瞳 コード。 矢井田瞳

瞳(aiko) / コード譜 / ギター

瞳 コード

瞳の書き順【筆順】 読み方 『 瞳』の字には少なくとも、 ドウ・ トウ・ ズ・ ひとみの4種の読み方が存在する。 ひとみ。 「瞳孔・瞳子」• くらい。 「瞳矇 どうもう 」 熟語 散瞳【さんどう】 [医]瞳孔 ドウコウ が径4ミリメートル以上に開くこと。 また、開いた状態。 正常な眼では生理的反射によって当る光が弱まって起きたり、驚き・痛みなどの刺激でも起きる。 縮瞳【しゅくどう】 [医]瞳孔 ドウコウ が収縮 シュウシュク すること。 また、収縮した状態。 瞳孔散大【どうこうさんだい】 [医]さんだい 散大。 二十四の瞳【にじゅうしのひとみ】 [文]1952年 昭和27年 12月10日刊行された壺井栄 ツボイ・サカエ の小説。 昭和初年、小豆島 ショウトシマ の小学校の分教場 ブンキョウジョウ に赴任 フニン した女先生 オンナセンセイ と12人の教え子の物語。 太平洋戦争後、生き残った先生と生徒が再会。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「瞳」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 6500 新大字典 講談社 10836 新潮日本語漢字辞典 新潮社 7840 大漢和辞典 大修館書店 23707 大漢語林 大修館書店 7623 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

【瞳/大原櫻子】無料ギターTAB譜|アコギストロークVer.

瞳 コード

本作は女性シンガーソングライター・瀧川ありさの5枚目のシングルで、アニメ「七つの大罪 聖戦の予兆」のエンディングテーマとなっています。 彼女のデビュー曲の「Season」も「七つの大罪」のエンディングであり、今作は同アニメ作品の2作目のタイアップという事になります。 ギターを演奏しながら、透き通るようなヴォーカルで歌い上げる今回の彼女の新曲は、素直なメロディーとハーモニーで、非常に安心する聴き心地を与えてくれます。 上の動画は公式チャンネルによってYoutubeにアップされたもので、大ラスのサビを除いた部分が視聴できますので、本記事の耳コピもその範囲内で行っていきます。 おそらく、全部の弦を半音上にチューニングして、Eマイナーキーのコード進行を弾いているのでしょうか。 PVではカポタストは使っていないように見えますが、実際にギターで演奏される場合は、通常通りのチューニングをして、カポを1フレットにつけてもよいでしょう。 カポも半音チューニングもなしだと、ギターで演奏するのには難しいコードだらけになりそうです。 イントロではこの456進行が4回ほど続きます。 最初の1回はストリングスとアコギの音色のみですが、2回目でベースがストリングスとユニゾンをし、3回目、4回目はドラムやもう1つのギターの音色なども入って本格的な演奏が始まります。 そのため、徐々に盛り上がっていくような印象を受けます。 後半に入るとアコギが復活し、ドラムもノリの良いリズムを響かせるようになります。 特殊なコードは1つもなく、極めて素直なコード進行が続いています。 多くの楽曲がそうであるように、Aメロは特別なことはせずに、他の部分に比べてあえて目立たないような構成になっているのだと思います。 このコードがあることで、サビの最初のコードが更に強調される働きがあります。 「王道」という名前に恥じないほど、本当に頻繁に耳にするコード進行と言えます。 デビュー曲の「Season」もこの進行でした。 非常に強い解決感がある進行で、マイナーキーの楽曲に限らず使われています。 ずっと切ないコード進行が続いてきましたが、最後の最後で明るく晴れやかにな気持ちになるといったイメージです。 ここがもしFmのままだと、ずっと切ない印象のまま次の小節に行くことになります。 細かいところではありますが、ここがFmかFかで、楽曲の表情に与える違いは大きいと思います(どちらが正解、不正解かということはありません)。 Fが最終コードになっているため、転調をしていると思われるかもしれませんが、すぐあとのAメロがFmで始まるため、あくまで一時的な特殊コードとみるべきでしょう(実際にそのままFメジャーのキーに転調する楽曲もあります)。 なお、ヴォーカルの最高音はド(C)であり、サビとCメロに何か所かずつ登場します。 しかし、アレンジはところどころ異なっており、最も顕著に異なると感じたのは、サビへの入り方です。 どちらもサビを強調するという意図は同じですが、リズムとしては全く異なり、あえて1コーラスと2コーラスで変化を付けていることがわかります。 僕が曲を作る時は、手抜きで1コーラスと2コーラスを同じアレンジにしてしまうことも多いので、このようにしっかりと別のアレンジで作り込んでいる曲を聴くと、さすがプロの仕事だなと思います。 このコード進行は、この曲のように、盛り上がる箇所(主にサビ)の直前に使われることが多い印象があります。 Cメロの後はサビが登場すると思われますが、試聴動画はこの部分で終了しております。 まとめ 瀧川ありさの「色褪せない瞳」のコード進行を耳コピにより採譜しました。 素直なコード進行が多く、採譜はそれほど苦労しませんでした。 カポ等による半音上げを行えば、ギターの演奏も簡単な部類に入るコードばかりだと思います。 たまに登場する非ダイアトニックなコードが与える強いインパクトも素晴らしいです。 また、コードだけでなく、ヴォーカル、アコギ、ピアノ、ストリングスなどの音色も聴き心地が抜群で、何度でも聴いていたいと思う楽曲でした。 現時点では一般的な知名度はそれほど大きくない彼女ですが、この曲以外でも素晴らしい楽曲をたくさん出していますので、もっと多くの人に聴いてもらいたいなと思いました。

