ある日私は冷血公爵の娘になった 47。 ある日私は冷血公爵の娘になった47話ネタバレ・感想!間に合ってくれ~‼

娼婦に育てられた少女、売り渡されて公爵の娘になるピッコマ新連載

ある日私は冷血公爵の娘になった 47

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이 娼婦である母に、2万ゴールドで魔族の公爵家に売られたピンクの瞳の少女は、実は魔族と人間のハーフで貴重な存在だった。 魔族で寡黙な父と兄、イケメンな護衛騎士に囲まれ、カスティージョ令嬢として新しい生活を送る少女エステルの物語です。 毎週月曜に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、現れたのは宮廷魔道士のレプトン。 彼は、エステルの髪を手に入れ、魔法を使い彼女を拉致したのだった。 カスティージョ一族の強力な力は、代々たった一人にしか継承されないが、混ざった子であれば別なので、エステルを実験体にし、強力な力を持つ兵士を大量生産しようと企んでいた。 エステルは、皆が必ず助けにきてくれるはずと、心を強く持とうとする。 以前の実験体のものと思われる、混ざった子の証であるピンクの瞳を闇市に流し、エステルの死を偽装しようとするレプトン。 それは公爵家に渡り、エステルの物ではないことがわかる。 静かに怒る公爵は、闇市の調査をカルルに任せ、宮廷魔道士の調査を騎士団に任せた。 そして公爵は、待つと言うのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」47話のネタバレ 窓も無い部屋なので、エステルはもう何時間、何日経ったのかわからなくなっていた。 寒さを感じるが、もともと母から虐待されていたので、これぐらいどうというこはないはずと自分を励ます。 寒くない、お腹も空いていない、痛くないと思い込むようにし、ボロボロの自分の体を抱きしめる彼女。 前世であるユイの記憶の中で、体が苦しい時は心と体を切り離して、他人の目から自分をみつめるようにすると、苦しみから逃れられるという映画の内容を思い出した。 また、エメルの、生き延びることだけ考えてくださいという言葉を思い出し、生きてさえいればきっと見つけてくれるだろうと思う。 でもそれがいつになるのか、彼女の心は不安でいっぱいだった。 夜、闇市場では、カルルが関係者を皆殺しにしていた。 カルルの化け物じみた強さに怯えた男は、あの瞳はレプトンが売りにだしたのだとバラし、命乞いをする。 だがカルルは、その男も始末した。 カルルの剣も靴も、死んだ者の血でベトベトだった。 カルルはエメルに、犯人はレプトンだったと伝え、公爵家に戻らずこのままゴミを始末して帰ると言う。 カルルは本当はすぐにでもレプトンを殺したかったが、自分自身を抑えることができないからだ。 そして何より、不愉快さを全く感じさせない、今までの自分になかった感情を与えてくれる、とても大切な妹がもし冷たい体で見つかったらと、カルルは手が震えるほど恐ろしいのだった。 一方その頃、13はこっそりエステルが監禁されている部屋に入り、逃がせようとしていた。 だが、そんなことをしたら13が拷問されてしまうので、一緒に逃げようと誘おうとするが、口は動くものの、声がでなかった。 それでもなんとか、一緒に、と呟けたが、13は無理ですと首を横に振り、もう目も虚ろで弱ったエステルの手を引いて、部屋から出ようとした。 しかしそこへレプトンが現れ、レプトンは魔法を使い、13を壁に弾き飛ばした。 13は頭から流血し、動けなくなる。 そしてまた拘束椅子に座らせられたエステル。 私は何も感じない、痛くないと、心と体を切り離そうとする。 レプトンは無反応だと面白くないと言い、エステルの頬を殴る。 そして、今カスティージョ家の者が血眼になって、辺りを血の海にしながら探している、魔塔にまで攻め入りはしないだろうが、なんともひどい話だと思わないかと、ニヤニヤと話しかける。 実験が成功すれば、皆が儂を褒め称え、偉大な魔道士として歴史に名が残るだろうと言い、ニッパーのようなものを取り出した。 エステルも歴史に名を残してやる、数枚の爪だけ残してなと、彼女を痛めつけるのだった。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」47話の感想 カスティージョ家は、必死にエステルを探しています。 カルルは無法者どもを一掃し情報を得ますが、初めてできた何よりも大切な存在にもしものことがあったらと、その事実を受け入れることができないだろうと、現場へ行くのは諦めます。 それほど大事なエステル。 公爵もエメルもきっと同じ気持ちでしょう。 なんとか急いで救出したいところですが、すぐ魔塔に攻め入ることができるのでしょうか。 また、エステルはなんとか生き延びるため、意識と体を切り離そうとしました。 それを面白くないからと、頬を叩く非道なレプトン。 気持ち悪いですね。 実験が云々言う割に、拷問を楽しんでいるようなので、これでは実験が成功することは無さそうですね。 目的がそれています。 ただ理由をつけ、自分の嗜虐的欲求を満たしているだけの変態にしか見えないのですが。 どんな実験もどきをしているのかわかりませんが、エステルの爪が剥がされそうです。 幼い子どもになんてことを。 救出が間に合って欲しいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

