すい臓 が ん 腰痛。 左側の腰痛は内臓の病気?!内臓の病気ではない腰痛の対処法

早く!すい臓がん発見 自己判定ガイド初公開

すい臓 が ん 腰痛

はじめに すい臓(膵臓)は胃の後ろ側で背中に近いところに帯状に分布しています。 すい臓の役目は外分泌機能と内分泌機能があります。 外分泌機能としては、すい臓から腸に消化酵素(・・を消化する酵素)を分泌して食物を消化することにより栄養分の吸収を補助します。 内分泌機能としては、すい臓から血管内にインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌して、血液中の糖分の調節を行なったりしています。 すい臓病には急性すい炎と慢性すい炎および慢性すい炎から起こる糖尿病があります。 すい臓病の原因として、アルコールの飲みすぎのほか、胆石や自己免疫疾患などがありますが、男性においてはアルコールの飲みすぎが最も多く、急性すい炎の約半数、慢性すい炎の約80%弱となっています。 検査ではすい臓から分泌される消化酵素としてのアミラーゼ(炭水化物を消化)、リパーゼ(脂肪を消化)、トリプシン(たんぱく質を消化)などが血液や尿中に漏れ出てきているかを見ます。 いろいろなすい臓病 急性すい炎 急性すい炎の症状は病気の重症度によって異なりますが、典型例では上腹部(お臍の上の辺り)の激しい痛みで始まり、次第に痛みが強くなり数時間後にピークとなります。 また上腹部の背中側の痛み(背部痛)も比較的特徴的な症状です。 痛みと同時に吐き気や嘔吐を伴うことが多く見られます。 この他、食欲不振・発熱・腹部の張った感じ・軟便や下痢もみられることがありますが、全く症状の無い場合もあります。 重症のすい炎では上記の症状の他、ショック症状として意識の低下・血圧の低下・頻脈・チアノーゼなどが見られ、死亡する場合もある恐ろしい病気です。 治療としては飲食を禁止し、薬物療法としての鎮痛剤・たんぱく分解酵素阻害剤・輸液などの投与、重症では抗生物質の投与、外科治療なども行なわれます。 病院で治療を受け治癒した後に、再び過量の飲酒を続けていると何回も発作を繰り返し、その結果すい臓が破壊され慢性膵炎となります。 慢性すい炎 慢性すい炎ではすい臓の線維化や、外分泌(膵臓から腸に消化酵素を分泌)や内分泌(膵臓から血管にホルモンを分泌)の機能低下が起こります。 慢性すい炎の症状として急性すい炎の症状のほか、外分泌機能の低下による体重減少・脂肪便(便が水面に油のように広がる)・食欲低下・全身倦怠感などの症状や、内分泌としてのインスリンの分泌機能低下による糖尿病となり、その結果としての口渇・多尿なども見られることがあります。 慢性膵炎の診断には、「a. すい臓内に石が見られること」「b. すい臓から消化液を運ぶ管(膵管)の不規則な拡張が見られること」「c. すい臓の外分泌(すい臓から腸に消化酵素を分泌する)機能が低下すること」などが用いられます。 検査としては、腹部超音波検査や腹部CT検査・ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)検査・MRCP (磁気共鳴胆膵管画像)検査、それに外分泌機能を調べる検査としてPFD試験があります。 治療法として、腹痛の治療には痛み止めを、再発・進行予防にはたんぱく分解酵素阻害剤を、膵臓の外分泌機能の補充には消化酵素薬を投与します。 内分泌機能低下である糖尿病の状態ではインスリンの治療が必要となります。 終わりに アルコール性のすい炎では、アルコールの飲みすぎが原因となりますから、その予防には適正な飲酒(1日に2ドリンク以下すなわち日本酒なら1合以下、あるいはビールなら中ビン1本以下、あるいは焼酎なら200mLのコップ半分以下)や、バランスの良い食事を腹八分目に頂くことが大切です。 またアルコール性急性すい炎になった人の中には慢性すい炎になっている人がいることが考えられます。 慢性すい炎の状態では、アルコール性肝炎と同様お酒がやめられないになっている場合が多く、特に糖尿病になっている場合で断酒ができない場合には予後不良となりますので、アルコール性慢性すい炎の診断を受けたら断酒をするべくアルコールの専門病院への受診をお勧めします。

次の

【腰が痛い】知っておきたい「腰痛」受診のコツ (2ページ目):「腰が痛い」ときの対処法 ~この方法で痛み解消:日経Gooday(グッデイ)

