半分、青い。。 連続テレビ小説「半分、青い。」おもな出演者【岐阜・故郷編】発表!

半分青い キャスト一覧&相関図

半分、青い。

2018年前期のNHKの朝ドラ「半分、青い。 」(全156話)の実在のモデルとあらすじとネタバレです。 」-実在のモデル NHKの朝ドラ「半分、青い。 」に実在のモデルは居ません。 脚本家・北川悦吏子におるオリジナル脚本です。 ただ、脚本家・北川悦吏子が突発性難聴で左耳が聞こえなくなっており、脚本家・北川悦吏子自身をモデルにした自伝的朝ドラだと考えれます。 また、主人公の楡野鈴愛(永野芽郁)が開発する扇風機のモデルは、扇風機に革命を起こしたバルミューダの「グリーンファン」ではないかと推定されます。 また、朝ドラ「半分、青い。 」に登場する二足歩行ロボットのモデルは、平成8年(1996年)に発表されて世界に衝撃を与えたホンダの二足歩行ロボット「P2」だと考えれます。 やがて、楡野鈴愛(永野芽郁)は、おたふく風邪のウイルスが耳の中に入って発症するムンプス難聴により、左耳の聴力を失ってしまうが、失敗しても「やってまった」と言い、明るく元気に成長していった。 そして、楡野鈴愛(永野芽郁)は片方の耳を失ったことから、雨の日でも片方の耳にしか雨が聞こえないため、半分は晴れていると考える面白い発想を身につけていったのだった。 さて、楡野鈴愛(永野芽郁)は高校3年生の時に、読んだ秋風羽織(豊川悦司)の漫画「いつもポケットにショパン」に感銘すると、萩尾律(佐藤健)から漫画を書くように勧められた。 そこで、絵の得意な楡野鈴愛(永野芽郁)は漫画を書きはじめ、ひょんなことから、秋風羽織(豊川悦司)の弟子になることができ、バブルに沸く大都会東京で、漫画家のアシスタントとして頑張るのだった。 こうして、楡野鈴愛(永野芽郁)は、同じく秋風羽織(豊川悦司)の弟子のボクテ(志尊淳)やユーコ(清野菜名)と切磋琢磨して漫画の連載を始めるが、待ち受けていたのは厳しい現実だった。 その一方で、久しぶりに再会した萩尾律(佐藤健)からプロポーズされるが、楡野鈴愛(永野芽郁)は「無理だ」と言って断ってしまう。 本当は「今は無理だ。 漫画家として成功したら迎えに行く」と言いたかったのだが、萩尾律(佐藤健)が乗る電車が来たため、本当の気持ちを伝えることが出来なかったのだ。 萩尾律(佐藤健)は、「待って欲しい」ではなく、「無理だ」と言われたことから、楡野鈴愛(永野芽郁)に拒絶されたと考え、会社の受付をしていた「より子(石橋静河)」と結婚してしまう。 萩尾律(佐藤健)から結婚を知らせる葉書が届くと、楡野鈴愛(永野芽郁)は漫画家としての才能が無いことを痛感し、漫画家を引退して、100円ショップ「大納言」で働くようになった。 そこで、楡野鈴愛(永野芽郁)は、100円ショップ「大納言」に臨時のアルバイトとして来た映画の助監督・森山涼次(間宮祥太郎)と出会い、森山涼次(間宮祥太郎)の書いた詩を発見する。 漫画家として苦労してきた楡野鈴愛(永野芽郁)は、森山涼次(間宮祥太郎)の書いた詩に共感し、森山涼次(間宮祥太郎)を意識するようになった。 さて、雨が降る日、楡野鈴愛(永野芽郁)が片耳が聞こえないので、雨が降っても半分は晴れているという話をすると、森山涼次(間宮祥太郎)は傘を差さなければ、全身で雨を感じられるので、半分じゃなくなると言い、傘を閉じて全身に雨を受けた。 そして、森山涼次(間宮祥太郎)が「好きです。 スズメさん。 いっそ結婚しませんか。 ずっと一生、一緒に居たいです」と言って抱きしめると、楡野鈴愛(永野芽郁)は「了解いたした」と言い、プロポーズを受け入れたのだった。 