whiteblue's thought

ある日私は冷血公爵の娘になった 47

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이 娼婦である母に、2万ゴールドで魔族の公爵家に売られたピンクの瞳の少女は、実は魔族と人間のハーフで貴重な存在だった。 魔族で寡黙な父と兄、イケメンな護衛騎士に囲まれ、カスティージョ令嬢として新しい生活を送る少女エステルの物語です。 毎週月曜に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、アルファに材料を揃えてもらったエステルは、アンのもとへ。 その後二人でお茶をし、アンが孤児だったこと、実験で生き残ったのは彼女だけだったこと等の身の上話を聞く。 今度はハーデル先生の授業を受け、精霊と契約したことを伝える。 何故魔導士は酷いことをしていても処罰されないのか聞くと、精霊士がいない現在、ほとんどの魔獣対策が魔塔頼みだからだとのこと。 その後エステルは兄のために組み紐を作り、配達してもらう。 その2週間後には、眠る彼女の枕元にカルルがやってくるのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」58話のネタバレ 誰と驚き目を覚ますと、起こしちゃったなと微笑むカルル。 夜中に女性の部屋に黙って入ってきちゃだめだよと笑うエステル。 その後、カルルと一緒にぐっすり眠るのだった。 一方皇宮では、皇帝、魔塔、公爵の三者で話し合いが行われていた。 謝罪の言葉はないのかと喚く魔塔長。 公爵は、レプトンが私の娘にしたことについてはと聞き返すが、あれはレプトンが独断でやったこと、魔塔には全く関係ないのだと言い張る。 魔導士の犯罪が魔塔に関係ないとどうして言えるのかと公爵が指摘すると、それはレプトンが宮廷魔導士だから皇室にも責任があるというのかと返す魔塔長。 皇帝は、それは聞き捨てならない言葉だ、魔塔長よ、レプトンの悪事を皇室にもかぶせる気なのかと睨みつける。 魔塔長は慌てて、そのような意味ではないとオロオロし始めたので、一度頭を冷やした方がいいと言う皇帝。 魔塔長が出ていくと、皇帝は公爵に、何故このようなことになったのか、魔塔と全面戦争でもする気なのかと聞く。 必要であれば念頭に置いておきますという公爵。 皇帝は、最近は頭の痛いことばかりだと困惑する。 皇后はカスティージョ家の令嬢を皇太子妃にすべきだと必死だったので、初めは悪くない条件だと思ったのだが、魔導士が令嬢を拉致し何か体に良くないことをされたのであれば皇太子妃にはふさわしくないと考えていた。 皇帝は、君は私がいつでも命令することができるのは知っているなと聞く。 もちろんですと答える。 では、娘を捨てろという命令も可能なのだぞ言うと、命令はできるでしょうと公爵は怪しく笑みを浮かべる。 皇帝は、気が収まらないのは理解できるが、魔塔と和解できないかと言う。 公爵は、できなくもないです、私が陛下の魔導士を殺したので賠償金を陛下に払い、陛下から魔塔にその不慮の事故に対して慰労金を送ればよいのではないかと話す。 公爵家の容疑を水に流しながらも、皇室の権威を保てる方法だ、悪くないと思った皇帝。 公爵は、魔塔に支払った金額の2倍の額を陛下に支払いましょうと言うので、皇帝は満足げだ。 それでは戻りますという公爵は、君の娘にこのようなことなことが起きて遺憾に思うと言われる。 どうもと言い、公爵は心に黒いものを抱えながら謁見室を出る。 カルルとエステルは森で弓術の練習をしていた。 