エクセル 日数 カウント。 日数・日付のカウントダウンが行われるように:Excel(エクセル)の関数・数式の使い方/日付計算

Excel(エクセル)で日付の期間(日数、月数、年数)を求める|DATEDIF関数の使い方

エクセル 日数 カウント

DATEDIF関数で期間の計算 この日からこの日迄の期間を計算したい、そんな時には DATEDIF関数を使います。 ただこの関数、ダイアログボックスで表示される関数一覧には表示されない関数なんです。 そして、その期間を 年数で表示させたい場合は、「Year」の "Y"、 月数で表示させたい場合は、「Month」の "M"、 日数で表示させたい場合は、「Day」の "D"、 と、単位を自分で指定することができます。 今回は開始日(A2番地)から終了日(B2番地)までの年数を出してみたいと思います。 ここから関数の中身となる引数の指定です。 まずは期間の開始日を指定します。 開始日のセル(A2番地)をクリックで選択し、 ,(カンマ)を入力します。 同様にして、次は期間の終了日を指定します。 終了日のセル(B2番地)をクリックで選択し、 ,(カンマ)を入力します。 最後は求める期間をどの単位で表示させるのか、単位を指定します。 今回は年数を表示させたいので "Y"と入力します。 これで引数の指定は終わり。 「 」括弧でとじ、Enterキーで確定します。 開始日から終了日までの年数を求めることができました! あとは必要に応じてで他のセルにも数式をコピーすればOKです。 年数の部分は先程の単位"Y"でOKですが、 月数の部分は単位 "YM"で1年に満たない月数を求め、 日数の部分は単位 "MD"で1ヶ月に満たない日数を表示させます。 「 Year(1年)」未満の「 Month(月)」で、 "YM"、 「 Month(1ヶ月)」未満の「 Day(日)」で、 "MD"、と覚えると覚えやすいです。 こちらも、「 Year(1年)」未満の「 Day(日)」で、 "YD"、と覚えると覚えやすいです。 そして自分の目的に合わせて単位を使い分けていきます。 "Y" 指定した期間の年数(満年数)を表示 "M" 指定した期間の月数(満月数)を表示 "D" 指定した期間の日数(満日数)を表示 "YM" 指定した期間の1年に満たない月数を表示 "MD" 指定した期間の1ヶ月に満たない日数を表示 "YD" 指定した期間の1年に満たない日数を表示.

次の

数値の中から0以外の個数を求めるには

エクセル 日数 カウント

稼動日数を求める NETWORKDAYS関数・NETWORKDAYS. INTL関数 :Excel関数• 稼動日数を求める NETWORKDAYS関数・NETWORKDAYS. INTL関数• NETWORKDAYS関数とExcel2010で追加されたNETWORKDAYS. INTL関数の使い方を説明します。 稼動日とは、土曜、日曜、および指定された祭日を除く。 注 Excel2003以前のバージョンでは、エラー値 NAME? が返される場合は、分析ツール アドインを組み込む必要があります。 【問題1】2013年1月10日に工事を開始します。 完了日は2013年1月25日です。 土日は休みとします 祝日は工事をします。 実質は何日の工事日数となるでしょうか? 【解答例】NETWORKDAYS関数を使った例です。 2013年のカレンダーで確認してください。 【問題2】2013年1月10日に工事を開始します。 完了日は2013年1月25日です。 土日と祝日は休みとします。 実質は何日の工事日数となるでしょうか? 【解答例】祝日を考慮する場合は、祝日の表を作成します。 祝日の項に祝日の範囲を指定します。 2013年のカレンダーで確認してください。 INTL 開始日,終了日,[週末],[祭日] 指定した期間 開始日〜終了日 の稼働日数を返します。 稼動日とは、週末および指定された祭日を除く。 注 Excel2010で追加された関数です• 従来のNETWORKDAYS関数に引数で[週末]が追加された形です。 土日以外の非稼働日にも対応できるようになっています。• 週末の曜日とその日数を示すパラメーターを使用して、2 つの日付の間の稼働日数を返します。 週末および休日として指定された日は稼働日と見なされません。 よって、任意の休日にも対応できるようになりました。 問題3をご覧ください• 週末の指定方法 週末番号 週末の曜日 1または省略 土曜日と日曜日 2 日曜日と月曜日 3 月曜日と火曜日 4 火曜日と水曜日 5 水曜日と木曜日 6 木曜日と金曜日 7 金曜日と土曜日 11 日曜日 12 月曜日 13 火曜日 14 水曜日 15 木曜日 16 金曜日 17 土曜日• 週末の指定は7桁の文字列での指定もできます。 月曜日から始まる各曜日を表し、1は非稼働日を表し、0は稼働日を表します。 上の表に無い月曜日と水曜日を休みとしたいときは "1010000"と指定します。 【問題1】2013年1月10日に工事を開始します。 完了日は2013年1月25日です。 ただし、日曜日は休みとしますが、土曜日と祝日は工事をします。 実質は何日の工事日数となるでしょうか? 【問題2】2013年1月10日に工事を開始します。 完了日は2013年1月25日です。 ただし、火曜日と金曜日、さらに祝日は休みとしますが、土曜日と日曜日は工事をします。 実質は何日の工事日数となるでしょうか? 【問題3】この会社は土日祝日関係なく、決められた日にちが休業日です。 休業日はE列に書き出してあります。 E列に無い土日祝日は営業します、工事日数は何日でしょう。 【問題1の解答例】NETWORKDAYS. INTL関数を使った例です。 祭日は考慮しませんので最後の引数は省略します 日曜日は引数[週末]で11を指定します。 INTL C2,C3,11• 2013年のカレンダーで確認してください。 【問題2の解答例】NETWORKDAYS. INTL関数を使った例です。 火曜日と金曜日は引数[週末]で "0100100" と指定します。 祝日は引数[祭日]でセル範囲 E3:E5 を指定します。 名前を定義して数式で名前を使うこともできます。 名前の定義は問題3を参照してください。 2013年のカレンダーで確認してください。 【問題3の解答例】週末はすべて稼働日としますので、すべて 0 ゼロ にします。 引数の週末には "0000000" と入力します。 休日の一覧だけが休みとなります。 INTL C2,C3,"0000000", 休日一覧 となります。 範囲に名前を定義するには、見出しを含むデータリストを選択します。 [数式]タブの[選択範囲から作成]を実行し、「上端行」にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。 下図は通常のカレンダーとは異なり、この会社の休日を赤色にしてあります。 問題3のためのカレンダーで、丸で囲んだ日が工事日になります。 赤丸を数えると、正解は10日というのがわかります。

