いたずらごころ おきみやげ。 【ポケモンSM】おすすめの壁貼りポケモンまとめ【起点作り】

【鎧の孤島】ガラルでは物理ゾロアークが強い!?環境を先取り考察!【ポケモン剣盾】【育成論】

いたずらごころ おきみやげ

みなさん、お久しぶりです! 昨年、私が開催した草統一仲間大会を最後に、以降はなんの音沙汰もない当ブログでしたが、剣盾が発売されたのを機に戻ってきました!! さっそくですが今回は、シングルバトルのランクマッチにて草統一でマスターランクに到達したので、その構築について紹介していこうと思います。 個体紹介 持ち物:オッカのみ 性 格:わんぱく 特 性:てつのトゲ 技構成:ジャイロボール でんじは だいばくはつ :H252 B156 被ダメージ計算 A特化ごりむちゅう(G)(実数値211)の 83.5%~99.4%(確定2発) C特化(実数値194)のダイバーン(大文字) 69.6%~82.8%(確定2発) 無補正C252(実数値157)のオーバーヒート 86.1%~102.7%(87.5%で1回耐える) 解説 オッカのみを持たせることでタイプ一致炎技以外はだいたい1度耐えるので、でんじは、で後続の起点をつくるのが主な役割。 なお、対面に関してはノータイムでジャイロボールを押すことで、だいたいフレドラで突っ込んでくるため耐えてから返しで倒せる。 このとき、フレドラ急所以外でが吹き飛んだ場合は、相手の持ち物がスカーフではなく、攻撃強化系アイテムであることがわかるので後続で上から殴って倒すプランを考えられる。 ただ、環境にやが多いので、なにも仕事ができずに沈むこともしばしばある。 起点作りに関しては、4倍弱点がない分、のほうが仕事できたなぁというのが正直な感想。 おそらく使い型が間違ってるのだろうけど、草統一でステロまけるのがコイツしかいないので仕方ない。 持ち物: 性 格:おくびょう 特 性: 技構成: おいかぜ おきみやげ アンコール :B4 C252 S252 解説 7世代草統一における私の中でのの結論型をそのまま流用。 でステロ、でんじはを撒いて起点を作ったあとに、後続のエースに繋ぐためのクッション兼、第2の起点役。 草統一のエースは基本的に、火力耐久ともに貧弱なので起点役2体でもってやっと全抜きを狙えるレベルなので、このをいかにうまく使うかが勝つための肝。 また、相手のックスターンを、襷を使って2ターン無理やり消費させることもできる。 ただ、7世代と違い、ドラパルトやアーマーガアといった置き土産が効かないの登場や、ックスによるアンコールロックの回避、ダイアイス、ダイロックによる天候書き換えを使った襷貫通など弱体化された部分が多くあり、以前に比べて大分動きづらさを感じた。 ックスの仕様の3ターンとが追い風退場時の3ターンの加速と噛み合いがよく、張り切り+珠の補正によって等倍以上の一貫があるなら龍舞せずともックス技でだいたい3タテできる。 ちなみに追い風時は、最速スカーフ(実数値244)と同速になっているが、最近は最速スカーフが増えてきたので陽気での採用も一考すべきだった。 ただし、最速にしても抜けるはたかが知れてるので、おそらく実数値124もあれば十分と思われる(追い風時最速スカーフ抜き)。 ドラパルトの対策であり、に対しては1度龍舞を積むか、ステロダメ込みのどちらかで、化けの皮を含めてタネマシンガンを3回以上当てると倒せる。 連続技は、仕様から3回以上当たる確率は約66%なので、7割弱でに勝てる(はりきりの外しも考慮すると5割くらい)。 4割弱で負ける可能性が残ることに変わりはないが、勝てないよりはマシなので、当たらない場合は割り切るしかない。 なお、勝ち確の場面で張り切りによる外しをやった回数は数知れず、もしかしてエースならぬネタ枠なのでは?