そこそこ です ね。 お食事処 そこそこ

あなたはそこそこ田舎で暮らしたいですか?

そこそこ です ね

こんにちは! 不動産鑑定士、不動産投資コンサルタントの浅井佐知子です。 『あなたはそこそこ田舎で暮らしたいですか?』 「限界不動産」という記事の特集を読みました。 【「人口が密集した都会を離れて「そこそこ田舎」 での暮らしを選ぶ人が増え始めている。 「通勤最優先の考え方が変わる。 自宅で過ごす時間が増えれば、 街の魅力で住まいを選ぶ時代が訪れる。 」 「オフィスは希少性のある物件はとことん高くなる のではないか。 オフィスを必要最小限に縮小するが、 代わりに六本木ヒルズに移転したい。 でも私も最近は週の前半は事務所で仕事、 後半は自宅で仕事をしています。 快適に仕事をするには自宅のネット環境や 仕事環境を整える必要もありそうです。 もっと広い家に引っ越すか、 近くに小さな仕事部屋を借りるかなど。 不動産投資でその減少分を 補うのなら、普通の物件を 買っていてはダメです。 ではどういう不動産を選べばいいのか? 例として3つの不動産をあげました。 少し根性がいるかもしれません。 でもやり方が分かれば大丈夫です。

次の

~そこそこ楽しい♪~ 多摩テニスクラブ

そこそこ です ね

日本橋から深川、深川も門前仲町から佃町へと転々とした生活が駒吉から華やかさも女の張りも失わせていた。 まだ二十歳そこそこだというのに二十五のお文よりずっと老けて見えた。 藍玉を溶かしたような闇がいつの間にか忍び寄っていた。 … 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』 より引用• 白い眼で見られながらも、そこそこには名前の知られる女優にはなった。 阿刀田高『箱の中』 より引用• 星良はこの一年ばかり、早熟少年作曲家ジョニーと組んで曲を作っている。 大ヒットはまだ出ていないが、そこそこのヒットなら数曲飛ばしている。 星良が思うにジョニーの良さが大衆レベルに認められるのは、もう少し先のことなのである。 … 森瑤子『アイランド』 より引用• 外資系会社を見てください。 日本の現地法人では、そこそこであっても本社ではまったく通用しない。 使い捨てにされている。 … 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』 より引用• 不幸中の幸いと言うべきか、夫婦の間にまだ子供が生まれていなかったので、久美子さえその気になればいくらでも再婚の口はあるはずである。 たった十か月そこそこの結婚生活は、彼女の外形を少しも変えていない。 事情を知らない者の目には、十分に娘として通る初々しさを留めている。 … 森村誠一『腐蝕の構造』 より引用• まだ四十代なんですが、三十そこそこにしか見えないと聞きましたよ。 目の前の男は、松岡が描写したとおりだった。 … 馳星周『生誕祭(下)』 より引用• アメリカに来て初めての入浴をするためだった。 その入浴もそこそこに保郎のもとに戻ると、保郎の容態は悪化していた。 血圧が下がっていた。 … 三浦綾子『ちいろば先生物語』 より引用• まさに、犬は喜び庭駈けまわり、の図だ。 この訓練所はそこそこの広さがあるから、走るのにはちょうどいいだろう。 わたしと竹内さんは、走り回っているカールを見ながら、小一時間ほど世間話をした。 … 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』 より引用• 裂け目の向うには、この宇宙が誕生のそのはじめの瞬間から永遠で完全な闇という終焉を迎えるその時までの、すべての時間が混沌と存在している。 