白石麻衣 握手会 レポ。 【乃木坂46】白石麻衣が人気な3つの理由と人気の証拠

乃木坂46 山下美月の握手会レポ・ネタまとめ!2019/12/15 愛知・ポートメッセなごや

白石麻衣 握手会 レポ

1部の握手券がソコソコあるので9時30分位には到着したい。 8時過ぎに家を出た。 体調は乃木坂イベントあるあるになりつつある少し悪い。 握手会の会場の最寄り駅の竹田駅に9時16分に到着した。 ここから会場まで徒歩だが結構遠い。 途中でコンビニにより、食料を買っていく。 15分位かもう少し歩いて会場に到着した。 9時40分位から並んで、10時までには会場の中に入れた。 葉月ちゃんの欠席のお知らせは行きの電車の中で知った。 葉月ちゃんには申し訳ないが、みなみんは体調大丈夫なのかなぁと真っ先に思ってしまった。 京都パルスプラザ1部、2部みなみん(梅澤美波)握手会 10時少し前にみなみん(梅澤美波)のレーンに並ぶ。 すでに30人位が並んでいた。 ヨシキチ「グッモーニン」 (おはようって言うつもりだったがなんか直前に英語にしてしまった) みなみん「グッモーニン、ヨシキチ~」 (普通に英語で返してくれた) ヨシキチ「みなみんは体調どう?」 みなみん「葉月心配だよね。 私は大丈夫」 ヨシキチ「オレの今日の体調は・・・」 剥がされながら ヨシキチ「ちょいワル」 みなみん「まじかー」 最初は挨拶ですね。 次は早速本題に入ることにした。 4日目のアイアのライブの記憶のすり合わせだ。 みなみん「あっ、ヨシキチ」 ヨシキチ「昨日の日比谷のライブ行ったけど、実はアイアの4日目にも行ってました」 みなみん「知ってるよ、下手にいたよね、見つけたもん」 さすがの記憶力、場所まで覚えてるとは。 みなみん「ヨシキチー」 ヨシキチ「ほんとは上手やったけど、どうしても下手で見たかったからでんちゃん推しの人に下手と代わってもらってん」 みなみん「えーー、ありがとー」 みなみん(梅澤美波)を見るベストポジションは下手だというのはみなみん推しでは共通認識ですね。 ここで更にオレの勘違いだったのかを確認する。 ヨシキチ「おいシャンでめっちゃ目が合ってたと思ったけど」 みなみん「目が合ってるのに何も反応してくれないんだもん」 やっぱり目が合ってた。 しかし目が合ってどう反応していいかが未だにわからない。 ここらでちょっとボケてみるかと思って ヨシキチ「アルバム発売にちなんで食パンって何枚切りを食べる?」 みなみん「えっ、(しばらく考えて)全然関係ないやん!」 ろくでなしBLUESの前田太尊ばりのたまに飛び出る関西弁。 みなみん「8枚切り、8枚切り」 離れ際に「8枚切り」を頂きました。 いい感じにシナリオ通りに進んでます。 まだ食パン話は続きます。 ヨシキチ「オレ食パン8枚切り見たことないし食べたことない」 みなみん「嘘でしょ」 (めっちゃ疑いの眼差しで見られる) ヨシキチ「ほんまほんま、西日本の人に聞いてみて」 みなみん「うん、聞いてみる」 ちょっと西日本って言ってしまったのはエリアが大きすぎたかと思ってます。 けど、大阪にずっと住んでいて8枚切りの食パンなんて見たことないです。 関東の人からすると信じられないと思いますがほんとうの話です。 自分がこれに似た話をラジオで聞いて「8枚切りってなんやねん。 そんなのないやろ」って思った位なんで。 当初の予定ではもう1回位アルバムにちなんでって言いながら関係ない話をしようかと思っていたがさっきの感じだともうやめたほうがいいだろうと判断した。 次からは本当にアルバムにちなんだ質問をすることにした。 