と思い始めている。 ルンパッパ 持ち物:ものしりメガネ 性 格:ひかえめ 特 性:すいすい 技構成: みがわり あまごい :C252 D4 S252 解説 7世代からの続投枠その2。 ックスで耐久が倍になることで、天敵である相手にも選出することができるようになったり、ダイストリームで天候始動と殴りを同時に行えるようになったりと大幅に強化された。 身代わりと雨ごいは、ックスの仕様と一見かみ合わせが悪いように見えるが、これがあるとないとでは、から繋いだ時の立ち回りの選択肢が増えるので割と必須。 ダイナックル()が、より威力下がる謎仕様でなければおそらく採用してた。 ギャラナット流行ってるから3色P物理ルンパもありかもしれない。 ックスによる強化枠その2。 ダイバーンで発動させたり、ダイジェットしてS上げたりと色々できる。 ただし、相性的にダイバーンを打ちたい対面があまりなかったのと、晴れとぼうふうの噛み合いが悪いので、おそらく日本晴れも採用したほうが良いと思われる。 火力面は意外と足りていたので、入りに無理やり出すためにロゼルをもたせたが、今思うと耐久にガッツリ振って弱保型にするのもありだった。 タルップル 持ち物:バンジのみ 性 格:ずぶとい 特 性: 技構成:りんごさん てっぺき :H252 B252 D4 被ダメージ A252無補正ドラパルト(実数値172)のダイドラグーン(ドラゴンアロー) 80.1%~94.9%(確定2発) A252無補正(実数値177)のダイジェット(とびはねる) 82.9%~97.6%(確定2発) A252ごりむちゅう無補正(G)(実数値192)のつららおとし 90.3%~106.9%(乱数1発37.5%) C252特化(172)の眼鏡オーバーヒート 43.3%~51.6%(乱数2発10.5%) 解説 メガの遺志を継ぐ、新世代縁の下の力持ち。 草タイプで初めて炎技を半減で受けられるであり、物理アタッカー(例:ドラパルト)+みたいな選出はこので詰められることが結構あった。 HPは高いものの、BDの数値が足りてないため、隙あらば鉄壁を積んでいきたい。 攻撃性能に関しては、半減相手でもりんごさんでDを下げることができるので、無振りでも殴り勝つことができる。 ただし、使って行けば行くほどメガのように、ほいほい投げてサイクルもいける性能ではないことを痛感してしまい、割と選出できなかったので再度、入念な考察が必要な。 選出パターン VS ドラパルト@1 ++アップリュー 基本的にこの並びは初手ドラパルトから入ってくるので、で電磁波から入ることによって、ドラパルトがスカーフであっても、で上から殴れるようにする(次ターン麻痺でステロも撒けたりするので以外と馬鹿にならない)。 ックスを初手から切ってくれる人が割と多かったので、電磁波入れた後は、死に出しからで2回殴って倒して、おいかぜorおきみやげでアップリューにつないで締め。 初手が@1から来た場合は、ステロを撒くことでドラパルトの襷の可能性を潰すことで、アップリューのふいうちで締める。 基本的にこの試合はタネマシンガンとふいうちが重要なのでアップリューでックスしてはいけない。 この順番で技を撃つことにより、死に出しからorドラパルトが出てきたターンにもう1度ダイウォールが使える為、ックスターンがちょうど終了し、次ターンはタネマシンガンとふいうちが使えるわけである。 ちなみに、このターン調整をせずに@1を倒してしまうと、死に出しからのじゃれつく+かげうちかドラパルトのドラゴンアローで普通に負けます。 VS @2 ++アップリューorルンパッパor 初手に9割方ダルマがくるので、を合わせて1-1交換を狙う。 ックスされたら無理と思うかもしれないが、今までこの対面でックス切られたの1回しかないのでだいたいいける。 