旅行 自粛 すべ きか。 【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を : トピックス : ニュース : 読売新聞オンライン

【GWも引きこもり生活】「子供帰省で親危篤」「旅行で隔離入院」 GWは帰省・旅行自粛を

旅行 自粛 すべ きか

皮肉なことに、飛行機に乗って海外へと飛ぶことができるかどうかは現在、通常の表現なら「宙に浮いたまま」と言うところですが、この場合は「宙に浮けないまま」と言ったほうがいいでしょう…。 イギリスをはじめ多くの国の政府が、新型コロナウイルス感染の拡大防止に取り組むため、「不要不急の海外渡航を少なくとも30日は控える」よう勧告しています。 海外で立ち往生したり隔離される可能性もあるので、現在は自粛することを強くおすすめします。 しかしながら、これによって休暇の予定も立たなくなり、今後どうしたらいいのか見当がつかず不安にさいなまれている方も少なくないでしょう。 そこで、皆さんに代わってお得なフライト情報をメールで配信するの創業者であり、旅行のエキスパートでもあるジャック・シェルドン氏に、現在の状況について質問してみました。 こんな状況下でも、旅行の計画を立てたい(旅行に生きがいを見出している)方から、キャンセルされたフライトのチケット代を返金して欲しい方まで…ぜひチェックしてみてください。 新しい旅行を計画しても大丈夫? ここで弁えるべきは、自身の感染を防ぐことがさ最大の目的ではないということです。 今後数カ月は、新型コロナウイルスが身体に付着したまま、知らないうちにその後自分が動き回った先々でそのウイルスを拡散してしまうことを防ぐためのこと…。 なので、倫理的にも不急不要な旅行は避けたほうがいいと言えるでしょう。 今は政府や医療機関のアドバイスに従って、「安全に旅行ができるようになりました」と発表されるまで、静かに待ちましょう。 この新型コロナウイルスが安全なレベルまで落ち着くのに、どれくらいの時間がかかるのかを予測することはほぼ不可能ですが、「2020年後半には旅行が可能になる可能性が大きい」と見られています。 航空会社によっては、新型コロナウイルスによる旅行者激減の影響で経営破綻に陥ることも予想されているので、可能であればクレジットカードで予約することで保険をかけ、キャンセルや返金が不可能なホテルやツアーの予約はギリギリまで待ったほうが懸命です。 新型コロナウイルス感染症の影響を受けている地域は? で1人以上の感染者が確認されています。 新しい感染者が確認される場所が急速に変化する可能性があるため、影響を受けている地域も常に変動しています。 と、政府からの情報を確認するようにしましょう。 年末の予定であっても、航空券の予約は避けたほうがいい? 特に運行予定が頻繁に変わる時期でもあるので、残念ながらこの状況が収まったとしても現段階では、100%断定することは誰にもできません。 隔離や渡航制限がいつ解かれ、安全に旅行ができるようになるかは全くわかりません。 ましてや2020年前半のフライトを予約するなどということは、全くおすすめできません。 7月以降の旅行であれば(前代未聞の金額になるであろう冬のホリデーシーズンを含め)、安全な旅行日程になる可能性は高くなることでしょう。 また多くの航空会社が、予約のリスクを少しでも減らそうとする旅行者に対し、お得な料金で航空券を販売しています。 また、手数料なしで日程変更やキャンセルを行えるようにしているところもあります。 重要なのは、返金不可のホテルやツアーなど、「融通のきかない計画はまだ立てないほうがいい」ということです。 Douglas Miller Getty Images 金銭的に保護されるようにするには? 旅行に関するリスクがなんであれ、パンデミックが起きていなかったとしても、旅行者にはいつも旅行保険をかけて予約するよう推奨しています。 これは通常、一般的な理由による旅行のキャンセルからあなたを守ってくれますが、病気や自然災害などの予期せぬ状況でも保障を受けられる特約を追加することもできるものもあるので…。 契約した保険が、何をカバーされているかを理解しておくことも重要です。 例えば現在、多くの旅行保険は予約に対して「パンデミック時の保障」は付随していません。 なので、契約前に保障内容をしっかりと確認し、不明点があれば保険会社に電話して質問するようにしましょう。 オンラインの旅行代理店(OTA=Online Travel Agent)ではなく、航空会社から直接チケットを予約するのも有効な方法です。 通常は料金が安いOTAでの予約をおすすめするのですが、旅行の日程がずれるかもしれないとなると話は別です。 