野菜 スープ。 がん予防に野菜スープを飲んだら健康になり白髪が黒くなった!

野菜スープダイエットの効果と痩せるレシピ!リバウンドの心配はないの?

野菜 スープ

野菜スープがダイエットに良い理由 野菜を煮ることでたくさんの量を摂ることができます。 そして野菜スープはたくさん食べても低カロリーなので、カロリーを気になる人もしっかり食べられます。 ダイエット=食べることを我慢、と考えて食事するのが苦痛になってしまいますが、野菜スープならしっかり食べられるので、ダイエットに成功する人も多い理由のひとつです。 また、食物繊維もしっかり摂取できるので、便秘解消にぴったりです。 その作り方は、炊飯器に野菜と水、コンソメスープの素を入れてスイッチを入れるだけ。 また味付けにアレンジしてバリエーションを増やしていたそうです。 スープに飽きないように豆やささみ、塩麹を入れるなどしてバリエーションを増やしたそうです。 野菜スープの他に炭水化物を控えたり、飲み物や食べるものにも制限はあるようです。 このデトックススープを試した桜井ちひろさんは1ヶ月で7キロの減量に成功しました。 小腹が空いた時に野菜スープを食べて体調管理しているようです。 その時に取り入れた食事内容がひとつが野菜スープです。 食物繊維の根菜をよく食べ、味付けは薄味、また飽きないようにバリエーションを変えながら、見事に10キロのダイエットに成功しました。 野菜スープの取り入れ方 7日間脂肪燃焼スープダイエットと言われるものが流行りました。 お医者さんが勧めるスープと制限された食べ物のみで1週間を過ごすものです。 しかし、経験者の声を聞くと、とても大変でありその後リバウンドしたという感想も少なくありません。 7日間脂肪燃焼スープダイエットはプチ断食のようなメニューなので、誰もができる方法ではないようです。 これまでの食事リズムに無理のない範囲で取り入れていくことが継続できる秘訣です。 もちろん早く痩せたい気持ちもわかりますが、短期間で痩せようとすると心身共にストレスがかかり、リバウンドの原因になります。 まずは、夕食を野菜スープに置き換えるところから始めてみましょう。 また、食間に小腹が空いたときや夜中にお腹が空いたときに、お菓子などを控えて野菜スープにしてみましょう。 Sponsored Link 野菜スープのダイエットレシピ 脂肪燃焼スープ 美容・健康コンサルタント岡本羽加さんの脂肪燃焼スープ 参照: ダイエットスープやダイエットジュースなどの書籍を出版、雑誌にも取り上げられている美容・健康コンサルタント岡本羽加さんの脂肪燃焼スープです。 カラダが温まります。 かぼちゃにはビタミンやミネラルが豊富です。 でも糖質が多めなので、食べ過ぎには注意です。 かぼちゃのトマトスープ 参照: かぼちゃとトマトの相性が良いです。 野菜もたっぷりで栄養満点です。 トマトに含まれているリコピンは血液をきれいにしてくれる働きがあるので、基礎代謝を上げダイエットや美肌効果を期待できます。 また脂肪酸「13-OXO-ODA」は、脂肪を燃焼する効果があると言われてます。 簡単に作れるトマトースープ 参照: トマトジュースを使って作れるトマトスープ。 具材はいろいろ試してみても良いですね。 栄養満点スープです。 ただ注意して欲しい点があります。 まずは、塩分の摂り過ぎ。 味付けでついつい濃い味付けをしてしまうと塩分の摂り過ぎでむくみの原因になります。 また、濃い味付けは食欲が増すので食べ過ぎる原因になります。 できるだけ薄味にしましょう。 もう一点は、たんぱく質も摂ること。 カロリーを低くしたい理由で野菜のみにするのはNG。 たんぱく質はカラダを作る必須の栄養素です。 また、たんぱく質を摂ることで満足感も得やすくなります。 野菜スープをいくら食べても満足感がなくやめてしまった、という人はたんぱく質が不足している可能性があります。 豆類、肉、魚なども入れるようにしましょう。 1日に必要なたんぱく質摂取量は、以下の記事を参考にしてください。 まとめ いかがでしたか?1日1食を野菜スープにするだけでもダイエット効果が期待できます。 無理のない範囲で1日の食事に取り入れてみてください。 そして、カラダに必要な栄養をしっかり摂取する食生活を身につけましょう。 野菜スープを作るのが面倒という人は、粉末のスムージーを使用するのもひとつ。 10秒で作れて簡単、コップ1杯で1日に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維がたっぷり摂取できます。 スムージーについては、以下の記事を参考にしてください。 ダイエット中だからとカロリーばかり気にしていませんか? それではダイエットが失敗してしまうだけでなく、カラダを壊してしまう可能性が高まります。 「私は大丈夫。 」そう思っている人も、栄養不足の可能性があります。 以下の記事を参考にして、栄養の重要性を確認してください。

