オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー。 ゴールデンドゥードルの価格(値段)や子犬を購入できるブリーダーや里親は?

ラブラドールとプードルを交配した「ラブラドゥードル」生みの親が後悔

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

ラブラドゥードルってどんな犬? ラブラドゥードルは、ラブラドールレトリーバーとプードルを主軸とした他4犬種の掛け合わせにより生まれた雑種です。 ラブラドゥードル(Labradoodle)の名前の由来は、「Labrador」と「poodle」の組み合わせからきています。 オーストラリアで誕生したことから「オーストラリアン・ラブラドゥードル」とも呼ばれ、「ドゥードル」の愛称でも親しまれています。 ラブラドゥードル誕生の最初の目的は、動物アレルギーを持つ視聴覚者の盲導犬として活躍することでした。 犬種改良を重ね、抜け毛の少ないアレルギーフレンドリーなオーストラリアン・ラブラドゥードルが誕生ました。 現在は盲導犬などの介助犬をはじめ、性格や特徴を活かしてセラピー犬などとしても活躍しています。 被毛 毛質• フリースコート• ウールコート• ヘアーコート 毛色• チョーク• ゴールド• チョコレート(茶色)• カフェ• クリーム• ゴールデンクリーム• キャラメルクリーム• レッド• ラベンダー• シルバー• ブラック 模様• ソリッド• パーティー• ファントム• ブリンドル• マルチ ラブラドゥードルの被毛は、3種類の毛質と、数種類にもなる毛色や模様があり、個性あふれる様々な組み合わせが生まれます。 毛質は、しなやかなウェーブやカール、羊のような巻き毛などがあり、毛の長さは10~13cmほどです。 3種類ある毛質のなかで、ヘアーコートだけはアレルギーフレンドリーではないものの、ペットとして飼うことに問題はありません。 ラブラドゥードルの毛色は、レッド、チョコレート、ラベンダーなどが希少色とされています。 ラブラドゥードルの子犬の値段 ラブラドゥードルの子犬の販売価格は、35~45万円前後が相場です。 ワクチンやマイクロチップ代は別になることもあります。 どこから迎えるかの他にも、血統書の有無やサイズ、毛色などにより値段は変わってきます。 ラブラドゥードルは日本で人気がありますが、出産頭数が少なく、希少性が高い犬種です。 ペットショップで販売されていることはほとんどなく、入手方法はブリーダーからの購入が一般的です。 また、ラブラドゥードルという名前で販売されている犬の中には、ラブラドールレトリーバーとプードルの雑種第一代の犬もいるようです。 しかし、雑種第一代のラブラドゥードルは、日本オーストラリアンラブラドゥードル協会が定める交配を重ねたラブラドゥードルとは異なる犬種なので注意が必要です。 違いを理解した上でラブラドゥードルの子犬の購入を検討しましょう。 ラブラドゥードルをブリーダーから迎えるには ラブラドゥードルを家族に迎える方法の1つに、ブリーダーからの購入が可能です。 ブリーダーから入手する場合、国内のブリーダーから購入する他にも、オーストラリアなどの海外のブリーダーから個人輸入、または仲介業者を通して輸入することもできます。 海外から輸入する場合は、手続きなどが英語など外国語になることがあるため、しっかりとした準備が必要でしょう。 国内のブリーダーは、関西や関東など全国に存在しています。 購入前の子犬やその親犬に会わせてもらえるか、ブリーダーから飼い方などの詳しい話が聞けるかなどをポイントに、マッチングサイトなどを通してブリーダーを探してみましょう。 また、千葉にあるテーマパーク「レイクウッズガーデンひめはるの里」では、血統を徹底管理してブリーディングしている子犬の展示販売が行われています。 飼育する上での困り事などの相談にも対応してくれるので、安心してラブラドゥードルを家に迎えられそうですね。 ラブラドゥードルの里親になるには 里親として、ラブラドゥードルを迎えることもできます。 ラブラドゥードルの里親になる方法は、里親制度を利用する場合とFCHシステムに登録する場合の2通りあります。 