フォートナイトシーズン4いつから。 【フォートナイト】‟シーズン10”パッチv10.00アップデート! ‟B.R.U.T.E.”新登場、各種アイテム保管庫行、‟アリーナモード”アップデートなど

フォートナイトシーズン11の開始はいつ?リーク情報やネタバレも!|CHANNAI CHANNEL

フォートナイトシーズン4いつから

Epic Gamesがサービス中の人気バトルロイヤルTPS『フォートナイト』。 現在開催中のシーズン7がまもなく終了し、新たにシーズン8がスタートする。 本稿では、シーズン8のアップデートの情報や日程、ティザーなどの情報をまとめてお伝えする。 シーズン8の終了日は予測。 【シーズン7】 開始日 2018年12月6日 終了日 2019年2月28日 【シーズン8】 開始日 2019年2月28日 終了日 2019年5月上旬・中旬(予測) シーズン8 ティザー・トレーラー ティザーイメージ第1弾 さまざまな憶測を呼んでいるシーズン8だが、第1弾となるティザーイメージが『フォートナイト』の公式Twitterにて公開された。 ひとつのイメージ画像を4等分しているようで、シーズン8開始まで1日1回のペースで更新されていく予定だ。 全てはそこにある 財宝を探し出せ 宝を狙うは数多の敵 さあ、奪い合いの始まりだ シーズン8まであと3日。 — フォートナイト 公式 FortniteJP ティザーイメージ第2弾 這うは狡猾な眼 暗闇でうごめく 警戒せよ 呪いはすぐそこに シーズン8まであと2日。 — フォートナイト 公式 FortniteJP ツイートされた第2弾ティザーイメージ。 ちなみに、ここまでのイメージを繋げると上記のような画像が出来上がる。 また、Epic GamesのクリエイティブディレクターのDonald Mustard氏が、自身のTwitterでヒントとみられるツイートを投稿している。 しかし、シーズン7中のアップデートにともない、いつの間にかどこかへ行ってしまい、所在がつかめない状態にあった。 ここにきて話題に挙げられるということは、あくまで予測だが、何かしらの関連イベントがあるのかもしれない。 🥚 — Donald Mustard DonaldMustard ポーラー・ピークの地下にあった謎のタマゴ 出典: ティザーイメージ第3弾 目覚めし怪物 すべてを焼き払う 立ち向かえ勇者よ 隠された場所に辿り着け シーズン8まであと1日。 — フォートナイト 公式 FortniteJP シーズン8を直前となる2月27日に公開された画像。 『フォートナイト』のシーズンにはすべてテーマが設定されており、コミュニティ間では新シーズン直前はさまざまな憶測が飛び交う。 今回も例に漏れず、次のテーマについて議論がなされている。 いよいよ明日に迫ったシーズン8が、どのような展開になるのか、いちプレイヤーとしても楽しみにしている。 ティザーイメージ第4弾 世界に旅立ち 運命とともに 秘密を解き明かせ 冒険はキミを待っている シーズン8は本日開幕。 — フォートナイト 公式 FortniteJP うっすらとバナナが映っている。 ここにきて予想外の展開である。 とりあえず4枚の画像を繋げておいた。

次の

【フォートナイト】チャプター2シーズン2はいつから?マップ変更は来る?