次の

くず野菜のだしでつくる栄養満点スープ3品

野菜 スープ

手術のあとの経過は良好でしたが、癌との関連がちょっと心配で、毎日散歩するなど、なるべく歩くよう心がけていました。 私が野菜スープを知ったのは 友人から「 野菜のゆで汁が体にいい」と聞いたのがきっかけでした。 体のことがとにかく気になっていたので 「 野菜スープに癌細胞の増殖をおさえる働きがある」という効果を開かされ、すぐに試してみることにしました。 野菜スープの材料は、日ごろ食べ慣れている野菜だけなので、簡単に作れるというのがよかったと思います。 野菜ですから、副作用もありませんし、費用もあまりかからないのもいい点てした。 スポンサーリンク 野菜スープの作り方 ・ダイコン、ダイコンの葉ともに4分の1本 ・人参2分の1本 ・ゴボウは4分の1本(小さい場合は3分の1本) ・シイタケ(生のものを自然乾燥させたもの)は大きめのものが1つ です。 野菜類は皮をむかず、よく水で洗って汚れなどを落とし、そのまま使います。 作り方は簡単です。 野菜類を乱切りにし、 野菜の分量のおよそ3倍の水を加えて鍋にかけ、煮込むだけです。 初めは強火で、沸騰したら弱人にして、約一時間くらい煮ます。 そうして煮出したものを冷まして、野菜を取り出すと出来上がります。 本来は、野菜のゆで汁だけが良いですが、味が欲しい場合は、塩・コショウ・コンソメなど薄味で。 作った野菜スープは、冷蔵庫に入れて保存しています。 私が野菜スープを飲むのは 朝食前、会社から帰ったとき、寝る前の1日に3回です。 1回に飲む量はコップ1杯(180ml)くらいです。 スポンサーリンク 野菜スープは白髪を黒くし顔色を良くしてくれた 野菜スープを飲むようになってから2ヶ月くらいたったころ、 血色も見違えて良くなり、家族や友人たちから「顔色が良くなったね」と言われるようになりました。 そういわれると不思議なもので、体が丈大になったような気がしました。 さらに、 白髪混じりだった髪の毛が黒くなり始め、眉毛まで黒々としてきたのにはちょっとびっくりしました。 野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください 関連記事: 関連記事: 高血圧や糖尿病にも効果があった それ以来、知人にもこの野菜スープの事を話しています。 試した知人は 高血圧や糖尿病に効果が出てきたという事も聞いています。 通院している病院の医師には 野菜ゆで汁を飲んでいることは話しにくかったのですが、あるとき、「実は野菜スープの健康法を実行しているんです」と話したところ、医師から「それは効くようですよ」という答えが返ってきました。 雑誌にも紹介され、 病院の医師までがいいといっている野菜スープで、これからも健康な生活を持続させていきたいと思っています。 正式には 慢性骨髄性白血病という病名でした。 この病気は、血液中の白血球が異常にふえていくのです。 そのころの症状としては、わき腹の左上の辺りに激痛が走り、それは耐えがたい苦しみでした。 翌年の平成24年の4月には、食欲が全くなくなり、発病前よりも体重が14~15kgも落ちました。 白血球の数は正常値の20~30倍にまで増えていました。 入院して治療を受け、なんとか病状を回復させようと、私なりに頑張りました。 ところが、その年の暮れに検査をしたら、今度は自血球が異常に減少していました。 葉が効きすぎたようなのです。 結局、3ヵ月入院しましたが、これといって治療法もなく、病状はいっこうに改善しませんでした。 そんな最悪の状態のとき、 今度は膀胱癌(ガン)が発見されたのです。 これでいよいよ終わりかと思いました。 スポンサーリンク 体に良いという「野菜スープ」とは 野菜スープ(ゆで汁) のことを知ったのは膀胱癌(ガン)の手術を1ヵ月後に控えた、平成25年の2月半ばのことでした。 小学校のときの先輩が、私の癌(ガン)を心配してくれ、 「これは体にいいものらしいから」といって、野菜スープ(ゆで汁)を教えてくれたのです。 妻も必死だったのだと思います。 さっそく、教えられたとおり ・ダイコン(四分の一本) ・ダイコンの葉(四分の一本分) ・ニンジン(三分の一本) ・ゴボウ(四分の一本) ・干しシイタケ一枚) の5種類類の材料を使って、ゆで汁を作ってくれました。 