次の

エクセルで日付計算。日数・月数の計算方法まとめ(datedif関数不使用)

エクセル 日数 カウント

エクセルで日数計算をしよう 納期であったり、勤怠管理であったり、様々な仕事で日付や日数の管理は必須ですよね。 エクセルではそんな日付に関する計算も効率よくできるよう様々な関数が用意されています。 ここでは2パターンの日付の計算について、その計算方法を紹介します。 2パターンとは、2つの日付を使用する「開始日と終了日の間の日数を求める方法」と、ある時点から任意の数値を加減する「指定日に日数を加算・減算して日付を求める方法」です。 前者では2つの日付の間の期間の日数を求め、後者では計算した日付を求めます。 仕事をしていると、どちらのパターンも必要になることがあるでしょう。 それぞれ使う関数が違うため、うまく使い分けてください。 開始日と終了日の間の日数を求める方法 まずは2つの日付の間の日数を求める計算をしましょう。 2つの日付には必ず古い日付と新しい日付があります。 ここでは古い日付を「開始日」、新しい日付を「終了日」としています。 たくさんの関数が出てきますが、使い方はそれほど変わりません。 便利な関数ばかりですので、ぜひ覚えて使ってくださいね。 2-1. 単純に期間の日数を求めたい場合 1月1日から1月7日までの日数は開始日を含むなら6日、含まないなら7日ですね。 これくらいなら見て分かりますが、日付の間隔がもっと離れたときはすぐには分かりません。 1月1日から1月7日までの日数を求めたいときの計算方法は3パターンあります。 特徴を掴んで使いやすい方法を使用してください。 2-1-1. DATEDIF関数で求める DATEDIF関数は2つの日付の間の日数を返します。 以下のように書きます。 この関数はもともと土日を除く計算を行います。 さらに最後の祭日にいれた日付も除いて計算します。 たとえば1月1日から1月7日に土日は必ず含まれますね? すると結果は「5」となります。 すると結果は1月1日を土日に加えて除き、「4」を返します。 以下の表を見てみましょう。 祭日を複数設定したい場合は、最後の行のようにリスト化して指定すれば可能です。 注意点は以下の通りです。 INTL 開始日, 終了日 [,週末] [,休日] 開始日、終了日は日付で、休日はNETWORKDAYS関数の祭日と同じく祝日などイレギュラーな休みを指定します。 この関数のポイントは「週末」です。 週末には1~17のパラメータを指定し、このパラメータによって休みの曜日を変更することができます。 パラメータとそのパラメータによって日数計算から覗かれる曜日は以下の表をご覧ください。 残念なこと隔週や離れた曜日を設定することができません。 パラメータ以外の組み合わせを休みにしたい場合は、日付のリストを作成して休日に指定することで実現できます。 週末を省略し休日を設定する場合は、最後の行のように週末のパラメータは空白で指定します。 注意点は以下の通りです。 以下の表をご覧ください。 元の日付に数値を加算・減算して日付を表示しています。 日の場合は単純に元の日付に数値を計算している式と、関数を使用して計算している式を載せています。 ただし、ただ関数を使えばよいわけではありません。 たとえば元の日付に「1年4か月20日」足したい場合は関数を使った方がよいでしょうし、元の日付に「505日」足したい場合は関数を使わずに計算する方がよいでしょう。 このように計算したい単位によって、関数を使った方がよいか、使わない方がよいか使い分けることが大切です。

次の