ぐ で たま さんぽ。 さんぽ道 (家庭料理の店 さんぽ道)

[三つ子まみれな毎日#107] 三つ子とおさんぽクエスト| たまひよ

ぐ で たま さんぽ

8kg) 名の由来 猫らしい名前をというところから。 公式サイト たま駅長(たま えきちょう)とも呼ばれる たま(〈11年〉 - 〈平成27年〉)は、平成時代のにいたの一。 (に所在する、のの一つ)ので飼われるうちに的位置づけのとなったので、やがて正式な「」というを持つ貴志駅の(変わり種駅長、猫の駅長)になり、世界的に知られるまでになった。 今では同駅の名誉永久駅長となっている。 (平成19年)に和歌山電鐵から正式に駅長に任命されたことで話題を呼んだ。 その主な業務は「客招き」であり、貴志駅の集客のみならず、にの猫ブーム「 」を招来したとされる。 任期はなくであり、はとしての1年分であった。 乗客数の増加・観光へのアピールへの功績から、同社からは「 スーパー駅長」(後に「 ウルトラ駅長」に昇進)・「 和歌山電鐵社長代理」の肩書きを、和歌山県からは「 和歌山県勲功爵( わかやま で ナイト)」「 和歌山県観光招き大明神」などの称号を与えられている。 たまの登場が火付け役となり、空前の猫ブームが招来され、ネコ専門のサイトが開設されたり 、からの4年間で飼い猫の頭数が30万匹増え987万匹となり、近いうちに飼いの頭数を抜くだろうと予測されるなど社会現象ともなり前述の「 」なるも生まれた。 たまは同駅の売店である小山商店(こやましょうてん)の飼い猫である。 同居する雌猫のちび(2000年〈平成12年〉5月12日 - 生死不明)と、たまの母親である ミーコ(〈平成10年〉 - 〈平成21年〉) もに就任した。 このうちミーコは死んだ後の7月26日に「永久助役」とされた。 生い立ち [ ] たまの母猫であるミーコは元々、時代の貴志駅舎南側にあった倉庫内の作業員詰め所で飼われていた。 一駅隣ので生まれたという。 やがてミーコは貴志駅で4匹の子猫を出産し、そのうちの1匹が三毛であった。 兄弟達のうち1匹は死んでしまい、他の2匹は新しい飼い主に貰われていったが、一番性格のおっとりしたおとなしい三毛の子は「たま」と名付けられて、ミーコと一緒に小山商店で飼われるようになった。 ちびは生後間もない頃に駅前に捨てられていたのを拾われ、たまが母親代わりとなって育てていた。 たま達は売店と倉庫の間に作られた猫小屋で飼われるようになり、昼間は売店の前で過ごすようになった。 近所の人たちや駅の利用客にかわいがられるいわば「駅のアイドル」であった。 ちび、白い足が特徴 駅長就任の経緯 [ ] 、貴志川線を運営していた南海電鉄が赤字解消が困難なことを理由に路線廃止を表明したが、を中心に公共交通事業を行っているが経営を引き継ぐこととなり、同グループのの子会社として「和歌山電鐵」が設立された。 この経営移管に際して、路線や駅の敷地は南海の社有地から(現在の)の公有地となり、倉庫は取り壊して駐輪場に、倉庫と駅舎の間はホームへの公道として整備されることになったため、そこに置かれていたたま達の猫小屋は立ち退きを迫られることとなった。 困った飼い主がに和歌山電鐵の開業記念式典を終えた後の社長(両備グループ代表と兼務)に「猫たちを駅の中に住まわせてもらえないか」と相談した。 小嶋自身は自宅では長い間を飼っていたこともあって猫よりもむしろ犬好きであったが、このとき「たまちゃんと目があった瞬間、ピカッとたまちゃんの駅長姿が頭にひらめきました」 「実に立派で、キラキラしていました。 今の日本人にもない目だと」「神様から使わされた鉄道の救世主」 と、たまにほれ込んだ小嶋の発案によって、「」になって欲しいとの願いを込めて、それ以前から駅の利用者に親しまれていたたま達を駅長などに任命することになった。 これは和歌山電鐵移管後に合理化のために貴志駅を化したことも背景にある。 猫に駅長をした例はのでは初である。 さらにには、たまは「 ウルトラ駅長」に昇進、全ての駅長を統括する職となった。 駅長勤務 [ ] 改札口と2008年4月に設置された駅長室、駅舎建て替えのため2010年2月9日に解体 駅長・助役への任命に際しては3匹それぞれに正式な委嘱状が交付され、たまには特製の駅長帽と金色の名札も支給されている。 帽子は(人間の)社員が使っている物を小ぶりにしたもので、社内では唯一帽子に金色の線が入っている。 小さ過ぎて作るのが難しく、完成までに半年余り掛かったという。 2008年7月には夏用の制帽も支給されている。 金色の名札は2007年10月10日に何者かに持ち去られたのか紛失してしまったが、このことを知った動物カメラマンから新たに手製の名札が贈られ、金色の名札が再支給されるまでの間代わりに身に付けていた。 たま駅長たちの勤務日は月曜から土曜日で祝日も勤務しており、基本的に昼間の勤務となる(時間は季節によって変化有り)。 また、「」のテープカットや利用促進のための「貴志川線祭り」などのイベントで等に出張したこともある。 たまは大人しく、駅長就任から1年ほど経つ頃には堂々と風格が出てきたとも評されている。 ミーコは人懐こい性格で、生前はしばしば娘のたまに代わって乗降客に愛嬌を振りまいていた。 ちびは人見知りする性格で猫小屋にこもっていることが多い。 2007年5月11日にはちびが専用ケージから脱走して行方不明となる事件も起こったが、5月16日5時頃駅に戻って来た所を乗客が発見し、保護された。 2009年7月20日、ミーコ助役は体調を崩して亡くなった。 が明けたに「永久助役」となった。 四十九日が明けた同年9月6日に両備グループのホームページにて公表された。 話題作りと表彰 [ ] 2010年8月には、駅舎も猫をモチーフにした「たま駅舎」に改築された。 たま駅長就任の話題は多数のテレビニュースや新聞でも取り上げられ、たま駅長目当ての乗客が日本各地から和歌山電鐵に乗車して貴志駅を訪れるようにもなった。 同時期にインターネット上で注目を集めた「」など話題となる猫が多かったこともあって、テレビ番組や雑誌などで特集が組まれることもあった。 加えて、たまが両足をそろえると前脚の模様が型に見え、これを見たら幸せになれるというのも話題を呼んだ。 さらには和歌山県を巡るパッケージツアーの一部として「」や「おもちゃ電車」と合わせてたま駅長訪問が組み入れられるようにもなった。 大学院の教授は、2007年1月の就任以来の1年間でたま駅長による和歌山県への観光客増加などによる経済波及効果が11億円に達したとする研究結果を発表した。 このことから2007年春の開業1周年記念式典にて同社から「スーパー駅長賞」が、2007年12月には両備グループにおける「トップランナー制度」に基づく「トップランナー賞・客招き部門」が贈られている。 ちなみにトップランナー賞のご褒美は猫じゃらしのおもちゃ、年末手当はのスライスである。 さらには貴志川線の知名度と乗客数・売上を向上させたことから、たまは就任1周年の2008年1月5日をもって駅長から「スーパー駅長」(課長職相当)に昇進した。 昇進に際しては地元住民など約300人が集まって大々的な式典が執り行われ、新たに青地に金の「S」が入った名札が交付された。 同年4月20日には閉鎖された窓口跡を利用して「駅長室」が設置された。 駅長室のデザインは「いちご電車」や用など鉄道車両・施設のデザインを手がけているによる。 この一連の活動に対して和歌山電鐵にも、人と動物との共生のための活動を行っている「Knots」から人と動物との共生に尽力する企業へ贈られる「2006年度りぶ・らぶ・あにまるず賞グランプリ」が贈られている。 また2008年10月28日には和歌山県の魅力を全国に発信した功績により、県知事から「和歌山県勲功爵」(貴志と号の洒落)の称号を贈られた。 日本国外からの観光客も訪れたりを初めとした日本国外のメディアでも取り上げられるなど、海外でも話題を呼んでいる。 さらに2010年には駅長就任3周年を祝し、また就任以来の3年間における業績が評価されたことから、たまは執行役員への昇進が決まった。 2010年1月3日に貴志駅において就任式が開かれた。 役員報酬は貴志駅の新駅舎とされ、同社公式サイト内にある会社概要ページでは、実際に執行役員として役員一覧に名を連ねている。 2010年8月4日には、開業以来の旧駅舎に変わって猫をモチーフにした貴志駅の新駅舎「たまミュージアム貴志駅」が完成した。 の屋根にはと「TAMA」の飾りが取り付けられている。 2011年1月5日、駅長就任4周年記念式典において、小嶋社長いわく「たま駅長の神業の活躍」に対して仁坂知事より「和歌山県観光招き大明神」の称号が贈られた。 同時に海外の客招きのために「国際客招き担当役」も発令された。 同年1月6日にはたまは常務執行役員に昇進している。 これは社長・専務に次ぐナンバー3に当たる。 2013年1月5日、駅長就任6周年記念式典で、和歌山電鉄ナンバー2の社長代理に出世した。 繰り返し訪れる熱心なファンも多く、売店内にはファンから贈られた写真などが飾られている。 中にはの招き猫メーカーから贈られた、たま駅長をモデルに作られた陶器製の招き猫もある。 2013年4月30日、たまの古希を祝うイベントが開催された。 高齢のため、同日から祝日を除く毎週火曜日、水曜日、木曜日のみの出勤(後に金曜日も出勤日になる)になる。 死去とその後 [ ] 2015年5月19日からのためしていたが、復帰することなく同年6月22日にのために遠い旅に出た。 同月28日に和歌山電鐵主催の形式によるが貴志駅構内で営まれ、社長の小嶋光信が弔辞を捧げ、たまに「名誉永久駅長」の称号を追贈した。 「たま」の死後、和歌山電鐵は貴志駅に鎮座する神社の一つについて「たま神社」と命名し、2015年8月11日に社長の小嶋、()らが参列してたま神社の宮開き神事を執り行うと共に、神社に「たま」の銅像2体を設置した。 また、これと前後する格好で、同年7月22日から8月13日まで、全線に於いて「たま」を追悼する特別仕立ての電車を運行させた。 この電車は「たま電車」車両(後記参照)を使い、車内の広告掲出箇所(窓上と中吊り部)に在りし日の「たま」をとらえた写真28枚を掲出したものとなっていて、運行初日(7月22日)には岡山市中区に所在する車庫内でセレモニーを挙行、招待された地元保育園児達が早速乗り込んで歓声を上げていた。 「たま」の死は、生前と同様、海外メディアに於いても相次いで報じられた。 死後2日経った6月24日にやなどの中国・韓国系メディアが伝えたことを皮切りに、翌25日にはイギリスやアメリカなどのテレビ局やAFPやAP通信などの通信社、や、、等の有力紙に於いても報じられた。 さらにはや、などの主要メディアが6月28日に営まれた「たま」の葬儀の模様も交えつつ報じた。 