フォートナイトシーズン4いつから

2019年8月1日にEpic Gamesがサービス中の人気バトルロイヤルTPS『フォートナイト』のバージョンのアップデートを実施、新たにシーズン10が開幕した。 アップデートにともない、ゲームプレイに関わる重要な変更点、要素が追加されているので、事前にチェックしておこう。 シーズン10 v10. 00パッチノート 以下は、『フォートナイト』公式サイトのニュースページから一部引用して掲載。 バトルロイヤル 注目ポイント シーズンX — バトルパス 新たなシーズン、新たなバトルパス。 100のレベル、100を超える新たな報酬。 シーズンXの最新情報はでチェックしてください。 シーズンXではバトルパスをギフトとしてフレンドに贈ることが可能!8月15日まで、すべてのプラットフォーム 地域によって異なる場合があります で利用可能です。 初回の購入では、アイテムショップからギフトとして贈るとオリジナルのギフトボックスが含まれます。 スーツはスーツでも、メカスーツはパワーが違います。 この2人用の乗り物は、1人が移動を担当し、もう1人がその火力を操ります。 冒険心あふれるプレイヤーは1人で操縦し、移動と武器による攻撃を切り替えながら戦うことも可能です! 裂け目ゾーン ゼロポイントの爆発により島が不安定な状態に陥ってしまいました!島からなくなったと思われていたロケーションが出現しはじめていますが、かつての様子とはどこか違っているようです… 参戦して探索し、謎に満ちた変化をその目で確かめてください。 この乗り物は最大2人での操縦が可能です。 2人で乗っている場合は、1人が移動を担当し ドライバー 、もう1人がミサイルやショットガンで攻撃します ガンナー。 ドライバーは以下のアクションを繰り出せます:• 戦いに向かってダッシュ。 スーパージャンプで勝利までひとっ飛び。 敵や建築物を踏みつぶす。 破壊すると、普段収集するどんなものからでも素材を得られます。 パッセンジャーはショットガンとミサイルランチャーという2種類の武器を使えます。 ショットガン• クリップサイズ: 10• ダメージ: 50• ヘッドショット倍率: 1. ミサイルランチャー• 1度に最大10発のミサイルを発射します。 トリガーを引きっぱなしにすることでミサイルが装填されます。 トリガーを離すか、10発のミサイルが装填されると、自動的に全弾が発射されます。 新たなメカニック: オーバーシールド• いずれかの素材タイプを200個消費して、5秒間にわたりパーソナルオーバーシールドを作り出し、メカの中でプレイヤーを守ります。 保管庫に回収されたアイテム• ボーラー• クアッドクラッシャー• フリントノックピストル• シャドーボム• セミオートスナイパー• タクティカルアサルトライフル• マウンテッドタレット• エアストライク• グライダーの再展開をアイテム化 大規模チームモードでは引き続き使用可能• これまでは、アイテムやマップ上の仕掛けという形でプレイヤーの動きのバリエーションを増やしてきました。 しかし、シーズンXでは移動を制限することで、皆さんに今まで以上にゲームを楽しんでいただけると考えています。 これまで実施してきた変更点と同様、プレイヤー体験にどのように影響するかを今後も見ていきます。 不具合の修正• 水が存在するモードにおいて、ヘビーショットガンの攻撃が水を貫通しない問題を修正しました。 全ての焚き火が乗り物を回復するようになりました。 ブギーボムやグレネードが乗り物を通り抜けないようになりました。 ゲームプレイ• ミッション• バトルパスの新機能!• ミッションは報酬を獲得できる、テーマに沿った一連の目標です。 目標をクリアすると、バトルスター、XP、限定ビジュアルアイテムを獲得できます。 ミッションについてのより詳しい情報は、バトルパスとチャレンジタブでご確認いただけます。 不具合の修正• 傾斜路を設置するときに、下にいるプレイヤーがはまって動けなくなる問題を修正しました。 イベント• アリーナゲームモードのアップデート!• 今回のシーズンはソロとトリオのアリーナから始まります!• シーズンXの開始時にハイプはリセットされ、新しいスコア方式が導入されます。 全部で10のディビジョン — ポイントは増えていますが、進行の感覚はこれまでと大きくは変わっていないはずです。 以下、新しいディビジョンは太字になっています。 オープンI 0 — 499• オープンII 500 — 999• オープンIII 1000 — 1499• オープンIV 1500 — 1999• コンテンダーI 2000 — 2999• コンテンダーII 3000 — 4499• コンテンダーIII 4500 — 6499• チャンピオンI 6500 — 9999• チャンピオンII 10000 — 13999• チャンピオンIII 14000以上• スコア方式のアップデート — 全プレイリスト間におけるポイントとバス料金を標準化しました。 撃破: 20ポイント• トップ25: 60ポイント• トップ15: 30ポイント• トップ5: 30ポイント• Victory Royale: 60ポイント• トリオ• 撃破: 7ポイント チームメンバーごと• トップ8: 60ポイント• トップ4: 30ポイント• トップ2: 30ポイント• Victory Royale: 60ポイント• バス料金はディビジョン3、4、5、7、8、9、10で上がります。 