こうして、楡野鈴愛(永野芽郁)は、出会って5日で森山涼次(間宮祥太郎)と結婚し、1人の娘を儲けるが、森山涼次(間宮祥太郎)は映画の夢ばかり追いかける無能なダメ夫だったので、家計は火の車だった。 森山涼次(間宮祥太郎)は、家族のために映画界から引退して100円ショップ「大納言」で働き始めたが、監督になるチャンスを得ると、家族を捨てて映画界へと戻ってしまうのだった。 こうして、離婚した楡野鈴愛(永野芽郁)はシングルマザーとなって故郷の岐阜県・梟町に戻ると、実家の「つくし食堂」は弟・楡野草太(上村海成)のカツ丼がヒットして繁盛していた。 仕事の見つからない楡野鈴愛(永野芽郁)は、カツ丼のせいで隅へと追いやられていた五平餅を復活させるため、五平餅をメーンにした2号店「センキチカフェ」をオープンする。 ある日、娘カノが浅田真央に憧れてフィギアスケートを習うため、お小遣いを使わずに貯めていたことが判明するが、名古屋まで行かなければスケート場は無く、娘カノにフィギアスケートを習わせるのは現実的に不可能だった。 そのようななか、東京の企画会社「ヒットエンドラン」の社長・津曲雅彦(有田哲平)が、楡野鈴愛(永野芽郁)が考案した店のゆるキャラ「岐阜犬」の権利を300万円で購入したいと言ってきた。 楡野鈴愛(永野芽郁)は、「ヒットエンドラン」の住所が有名なスケート場の近くで、津曲雅彦(有田哲平)が事務員を探していることもあり、自分を雇わなければ、岐阜犬の権利は売らないと脅し、東京へ出て「ヒットエンドラン」で働くことになった。 商品化された「岐阜犬」は大ヒットして津曲雅彦(有田哲平)は大儲けしたので、さらなる儲けを狙って「岐阜犬」の猫バージョン「土佐猫」を発売したが、「土佐猫」は全く売れず、津曲雅彦(有田哲平)は大量の在庫を抱えてえ会社「ヒットエンドラン」を倒産させて夜逃げした。 残された楡野鈴愛(永野芽郁)は債権者に土下座する日々が続いたが、会社が法的に整理されて解放されると、「ヒットエンドラン」が入っていたシェアオフィスを借りて、「お一人様メーカー」として起業した。 しかし、商品は売れずに在庫を抱えたので、生活のために中古の屋台を購入して五平餅の屋台を始めた。 そのようななか、アメリカ赴任していた萩尾律(佐藤健)が帰国し、東京で楡野鈴愛(永野芽郁)と再会する。 萩尾律(佐藤健)は、リーマンショックの影響でロボット部門が閉鎖され、管理職に配属されたうえ、妻より子(石橋静河)とも離婚していた。 風通しの悪いオフィスや管理職に閉塞感を感じていた萩尾律(佐藤健)は、楡野鈴愛(永野芽郁)が入るシェアオフィスを見学して「お一人様メーカー」の人々に刺激を受け、会社を辞めて起業することを決意する。 苦労していた楡野鈴愛(永野芽郁)は、萩尾律(佐藤健)の給料を知って安定した仕事を捨てることに反対したが、自分が漫画家を目指したときのことを思いだし、萩尾律(佐藤健)の企業を応援することにした。 こうして、萩尾律(佐藤健)は会社を辞めて起業することにしたが、事業計画書は白紙だった。 しかし、楡野鈴愛(永野芽郁)が入院中の母・楡野晴(松雪泰子)に高原の風を届けたいと言うと、萩尾律(佐藤健)は「よそ風」を送る扇風機の開発を思いついた。 こうして、萩尾律(佐藤健)は楡野鈴愛(永野芽郁)と一緒に「スパロウリズム」を設立して、「そよ風」の研究を開始し、苦労の末に扇風機の開発に成功するが、津曲雅彦(有田哲平)に扇風機と特許を盗まれてしまう。 津曲雅彦(有田哲平)は電機メーカーに売り込むが、萩尾律(佐藤健)が開発した扇風機はDCモーターを使っていたため、コストがかかり、販売価格が3万円を超えることから、電機メーカーから相手にされず、盗んだ扇風機と特許を萩尾律(佐藤健)らに返した。 