里親制度とは、前の飼い主が飼育できないなどの理由で保護犬となった犬の新たな飼い主として、無償で譲り受けるシステムです。 自治体によって里親募集の方法は異なる場合がありますが、動物愛護センターや保健センターが定期的に開催している譲渡会に参加したり、里親募集サイトを利用したりすることで、保護犬となったラブラドゥードルと出会うことができるかもしれません。 里親になるもう1つの方法、FCHシステムとは、ラブラドゥードルを里親として預かり、契約期間内のブリーディング活動に協力する仕組みです。 このシステムを利用して里親になる場合、契約期間内のラブラドゥードルの所有権はニチイグリーンファームにあり、交配や出産時期はファームで、それ以外の時期は里親の家庭で飼育します。 契約期間が終了すると、ラブラドゥードルの所有権を里親に譲ります。 FDHシステムを利用するとき、最初に保証金を支払いますが、トラブルなく契約を満了すると、支払った保証金は返金されます。 里親制度、FCHシステムのどちらを利用しても、ラブラドゥードルの飼い主になることに変わりありません。 里親になるためには一定条件もあるため、里親として迎い入れる際は、よく調べておくことが大切でしょう。 ラブラドゥードルの性格• 社交的• 素直で従順• 穏やか• エネルギッシュ• 人懐っこい ラブラドゥードルの性格は、ラブラドールレトリーバーとプードルに共通する社交性や賢さ、素直さを兼ね備えています。 他の犬に対して機嫌よくフレンドリーに接することや、とても人懐っこいことから、小さい子どものいる家庭でも安心して飼うことができます。 また、噛むことや吠えること、暴れることが少なく、穏やかで落ち着きもあります。 賢く従順なため、しつけや訓練がしやすく学習能力にも長けているため、介助犬として活躍している犬も多くいます。 他にも、人の心を癒やすことや、人の感情を汲み取ることができるなどの性質を持ち合わせていることでも知られているラブラドゥードルは、セラピー犬としての需要も高まっています。 ときにはエネルギッシュでコミカルな姿を見せることもあり、愛嬌のある犬として家族や周囲を癒やしてくれる存在でしょう。 お手入れ アレルギーフレンドリーなラブラドゥードルの特徴に、抜け毛や体臭の少なさがありますが、健康を保つためには日々の手入れや定期的なトリミングが必要になります。 お手入れ方法は、ブラッシングやシャンプー、カットや耳掃除などがあります。 ラブラドゥードルの毛はとても柔らかいため、すぐに絡んで毛玉になりやすい性質があります。 毛のお手入れ頻度は、毛質のタイプによって違いはありますが、こまめなブラッシングを心がけましょう。 フリースやヘアーコートの場合は毎日、ウールコートの場合は週に1度がブラッシングの目安です。 また、定期的なシャンプーやヘアカットも欠かせません。 シャンプーは月に1度、ヘアカットは毛の伸び方や長さなどに合わせて1~2ヶ月に1度を目安に行います。 自宅でもバリカンなどを使ってヘアカットはできますが、難しい場合はトリミングサロンを活用すると良いでしょう。 トリミングの料金は、犬の大きさやサロンなどにもよりますが1万円前後が相場です。 トリミングサロンでヘアカットをする場合、サマーカットやライオンカット、テディカットなど犬の毛質や季節に合わせたヘアスタイルが相談できるでしょう。 ラブラドゥードルとゴールデンドゥードルの違い ラブラドゥードルと名前や見た目がよく似た犬に、ゴールデンドゥードルがいます。 どちらの犬もアレルギーフレンドリーな犬の作出を目的としてミックスされた犬ですが、二重純血犬種かどうかに違いがあります。 ラブラドゥードルは、「ラブラドールレトリーバー」と「プードル」の他にも、「アイリッシュ・ウォーター・スパニエル」、「カーリー・コーテッド・レトリーバー」、「アメリカン・コッカー・スパニエル」、「イングリッシュ・コッカー・スパニエル」の全6犬種を祖先に持つため、二重純血犬種ではありません。 一方、ゴールデンドゥードルは「ゴールデンレトリーバー」と「プードル」のみを交配させた二重純血犬種です。 どちらの犬も犬種としての世界的な認定がされていない雑種ですが、ラブラドゥードルは、オーストラリアンラブラドゥードル協会により犬籍登録と血統書の発行などが行われ、厳格な審査や基準の元で管理されています。 