ヨシキチ「アルバムの歌詞で切なさファーストってあるけど、みなみんの切ないエピソード何かある?」 聞いてから様子を伺っていたがすぐには出てこない感じだったので ヨシキチ「ちなみにオレの切ないエピソードは、玉子を割ろうと思って蛇口にコンコンってしたらそのままグシャって割れて丸ごと流しに流れていった」 みなみん「そんなエピソードないよ、勝てないよ」と言われた。 切ないエピソードがすぐに出てこないということは幸せなんでしょう。 オレなんてこのエピソードなんて切なさ30th位でまだまだ強力な話あるけどなんて思った。 次にもう一度アルバムの歌詞にちなんだ質問をしてみた。 本当は みなみん「カッコイイ」 ヨシキチ(パンサー尾形さんのサンキューのポーズ) 更に剥がされながら みなみん「カッコイイ」 ヨシキチ(さっきよりも力強く、パンサー尾形さんのサンキューのポーズ) こんな感じでしたね。 「この瞬間かな」って言うのは完全に事前に考えたシナリオ通りでした。 しかしみなみんが「カッコイイ」って言う所まではシナリオに入ってなかったので、咄嗟にパンサー尾形さんのサンキューのポーズを出したのはよく頑張ったほうでしょう。 あとはいくつかをタイトルだけ書いておきます。 ・大貫真之介さん ・待ち受け ・中村麗乃ちゃん ・ハートのシースルーの服 ・美脚TOP3 ・伊藤純奈さんと ・ライブでのダンス ・Documentaly of 2016 まだ何個かあったけどこんな感じですね。 2部が終わって生写真を取りに行く。 3部4部も少しだけ握手会に参加したけれど割愛します。 京都パルスプラザ5部みなみん(梅澤美波)握手会 5部も最初に1枚だけちょっと別の人と握手をしてきた。 18時50分位からみなみん(梅澤美波)のレーンに並ぶ。 またアイアのライブの話をする。 ヨシキチ「アイアのライブでコクって会釈されたから会釈を返したけど、オレがその前にスルーしたから?」 みなみん「だって見てくんないから」 ようやく点と点が繋がった。 めっちゃ見られていたけど、何の反応もなかったから見てないって思われてたんだと知る。 ヨシキチ「めっちゃ見てた」 みなみん「みなもめっちゃ見てた」 ヨシキチ「見とれてただけ」 みなみん「何カッコつけてんのよ」 最後軽く怒られました。 ソースの2度漬けと告白の2度聞きと1日2回のカッコつけは禁止みたいです。 しかし、ホントによくそんな細かい所まで覚えてるなって感心する。 あとはやっぱり席が良かった。 自分の考えるベストポジションにほぼ一致している場所で見られたのは大きい。 次はたまに飛び出るヨシキチの真面目な話。 ヨシキチ「ちょっと真面目な話」 って最初に言うとスゴく真剣な顔になって聞いてくれる。 詳細は書きませんが、「何があっても応援するよ」的な・・・ちょっと違うけどまぁそんな感じの事を言いました。 そして最後。 最初は話題を10個位しか用意してなくて、全然足りないどうしようなんて思っていた。 ラストに近くなるとしまったどれかを削らないといけないなって枚数が足りなくなる。 話しているとどんどん聞きたいことやしゃべりたいことが湧き出してくる。 ヨシキチ「今日ラスト」 みなみん「うん」 ヨシキチ「今日1日ありがとう、楽しかった」 みなみん「いやいや、こちらこそ」 ヨシキチ「体調悪かったけど良くなったわ」 みなみん「みなみのおかげだね」 ヨシキチ「うん、それしか考えられへん」 離れ際に みなみん「その生写真初めて見た」 ヨシキチ「新しいやつ」 みなみん「ありがとーー」 こうして京都パルスプラザでの握手会の幕は閉じた。