楡野鈴愛(永野芽郁)は萩尾律(佐藤健)に激怒するが、苦労して開発した扇風機が電機メーカーから相手にされなかったことを知り、ショックを受ける。 そこで、萩尾律(佐藤健)は津曲雅彦(有田哲平)に、これまでの人脈を使って扇風機の売り込むように頼んだ。 さて、「スパロウリズム」は資金が底を尽きており、津曲雅彦(有田哲平)の提案で投資家を集めてプレゼンテーションパーティーを開くことになった。 そこで、楡野鈴愛(永野芽郁)は、映画監督として成功していた元夫・森山涼次(間宮祥太郎)に頼んで、プレゼンテーション用の動画を撮影してもらった。 こうして、プレゼンテーションは成功し、楡野鈴愛(永野芽郁)は出資金を集めることが出来たが、プレゼンテーションの最終に東日本大震災(東北大震災)が発生しため、部品や工場の確保に苦労するのだった。 しかし、苦労の末に部品や工場を確保し、開発した扇風機の発売にこぎ着けると、入院中の母・楡野晴(松雪泰子)に扇風機をプレゼントして「そよ風」を届け、扇風機の名前を「マザー」に決めたのだった。 」-各週のあらすじとネタバレ• 」の情報 朝ドラ「半分、青い。 」 放送日 2018年4月2日から9月29日 放送回数 全156回予定 脚本 北川悦吏子 原作 無し。

次の

“佐藤健も凍りついた”石橋静河「『半分、青い。』のより子さんを悪役とは思えない」

半分、青い。

2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説 半分、青い。 おもな出演者発表!【岐阜・故郷編】 <楡野家の人々> ヒロイン 楡野鈴愛(にれの・すずめ) 永野芽郁(ながの・めい) 【連続テレビ小説 初出演】 1971(昭和46年)7月7日、岐阜県東濃地方のとある小さな町に楡野家の長女として誕生。 温かな人たちに囲まれすくすく育ち、大胆なひらめきで、思い立ったら即実行。 失敗しても「やってまった」(=やってしまった)と明るくやり過ごす。 だが、時として周囲を巻き込んでの大騒ぎを引き起こしてしまうことも・・・。 小学3年生のとき、左耳の聴力を失うが、雨音が片側しか聞こえないことをおもしろがり、雨上がりの青空を見て「半分、青い。 」とつぶやくような、ユニークな感性で前向きに乗り越える。 勉強は苦手だが、絵を書くことが得意。 鈴愛の母 楡野晴(にれの・はる) 松雪泰子(まつゆき・やすこ) 【連続テレビ小説 初出演】 鈴愛の母。 町の食堂を切り盛りする、地元商店街指折りの美人おかみ。 怒ると怖いので肝っ玉母ちゃんに見られがちだが、実は涙もろくてお人よし。 常に前向きな夫・宇太郎に心底ほれている。 鈴愛の耳のことを気にして、片耳を失聴させてしまったことに後ろめたさを感じている。 娘を心配するあまり、時にけんかになってしまうことも……。 だが誰よりも鈴愛の幸せを願い、ここぞという時には真っ先に背中を押してくれる、よき理解者である。 鈴愛の父 楡野宇太郎(にれの・うたろう) 滝藤賢一(たきとう・けんいち) 鈴愛の父。 仙吉と廉子の次男。 食堂では、厨房を任されている。 少年のまま大人になったかのような自由な性格ゆえ、家庭での威厳があるとはいえない。 優柔不断かつ能天気、さらにはあわてんぼうなところが災いし、いつも晴に怒られている。 だが一方で、持ち前のプラス思考で周囲を和ませ、家族の誰かが困ったときには意外な包容力を見せる、頼れる男でもある。 宇太郎の漫画好きが、後に鈴愛の人生に大きな影響を与える。 鈴愛の祖父 楡野仙吉(にれの・せんきち) 中村雅俊(なかむら・まさとし) 鈴愛の祖父。 細かいことは気にしない、楡野家のおおらかな大黒柱。 同居する孫の鈴愛をこの上なくかわいがり、どんなときでも味方になってくれる。 