我が家はゴールデンレトリバーを飼っていまして、友達で「ゴールデンドゥードル」を飼っている人はいますが、今回紹介されている「ラブラドゥードル」はあまり見たことがありませんでした。 記事によりますと、被毛のカラーが10種類もあり、大きさも3サイズあるようで、組み合わせ次第では他にないオリジナルの魅力があると思いました。 最大の魅力は、抜け毛が少なくアレルギー症状を引き起こしにくいという事だと思います。 犬が飼いたくても、アレルギーの為にあきらめてしまっていた方も数多いかと思います。 そんな方も、是非きちんとしたブリーダー(記事のニチイグリーンファーム等)で相談されてみると良いかと思いました。 あきらめていた犬飼いが実現出来るかもしれないですね。

次の

ラブラドールとプードルを交配した「ラブラドゥードル」生みの親が後悔

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

ブリーダーでの価格の相場は、 20万~30万ほどです。 盲導犬や救助犬になることを目的にブリーディングされている個体は、値段がさらに上がる傾向があります。 参考までに、ブリーダーで販売しているゴールデンドゥードルの価格をいくつかご紹介します。 出典: 当犬舎のGoldendoodle Puppys達のお値段は 25万円前後です。 出典: スポンサーリンク ゴールデンドゥードルの子犬の購入方法 ゴールデンドゥードルを購入するには、• ペットショップから購入• ブリーダーから購入• 里親募集サイトの利用• 海外ブリーダーからの個人輸入 の方法があります。 ただゴールデンドゥードルが ペットショップにいることはほとんどありません(お店や地域によっては見かけることもあります) ブリーダーや里親募集サイトで探すにしても、ゴールデンドゥードルは人気犬種で個体数も少ないため、ペットショップによくいるような犬種と比べて 手に入れるのは簡単ではありません。 またブリーダーや里親募集サイトに掲載されても、早々に売約済みになってしまうこともよくあります。 海外ブリーダーからの個人輸入する手もありますが、外国語ができないと交渉も難しいですしトラブルにもつながります。 ですので、 日本国内の信頼できるブリーダーをメインに探すのがおすすめです。 日頃からブリーダーと里親募集サイトをこまめにチェックしておくのと、ゴールデンドゥードルを取り扱っているブリーダーさんに子犬が産まれたときに連絡をもらえるようにお願いしておくといいかもしれません。 余裕があれば、お近くのペットショップで入荷予定があるのか聞いておくのもよいでしょう。 参考までに、ゴールデンドゥードルの取り扱いのある「ブリーダー」と「里親募集」のサイトをご紹介します。 また頭の良い犬種とされるゴールデンリトリバーやプードルの特徴を受け継いでいるため、 賢くて学ぶことが大好きです。 くわえて 忠実で素直なのでしつけやすく、他の犬や人に対しても 優しくてフレンドリーな犬種とされています。 このような性格・性質を活かして、ゴールデンドゥードルは盲導犬、災害救助犬、介助犬などで活躍しています。 人間が大好きですし人間と強い信頼関係を築くことができるので、家庭犬としても優秀です。 特に中~大人数の家庭犬としてはうってつけで、 小さな子供やお年寄りがいる家庭にもピッタリです。 ただしゴールデンドゥードルは人間が大好きなので、 人が傍にいないと孤独を感じて強いストレスを感じてしまいます。 ですので、長時間留守番をさせてしまうような環境は避けるようにしてください。 ゴールデンドゥードルには適度な運動が必要なので、 1日30分以上の運動が必要です。 運動不足でストレスがたまらないようにしてあげてください。 ゴールデンドゥードルの大きさ・体重(スタンダード、ミディアム、ミニチュア) ゴールデンドゥードルには、3つのサイズがあります。 ほとんどのゴールデンドゥードルは、どちらかの親犬がスタンダードプードルなので、その大きさは基本的にスタンダードサイズになります。 スタンダード 体高50~70センチ、体重20~30キロほど ゴールデンリトリバーくらいの大きさにになることも珍しくありません。 