胃腸 炎 食べ物。 消化の良い・悪い食べ物一覧!胃腸にいいもの・消化時間がかかる食事とは

胃腸炎の時に食べられる食事でコンビニで買えるものとは?

胃腸 炎 食べ物

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『急性胃腸炎の時の食事療法は?いつからうどんや果物など再開できる?』というタイトルでお送りします。 急性胃腸炎とは、ウィルスや細菌などが原因で起こる胃や腸の炎症のことです。 そして、急性胃腸炎の症状としては、下痢や嘔吐(おうと)、そして腹痛や発熱などです。 下痢や嘔吐が中心となる症状なので、 食事療法はとても大切になってきます。 では、病院で急性胃腸炎と診断された場合、どんな食事をとったらいいのでしょう。 今回は• 急性胃腸炎の時の食事療法について• うどんや果物などの食事はいつから再開するのか?• 急性胃腸炎の時の食事療法は? まず、嘔吐や下痢の症状が強い時の食事療法について そして、その後に、吐き気や嘔吐がおさまってきた時の食事療法について説明します。 嘔吐や下痢の症状が強い時の食事療法は? 急性胃腸炎で嘔吐や下痢などの症状が強い時には絶食することが大切になってきます。 もし、嘔吐している状況なのに、水分をとってしまえば、またそれを嘔吐してしまうという悪循環になります。 水分をとらなければ嘔吐がおさまる、というわけではありませんが、水分をとらずに、お腹の中を空っぽにすれば、幾分か嘔吐や吐き気の症状もましになってきます。 半日から1日くらい、絶食にすれば少しずつ症状も回復してきます。 嘔吐がおさまっても、下痢や発熱などの症状が続いていたら、身体の中の水分や塩分は減ってきて、 脱水症になりやすいのです。 脱水症にならないために、少しずつでも水分をとっていきましょう。 一番良いのは、脱水症の時によく勧められる「経口補水液」です。 経口補水液は、電解質バランスを考えて作られたドリンク剤です。 これは、身体の中の電解質に近い濃度で作られていて、早急に脱水症の身体の電解質バランスを整えながら水分補給ができる飲料水です。 これはコンビニやドラッグストアなどで販売されています。 もし、買いにいくことができなければ、スポーツドリンクやお番茶、もしあれば、りんごをすりおろした汁などでも構いません。 家に野菜スープやお味噌汁などがあれば、それでもいいので、少しずつとっていきましょう。 でも、 牛乳や果汁のジュース、炭酸飲料、コーヒーやアルコールなどの刺激のあるものは控えましょう。 そして、吐き気や嘔吐がおさまって、水分がスムーズにとれるようになってきたら、気になるのは普通の食事ですね。 そんなうどんや果物などの食事はいつから食べられるのかについて説明しましょう。 急性胃腸炎の時にはいつからうどんや果物などの食事が再開できる?• 2 急性胃腸炎の時にはいつからうどんや果物などの食事が再開できる?• 急性胃腸炎で吐き気や嘔吐がおさまって、下痢のみが続いているくらいなら、うどんや果物などは再開しても良いです。 うどんは、そばやラーメン、そうめんなどよりも消化しやすいです。 温かいうどんで、煮込みうどんなどが良いですね。 うどんの具材として、鶏ささみやムネ肉などがあればタンパク質もとれていいでしょう。 また、果物はりんごやバナナなどが胃腸に負担が少ないので良いと言われています。 それ以外の食事は、胃や腸に刺激とならず、消化しやすくて、栄養価の高い食べ物がいいです。 おかゆや、柔らかめに炊いたごはん、ヨーグルト(無糖、もしくは糖分の低いもの)などです。 他に白身魚やイモ類(じゃがいも・さつまいも)や人参の煮物、豆腐なども胃腸に優しい食事です。 では、反対に あまり食べないほうが良いものを紹介しておきます。 急性胃腸炎の時の食事療法・あまり食べないほうがいいものとは?• 3 急性胃腸炎の時の食事療法・あまり食べないほうがいいものとは?• 急性胃腸炎で、胃や腸が弱っている時にあまり食べないほうがいいものは次のようなものです。 肉や揚げ物• ケーキ類、お菓子など甘いもの• プリンや甘いヨーグルトなど糖分の多いもの• 繊維質の多い根菜類• 生野菜 などで、これらは胃腸への負担が大きいのでやめておきましょう。 また、牛乳などで下痢を起こしやすい人は乳製品は食べないほうがいいです。 そして、アレルギー体質の人は、胃腸炎などで胃腸が弱っている時には、更に別の食材などを食べてアレルギー反応が出やすくなったりします。 食べ慣れていて、お腹に優しい食事をとるようにしましょう。 まとめ.