すい臓 が ん 腰痛

腰痛の 痛みの指数 痛みの強さ• まずは4つのタイプを把握 もはや「国民病」ともいえる腰痛ですが、実は、解明されていない部分もたくさんあるのです。 そこでまずは、腰痛の全体像を大まかにつかむところから始めましょう。 腰痛は、「ときに手術が必要で、原因を特定できる腰痛」と「手術が不要で、原因を特定しづらい腰痛」の2つに大別されます。 そしてそれぞれの腰痛は、以下のように整理できます。 A:ときに手術が必要で、原因を特定できる腰痛 (全腰痛の15%) 腰椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛など B:手術が不要で、原因を特定しづらい腰痛 (全腰痛の85%) 筋性腰痛、椎間板性腰痛、椎間関節性腰痛、仙腸関節性腰痛など 一般的に腰痛というときは、手術が不要な後者を指します。 そこで今回は、この4つのタイプについて解説しましょう。 なお、この記事では便宜上、それぞれの腰痛について、表に記したような呼び名を使いますね。 かがむと痛い? 反ると痛い? あなたの痛みを判別しよう ではこれから4つの腰痛の特徴を見ていきますが、いずれも共通するのは、加齢とともに腰まわりの筋肉や関節が衰え、こわばって柔軟性が失われることが原因だと考えられています。 そんな脆さを抱えた状態のところへ、無理な動きが加わることで発症します。 筋性腰痛(10%) のけぞり腰痛は、電車のつり革を持つ、洗濯物を干す、赤ちゃんを抱っこするなど反り気味の姿勢を取ったときに、背骨の後ろ側にある椎間関節がぶつかることで痛みが生じます。 腹筋が弱いために反り腰になっている人に起きやすく、女性に多く見られます。 この腰痛も、揉みほぐしても改善しません。 お尻腰痛(10%) お尻腰痛は、厳密に言うと腰ではなく、お尻近くにある仙骨のつけ根の歪みや炎症が原因で起こります。 産後の女性に圧倒的に多い腰痛です。 妊娠中に分泌されるホルモンの作用で緩んだ仙腸関節の靭帯が、出産後に正常に戻らないことで起きるケースが多いようです。 さて、あなたの腰痛はどれに当てはまりましたか? 次のブロックでは、特に悩む人が多い「前屈腰痛」と「のけぞり腰痛」について、おすすめの対処法をご紹介します。 間違った筋トレは逆効果! 正しいやり方を身につけて まず最初に、腰痛回復の鉄則は2つあることを覚えておきましょう。 これを両輪で行えば、慢性化した腰痛にも回復の見込みが見えてきます。 どちらとも、2~3種類の運動を20秒ずつでいいので、「毎日」続けることが大切です。 私が日ごろ、腰痛の方にお伝えしている運動をまとめました。 まずは、すべての腰痛におすすめのストレッチです。 太ももの前面を伸ばすストレッチ• 立った状態で、かかとをお尻に近づけるようにして膝を曲げましょう。 お腹に力を入れたまま、膝を後ろに引きながら、足のつけ根を前に突き出しましょう。 そのまま20秒間キープ。 もう片方の足も同様に。 太ももの背面を伸ばすストレッチ• あお向けに寝た状態で、太ももの裏を持って膝をお腹に近づけましょう。 限界まで来たら、膝をできる限りまっすぐ伸ばしましょう。 そのまま20 秒間キープ。 もう片方の足も同様に。 なぜ腰痛なのに太もものストレッチを行うのでしょう?太ももの裏側には、ハムストリングスという筋肉があります。 この筋肉が硬い人は、前に傾くとき、背骨をより曲げなければかがむことができません。 このような人は背骨に大きな負担がかかりやすく、それが腰痛の原因となります。 そのため、太ももの周りの筋肉を柔らかくすることは腰痛の予防にもなるのです。 次に行う筋トレは、腰痛タイプによって動きが異なります。 ここでは、「前屈腰痛」と「のけぞり腰痛」におすすめの筋トレを1つずつご紹介します。 [前屈腰痛]背筋を鍛える筋トレ• あお向けになって膝を曲げ、両手は体の横に伸ばします。 首から膝まで一直線になるまで、お尻を持ち上げましょう。 そのまま20 秒間キープ。 [のけぞり腰痛]腹筋を鍛える筋トレ• 膝を立てた状態であお向きになり、息をゆっくり深く吸いながら、お腹を膨らませましょう。 お腹が膨らみ切ったら、今度は息をゆっくり吐きながら、お腹を凹ませましょう。 これを5~10回繰り返します。 立ったり座ったりしても行えるので、気がついたときに実践しましょう。 筋トレで気をつけたいのが、痛みが出ない範囲で行うこと。 また患者さんを見ていると、腹筋運動のつもりが背筋を使っているなど、間違ったやり方をしている人もいます。 そうすると、休めなければいけない筋肉を酷使することになり、症状が悪化しかねません。 「なにかおかしいぞ」と感じたら、自己流で判断せずに専門家を訪ねることも検討してください。 あるある! 腰痛にまつわるこんな悩み 最後に、患者さんからよく寄せられる質問をご紹介します。 この痛みはいつまで続くの? 回復までの期間は個人差がありますが、適切な運動と正しい姿勢を心がければ必ず良くなります。 どんな動きをしたときにどこが痛むのかをセルフチェックして、自分の腰痛タイプに合った運動を行いましょう。 それでも改善しない場合は、他の疾患の可能性もあるので、医療機関を受診してください。 痛いときにやってはいけないことは? どの腰痛も、痛くなる方向に動かさないことがポイントです。 筋性腰痛は、テニスボールや握りこぶしなどを使うと痛む箇所を上手にほぐせますよ。 お尻腰痛は、重い荷物を持たないように気をつけて。