次の

JIS X 0213コード表(全コード)

瞳 コード

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が不足しています。 の記事は特に、を満たしている必要があります。 ( 2015年4月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2015年4月)• した節があります。 ( 2015年4月) 矢井田瞳 生誕 1978-07-28 (41歳) 出身地 学歴 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル (1999年) ( - ) ( - ) ・ ( - ) ( - ) 事務所 (2000年 - 2010年) (2010年 - 2015年) ヤマハミュージックパブリッシング (2015年 - 2016年) shift music (2016年 - ) 公式サイト 矢井田 瞳(やいだ ひとみ、 - )は、日本の女性。 愛称は「ヤイコ」。 所属事務所はシーエスミュージック。 人物 [ ] 豊中生まれの豊中育ちで長らく大阪で過ごしていたが、音楽活動に集中するために卒業を機に上京。 ギターを始めたのは19歳とプロのミュージシャンとしてはかなり遅いが、初めてギターを購入してからわずか2年後にはプロデビューを果たした。 2007年7月に音楽関係者の一般男性と結婚、2009年10月に第1子となる長女を出産した。 を習っていたことと歌うのが好きなこと以外は音楽とは縁がなく、どちらかといえばの方が好きで子供の頃はスポーツばかりしており、大学に進学するまでな人生を歩んでいた。 小学生時代は主にを習い、中学・高校時代も特に音楽はやらず、の中心の生活を送った。 言葉遊びや、が好きで、アルバムタイトルにも別に隠れた意味を持たせたものがある。 裸足でのライブが有名であるが、その理由として本人曰く「気にしぃ」な性格であり、靴やブーツの靴ひもでさえ気になることもあるので、より演奏に集中するために裸足でいるとのこと。 しかし、10月30日に行われた「京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜公演」ではを履いて登場。 同年末のとでのライブは靴を履いて登場した。 多くのファンの疑問に対し「を踏んだりするのに裸足では感触が悪く、気持ちよく音を踏み変えるには靴を履いたほうがいいので」という主旨の書き込みを自身のサイトでしている。 以降、裸足で登場することはほとんど見受けられなくなっている。 音楽 [ ] 影響を受けたアーティストは、、、 ()。 歌との出合いは父親のおかげ。 父親がで歌うためにリビングでその時の流行歌などいろいろな音楽を聴く時、家族みんなも一緒に聴くという環境で育った。 、などの-のには聴いていて景色が浮かぶ曲が多く、そのメロディや曲の暖かさに影響を受けた。 またよく父親に連れて行かれたスナックで父親がで歌うのを聞かされ、中でも父が歌う井上陽水の『傘がない』の独創的な歌詞には最も心惹かれた。 小学四年生の頃にはスナックで披露するために自分でも歌の練習を始めていた。 よく声がひっくり返るのが特徴的と言われるが、自分ではを身につけたのはその頃練習したの「」「」などの歌い方のおかげではないかと思っている。 時代に出会ったはプロになってからもライブでカバーするほどリスペクトしていて、特に新しい物の見方に気付かさせてくれた『』の歌詞には衝撃を受けた。 ギターを弾き始めたのは大学入学後の19歳の時。 漠然と音楽でもやろうかと思っていた時に大学内で見かけた男友達がギターを弾いている姿が普段より数倍格好よく見え、自分にも出来無いだろうかと思い、1万円のギターを買った。 当時は特にプロを目指していたわけでは無かったが、これをきっかけに熱心にギターの練習に取り組むようになった。 本人曰く、『私はギターが上手くなりたいというよりも ギターというものを使って弾き語りというヤツをしたかった。 ある日口ずさむわけでもなくの「HEAD OVER FEET」を繰り返し弾いていた…』。 毎日ギターを触っている内にひと月ほどで有名な曲を何曲か弾けるようになり、コードも物理的に指が届かないもの以外は何となく弾けるようになっていた。 その頃、の『relish』というアルバムに出会い、初めて音楽を作る側に興味がわいた。 