ミディアム 体高40~55センチ、体重13~20キロほど ゴールデンリトリバーもプードルも、小さいサイズの個体を交配させている場合が多いです。 ミニチュア 体高35~45センチ、体重7~13キロほど 親犬がミニチュアプードルまたはトイプードルの場合は、ミニチュアとされます。 ブリーダーによっては、ミニチュアの下にさらに小さい「プチ」というサイズが設けられることもあるそうです。 一般的に 大型犬は短くなり、 小型犬は長くなる傾向があります。 この現象が最も強く現れるのは第1世代目で、世代が進むにつれて雑種強勢の現象は失われていくといわれています。 ゴールデンドゥードルの被毛のカラー(色)は? ゴールデンドゥードル毛色は、 白・クリーム・ゴールド・アプリコット・ブロンド・チョコレート・黒・グレーなどさまざまです。 配色も 単色、パーティーカラー、ファントムカラーと実に多様です。 ゴールデンドゥードルの被毛の毛質は? ゴールデンドゥードルは2つの犬種の血が入っているので被毛の毛質も個体によっていろいろなタイプがあります。 ストレート ゴールデンリトリバーの特徴が強く出るとストレートになり、外見がほぼゴールデンレトリバーに近くになります。 ウェービー プードルのカールと、ゴールデンリトリバーのストレートの影響が同じくらい出ると緩やかな縮れ毛(ウェービー)となります。 カーリー プードルの特徴が強く出るとカーリー(強めの縮れ毛)になります。 プードルと見間違うほどプードルに似ている個体もいます。 ゴールデンドゥードルの抜け毛の量は? プードルの血が入っているので、多くのプードルとのミックス犬と同じようにゴールデンドゥードルの 抜け毛はとても少ないです。 (少なくとも純血のゴールデンレトリバーよりも毛は抜けない) その中でも特に抜け毛が少ないのは、「ゴールデンレトリバー」と「プードル」を交配させて誕生した第一世代(F1)のゴールデンドゥードルに再び「プードル」を交配させて誕生した 『バッククロス(戻し交配)によるゴールデンドゥードル(F1b)』で、このゴールデンドゥードル(F1b)は特に抜け毛が少ないため、アレルギー反応が中度~重度の方に推奨されています。 そのため、プードルのカットの推奨頻度(1~2ヵ月に1回)ほどは必要はないものの、ゴールデンドゥードルの場合は 2カ月に1回ほどの頻度が必要になります。 (どちらの親犬の特徴が強く出ているかによっても変わってきます) 例えばゴールデンレトリバーの血が濃い(75%など)場合は、毛が抜けやすくなるので伸ばし放題でも問題ない子もいます。 また、毛玉などを防ぐためには日頃からのこまめなブラッシングも必要です。 例えば、被毛がプードル寄りの子であるほどブラッシングの頻度を多くしてあげるなど、その子の被毛の特徴に合わせたケアをしてあげることが大切です。 そのため、SHOPだけでなく個体によっても金額に差があるようです。 実際のトリミングサロンの料金表から金額を抜粋しますので、参考にしてください。 ゴールデンドゥードル シャンプーコース:13,800円~ トリミングコース:18,000円~ 出典: ゴールデンドゥードル シャンプーコース:8,300円~ トリミング:15,500円~ 出典: ゴールデンドゥードル シャンプーコース:9,000円~ カットコース:12,000~ 出典: ゴールデンドゥードル シャンプーコース:¥11,880〜 カットコース:¥17,280〜 出典: ゴールデンドゥードルがかかりやすい病気 ゴールデンドゥードルがかかりやすい主な病気は次のとおりです。 股関節形成不全(CHD) 大型犬に発症しやすい病気です。 先天性でかかる以外には運動不足や栄養不足でかかることがあります。 進行性網膜萎縮症(PRA) 網膜の異常が原因です(目の病気)暗いところが見えづらくなるので、散歩や運動をしがらなくなったりします。 フォンウィルブランド病(vWD) 止血機能がうまく働かなくなって、出血時に血が止まりにくくなる病気です。 膝蓋骨脱臼• 肘関節形成不全• 胃拡張・捻転• 耳の病気や感染症(垂れ耳のため外耳炎などに要注意) ゴールデンレトリバーとプードルに共通する病気になりやすい傾向がありますが、ゴールデンドゥードルは 純血犬の親犬(ゴールデンレトリバーとプードル)よりも長生きするといわれています。 