頭 の いい 子 が 育つ。 【楽天市場】新星出版社 頭のいい子が育つクラシックの名曲45選 /新星出版社/新井鴎子

CD2枚付 頭のいい子が育つ 英語のうた45選

頭 の いい 子 が 育つ

河端真一 かわばた しんいち [法学博士] 京都市生まれ。 慶應義塾大学経済学部卒 業、一橋大学大学院博士課程修了。 元一橋大学客員教授。 元経済同友会幹事。 大学 入学と同時に学習塾を生徒5人で開き、大学卒業時には生徒1500人を擁する大手塾に 成長させる。 旺文社ラジオ講座「河端の東大英語」ほか、テレビレギュラー番組2本 を担当。 1976年株式会社学究社を設立、85年株式上場。 2016年東証一部指定。 東京都 最大塾に成長し、自らの授業は「2か月で偏差値が20上がる」と謳われる。 現在、株 式会社学究社取締役会長兼社長、進学塾「ena」学院長を務める。 頭のいい子は「習慣」で育つ 大学在学中に、貸会議室を借りて学習塾を起業。 「子は親を写す鏡」と言いますが、へそ曲がりな子にしないために、保護者のある行動が重要になってきます。 普段の生活に心当たりがないか、チェックしてみてください。 結果を出すことで証明してきた、その教え方・学ばせ方は、まさに、最強にして最高の子育て論であり、塾教師としての立場でできることではなく、家庭にいる保護者ができることをまとめたのが本書です。 本連載では、子どもたちにとって貴重な時間を保護者としてどう接するか、保護者の対応次第で子は変わるということを実感していただき、今すぐできることを生活に取り入れてください。 この夏休みからぜひ取り組んでほしいことを、本書から一部抜粋し、やさしく解説していきます。 保護者がやるべき3つのこと 「腑に落ちる」という言葉があります。 この「腑」は、はらわたやお腹の中心のこと。 転じて、「心の底」のような意味合いでしょうか。 人は物事に対して十分に理解・納得ができると、その物事が腹の底に落ちたような感覚を得ることができます。 これが「腑に落ちる」という状態です。 素直な子は、先生の言葉がスーッとお腹のなかに入っていってストンと落ちます。 先生の言葉をそのままストレートに受け止めているのです。 そんな 素直な子ほど勉強の理解が早いので、学力がどんどん伸びます。 逆に素直でない子、へそ曲がりな子は、聞いた話があっちへ引っかかり、こっちへ引っかかり、なかなか腹の底に落ちていきません。 その結果、素直な子と比べて理解をするのが遅くなります。 「素直な心」は勉強をするうえでとても大事なのです。 へそ曲がりな子にならないために、保護者ができることはいくつかあります。 たとえば、僭越ですが、 円満な夫婦関係を築かれることです。 夫の言うことに妻がいちいち反論したり、あるいは妻のことを夫がいつも否定していたりと、意見が対立してばかりの夫婦関係を間近で見ている子どもは、お父さんとお母さん、どちらの言うことを信じていいのか、わからなくなってしまいます。 また、「お父さんはお母さんからいつも怒られてばかり。 だから僕もお父さんの言うことは聞かなくてもいいや」と無意識に考えるようになります。 やがては、大人の言うことすべてを素直に受け止められなくなります。 そのような子は、人の言うことを素直に受け止めることができないため、否定的なことばかり言ったり、常に揚げ足取りをしたりするようになってしまいます。 普段の夫婦関係が、子どもの性格に多大な影響を与えるということです。 現代において夫唱婦随(夫の言うことに妻が従うこと)が理想的とは限りませんが、少なくともパートナーの言うことをいちいち否定するような関係ではまずいでしょう。 「お互いの話をきちんと聞き、自分に対する意見には素直に耳を傾ける」というように夫婦の円滑なコミュニケーションができていれば、子どももそれにならって素直な性格に育ってくれます。 また、 保護者が何事も要領よくやろうとするあまり、右往左往してしまう。 これも子どもにはいい影響を与えません。 ネットの評判に影響されて志望校をコロコロと変えたり、参考書が合わないからと次々と新しいものを買ってきたり。 保護者がそんなふうに落ち着きがないと、 子どもは保護者の2倍、動揺します。 何を信じればいいのかわからず、落ち着いて勉強できません。 「夫婦仲良くする」「要領だけを追い求めて右往左往しない」「几帳面な生活態度を心がける」といったことを実践していれば、子どもは素直な子に育ってくれるはずです。 元来、子どもは誰でも素直なものだからです。 私は決して「先生の言うことに疑問を持つな」と言っているのではありません。 勉強に対して意欲のある子が先生の発言のある部分に疑問を持つことは、とてもいいことです。 それは興味や関心が高いということだからです。 疑問を解消するために、先生に積極的に質問すればいいでしょう。 しかし、素直ではない子が発する疑問はそのような疑問とは少し違います。 「宿題をこれだけ出すからきちんとやってこいよ」と指示したら「えーっ! そんなに!? どうして?」 つまり、面倒くさいことを避けたいがために、とりあえず反発したり、揚げ足を取ったりする。 このような疑問の持ち方がほとんどです。 そんな子ばかりになると、授業が成り立たなくなり、本人にとっても周りの子にとってもいいことはありません。 世の中には、疑問を挟む余地のない当たり前のことが存在します。 「なぜ人を殺してはいけないか」「なぜ人の物を盗ってはいけないか」などは、議論する必要はなく、説明をしてはならないのです。 子どもたちはそのまま素直に受け止めることが大切です。 お子さんの学力を伸ばしたいなら、ぜひ素直な心を持った子に育ててください。 都立中受験NO. 1の塾長が教える どんな子でも勉強ができる子に変わる共通点 大学在学中に、貸会議室を借りて学習塾を起業。 それから46年、これまで3万人を直接教えてきてわかった、「どんな子でも、『習慣』や『環境』によって、勉強ができる子や頭のいい子に変われる方法」が、本書にあります。 「過去は〇〇だった」という説教ではなく、今の流行をただ追ったものでもなく、いつの時代でも通用する普遍的な内容のみ、数百ある項目から38個に厳選して紹介しています。 また、基本を教えるむずかしさを解消した家庭ですぐにできる内容になっています。 子どもの成長に役立つ一助になります! ご購入はこちらから!•

