し、最もお得な光回線の契約方法を解説しましたが、いかがでしたか? 結論、auユーザーの場合、申し込み窓口の選択を誤らなければ、ビッグローブ光もauひかりも、以下のページよりお得に契約することができます。 ビッグローブ光とauひかりの申し込み窓口• ビッグローブ光: 株式会社NEXT• auひかり:GMOとくとくBB: また、ドコモ、ソフトバンクユーザーの場合は、以下の光回線を選びましょう。 ドコモ光・ソフトバンク光・NURO光の申し込み窓口• ドコモ光:GMOとくとくBB• ソフトバンク:アウンカンパニー• NURO光:アウンカンパニー 以上を参考に、あなたがビッグローブ光を失敗せずに契約できることを心から願っています。

次の