衆議院議員総選挙 2020。 衆議院議員総選挙および最高裁判所裁判官国民審査と、由布市長選挙および由布市議会議員選挙のお知らせ

総務省|選挙の種類

衆議院議員総選挙 2020

帝国議会も翼賛体制が崩壊し、日本進歩党、日本自由党、日本社会党など戦前の政党を系譜とする主要政党以外にも、日本協同党や非合法とされた日本共産党のほか、政党が相次いで結成された。 そのような中で、政治的自由や民主的選挙の実施を目的とした衆議院議員選挙法改正が施行され、衆議院が解散された。 占領下の(北海道2区)及び占領下の(東京2区)と(鹿児島全県区)と(沖縄全県区、定数2)については選挙が実施されなかった。 東京2区と福井全県区で定数のうち最下位の各1名分が法定得票数に達せず、が実施された。 選挙データ 内閣• 選挙時:(第44代)• 選挙後:(第45代) 解散日• (昭和20年) 解散名• 解散 公示日• (昭和21年) 投票日• 1946年(昭和21年)4月10日 改選数• 466 法定数は468、定数2のはアメリカ軍政下にあり選挙は行われなかった。 選挙制度 投票へ向かう有権者• 02人区:1• 04人区:2• 05人区:5• 06人区:7• 07人区:5• 08人区:4• 09人区:8• 10人区:6• 11人区:5• 12人区:2• 13人区:4• 14人区:3 ・・・・・の6都道府県は2選挙区に分割され、それ以外の40府県は全域で単一の選挙区となった。 定数が最少の4人区は全県区と全県区。 沖縄全県区に限っては特に2人区としたが、同県でこの選挙は結局行われなかった。 定数が最多の14人区は北海道1区・全県区・全県区。 (北海道は1区と2区の合計が23人で、東京都の1区2区合計22人を上回る全国最多の定数配分を受けた。 ) 投票方法 、(定数10以下で2名、11以上で3名)、1票制 選挙権 満20歳以上の日本国民男女 改正衆議院議員選挙法(昭和20年法律第42号)の附則に「戸籍法ノ適用ヲ受ケザル者ノ選挙権及被選挙権ハ当分ノ内之ヲ停止ス」により、前回の総選挙まで選挙権・被選挙権を有していた日本に在住する朝鮮人・台湾人の参政権が停止された。 被選挙権 満25歳以上の日本国民男女 有権者数 36,878,420(男性:16,320,752 女性:20,557,668) 選挙活動 進歩党総裁の町田忠治など前議員の多数がに該当して出馬を断念したほか、この選挙で当選した議員の中にもその後に公職追放に該当するとの通知を受けて議員辞職した者がいた。 党派別立候補者数.

次の

総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について

衆議院議員総選挙 2020

衆議院小選挙区選出議員選挙における行政区別投票者数(在外選挙人を除く) 行政区 当日有権者数 投票者数 投票率 男 女 計 男 女 計 男 女 計 42,262 48,986 91,248 22,214 23,948 46,162 52. 56 48. 89 50. 59 28,622 34,825 63,447 15,713 17,439 33,152 54. 90 50. 08 52. 25 58,458 67,308 125,766 32,822 35,314 68,136 56. 15 52. 47 54. 18 38,819 47,679 86,498 20,399 22,968 43,367 52. 55 48. 17 50. 14 14,118 17,839 31,957 7,108 8,363 15,471 50. 35 46. 88 48. 41 50,799 57,014 107,813 24,538 26,673 51,211 48. 30 46. 78 47. 50 29,205 35,204 64,409 14,400 15,579 29,979 49. 31 44. 25 46. 54 38,374 38,957 77,331 17,032 16,899 33,931 44. 38 43. 38 43. 88 74,547 84,031 158,578 37,499 39,422 76,921 50. 30 46. 91 48. 51 57,061 63,743 120,804 29,001 29,246 58,247 50. 82 45. 88 48. 22 105,920 116,814 222,734 50,008 53,122 103,130 47. 21 45. 48 46. 30 市 計 538,185 612,400 1,150,585 270,734 288,973 559,707 50. 31 47. 19 48. 65 在外選挙人の投票の状況 衆議院小選挙区選出議員選挙における行政区別投票者数(在外選挙人) 行政区 当日有権者数 投票者数 投票率 男 女 計 男 女 計 男 女 計 北 区 40 57 97 10 14 24 25. 00 24. 56 24. 74 上京区 37 52 89 7 13 20 18. 92 25. 00 22. 47 左京区 108 118 226 31 25 56 28. 70 21. 19 24. 78 中京区 43 57 100 8 17 25 18. 60 29. 82 25. 00 東山区 26 28 54 5 3 8 19. 23 10. 71 14. 81 山科区 30 33 63 4 8 12 13. 33 24. 24 19. 05 下京区 38 35 73 6 3 9 15. 79 8. 57 12. 33 南 区 27 28 55 6 6 12 22. 22 21. 43 21. 82 右京区 48 66 114 6 13 19 12. 50 19. 70 16. 67 西京区 45 52 97 13 12 25 28. 89 23. 08 25. 77 伏見区 75 76 151 12 14 26 16. 00 18. 42 17. 22 市 計 517 602 1,119 108 128 236 20. 89 21. 26 21.

次の

衆議院解散はいつ?2020年総選挙日推測!

衆議院議員総選挙 2020

選挙特設ページ• 2020年7月5日投開票 都知事選のニュースはこちら。 2019年7月21日投開票 ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的に• 2019年4月 亥年選挙がスタート。 候補者の顔ぶれや開票速報、企画連載も。 2017年10月22日投開票 自民、公明両党で定数の「3分の2」を維持し、与党が大勝。 2017年7月2日投開票 小池氏支持勢力が過半数、自民は過去最低を大きく下回る23• 2016年7月31日投開票 小池百合子氏が増田氏や鳥越氏ら破り、女性初の都知事に• 2016年7月10日投開票 憲法改正に前向きな「改憲勢力」、参院全体で3分の2を超す• 2015年11月22日投開票 大阪知事に松井氏、大阪市長は吉村氏。 ともに「大阪維新の会」公認• 2015年4月 投票率、各地で最低更新 無投票も増加、空洞化示す• 2014年12月14日投開票 自公大勝、3分の2維持 「アベノミクス」継続へ• 2014年2月9日 舛添要一氏が細川護熙元首相らを破る• 2013年7月21日 自公が圧勝、過半数を獲得。 衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消• 2013年6月23日投開票 自公が全員当選、民主は第4党に転落• 2012年12月16日投開票 自公320議席超、民主は壊滅的敗北。 安倍政権が誕生• 2012年12月16日投開票 石原氏が突然の降板 都知事選に猪瀬直樹氏が初当選.

次の