妻の廉子に先立たれ一時は気力を失うも、家族に支えられ、愛する妻を思いながら穏やかに日々を送っている。 地元の名物・五平餅作りと、ギターの弾き語りが得意。 楡野家を一歩引いたところから見守り、何か問題が起きるとさりげなくフォローして、一家のバランスを取っている。 鈴愛の祖母 楡野廉子(にれの・れんこ/ナレーション) 風吹ジュン(ふぶき・じゅん) 鈴愛の祖母。 おっとりした楡野家の面々を支える厳しくも優しいおばあちゃん。 夫の仙吉も、息子の宇太郎も、しっかり者の廉子には頭が上がらない。 3人の子どもがみな息子であるため、同居する宇太郎の嫁・晴には実の娘のように接している。 鈴愛が小学生のころに他界するが、廉子はカエルになっていつでもみんなのそばにいるのだと鈴愛たちは信じている。 その後の物語では、鈴愛の成長と家族たちを天から見守る。 鈴愛の弟 楡野草太(にれの・そうた) 上村海成(かみむら・かいせい) 【連続テレビ小説 初出演】 鈴愛のひとつ違いの弟。 思い立ったら行動している姉とは対照的に、いつでも冷静、石橋をたたいて渡るタイプ。 幼いころから周囲の空気を読むことに長け、鈴愛が困ったときにはそっとそばによりそってくれる。 勘がよく気が利くので、女の子にはそれなりにもてるらしい。 楡野家の男性陣の中では父、祖父よりもはるかに冷静な判断と細かな気配りのできる男である。 <萩尾家の人々> 鈴愛の幼なじみ 萩尾律(はぎお・りつ) 佐藤健(さとう・たける) 【連続テレビ小説 初出演】 鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれ、ともに育った幼なじみ。 互いのことを誰よりも理解し合っているが、生まれたときから全てが対照的で、容姿端麗、成績優秀。 感情のおもむくままに行動する鈴愛と違い、クールな理論派だが、誰よりも優しく傷つきやすいところがある。 物心ついたころから鈴愛を気にかけ、鈴愛から頼られてきたが、彼女の大らかさに励まされ、うらやましく思う一面も。 鈴愛を守れるのは自分しかいないと心のどこかで思っている。 律の母 萩尾和子(はぎお・わこ) 原田知世(はらだ・ともよ) 律の母。 商店街きっての美人おかみの座を晴と二分しているが、性格は正反対。 夫と写真館の店先に立つかたわら、息子のためにケーキを焼き、ピアノをたしなみ、海外ミステリー小説を読むという優雅さ。 一見、おっとりしているように見えるが、実はとてもさばけた性格で、怒らせると怖い一方、意外に人情派でもある。 幼いころから律の才能を信じ、高い期待を本人に押しつけてしまう。 いつまでも子離れができないのが玉にきず。 律の父 萩尾弥一(はぎお・やいち) 谷原章介(たにはら・しょうすけ) 【連続テレビ小説 初出演】 律の父。 由緒正しき写真館の主人。 裕福な家庭で育ったせいか、上品で紳士的。 温厚な性格で、律の教育についても和子にまかせっきり。 息子の将来については、本人が決めたことを応援すればいいくらいに思っている。 一人息子しかいないせいか、生まれたときから知っている鈴愛を娘のようにかわいがる。 学校の卒業アルバムを写真館で手がけているため、鈴愛や律たちの学校にもよく出入りをしている。 <鈴愛を取り巻く人々> 町医者 岡田貴美香(おかだ・きみか) 余貴美子(よ・きみこ) 鈴愛と律が生まれた岡田医院の女医。 町の子どもたちの大半が貴美香によって取り上げられており、その後も節目節目でお世話になる赤ひげ的存在である。 歯に衣着せぬものいいでご意見番として一目おかれ、特に晴や和子など町の女性陣にとっては、子どもの健康のみならず、何かとよき相談相手となっている。 