長く生きても百年がそこそこの人間の肉体では耐えることはできない。 … 久美沙織『小説版MOTHER2』 より引用• それはそうだろう。 三十代も末に近くなって、二十歳そこそこの女子大生を妻にしたのだから。 しかも、幸子は飛びきりの美人だった。 … 赤川次郎『自殺行き往復切符』 より引用• ご婦人に年齢を訊くのは失礼とか、そういうレベルを超えている。 とはいえ外見は七十そこそこだから、魔族の 歳 としの取り方とも異なっていた。 それにしてもコンラッド、ヨザックも加えて、百歳オーバー三人組に囲まれていると、最近の高齢者の皆さんは元気だよなと実感してしまう。 … 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』 より引用• 小さな繁華街の路地に場所を変えよう。 最高級の味は味わえないかもしれないがそこそこのものはあるだろう。 ジルが足下のビニール袋を持ち上げた時、唐突にそれは飛んできた。 … 阿智太郎『僕の血を吸わないで2』 より引用• 一益は、真っ黒に日焼けし、いかにも精悍そうな体躯を持つ男であった。 もう、とうに五十は過ぎているはずだが、四十そこそこにしか見えない。 一方、長秀のほうは、武将のわりには色白で、端整な顔だちをしている。 … 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』 より引用• 富士山頂附近で一夏百日の野外稼働を求めることは無理であった。 無理をして五十日、五十キロ背負う強力の数は十人そこそこであった。 ここまで考えると、ブルドーザによる資材輸送はいたずらに滞貨の山を七合八勺に作ることになって、緊急を要する建築資材運搬には適切ではなかった。 … 新田次郎『富士山頂』 より引用• 大通りから一本横に折れた道で、左右に並ぶのは居酒屋やバー、クラブがほとんどだ。 駅にそこそこ近いので、会社帰りのサラリーマンがよく利用するらしい。 もちろん、僕には無縁の一帯だ。 … 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』 より引用• 再び患者を眺める勇気さえなかった。 挨拶もそこそこに、その家を出ると車の上に崩れるように身を投げた。 風のない、いやに蒸暑い午後であった。 … 小酒井不木『初往診』 より引用• そこそこに筋肉のついた平均的な肉体は、多少の打撃には耐えられそうだ。 顔はチョークのように血の気がない。 だが表情ははたちそこそこの娘であり、体は六十歳の健康な女だった。 一方ミスター・グレイ=ノー=モアのほうはポッドで帰郷したので、すこしも変わっていなかった。 … コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』 より引用• 彼は、運転しているゼールの横顔に視線をやっただけで、黙っていた。 口髭を立ててはいるがそれを取り去れば二十歳そこそこの顔付きだった。 … 中村正『元首の謀叛』 より引用• 考えてみれば、何が悲しくて六月のよく晴れた日曜日の午後、一人きりで公園を散歩しなければならないのだろうか。 これでもわたしは大学の頃はそこそこ男子学生から人気があった。 ずば抜けてスタイルがいいわけでも、見栄えのするルックスを持っているわけでもないが、それでも幸いなことに声をかけてくれる男の子は少なからず存在した。 … 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』 より引用•

