太もも 筋トレ 器具。 太もも痩せに効果的な器具は?短期間でダイエットできるグッズ5選|CALORI [カロリ]

自宅でできる太もも筋トレ12選!太く男らしい足を手に入れよう!

太もも 筋トレ 器具

女性に多い体の悩みといえば、 「お尻が垂れてきた」、「太ももがたるんできた」、「ふくらはぎが太い」などの足に対するお悩みが多いのではないでしょうか? 今回紹介する動画、「」では、そんな悩みをたった 5分で解決することができます! この動画の投稿者はBEST BODY LIFEのKEIKOさんで、2020年5月10日現在469,375回視聴されている人気動画です。 この動画で紹介しているトレーニングは、 お尻や太ももをメインに鍛えることができるので、太ももやお尻を引き締める他に、ヒップアップ、体脂肪燃焼などの効果もあります! またダンベルなどの道具を必要としないので、ちょっとしたスペースがあれば自宅でも簡単に筋トレを行うことができます! ぜひ今回のトレーニングにチャレンジして太ももやお尻を引き締めていきましょう!!• 【KEIKO】5分で簡単!お尻や太ももを引き締めるトレーニングは、こんな方におすすめです! ・お尻が垂れているのが気になる人 ・太ももがたるんでいる人 ・ダイエットをしたいと思っている人 ・運動不足を解消したい人 ・自宅で筋トレをしたいと考えている人 ・ジムに行くのが面倒くさい人 このお尻や太ももを引き締めるトレーニングの効果は? 太ももやお尻の引き締め効果 筋肉というのは使われる頻度が少ないと、小さくなりたるんできます。 それが体全体に起こると太ってもいないのにだらしない格好になってしまいますよね。 そこで今回紹介する筋トレを行うことで、特に太ももやお尻に筋肉をつけることができて引き締めることができます! 太ももやお尻の筋肉をつけることで綺麗なボディラインを作ることができるので、ズボンを履いたときの後ろ姿がかっこよく見えます! 見た目でお悩みの方や長く歩ける体作りをしたいという人にはかなりオススメの筋トレですよ! 体脂肪燃焼の効果 筋トレでのエネルギー消費はさほど多くないですが、基礎代謝を上げることができます。 基礎代謝とは、人間が生命を維持するために消費されるエネルギーのことで、筋トレをすることで自動的に消費されるカロリーが増加していくのです。 さらに、太ももやお尻の筋肉というのは体の中でも大きな筋肉なので、代謝も上がりやすくなります! そのような理由で、筋トレを行うことで1日に消費するカロリーが増え、体脂肪をどんどん燃焼していくのです。 荒川裕志: 筋肉量アップの効果 筋トレを行うことで、筋肉量をアップさせることができます。 体に対して筋トレで「負荷」を加えることで、筋肉はその「負荷」に対応するために時間をかけて適応しようとします。 その適応が筋肉量アップにつながるのです! 筋肉量が増えることで基礎代謝がアップしたり、関節を痛めにくくなったりと様々なメリットがあります。 今回紹介する筋トレも「負荷」がかなりかかるので、十分効果があるといえます。 ロコモティブシンドロームの予防 今回鍛える太ももやお尻の筋肉というのは、歩いたり走ったりするのにかなり重要な筋肉となります。 「まだ全然歩けているから大丈夫」と思っている方、運動を全くせずに歳を重ねるとロコモティブシンドローム()と診断され、立ったり歩いたりすることが難しくなってしまいます。 現代の20代の女性でも筋力が不足していてロコモ予備軍となっている人は多いそうです。 習慣的に運動をする人が少ないことや、生活がどんどん便利になることで移動が減ってしまっています。 生活がどんどん便利になるにつれて筋力がどんどん低下しているということが起こっているのです! そのような症状を出さないためにも、定期的に筋トレをして筋力をつける必要があるのです! 「」を行うことで太ももやお尻を引き締めることができます! たった5分でお尻や太ももを鍛えることができるので、短時間で集中してトレーニングをしたい人にオススメですよ! 用意するもの(服装や道具など) 動画では特に道具の紹介はしていませんが、運動ができる服装で行うことがいいでしょう。 必要であれば汗を拭く用のタオルや水分を用意してください。 お尻や太もも引き締めトレーニングのやり方! このお尻や太もも引き締めトレーニングのやり方ですが、行う種目はワイドスクワット、サイドステップ、リバースランジ、ジャンピングスクワット、パーシャルスクワットの5種目です。 