自身に子どもがいないこともあり、町の子どもたちの成長を、わがごとのように見守っている。 鈴愛の同級生 西園寺龍之介(さいおんじ・りゅうのすけ) 矢本悠馬(やもと・ゆうま) 鈴愛と同級生のガキ大将、通称・ブッチャー。 町でいちばんのお金持ち・西園寺不動産の息子で、自宅から学校まで人の土地を踏まずに行けるらしい。 本名は龍之介だが、その風貌とは似ても似つかないため、よく忘れられる。 学校では同級生たちを従えているが、律の前に来るとなんでも言うことを聞いてしまう。 律と幼なじみの鈴愛にことのほかちょっかいを出してくる。 鈴愛の同級生 木田原菜生(きだはら・なお) 奈緒(なお) 【連続テレビ小説 初出演】 町の洋品店・「おしゃれ木田原」の一人娘。 鈴愛とは幼なじみで高校まで一緒、気心の知れたよき相談相手。 鈴愛も菜生も学校では目立たない存在だが、何かと天然な鈴愛に対し、菜生は意外にしっかり者。 人の恋愛に目ざとく、心の機微を語ったり、「おしゃれ木田原」の将来についても真剣に考えている。 鈴愛の片耳失聴のこともよく知っており、さりげない気配りで助けてくれる。 【岐阜編、キャスト発表に寄せて。 作/北川悦吏子】 「半分、青い。 」純情岐阜編、キャスト発表です。 思い描いた世界が、そのままドラマになりそうな、いえ、もっとステキに世界が膨らみそうな方々に、出ていただけることになりました。 ありがとうございます。 再びお会いできる方、初めましての方、かつてテレビで見て憧れていた方、よろしくお願いします。 第一週のサブタイトルは、「生まれたい」です。 ヒロイン、胎児から始まる、という離れ業をやってのけました。 お腹の中からのスタートとなります。 書くは易し、具現化するのは難し。 ドキドキしております。 キャストの方々。 難しいバトンを渡しましたが、どうぞ、鮮やかに走りきってください! たとえ、コーナーでこけそうになっても、笑って軽やかに、バランスを取っていただいて。 楽しみにしています。 そして一緒に完走しましょう!こちらも、がんばります。 【北川悦吏子 プロフィール】 1961(昭和36)年12月24日生まれ。 脚本家・映画監督。 1992(平成4)年に「素顔のままで」で連続ドラマデビュー。 主な作品に、社会現象となった「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」。 そして、「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など。 2009(平成21)年には、映画の世界にも進出し、脚本監督作品に「ハルフウェイ」「新しい靴を買わなくちゃ」。 活動は多岐に渡り、エッセイや作詞などでも、人気を集める。 NHKでの執筆は昨年、ドラマ10「運命に、似た恋」が初。 今作が2作目となる。 【チーム岐阜、始動! 制作統括 勝田夏子】 今回ご紹介するのは、鉄砲玉でちょっと危なっかしいヒロイン・鈴愛を見守り育む、故郷・岐阜の人々です。 このドラマは、娘と母、そして家族を描くホームドラマと、生涯のソウルメイトとのラブストーリーが、横糸と縦糸のように織り成され、紡がれていきます。 北川さんはよく「言葉はいきものだ」とおっしゃいますが、確かにその脚本は、セリフといい、キャラクターといい、実に生き生きとしています。 しかも今回は、基本コミカル、時にシビア。 その世界を、ドラマという作り物の映像の中で鮮度そのまま、かつリアルに造形するには、キャストもスタッフもかなりの力を要求されます。 そんなわけで、気が付けば随分と豪華な顔ぶれにお集まり頂くこととなりました。 ちょっと欲ばり過ぎたかも知れませんが、このメンバーならどんなに高いハードルも越えられると信じています。 