ゴールデンドゥードルとは? ゴールデンドゥードルは、ゴールデンリトリバーとプードルを交配させることによって生まれました。 なお、ゴールデンドゥードルは「ミックス犬」ではなく、「二重純血犬種」という犬種です。 二重純血犬種とは、2つの純血犬種の見た目や性格の良い点を安定して出るようにする目的で、その両方の純血犬種を交配させた犬をもとに何世代にも渡って交配を重ねて固定化された犬種のことです。 ミックス犬は、純血犬種の1世代限りの掛け合わせ犬種のこと(F1ミックス犬)なので、二重純血犬種とミックス犬は異なるものです。 ゴールデンドゥードルは、1990年代から北米とオーストラリアのブリーダーによって交配が始まりました。 もともとは 「毛が抜けにくく犬アレルギーの人にも優しい盲導犬」として誕生しました。 現在は、 ゴールデンドゥードルとプードルの両方の良い点(性格、外見、抜け毛の少なさなど)を安定して出せるようになるために(犬種として認められるために)ブリーディングが重ねられている途中段階です。 そのためゴールデンドゥードルは、JKC(ジャパンケネルクラブ)含め各国のケネルクラブの団体では、 正式な犬種として認定されておらず血統書は発行されていません。 なお、通常はゴールデンレトリーバーとスタンダードプードルが掛け合わされますが、小さめのサイズのときにはミニチュアプードルと交配されることもあります。 現在ではアレルギーの人も飼える犬ということで、盲導犬、災害救助犬、介助犬、聴導犬など様々な場面で活躍しています。 ゴールデンドゥードルの名前の由来 ちょっと言いづらくて覚えにくいゴールデンドゥードル(GoldenDoodle)という名前の由来をご紹介します。 ゴールデン( Golden)はゴールデンリトリバーから取った言葉で、ドゥードル( Doodle)は、プードル( poodle)を英語で書いたときの「 p」を逆さまにして「 d」にした「 doodle」という言葉です。 そしてこの2つの言葉を繋げてゴールデンドゥードル( GoldenDoodle)という名前になったというわけです。 「doodle」には「いたずら書き」という意味があるので、ゴールデンドゥードルのイタズラ好きのあどけない表情や仕草にちなんで名づけられたそうですよ。 また、「ラブラドゥードル」の名前を参考にして名付けられたという説もあります。 ゴールデンドゥードルは犬アレルギーが起こらない? ゴールデンドゥードルは、 犬アレルギーを起こしにくい犬種といわれています。 これは、プードルの「毛が抜けにくく、毛に絡まったフケも空気中に舞いにくい」という特徴がゴールデンドゥードルに引き継がれるためです。 また同じゴールデンドゥードルでも交配の世代や仕方によって、アレルギー反応の起こしやすさに差があります。 例えば、「ゴールデンレトリバー」と「プードル」を交配させて誕生した第一世代(F1)はアレルギー反応が軽度の方に向いているとされ、第一世代のゴールデンドゥードル(F1)に再び「プードル」を交配させて誕生した「バッククロスによるゴールデンドゥードル(F1b)」はアレルギー反応が中度~重度の方に向いているとされています。 なお犬の世代を意味する記号(F)は、交配の世代や仕方によって違います。 このように交配の世代や仕方によってアレルギー反応のしやすさが変わってきますので、詳しくはブリーダーの方に確認してください。 ゴールデンドゥードル、オーストラリアン・ラブラドゥードルとの違い ゴールデンドゥードルと間違われやすいオーストラリアン・ラブラドゥードルとの違いは次のとおりです。 ゴールデンドゥードル 「ゴールデンレトリバー」と「プードル」の 2犬種を掛け合わせた二重純血犬種。 オーストラリアン・ラブラドゥードル 「ラブラドールレトリバー」と「プードル」をもとに、以下の 4犬種を交配させたもの。 (ラブラドゥードルは、二重純血犬種ではない) ・アイリッシュ・ウォーター・スパニエル ・カーリー・コーテッド・レトリーバー ・アメリカン・コッカー・スパニエル ・イングリッシュ・コッカー・スパニエル ゴールデンドゥードルの可愛い動画 さいごに、ゴールデンドゥードルの可愛い動画をお楽しみください。

次の

オーストラリアン・ラブラドゥードルの価格・値段、性格や寿命、抜け毛は?