次の

胃腸炎(ウイルス性・感染性・急性)の時に回復を助ける食事法とは?

胃腸 炎 食べ物

急性胃腸炎の原因 まず、急性胃腸炎の原因は大きく分けると、以下の2つになります。 ウイルス性 ウイルス性胃腸炎は冬季に感染する確率が高く、その種類は幼児の経口感染(病原菌が入った食べ物から感染すること)が多い ロタウイルス、成人を対象に集団食中毒などの感染が多い ノロウイルスなどが代表的なものです。 その他にも、アデノウィルスやアストロウイルスやサッポロウイルスなどがあります。 ノロウイルスの場合は発症から2週間ほど経過していても、排泄によりウイルスを出しているので感染には 油断できません。 十分な手洗いが必要ですが、例えば水道の蛇口からも感染するので手洗いの際は蛇口も洗うようにしてください。 その他にも、 嘔吐物の処理や タオルを共有しないようにもしてください。 ウイルス性胃腸炎とノロウイルス、実体験を元にしてアデノウイルスについてはこちらの記事をご覧ください。 細菌性 細菌性胃腸炎は夏季に感染する確率が高く、 食べ物の調理が不十分である場合や 調理する人の除菌不足により感染します。 イメージとしては、その細菌が体内(腸の粘膜)に入り毒素を出すことによって腸管粘膜に炎症が起こるといった感じです。 感染する対象は 大人と同じ食生活をする 子供に多く見られるため、乳幼児には感染しにくい菌になります。 また症状の特徴としては、ウイルス性と比べて発症が遅く、腹痛・発熱・血便などからはじまり、お腹が張った状態になり腹痛の痛みも比較的強い方なので、 ウイルス性よりも重症と言えます。 これらが発症するのは、普段の食生活で 暴飲暴食したり、 うがい・手洗いなどが徹底できていなかったり、 ストレス・薬の飲み過ぎなどから起こります。 逆を言えば、こういったことを気を付けていれば感染しくくなるということですね。 なお、感染性胃腸炎については、こちらの記事に詳しく書いていますので、予防のためにもご覧ください。 ・原因の一つであるウイルス性には、幼児がかかりやすいロタウイルスと大人でも注意が必要なノロウイルスがある。 特に夏場に注意が必要! ・もう一つの原因である細菌性は、調理する側からの除菌不足などがあり潜伏期間が長いが重症化する傾向がある特に冬場に注意が必要! 急性胃腸炎の症状と治療 次は急性胃腸炎の症状と治療について見ていきますが、今回はウイルス性の方が主な内容となります。 症状について 咳や鼻水 風邪に似た症状で、ウイルス性の急性胃腸炎には多い 胸やけ、むかつき 食欲不振や胃のあたりに不快感がある 嘔吐、腹痛 吐き気を伴うお腹の痛みがある 発熱 熱により頭痛・関節痛になりますが、一日あれば回復します。 胃腸炎による頭痛について気になる方は、こちらの記事をご覧ください。 偏頭痛に悩まされている方はこちらの最新記事をご覧ください。 激しい下痢・血便 下痢は水様便で、時に血便にもなるので脱水症状に注意 血圧低下 時間の経過とともに血圧低下により意識がもうろうとする 以上の症状が見られれば、胃腸炎と判断して対処してください。 胃腸炎が慢性的に発症するようであれば、 胃潰瘍になる可能性もあるので気を付けてください。 これらに似た症状として、逆流性食道炎ということも考えられます。 治療について 急性胃腸炎の場合は、風邪やインフルエンザなどとは違い、ウイルスの増殖を防いだり免疫力を強化するような 抗ウイルス剤のようなものはありません。 そのため発症の度に対応する治療の対症療法として、 抗生物質や下痢止め・整腸剤などを投与していくことになります。 急性胃腸炎の治療法として 推奨されているのは食事療法です。 薬を飲んでも早期回復は見込まれません。 例えば、薬を飲んでいるからと言って刺激のある飲食をしていれば、また再発するということですね。 結局は、 胃腸に優しい飲食をどれだけ心掛けられるかで 完治する速度も変わってきます。 ただし、その中でもヨーグルトなどに含まれている ビフィズス菌を主成分としている 整腸剤などは病原菌を排出する効果があるため、症状は回復していきます。 ・急性胃腸炎の症状には代表的な腹痛だけでなく、風邪に似た頭痛や咳の他にめまいがする血圧低下などもある。 ・急性胃腸炎の治療には特効薬はないため、抗生物質などを飲んだり胃腸に優しい食事をしたりと対症療法となる。 急性胃腸炎の食事(発症時) 基本的に腹痛がある間は絶食すべきですが、 嘔吐や下痢などをしていることもあり 脱水症状になりかねません。 そのため、電解質の入った飲料水を飲んでミネラルバランスを整えておく必要があります。 ここでは、その 電解質の入った経口補水液という代表的な飲み物についてご紹介します。 OS-1 所ジョージさんのCMでもお馴染みの商品になりましたね。 ・急性胃腸炎の発症時には下痢や嘔吐を繰り返すので、食べることは控えること! ・急性胃腸炎の発症時の食事として、まずは脱水症状対策として経口補水液を少量ずつ飲むこと! 急性胃腸炎の食事(回復後) お腹の痛みがやわらぎ、下痢や吐き気が減り回復の方向へ向かってくれば、徐々に 食事を再開させていきましょう。 