どうぞご期待ください! 2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説 『半分、青い。 』 【放送予定】 2018年(平成30年)4月2日(月)から9月29日(土) 《全156回予定》 【制作スケジュール】 2017年(平成29年)秋 クランクイン予定 【演出】 田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗 ほか 【プロデューサー】 松園武大 【制作統括】 勝田夏子 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

連続テレビ小説「半分、青い。」

半分、青い。

2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説 半分、青い。 おもな出演者発表!【岐阜・故郷編】 <楡野家の人々> ヒロイン 楡野鈴愛(にれの・すずめ) 永野芽郁(ながの・めい) 【連続テレビ小説 初出演】 1971(昭和46年)7月7日、岐阜県東濃地方のとある小さな町に楡野家の長女として誕生。 温かな人たちに囲まれすくすく育ち、大胆なひらめきで、思い立ったら即実行。 失敗しても「やってまった」(=やってしまった)と明るくやり過ごす。 だが、時として周囲を巻き込んでの大騒ぎを引き起こしてしまうことも・・・。 小学3年生のとき、左耳の聴力を失うが、雨音が片側しか聞こえないことをおもしろがり、雨上がりの青空を見て「半分、青い。 」とつぶやくような、ユニークな感性で前向きに乗り越える。 勉強は苦手だが、絵を書くことが得意。 鈴愛の母 楡野晴(にれの・はる) 松雪泰子(まつゆき・やすこ) 【連続テレビ小説 初出演】 鈴愛の母。 町の食堂を切り盛りする、地元商店街指折りの美人おかみ。 怒ると怖いので肝っ玉母ちゃんに見られがちだが、実は涙もろくてお人よし。 常に前向きな夫・宇太郎に心底ほれている。 鈴愛の耳のことを気にして、片耳を失聴させてしまったことに後ろめたさを感じている。 娘を心配するあまり、時にけんかになってしまうことも……。 だが誰よりも鈴愛の幸せを願い、ここぞという時には真っ先に背中を押してくれる、よき理解者である。 鈴愛の父 楡野宇太郎(にれの・うたろう) 滝藤賢一(たきとう・けんいち) 鈴愛の父。 仙吉と廉子の次男。 食堂では、厨房を任されている。 少年のまま大人になったかのような自由な性格ゆえ、家庭での威厳があるとはいえない。 優柔不断かつ能天気、さらにはあわてんぼうなところが災いし、いつも晴に怒られている。 だが一方で、持ち前のプラス思考で周囲を和ませ、家族の誰かが困ったときには意外な包容力を見せる、頼れる男でもある。 宇太郎の漫画好きが、後に鈴愛の人生に大きな影響を与える。 鈴愛の祖父 楡野仙吉(にれの・せんきち) 中村雅俊(なかむら・まさとし) 鈴愛の祖父。 細かいことは気にしない、楡野家のおおらかな大黒柱。 同居する孫の鈴愛をこの上なくかわいがり、どんなときでも味方になってくれる。 妻の廉子に先立たれ一時は気力を失うも、家族に支えられ、愛する妻を思いながら穏やかに日々を送っている。 地元の名物・五平餅作りと、ギターの弾き語りが得意。 楡野家を一歩引いたところから見守り、何か問題が起きるとさりげなくフォローして、一家のバランスを取っている。 鈴愛の祖母 楡野廉子(にれの・れんこ/ナレーション) 風吹ジュン(ふぶき・じゅん) 鈴愛の祖母。 おっとりした楡野家の面々を支える厳しくも優しいおばあちゃん。 夫の仙吉も、息子の宇太郎も、しっかり者の廉子には頭が上がらない。 