急所以外でが突破された場合はスカーフかどうかの判断ができるので、死に出しで上から殴ってダルマを倒す。 なお、このときックスを切られると負けるので、追い風から入ると不意のックスにも裏の抜きエースで対処可能。 VS ヒトム+ドラパルト+@1 タルップル++@1 相手の並び的に物理アタッカー多めの場合はこの選出で詰められる。 は拘りトリックされなければタルップルで完封できるので、ヒトムタルップル対面をできるだけ作って、鉄壁を積んで物理アタッカーに備える。 一度鉄壁を積むと物理ドラパルトは完封できる(後出しからのダイホロウは鉄壁再生で間に合う)ので、再生と攻撃を繰り返すだけで相手が勝手に降参押してくれます。 ただ、今作やたらと急所にあたるので、ドラゴンアロー2連続急所で発狂しました。 VS +@1 +アップリュー+@1 いわゆる受けまわし系に関しては、で特定の技を縛ったりして、アップリューで1回龍舞できるとだいたい勝てる。 ただし、@1にやアーマーガアがいると要求値が上がるので2舞できないと確実とは言い難い。 アップリューが火傷したら速降参して次の試合に備えましょう。 統括 上記の6体がマスター到達時にの並びだったが、個人的には、、アップリュー、ルンパッパの4体は非常に使いやすく、割としっくりきていたが、残り2枠がしっくりくるものが無く、その都度入れ替えて試行錯誤していました。 しかし、その結果実らず、虚しくもマスターランク2万位台まで落ちたので今季は草統一撤退します。 この記事が他の草統一勢の助けになることを期待しつつ、画期的なアを出てくることを祈ります。 (解禁されたら復活するかも?) 没ア 持ち物:こうこうのしっぽ 性 格:おだやか 特 性: 技構成: すりかえ おいかぜ おきみやげ :H252 B76 D180 物理は陽気ドラパルトのダイスチルを8割耐え、特殊は臆病サザンのダイバーン9割耐え。 初手にすり替えでこうこうのしっぽを押し付けて後続ので確実に先手をとれるようにする。 悪タイプなど押し付けられない場合は、追い風で退場。 実際につかったときはおきみやげが、がむしゃらになっていたがックス相手には最大でも半分しか削れないらしいので、おきみやげ、アンコール、しびれごな、このどれかにしたほうがよい。 持ち物:ひかりのねんど 性 格:おくびょう 特 性:ゆきふらし 技構成:ふぶき こごえるかぜ しんぴのまもりorしろいきり :B4 C252 S252 のしっぽすりかえから、後出しすることで堅実にを張れる。 ただ、相手の構築になど天候書き換え特性が居て、上手い人だった場合はふつうに読まれて失敗することも間々ある。 多分、没のしっぽすりかえよりも、が出せない相手に、本記事の襷で、追い風から繋いで壁はった方がいいと思われる。 襷による単体運用も考えたが、至る所からダイバーン、ダイロック、ダイストリームが飛んできて壁を張れないので上から貼るための補助は必要。 スカーフ持っても115族までしか抜けないので、ドラパルトやスカーフサザンの放射で死ぬ。 壁を張れたときの抜きエースの安定感は抜群だったので考察の余地があると思われる。 アップリュー 持ち物: 性 格:ようき 特 性:はりきり 技構成: タネマシンガン ふいうち :H156 D164 S180 物理はックス時に、陽気珠のダイフェアリー、陽気ドラパルトのダイドラグーンを確定耐え、特殊はックス時に臆病のダイドラグーンを確定耐え。 弱点保険前提の火力のため、1回龍舞した程度だと殆どの相手を突破できず火力不足。 壁込みだと結構耐えるので、その点においては本記事のA特化珠型よりも使いやすかった。 P.S アローラから引っ張ってこれないかなぁ? (訳:元から速いアタッカー欲しい!) kionsion.