エステルはまともに弓を使えなかったが、風の精霊石のおかげで矢はものすごい勢いで飛んでいく。 カルルにお手本を見せてもらうと、的のど真ん中に刺さった。 カルルには精霊石の力が使えないみたいだが、さすがの腕前だ。 再度エステルがやってみると、今度は的を掠めた。 カルルは、練習頑張れよと言う。 その後、もうすぐ公爵が帰ってくるので、整列して屋敷の前で待つ一同。 エステルはカルルに、学校に戻らなくてもいいのかと尋ねると、校長から休学にしてほしいと言われたのだという。 また何かしたのかと驚くエステル。 そしていよいよ公爵の馬車が戻ってきた。 そういえば初めてこの屋敷で父を迎えるときも、このように整列して待っていたなと思い出すエステル。 あのときはまだ本当の家族かどうかも半信半疑だったので、すごく緊張していた。 公爵が馬車から降りると、パパおかえりなさいと言い、公爵に飛びつく。 エステルを抱き上げ、公爵は嬉しそうだ。 そしてカルルがまた何かしたようだと察する。 公爵は、しばらく外部との連絡を断つことにしたと言い、皆で屋敷に入るのだった。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」58話の感想 魔塔とは全面戦争にならずに済んだようですね。 しかし皇帝もなんだかなーという感じでした。 国のことならまだしも、自分達のことしか考えていないようです。 娘を捨てろという仮定の話をされて、公爵は口元だけニヤっと笑っていましたが、そのときがこの皇室の最後なのでしょうね。 どんな契約で皇帝の命令が絶対なのかわかりませんが、エステルに害があることならば、どんな弊害があっても契約を破り捨てるでしょう。 外部から連絡を断つと言っていましたが、この皇帝とのやり取りが原因でしょうか。 一方、公爵が愛する子供たちは、添い寝したり、弓の練習をしたりと、ほのぼのと平和に過ごしていました。 平和が何よりですね。 カルルは休学にされたようですが、後で公爵に怒られそう。 人間と魔族はお互いに嫌悪感を抱いてしまうので、アカデミーの居心地は相当悪いのでしょうけどね。 エステルは、近頃は自然に甘えることができるようになりましたね。 公爵は目に入れても痛くないでしょう。 このまま何事もなく平和に暮らしていけるといいですね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日私は冷血公爵の娘になった48話!エステルの運命は?

ある日私は冷血公爵の娘になった 47

チャンピオンクロスで連載中の美人な先輩と童貞後輩くんのすれ違いを描いたラブコメ「シガレット&チェリー」。 「漫画アクション」で連載中の30歳女性会社員の癒しとなる不思議なペット『ガウちゃん』との同居を描く... 突然だが私は読書が好きだ。 しかし「1日1冊本を読んでいます!」というような方を目の前にすると、少し肩身が狭くなってしまう。 なぜなら私は読むのが遅く、月に2冊程度しか読めていないからだ。 「教えて!goo」に... 「読書家」「純文学好き」「文学少女」 これらに当てはまる人のことを、あなたはどう思うだろうか。 「教えて!goo」に投稿されたQ&A「読書家のイメージって…」の質問者さんは、読書家に対する一般的なイメージに... 秋の夜長は読書が似合う。 気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。 そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。 (株)TSUTAYAの生駒...

次の