死後7ヶ月余り経過した2016年2月2日、和歌山県は、生前の「たま」が残した功績を同県として永く称えるべく、急遽創設した「和歌山殿堂」の第1号として殿堂入りさせることを決めた。 これに先立ち、同年2月16日の午前中にそのレリーフの除幕式を挙行、同式に於いて和歌山電鐵社長・小嶋に対するレリーフのレプリカ贈呈も行われることになっている。 たまの生誕18周年となる4月29日には、日本および世界の11の国・地域のが、たま駅長仕様になった。 駅長代行「ニタマ」の「たまII世駅長」襲名 [ ] ニタマ(左)とたま 2012年1月5日、駅長就任5周年記念式典において、新たに 「 ニタマ」に対して「貴志駅長代行兼伊太祈曽駅長」に任命する辞令が交付された。 ニタマは仔猫だった前年春頃に、両備グループの地元である岡山市内の国道沿いで交通事故に遭いそうになっていたところを保護され、三毛猫 縞三毛 という縁から和歌山電鐵の親会社である岡山電気軌道に譲られ、そこで人好きな性格をかわれて駅長見習いに抜擢された。 ニタマという名前は「たまに似た二番目の駅長猫」という意味が込められている。 土曜日、日曜日、祝日などたまが貴志駅を休む時には「貴志駅長代理」を務めることになる。 同年2月18日には伊太祈曽駅にも猫用駅長室が作られて平日(水、木は除く)はそこで勤務する。 なお、たまの「 ウルトラ駅長」昇進に伴い、ニタマが「 スーパー駅長」の地位を引き継いで昇進している。 2015年8月10日のたまの50日祭を機に、翌8月11日には「 たまII世駅長」を襲名し、ニタマは通称となることが発表された。 2019年1月5日、「 マネージャー駅長」(部長職相当)に昇進。 伊太祈曽駅駅長見習い「よんたま」 [ ] 2017年1月7日、三毛猫の「 よんたま」がニタマの貴志駅駅長就任で空いていた伊太祈曽駅の「駅長見習い」に任命された。 よんたまは2015年4月20日、一週間前に飼い犬を亡くした和歌山市内の女性の家に、まだ目の見えない仔猫の状態で母猫に置いていかれた猫である。 なお、駅長見習いの候補には岡山にいる「SUNたまたま」(後述)もいたが、親代わりの両備グループの広報担当者がSUNたまたまを可愛がって「この子は手放しません。 岡山に置きます」と手放さなかったために、よんたまが駅長見習いに就任することになった。 2018年1月5日、三毛猫の「 よんたま」が伊太祈曽駅の「駅長」に昇格。 2019年1月5日、「 スーパー駅長」に昇進。 勤務日 [ ]• 貴志駅での勤務時間は10:00 - 16:00、曜日により公休を設けている。 < >内は祝日で、ない場合は平日と同様。 2013年以降、たまの高齢化に伴いニタマが貴志駅長代行を務め、たまは非常勤となる。 2015年のたま死去後、ニタマが「たまII世」を襲名し、貴志駅に常勤。 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜 2007年1月5日 - 2012年1月4日 たま たま たま たま たま たま 不在 2012年1月5日 - 2013年4月29日 たま たま たま たま たま たま ニタマ 2013年4月30日 - 2014年 不在 たま <不在> たま <不在> たま <不在> 不在 ニタマ ニタマ 2014年 - 2015年6月 不在 <ニタマ> たま たま たま たま ニタマ ニタマ 2015年6月 - 2015年8月 不在 ニタマ ニタマ 不在 ニタマ ニタマ ニタマ 2015年9月 - 2017年12月 たまII世 たまII世 不在 不在 たまII世 たまII世 たまII世 2018年1月 - たまII世 たまII世 よんたま よんたま たまII世 たまII世 たまII世 マスコット「スーパー駅長たま」 [ ] 左:TAMA-VAN 右:「がんばれ宮崎!」ラッピング 2009年3月22日にはいちご・おもちゃ両電車に続くリニューアル車第3弾「スーパー駅長たまちゃん電車」、略して「」がお披露目された。 この電車の車体には様々なポーズのたまのイラストが描かれるなどたまづくしの電車になっており、「たま電車サポーター」として広告費の形での改装費の寄付を募っている。 現在は他の電車と共に貴志川線を一日あたり6 - 13往復している。 また2009年4月30日には同じ両備グループである岡山県の路面電車、にもたま電車が登場した。 2010年4月7日には、両備ホールディングスの両備観光大阪カンパニー(現:両備バス関西カンパニー)に、たま電車と同じデザインを施した・「たまバス」 も登場している。 2010年9月11日から2011年1月31日までの期間限定で、(JR九州)のに「がんばれ宮崎!」ラッピングとして、たま駅長が登場した。 そのうち、9月11日から26日までの土日祝日には、として、 - 間を1日1往復する。 これは、デザイナーの水戸岡が両社の列車デザインを手がけていることによって実現したコラボレーションである。 2012年3月27日には、両備グループのバスのに新たに水戸岡がデザインした「たまバス」が2台登場。 これまでのたま電車・たまバスとは違い青を基調にしたデザインで、前面上部に「」が付いたデザインになっている。 2018年9月7日には、両備ホールディングスの両備バスカンパニーに、両備バス関西カンパニーから転用した・「たまバス」 が「」に登場している。 来訪者によるトラブル [ ] たま駅長がテレビ番組などで知られるようになったことで貴志駅を訪れる乗客も増えた一方で、ローカル線の利用促進など乗客数・収益の改善のためのものであるにもかかわらず自動車で駅前に乗り付けたり 、中には飼い犬などを無理矢理引き合わせてたま駅長らをパニックに追い込んだり、さらには貴志駅に捨て猫を置いてゆく などといったトラブルを起こす者が出現し、問題となった。 関係者によるブログ「貴志川線応援ブログ」(参照)や和歌山電鐵では、2014年当時以下のような注意を出していた。 公休日でもイベントなどで短時間「休日出勤」していることはある。 年末年始など売店休業日や荒天時も休みとなる。 臨時出勤日や臨時休業日については、和歌山電鐵の公式サイトや「貴志川線応援ブログ」を参照。 駅長室で寝ている駅長をガラスを叩いて起こすなど大きな音をたてる行為は、ストレスを与えるので、行ってはならない。 当駅には駐車場など車を止める場所はない。 和歌山電鐵では乗用車で駅長に会いに訪れる際にはまたは周辺の駐車場を利用し、貴志川線に乗車するよう案内している。 写真撮影は自由だがストロボ(フラッシュ)を点灯させると駅長たちの目を痛めてしまうので、撮影の際はストロボを点灯させないこと。 猫は犬など他の動物に近づかれるとパニックを起こすので、連れて行ってはならない。 健康管理に影響を及ぼすため、食べ物を差し入れてはならない。 猫じゃらしとして近づけたをとして食べて吐いてしまうのでこれも差し入れてはならない。 メディア露出 [ ] 写真集 [ ] たま達の仕事ぶりを収めた『たまの駅長だより 〜いちご電車で会いにきて〜』が、2007年9月26日に発売された。 1年後の2008年9月26日には第2弾となる『たまのスーパー駅長だより 〜夢列車に愛をのせて〜』、また2009年9月25日には第3弾の『駅長たま 〜三毛猫たま、電車になる〜』が発売されており、いずれも発売元は、発行元はホーム社である。 詳細はを参照。 小山商店では写真集を持参ないし購入した者のうち希望者に対し、たまの手形ならぬ(前足)肉球形の特製スタンプを押している。 漫画 [ ] たまの活動が、オール読み切りの猫マンガ雑誌、「ねこぷに 2周年カンパイ号」(2009年4月27日発売、刊)で、の「ばす駅長」とともに漫画となる。 DVD [ ] たまの仕事風景などを収録した『たまはスーパー駅長 〜いちごの風にのって〜』が制作され、2008年9月26日に全国発売された。 小山商店と和歌山電鐵では9月20日に先行発売されており、4月20日に竣工した駅長室の改装費用は、このDVDへの出演料によってまかなわれた。 発売元は株式会社ツインであり、販売元はジェネオン エンタテインメント(2010年現在・合同会社)である。 2009年7月24日には、第2弾となるDVDの『たまとたま電車』が発売されている。 内容は最新の仕事風景や、3月21日にデビューした「たま電車」の解説が収録されており、映像特典の全線をたま電車の運転席から撮影した映像や、特典のポストカード2枚組も付属する。 発売元および販売元は第1弾のDVDと同一である。 映画 [ ] たまは、人間社会の中における猫を取り上げたのドキュメンタリー映画である『ネコを探して』(仏題:La voie du chat)に、日本の猫および職業を持った猫として出演した。 ドキュメンタリー映画の監督であるミリアム・トネロット(講師)が、たまの勤務風景を動画サイトで見たことから、出演を要請したものであり、2008年5月に貴志駅で撮影が行われた。 このドキュメンタリー映画はほかに、の影響を受けた猫や、アメリカ・ので患者の死期を予知する猫として知られる、ドイツで首からカメラをぶら下げて歩きながら写真を撮る猫のリーが登場している。 日本の映画では、2008年に公開された『』に特別出演した。 による4コマギャグ漫画を元にした実写映画であり、劇中においてラーメン店を経営する主人公の猫が、食材を求めて全国を旅する途中に、たまの元へ立ち寄る場面において登場している。 テレビ放送 [ ] スポット番組 [ ] は2009年、県内向けに独自放送する終了啓発スポット番組にたまを起用した。 2本制作されており、県外向けにも向けスポット番組とともにNHK本体が「NHKデジタル」サイトの中で動画配信された。 2010年には当時の局長が絡んだ新作も登場(駅舎改築前に収録)した。 こちらは和歌山局サイトで旧作とともに公開されている。 バラエティ番組 [ ] 2015年5月18日にで放送された『』の番組内企画「外国人が集める意外な場所を調査した件」の中で「たま」が駅長を務めていることがとり上げられ、「たま」が廃止寸前だった貴志川線を救ったというエピソードに海外メディアからの取材が殺到、年間6万人以上の外国人観光客が訪れるに至ったことが紹介された。 たま死去後の2015年9月2日にで放送された『』にて、「たま」の生い立ちから葬儀までの経緯が紹介された。。 CM [ ] 2012年7月16日より、(アフラック)の「もっとやさしいEVER」のコマーシャルにとともに出演した。 関連商品 [ ] 和歌山電鐵ではや、、といった「たま駅長グッズ」を「いちご」・「おもちゃ」両電車グッズと併せて販売している。 和歌山電鐵本社がある伊太祈曽駅(9:00 - 17:30。 