その 野菜のゆで汁を毎日800~1000ml飲むようにしました。 それから、野菜のゆで汁と同量の玄米茶も飲むようにしました。 野菜のゆで汁と玄米茶は同時に飲まず、時間をずらして飲みました。 スポンサーリンク 野菜スープが白血病に効く?飲むと体調が上向きに 間違いなく、野菜スープ(ゆで汁)が効いたのだと思います。 膀胱癌(ガン)の手術後の経過が非常によく、 普通より早く、3週間で退院できました。 退院した後も、毎日野菜スープ(ゆで汁)を飲み続けました。 膀胱癌(ガン)が再発率の高い病気であることと、 野菜のゆで汁が白血病にも効果があることを聞いたからです。 白血病という病気は、とにかく、体がだるいのです。 階段を上ったりするとき、いつも息切れしていました。 立ちくらみを起こすことも、しょっちゅうでした。 そういったつらい症状が 野菜スープ(ゆで汁)を飲み始めて 2~3ヵ月後には、ウソのようにすっかり消えてしまったのです。 体調がめきめきと上向いているのが自分でもわかりました。 減り過ぎていた白血球の数も正常になってきました。 体調が良くなり、普通の健康体に戻れたのです。 顔色もよくなりました。 野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください 関連記事: 昨年の10月には、滋賀県内大津で開かれた、農学校の同窓会に参加することもできたのです。 同窓会で、野菜スープ(ゆで汁)を欽んで白血病と膀胱癌(ガン)を克服したことを、同級生たちに話しました。 しかし、ほとんどの人が、私が大病を患ったことも、またゆで汁を飲んでよくなったことも信じようとしません。 それくらい、私が元気に見えたのでしょう。 現在、 血液中の白血球の数は正常値です。 膀胱癌(ガン)の予後もよく、つい最近、毎月の検査が2ヵ月に1回に減りました。 この状態を一日でも長く維持するためにも、今後とも野菜のゆで汁を飲み続けたいと思っています。 スポンサーリンク 免疫力を高める・薬の副作用を緩和する! 岡田医院の院長にお話しをお聞きしました! 膀脱ガンの手術の一ヵ月前から、野菜スープ(ゆで汁)を飲み始めたことは、とてもよかったと思います。 血液のガンといわれる白血病も含め、ガンという病気に対して、野菜スープ(ゆで汁)は、主に次の二つの効果が期待できます。 1.免疫力(病気に対する抵抗力)を高め、病状の進行を抑制する。 2.抗ガン剤(癌(ガン)の進行をおさえる薬)の副作を抑制する。 急性増悪期(急に病状が悪化する時期)は、医師「治療に頼らなければなりませんが、同時に野菜スープ(ゆで汁)の飲用で、抗ガン剤の副作用を防いだり、緩和したりする効果が期待できます。 この場合、野菜スープ(ゆで汁)は多めに飲用するほうが効果的です。 この時期を過ぎたら、主に1.の作用を期待して、野菜スープ(ゆで汁)を飲むといいでしょう。 この場合、急性増悪期に比べると量は少なくていいですが、長く続けてください。 野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください 関連記事:>白血病・膀胱がんの私が症状も緩和し免疫力を高める野菜スープとは! スポンサーリンク 癌(ガン)の予防にも効果を発揮する野菜スープ アメリカでは、女性が乳カンにかかる確率は、9人に1人といわれています。 (今はもっと多くなっています。 ) こうした傾向は、日本にも確実に押し寄せてきています。 また、日本は、今後アメリカを上回るほどめ癌(ガン)の発生率を示すのではないかともいわれています。 癌(ガン)との関連が気になるのならまず野菜を食べてください。 特に、 中高年以降の人は、これが癌(ガン)を予防する大きなポイントとなります。 その点、野菜スープを飲み続けることは大変良いことです。 その際に、「しいたけ」を増やすと良いでしょう。 しいたけに限らずきのこ類は、癌(がん)の予防に非常に効果があると言われています。 参考にしてみてより良い健康生活をおくりましょう。

次の

解禁!絶対に食べたくなる最強野菜スープの作り方をご紹介!!