3人の子どもがみな息子であるため、同居する宇太郎の嫁・晴には実の娘のように接している。 鈴愛が小学生のころに他界するが、廉子はカエルになっていつでもみんなのそばにいるのだと鈴愛たちは信じている。 その後の物語では、鈴愛の成長と家族たちを天から見守る。 鈴愛の弟 楡野草太(にれの・そうた) 上村海成(かみむら・かいせい) 【連続テレビ小説 初出演】 鈴愛のひとつ違いの弟。 思い立ったら行動している姉とは対照的に、いつでも冷静、石橋をたたいて渡るタイプ。 幼いころから周囲の空気を読むことに長け、鈴愛が困ったときにはそっとそばによりそってくれる。 勘がよく気が利くので、女の子にはそれなりにもてるらしい。 楡野家の男性陣の中では父、祖父よりもはるかに冷静な判断と細かな気配りのできる男である。 <萩尾家の人々> 鈴愛の幼なじみ 萩尾律(はぎお・りつ) 佐藤健(さとう・たける) 【連続テレビ小説 初出演】 鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれ、ともに育った幼なじみ。 互いのことを誰よりも理解し合っているが、生まれたときから全てが対照的で、容姿端麗、成績優秀。 感情のおもむくままに行動する鈴愛と違い、クールな理論派だが、誰よりも優しく傷つきやすいところがある。 物心ついたころから鈴愛を気にかけ、鈴愛から頼られてきたが、彼女の大らかさに励まされ、うらやましく思う一面も。 鈴愛を守れるのは自分しかいないと心のどこかで思っている。 律の母 萩尾和子(はぎお・わこ) 原田知世(はらだ・ともよ) 律の母。 商店街きっての美人おかみの座を晴と二分しているが、性格は正反対。 夫と写真館の店先に立つかたわら、息子のためにケーキを焼き、ピアノをたしなみ、海外ミステリー小説を読むという優雅さ。 一見、おっとりしているように見えるが、実はとてもさばけた性格で、怒らせると怖い一方、意外に人情派でもある。 幼いころから律の才能を信じ、高い期待を本人に押しつけてしまう。 いつまでも子離れができないのが玉にきず。 律の父 萩尾弥一(はぎお・やいち) 谷原章介(たにはら・しょうすけ) 【連続テレビ小説 初出演】 律の父。 由緒正しき写真館の主人。 裕福な家庭で育ったせいか、上品で紳士的。 温厚な性格で、律の教育についても和子にまかせっきり。 息子の将来については、本人が決めたことを応援すればいいくらいに思っている。 一人息子しかいないせいか、生まれたときから知っている鈴愛を娘のようにかわいがる。 学校の卒業アルバムを写真館で手がけているため、鈴愛や律たちの学校にもよく出入りをしている。 <鈴愛を取り巻く人々> 町医者 岡田貴美香(おかだ・きみか) 余貴美子(よ・きみこ) 鈴愛と律が生まれた岡田医院の女医。 町の子どもたちの大半が貴美香によって取り上げられており、その後も節目節目でお世話になる赤ひげ的存在である。 歯に衣着せぬものいいでご意見番として一目おかれ、特に晴や和子など町の女性陣にとっては、子どもの健康のみならず、何かとよき相談相手となっている。 自身に子どもがいないこともあり、町の子どもたちの成長を、わがごとのように見守っている。 鈴愛の同級生 西園寺龍之介(さいおんじ・りゅうのすけ) 矢本悠馬(やもと・ゆうま) 鈴愛と同級生のガキ大将、通称・ブッチャー。 町でいちばんのお金持ち・西園寺不動産の息子で、自宅から学校まで人の土地を踏まずに行けるらしい。 本名は龍之介だが、その風貌とは似ても似つかないため、よく忘れられる。 学校では同級生たちを従えているが、律の前に来るとなんでも言うことを聞いてしまう。 律と幼なじみの鈴愛にことのほかちょっかいを出してくる。 