次の

乃木坂46白石麻衣、遠藤さくらの握手会行ってきた【ハプニングあり】

白石麻衣 握手会 レポ

2018年12月28日にインテックス大阪で開催された全国握手会は伝説。 西野七瀬さんの最後の握手会ということもあり、かなりの人が集まりました。 私は前日の欅坂の握手会と両日参戦しましたが、人の差は歴然でした。 日曜日は早朝についても長蛇の列で会場に入ることさえできませんでした。 良い意味でも悪い意味でも大きなイベントになりましたね。 伝説に残る握手会で起こった出来事をまとめました。 事前にウェブの告知で前入りが禁止されていたため、この行為には問題があったかと思います。 そして、告知したとはいえ、運営にもいくつかの問題点があったかと思います。 ・告知がギリギリ ・ウェブだけでは周知できていない ・違反者への対策が弱い 今後の反省材料として良い方向に活かして欲しいです。 西野七瀬さんの握手希望者が多すぎた 14時に西野七瀬さんの握手会受付を終了したのにも関わらず、13時から始まった握手会は23時まで続きました。 時間にして10時間という長時間にわたる握手会となってしまいました。 メンバーの負荷があまりにも大きいので対策が必要ですね。 それに付随したいくつかの問題がありました。 ・握手1回あたりの待ち時間が10時間 ・1回の握手が一瞬(約0. 2秒) ・まとめ出しをしても時間がほぼ変わらない これに関しては、完全に握手会のシステムに無理があります。 1日あたりの握手の量を調整しなければ、続けていくのは難しそうですね。 白石麻衣さんの盗撮被害 今回、白石麻衣さんが握手会を途中欠席となりました。 その原因が盗撮した握手会参加者がいたということで、ルール違反は完全にアウトですね。 今回、白石さん自身、指を負傷しながらも握手会に参加していました。 そのファンへの気持ちを台無しにすること。 白石さんと握手することをずっと楽しみにしていたファンの気持ちを台無しにすること。 たくさんの人に迷惑をかけることになるので、ルールは遵守されて欲しいです。 その他の出来事 ・ゴミが溢れる 前日からたくさんの人が集まったこともあり、ゴミの量が凄まじかったです。 近隣のコンビニのゴミ箱は溢れかえり、帰り道はゴミが散らかっているところも見受けられました。 こちらは、最低限のマナーを違反していて、ファンの質が問われます。 ファンの意識の向上が求められるのではないでしょうか? ・会場内を移動できる十分なスペースさえない 会場にいる人の数は完全に過剰でした。 トイレに長蛇の列ができるのはよくある話ですが、別会場へ移動するのに列ができて、レーンを移動するのに列ができ、スムーズに移動できる導線が確保できていませんでした。 運営側で人数規制が必要だと感じました。 まとめ ・運営が今回の反省点を改善する ・ファンの質向上 今回の握手会は様々なメディアにも取り上げられ話題になったかと思います。 今後の改善につながって、より一層楽しいイベントとなることに期待しています。

次の

【レポ】乃木坂46 全国握手会 2019/3/21 名古屋 待機列待ち時間&セトリ│新時代レポ

白石麻衣 握手会 レポ

8月19日の配信には4期生の清宮レイが初登場し、近況トークを繰り広げた。 まずは毎回恒例の宿題コーナーから。 前回配信を担当した白石麻衣が用意した宿題は「何か一つモノマネをしてください」というものだった。 この宿題を受けて清宮は「はぁ~モノマネ! 私レパートリー何も持ってない!」と困惑しつつも、「でも、白石さんからの宿題ですよ!」とうれしそうな表情に。 披露した直後、「あ~終わり、終わり、終わり!」と恥ずかしがりながら、「握手会とかで言われても絶対やりませんからね! もうここだけの幻だと思ってください!」とファンに向けて釘を刺していた。 次に、現在開催されている『乃木坂46 真夏の全国ツアー』の話題に。 グループ加入後、初のツアー帯同となる清宮は「私的にはすっごい楽しかったです!」と一言。 続けて「先輩とのライブが久しぶりだったので、今回のライブでは先輩とたくさんお話しできたんです。 それもうれしかった!」と言い、「私、あまり勇気はないほうなんですけど、ちゃんと話せましたよ!」と笑顔で報告した。 さらに「あっ、皆さん、聞いてください!」と何かを思い出した清宮。 なんでも、8月19日は、自身が乃木坂入りするきっかけとなった「坂道合同オーディション」の最終審査の日だったようで、ちょうど1年前の同じ日もSHOWROOMで生配信をしていたのだとか。 そのことについて「すごくないですか!? 感動は伝わらないかな?」と興奮気味に語り、「その配信見てたよ!」と、ファンからのコメントが届くと、「私たちの仲は一年ですね!」と笑みをこぼした。

次の