再開のタイミングとしては、 嘔吐が 3 時間以上おさまっているようであれば、GOサインと言えます(下痢はあっても食べてください)。 オススメの食べ方は、 一日3食の倍数の5〜6回に分けるといった感じが望ましいです。 では、具体的な食べ物や飲み物について見ていきましょう。 炭水化物 少しでも食欲がある時は炭水化物を摂ることをオススメします。 おかゆや、うどん・バナナ・じゃがいもなど バナナについては、こちらの記事をご覧ください。 おかゆ おかゆについてはこちらに詳しく書いています。 いわし団子鍋(うどん) いわしつみれうどんのレシピはこちらの記事をご覧ください バナナヨーグルト(乳酸菌とのW効果) バナナヨーグルトのレシピはこちらの記事をご覧ください。 手作りケフィアヨーグルト ちなみに、こちらのヨーグルトは手作りだからこそ新鮮・無添加で食べられます。 また他のヨーグルトとは違い、乳酸菌・ビフィズス菌・酵母が含まれているので腸内環境を整える条件が揃っています。 ケフィアヨーグルトについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 たんぱく質 たんぱく質は胃の粘膜を保護して修正してくれる働きがあります。 大根、卵、豆腐、白身魚、鶏肉など ほうとう(おみそ) ほうとうのレシピはこちらの記事をご覧ください。 かき玉汁 かき玉汁のレシピはこちらの記事をご覧ください。 湯豆腐 湯豆腐のタレのレシピはこちらの記事をご覧ください。 湯豆腐と一緒に食べる『生姜』も胃液の分泌を活発にする食べ物です。 その生姜については、こちらにまとめましたので合わせてご覧ください。 野菜 やはり体の調子を整えてくれるのは野菜ですね。 ほうれん草、キャベツ、青菜、じゃがいも、長芋など ほうれん草のミルクポタージュ ほうれん草スープのレシピはこちらの記事をご覧ください。 春キャベツのスープ 春キャベツのスープのレシピはこちらの記事をご覧ください。 青菜のお浸し 青菜のおひたしのレシピはこちらの記事をご覧ください。 かぼちゃサラダ かぼちゃサラダのレシピはこちらの記事をご覧ください。 長芋パスタ 長芋パスタのレシピはこちらの記事をご覧ください。 ここでの注意点としては、食べた後にすぐに横になるよりは、 最低でも1〜2時間でも起きて消化させることをオススメします。 (どうしても横になりたい時は胃から腸へと流れ出る 右向きに寝るようにしてください) ・急性胃腸炎の回復後の食事は、嘔吐が3時間以上ないことと一日3食を倍の5~6食に分ける! ・急性胃腸炎の回復後の食事は、定番のおかゆなど温かい物だけを選び消化する様子を見て右向きに寝る! ここで取り上げているヨーグルトは、胃腸に深く関わりのあるピロリ菌にとっても重要な役割を担っています。 急性胃腸炎の食事(ダメな飲み物と食べ物) 胃腸炎の症状がおさまり、食欲も少しずつ湧いてくるとは思いますが、 暴飲暴食は避けてください(腸の機能が衰えているのでまた嘔吐しかねません)。 ここでは胃腸を刺激する飲み物・食べ物は避ける必要があるため、内容を見ていきましょう。 ダメな飲み物 柑橘系ドリンク 炭酸飲料 コーヒー これらは胃腸への刺激が強いということでNGとされています。 牛乳、乳製品 乳製品は消化に悪いため胃腸炎の症状を再発しかねません。 スポーツドリンク ポカリスエットやアクエリアスは浸透圧が高過ぎたり、ナトリウム濃度が低過ぎたりとオススメできません。 アルコール類 アルコール類も脱水症状になりかねないのでダメですね。 ダメな食べ物 脂の多い食べ物 肉類、ハム、ソーセージ、フライドポテト、うなぎ、干物、燻製物、カップラーメンなど 消化が悪い食べ物 さつまいも、こんにゃく、しらたき、ごぼう、レンコン、たけのこ、おくら、きのこ類、キウイ、スイカ、パイナップル、梨、いか、たこ、貝、青魚、かまぼこ、ドーナツ、ケーキなど 香辛料のある食べ物 わさび、からし、梅干し、コショウ、唐辛子の入った食べ物(カレーライス、カレー粉、キムチ)など 食物繊維の多い食べ物 にんにく、パセリ、グリーンピース、枝豆、アボガド、納豆、ひじき、しそ、抹茶など にんにくについてはこちらの記事にまとめましたので、合わせてご覧ください。 お菓子 スナック菓子、ドーナツ、ケーキ、チョコレート、あんこ類、アイスクリームなど ・急性胃腸炎時のダメな飲み物は、柑橘系・炭酸・コーヒー・乳製品・スポーツドリンク・アルコールetc. ・急性胃腸炎時のダメな食べ物は、脂分の多い肉類・不溶性食物繊維・食物繊維の多い物・香辛料の多い物・甘いお菓子etc. 逆流性胃腸炎についての記事を新しく書きましたので、一緒にご覧ください。 意外と新しい発見があると思います。 まとめ 以上、急性胃腸炎の時の食事について見てきました。 胃腸炎は普通の腹痛とは区別が難しいですが、やはり上記の症状が見られれば、ほぼ間違いありません。 ただ、 食事のみでは改善できない場合もあるので、その際は 病院へ行ってください。 (例えば、水分補給できないほどの嘔吐であったり、血便、体力回復しない、3回以上の嘔吐・下痢の場合など) それでは、お大事にしてください。