5倍以上に広げて手を顔の前で組み、姿勢を真っ直ぐに保ちます。 しゃがむ時にお尻を意識して、股関節から曲げるようにしましょう。 余裕のある人はゴムバンドをつけたり重りを持ったり、より刺激を強くしてください! 50秒と少し長い運動ですので、休憩を挟みながらでもいいですよ。 ・背中が丸くなったり腰が反ったりしないように注意する。 ・膝が左右に動かないようにつま先の方向に曲げる。 ・膝が前に出過ぎないように注意する。 ・呼吸は止めないように気を付ける。 トレーニング終了(5分40秒~) 急に止まらないように呼吸を整えながら体を休ませてください! お疲れ様でした! KEIKOの「お尻や太もも引き締めトレーニング」のメリット&デメリット メリット お尻と太ももを引き締めることができる どの種目もお尻と太ももをメインに鍛えることができるので、筋肉をつけてしっかり引き締めることができます! しかし、フォームが崩れると十分な効果が得られないので、ゆっくりと丁寧なフォームで行いましょう。 たった5分で行うことができる このトレーニングは合計たった5分で行うことができます。 その5分の中でかなりお尻と太ももを鍛えることができるので、忙しくてなかなか時間がとれない人にはかなりオススメです! 自宅で行うことができる 今回の筋トレは道具を必要としないので、自宅で行うことができます。 またジムに行く時間がない人にもオススメの内容となっております! デメリット どのくらいで効果が出るのかがわからない 1回の筋トレはたった5分で終わりますが、どのくらいの頻度や期間でお尻や太ももが引き締まるのかは明確ではありません。 トレーニングの効果を出すためには、一般的に週に2〜3回、2〜3ヶ月の期間が必要と言われています。 1週間に1回や2週間に1回程度の筋トレでは、トレーニング効果が薄く、体が変化するスピードも遅くなってしまいます。 効果的に体を変化させるため、週2〜3回のトレーニングの頻度を保ちつつ、それを2〜3ヶ月続けてみてください! フォームが崩れると膝や腰を痛める可能性がある 足を徹底的に鍛えることになりますが、フォームが崩れると膝や腰を痛めたり、お尻や太ももにうまく効かなくなります。 太ももやお尻を引き締めるために行っているのに、逆に太ももを太くしてしまう可能性もあります! 筋トレがキツくてフォームが崩れそうな時は、休憩を挟みながら自分のペースで丁寧に行ってください。 次の日に筋肉痛がくる可能性がある 特に筋トレ初心者の人は、次の日に筋肉痛がかなりくる可能性があります。 筋肉痛が痛すぎて日常生活に支障が出る可能性もありますので、筋トレが終わった後はしっかりストレッチを行いましょう! ストレッチを行うことで、筋肉痛を軽減させることができますので、しっかり行ってください。 口コミ・評判・レビュー 良い口コミや評判 程々にキツくていい。 モモパンパン。 【器具不要. 5分で簡単】KEIKOとやってみよう!女性にむけたお尻、太もも引き締めトレーニングPart1 より 効くし応援されるので頑張れる — 性に貪欲なゴリラ🐍 0806Ruu 今更ながらYouTube見ながらエクササイズ、めちゃ良い! これならジム行かなくても良いかも! 有酸素運動ではなく筋トレ目的だけど! そしてこの人素敵💕 【器具不要. 5分で簡単】KEIKOとやってみよう!女性にむけたお尻、太もも引き締めトレーニングPart1 — Pancay pancake0504 イマイチ(意見のある)口コミや評判 【器具不要. そして、食事制限が難しいここマレーシアで8KGの減量に成功し、サマースタイルアワード バリ大会で3位に入賞することができました。 筋肉を付け、メリハリのあるカラダを手に入れてからというもの、マレーシアの食事も怖くなくなったそうです。 体作りは何歳からでも始められます!ケイコさんは、少しでも皆さんのお手伝いができればなと日々頑張っておられます。 5分で簡単】KEIKOとやってみよう!女性にむけたお尻、太もも引き締めトレーニング」のやり方や効果、メリット・デメリットでした! 1日たった5分のトレーニングを続けるだけで太ももやお尻が引き締まると思ったらかなり効率的ですよね! しかも体脂肪燃焼やロコモ予防など様々な効果がありましたね! 5種目の中にはちょっとハードな種目もありますが、その時は無理せず自分のペースで行ってくださいね。 ぜひこの記事を参考にしていただいて、お尻や太ももを鍛えて綺麗なボディラインを作りましょう!.