次の

あなたはそこそこ田舎で暮らしたいですか?

そこそこ です ね

日本橋から深川、深川も門前仲町から佃町へと転々とした生活が駒吉から華やかさも女の張りも失わせていた。 まだ二十歳そこそこだというのに二十五のお文よりずっと老けて見えた。 藍玉を溶かしたような闇がいつの間にか忍び寄っていた。 … 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』 より引用• 白い眼で見られながらも、そこそこには名前の知られる女優にはなった。 阿刀田高『箱の中』 より引用• 星良はこの一年ばかり、早熟少年作曲家ジョニーと組んで曲を作っている。 大ヒットはまだ出ていないが、そこそこのヒットなら数曲飛ばしている。 星良が思うにジョニーの良さが大衆レベルに認められるのは、もう少し先のことなのである。 … 森瑤子『アイランド』 より引用• 外資系会社を見てください。 日本の現地法人では、そこそこであっても本社ではまったく通用しない。 使い捨てにされている。 … 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(上)』 より引用• 不幸中の幸いと言うべきか、夫婦の間にまだ子供が生まれていなかったので、久美子さえその気になればいくらでも再婚の口はあるはずである。 たった十か月そこそこの結婚生活は、彼女の外形を少しも変えていない。 事情を知らない者の目には、十分に娘として通る初々しさを留めている。 … 森村誠一『腐蝕の構造』 より引用• まだ四十代なんですが、三十そこそこにしか見えないと聞きましたよ。 目の前の男は、松岡が描写したとおりだった。 … 馳星周『生誕祭(下)』 より引用• アメリカに来て初めての入浴をするためだった。 その入浴もそこそこに保郎のもとに戻ると、保郎の容態は悪化していた。 血圧が下がっていた。 … 三浦綾子『ちいろば先生物語』 より引用• まさに、犬は喜び庭駈けまわり、の図だ。 この訓練所はそこそこの広さがあるから、走るのにはちょうどいいだろう。 わたしと竹内さんは、走り回っているカールを見ながら、小一時間ほど世間話をした。 … 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』 より引用• 裂け目の向うには、この宇宙が誕生のそのはじめの瞬間から永遠で完全な闇という終焉を迎えるその時までの、すべての時間が混沌と存在している。 長く生きても百年がそこそこの人間の肉体では耐えることはできない。 … 久美沙織『小説版MOTHER2』 より引用• それはそうだろう。 三十代も末に近くなって、二十歳そこそこの女子大生を妻にしたのだから。 しかも、幸子は飛びきりの美人だった。 … 赤川次郎『自殺行き往復切符』 より引用• ご婦人に年齢を訊くのは失礼とか、そういうレベルを超えている。 とはいえ外見は七十そこそこだから、魔族の 歳 としの取り方とも異なっていた。 それにしてもコンラッド、ヨザックも加えて、百歳オーバー三人組に囲まれていると、最近の高齢者の皆さんは元気だよなと実感してしまう。 … 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』 より引用• 小さな繁華街の路地に場所を変えよう。 最高級の味は味わえないかもしれないがそこそこのものはあるだろう。 ジルが足下のビニール袋を持ち上げた時、唐突にそれは飛んできた。 … 阿智太郎『僕の血を吸わないで2』 より引用• 一益は、真っ黒に日焼けし、いかにも精悍そうな体躯を持つ男であった。 もう、とうに五十は過ぎているはずだが、四十そこそこにしか見えない。 一方、長秀のほうは、武将のわりには色白で、端整な顔だちをしている。 … 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・本能寺の変』 より引用• 富士山頂附近で一夏百日の野外稼働を求めることは無理であった。 無理をして五十日、五十キロ背負う強力の数は十人そこそこであった。 ここまで考えると、ブルドーザによる資材輸送はいたずらに滞貨の山を七合八勺に作ることになって、緊急を要する建築資材運搬には適切ではなかった。 … 新田次郎『富士山頂』 より引用• 大通りから一本横に折れた道で、左右に並ぶのは居酒屋やバー、クラブがほとんどだ。 駅にそこそこ近いので、会社帰りのサラリーマンがよく利用するらしい。 もちろん、僕には無縁の一帯だ。 … 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』 より引用• 再び患者を眺める勇気さえなかった。 挨拶もそこそこに、その家を出ると車の上に崩れるように身を投げた。 風のない、いやに蒸暑い午後であった。 … 小酒井不木『初往診』 より引用• そこそこに筋肉のついた平均的な肉体は、多少の打撃には耐えられそうだ。 顔はチョークのように血の気がない。 だが表情ははたちそこそこの娘であり、体は六十歳の健康な女だった。 一方ミスター・グレイ=ノー=モアのほうはポッドで帰郷したので、すこしも変わっていなかった。 … コードウェイナー・スミス『鼠と竜のゲーム』 より引用• 彼は、運転しているゼールの横顔に視線をやっただけで、黙っていた。 口髭を立ててはいるがそれを取り去れば二十歳そこそこの顔付きだった。 … 中村正『元首の謀叛』 より引用• 考えてみれば、何が悲しくて六月のよく晴れた日曜日の午後、一人きりで公園を散歩しなければならないのだろうか。 これでもわたしは大学の頃はそこそこ男子学生から人気があった。 ずば抜けてスタイルがいいわけでも、見栄えのするルックスを持っているわけでもないが、それでも幸いなことに声をかけてくれる男の子は少なからず存在した。 … 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』 より引用•

次の