次の

急性胃腸炎の原因は食べ過ぎ?危険な食べ物と対処方法を解説

胃腸 炎 食べ物

スポンサーリンク 急性胃腸炎になってしまった場合には、激しい嘔吐や下痢、腹痛などに苦しむ人が大半なのではないでしょうか。 そういった時にはどのような食べ物を選んだら良いのか、また食べてはいけないものはあるのでしょうか。 急性胃腸炎に良い食べ物 急性胃腸炎になった場合は、胃や腸が一時的に激しく炎症を起こしていますので、なるべく胃腸を休ませてあげるということも大事です。 もしも食欲が全くない、 水分以外は受け付けないという場合には絶食してもかまいません。 また、少しは何か口に入れられそうだという場合には、 お粥やスープなど消化に負担のかからないものを選ぶようにしましょう。 栄養バランスなどが気になるという方もいるかもしれませんが、症状が辛いうちは栄養についてはそこまで考えなくても大丈夫です。 糖質と水分があれば数日は問題ありません。 固形物を少しは口に入れられそうだという場合には、リンゴやバナナなどの果物も良いでしょう。 ゼリーやヨーグルトも食べやすいかもしれません。 スポンサーリンク 急性胃腸炎に悪い食べ物 逆に、これはなるべく食べない方が良いという物は、胃腸に刺激を与えるものです。 刺激を与えるものとして、一番に上がるのはアルコールです。 毎日お酒を飲む習慣があるという人も、急性胃腸炎時には禁酒するようにして下さい。 また、食べ物ではありませんが、 タバコも胃や腸には良くありませんので、やめた方が良いでしょう。 食事内容としては、塩気の強いものや、辛いものも良くありません。 お肉やお魚が好きという人も、胃腸炎のピーク時には摂取を控えるべきで、特に揚げ物や油を使用した焼き物などはやめましょう。 他にも、炭水化物ではありますが、コンビニに売っているような甘い菓子パンや、バターロールなどバターをたくさん使用したパンも、脂質が過剰なため胃腸に負担がかかってしまいますので、避けるようにしましょう。 1人暮らしの人の場合にはついコンビニを利用したくなると思いますが、急性胃腸炎時には、 コンビニ弁当やインスタント麺なども油が非常に多いため控えるようにしましょう。 スポンサーリンク -.

次の