野菜 スープ

手術のあとの経過は良好でしたが、癌との関連がちょっと心配で、毎日散歩するなど、なるべく歩くよう心がけていました。 私が野菜スープを知ったのは 友人から「 野菜のゆで汁が体にいい」と聞いたのがきっかけでした。 体のことがとにかく気になっていたので 「 野菜スープに癌細胞の増殖をおさえる働きがある」という効果を開かされ、すぐに試してみることにしました。 野菜スープの材料は、日ごろ食べ慣れている野菜だけなので、簡単に作れるというのがよかったと思います。 野菜ですから、副作用もありませんし、費用もあまりかからないのもいい点てした。 スポンサーリンク 野菜スープの作り方 ・ダイコン、ダイコンの葉ともに4分の1本 ・人参2分の1本 ・ゴボウは4分の1本(小さい場合は3分の1本) ・シイタケ(生のものを自然乾燥させたもの)は大きめのものが1つ です。 野菜類は皮をむかず、よく水で洗って汚れなどを落とし、そのまま使います。 作り方は簡単です。 野菜類を乱切りにし、 野菜の分量のおよそ3倍の水を加えて鍋にかけ、煮込むだけです。 初めは強火で、沸騰したら弱人にして、約一時間くらい煮ます。 そうして煮出したものを冷まして、野菜を取り出すと出来上がります。 本来は、野菜のゆで汁だけが良いですが、味が欲しい場合は、塩・コショウ・コンソメなど薄味で。 作った野菜スープは、冷蔵庫に入れて保存しています。 私が野菜スープを飲むのは 朝食前、会社から帰ったとき、寝る前の1日に3回です。 1回に飲む量はコップ1杯(180ml)くらいです。 スポンサーリンク 野菜スープは白髪を黒くし顔色を良くしてくれた 野菜スープを飲むようになってから2ヶ月くらいたったころ、 血色も見違えて良くなり、家族や友人たちから「顔色が良くなったね」と言われるようになりました。 そういわれると不思議なもので、体が丈大になったような気がしました。 さらに、 白髪混じりだった髪の毛が黒くなり始め、眉毛まで黒々としてきたのにはちょっとびっくりしました。 野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください 関連記事: 関連記事: 高血圧や糖尿病にも効果があった それ以来、知人にもこの野菜スープの事を話しています。 試した知人は 高血圧や糖尿病に効果が出てきたという事も聞いています。 通院している病院の医師には 野菜ゆで汁を飲んでいることは話しにくかったのですが、あるとき、「実は野菜スープの健康法を実行しているんです」と話したところ、医師から「それは効くようですよ」という答えが返ってきました。 雑誌にも紹介され、 病院の医師までがいいといっている野菜スープで、これからも健康な生活を持続させていきたいと思っています。 正式には 慢性骨髄性白血病という病名でした。 この病気は、血液中の白血球が異常にふえていくのです。 そのころの症状としては、わき腹の左上の辺りに激痛が走り、それは耐えがたい苦しみでした。 翌年の平成24年の4月には、食欲が全くなくなり、発病前よりも体重が14~15kgも落ちました。 白血球の数は正常値の20~30倍にまで増えていました。 入院して治療を受け、なんとか病状を回復させようと、私なりに頑張りました。 ところが、その年の暮れに検査をしたら、今度は自血球が異常に減少していました。 葉が効きすぎたようなのです。 結局、3ヵ月入院しましたが、これといって治療法もなく、病状はいっこうに改善しませんでした。 そんな最悪の状態のとき、 今度は膀胱癌(ガン)が発見されたのです。 これでいよいよ終わりかと思いました。 スポンサーリンク 体に良いという「野菜スープ」とは 野菜スープ(ゆで汁) のことを知ったのは膀胱癌(ガン)の手術を1ヵ月後に控えた、平成25年の2月半ばのことでした。 小学校のときの先輩が、私の癌(ガン)を心配してくれ、 「これは体にいいものらしいから」といって、野菜スープ(ゆで汁)を教えてくれたのです。 妻も必死だったのだと思います。 