ジン 炎上。 すみだかほが保田淑希(YouTuber)と結婚!過去の彼氏は朝田淳弥(ジャニーズJr.)

BTS ジン どこまで知ってる? 知られてない素顔まとめ

ジン 炎上

スポンサーリンク ポジション評価でのセンター決めで話題となった矢吹奈子ちゃんとホ・ユンジンちゃんのやりとりが、韓国では地雷として扱われていて、ホ・ユンジンちゃんの順位がかなり下がっているようです。 ネット上でも「矢吹奈子、ホ・ユンジン、事件」とか「ユンジン 地雷」といったキーワードで若干炎上気味になったりもしていました。 PRODUCE48では順位によって生存・脱落(放出)が決まるため、センターやメインボーカルを担当して国民プロデューサーに自分の魅力をアピールできるかできないかがとても重要になってきます。 そのためセンターでアピールしたい!とセンターに立候補することはよくある場面なのですが、なぜ矢吹奈子ちゃんとホ・ユンジンちゃんのセンター決めがこんなに騒がれることになってしまったのか、またこの騒ぎに対するみんなの反応をまとめてみました。 スポンサーリンク Contents• ホ・ユンジンと矢吹奈子の事件とは? ホ・ユンジンちゃんと矢吹奈子ちゃんのセンター決めが放送されたのはPRODUCE48の第7話。 ポジション評価のボーカル&ラップポジションで少女時代の「Into the New World」のメンバーは• 矢吹奈子• ホ・ユンジン• 千葉恵里• 後藤萌咲• キム・チェウォン の5人でした。 リーダーは、キム・チェウォンちゃんが立候補してスムーズに決定しました。 その時チェウォンちゃんは「ウンビちゃんがリーダーをしているのを見て、リーダーの重要性を感じ、今回はリーダーシップを養ってみたくて勇気を出した」と語っていました。 その後のセンター決め。 ここからは、実際の放送の流れを要約して書きますね。 チェウォンちゃんが センターやりたい人?って聞いた時に、 真っ先に手を挙げたのがホ・ユンジンちゃん。 その後そろそろと小さく 矢吹奈子ちゃんも手をあげて、 センターがメインボーカルだから歌ってみて決めようというチェウォンの提案で、ホ・ユンジンちゃんと矢吹奈子ちゃんが高音パートを歌った後に、他の3人で投票。 その結果、チェウォンちゃんはユンジンちゃんに1票、千葉恵里ちゃんが矢吹奈子ちゃんに1票、そして後藤萌咲ちゃんが矢吹奈子ちゃんに1票で、 2対1でセンターは矢吹奈子ちゃんに決定! 矢吹奈子ちゃんはグループバトルでボーカルができるところを国民プロデューサーにアピールできていたけれど、ホ・ユンジンちゃんはグループバトルの時もチーム内の投票で負けてしまっていて、このままでは悔いが残ってしまう、やれることはやりたい!と 「 今回が最後になるかもしれないから、もう一回アピールさせてもらえるか聞いてみたくて・・・」とホ・ユンジンちゃんが言って リーダーのチェウォンちゃんが奈子に聞いてみないとね、と奈子ちゃんに聞くと 奈子ちゃんは「チームの雰囲気が悪くなるのが嫌なので、 (ユンジンちゃんに)ボーカルやってもらってみんなで協力できたほうがいいかな、って奈子は思います」と、 ユンジンちゃんにセンターを譲りました。 ユンジンちゃんは、とってもびっくりした顔をして、本当に申し訳なくてと語っていました。 その後も ユンジンちゃんは日本語で「本当に大丈夫ですか?」って聞いて、奈子ちゃんは笑顔で「大丈夫」って答えて ユンジンちゃんが泣いちゃったら、すぐに駆け寄って「大丈夫、ユンジンちゃん泣かないで~」って抱きしめてあげていました。 スポンサーリンク ホ・ユンジンと矢吹奈子の事件の影響と反応 リーダー決め場面に対する反応 このやりとりをみた人たちの間で、矢吹奈子ちゃん、ホ・ユンジンちゃんに対する見方がいろいろあって、 矢吹奈子ちゃんにセンターが決まったのに、ホ・ユンジンちゃんがわがままを言って横取りした、という見方をする人もいれば、ホ・ユンジンちゃんの必死さやグループの雰囲気を気にしてセンターを譲った奈子ちゃんスゴイ!という見方をする人もいました。 奈子ちゃんも握手会で仲良い人にユンジンの名前あげてたし、イチャコラしてる2人の身長差も込みで可愛いのに。 あかんな〜。 ほんまに見る目ねえな〜。 ホ・ユンジンちゃんも矢吹奈子ちゃんも歌が上手で、実は同い年でメッセージのやり取りをするくらい仲良しという情報もあります。 この事でどちらかが批判されると本人たちも悲しむと思うので、矢吹奈子ちゃんの大人な対応と優しさや、ホ・ユンジンちゃんの必死さやその後の頑張りを称賛する方向で話題になればいいのにな~。 スポンサーリンク•