次の

自宅でできる太もも筋トレ12選!太く男らしい足を手に入れよう!

太もも 筋トレ 器具

ダイエットをしていて体重は落ちたのに、太ももの太さは変わらないという経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか? 太ももは、脂肪がつきやすい場所であり、さらに体の部位の中でも特に痩せることが難しい部位と言われており、太ったのがよく目につく場所でもあるので、できるだけ早い段階で手を打ちたいところです。 そんな太ももを効果的に痩せるには、ダイエット器具を使用する方法がおすすめです。 太もも痩せ器具を使用することで、なかなか解消することが難しかった太ももの体脂肪を簡単に燃焼することができ、足を細くすることができるのです。 今回は、太もも痩せにおすすめのグッズを厳選して5つランキング形式で紹介します。 おすすめの太もも痩せ器具を紹介する前に、そもそもなぜ太ももに体脂肪がついてしまうのかを知っておく必要があります。 以下で紹介することを頭に入れて、太もも痩せを実践してみてください! むくみ 太ももに脂肪がつく原因として、むくみが生じやすい部位という点が挙げられます。 むくみとは、余分な水分が体の部位に蓄積されることで生じると言われており、一度むくみが生じてしまうと、解消するのは簡単ではありません。 むくみは顔やふくらはぎなどの部位にも現れますが、太ももはその中でも特にむくみが起こりやすいので、日頃から注意するようにしましょう。 セルライト セルライトもむくみと同様に、太ももに出やすい症状です。 セルライトとは、脂肪細胞が凝り固まったもので、太ももが太く見える原因の一つです。 セルライトは放っておくと、痛みが生じて、病院に行かないといけなくなってしまうこともあるため、できるだけ早い段階で解消するようにしましょう。 筋肉 筋肉は、脂肪とは少し違いますが、太ももが太くなる原因の一つです。 太ももは、歩くときや立っているだけでも使用する部位であり、筋肉がつきやすい部位でもあります。 そのため、特に筋トレなどはしていなくても、いつの間にか太ももが太くなっていたということに繋がるので、注意するようにしましょう。 ただし、痩身エステサロンなら、どこでも良いわけではなく、太もも痩せが得意で脚やせ専門のコースを用意しているエステサロンに限ります。 太もも痩せが難しいと言われているのは、太ももに頑固な脂肪やセルライトが溜まってしまっており、血行が悪い状態で脂肪燃焼がされづらいからです。 これを効率よく解消するには、太もも痩せグッズを使用するだけでは莫大な時間が掛かってしまうので、最新のエステ機器を使用して脂肪を分解する必要があるのです。 痩身エステサロンは、高いイメージがあるかもしれませんが、格安の体験プランを上手く活用すれば、1万円以内で10回くらいは通えてしまうので、おすすめです。 マッサージをする 太もも痩せのダイエット効果を高める方法として、太ももをマッサージするという方法もおすすめです。 マッサージをすることで、血液やリンパの流れが良くなり、その結果脂肪が燃えやすい体の状態を作ることができます。 そのため、太もも痩せ器具と併せて行うことで、より高い脂肪燃焼効果を期待することができるのです。 むくみ解消効果のある食べ物を摂取する 太もも痩せの効果を高める方法として、むくみ解消効果のある食べ物を摂取する方法もおすすめです。 むくみに効果がある成分として、「カリウム」という成分が挙げられ、海藻類やバナナ、大豆などに豊富に含まれています。 カリウムには、利尿作用があり、むくみの原因である余分な水分を尿と一緒に排出してくれるので、頑固なむくみの解消に効果的なのです。 太ももを痩せる際の注意点 太ももを痩せる際の注意点も存在しており、これを守らなければ、反対に太ももに脂肪がつき、せっかくのダイエットが無駄になってしまいます。 太ももを痩せる際の注意点を紹介します。 塩分の摂取量に注意 太ももを痩せる際の注意点として、塩分を摂取しすぎないという点が挙げられます。 塩分には、体にむくみを生じさせたり、食欲を増進してしまう作用があり、太ももが太くなってしまう原因になります。 そのため、せっかく太ももが痩せても、また太ってしまうということに繋がるので、1日における塩分摂取量を多くしないようにしましょう。 筋トレなどの運動を怠らないようにする 太ももを痩せる際の注意点として、筋トレなどの運動を怠らないようにするということも挙げられます。 太もも痩せ器具を使用して入れば、運動をしなくても痩せれると思われている方も多いのですが、やはり筋トレなどの運動を行わないと、脂肪を燃焼することができません。 筋トレなどの運動を怠らないようにしましょう。 ただし、筋トレなどをしすぎてしまうと、太ももに筋肉がつきすぎて、反対に太く見えてしまう原因になるので、やりすぎには注意してください。 太もも痩せグッズで短期間ダイエットを!.