鈴愛の同級生 木田原菜生(きだはら・なお) 奈緒(なお) 【連続テレビ小説 初出演】 町の洋品店・「おしゃれ木田原」の一人娘。 鈴愛とは幼なじみで高校まで一緒、気心の知れたよき相談相手。 鈴愛も菜生も学校では目立たない存在だが、何かと天然な鈴愛に対し、菜生は意外にしっかり者。 人の恋愛に目ざとく、心の機微を語ったり、「おしゃれ木田原」の将来についても真剣に考えている。 鈴愛の片耳失聴のこともよく知っており、さりげない気配りで助けてくれる。 【岐阜編、キャスト発表に寄せて。 作/北川悦吏子】 「半分、青い。 」純情岐阜編、キャスト発表です。 思い描いた世界が、そのままドラマになりそうな、いえ、もっとステキに世界が膨らみそうな方々に、出ていただけることになりました。 ありがとうございます。 再びお会いできる方、初めましての方、かつてテレビで見て憧れていた方、よろしくお願いします。 第一週のサブタイトルは、「生まれたい」です。 ヒロイン、胎児から始まる、という離れ業をやってのけました。 お腹の中からのスタートとなります。 書くは易し、具現化するのは難し。 ドキドキしております。 キャストの方々。 難しいバトンを渡しましたが、どうぞ、鮮やかに走りきってください! たとえ、コーナーでこけそうになっても、笑って軽やかに、バランスを取っていただいて。 楽しみにしています。 そして一緒に完走しましょう!こちらも、がんばります。 【北川悦吏子 プロフィール】 1961(昭和36)年12月24日生まれ。 脚本家・映画監督。 1992(平成4)年に「素顔のままで」で連続ドラマデビュー。 主な作品に、社会現象となった「愛していると言ってくれ」「ロングバケーション」。 そして、「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など。 2009(平成21)年には、映画の世界にも進出し、脚本監督作品に「ハルフウェイ」「新しい靴を買わなくちゃ」。 活動は多岐に渡り、エッセイや作詞などでも、人気を集める。 NHKでの執筆は昨年、ドラマ10「運命に、似た恋」が初。 今作が2作目となる。 【チーム岐阜、始動! 制作統括 勝田夏子】 今回ご紹介するのは、鉄砲玉でちょっと危なっかしいヒロイン・鈴愛を見守り育む、故郷・岐阜の人々です。 このドラマは、娘と母、そして家族を描くホームドラマと、生涯のソウルメイトとのラブストーリーが、横糸と縦糸のように織り成され、紡がれていきます。 北川さんはよく「言葉はいきものだ」とおっしゃいますが、確かにその脚本は、セリフといい、キャラクターといい、実に生き生きとしています。 しかも今回は、基本コミカル、時にシビア。 その世界を、ドラマという作り物の映像の中で鮮度そのまま、かつリアルに造形するには、キャストもスタッフもかなりの力を要求されます。 そんなわけで、気が付けば随分と豪華な顔ぶれにお集まり頂くこととなりました。 ちょっと欲ばり過ぎたかも知れませんが、このメンバーならどんなに高いハードルも越えられると信じています。 どうぞご期待ください! 2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説 『半分、青い。 』 【放送予定】 2018年(平成30年)4月2日(月)から9月29日(土) 《全156回予定》 【制作スケジュール】 2017年(平成29年)秋 クランクイン予定 【演出】 田中健二、土井祥平、橋爪紳一朗 ほか 【プロデューサー】 松園武大 【制作統括】 勝田夏子 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の