次の

腰痛の原因となる『膵炎(すいえん)』とは/特徴・症状・治療

すい臓 が ん 腰痛

すい臓がんを心配しています。 というのも、背中と腰の間、ちょうど胃の裏あたりがズキズキ鈍痛があります。 動きが止まるほど痛いわけではありませんが、ズキンズキンとします。 体の表面の痛み、例えば腰痛とか筋肉痛とかの感じではなく、内部が痛みます。 この症状は10年位まえから一年に数回ありましたが、最近頻度が増えてる気がします。 そのたび気になって病院に行きますが、特に異状なしで、胃薬をもらって終わります。 お腹の超音波や血液検査、尿検査などはやりましたが異状なし。 数年前にお腹のCTとかもやった記憶がありますが異状なし。 一体この痛みは何なんだろうと何年も分からないままです。 病院を何件か変えましたが結果は同じです。 でもやっぱり痛いんです。 胃の裏で調べるとすい臓がんと出て来たので、気になりました。 36歳女性です。 というのも、背中と腰の間、ちょうど胃の裏あたりがズキズキ鈍痛があります。 動きが止まるほど痛いわけではありませんが、ズキンズキンとします。 体の表面の痛み、例えば腰痛とか筋肉痛とかの感じではなく、内部が痛みます。 この症状は10年位まえから一年に数回ありましたが、最近頻度が増えてる気がします。 数年前にお腹のCTとかもやった記憶がありますが異状なし。 一体この痛みは何なんだろうと何年も分からないままです。 姿勢が悪かったり側湾症だったり。 錦衣区でも表面でなく内部が痛いようなこともあります。 でもやっぱり痛いんです。 胃の裏で調べるとすい臓がんと出て来たので、気になりました。 膵臓は、超音波ではっきり観察されて異常が無ければ大丈夫です。 炎症があれば、超音波検査や血液検査で出ます。 結構改善します。 そう言う類いの痛みの原因特定は非常に難しいとされています、、。 少なくとも、何かの腫瘍性疾患が影響している疼痛では無いのは確かで すが、疼痛の出現は確かに有るのは事実なのでしょう、、。 恐らくは何らかの神経系(脳神経なども含め、)が関係しているのだと 思われますが、神経系疾患は画像検査等で診断出来得ないので厄介です。 類似した症状で、胸痛がしばしば有り肺癌等腫瘍性疾患を疑い画像検査 を行うのですが、全く何の異常も無いと言うことが有ります。 それらの疼痛の原因も、神経が(この場合は肋間神経が多い)影響して 居る事が多く、その要因もストレスなどから来て居る事も屢々有ります。 同症状が10年も前から出現している事から、急を要する疾患では無く やはり何らかの神経系の慢性的疼痛が出現しているのでしょう。 ちなみに、先述に脳神経と記載したのは、あなたはその疼痛の事が気に なり、常に当該部位に神経を集中(無意識下に於いても)させています。 その様に、ある部分が気になり、そこに神経を集中させる事で幻の疼痛 (幻肢痛的な)を脳が作りだし、あたかも本物の疼痛が出現している様 に感じてしまうのです。 原因特定が出来ず治らない慢性腰痛なども、それらが影響しているのは 無いかとも言われています、、。

次の