次の

パチスロライター炎上事件まとめ!嫌われている理由や不仲説の真相は?

ジン 炎上

92クラブとは? メンバーは BTSのジン、 B1A4のバロとサンドゥル、 EXIDのハニ、 VIXXのケン、そして、 MAMAMOOのムンビョルという事です。 お酒を飲みに行ったり、脱出ゲームに行ったりしているほど 仲が良いらしいです。 ムンビョルがBTSの曲を番組やラジオで歌ったときに、 ジンからお礼の連絡がきたとインタビューでも話していたようです。 他のメンバー同士に関しては、調べても出てこなかったので、 ジンとムンビョルが仲がいいようですね。 MAMAMOOのパフォーマンス中に、 BTSのジョングクが、モニターに映った ファサを見てバカにし笑ったんじゃないかと、 一部のMAMAMOOファンが激怒し、SNSに悪意ある内容を挙げたようです。 それにより、ファン同士で炎上したようです。 よくみると、そうじゃないという事が分かります。 おそらくそのあたりからの噂ではないでしょうか。 本人たちは、 仲が悪いという事ではないようですね。 — 2017年12月月9日午前3時56分PST ママムのフィインが 何度も炎上しとったなんて 全く知らんかった! 歌ってるかおもろい動画しか 見てないから今更知る なんか最近太ったなぁって 思っててん! 酒飲みすぎなんやろうなぁって 思ってたけどそもそもが ストレスで酒飲んでたんやな 酔ったらSNSやったあかんねんで — かなん31 7kanan31 Sponsored Links まとめ いかがだったでしょうか? MAMAMOOとBTSは特に仲が悪いという事もなく、その中でもメンバーの ムンビョルと ジンは同じ年で他のアイドル達もいる『92クラブ』を作っていて、 仲が良いという事が分かりました。 お互いのファン同士でSNS上でぶつかったりしたことが、仲が悪いという噂になったようです。 そしてMAMAMOOは過去に炎上したこともあったようですね。 しかし、それらも乗り越えて、今現在のかっこいいMAMAMOOが見られるのは大変うれしいですよね。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