次の

頭のいい子は「習慣」で育つ

頭 の いい 子 が 育つ

実はここ4か月くらい、「毎週木曜日にハンバーグを作る」という習慣を続けています。 まずはハンバーグ本体に目を向けて改善を重ね、ようやく満足する形になったので現在は「付け合わせを改善する」という段階に入っています。 しかし、栄養素については全く考えていないので、そちらも考慮しながら改善しないとな、と思っています。 校舎での感染拡大防止対策 ・来校時は手指を消毒、手洗いを義務付け ・ドアノブ、机などの消毒 ・授業時はフェイスガードを装着 ・窓を開放し、常に換気 ・生徒は休み時間であっても私語厳禁 こちらを徹底致します!生徒たちにも協力していただきます。 宜しくお願い致します。 以下のボタンのリンク先に、校舎での取り組みやご協力いただきたいことについて記載しておりますので必ずお読みください! 今日のキヨスミ 本日は「姿勢」についてお話しします。 私は普段から姿勢について口うるさく指導していますが、その理由は「自分が悪い姿勢によって損をしたから」です。 姿勢が悪いと疲れが溜まりやすくなり、長い間勉強ができなくなってしまいます。 「勉強しようと思ってもすぐに腰や首、肩が痛くなってしまう」という人、多いんではないでしょうか。 「では、本日から姿勢を正しましょう!」と言われても現実的には、長い間かけて身にけた悪習慣を治すことは難しいです。 では、今すぐできる改善法「IAP呼吸法」をご紹介します。 一度やっただけでは少し経つと戻ってしまうので、毎日意識して行いましょう! 本日のお題 本日のお題は 「1年前と比べて成長したこと」です。 今塾に通っているみなさんは日々勉強を頑張っていると思います。 では、一年前の自分と現在の自分を比べてみて、成長したこと、できるようになったことは何ですか??「そんなのできて当たり前じゃん」と言われてしまうかもしれないことでも、あなたにとっては大きな成功への一歩です。 改めて自分の成果について考えてみて、自分をほめてあげてください! 受講チェック 対面授業が再開となり、Zoomによる双方向ライブ映像授業は終了しますが、スター教師による映像授業は継続して受講することができます。 よって、受講チェックも引き続きご協力お願いします。 オンライン小テスト 今までのテストは何度でも受けることができます。 以下をクリックしてご覧ください。 ・ ・ ・ ・ ・ ena 清澄白河校 TEL :03-6458-8761 mail:kiyosumishirakawa ena. jp 校長:大藤 資料請求は.

