にゃんこ大戦争 本能 キャラ。 【優先度高め】第3形態にしておきたいレアキャラ【にゃんこ大戦争】

本能玉

にゃんこ大戦争 本能 キャラ

Contents• おすすめキャラ ランキング 超激レアなし キャラ 評価 1位 最強の壁 汎用性は無限大 2位 最安値。 最強の壁 汎用性は無限大 3位 レアキャラ最強 攻守に渡り活躍できる 4位 最強の速攻キャラ 周回・攻略、共に活躍できる 5位 EXステージ・出撃制限で活躍 無課金の味方 6位 本能全解放で最強クラス 育成難易度が高いのがネック 7位 赤い敵には必須 使用機会は多い 8位 周回に必須 攻略にも使う場面あり 9位 金策・速攻で優秀 単発だが火力は高い 10位 一部ステージ攻略で必須級 安定感が増す 詳細 10位 【ネコスーパーハッカー】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 妨害 入手難易度 普通 【解説】 遠距離型の妨害キャラ。 『メタル以外の動くを一瞬遅くする』能力が魅力です。 前線が維持できる状態では最高峰の活躍が可能。 ただし、火力には期待できません。 弱点としては、接近されると無力です。 前線が押されるような状況では使えません。 また、短いステージでは、敵の射程に入ってしまうので無力です。 9位 【ネコエクスプレス】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 速攻・攻撃・金策 入手難易度 中 【解説】 様々な用途で使用します。 高いスピードを活かし、いち早く前線に駆けつけます。 さらに高い攻撃力を活かしアタッカーとしても活躍ができます。 敵を倒した際に、お金が多くもらえるので『金策』としても活躍可能。 幅広く活躍できるキャラです。 弱点としては『攻撃頻度の遅さ』にあります。 一度敵にぶつかると、しばらくの間その場に止まってしまうので、『一回きりの攻撃』として見ておきましょう。 8位 【狂乱のウシネコシリーズ】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 攻撃・速攻 入手難易度 やや高い 【解説】 早いスピードを活かし速攻を仕掛けます。 攻撃力は高くありませんが、攻撃頻度は高いのでDPSはそれなりにあります。 『採点報酬』狙いで重宝します。 また簡単なステージを攻略する際にも重宝するキャラです。 弱点は、ややコストが高く金欠ステージでは量産しにくいので、出撃するタイミングは見極める必要があります。 7位 【マキシマムファイター】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 赤い敵・壁・攻撃 入手難易度 簡単 【解説】 赤い敵に必須級のキャラ。 『めっぽう強い』を活かし壁兼アタッカーとして活躍します。 基本的性能が高いので、赤い敵以外でも一定の活躍が可能です。 ガチャでも出現しやすい為、+値が付きやすいのも高評価。 弱点として、壁役にしてはコストが高い点。 マキシマムで前線が維持できないようならば安価壁に切り替える必要があります。 6位 【ネコカンカン】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 速攻・攻撃・金策・妨害 入手難易度 中 育成難易度 高 【解説】 本能解放で大化けするキャラ。 『赤い敵をたまに遅くする』妨害がありますが、それ以外の敵でも活躍可能。 高い基本性能で様々な用途で活躍できます。 弱点は下記の2点 ・本能解放までの育成難易度が高い ・攻撃モーションが長い 初心者・中級者にはハードルが高いです。 基本的に本能が全解放が条件です。 しかし、その見返りは十二分にあります。 戦闘においての弱点は『攻撃モーションが長い』点。 壁が維持できない場合は無力化される事があります。 5位 【ウルルン】 おすすめ度 使用頻度 中 使用用途 妨害 入手難易度 中 【解説】 敵をふっとばす妨害キャラ。 火力は低いですが、妨害発動に条件がないのでどの敵にも対応可能です。 上位互換のキャラを所持している際は使用率が減少しますが、出撃条件があるステージでは重宝します。 また射程が長いので、前線が維持できるならば長丁場の活躍が可能です。 弱点としては、『ふっとばし』が邪魔になる際には使えません。 また火力が低いので、別途アタッカーを用意する必要があります。 4位 【覚醒のネコムート】 おすすめ度 使用頻度 やや高い 使用用途 攻撃・速攻 入手難易度 中 【解説】 高い火力が魅力の速攻キャラ。 高いスピードで前線に駆けつけ、高い火力で攻撃します。 採点ステージから高難易度ステージまで、様々な場面で重宝します。 弱点は、『再生産が長い』点です。 基本的には「ここぞの場面」で出撃するのが一般的。 しかしステージによっては「覚醒ムートを何度か生産し攻撃する」ような攻略が存在します。 出撃するタイミングが難しいキャラです。 3位 【ねこラーメン道】 おすすめ度 使用頻度 高 使用用途 壁 入手難易度 簡単 【解説】 高体力・攻撃頻度が多い壁キャラ。 多くのステージで壁役として活躍できます。 DPSも高めなので、ダメージ源としても期待できます。 特に天使属性には圧倒的存在感です。 ガチャからの入手機会も多いので、まずは育成しておきたいキャラ。 本能を解放すると、さらに強力になるでしょう。 2位 【狂乱のネコシリーズ】 おすすめ度 使用頻度 高 使用用途 壁 入手難易度 中 【解説】 安価壁の筆頭。 最安値で出せる壁キャラです。 『量産型の低コスト』でステージ攻略には欠かせません。 とりあえずPTに入れておきたいキャラになります。 1位 【狂乱のタンクネコシリーズ】 おすすめ度 使用頻度 高 使用用途 壁 入手難易度 中 【解説】 にゃんこに登場するすべてのキャラの中でも圧倒的1位と言えば『タンクネコ』でしょう。 『高い体力・早い移動スピード・低コスト』最高の壁役と言える存在です。 さらに大狂乱になる事で、これ以上ない壁キャラが出来上がります。 ステージ攻略には必要不可欠な存在なので、真っ先に育成しておきたい。 まとめ.