年中無休)と、和歌山電鐵の公式サイト内のオンラインショップにおいて購入可能である(公式にはアナウンスされていないが、たま駅長グッズに限っては小山商店でも販売されている)。 以前は和歌山駅貴志川線ホームでも販売されていたが現在は扱っていない。 が発売している鉄道に関わる女性をモデルとしたトレーディング「」第5弾(2008年1月末発売)には和歌山電鐵の姿の「」が加わっており 、その頭にたま駅長が乗っている。 このシークレット版ではたま駅長の代わりにねこじゃらしと駅長帽をかぶったミーコ助役とじゃれる姿になっている。 2011年4月1日から、両備グループが岡山、両備グループ経営のスーパーと娯楽施設、ポイント制度に加盟した岡山県内の個人経営などのいろいろな業種の店と提携した「たまルンカード」 がスタートした。 カードのデザインは、たま電車などに描かれているのと同じたま駅長のキャラクターである。 なお、名古屋鉄道で2011年2月11日より行なっている、ポイントサービス「名鉄たまルン」とは関連性はない。 また、2014年6月1日には、JR西日本岡山支社と両備グループの提携4年目記念と、岡山の地域ポイントサービス「たまルン」との提携開始記念のが発売された。 たま駅長とデザイン(岡山県内およびの24箇所で発売、3万枚)。 関連の「猫役員」 [ ] 和歌山電鐵が属する両備グループでは、たまやニタマ以外にも内のにおいて、安全管理夜回り役として「トランス」と「ポート」の2頭の猫が任命されている。 2頭には2009年2月に事故を激減させた功績により安全管理部門トップランナー賞が贈られた。 トランスが死去したため現在はポートのみが安全管理夜回り役となっている。 の「たま電車」にある和歌山応援館・館長代理としては猫の「SUNたまたま」がおり、2015年のたま死去後、後継駅長候補に挙がっていた。 2016年12月21日にオープンした「」には「SUNたまたま」の後輩である「美宇(ミュー)」が常駐猫社員となった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 生年月日の記述は『たまの駅長だより』による。 [ ]• 和歌山県には元々、同県の発展に貢献し県民から尊敬を集めた人物を顕彰する「名誉県民」制度が存在するが、「たま」のような人間以外の生き物を対象とする顕彰制度は存在しなかった。 そんな中、同県では「たま」を「和歌山全体の救世主のような猫」と称え、死後8日経った2015年6月30日に開いた記者会見の席上で「県民栄誉賞」を創設し「たま」に贈ることを検討していることを表明していた。 しかし既に死んでいること等を勘案、最終的には、「野球殿堂」に倣う形で、対象を「和歌山の名声を広め、和歌山県民に希望と活力を与える等、多くの功績を残した人物と動物」とした「和歌山殿堂」を創設、その第1号として「たま」を殿堂入りさせることで決着した。 名前はとミーコ助役にちなむ。 出典 [ ]• 47NEWS. 2015年6月24日. の2015年6月24日時点におけるアーカイブ。 , p. 2016年2月15日. 2016年2月17日時点のよりアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 四国新聞社. 2007年1月5日. の2019年2月11日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 , pp. 26-48. , pp. 50-51. , p. 両備グループ 2008年1月5日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 『』2017年5月1日掲載の小嶋光信インタビュー• , pp. 77-86. 両備グループ 2007年1月5日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 , p. 和歌山電鐵 2014年1月5日. 2015年6月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 , pp. 92-93. たまちゃん 猫駅長就任1周年記念Special」『』、、2008年2月、 4-12頁。 両備グループ 2008年7月20日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 両備グループ 2009年9月6日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 , pp. 119-122。 ここでは「結婚できた」「6年越しの不妊治療が実を結んだ」などといった例が紹介されている。 読売新聞. 2007年6月10日• MSN産経ニュース. 2008年10月3日. の2008年10月6日時点におけるアーカイブ。 両備グループ 2007年12月5日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 両備グループ 2008年4月20日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 NPO法人Knots. 2007年10月20日閲覧。 , pp. 122-123. 両備グループ 2008年10月28日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 和歌山県ホームページ 2008年10月21日. 2015年8月11日閲覧。 西松 2009 、p. 122。 MSN産経ニュース. 2008年4月23日. の2008年5月6日時点におけるアーカイブ。 2016年2月7日閲覧. "全2頁中1頁目。 両備グループ 2010年1月3日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 和歌山電鐵株式会社 2010年2月18日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2010年2月9日, at the. 和歌山電鐵株式会社 2011年1月5日. 2015年7月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2011年1月5日. 2015年8月11日閲覧。 読売新聞. 2013年1月5日 ()• MSN産経ニュースWEST. 2013年1月5日 ()• 読売新聞. の2013年5月2日時点におけるアーカイブ。 2013年5月2日閲覧。 NHK. 2015年6月24日. の2015年6月24日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 、、2015年6月28日放送。 - NHK NEWSWEB 2015年6月28日《2016年2月13日閲覧;現在はインターネット・アーカイブ内に残存》• 和歌山電鐵株式会社 2015年6月28日. 2015年8月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 読売新聞. 2015年8月11日. の2015年8月12日時点におけるアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2015年7月22日. の2015年7月24日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 相庭烈 2015年7月6日. NewSphere(ニュースフィア). 2016年2月6日閲覧。 読売新聞. 2016年2月3日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 2015年7月1日. の2015年7月4日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 平畑玄洋 2016年2月2日. 朝日新聞. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 和歌山放送. 2016年2月2日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 紀伊民報. 2016年2月2日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 わかやま新報. 2016年2月2日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 和歌山電鐵株式会社 2017年4月30日. 2017年4月30日閲覧。 ありふれた柄であり雄の希少性もない。 和歌山電鐵 2012年1月5日. 2015年7月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2015年7月1日, at the. 和歌山電鐵ホームページ• 毎日新聞. 2012年1月5日 ()• 和歌山電鐵 2015年8月10日. 2015年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月12日閲覧。 『』2017年5月1日掲載の小嶋光信インタビュー [ ]• 公式サイト「代表メッセージ」 2017年1月7日. 2017年3月7日閲覧。 産経WEST. 2018年1月6日. の2018年1月7日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 sippo. 朝日新聞社 2018年1月9日. 2019年2月11日時点のよりアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 産経WEST. 2019年1月6日. の2019年1月6日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 朝日新聞. 2010年8月1日. の2010年8月7日時点におけるアーカイブ。 2010年8月7日閲覧。 「電車に乗って猫駅長に会いに来て」『NEKO』、ネコ・パブリッシング、2009年4月、 12-27頁。 両備グループ. 2008年10月18日. の2008年12月11日時点におけるアーカイブ。 読売新聞. 2009年3月21日 ()• 毎日新聞. 2009年3月21日• 両備グループ 2009年4月30日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 - 岡山電気軌道Webサイトより《2016年2月13日閲覧》• 2015年8月11日閲覧。 