アリーナモードにおけるマッチメイキングは、現在もプレイヤーの「ハイプ」を基準にして行われています。 より高レベルなディビジョンにいるプレイヤーは、高品質なマッチメイクを実現するためにマッチ開始までの待ち時間が長くなる可能性があります。 パフォーマンス• アセットの事前読み込みを最適化した結果、全プラットフォームにおけるレベルストリーミングが改善されました。 これにより、特にNintendo Switchと Xbox One において、プレイヤーが建築物の上に着地したときに詳細に描画されていないケースが減ります。 エモート「ポニーライド」が新しく生まれ変わりました。 シーズン2のバトルパスでエモート「ポニーライド」を獲得していたプレイヤーは、次の新エモートを獲得します:ポニーアップ! オーディオ• 新しい着弾音を追加しました。 遠方の銃声やグライダーの音の音量がアップしました。 不具合の修正• プレイヤーがエリア間をまたいで歩くときに、環境音が途切れないようになりました。 コントローラーで「メインメニュー」ボタンを押したときに、画面右側のメインメニューにデフォルトでフォーカスが当たるようになりました。 不具合の修正• リプレイから戻ってくると発生するロビーカメラの問題を修正しました。 ゲームモードを切り替えると発生する、ロビー内の違うプレイヤーを選択できなくなる問題を修正しました。 「マッチから離脱する」を選択すると発生する、ロビーでパーティー内の欠場しているプレイヤーがマッチメイキングに入れない問題を修正しました。 リプレイ• サーバーリプレイに新しいカメラモード「バトルマップ」が追加されました。 このカメラモードでは以下の内容を表示します:• 追跡対象のプレイヤーがマッチ内でどのように移動したかという軌跡。 追跡対象のプレイヤーがマッチ内で達成した撃破の場所。 モバイル• 自動発射システムの改善:• 今回のアップデートでは、全ての武器の自動発射を再調整しました。 今後も改善を続けていきますので、ぜひそれぞれの武器について詳細なフィードバックをお寄せください。 普段自動発射を使わないけど試してみたいという場合には、HUD設定から有効化できます。 この設定が有効なときに、意図せずホーム画面に戻るプレイヤーがいたためです。 以下の場面におけるボタンやアイコンのサイズを大きくしました:• フロントエンドの「ロビー」タブボタン。 パーティーリーダーの「王冠」アイコン。 マップマーカー。 「撃破目標を最初に達成したチームが勝利!」というメッセージがチームランブルのマッチ中ずっと表示されることがなくなりました。 不具合の修正• 乗り物から降りる際にプレイヤーの武器がリロードされることがなくなりました。 Android版でもムービーシーンをスキップするボタンが表示されるようになりました。 チャレンジページに垂直の黒い線が表示されなくなりました。 言語をスペイン語に設定しているときに、設定メニューが正しく表示されるようになりました。 設定メニューのメニューボタンに表示されているテキストがそろいました。 落下中やマップを開いた後にクイック回復ボタンが表示されないようになりました。 HUDレイアウトツールでクイック回復ボタンの大きさを変えたときに、ボタンのアイコンがインベントリに入っているアイテムのアイコンに変わらないようになりました。 他のボタンの設定を変えても、クイック回復ボタンがHUDレイアウトツールから消えないようになりました。 照準ボタンの使用中でも扉や宝箱を開けられるようになりました。 Android版で建築モードボタンが正しく武器モードボタンに変化するようになりました。 HUDレイアウトツールの複数のウィジェットにヘッダーを追加しました。 コスチューム「クラウドブレーカー」のグラフィックを改善しました。 コスチューム「シーウルフ」のバリエーション「ブルー」のグラフィックを改善しました。 マップへ落下しているとフリーフォールアイコンが表示されるようになりました。 銃を持ったまま乗り物に乗り込んだ場合でも、照準ボタンが表示されないようになりました。 コスチューム「バナートルーパー」を更新しているときにプレイヤーがロッカーに消えないようになり、また、正しいバナーが表示されるようになりました。 パッセンジャー席にいても編集ボタンが表示されるようになりました。 水中を覗いているときに画面が真っ黒に表示されないようになりました。 プレイヤーがジャンプボタンを押した後に、ボタンがグレーのままにならないようになりました。 オーディオを改善しました。 Android版でときおり聞こえていたノイズを修正しました。 編集モードでインタラクト可能なアイテムをタップすると発生していた、カメラがロックされる問題を修正しました。 プレイヤーが建築物を通り抜けて編集できないようになりました。 例: 壁を見ながら別の建築物 床、傾斜地、屋根 を編集できてしまう。 ポーラー・ピーク付近の開けられない宝箱を修正しました。 このイベントは、『フォートナイト』ファンが候補者の中から出場者を選ぶ。 プロプレイヤーとストリーマー・実況者の合計30名が投票対象になっており、その中から18名が選出される。 選ばれた18名の出場者がリーダーとなり、自身で3人のプレイヤーをドラフトしてスクアッドを組んでいく。 イベント当日は、リーダーのみがオフライン、スクアッドメンバーはオンラインからの参加となっている。 投票は、7月22日~8月5日の期間で実施、結果発表は8月9日の予定だ。 ぜひ下記から投票してほしい。