次の

太ももを鍛える器具のおすすめ7選(自宅用)【使用した感想あり】

太もも 筋トレ 器具

投稿日: 2018年01月10日 , , 太ももを鍛えているけど成果が感じられないという人や、スカートが似合うように太ももを引き締めて細くしたい女性は必見です。 今回は太ももの筋肉の説明と、 太ももを鍛える器具の中から、ジムにあるおすすめの器具4つと自宅用におすすめのトレーニング器具2つ、それぞれの器具を使ったトレーニングメニューを紹介します。 太ももの筋肉 太ももの筋肉は歩いたり階段を上ったりする時に使われます。 また、陸上競技で走る時や、サッカーのボールを蹴る動作でも力を発揮します。 太ももは前側・裏側・内側の3つの部分から構成されています。 大腿四頭筋 大腿四頭筋は太もも前側にある筋肉です。 足を伸ばす時や、膝から下を前に蹴りだす動作で主に使われます。 女性でスカートが似合う足にしたい人や、男性で夏場に半ズボンが似合う足が欲しい人はこの筋肉を鍛えましょう。 ハムストリングス 太もも裏側の筋肉をハムストリングスと呼びます。 ハムストリングスは足を曲げる動作で主に使われます。 立ち上がる動作や、蹴る前の膝から下を曲げる動作などで使われます。 太もも裏側のたるみが気になる人は積極的に鍛えましょう。 一方で肉離れを起こしやすい筋肉なので、過負荷やオーバートレーニングには注意が必要です。 内転筋 太もも内側にある筋肉を内転筋と呼びます。 内転筋は太ももを閉じる動作で使われます。 骨盤を固定する役割もあり、内転筋が弱いとガニ股になるなど姿勢維持にも大きな役割を持っている筋肉です。 内もものたるみを引き締めたい人やガニ股・O脚を矯正したい人は集中的に鍛えましょう。 太ももは以上の3つの筋肉で構成されています。 鍛えたい部分や引き締めたい部分の筋肉を意識してトレーニングを行うと効果的です。 次に、太ももを鍛えるのにおすすめのトレーニング器具の中から、 ジムにある器具と 自宅用器具について紹介します。 ジムでおすすめの太ももトレーニング器具4つ 1. レッグプレスマシン(太もも全体) レッグプレスマシンはスクワットで起こりがちな膝や腰のケガを低減できるマシンです。 仰向けに近い姿勢で体をシートに固定して行うので、上半身に無理な力がかからず、下半身に負荷を集中できるので、安全にトレーニングできます。 レッグプレス• シートに座り、膝を曲げて足裏をプレートに当てます。 手はバーをつかんで、体が浮かないようにします。 ゆっくりと両足を伸ばしてプレートを持ち上げます。 ゆっくりと膝を曲げて元の位置に戻ります。 回数の目安は10回を3セットです。 反動をつけて行うと負荷が分散します。 反動をつけずゆっくり行いましょう。 膝が伸びきると関節がロックして負荷が抜けます。 伸びきる直前で止めましょう。 足裏をしっかりとつけて、足裏全体でプレートを押しましょう。 お尻を浮かせたり、膝を曲げすぎたりしないように注意しましょう。 