オーストラリア ン ラブラ ドゥードル ブリーダー

ブリーダーでの価格の相場は、 20万~30万ほどです。 盲導犬や救助犬になることを目的にブリーディングされている個体は、値段がさらに上がる傾向があります。 参考までに、ブリーダーで販売しているゴールデンドゥードルの価格をいくつかご紹介します。 出典: 当犬舎のGoldendoodle Puppys達のお値段は 25万円前後です。 出典: スポンサーリンク ゴールデンドゥードルの子犬の購入方法 ゴールデンドゥードルを購入するには、• ペットショップから購入• ブリーダーから購入• 里親募集サイトの利用• 海外ブリーダーからの個人輸入 の方法があります。 ただゴールデンドゥードルが ペットショップにいることはほとんどありません(お店や地域によっては見かけることもあります) ブリーダーや里親募集サイトで探すにしても、ゴールデンドゥードルは人気犬種で個体数も少ないため、ペットショップによくいるような犬種と比べて 手に入れるのは簡単ではありません。 またブリーダーや里親募集サイトに掲載されても、早々に売約済みになってしまうこともよくあります。 海外ブリーダーからの個人輸入する手もありますが、外国語ができないと交渉も難しいですしトラブルにもつながります。 ですので、 日本国内の信頼できるブリーダーをメインに探すのがおすすめです。 日頃からブリーダーと里親募集サイトをこまめにチェックしておくのと、ゴールデンドゥードルを取り扱っているブリーダーさんに子犬が産まれたときに連絡をもらえるようにお願いしておくといいかもしれません。 余裕があれば、お近くのペットショップで入荷予定があるのか聞いておくのもよいでしょう。 参考までに、ゴールデンドゥードルの取り扱いのある「ブリーダー」と「里親募集」のサイトをご紹介します。 また頭の良い犬種とされるゴールデンリトリバーやプードルの特徴を受け継いでいるため、 賢くて学ぶことが大好きです。 くわえて 忠実で素直なのでしつけやすく、他の犬や人に対しても 優しくてフレンドリーな犬種とされています。 このような性格・性質を活かして、ゴールデンドゥードルは盲導犬、災害救助犬、介助犬などで活躍しています。 人間が大好きですし人間と強い信頼関係を築くことができるので、家庭犬としても優秀です。 特に中~大人数の家庭犬としてはうってつけで、 小さな子供やお年寄りがいる家庭にもピッタリです。 ただしゴールデンドゥードルは人間が大好きなので、 人が傍にいないと孤独を感じて強いストレスを感じてしまいます。 ですので、長時間留守番をさせてしまうような環境は避けるようにしてください。 ゴールデンドゥードルには適度な運動が必要なので、 1日30分以上の運動が必要です。 運動不足でストレスがたまらないようにしてあげてください。 ゴールデンドゥードルの大きさ・体重(スタンダード、ミディアム、ミニチュア) ゴールデンドゥードルには、3つのサイズがあります。 ほとんどのゴールデンドゥードルは、どちらかの親犬がスタンダードプードルなので、その大きさは基本的にスタンダードサイズになります。 スタンダード 体高50~70センチ、体重20~30キロほど ゴールデンリトリバーくらいの大きさにになることも珍しくありません。 ミディアム 体高40~55センチ、体重13~20キロほど ゴールデンリトリバーもプードルも、小さいサイズの個体を交配させている場合が多いです。 ミニチュア 体高35~45センチ、体重7~13キロほど 親犬がミニチュアプードルまたはトイプードルの場合は、ミニチュアとされます。 ブリーダーによっては、ミニチュアの下にさらに小さい「プチ」というサイズが設けられることもあるそうです。 一般的に 大型犬は短くなり、 小型犬は長くなる傾向があります。 この現象が最も強く現れるのは第1世代目で、世代が進むにつれて雑種強勢の現象は失われていくといわれています。 