鉄道ホビダス. 2010年9月6日. 2019年2月12日閲覧。 両備グループ 2012年3月27日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2018年9月13日. 2018年9月24日閲覧。 毎日新聞. 2009年8月29日 ()• 西松 2009 、pp. 117-119。 毎日新聞. 2008年10月22日 ()• 『たまのスーパー駅長だより』• 2008年12月9日, at the. 和歌山電鐵• [ ]• 2009年4月15日, at the. 株式会社ツイン 2008年9月24日閲覧• [ ]• [ ]• MSN産経ニュース ()• 両備グループ. 2008年5月16日. の2008年11月9日時点におけるアーカイブ。 公式サイト 2009年1月1日閲覧• TVでた蔵. 2015年5月18日. 2016年2月6日閲覧。 com テレビ紹介情報. ワイヤーアクション 2016年9月2日. 2016年6月19日閲覧。 2012年7月19日, at the. トミーテック. 2015年8月11日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2014年5月20日 , 2014年5月22日閲覧。 両備グループ 2009年2月22日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 両備グループ 2009年12月19日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 和歌山電鐵株式会社 2015年8月10日. 2015年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月1日閲覧。 2016年10月17日. の2016年10月17日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 sippo. 朝日新聞社 2018年2月1日. 2019年2月11日時点のよりアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 西松宏『猫のたま駅長 ローカル線を救った町の物語』ハート出版、2009年。 関連書籍 [ ]• 坂田智昭(写真)『たまの駅長だより 〜いちご電車で会いに来て〜』ホーム社(発行)・集英社(発売)、2007年。 坂田智昭(写真)『たまのスーパー駅長だより 〜夢列車に愛をのせて〜』ホーム社(発行)・集英社(発売)、2008年。 坂田智昭(写真)『駅長たま 〜三毛猫たま、電車になる〜』ホーム社(発行)・集英社(発売)、2009年。 『日本一のローカル線をつくる: たま駅長に学ぶ公共交通再生』、2012年。 小嶋光信『ねこの駅長たま びんぼう電車をすくったねこ』、2016年。 関連項目 [ ]• - 2013年3月に和歌山電鐵の親会社である両備グループが採用した、バーチャル社員 外部リンク [ ]• 和歌山電鐵公認。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の

さんぽ道 (家庭料理の店 さんぽ道)

ぐ で たま さんぽ

8kg) 名の由来 猫らしい名前をというところから。 公式サイト たま駅長(たま えきちょう)とも呼ばれる たま(〈11年〉 - 〈平成27年〉)は、平成時代のにいたの一。 (に所在する、のの一つ)ので飼われるうちに的位置づけのとなったので、やがて正式な「」というを持つ貴志駅の(変わり種駅長、猫の駅長)になり、世界的に知られるまでになった。 今では同駅の名誉永久駅長となっている。 (平成19年)に和歌山電鐵から正式に駅長に任命されたことで話題を呼んだ。 その主な業務は「客招き」であり、貴志駅の集客のみならず、にの猫ブーム「 」を招来したとされる。 任期はなくであり、はとしての1年分であった。 乗客数の増加・観光へのアピールへの功績から、同社からは「 スーパー駅長」(後に「 ウルトラ駅長」に昇進)・「 和歌山電鐵社長代理」の肩書きを、和歌山県からは「 和歌山県勲功爵( わかやま で ナイト)」「 和歌山県観光招き大明神」などの称号を与えられている。 たまの登場が火付け役となり、空前の猫ブームが招来され、ネコ専門のサイトが開設されたり 、からの4年間で飼い猫の頭数が30万匹増え987万匹となり、近いうちに飼いの頭数を抜くだろうと予測されるなど社会現象ともなり前述の「 」なるも生まれた。 たまは同駅の売店である小山商店(こやましょうてん)の飼い猫である。 同居する雌猫のちび(2000年〈平成12年〉5月12日 - 生死不明)と、たまの母親である ミーコ(〈平成10年〉 - 〈平成21年〉) もに就任した。 このうちミーコは死んだ後の7月26日に「永久助役」とされた。 生い立ち [ ] たまの母猫であるミーコは元々、時代の貴志駅舎南側にあった倉庫内の作業員詰め所で飼われていた。 一駅隣ので生まれたという。 やがてミーコは貴志駅で4匹の子猫を出産し、そのうちの1匹が三毛であった。 兄弟達のうち1匹は死んでしまい、他の2匹は新しい飼い主に貰われていったが、一番性格のおっとりしたおとなしい三毛の子は「たま」と名付けられて、ミーコと一緒に小山商店で飼われるようになった。 ちびは生後間もない頃に駅前に捨てられていたのを拾われ、たまが母親代わりとなって育てていた。 たま達は売店と倉庫の間に作られた猫小屋で飼われるようになり、昼間は売店の前で過ごすようになった。 近所の人たちや駅の利用客にかわいがられるいわば「駅のアイドル」であった。 ちび、白い足が特徴 駅長就任の経緯 [ ] 、貴志川線を運営していた南海電鉄が赤字解消が困難なことを理由に路線廃止を表明したが、を中心に公共交通事業を行っているが経営を引き継ぐこととなり、同グループのの子会社として「和歌山電鐵」が設立された。 この経営移管に際して、路線や駅の敷地は南海の社有地から(現在の)の公有地となり、倉庫は取り壊して駐輪場に、倉庫と駅舎の間はホームへの公道として整備されることになったため、そこに置かれていたたま達の猫小屋は立ち退きを迫られることとなった。 困った飼い主がに和歌山電鐵の開業記念式典を終えた後の社長(両備グループ代表と兼務)に「猫たちを駅の中に住まわせてもらえないか」と相談した。 小嶋自身は自宅では長い間を飼っていたこともあって猫よりもむしろ犬好きであったが、このとき「たまちゃんと目があった瞬間、ピカッとたまちゃんの駅長姿が頭にひらめきました」 「実に立派で、キラキラしていました。 今の日本人にもない目だと」「神様から使わされた鉄道の救世主」 と、たまにほれ込んだ小嶋の発案によって、「」になって欲しいとの願いを込めて、それ以前から駅の利用者に親しまれていたたま達を駅長などに任命することになった。 これは和歌山電鐵移管後に合理化のために貴志駅を化したことも背景にある。 猫に駅長をした例はのでは初である。 さらにには、たまは「 ウルトラ駅長」に昇進、全ての駅長を統括する職となった。 駅長勤務 [ ] 改札口と2008年4月に設置された駅長室、駅舎建て替えのため2010年2月9日に解体 駅長・助役への任命に際しては3匹それぞれに正式な委嘱状が交付され、たまには特製の駅長帽と金色の名札も支給されている。 帽子は(人間の)社員が使っている物を小ぶりにしたもので、社内では唯一帽子に金色の線が入っている。 小さ過ぎて作るのが難しく、完成までに半年余り掛かったという。 2008年7月には夏用の制帽も支給されている。 金色の名札は2007年10月10日に何者かに持ち去られたのか紛失してしまったが、このことを知った動物カメラマンから新たに手製の名札が贈られ、金色の名札が再支給されるまでの間代わりに身に付けていた。 たま駅長たちの勤務日は月曜から土曜日で祝日も勤務しており、基本的に昼間の勤務となる(時間は季節によって変化有り)。 また、「」のテープカットや利用促進のための「貴志川線祭り」などのイベントで等に出張したこともある。 たまは大人しく、駅長就任から1年ほど経つ頃には堂々と風格が出てきたとも評されている。 ミーコは人懐こい性格で、生前はしばしば娘のたまに代わって乗降客に愛嬌を振りまいていた。 ちびは人見知りする性格で猫小屋にこもっていることが多い。 2007年5月11日にはちびが専用ケージから脱走して行方不明となる事件も起こったが、5月16日5時頃駅に戻って来た所を乗客が発見し、保護された。 2009年7月20日、ミーコ助役は体調を崩して亡くなった。 が明けたに「永久助役」となった。 四十九日が明けた同年9月6日に両備グループのホームページにて公表された。 話題作りと表彰 [ ] 2010年8月には、駅舎も猫をモチーフにした「たま駅舎」に改築された。 たま駅長就任の話題は多数のテレビニュースや新聞でも取り上げられ、たま駅長目当ての乗客が日本各地から和歌山電鐵に乗車して貴志駅を訪れるようにもなった。 同時期にインターネット上で注目を集めた「」など話題となる猫が多かったこともあって、テレビ番組や雑誌などで特集が組まれることもあった。 加えて、たまが両足をそろえると前脚の模様が型に見え、これを見たら幸せになれるというのも話題を呼んだ。 さらには和歌山県を巡るパッケージツアーの一部として「」や「おもちゃ電車」と合わせてたま駅長訪問が組み入れられるようにもなった。 大学院の教授は、2007年1月の就任以来の1年間でたま駅長による和歌山県への観光客増加などによる経済波及効果が11億円に達したとする研究結果を発表した。 このことから2007年春の開業1周年記念式典にて同社から「スーパー駅長賞」が、2007年12月には両備グループにおける「トップランナー制度」に基づく「トップランナー賞・客招き部門」が贈られている。 ちなみにトップランナー賞のご褒美は猫じゃらしのおもちゃ、年末手当はのスライスである。 さらには貴志川線の知名度と乗客数・売上を向上させたことから、たまは就任1周年の2008年1月5日をもって駅長から「スーパー駅長」(課長職相当)に昇進した。 昇進に際しては地元住民など約300人が集まって大々的な式典が執り行われ、新たに青地に金の「S」が入った名札が交付された。 同年4月20日には閉鎖された窓口跡を利用して「駅長室」が設置された。 駅長室のデザインは「いちご電車」や用など鉄道車両・施設のデザインを手がけているによる。 この一連の活動に対して和歌山電鐵にも、人と動物との共生のための活動を行っている「Knots」から人と動物との共生に尽力する企業へ贈られる「2006年度りぶ・らぶ・あにまるず賞グランプリ」が贈られている。 