特に現在のような状況では、ほとんどの航空会社がキャンセルや変更に対して、非常に寛容なポリシーを設けているというメリットがあります。 さらに前述したようにクレジットカードで予約すれば、航空会社が経営破綻するという最悪の事態が起きても、チャージバックを受けることができるので安心です。 まだ感染者が確認されていない国へなら、旅行しても大丈夫? 「中には、新型コロナウイルス感染症の影響を受けていない地域もあります」、と言えたらいいのですが、現時点では世界中のすべての地域において感染の可能性があると考えておいたほうがいいでしょう。 多くの人々が、海外渡航を続けているならなおさらです。 今、私たちにできることは可能な限り自主隔離を続け、渡航制限に従うこと。 そして将来、安全に旅行できるようになったときの計画を立てることなのです(計画の計画と言ったほうがいいかもしれません…)。 Getty Images どこかに渡航してからその国が閉鎖された場合、出国できなくなる? 実はこのケースが、最近発生しています。 多くの国民がまだ海外にいる2020年3月17日、イギリス政府(外務省)はイギリス国民に対し、新型コロナウイルス対策として不要不急の海外渡航を避けるよう勧告しましした。 ドミニク・ラーブ外相は、「この制限は向こう30日続くが、延長の可能性もある」とコメントしています。 その当初は、「一部の地域を除き、国外にいるイギリス国民がただちに帰国する必要はない」としていましたが、同月23日にイギリス政府は、海外旅行中の全てのイギリス国民に対し、直ちに帰国するよう要請します。 しかしながら、そんな彼ら彼女らが滞在している国自体も国外渡航が停止されてしまっていたり、フライト自体にキャンセルが相次いでいるため、滞在先に取り残されパニックに陥る旅行者もいるようです。 そんな中、「easyJet」や「Quantas」など航空会社によっては、自国に帰る渡航者のみが予約できる帰国便を提供してもいました。 出国が不可能であると判断した場合、アメリカの一部地域に見られるような避難所へ行くよう政府当局は推奨しています。 この推奨が当てはまる際には、飛行機や陸路での移動を予約しようとするよりも、現地で可能な限り状況をしのぐようにしたほうが懸命でしょう。 このような状況に陥いったら、まずは現地の大使館に連絡し、指示を仰ぐようにしてください。 2020年後半のフライトを予約して、旅行前に航空会社が経営破綻したらどうなる? これは関しては、現在に限ってのことではありません。 常にリスクとして存在しており、2019年もトーマス・クック・グループが突然破産しています。 この状況に対処するには、クレジットカードで予約しておけばカード会社に連絡し、実行されなかったサービスに対してお金が戻ってくるチャージバックが受けられるので、これが最善策と言えます。 クレジットカードを使わなかった場合でも、提携航空会社に払い戻しや再予約を申請することはできます。 が、旅行計画は中断せざるを得ない可能性は高いでしょう。 このような状況はストレスがかかるものですが、航空会社にメールをするなど密に連絡を取っておくことで、より迅速な解決へとつなげてください。 幸い、多くの会社が日程変更を可能にするポリシーや、特定の期間の旅行に使えるバウチャーなどを提供しています。 旅行代理店や航空会社のホームページを確認するか、記載がなければメールをして、どのような選択肢があるか聞いてみましょう。 航空会社の空路変更や、出発地・目的地の渡航制限などが原因でフライトがキャンセルされた場合、旅行代理店や航空会社に問い合わせましょう。 しかし、現在カスタマーサービスの電話は混み合っており、出発予定が近い人の対応を優先するようにしているため、出発予定が72時間以内の場合にのみ電話で問い合わせるようにしましょう。 メールには予約内容がわかるような情報(予約確認番号など)を含めると、対応しやすくなります。 多くの会社が無料で再予約できるポリシーやバウチャーを提供しているので、あなたの休暇が永遠に失われたわけではありません。 予約内容によって詳細が異なるのと、ポリシーが頻繁に変更されているため、どのような選択肢があるか正確な答えを得るには航空券を購入した会社に問い合わせる必要があります。 多くのOTAも同じオプションをメンバーに提供しているので、必ずしも選択肢がないわけではありませんが、航空会社で予約したほうが再予約の選択肢が最も広くなります。 現在の状況に合わせて、それぞれの会社がキャンセルや予約変更のポリシーを調整しているため、あなたに用意されている選択肢はどこで予約したかによって異なります。