次の

にゃんこ大戦争DB 味方詳細 本能実装キャラ

にゃんこ大戦争 本能 キャラ

前線には、赤井ブン太郎がいますので、 編成に余裕があれば、妨害役のキャラを使用して、 動きを制限することにより、 前線を安定させることができます。 ヒウマの射程が非常に長いので、 自城が攻撃されないように注意しましょう。 攻撃役 教授を攻撃するために、 波動持ちのキャラを多めに編成しましょう。 赤い敵に強いネコ島も使用することで、 前線を守りやすくなります。 妨害役 なし にゃんコンボ役 なし 敵キャラクター 敵キャラクター 属性 赤い敵 赤い敵 赤い敵 赤い敵 浮いてる敵 ステージ攻略手順 1. お金を貯める 開始すると赤羅我王が出てきますので、 このタイミングでお金を貯めていきます。 お金が十分に貯まったら、 キャラを生産して進軍していきます。 赤井ブン太郎達登場 敵城を攻撃すると 赤井ブン太郎達が出てきます。 敵城を攻撃した時に、ヒウマの攻撃で、 ミーニャたちが倒されてしまうこともありますので、 注意しましょう。 教授を倒す 教授がいる間は、 前線が崩れやすくなりますので、 まずは、波動攻撃をメインにして、 教授を倒していきます。 この教授を倒すのに手間取ると、 どんどん前線が押されますので、 素早く倒せるように波動持ちのキャラを 守りながらダメージを与えて倒していきます。 ヒウマを倒す 次に、残っているヒウマを倒していきます。 ヒウマも波動攻撃で倒していきましょう。 ここで注意が必要なのは、 ヒウマの射程が長いことです。 直接城を攻撃していきますので、 注意が必要です。 赤井ブン太郎を倒す 最後に残った赤井ブン太郎を倒します。 単体になったら、安価な壁で防げますので、 周りの敵がいるときよりも、 倒しやすくなっていると思います。 倒した後は、敵城に進軍して、 敵城の体力を0にして勝利です。 参考動画.

次の

【にゃんこ大戦争】本能玉の入手方法と使い方|効果・種類一覧|ゲームエイト

にゃんこ大戦争 本能 キャラ

前線には、赤井ブン太郎がいますので、 編成に余裕があれば、妨害役のキャラを使用して、 動きを制限することにより、 前線を安定させることができます。 ヒウマの射程が非常に長いので、 自城が攻撃されないように注意しましょう。 攻撃役 教授を攻撃するために、 波動持ちのキャラを多めに編成しましょう。 赤い敵に強いネコ島も使用することで、 前線を守りやすくなります。 妨害役 なし にゃんコンボ役 なし 敵キャラクター 敵キャラクター 属性 赤い敵 赤い敵 赤い敵 赤い敵 浮いてる敵 ステージ攻略手順 1. お金を貯める 開始すると赤羅我王が出てきますので、 このタイミングでお金を貯めていきます。 お金が十分に貯まったら、 キャラを生産して進軍していきます。 赤井ブン太郎達登場 敵城を攻撃すると 赤井ブン太郎達が出てきます。 敵城を攻撃した時に、ヒウマの攻撃で、 ミーニャたちが倒されてしまうこともありますので、 注意しましょう。 教授を倒す 教授がいる間は、 前線が崩れやすくなりますので、 まずは、波動攻撃をメインにして、 教授を倒していきます。 この教授を倒すのに手間取ると、 どんどん前線が押されますので、 素早く倒せるように波動持ちのキャラを 守りながらダメージを与えて倒していきます。 ヒウマを倒す 次に、残っているヒウマを倒していきます。 ヒウマも波動攻撃で倒していきましょう。 ここで注意が必要なのは、 ヒウマの射程が長いことです。 直接城を攻撃していきますので、 注意が必要です。 赤井ブン太郎を倒す 最後に残った赤井ブン太郎を倒します。 単体になったら、安価な壁で防げますので、 周りの敵がいるときよりも、 倒しやすくなっていると思います。 倒した後は、敵城に進軍して、 敵城の体力を0にして勝利です。 参考動画.

次の