また2008年10月28日には和歌山県の魅力を全国に発信した功績により、県知事から「和歌山県勲功爵」(貴志と号の洒落)の称号を贈られた。 日本国外からの観光客も訪れたりを初めとした日本国外のメディアでも取り上げられるなど、海外でも話題を呼んでいる。 さらに2010年には駅長就任3周年を祝し、また就任以来の3年間における業績が評価されたことから、たまは執行役員への昇進が決まった。 2010年1月3日に貴志駅において就任式が開かれた。 役員報酬は貴志駅の新駅舎とされ、同社公式サイト内にある会社概要ページでは、実際に執行役員として役員一覧に名を連ねている。 2010年8月4日には、開業以来の旧駅舎に変わって猫をモチーフにした貴志駅の新駅舎「たまミュージアム貴志駅」が完成した。 の屋根にはと「TAMA」の飾りが取り付けられている。 2011年1月5日、駅長就任4周年記念式典において、小嶋社長いわく「たま駅長の神業の活躍」に対して仁坂知事より「和歌山県観光招き大明神」の称号が贈られた。 同時に海外の客招きのために「国際客招き担当役」も発令された。 同年1月6日にはたまは常務執行役員に昇進している。 これは社長・専務に次ぐナンバー3に当たる。 2013年1月5日、駅長就任6周年記念式典で、和歌山電鉄ナンバー2の社長代理に出世した。 繰り返し訪れる熱心なファンも多く、売店内にはファンから贈られた写真などが飾られている。 中にはの招き猫メーカーから贈られた、たま駅長をモデルに作られた陶器製の招き猫もある。 2013年4月30日、たまの古希を祝うイベントが開催された。 高齢のため、同日から祝日を除く毎週火曜日、水曜日、木曜日のみの出勤(後に金曜日も出勤日になる)になる。 死去とその後 [ ] 2015年5月19日からのためしていたが、復帰することなく同年6月22日にのために遠い旅に出た。 同月28日に和歌山電鐵主催の形式によるが貴志駅構内で営まれ、社長の小嶋光信が弔辞を捧げ、たまに「名誉永久駅長」の称号を追贈した。 「たま」の死後、和歌山電鐵は貴志駅に鎮座する神社の一つについて「たま神社」と命名し、2015年8月11日に社長の小嶋、()らが参列してたま神社の宮開き神事を執り行うと共に、神社に「たま」の銅像2体を設置した。 また、これと前後する格好で、同年7月22日から8月13日まで、全線に於いて「たま」を追悼する特別仕立ての電車を運行させた。 この電車は「たま電車」車両(後記参照)を使い、車内の広告掲出箇所(窓上と中吊り部)に在りし日の「たま」をとらえた写真28枚を掲出したものとなっていて、運行初日(7月22日)には岡山市中区に所在する車庫内でセレモニーを挙行、招待された地元保育園児達が早速乗り込んで歓声を上げていた。 「たま」の死は、生前と同様、海外メディアに於いても相次いで報じられた。 死後2日経った6月24日にやなどの中国・韓国系メディアが伝えたことを皮切りに、翌25日にはイギリスやアメリカなどのテレビ局やAFPやAP通信などの通信社、や、、等の有力紙に於いても報じられた。 さらにはや、などの主要メディアが6月28日に営まれた「たま」の葬儀の模様も交えつつ報じた。 死後7ヶ月余り経過した2016年2月2日、和歌山県は、生前の「たま」が残した功績を同県として永く称えるべく、急遽創設した「和歌山殿堂」の第1号として殿堂入りさせることを決めた。 これに先立ち、同年2月16日の午前中にそのレリーフの除幕式を挙行、同式に於いて和歌山電鐵社長・小嶋に対するレリーフのレプリカ贈呈も行われることになっている。 たまの生誕18周年となる4月29日には、日本および世界の11の国・地域のが、たま駅長仕様になった。 駅長代行「ニタマ」の「たまII世駅長」襲名 [ ] ニタマ(左)とたま 2012年1月5日、駅長就任5周年記念式典において、新たに 「 ニタマ」に対して「貴志駅長代行兼伊太祈曽駅長」に任命する辞令が交付された。 ニタマは仔猫だった前年春頃に、両備グループの地元である岡山市内の国道沿いで交通事故に遭いそうになっていたところを保護され、三毛猫 縞三毛 という縁から和歌山電鐵の親会社である岡山電気軌道に譲られ、そこで人好きな性格をかわれて駅長見習いに抜擢された。 ニタマという名前は「たまに似た二番目の駅長猫」という意味が込められている。 土曜日、日曜日、祝日などたまが貴志駅を休む時には「貴志駅長代理」を務めることになる。 同年2月18日には伊太祈曽駅にも猫用駅長室が作られて平日(水、木は除く)はそこで勤務する。 なお、たまの「 ウルトラ駅長」昇進に伴い、ニタマが「 スーパー駅長」の地位を引き継いで昇進している。 2015年8月10日のたまの50日祭を機に、翌8月11日には「 たまII世駅長」を襲名し、ニタマは通称となることが発表された。 2019年1月5日、「 マネージャー駅長」(部長職相当)に昇進。 伊太祈曽駅駅長見習い「よんたま」 [ ] 2017年1月7日、三毛猫の「 よんたま」がニタマの貴志駅駅長就任で空いていた伊太祈曽駅の「駅長見習い」に任命された。 よんたまは2015年4月20日、一週間前に飼い犬を亡くした和歌山市内の女性の家に、まだ目の見えない仔猫の状態で母猫に置いていかれた猫である。 なお、駅長見習いの候補には岡山にいる「SUNたまたま」(後述)もいたが、親代わりの両備グループの広報担当者がSUNたまたまを可愛がって「この子は手放しません。 岡山に置きます」と手放さなかったために、よんたまが駅長見習いに就任することになった。 2018年1月5日、三毛猫の「 よんたま」が伊太祈曽駅の「駅長」に昇格。 2019年1月5日、「 スーパー駅長」に昇進。 勤務日 [ ]• 貴志駅での勤務時間は10:00 - 16:00、曜日により公休を設けている。 < >内は祝日で、ない場合は平日と同様。 2013年以降、たまの高齢化に伴いニタマが貴志駅長代行を務め、たまは非常勤となる。 2015年のたま死去後、ニタマが「たまII世」を襲名し、貴志駅に常勤。 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜 2007年1月5日 - 2012年1月4日 たま たま たま たま たま たま 不在 2012年1月5日 - 2013年4月29日 たま たま たま たま たま たま ニタマ 2013年4月30日 - 2014年 不在 たま <不在> たま <不在> たま <不在> 不在 ニタマ ニタマ 2014年 - 2015年6月 不在 <ニタマ> たま たま たま たま ニタマ ニタマ 2015年6月 - 2015年8月 不在 ニタマ ニタマ 不在 ニタマ ニタマ ニタマ 2015年9月 - 2017年12月 たまII世 たまII世 不在 不在 たまII世 たまII世 たまII世 2018年1月 - たまII世 たまII世 よんたま よんたま たまII世 たまII世 たまII世 マスコット「スーパー駅長たま」 [ ] 左:TAMA-VAN 右:「がんばれ宮崎!」ラッピング 2009年3月22日にはいちご・おもちゃ両電車に続くリニューアル車第3弾「スーパー駅長たまちゃん電車」、略して「」がお披露目された。 この電車の車体には様々なポーズのたまのイラストが描かれるなどたまづくしの電車になっており、「たま電車サポーター」として広告費の形での改装費の寄付を募っている。 現在は他の電車と共に貴志川線を一日あたり6 - 13往復している。 また2009年4月30日には同じ両備グループである岡山県の路面電車、にもたま電車が登場した。 2010年4月7日には、両備ホールディングスの両備観光大阪カンパニー(現:両備バス関西カンパニー)に、たま電車と同じデザインを施した・「たまバス」 も登場している。 2010年9月11日から2011年1月31日までの期間限定で、(JR九州)のに「がんばれ宮崎!」ラッピングとして、たま駅長が登場した。 そのうち、9月11日から26日までの土日祝日には、として、 - 間を1日1往復する。 これは、デザイナーの水戸岡が両社の列車デザインを手がけていることによって実現したコラボレーションである。 2012年3月27日には、両備グループのバスのに新たに水戸岡がデザインした「たまバス」が2台登場。 これまでのたま電車・たまバスとは違い青を基調にしたデザインで、前面上部に「」が付いたデザインになっている。 2018年9月7日には、両備ホールディングスの両備バスカンパニーに、両備バス関西カンパニーから転用した・「たまバス」 が「」に登場している。 来訪者によるトラブル [ ] たま駅長がテレビ番組などで知られるようになったことで貴志駅を訪れる乗客も増えた一方で、ローカル線の利用促進など乗客数・収益の改善のためのものであるにもかかわらず自動車で駅前に乗り付けたり 、中には飼い犬などを無理矢理引き合わせてたま駅長らをパニックに追い込んだり、さらには貴志駅に捨て猫を置いてゆく などといったトラブルを起こす者が出現し、問題となった。 関係者によるブログ「貴志川線応援ブログ」(参照)や和歌山電鐵では、2014年当時以下のような注意を出していた。 公休日でもイベントなどで短時間「休日出勤」していることはある。 年末年始など売店休業日や荒天時も休みとなる。 臨時出勤日や臨時休業日については、和歌山電鐵の公式サイトや「貴志川線応援ブログ」を参照。 駅長室で寝ている駅長をガラスを叩いて起こすなど大きな音をたてる行為は、ストレスを与えるので、行ってはならない。 当駅には駐車場など車を止める場所はない。 和歌山電鐵では乗用車で駅長に会いに訪れる際にはまたは周辺の駐車場を利用し、貴志川線に乗車するよう案内している。 写真撮影は自由だがストロボ(フラッシュ)を点灯させると駅長たちの目を痛めてしまうので、撮影の際はストロボを点灯させないこと。 猫は犬など他の動物に近づかれるとパニックを起こすので、連れて行ってはならない。 健康管理に影響を及ぼすため、食べ物を差し入れてはならない。 猫じゃらしとして近づけたをとして食べて吐いてしまうのでこれも差し入れてはならない。 メディア露出 [ ] 写真集 [ ] たま達の仕事ぶりを収めた『たまの駅長だより 〜いちご電車で会いにきて〜』が、2007年9月26日に発売された。 1年後の2008年9月26日には第2弾となる『たまのスーパー駅長だより 〜夢列車に愛をのせて〜』、また2009年9月25日には第3弾の『駅長たま 〜三毛猫たま、電車になる〜』が発売されており、いずれも発売元は、発行元はホーム社である。 詳細はを参照。 小山商店では写真集を持参ないし購入した者のうち希望者に対し、たまの手形ならぬ(前足)肉球形の特製スタンプを押している。 