レッグエクステンションマシン(大腿四頭筋) 太ももの前側を鍛えるにはレッグエクステンションマシンを使います。 レッグエクステンションマシンでは膝を伸ばす動作に負荷を与えることができます。 両足で行うものと片足で行うものがあります。 レッグエクステンション• シートに座り、足首の前側にパッドが当たるようにセットします。 体が動かないように手でバーを握り、体を固定します。 足首は90度にしたまま、ゆっくりと膝を伸ばします。 ゆっくりと膝を曲げて、元の姿勢に戻ります。 回数の目安は片方10回を3セットです。 反動をつけずにゆっくりと行います。 膝を伸ばす時に体が浮くと、太もも前側から負荷が逃げてしまいます。 体が浮かないように、しっかりと体を固定しましょう。 レッグカールマシン(ハムストリングス) 太ももの裏側を鍛えられる器具はレッグカールマシンです。 ハムストリングスは膝から下を曲げる動作で鍛えられます。 レッグカールマシンにはシートに座って行うものと、うつ伏せに寝て行うものがあります。 ここではシートに座るタイプのトレーニング方法を説明します。 レッグカール• シートに座って膝を伸ばし、パッドがかかとの少し上に当たるようにします。 トレーニング中に上体が動かないように手でバーを握り、体を固定します。 ゆっくりと膝を曲げて、パッドを引き寄せます。 ゆっくりと膝を伸ばして、元の姿勢に戻ります。 回数の目安は10回を3セットです。 反動をつけずに行いましょう。 膝を戻した時に完全に伸ばすと負荷が抜けます。 膝が伸びきる手前で止めましょう。 ハムストリングスは肉離れを起こしやすい筋肉です。 無理な重量は扱わず、徐々に重量を増やしましょう。 アダクションマシン(内転筋) 内転筋はアダクションマシンで鍛えましょう。 股関節を閉じる動作に負荷を与えられるので、内ももを集中的に鍛えられます。 ガニ股やO脚の解消にも効果があります。 ヒップアダクション• 膝を曲げてシートに座り、太ももの内側にパッドを当てます。 手はバーを握り、体が動かないように固定します。 ゆっくりと膝を閉じます。 ゆっくりと膝を開いて元の姿勢に戻ります。 回数の目安は10回を3セットです。 内ももに意識を集中して行いましょう。 反動をつけると負荷が逃げるので、反動をつけずに行いましょう。 体は浮かないように、しっかりと固定しましょう。 膝を開ききると負荷が抜けてしまいます。 負荷が抜ける手前で止めましょう。 自宅でおすすめの太ももトレーニング器具2つ 1. ダンベル(太もも全体・大腿四頭筋・ハムストリングス) ダンベルを使えば太もも全体を鍛えることができます。 ダンベルは他の筋肉のトレーニングにも使えるので、とても便利です。 ダンベルを足に挟んで行うメニューもあるので、落としてもいいように、 外周が軟らかい素材でできたラバータイプがおすすめです。 ダンベルスクワット(太もも全体・内転筋)• ダンベルを片手に1個ずつ持って立ちます。 