中でも「One Of Us」という曲は何度もギターで練習し、途中で声が裏返るのまでも真似したという。 そしてアラニス・モリセットの曲は、色々なをおぼえる前に作曲を始めた彼女にとってはコードも少なくて、先に歌う喜びを知ることが出来るいいお手本になった。 また自分の気持ちを吐き出すようなアラニスの歌詞を見て、「曲に素直に自分の気持ちを反映させてもいいと」いうことを学んだ。 そしてアラニスの「HAND IN MY POCKET」と「HEAD OVER FEET」もまたギターの弾き語りの練習に使った。 そうやってギターを弾いて楽しみながら独学でコードを探して覚え、知っているコードが増えてくると、それに合わせて知らないうちに新しいメロディを歌うようになり、自然と曲を作るようになっていた。 しかし曲作りを始めて自作曲が何曲か出来てくると、「友達に聴かせるのは恥ずかしいが、もしプロが聴いたらどう思うだろう?」という気持ちが芽生えてきた。 そこでオーディションにを送ってみることにした。 その結果、当時、で放送していたオーディション番組「」に出演することになり、見事グランドチャンピオンを獲得。 その副賞としてよりCDをリリースする権利を得た。 ギターを弾きながら歌うことが多いが、ピアノも弾ける。 ライブでは自身の楽曲である「Over the distance」や「この恋はもうしまってしまおう」をピアノ弾き語りで披露することもある。 また、アルバムやシングルでは様々な楽器にチャレンジしている。 チーム名はダイヤモンドの他、「矢井田(やいだ)」の逆さ読み「ダイヤ」にも由来している。 矢井田のデモテープを聞いてダイヤの原石を発見したと思ったのが中心となり、、、との4人で2000年に結成。 『』、『』、『』、『』の4枚のアルバムをプロデュース。 担当楽器は、、、等では不在のため、ではは全てとなっている。 (2000年 — 2004年)• リーダー、トータルプロデュース、コーラス担当。 、、、、音楽プロデューサーとして活動。 矢井田のプロデュースを手掛けるために所属事務所の・グループ内に独立レーベル「」を設立。 (2000年 — 2005年、2015年)• アレンジ、ギター、ベース(一部レコーディング)担当。 ギタリスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーとして活動。 ギター以外にもベースなどの演奏をこなす。 2015年に約10年ぶりにレコーディングに参加。 (2000年 — 2003年)• アレンジ、キーボード、等担当。 、サックス奏者、音楽プロデューサーとして活動。 (2000年 — 2011年)• アレンジ、プログラミング、キーボード担当。 キーボーディスト、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーとして活動。 主なメンバー [ ]• (2000年 - ) - ベース担当。 (2000年 — 2005年) - ドラム、担当。 (2000年 — 2011年) - パーカッション担当。 (2000年 — 2001年) - ベース担当。 (2002年 — ) - 担当。 ジョイントライブなども行う。 (2004年 - ) - キーボード担当。 (2004年 — 2005年) - 担当。 (2006年 — 2011年) - ベース担当。 (2006年 — 2014年) - ギター担当。 (2006年 — 2011年) - ドラム担当。 (2006年) - ピアノ担当。 (2013年 — 2014年) - ドラム担当。 (2013年 — 2014年) - キーボード担当。 (2013年) - 担当。 (2013年) - ヴァイオリン 担当。 (2013年) - 担当。 (2015年 — ) - ドラム担当。 (2015年 — ) - ギター担当。 来歴 [ ] SEESEE時代 [ ] 1999年• 6月21日、オーディション番組をきっかけに、SEESEE名義でより「nothing,」をリリース。 インディーズからメジャーへ〜東芝EMI時代 [ ] 2000年• 5月3日、限定「Howling」を青空レコードよりリリースし、でデビュー。 後にこのシングルは全国発売される。 その後、 Virgin Internationalと契約。 6月、心斎橋クラブクアトロで初ワンマンライブ。 7月12日、シングル「」をよりリリースし、。 同時にでもインディーレーベルと契約。 