漫画 [ ] たまの活動が、オール読み切りの猫マンガ雑誌、「ねこぷに 2周年カンパイ号」(2009年4月27日発売、刊)で、の「ばす駅長」とともに漫画となる。 DVD [ ] たまの仕事風景などを収録した『たまはスーパー駅長 〜いちごの風にのって〜』が制作され、2008年9月26日に全国発売された。 小山商店と和歌山電鐵では9月20日に先行発売されており、4月20日に竣工した駅長室の改装費用は、このDVDへの出演料によってまかなわれた。 発売元は株式会社ツインであり、販売元はジェネオン エンタテインメント(2010年現在・合同会社)である。 2009年7月24日には、第2弾となるDVDの『たまとたま電車』が発売されている。 内容は最新の仕事風景や、3月21日にデビューした「たま電車」の解説が収録されており、映像特典の全線をたま電車の運転席から撮影した映像や、特典のポストカード2枚組も付属する。 発売元および販売元は第1弾のDVDと同一である。 映画 [ ] たまは、人間社会の中における猫を取り上げたのドキュメンタリー映画である『ネコを探して』(仏題:La voie du chat)に、日本の猫および職業を持った猫として出演した。 ドキュメンタリー映画の監督であるミリアム・トネロット(講師)が、たまの勤務風景を動画サイトで見たことから、出演を要請したものであり、2008年5月に貴志駅で撮影が行われた。 このドキュメンタリー映画はほかに、の影響を受けた猫や、アメリカ・ので患者の死期を予知する猫として知られる、ドイツで首からカメラをぶら下げて歩きながら写真を撮る猫のリーが登場している。 日本の映画では、2008年に公開された『』に特別出演した。 による4コマギャグ漫画を元にした実写映画であり、劇中においてラーメン店を経営する主人公の猫が、食材を求めて全国を旅する途中に、たまの元へ立ち寄る場面において登場している。 テレビ放送 [ ] スポット番組 [ ] は2009年、県内向けに独自放送する終了啓発スポット番組にたまを起用した。 2本制作されており、県外向けにも向けスポット番組とともにNHK本体が「NHKデジタル」サイトの中で動画配信された。 2010年には当時の局長が絡んだ新作も登場(駅舎改築前に収録)した。 こちらは和歌山局サイトで旧作とともに公開されている。 バラエティ番組 [ ] 2015年5月18日にで放送された『』の番組内企画「外国人が集める意外な場所を調査した件」の中で「たま」が駅長を務めていることがとり上げられ、「たま」が廃止寸前だった貴志川線を救ったというエピソードに海外メディアからの取材が殺到、年間6万人以上の外国人観光客が訪れるに至ったことが紹介された。 たま死去後の2015年9月2日にで放送された『』にて、「たま」の生い立ちから葬儀までの経緯が紹介された。。 CM [ ] 2012年7月16日より、(アフラック)の「もっとやさしいEVER」のコマーシャルにとともに出演した。 関連商品 [ ] 和歌山電鐵ではや、、といった「たま駅長グッズ」を「いちご」・「おもちゃ」両電車グッズと併せて販売している。 和歌山電鐵本社がある伊太祈曽駅(9:00 - 17:30。 年中無休)と、和歌山電鐵の公式サイト内のオンラインショップにおいて購入可能である(公式にはアナウンスされていないが、たま駅長グッズに限っては小山商店でも販売されている)。 以前は和歌山駅貴志川線ホームでも販売されていたが現在は扱っていない。 が発売している鉄道に関わる女性をモデルとしたトレーディング「」第5弾(2008年1月末発売)には和歌山電鐵の姿の「」が加わっており 、その頭にたま駅長が乗っている。 このシークレット版ではたま駅長の代わりにねこじゃらしと駅長帽をかぶったミーコ助役とじゃれる姿になっている。 2011年4月1日から、両備グループが岡山、両備グループ経営のスーパーと娯楽施設、ポイント制度に加盟した岡山県内の個人経営などのいろいろな業種の店と提携した「たまルンカード」 がスタートした。 カードのデザインは、たま電車などに描かれているのと同じたま駅長のキャラクターである。 なお、名古屋鉄道で2011年2月11日より行なっている、ポイントサービス「名鉄たまルン」とは関連性はない。 また、2014年6月1日には、JR西日本岡山支社と両備グループの提携4年目記念と、岡山の地域ポイントサービス「たまルン」との提携開始記念のが発売された。 たま駅長とデザイン(岡山県内およびの24箇所で発売、3万枚)。 関連の「猫役員」 [ ] 和歌山電鐵が属する両備グループでは、たまやニタマ以外にも内のにおいて、安全管理夜回り役として「トランス」と「ポート」の2頭の猫が任命されている。 2頭には2009年2月に事故を激減させた功績により安全管理部門トップランナー賞が贈られた。 トランスが死去したため現在はポートのみが安全管理夜回り役となっている。 の「たま電車」にある和歌山応援館・館長代理としては猫の「SUNたまたま」がおり、2015年のたま死去後、後継駅長候補に挙がっていた。 2016年12月21日にオープンした「」には「SUNたまたま」の後輩である「美宇(ミュー)」が常駐猫社員となった。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 生年月日の記述は『たまの駅長だより』による。 [ ]• 和歌山県には元々、同県の発展に貢献し県民から尊敬を集めた人物を顕彰する「名誉県民」制度が存在するが、「たま」のような人間以外の生き物を対象とする顕彰制度は存在しなかった。 そんな中、同県では「たま」を「和歌山全体の救世主のような猫」と称え、死後8日経った2015年6月30日に開いた記者会見の席上で「県民栄誉賞」を創設し「たま」に贈ることを検討していることを表明していた。 しかし既に死んでいること等を勘案、最終的には、「野球殿堂」に倣う形で、対象を「和歌山の名声を広め、和歌山県民に希望と活力を与える等、多くの功績を残した人物と動物」とした「和歌山殿堂」を創設、その第1号として「たま」を殿堂入りさせることで決着した。 名前はとミーコ助役にちなむ。 出典 [ ]• 47NEWS. 2015年6月24日. の2015年6月24日時点におけるアーカイブ。 , p. 2016年2月15日. 2016年2月17日時点のよりアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 四国新聞社. 2007年1月5日. の2019年2月11日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 , pp. 26-48. , pp. 50-51. , p. 両備グループ 2008年1月5日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 『』2017年5月1日掲載の小嶋光信インタビュー• , pp. 77-86. 両備グループ 2007年1月5日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 , p. 和歌山電鐵 2014年1月5日. 2015年6月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 , pp. 92-93. たまちゃん 猫駅長就任1周年記念Special」『』、、2008年2月、 4-12頁。 両備グループ 2008年7月20日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 両備グループ 2009年9月6日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 , pp. 119-122。 ここでは「結婚できた」「6年越しの不妊治療が実を結んだ」などといった例が紹介されている。 読売新聞. 2007年6月10日• MSN産経ニュース. 2008年10月3日. の2008年10月6日時点におけるアーカイブ。 両備グループ 2007年12月5日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 両備グループ 2008年4月20日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 NPO法人Knots. 2007年10月20日閲覧。 , pp. 122-123. 両備グループ 2008年10月28日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 和歌山県ホームページ 2008年10月21日. 2015年8月11日閲覧。 西松 2009 、p. 122。 MSN産経ニュース. 2008年4月23日. の2008年5月6日時点におけるアーカイブ。 2016年2月7日閲覧. "全2頁中1頁目。 両備グループ 2010年1月3日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 和歌山電鐵株式会社 2010年2月18日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2010年2月9日, at the. 和歌山電鐵株式会社 2011年1月5日. 2015年7月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2011年1月5日. 2015年8月11日閲覧。 読売新聞. 2013年1月5日 ()• MSN産経ニュースWEST. 2013年1月5日 ()• 読売新聞. の2013年5月2日時点におけるアーカイブ。 2013年5月2日閲覧。 NHK. 2015年6月24日. の2015年6月24日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 、、2015年6月28日放送。 - NHK NEWSWEB 2015年6月28日《2016年2月13日閲覧;現在はインターネット・アーカイブ内に残存》• 和歌山電鐵株式会社 2015年6月28日. 2015年8月22日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 読売新聞. 2015年8月11日. の2015年8月12日時点におけるアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2015年7月22日. の2015年7月24日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 相庭烈 2015年7月6日. NewSphere(ニュースフィア). 