次の

悪Zおきみやげといたずらごころの仕様

いたずらごころ おきみやげ

魔女っ子ちゃん可愛くて大好き。 スリーパーと育て屋預けて卵ができなくともドスケベなことされてほしい -- 名無しさん 2014-08-26 11:38:53• アニメでは、幻覚の中でレックウザと合体した。 -- 名無しさん 2014-08-26 13:03:22• ムウマージにドロシアと名付けたのは、俺だけじゃあるまい -- 名無しさん 2014-08-26 22:58:29• -- 名無しさん 2014-10-05 19:20:16• マジカルフレイムを習得したよ -- 名無しさん 2015-02-07 08:25:00• メガシンカしてフェアリー付属かつ浮遊のままなら、竜闘地無シャットアウトという驚異の耐性に。 どっちにしろガルドは無理だが -- 名無しさん 2015-04-28 19:04:45• 浮遊持ち全般に言えるんだけど他特性欲しいな -- 名無しさん 2016-01-23 21:56:25.

次の

ポケモンブラックについてですか、特性 いたずらごころ は、なんの...

いたずらごころ おきみやげ

壁張り概要 壁とは、技「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」のことを指し、 技「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」を使うことを壁張りという。 また、技「リフレクター」「ひかりのかべ」を併せて両壁・二枚壁ともいう。 技「リフレクター」は、5ターンの間 受ける物理ダメージを半減し、 技「ひかりのかべ」は、5ターンの間 受ける特殊ダメージを半減する。 技「オーロラベール」は、5ターンの間 受ける物理と特殊ダメージを両方とも半減するが、天気が「あられ」でないと失敗する。 ただしラプラスのキョダイマックスわざ「キョダイセンリツ」によって張られるオーロラベールは、天候に関係なく成功する。 どれも技「かわらわり」「サイコファング」を相手に使われると解除される。 特性「バリアフリー」のポケモンが場に出た時、敵味方関係なく全ての壁は解除される。 道具「ひかりのねんど」を持っていると5ターンではなく8ターンに伸びる。 急所に当たった場合壁の効果は無視される。 特性「すりぬけ」のポケモンは壁の効果を無視することができる。 両壁の使用目的は、主にタイマン性能の向上と 後続の起点作り(受けるダメージを軽減することで後続が積み技を使う猶予を生むこと)である。 両壁の張り方 先発に繰り出し初手と2ターン目に両壁を張ることがほとんどである。 両壁を張るポケモンは壁張りそのものが役割の一つであり、 壁張り要員としてパーティに採用される。 壁張り要員に求められる要素 以下は最も考慮するべき要素であり、これら以外にも細かに挙げればキリがない。 また、すべてを満たすポケモンは中々おらず、何かしら妥協することとなる。 高い素早さ 2. ちょうはつへの耐性 3. 相手による起点化を阻止すること(相手に展開されにくいこと) 4. 4倍弱点がない• 高い素早さ 相手より先に行動し、相手の攻撃を半減できる壁を張ることで自身が一撃で落とされることを防ぎ、もう一方の壁を張る。 道具「ひかりのねんど」が標準装備の壁張り要員は、ステロ撒き要員とは違い 道具「きあいのタスキ」に耐久を任せて壁を張るということができないため、素早さは非常に重要。 特性「いたずらごころ」なら素早さに関係なく優先度が上がるため先制しやすい。 また、後述の「ちょうはつ」を受けないことにもつながる。 ちょうはつへの耐性 壁張りする前に「ちょうはつ」を受けると当然ながら壁張りできない。 素早さが高いポケモンや、アタッカーとしての印象が強いポケモン、 特性「どんかん」や「マジックミラー」を持つポケモンはちょうはつへの耐性が高い。 