足幅は肩幅と同じ程度に開いて、ダンベルは体の横になるようにします。 背筋を伸ばしたまま、ゆっくりと膝を曲げて腰を落とします。 ゆっくりと膝を伸ばして元の姿勢に戻ります。 回数の目安は10回を3セットです。 膝がつま先よりも前に出るとケガにつながります。 膝が前に出ないようにしましょう。 背中が曲がると腰を痛める原因になります。 背筋は伸ばしたままにしましょう。 内転筋を鍛えるには足幅を肩幅より広くしましょう。 ダンベルレッグエクステンション(大腿四頭筋)• 背もたれがある椅子に座り、両足でダンベルを挟みます。 ダンベルを挟んだままゆっくりと膝を伸ばし、ダンベルを持ち上げます。 ゆっくりと膝を曲げて、ダンベルを下ろします。 回数の目安は10回を3セットです。 途中でダンベルが落ちないように、しっかりとダンベルを保持しましょう。 上半身が反ると負荷が腹直筋に逃げます。 上半身が反らないように背もたれにしっかりと固定しましょう。 ダンベルレッグカール(ハムストリングス)• うつ伏せに寝て両足でダンベルを挟みます。 ダンバルを挟んだままゆっくりと膝を曲げて、ダンベルを持ち上げます。 ゆっくりと膝を伸ばして、ダンベルを下ろします。 回数の目安は10回を3セットです。 途中でダンベルが落ちないように、しっかりとダンベルを保持しましょう。 背中が反ると背筋に負荷が逃げます。 背中が反らないようにしましょう。 トレーニングチューブ ダンベルでは太ももの内側をピンポイントで鍛えられません。 太もも内側を集中的に鍛えるにはトレーニングチューブが有効です。 トレーニングチューブは比較的負荷が小さいので、女性にも取り組みやすいメニューです。 ダンベルと組み合わせて、太もも全体を鍛えましょう。 チューブアダクション• トレーニングチューブの片方を柱などに巻くか引っ掛けて固定します。 柱に巻き付けた反対側を片足の足首に引っ掛けて立ちます。 片足立ちになり、チューブを引っ掛けた方の足を股関節から閉じたり開いたりを繰り返します。 回数の目安は10回を3セットです。 バランスが悪い場合、壁などに手をついて上体を固定しましょう。 反動をつけずゆっくり行いましょう。 まとめ 今回は太ももを鍛えるためのトレーニング器具の中から、ジム用と自宅用におすすめの器具を紹介しました。 ジムでおすすめのトレーニング器具• レッグプレスマシン• レッグエクステンションマシン• レッグカールマシン• アダクションマシン 自宅でおすすめのトレーニング器具• ダンベル• トレーニングチューブ 太ももは大きい筋肉なので、器具を使って追い込んだ方が効率良く鍛えられます。 今回紹介したトレーニング器具とトレーニングメニューを行って、理想の太ももを手に入れましょう。 スポンサーリンク 最後までお読みいただきましてありがとうございました。 参考になりましたら、下記ボタンからシェアしていただけると嬉しいです。 関連記事 ピックアップ•

次の