フェム フェム ランド。 キューライス フェムフェムランド【Lets】レッツエンジョイ東京

『キューライス フェムフェムランド』リリース第2弾 “キューライス”氏在郎サイン会と展覧会記念商品の情報公開!

フェム フェム ランド

前回の「フェムテックでわかった『女性の月経周期』、ほんとのところ」でも述べたように、女性特有の健康にまつわるサービスや商品が、今、テクノロジーによって大きく変化しつつある。 「フェムテック(FemTech)」は、英語で女性を意味する「female」と、技術を意味する「technology」を組み合わせた造語で、商品やサービスとしては以前から存在していたものの、2016年頃にこの言葉が登場したことから注目を浴びるようになった。 世界におけるフェムテック市場への投資額は2012年の5700万ドルから2018年には6億5000万ドルと急成長、2025年には500億ドル規模の市場になるとも予想されている。 なぜ今これほどフェムテックが注目されているのか、またフェムテックによって女性の健康やライフスタイルはどのように変わっていくのか、日本での最新動向も交えて紹介する。 女性の健康の「真実」が見えてきた フェムテックとされるものは幅広く、月経や妊娠・出産、乳がん・子宮がんなど女性特有の病気、性生活、更年期など、様々な分野でサービスや商品が展開されている。 具体的には、アプリによる月経周期予測、IoTを活用した妊娠中の体調モニタリング、服を着たまま自動で搾乳できるウエアラブル機器、オンラインでのピル処方といったものから、膣内に入れて経血をためる月経カップや吸水型サニタリーショーツなどの生理用品、変わりやすい女性の体調に合わせたサプリメントのサブスクリプション(従量定額制)サービス、おしゃれなデザインの女性用セックストイなど。 必ずしもIT関連というわけではなく、女性のからだの悩みに対する多様なソリューションとして提供されている商品も少なくない。 日本を拠点に2019年10月からフェムテック関連商品やサービスの紹介、投資も含めた起業サポートなどを展開するによると、世界のフェムテック事業者は2017年の約50社、2019年9月時点の221社から大きく伸び2020年3月時点で29カ国318社まで拡大している。 「fermata」共同創業者の Aminaさんによると、こうしたフェムテック市場の広がりには、いくつかの要因があるという。 「2016年の MeToo運動による女性たちの権利主張の拡大や、 『シーエコノミー』( SHEconomy=『she』と『economy』を組み合わせた造語)と呼ばれる経済力が増した女性による消費拡大に加え、医療分野での 「ジェンダード・イノベーションズ」(性差研究に基づく技術革新)も大きな影響を与えています。 たとえば、従来、女性は男性に比べてホルモンによる変動が大きいため、医療データが取りにくいとされてきましたが、技術の進歩によって信頼できるデータの取得が可能になりました。 これにより、女性のほうが骨粗しょう症やアルツハイマー病を発症する割合が高いなど、生物学的男女の違いが明らかになってきています。 いってみれば、女性の健康の真実が見えてきたことで、それにまつわる課題の解決をうながす製品やサービスの開発が活発になっていったという面があります」 Aminaさん 世界的にはサンフランシスコ、ニューヨーク、ヒューストン、ロンドン、ベルリン、テルアビブの6都市がフェムテックの起業家や投資家が集まる拠点になっており、日本においては、2020年4月時点で51のフェムテック企業が存在している。 「フェムテックはまだ新しい市場なので、日本の企業数が特に少ないということではないと思います。 ただ、画期的な商品やサービスの展開、あるいは女性起業家の数という点では、アジアの中でもややおとなしいという印象です」とAminaさんは指摘する。 先行する欧米のフェムテック市場は、2010年代初頭に月経や妊娠、不妊に関するものが第一波として盛り上がり、現在は更年期にまつわる課題解決が注目されているというが、「日本はやっと第一波が来ているという状態」(Aminaさん)。 日本と世界各国では何が異なるのだろうか。 「投資家の世界には男性が多いので、女性のからだの悩み解決というテーマになかなか実感を持てないということもありますが、女性の健康に対するタブー意識という点では、日本も海外も大きな違いはないという気がします。 ただ、欧米ではタブー視を自覚し始めた女性が多く、課題解決のためにアクションを起こそうという機運がより高まっているかもしれません。 一方、日本でも若い世代はネットでグローバルにつながっていることもあり、かなり欧米に近い感覚があると思います。 日本人の学生さんなどから非常にユニークなアイディアを提案されたりもしているので、研究開発への投資も視野に入れつつ、大きな期待を持っています」 世代で変化するタブー意識 女性の健康に関することで、少なくとも月経に対するタブー意識は日本でも大きく変わりつつあるようだ。 フェムテックという言葉もまだ生まれていなかった2000年に女性の体調管理のためのデジタルサービスを開始した 「ルナルナ」は、当初、経血を想起させるという理由で、告知に赤い文字を使うこともできなかった。 2010年前後にテレビコマーシャルを展開した際も、「お茶の間に『生理予測』という言葉を流すなんて、はしたない」というクレームが多数寄せられ、その中には女性からのものも少なくなかったという。 「ルナルナのコマーシャル自体、最初はテレビ局の考査すら通らなかったんです」とルナルナ事業部長の 日根麻綾さんは振り返る。 「衛生用品として生活に必須な生理用品ならともかく、生理についての話は表に出してはいけないものだという意識が当時は非常に強かったのだと思います。