次の

【フォートナイトの歴史】シーズンによるマップの変化やバックストーリーは?

フォートナイトシーズン4いつから

このページの目次• シーズン1は、2017年9月から12月までの3ヶ月間を指します。 このゲームはもともと、「迫り来るゾンビを武器や建築物で排除する」というシステム 現在の「世界を救え!」に相当 で開発されていました。 しかし、バトルロイヤルゲームの人気を受けて急遽方向転換。 建築要素はそのままに、100人で最後の生き残りをかけて争うシステムをメインコンテンツにします。 このため、今1番プレイされている「バトルロイヤル」モードは、9月の正式リリースから開始されました。 シーズン1のマップは、 建物が非常に少なく、かなり寂しい印象を受けますね。 また、アイテム類は街以外では出現率が低く、「街や施設がない場所に降下すると、回復アイテムすら入手困難」になるほど。 なお、シーズン1中には、武器やマップが「ハロウィン仕様」になるイベントが開催されました。 マップは「クリスマス仕様」となり、木にはクリスマスツリーの装飾などが施されます。 20108年1月に、マップの大型アップデートが行われ、 激戦区となる「ティルテッド・タワー」や、「シフティ・シャフト」、「ジャンク・ジャンクション」、「スノビー・ジョアーズ」といった、西側の施設が追加されました。 なお、この時期まで「フレンドリーファイヤー」が実装されていたため、チームメイトを撃つ事ができました。 誤射なら笑い話で済むのですが ガチプレイヤーは笑ってくれませんが... 、意図的に味方を殺害するプレイヤーが多かったため、この仕様は削除されています。 なお、シーズン2のスキンテーマは「騎士」をメインに扱っていました。 また、2月には「バレンタイン」仕様のスキンや武器が登場します。 この時期から、日本でのリリースが開始されました。 マップに大きな変更はありませんでしたが、南端に「 ラッキー・ランディング」が追加されています。 これは、中国の旧正月に合わせたアップデートだったようです。 北側がまだ物足りない気もしますが、だいぶ建築物や施設が充実してきましたね。 シーズン3のスキンテーマは「宇宙」でした。 なぜ、「宇宙」だったのでしょうか? その答えは、シーズン3終了間際に明らかになります。 試合中、 マップ上空に巨大な隕石が現れたのです。 また、隕石の周囲にはその破片と思われる光や、UFOのような影まで...。 UFOはスコープで見るとかろうじてわかる程度 また、この隕石の破片は試合中に容赦なく落下します。 これに当たった場合、建築物などは破壊されますが、プレイヤーへのダメージはありませんでした。 これにともない、プレイヤーたちは大規模な隕石の衝突を予想。 マップ上のどこに落ちるのか、考察するのが流行しました。 ちなみに、1番多かった落下予想地点は「ティルテッド・タワー」です。 確かに、激戦区として最も多くのプレイヤーが最初に降下する場所なので、「戦略を変える」という目的でこの場所が選ばれてもおかしくありませんね。 多くの予想に反して、 隕石は「ダスティ・デポ」 倉庫が3つ並んでいた に落下しました。 これによって施設はクレーターとなり、名前も「ダスティ・ディポッド」に変更されます。 英語では"DUSTY DEPOT 埃まみれの格納庫 "から"DUSTY DIVOT 埃まみれの窪地 "になっている クレーターのようなえぐれた地形を"dipot"と表現することを知っていれば、もしかしたら気付けたかもしれませんね。 