さっそく、教えられたとおり ・ダイコン(四分の一本) ・ダイコンの葉(四分の一本分) ・ニンジン(三分の一本) ・ゴボウ(四分の一本) ・干しシイタケ一枚) の5種類類の材料を使って、ゆで汁を作ってくれました。 その 野菜のゆで汁を毎日800~1000ml飲むようにしました。 それから、野菜のゆで汁と同量の玄米茶も飲むようにしました。 野菜のゆで汁と玄米茶は同時に飲まず、時間をずらして飲みました。 スポンサーリンク 野菜スープが白血病に効く?飲むと体調が上向きに 間違いなく、野菜スープ(ゆで汁)が効いたのだと思います。 膀胱癌(ガン)の手術後の経過が非常によく、 普通より早く、3週間で退院できました。 退院した後も、毎日野菜スープ(ゆで汁)を飲み続けました。 膀胱癌(ガン)が再発率の高い病気であることと、 野菜のゆで汁が白血病にも効果があることを聞いたからです。 白血病という病気は、とにかく、体がだるいのです。 階段を上ったりするとき、いつも息切れしていました。 立ちくらみを起こすことも、しょっちゅうでした。 そういったつらい症状が 野菜スープ(ゆで汁)を飲み始めて 2~3ヵ月後には、ウソのようにすっかり消えてしまったのです。 体調がめきめきと上向いているのが自分でもわかりました。 減り過ぎていた白血球の数も正常になってきました。 体調が良くなり、普通の健康体に戻れたのです。 顔色もよくなりました。 野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください 関連記事: 昨年の10月には、滋賀県内大津で開かれた、農学校の同窓会に参加することもできたのです。 同窓会で、野菜スープ(ゆで汁)を欽んで白血病と膀胱癌(ガン)を克服したことを、同級生たちに話しました。 しかし、ほとんどの人が、私が大病を患ったことも、またゆで汁を飲んでよくなったことも信じようとしません。 それくらい、私が元気に見えたのでしょう。 現在、 血液中の白血球の数は正常値です。 膀胱癌(ガン)の予後もよく、つい最近、毎月の検査が2ヵ月に1回に減りました。 この状態を一日でも長く維持するためにも、今後とも野菜のゆで汁を飲み続けたいと思っています。 スポンサーリンク 免疫力を高める・薬の副作用を緩和する! 岡田医院の院長にお話しをお聞きしました! 膀脱ガンの手術の一ヵ月前から、野菜スープ(ゆで汁)を飲み始めたことは、とてもよかったと思います。 血液のガンといわれる白血病も含め、ガンという病気に対して、野菜スープ(ゆで汁)は、主に次の二つの効果が期待できます。 1.免疫力(病気に対する抵抗力)を高め、病状の進行を抑制する。 2.抗ガン剤(癌(ガン)の進行をおさえる薬)の副作を抑制する。 急性増悪期(急に病状が悪化する時期)は、医師「治療に頼らなければなりませんが、同時に野菜スープ(ゆで汁)の飲用で、抗ガン剤の副作用を防いだり、緩和したりする効果が期待できます。 この場合、野菜スープ(ゆで汁)は多めに飲用するほうが効果的です。 この時期を過ぎたら、主に1.の作用を期待して、野菜スープ(ゆで汁)を飲むといいでしょう。 この場合、急性増悪期に比べると量は少なくていいですが、長く続けてください。 野菜スープの効果についてはこちらもご覧ください 関連記事:>白血病・膀胱がんの私が症状も緩和し免疫力を高める野菜スープとは! スポンサーリンク 癌(ガン)の予防にも効果を発揮する野菜スープ アメリカでは、女性が乳カンにかかる確率は、9人に1人といわれています。 (今はもっと多くなっています。 ) こうした傾向は、日本にも確実に押し寄せてきています。 また、日本は、今後アメリカを上回るほどめ癌(ガン)の発生率を示すのではないかともいわれています。 癌(ガン)との関連が気になるのならまず野菜を食べてください。 特に、 中高年以降の人は、これが癌(ガン)を予防する大きなポイントとなります。 その点、野菜スープを飲み続けることは大変良いことです。 その際に、「しいたけ」を増やすと良いでしょう。 しいたけに限らずきのこ類は、癌(がん)の予防に非常に効果があると言われています。 参考にしてみてより良い健康生活をおくりましょう。

次の