徳島 新聞 ニュース コロナ。 徳島県で新型コロナウイルスの感染者を確認 四国で初めて|社会,健康・医療|徳島ニュース|徳島新聞

コロナ収束祈り大輪 阿南と小松島|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞

徳島 新聞 ニュース コロナ

徳島県は22日、県内各地の高速道路のインターチェンジ(IC)や観光施設などで県外ナンバーの車がどの程度、流入しているかを調べる実態調査をした。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県境をまたぐ移動の自粛を求めているが、「県外ナンバーの車を多く見かける」といった指摘が県に寄せられていることから、実態把握に乗り出した。 この日、数十人の県職員が県内のICや観光施設、商業施設、遊興施設などで調査を実施。 ICを通過する車や駐車中の車のナンバープレートを目視で確認するなどして、県外ナンバーの車の台数を調べた。 神戸淡路鳴門自動車道の鳴門ICでは、県職員5人が双眼鏡で車のナンバーや車種を確認し、それぞれの台数を紙に記録。 県の担当者は「集めたデータをもとに県外の人たちの流入状況を分析し、今後の対策に役立てたい」と話した。 飯泉嘉門知事は緊急事態宣言が全国に拡大された翌日の17日の会見で、施設や店舗に対する休業要請は見送る一方、県民に対して「不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたぐ移動を自粛してほしい」と要請。 県外在住者に対しても、「来県をお断りする」と表明し、県所有の公園や文化施設などを休業にしたり、県外客の利用を制限したりしてきた。 しかし、その後「県外ナンバーの車を多く見かける」といった指摘が県に寄せられていたという。 飯泉知事は21日の記者会見で、「感染リスクの高い地域との往来は危険。 県外ナンバーの車がどれくらい来ているか実態を把握する」と説明した。 今回の調査で、駐車場に県外ナンバーの車が多く止まっていることが確認された施設には、休業要請をすることなども検討するという。 (吉田博行).

次の

コロナ収束祈り大輪 阿南と小松島|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞

徳島 新聞 ニュース コロナ

徳島市の内藤佐和子市長は23日緊急会見を開き、新型コロナウイルスの感染者や家族、県外ナンバーの車への嫌がらせが起きているとして、冷静な対応を呼びかけた。 内藤市長は「不確かな情報やデマ、フェイクニュースに惑わされることなく、正確な情報に基づいて、冷静かつ賢明な行動をとってほしい」と述べた。 病院職員や家族らへの誹謗(ひぼう)中傷などが医療崩壊を招きかねないと危機感を示した。 内藤市長には、SNSなどを通じて、県外ナンバーの利用者から、「車にキズをつけられた」「暴言をはかれた」などの声が届いているという。 内藤市長は「どうしてもしないといけない仕事や通院の移動もある。 徳島に住んでいても県外ナンバーをつけている例は現実問題としてはある」と指摘。 「県外ナンバーに敵意を持つのはやめていただきたい。 差別や分断は容認できない」と訴えた。 県外ナンバーの車に乗っているといい、「新型コロナウイルス以上に、周囲の目が怖い。 車で買い物にも行けない」と訴えた。 車のナンバーは住所地に合わせて変更するよう道路運送車両法で定められている。 だが、警察署や運輸支局に行くなど手間が掛かり、費用も掛かることから、県外ナンバーのままで利用している人もいる。 (伊藤稔、中谷和司).

次の

県外ナンバー車に「あおり運転や投石」 徳島県内、新型コロナ絡み差別的行為

徳島 新聞 ニュース コロナ

「居住地は発表してほしくなかった」。 徳島県内で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認された60代女性が徳島新聞の電話取材に応じた。 集団感染したクルーズ船から下船した県内在住者は6人しかおらず、出発前に周囲にクルーズ船旅行を伝えていた中での発表だったため、「個人を特定しているのと同じで、会見後はストレスで眠れなかった」と、当事者としての心境を語った。 女性は症状はなかったが、自身の安心のために2月25日の昼に検査を受けた。 同日午後8時に陽性の結果が判明。 同15分に保健所の担当者から連絡が入り、検査結果や入院の手続き、マスコミへの公表に関する説明を受けた。 その後、再度連絡があり、下船後の移動手段や居住自治体名などの公表内容が伝えられた。 女性は会見での発表内容について、「県内在住者の下船者は6人のみで個人の特定につながる」と不安に駆られ、居住地の公表を拒否。 下船後に乗った飛行機の便名についても「なぜ公開するのか」と抗議した。 会見直前まで、保健所を通じて居住地と飛行機の便名の発表を控えるよう訴え続けたが、十分な説明がないまま午後11時50分ごろ会見を迎えた。 会見翌日、旅行に行くことを伝えていた友人らから電話とメールが多く届いた。 陽性なのか聞かれてうそをつきたくなかったので、返信ができなかった。 女性は「心配していた通り、友人らから連絡が相次ぎ、保健所からの電話も取ることができないぐらいショックを受けた。 後になって、友人からは、ネット上に家が特定されるような書き込みもあったと聞いた。 子や孫は県外だが、もし県内にいたら、子は職場に出勤できず、孫が学校でいじめに遭っていたかもしれない。 そんなマイナスの思いが次から次へと頭に浮かんだ」と話す。 その上で「個人情報を出された本人の気持ちを察する人はいない。 感染防止だとしても、そこまでして公表が必要なのか疑問だ」と語った。

次の