というか、多分気付いていた人もそこそこいるのではないでしょうか。 なお、クレーターの中心部には研究所が設けられ、衝突した隕石も見ることができます。 また研究所の周囲には「ホップロック」という結晶が散乱しており、使用することで大きくジャンプすることが可能です。 さらに、マップの各所で隕石やその破片による被害が出ました。 シーズン4は毎週マップが更新され、これらの 被害が徐々に復興していく様子などを表現しています。 ちなみに、 シーズン4リリース前に 落下地点をリークした とされる 元社員が、エピックゲームから訴訟されるという事件も起こりました。 開発側にとっては、だいぶ前から仕込んでいたネタであり、リークは収入の減少に繋がると判断したようです。 また、隠しバナーを読み解くと、 落下した隕石から脱出ポッドが出現。 中から異星人らしきものが降り立っています。 さらに異星人は映画のセットであったミサイルを改造。 シーズン終了間際、リアルタイムイベントで、 「ティルテッド・タワー」に向けて改造されたミサイルが発射されました。 しかし、ミサイルは上空で突如消失。 空には巨大な 光の裂け目が残されます。 異星人の目的が「ミサイルの発射 ティルテッド・タワーの破壊 」だったのか、「光の裂け目の召喚」だったのかは不明ですが、これによってバックストーリーはさらに複雑化しそうです。 光の裂け目は、離れた空間をつなぐ性質があるようです。 その影響で、 マップにある各地の施設が別のものに置き換わりました。 南東の沼地だった「モスティ・マイア」は「パラダイス・パームズ」に変わり、 周辺の広い範囲が砂漠化します。 また、「アナーキー・エイカー」は「レイジー・リンクス」というゴルフ場になりました。 一方、隕石が落下した「ダスティ・ディポット」は木が生い茂っています。 このことからも、隕石の落下から数十年経っているのではないかということがわかりますね。 その他、海賊船やモアイ像など、様々なオブジェクトが脈略なく点在しています。 なお、「トマト・タウン」のシンボルだった大きなトマトの顔も消失し、その場所には「GOOD BYE さよなら 」というメッセージが...。 ちなみに、本筋とは全く関係ありませんが、「パラダイス・パームズ」には意味深なお墓があります。 これは、ある有名実況者の配信中に起こった悲劇をマップに反映させたものです。 その場所は切り立った崖になっており、建築によって足場を作らなければ登ることができません。 そこに、1人のプレイヤーが取り残されていました 本人は足場の素材を持っていなかった模様。 気付いた配信者は、上から足場を作り救出を試みます。 しかし、システム上の制約で最後の一段がどうしても設置できなかったため、ゴルフカートを下ろし足場にしようとしました。 ところがその際、配信者はうっかり救出対象を引き飛ばし、 崖下に落として殺害してしまいます。 この事件を知った運営が、救出対象を悼んで作られたのが、このお墓というわけです。 となりにタイヤが置いてあるのは、ゴルフカートを連想させるためでしょう。 こういう細かいネタが、プレイヤーに喜ばれるコツなのかもしれませんね。 また、これまでのシーズン同様、終了が近づくと砂漠地帯に 紫色の立方体、通称「キューブ」が出現。 キューブは1時間43分に1回転がり、少しずつ移動しました。 最終的には 「ルート・レイク」の湖に沈み、水を紫色に汚染します。 キューブは上に乗ると弾む性質を持っていましたが、湖もこの影響を受け、水面でバウンドするようになりました。 