ゴールデンドゥードルの被毛のカラー(色)は? ゴールデンドゥードル毛色は、 白・クリーム・ゴールド・アプリコット・ブロンド・チョコレート・黒・グレーなどさまざまです。 配色も 単色、パーティーカラー、ファントムカラーと実に多様です。 ゴールデンドゥードルの被毛の毛質は? ゴールデンドゥードルは2つの犬種の血が入っているので被毛の毛質も個体によっていろいろなタイプがあります。 ストレート ゴールデンリトリバーの特徴が強く出るとストレートになり、外見がほぼゴールデンレトリバーに近くになります。 ウェービー プードルのカールと、ゴールデンリトリバーのストレートの影響が同じくらい出ると緩やかな縮れ毛(ウェービー)となります。 カーリー プードルの特徴が強く出るとカーリー(強めの縮れ毛)になります。 プードルと見間違うほどプードルに似ている個体もいます。 ゴールデンドゥードルの抜け毛の量は? プードルの血が入っているので、多くのプードルとのミックス犬と同じようにゴールデンドゥードルの 抜け毛はとても少ないです。 (少なくとも純血のゴールデンレトリバーよりも毛は抜けない) その中でも特に抜け毛が少ないのは、「ゴールデンレトリバー」と「プードル」を交配させて誕生した第一世代(F1)のゴールデンドゥードルに再び「プードル」を交配させて誕生した 『バッククロス(戻し交配)によるゴールデンドゥードル(F1b)』で、このゴールデンドゥードル(F1b)は特に抜け毛が少ないため、アレルギー反応が中度~重度の方に推奨されています。 そのため、プードルのカットの推奨頻度(1~2ヵ月に1回)ほどは必要はないものの、ゴールデンドゥードルの場合は 2カ月に1回ほどの頻度が必要になります。 (どちらの親犬の特徴が強く出ているかによっても変わってきます) 例えばゴールデンレトリバーの血が濃い(75%など)場合は、毛が抜けやすくなるので伸ばし放題でも問題ない子もいます。 また、毛玉などを防ぐためには日頃からのこまめなブラッシングも必要です。 例えば、被毛がプードル寄りの子であるほどブラッシングの頻度を多くしてあげるなど、その子の被毛の特徴に合わせたケアをしてあげることが大切です。 そのため、SHOPだけでなく個体によっても金額に差があるようです。 実際のトリミングサロンの料金表から金額を抜粋しますので、参考にしてください。 ゴールデンドゥードル シャンプーコース:13,800円~ トリミングコース:18,000円~ 出典: ゴールデンドゥードル シャンプーコース:8,300円~ トリミング:15,500円~ 出典: ゴールデンドゥードル シャンプーコース:9,000円~ カットコース:12,000~ 出典: ゴールデンドゥードル シャンプーコース:¥11,880〜 カットコース:¥17,280〜 出典: ゴールデンドゥードルがかかりやすい病気 ゴールデンドゥードルがかかりやすい主な病気は次のとおりです。 股関節形成不全(CHD) 大型犬に発症しやすい病気です。 先天性でかかる以外には運動不足や栄養不足でかかることがあります。 進行性網膜萎縮症(PRA) 網膜の異常が原因です(目の病気)暗いところが見えづらくなるので、散歩や運動をしがらなくなったりします。 フォンウィルブランド病(vWD) 止血機能がうまく働かなくなって、出血時に血が止まりにくくなる病気です。 膝蓋骨脱臼• 肘関節形成不全• 胃拡張・捻転• 耳の病気や感染症(垂れ耳のため外耳炎などに要注意) ゴールデンレトリバーとプードルに共通する病気になりやすい傾向がありますが、ゴールデンドゥードルは 純血犬の親犬(ゴールデンレトリバーとプードル)よりも長生きするといわれています。 ゴールデンドゥードルとは? ゴールデンドゥードルは、ゴールデンリトリバーとプードルを交配させることによって生まれました。 なお、ゴールデンドゥードルは「ミックス犬」ではなく、「二重純血犬種」という犬種です。 