相手による起点化を阻止すること(相手に展開されにくいこと) 積みエースに積み技を使われるとダメージ軽減ができない。 また、技「みがわり」も厄介。 4倍弱点がない 4倍弱点は壁による軽減を含めても2倍のダメージを受けてしまうので役割を果たせず倒れてしまう可能性が高まる。 すばやさが遅いポケモンやメジャーな4倍弱点を持つポケモンならなおさらである。 壁張りと相性が良い要素• 道具「ひかりのねんど」 両壁のターン数を5ターンから8ターンに増やす。 ほぼ標準装備。 道具「だっしゅつボタン」 片方の壁を先制で張り、攻撃を受けて後続につなぐ退場手段。 "であいがしら"や"アクアジェット"等の先制技を使われると何もできずに退場してしまう点に注意。 道具「だっしゅつパック」 りゅうせいぐんやばかぢからなどの能力下降技で退場できる。 相手のを受けると即時退散してしまうので、 使うのはドラパルトなどの威嚇に耐性があるポケモンに限られる。 技「おきみやげ」 両壁か片壁を張った後すみやかに後続につなぐ自主退場技であると同時に 相手の攻撃と特攻を2段階下げより起点にしやすくする。 みがわり・クリアボディ・あまのじゃくに弱い。 技「だいばくはつ」「じばく」 両壁か片壁を張った後すみやかに後続につなぐ自主退場技であると同時に相手に大きなダメージを与える。 みがわりを壊せるがだいばくはつを読まれて後手で再度みがわりを出されることには留意。 第8世代では自爆だけ覚えるポケモンも多い。 威力は少し低いが退場手段としては代用できる。 どちらもゴーストタイプには無効なので注意。 技「いやしのねがい」 両壁を貼ったあと速やかに後続に交代できる手段の1つ。 場を"いやしのねがい"状態にし、後続のポケモンのHP・状態異常を全回復させた上で再降臨させる。 おきみやげやだいばくはつと比べるとすぐに生きにくいが、うまく使えばエースの再復帰も可能になる。 技「のろい(タイプ)」「てっていこうせん」 自主退場技。 ただし自身のHPは半分しか減らないので、退場技としては大爆発等に劣る。 てっていこうせんは技が外れてもHPは減る。 技「アンコール」 自身が起点化されるのを防ぐ。 技「ちょうはつ」 こちらも自身が起点化されるのを防ぐ。 技「ふきとばし」「ほえる」 積んできたりみがわりを出してきた相手を流す。 ふきとばしはやじごくづきで妨害されないため、ほえるより優秀。 ただし、習得ポケモンはかなり少ない。 第8世代でほえるの習得者も激減。 技「あくび」 積んできた相手に放ち無理やり流す。 みがわりに無力な上、ターン経過により壁が切れることに繋がりやすく、相性が良いとはいえない。 ダイサンダーやダイフェアリーで眠り無効のフィールドを張られると無効化されてしまう。 技「ふきとばし」より低優先度。 技「ステルスロック」「おいかぜ」「ねばねばネット」 後続の積みエースの決定力の補佐。 技「マジックコート」 相手からのちょうはつやステルスロックなどを妨害。 読みが必要で上級者向けのため優先度は低い。 技「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」「バトンタッチ」 退場技。 ただし先手で放つと後続が攻撃を受ける。 ボルトチェンジは地面タイプや等の電気無効相手に交代できないため使い勝手は下がる。 バトンタッチはちょうはつを受けていると使えず、またマイナスの能力変化も引き継いでしまう。 技「テレポート」 退場技。 第8世代 厳密にはピカブイ で効果が変更され、優先度-6で控えと交代する技になった。 相手のきあいのタスキを潰すことはできないが、後続の安全性が高い。 性能比較• 凡例 素早さ : 素早さ種族値 置土産 : 技「おきみやげ」 大爆発 : 技「だいばくはつ」。 アンコ : 技「アンコール」 挑発 : 技「ちょうはつ」 ほえる : 技「ほえる」。 また、大爆発を自爆で代用できるポケモンもこちらに入れてください。

次の