「ルート・レイク」に沈んだキューブは、湖の中心に位置する小島の底に癒着していました。 そしてキューブの力なのか、小島は上に建った家ごと、空に浮遊します。 シーズン6ではマ ップ中心部に「浮遊島」が出現。 島の下から周囲にかけて強い風が吹いているため、プレイヤーはグライダーで自由に行き来することが可能です。 また、キューブの移動によって汚染された各地で、草木が枯れる むしろなくなって土が露出 という現象も。 隠しバナーから想像すると、 ・時空の裂け目から『フォートナイト』の世界に、異世界のモンスターが侵入 吸血鬼、人狼などのスキン ・さらにキューブの汚染で世界が侵食され、人間の大半が消失あるいはモンスターに変異 という流れだったのではないかと予想できます。 というのも、「世界を救え!」のストーリーが大体こんな内容のため。 しかも、もともとこのモードは、「2018年内に無料化する」とアナウンスされていました。 現在は無期限延期 このことから、 シーズン6 あるいはシーズン4の隕石落下からも含めて のバックストーリーは、「世界を救え!」の布石だったのではないでしょうか? 同モードが延期になってしまったため、シナジーや広告効果は薄れてしまったかもしれませんが...。 ちなみに、シーズン6でも、次シーズンに向けた隠し要素が用意されていました。 それが、 「フラッシュ・ファクトリー」から見える巨大な雲。 この雲は、シーズンの終了が近づくにつれて 徐々に島へと近づいていました。 また、隠しバナーにはこれまでの暗い雰囲気とは打って変わり、近未来的なロボットが「フラッシュ・ファクトリー」に降り立っている様子も。 さらに、このロボットの手足が凍り付いている、目から照射されたマップには雲と同じ位置にマーカーが付けられている、などの情報がもたらされています。 シーズン6で雲と思われたのは、巨大な氷山でした。 氷山はマップの南西に衝突し、地形と気候を大きく変えます。 マップの広さもわずかに拡大しました 衝突した氷山の分。 「グリーシー・グローブ」は水没、また「ポーラー・ピーク」、「フロスティ・フライト」、「ハッピー・ハムレット」が追加。 また、 「ポーラー・ピーク」には謎の卵が確認されました。 シーズン6までのバックストーリーが「世界を救え!」を意識したものだとすると、シーズン7以降はまた別のストーリーになるのではないかと予想できます。 つまりココからは、『 フォートナイト 』2期の幕開けと言えるのではないでしょうか? シーズン7では終了に近付くにつれて 地震が頻発。 あちこちに 地割れが発生しました。 また、マップにも変更が加えられており、「トマト・テンプル」と「ウェイリング・ウッズ」が消失。 この位置に、 大きな活火山と「サニー・ステップ」が追加されました。 さらに「レイジー・リンクス」が湖に水没して「レイジー・ラグーン」になるなど、シーズン7に対応するかのように、 島の北東に大きな変更が加えられています。 シーズン7の地割れはこの伏線だったようですね。 また、火山からは溶岩が漏れ出しており、ご想像通り触れるとダメージを負います。 ? さらに気になるのは、シーズン7で発見された卵です。 すでに「ポーラー・ピーク」からはなくなっている模様。 誰かが移動させたのか、あるいは孵化したのか...。 火山と卵、と聞くと、どうしても ドラゴンを連想してしまいますよね。 もしかしたら、バトルロイヤルのフィールドに大型モンスターが登場してしまうのでしょうか!? 今後の展開に注目です!.

次の