BTS ジン どこまで知ってる? 知られてない素顔まとめ

ジン 炎上

《MasuoTV》 チャンネル登録者数は90万人以上いるにも関わらず、実は低評価の割合がかなり多いマスオ。 最近の動画の再生回数も一本あたり数万回ほどしかありません。 チャンネル登録者数は多いのになぜそのような状況に陥っているかというと、やはり2015年に起きた炎上事件がきっかけです。 有名な話ですが、ペットの熱帯魚が死んでしまいその報告動画を投稿したマスオ。 その動画内容に不謹慎な部分があったり、アンチコメントに対して暴言を放ったことで大炎上し、かなりの数のファンを手放すことになりました。 現在では低評価の数もかなり減ってきましたが、少し前までは高評価より低評価の数の方が多いなんてことは当たり前のようにありましたね。 また日本を代表する大人気YouTuberヒカキンの幼馴染でもあるマスオ。 「ヒカキンのおかげで人気が出たのではないか?」という批判的な意見も少なくなく、人気の落胆ぶりに拍車をかけることになりました。 《へきトラハウス》 YouTube歴は長いものの、今年人気が急上昇しているへきトラハウス。 人気YouTuberであるワタナベマホトとも仲が良いことで有名ですね。 だいたい去年末くらいからカワグチジンが新メンバーとして加入し、それをきっかけにさらに人気が伸びてきています。 若い視聴者を中心に人気を集めているへきトラハウスですが、実は結構アンチは多い傾向にあります。 しかしへきトラハウスが投稿する動画は過激なものだったり下ネタ絡みのものが多いので仕方ないとも言えますね。 なので好感度はあまり高くありませんが、むしろアンチがいるのは人気YouTuberである証拠でもあるので、へきトラハウスの場合は悲しむことでもないと思います。 それに動画の方向性的に確かに下ネタが苦手な人なんかは受け付けないかもしれませんが、一方で好きな人はとことんハマるYouTuberです! 実際に動画の低評価の割合も特別多くありませんし、自由で過激な内容がへきトラハウスの長所であると言えます。 《PDRさん》 人気YouTuberPDS株式会社の実の兄としても有名なPDRさん。 ネタとは言え、他のYouTuberを簡単にバカにするブラックジョークが特徴ですね。 かつてはワタナベマホトなども所属しているGENESIS ONEのメンバーでしたが、現在は脱退してフリーで活動しています。 アンチコメントも多いですが、そもそも本人がそういった批判を気にしていなさそうです(笑) 動画投稿も毎日というわけではなく、マイペースに自分の好きな動画を挙げているようですね。 《ヒカル》 カリスマYouTuberとして現在最も勢いがあると言えるYouTuberのヒカル。 動画は確かに面白いのですが、色々な意味でかなり話題性がある人物です(笑) 動画を観てみると一目瞭然ですが、とにかく金持ちというイメージが強いのでもともと良い印象ではありません。 YouTube活動もビジネスのためと割り切り、本人もそう公言しています。 約1年という短い期間でチャンネル登録者数が200万人を突破しましたが、金にモノを言わせたプレゼント企画などでかなり強引に人気を獲得してきたので、正直ファンが定着しているとは言い難いです。 実際に2017年8月にはVALU事件で大炎上。 それはそれでかなり話題になりましたが、最近の動画はどれも低評価率が凄まじいですね。 《シバター》 そして好感度の低いYouTuberと言えばやはりシバターです! とにかく他のYouTuberを煽る動画で有名ですね。 どんな大御所YouTuberでも平気で挑発するスタイルは確かに興味が湧きますが、やはりそれ相応のアンチは伴います。 炎上することも多いシバターですが、本人からすればむしろ狙い通りでしょうね。 初めから好感度を取れる動画でないことは明らかですし、話題になればなるほど知名度が上がって動画の再生回数も増えます。 現在チャンネル登録者数は約70万人ですが、ファンがつきにくい内容ですし、それにも関わらずこの数字はすごいと思います。 シバター本人は自分より格下のYouTuberは相手にしないと言っていますし、そのシバターにいじられるということはある意味YouTuberとしてステータスになっているとも言えますね。 まとめ 好感度の低いYouTuberは以上になります。 いかがでしたでしょうか? 正直ヒカキンやはじめしゃちょーなどの大人気YouTuberもアンチは多数いますが、人気があればそれに比例してアンチが増えることは仕方のないことだと思います。 なので今回はそのような例は除いて、確かに好感度の低いYouTuberたちを紹介しました。 今回挙げたYouTuberの中では、炎上事件をきっかけに好感度が下がってしまったマスオを除いて、他のYouTuberは全て動画の性質上やはりアンチが多くても仕方ないと思います。 特にシバターなんかは叩かれてなんぼのところもありますし、本人も覚悟の上でしょう。

次の