次の

頭のよい子が育つマンションが登場 [子育てマンション] All About

頭 の いい 子 が 育つ

いい子って言葉が押し付けになってる そんな時もあると思いませんか? 「〇〇〇ちゃんは、 いい子だから、いつもニコニコできるもんね。 」 と言われた、〇〇〇ちゃんはがちょっと嫌なことがあって、悲しい顔になっていました。 「あれー? 〇〇〇ちゃん。 いつものかわいいニコニコはどうしたのかなー? いい子だもんね?」 〇〇〇ちゃんは、 大人の言葉をしっかり聞き入れて、ニコニコと笑って「大丈夫」って言いました。 でも、洋服は汚したらいけませんよ。 「帰ろうね。 偉いねー。 洋服全く汚れてない。 「はい。 みんな聞いてください。 いい子は口を大きく開けて歌っています。 じゃあ悪い子は? そう口を小さくしか開けないで歌っていることです。 みんなは、口を大きく開けて歌えるかな?」 そうか、私は悪い子なんだ。 いい子にならないならないと。 大切なのは大人の顔色を疑って、大人の言葉に頼って、大人のために行動する子にならないようにしてあげることです。 もちろん、子どもが、大人を頼りたい時もあります。 それはそれでいいんです。 問題は子どもが大人を頼りたいのか、それとも大人が子供に頼らせたいのか という所ではないでしょうか? 子どもに主体性があるかないか。 そこが大切ではないでしょうか? いい子症候群の子は、主体性の育ちが乏しいと、僕も思います。 自分の気持ちを出しにくくなっていることが多いと思いますので。 わるい子になれとは言いません。 でも、 自分で自分のことを考える子になるためには、いい子いい子と、子どもに言い続けることはあまりよくないのかもしれませんね。 プレッシャーが子どもに それは、わるい子、これが、いい子。 が常習的に繰り返されている環境で過ごしている子どもは自分の気持ちを押し殺して生きていく習慣がついてしまうことが多いと感じます。 特に、わるい子の時に、強い感情で怒鳴られてしまうことを経験している子どもは、その怒鳴られるという恐怖から、逃げるために、自分を曲げてでも その大人にとってのいい子 になろうとしてしまいます。 子どもは何も悪くないのです。 子どもは、その場所で自分がよりよく生きていくために必要な対応をとっているだけですから。 ですが、その心にはいつもプレッシャーがかかっています。 何をする時も「大丈夫かな?」 「怒られないかな?」 「これをしておくとあの大人は落ち着く」 と自分の気持ちよりも、その大人の気持ちばかりを考えて生活しなくてはいけないのです。 そして、その大人がわるい子と思った時には、その子が嫌な思いをし続けないといけないのです。 子どもは、いい子になるなんて思って生活していません。 いい子になるように、プレッシャーをかけているのは、間違いなく大人です。 いい子も成長する いい子は、自分の気持ちを殺しながら、大人のためにいい子を続けていきます。 ですが、子どもたちは育つ力を、必ず持っていますから、次第にその子も自分の成長に気づいてきます。 それが、どんな方向に育っていくか。 それは、その子次第ではないでしょうか? しかし、押し付けられた「いい子」と、殺し続けた「自分の心」を冷静にコントロールできるようになるよりも先に来る感情があります。 それが、自分をさらに押し殺してしまうような 「劣等感」だったり これまでの自分を爆発させるような 「怒り」だったりです。 例えば、いい子いい子と言われ続けた子どもは、いい子になるために必死に大人の顔色を見ながら、育ってきた。 しかし、小学生になって、大人の顔色を窺っていても、成績が上がらない。 成績が悪いと、いい子ではなくなってしまった。 「あんなにいい子だったでしょ? がんばりなさい」そう言って、勉強のできるいい子を目指すように言い続けられた。 でも、成績はよくならなかった。 結果、この子は勉強ができない自分を悪い子だと思い、大人の顔色が変わっていくことを感じすぎてしまい、外に出ることができなくなった。 自分は悪い子だと思い込んでしまった。 これは、よくある話ですよね。 いい子って言われることで、大人から認められてきた子ども。 いつものように、自分ができないことを大人から強く責められ、自分はダメな子なんだと思っていた。 その時に大人に向かって両手が前に突き出てしまった。 大人は後ろに倒れこみ、子どもを見上げた。 その時の大人は子どものできないを責めている強い大人ではなかった。 子どもは、気が付いた。 今まで、大人の大きな声と、強い力が怖くてただ黙っていただけだった。 でも、もう自分のほうが、声も大きい、力も強い。 もういい子はしなくっていいんだ。 自分は、強くなったから、大人の言うことを聞く必要なんてないんだ。 そして、子どもは大人に大きな声を出し、力で自分の意思表示をすることを学んでしまった。 それからは、自分より力のない人間には、強くみられるように、自分より力のある人間には、いい子を演じて生きていくようになった。 これは、まだましな「怒り」の出し方ですよね。 これが、もっと爆発すると、刺したとか、絞めたとかの事件があるような「怒り」の出し方になってしまうと思います。

次の