2016年2月6日閲覧。 読売新聞. 2016年2月3日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 2015年7月1日. の2015年7月4日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 平畑玄洋 2016年2月2日. 朝日新聞. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 和歌山放送. 2016年2月2日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 紀伊民報. 2016年2月2日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 わかやま新報. 2016年2月2日. の2016年2月13日時点におけるアーカイブ。 2016年2月13日閲覧。 和歌山電鐵株式会社 2017年4月30日. 2017年4月30日閲覧。 ありふれた柄であり雄の希少性もない。 和歌山電鐵 2012年1月5日. 2015年7月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2015年7月1日, at the. 和歌山電鐵ホームページ• 毎日新聞. 2012年1月5日 ()• 和歌山電鐵 2015年8月10日. 2015年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月12日閲覧。 『』2017年5月1日掲載の小嶋光信インタビュー [ ]• 公式サイト「代表メッセージ」 2017年1月7日. 2017年3月7日閲覧。 産経WEST. 2018年1月6日. の2018年1月7日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 sippo. 朝日新聞社 2018年1月9日. 2019年2月11日時点のよりアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 産経WEST. 2019年1月6日. の2019年1月6日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 朝日新聞. 2010年8月1日. の2010年8月7日時点におけるアーカイブ。 2010年8月7日閲覧。 「電車に乗って猫駅長に会いに来て」『NEKO』、ネコ・パブリッシング、2009年4月、 12-27頁。 両備グループ. 2008年10月18日. の2008年12月11日時点におけるアーカイブ。 読売新聞. 2009年3月21日 ()• 毎日新聞. 2009年3月21日• 両備グループ 2009年4月30日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 - 岡山電気軌道Webサイトより《2016年2月13日閲覧》• 2015年8月11日閲覧。 鉄道ホビダス. 2010年9月6日. 2019年2月12日閲覧。 両備グループ 2012年3月27日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 2018年9月13日. 2018年9月24日閲覧。 毎日新聞. 2009年8月29日 ()• 西松 2009 、pp. 117-119。 毎日新聞. 2008年10月22日 ()• 『たまのスーパー駅長だより』• 2008年12月9日, at the. 和歌山電鐵• [ ]• 2009年4月15日, at the. 株式会社ツイン 2008年9月24日閲覧• [ ]• [ ]• MSN産経ニュース ()• 両備グループ. 2008年5月16日. の2008年11月9日時点におけるアーカイブ。 公式サイト 2009年1月1日閲覧• TVでた蔵. 2015年5月18日. 2016年2月6日閲覧。 com テレビ紹介情報. ワイヤーアクション 2016年9月2日. 2016年6月19日閲覧。 2012年7月19日, at the. トミーテック. 2015年8月11日閲覧。 プレスリリース , 西日本旅客鉄道, 2014年5月20日 , 2014年5月22日閲覧。 両備グループ 2009年2月22日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 両備グループ 2009年12月19日. 2015年9月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年8月11日閲覧。 和歌山電鐵株式会社 2015年8月10日. 2015年8月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年9月1日閲覧。 2016年10月17日. の2016年10月17日時点におけるアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 sippo. 朝日新聞社 2018年2月1日. 2019年2月11日時点のよりアーカイブ。 2019年2月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 西松宏『猫のたま駅長 ローカル線を救った町の物語』ハート出版、2009年。 関連書籍 [ ]• 坂田智昭(写真)『たまの駅長だより 〜いちご電車で会いに来て〜』ホーム社(発行)・集英社(発売)、2007年。 坂田智昭(写真)『たまのスーパー駅長だより 〜夢列車に愛をのせて〜』ホーム社(発行)・集英社(発売)、2008年。 坂田智昭(写真)『駅長たま 〜三毛猫たま、電車になる〜』ホーム社(発行)・集英社(発売)、2009年。 『日本一のローカル線をつくる: たま駅長に学ぶ公共交通再生』、2012年。 小嶋光信『ねこの駅長たま びんぼう電車をすくったねこ』、2016年。 関連項目 [ ]• - 2013年3月に和歌山電鐵の親会社である両備グループが採用した、バーチャル社員 外部リンク [ ]• 和歌山電鐵公認。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の

[三つ子まみれな毎日#107] 三つ子とおさんぽクエスト| たまひよ

ぐ で たま さんぽ

2019. 04 を更新しました! 2018. 19 を更新しました! 2018. 05 を更新しました! 2018. 08 を更新しました! 2018. 19 を更新しました! 2018. 10 を更新しました! 2018. 07 を更新しました! 2018. 06 を更新しました! 2018. 05 を更新しました! 2018. 16 を更新しました! を更新しました! 2018. 31 を更新しました! を更新しました! 2018. 26 を更新しました! を追加しました! 2018. 20 を更新しました! を公開しました! 2018. 19 を更新しました! 2018. 18 を更新しました!「ミスタードーナツのキッズセットにここたまオリジナルノベルティが登場!」の詳しい内容を公開しました! 2018. 13 を更新しました! 2018. 07 公開! を更新しました!「東京おもちゃショー2018」情報更新 2018. 18 を公開しました! を更新しました!「東京おもちゃショー2018」出展決定 2018. 10 を更新しました! 2018. 26 を更新しました!「2018年5月3日 木 ~5月17日 木 アニメを見てクイズに答えよう!ここたま GO! キャンペーン」の詳しい内容を公開しました! 2018. 20 を更新しました! 2018. 13 を更新しました! 2018. 22 を更新しました!「ファミリーアニメフェスタ2018「ヒミツのここたま」ブース情報追加発表!SNS投稿でここたまドールゲット!!」 2018. 16 を公開しました! 2018. 15 を更新しました! 2018. 07 を更新しました! 2018. 01 を更新しました! を更新しました! を更新しました! 2018. 28 を更新しました!「ファミリーアニメフェスタ2018にここたまたちがやってくる!」 2018. 23 を更新しました! 2018. 06 を更新しました! 2018. 19 を公開しました! 2018. 15 を更新しました!「ヒミツのここたま オフィシャルショップが2月9日(金)~マルイファミリー海老名にオープン!」 2018. 10 を更新しました! 2017. 26 を更新しました!「ここたまボードゲームプレゼントキャンペーン!」の詳しい内容を公開しました! 2017. 13 を更新しました! 2017. 05 を更新しました! 2017. 01 を更新しました! 2017. 27 を更新しました!「ヒミツのここたま オフィシャルショップが12月9日(土)~イトーヨーカドー木場店にオープン!」 2017. 17 を公開しました! を更新しました!「スコップのかみさま ゆっきー にこにこver. プレゼントキャンペーン!」の詳しい内容を公開しました! 2017. 08 を更新しました! 2017. 01 を更新しました! 2017. 19 を更新しました! 2017. 19 を更新しました! 2017. 17 を更新しました! 2017. 06 を更新しました!AFFTインフォメーションセンター 新宿 にラキたま・メロリーがやってくる! を更新しました! 2017. 04 を更新しました! を更新しました!10月5日 木 ~10月17日 火 テレビアニメ放送2周年記念!GYAO! 期間限定振り返り無料配信決定!! 2017. 03 を更新しました!「ヒミツのここたま オフィシャルショップが10月11日(水)~高崎オーパにオープン!」 2017. 26 を更新しました! を更新しました! 2017. 15 を公開しました! を公開しました! 2017. 13 を更新しました! 2017. 17 を更新しました! を更新しました! 2017. 10 を追加しました! 2017. 03 を追加しました! 2017. 14 を更新しました! を公開しました! 2017. 07 を更新しました!「ニコリ コック帽子ver. プレゼントキャンペーン!」の詳しい内容を公開しました! 2017. 03 を更新しました! 2017. 30 を更新しました!「ここたまたちがやってくる!!