次の

キューライス フェムフェムランドが2020年6月5日(金)から福岡市天神の福岡パルコで開催

フェム フェム ランド

結構難しいですよね! 笑 私もそれなりの年齢になってしまいましたが定義は未だに模索しています。 元々は掲示板などで自分の見た目を何となく分かってもらう為の表現であるのですが、歴史を遡ると掲示板自体が昔から存在し、活用されていましたので 当時の言葉、ファッションカテゴリも今より少なかったです。 私が初めて掲示板を利用した時にはまだ中性を名乗る人はほぼ見かけず、フェムかボイかでした。 時が進むに連れて細分化され、セクシャリティも気付けば今じゃ沢山あります。 Kさんの欲する答えにはならないと思いますが、定義を考え出すのは大変な事だと思います。 かなり偏った例えを話すと、フェムだからと言って化粧やスカートを履く事を必ず皆がしているとも限りませんし 中性、ボイであっても化粧バッチリな方もいます。 あとは本人と他人の認識も違います。 私もボイ時代がありましたが、化粧バッチリしていましたので周りからフェム、ボイどちらとも言われていました 笑 結局は他人の定義と自分の定義は違うと言う事です。 タイプは自称な所もあるので、何となく分かれば問題ないかと思います。 ボイさんでもお化粧する方もいますし、フェムさんでもパンツスタイルの方もいますし…。 お化粧とかは好みや体質もあるので一概に言えませんし、本当にその人の雰囲気によるのであくまで「敢えて言うなら」ですが。 あと個人的に思い浮かんだけどのは靴でしょうか。 ボーイッシュの方って靴までメンズ物とかスニーカーが多いですが、中性さんとかフェムさんはメンズライクな格好でも靴はヒールとか細身の物とか少し女性らしい物を合わせている印象があります。 ただ、今時ジェンダーレスな格好も流行っていますし昔より更に定義が曖昧になっている気がします。

次の

キューライス フェムフェムランド【Lets】レッツエンジョイ東京

フェム フェム ランド

株式会社パルコ 本部:東京都渋谷区、以下パルコ は、2020年2月7日(金)よりPARCO FACTORY(池袋パルコ本館7F)にて展覧会「 キューライス フェムフェムランド」を開催致します。 会場内では、キュー介とスキウサギが暮らす部屋やドン・ウッサのお城、本展覧会初お披露目の原画展示に加え、ご入場のお客様が参加できる縁日(ミニゲーム)や人気キャラクター達のフォトコーナーなどをご用意いたします。 是非、貴社様媒体にてご取材、ご紹介頂きますようお願い申し上げます。 プロフィール キューライス/坂元友介 1985年栃木県出身。 魚座、AB型。 高校生の頃から独学で短編アニメーションを作り始める。 東京造形大学アニメーション専攻一期生、同大学大学院卒業。 2009年(株)東北新社企画演出部入社。 2017年退社。 現在はフリーランスの漫画家、イラストレーター、演出家、アニメーション作家。

次の