次の

旅館・ホテル「今、何をすべきか」 新型コロナで観光業界の識者提言

旅行 自粛 すべ きか

新型肺炎の感染拡大が広がっています(2020年2月現在) 中国から世界各地へ、そして日本でも毎日、感染者が増えています。 日本滞在歴で「入国禁止」の国や地域が増える可能性 まず、日本からの入国を、既に禁止している国があります。 今後、対象国が増える可能性があります。 例えば、フィリピン。 中国全土で「台湾」「香港」を含み、14日以内に、 渡航歴があれば入国できず、強制送還となります。 入国制限に、中国全土を対象にしている国はかなり多く、 今後、日本での感染者が増えれば、日本からの入国も、 禁止される恐れがあります。 そうなれば、もはや旅行どころではありません。 旅行会社のツアーだと、通常、手数料なしで払い戻し、 となります。 航空会社も、大手だと基本的に手数料なし。 欧米でのアジア人差別で宿泊拒否が起こる!? 欧米でのアジア人差別が気になります。 中国人も日本人も、一目では見分けがつきにくく、 一緒に差別された、という声が少なくなく。 飛行機への搭乗拒否、ホテルへの宿泊拒否、 レストランへの利用拒否・・・ 旅先で、問答無用に拒否される可能性があります。 さすがに全額払い戻しには応じてくれるかと思いますが、 現地でいきなり宿がない、という状況になると、 厳しいですよね・・・ それでなくても、 しばらく欧米諸国へ行くのは、 厳しいかもしれません。 旅行そのものが楽しめない可能性が大きいので。 イベント中止が相次ぐ、今後しばらく増える可能性大 大勢の人々が集まるイベントの中止が増えています。 感染拡大の懸念があるので、致し方ありません。 ただこういった事態で、遠方から訪れるとなると、 航空券やホテルの無償キャンセルがきかないこと。 「取消料の少ない運賃を買う」 「直前までキャンセル無料のホテルを予約」 対策はこれしかありません。 キャンセル時のルールが緩い旅行プランを 旅行を、既に申し込んでいる時に怖いのが、 「キャンセル料」(取消料) 現状、対象地域については、旅行会社や航空会社が、 手数料なしの払い戻しに応じていますが、ほかは、 「キャンセル料」(取消料)がかかります。 この手数料、けっこう大きいですよね。 既に申し込み済みならしばらく様子を見るのも手。 最新情報を確認しつつ、適切な行動を。 新型肺炎に関する情報は、日々刻々と変わっています。 今のところ、悪い方向にしか行っていませんが・・・ 事態はいずれ、終息します。 ただ、海外での予想だと 「2021年までずれ込む」とも言われています。 今は、貯金と情報収集、旅の充電ができるならする、 無理してまで行く時期ではないかとも思います。 最新の情報を知ることが大事です。 あと、いざという時のために、旅行会社、航空会社、 ホテルなどの連絡先を、しっかり把握しておきましょう。 115•

次の

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を : トピックス : ニュース : 読売新聞オンライン

旅行 自粛 すべ きか

日本国における重要な進行を、アメリカの軍事力を背景に嫌がらせや邪魔をしてくる。 オバマは暴力団と同じノリ アメリカ人で言えば、あの映画のヴェノム アメリカ人版丸野誠一郎 と同じノリ。 アメリカ人のマフィアのリーダーと同じノリ。 バラク・オバマらは、極秘裏に日本国に対し、マフィアをぶつけ続けている。 バラク・オバマはこれを見下ろしている で日本国に攻め込み入って来ている。 バラク・オバマは、全くノーベル賞に相応しくないのだが。 卑怯だ。 悪い奴、卑怯な奴は、人類史において毎回ずっと不要なだけだと理解していない。 net そりゃ子供がこんなんだったら親も大変だよな。 09 ID:JX2lCGxm0. net まともな政府や首長なら保菌者の強制的に移動制限するけど 残念ながらまともな政府じゃないんだな 総レス数 243 45 KB.

次の