『かみさまみならい ヒミツのここたま』企画展 in 郵政博物館 開催!」 2017. 29 を更新しました! 2017. 16 を公開しました! を公開しました! 2017. 08 を更新しました! 2017. 25 を更新しました!「ヒミツのここたま オフィシャルショップが6月17日(土)~イオンナゴヤドーム前にオープン!」 2017. 19 を公開しました! を更新しました!「東京おもちゃショー2017」出展決定 2017. 18 を更新しました! 2017. 11 を更新しました! 2017. で期間限定振り返り無料配信決定! 2017. 01 を更新しました!「期間限定!テレビシリーズ無料配信!」 2017. 28 を更新しました! 2017. 25 を更新しました! 2017. 20 を更新しました! を更新しました!みんなあつまれ!映画「ヒミツのここたま」公開記念スペシャルステージ In 池袋サンシャインシティの内容を追加しました! 2017. 17 を追加しました! 2017. 14 を更新しました!「『映画かみさまみならい ヒミツのここたま』西武線スタンプラリー」 を公開しました! 2017. 11 を更新しました!「かみさまみならい ヒミツのここたま ふわふわランド」 2017. 10 を更新しました!「いちにんまえのパンツ!おシャキプレゼントキャンペーン!」の詳しい内容を公開しました! 2017. 06 を更新しました! を更新しました! 2017. 31 を公開しました! を更新しました! を更新しました!「期間限定!テレビシリーズ無料配信!」 2017. 30 を更新しました!「ここカツ!新スタートキャンペーン」の詳しい内容を更新しました! 2017. 23 を追加しました! を更新しました! を更新しました! 2017. 17 を更新しました! 2017. 16 を更新しました! 2017. 13 「ヒミツのここたまのオフィシャルショップ(マルイファミリー海老名)」の開催場所を更新しました! 2017. 01 を追加しました! を更新しました! を更新しました!ここカツ!新スタートキャンペーン、映画公開記念「ヒミツのここたまスペシャルショー」、みんなあつまれ!映画「ヒミツのここたま」公開記念スペシャルステージ In 池袋サンシャインシティ を更新しました! を更新しました! 2017. 20 を更新しました!『かみさまみならい ヒミツのここたま ~ここたま ハッピーアドベンチャー』 2017. 06 を更新しました!さっぽろ雪まつりに「ここたま」たちがやってくる! 2017. 02 を追加しました! 2017. 20 を更新しました! を更新しました!「ヒミツのここたまのオフィシャルショップ」マルイファミリー海老名にオープン! 2017. 16 を更新しました! 2017. 10 を更新しました! 2017. 06 を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショー 2016. 26 を追加しました! を公開しました! 2016. 15 2016. 07 を更新しました! 2016. 02 を公開しました! 2016. 01 を更新しました! 2016. で期間限定振り返り無料配信決定! 2016. 25 を更新しました! 2016. 15 を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショー 2016. 09 を更新しました! 2016. 02 を更新しました! 2016. 26 を更新しました! 2016. 25 を更新しました! 2016. 12 を更新しました! 2016. 07 を更新しました! 2016. 06 を更新しました! 2016. 30 を公開しました! を更新しました! 2016. 29 を更新しました! 2016. 28 を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショー 2016. 23 を公開しました! 2016. 16 を更新しました! 2016. 14 を更新しました!「ヒミツのここたまのオフィシャルショップ」ラゾーナ川崎が営業期間を延長しました! 2016. 01 を更新しました! を更新しました! 2016. 22 を更新しました! 2016. 19 を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショー 2016. 18 を更新しました!ヒミツのここたまオフィシャルショップ出張所~ここたま なつまつり~開催決定!! 2016. 09 を追加しました! 2016. 03 を更新しました!ヒミツのここたまオフィシャルショップ出張所~ここたま なつまつり~開催決定!! を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショー 2016. 01 を更新しました! 2016. 29 を更新しました! 2016. 27 を更新しました! を更新しました! を更新しました! 2016. 19 を追加しました! 2016. 08 を追加しました! 2016. 07 を更新しました!「ホットニープレゼントキャンペーン」開催!! を更新しました!ヒミツのここたまのオフィシャルショップがラゾーナ川崎に新規オープン! を公開しました! 2016. 06 を更新しました! 2016. 05 を更新しました! 2016. 27 2016. 24 を更新しました! 2016. 17 を更新しました!ヒミツのここたまオフィシャルショップ出張所~ここたま なつまつり~開催決定!! 2016. 16 を更新しました! 2016. 15 を更新しました! 2016. 14 を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショーの開催店舗更新! を更新しました! 2016. 06 「ヒミツのここたまのオフィシャルショップ(ららぽーと海老名)」の営業期間を更新しました! 2016. 02 を更新しました!「かみさまみならい ヒミツのここたま」が東京おもちゃショー2016に登場 2016. 01 を更新しました! 2016. 25 を更新しました! 2016. 19 を更新しました! を更新しました! 2016. 18 を更新しました!かみさまみならい ヒミツのここたま バラエティーショー 2016. 09 を追加しました! 2016. 06 を更新しました! 2016. 08 を更新しました! 2016. 31 を追加しました! 2016. 30 を更新しました!2016年春 ここたまみようキャンペーン!開催! を更新しました! 2016. 25 を更新しました!3月26日(土)、27日(日)大阪府、埼玉県にラキたまとメロリーがそれぞれ遊びに来るよ! を更新しました! 2016. 24 を更新しました! 2016. 23 を追加しました! 2016. 22 を更新しました!ミスタードーナツ「キッズセット」に、メロリーとモグタンのオリジナルドールが登場! を追加しました! 2016. 17 2016. 11 を更新しました! 2016. 10 を更新しました! を公開しました! 2016. 01 を更新しました!全国のおもちゃ売り場で「2016年春ここたまみようキャンペーン」実施!4月7日(木)~なくなり次第終了 2016. 26 を更新しました! 2016. 25 を更新しました!3月20日(日) LaQuaにラキたまとメロリーが遊びにくるよ! 2016. 24 を公開しました! 2016. 23 を更新しました! を更新しました! 2016. 15 を更新しました! 2016. 10 に「奈良テレビ放送」を追加しました! 2016. 08 を更新しました!2月11日(木)、14日(日)、20日(土)埼玉県、大阪府、岩手県にラキたまとメロリーが遊びに来るよ! 2016. 03 を追加しました! 2016. 25 を更新しました! 2016. 15 を更新しました! 2016. 04 を追加しました! 2015. 24 を更新しました! 2015. 22 を更新しました! 2015. 15 を更新しました!愛知県にやってくる!12月19日 土 ・20日 日 アピタ安城南店にメロリーが遊びにくるよ! を公開しました! 2015. 11 を更新しました! 2015. 02 を更新しました! 2015. 01 を追加しました! 2015. 30 を更新しました! 2015. 24 を更新しました!ミスタードーナツ「キッズセット」に、ラキたまとキラリスのオリジナルドールが登場! 2015. 16 を更新しました!11月21日 土 ~23日 月・祝 エディオン ららぽーと新三郷店にメロリーが遊びにくるよ! 2015. 13 を更新しました!全国のトイザらスで購買特典キャンペーン実施!11月13日(金)~なくなり次第終了 を更新しました!11月19日、20日に四葉こころ役の本渡楓さんがテレビ東京の番組にゲスト出演!! を更新しました! 2015. 02 を更新しました! を公開しました! を更新しました! 2015. 28 を公開しました! 2015. 20 を追加しました! を更新しました! 2015. 19 を更新しました! 2015. 16 を更新しました! 18日は、ラキたまとメロリーがイベントに遊びに来るよ! 2015. 15 を追加しました! を公開しました! 2015. 08 を公開しました! を更新しました! 2015. 06 を更新しました! 2015. 02 を更新しました! を更新しました! 2015. 01 ここたまゲーム「ここたまクイズゲーム」を更新しました!会員登録をしてここたまポイントをゲットしよう! 2015. 30 を更新しました! 2015. 25 を公開しました! 2015. 18 ここたまゲーム「家具探しゲーム」を公開しました!会員登録をしてここたまポイントをゲットしよう! を公開しました! を公開しました! を更新しました! 2015. 15 を更新しました! を更新しました! 2015. 11 を更新しました! 2015. 04 を更新しました! 2015. 03 ヒミツのここたま公式ホームページがリニューアルオープンしました! 2015. 21 を公開しました! オープン! オープン! 2015. 18 を公開しました! 2015. 11 を公開しました! 2015. 01 放送日が決定いたしました。 テレビ東京系にて2015年10月1日より毎週木曜日夕方6時から放送スタート! 2015. 18 サイトオープンしました!•

次の