二重純血犬種とは、2つの純血犬種の見た目や性格の良い点を安定して出るようにする目的で、その両方の純血犬種を交配させた犬をもとに何世代にも渡って交配を重ねて固定化された犬種のことです。 ミックス犬は、純血犬種の1世代限りの掛け合わせ犬種のこと(F1ミックス犬)なので、二重純血犬種とミックス犬は異なるものです。 ゴールデンドゥードルは、1990年代から北米とオーストラリアのブリーダーによって交配が始まりました。 もともとは 「毛が抜けにくく犬アレルギーの人にも優しい盲導犬」として誕生しました。 現在は、 ゴールデンドゥードルとプードルの両方の良い点(性格、外見、抜け毛の少なさなど)を安定して出せるようになるために(犬種として認められるために)ブリーディングが重ねられている途中段階です。 そのためゴールデンドゥードルは、JKC(ジャパンケネルクラブ)含め各国のケネルクラブの団体では、 正式な犬種として認定されておらず血統書は発行されていません。 なお、通常はゴールデンレトリーバーとスタンダードプードルが掛け合わされますが、小さめのサイズのときにはミニチュアプードルと交配されることもあります。 現在ではアレルギーの人も飼える犬ということで、盲導犬、災害救助犬、介助犬、聴導犬など様々な場面で活躍しています。 ゴールデンドゥードルの名前の由来 ちょっと言いづらくて覚えにくいゴールデンドゥードル(GoldenDoodle)という名前の由来をご紹介します。 ゴールデン( Golden)はゴールデンリトリバーから取った言葉で、ドゥードル( Doodle)は、プードル( poodle)を英語で書いたときの「 p」を逆さまにして「 d」にした「 doodle」という言葉です。 そしてこの2つの言葉を繋げてゴールデンドゥードル( GoldenDoodle)という名前になったというわけです。 「doodle」には「いたずら書き」という意味があるので、ゴールデンドゥードルのイタズラ好きのあどけない表情や仕草にちなんで名づけられたそうですよ。 また、「ラブラドゥードル」の名前を参考にして名付けられたという説もあります。 ゴールデンドゥードルは犬アレルギーが起こらない? ゴールデンドゥードルは、 犬アレルギーを起こしにくい犬種といわれています。 これは、プードルの「毛が抜けにくく、毛に絡まったフケも空気中に舞いにくい」という特徴がゴールデンドゥードルに引き継がれるためです。 また同じゴールデンドゥードルでも交配の世代や仕方によって、アレルギー反応の起こしやすさに差があります。 例えば、「ゴールデンレトリバー」と「プードル」を交配させて誕生した第一世代(F1)はアレルギー反応が軽度の方に向いているとされ、第一世代のゴールデンドゥードル(F1)に再び「プードル」を交配させて誕生した「バッククロスによるゴールデンドゥードル(F1b)」はアレルギー反応が中度~重度の方に向いているとされています。 なお犬の世代を意味する記号(F)は、交配の世代や仕方によって違います。 このように交配の世代や仕方によってアレルギー反応のしやすさが変わってきますので、詳しくはブリーダーの方に確認してください。 ゴールデンドゥードル、オーストラリアン・ラブラドゥードルとの違い ゴールデンドゥードルと間違われやすいオーストラリアン・ラブラドゥードルとの違いは次のとおりです。 ゴールデンドゥードル 「ゴールデンレトリバー」と「プードル」の 2犬種を掛け合わせた二重純血犬種。 オーストラリアン・ラブラドゥードル 「ラブラドールレトリバー」と「プードル」をもとに、以下の 4犬種を交配させたもの。 (ラブラドゥードルは、二重純血犬種ではない) ・アイリッシュ・ウォーター・スパニエル ・カーリー・コーテッド・レトリーバー ・アメリカン・コッカー・スパニエル ・イングリッシュ・コッカー・スパニエル ゴールデンドゥードルの可愛い動画 さいごに、ゴールデンドゥードルの可愛い動画をお楽しみください。

次の