8月、とでライブを行う。 9月22日、「YAIKO」名義でシングル「I LIKE 2」をでリリースし、全英デビューを果たす。 10月4日、シングル「」をリリース。 全国ヒットし、のフレーズが大流行、「ダリダリ旋風」が巻き起こる。 ファーストも見事に1位を獲得、発売1ヶ月間で約70万枚を売り上げ 、ミリオンセールスを記録した。 10月、アルバムリリース直後に卒業論文等学業に専念する為、一時的に活動を休止。 2001年• 1月1日、「YAIKO」名義でシングル「Darling Darling」を英国でリリース、イギリスの音楽雑誌『』のクラブ音楽部門でクラブ役200人による投票でランキング1位を獲得。 その後、過労のため一時入院。 3月、関西大学文学部卒業。 のテーマは。 3月-5月、全国ツアー「I'm here…」Tourを開催。 4月、YAIKO名義で全英クラブ・ツアー「」を開催、21日の公演を皮切りに、マンチェスター、、を回り、28日のロンドン公演で終了。 ライブイベント「」を開催。 11月から翌2002年3月まで、全国ツアー「」を開催。 12月31日、(現名称:京セラドーム大阪)でカウントダウン・ライブ「」を開催。 2002年• 7月、ライブイベント「summer festival Music Pool 2002」を大阪ので開催、とと共演した。 9月-10月、完全招待制ライブツアー「秋にはごゆるりと 〜acoustic live 2002 〜」開催• 2月-5月、全国ツアー「」を開催。 9月、完全招待制アコースティックライブツアー「」開催。 2004年• 50公演とが異なっていた。 8月、2年ぶりとなる野外ライブ「矢井田瞳 SUMMER FESTIVAL GIRLS TALK 2004」を、1日は大阪万博記念公園、7日はので開催。 8日には追加公演及びの最終日イベントの一環として、「オーサカキング 矢井田瞳 SUMMER FESTIVAL GIRLS TALK 2004」を西の丸庭園で開催した。 12月31日、で年越しカウントダウン・ライブ「COUNTDOWN LIVE 2004-2005」を開催。 再びインディーズへ [ ] 2005年• 2月、第54回のに出演。 3月、の「やわらか」のテレビCMに出演。 4月24日、TOKYO-FMホールにおいてに出演。 5月、アコースティックライブツアー「acoustic live 2005 〜オトノシズク〜」開催。 7月-8月、いくつかの主要都市の野外ライブ、いわゆるに参加。 そのうち東京公演「」に出演した際は、アコースティック編成で登場した。 10月、との契約を終了し、再びインディーズレーベル「」での活動に。 10月30日、「京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜」(アコースティック編成)公演。 「矢井田瞳 HERE-TODAY LIVE 2005」を(12月13日・14日)と(12月27日・28日)で開催。 2006年• 7月-8月、「限定 矢井田瞳 LIVE」(東京2ヶ所・札幌・仙台・大阪・愛知・福岡・広島)開催。 11月22日、で活動開始後初めてオリジナルアルバム「」を発売。 2007年• 1月、『』(12日と19日放送分)に顧問(ゲスト)として出演。 5月8日 ZEPP NAGOYA 、9日 ZEPP OSAKA 、11日 ZEPP TOKYO に「IT'S A NEW LIVE 追加公演」を開催。 前項のライブツアーとはセットリストが異なっていた。 7月-8月、「矢井田瞳 DoCoMo PRIME6 プレミアライブ」(札幌・福岡・大阪・仙台・名古屋・東京それぞれ2日間公演)を開催。 とによるピアノデュオと矢井田の唄だけというアコースティック構成であった。 7月28日、自身の誕生日である「ナニワの日」に、本人の公式ホームページ内にある「サイキンノヤイコ」で、音響関係の仕事をしている1歳年上の東北出身の男性と2年間の交際を実らせ結婚したことを突然発表。 また今後も音楽活動時は「矢井田瞳」を名乗っていくことを合わせて発表。 12月25日、TBSの音楽番組『』でと共演。 新曲「恋バス」を披露し、の「SOMEDAY」でコーラスも担当した。 2008年• 3月5日、前作より1年4か月ぶりとなる7th album「」を発売。 3月-4月、ライブツアー「」を開催。 5月、「マイティア美瞳 矢井田瞳プレミアムライブ」を12日に大阪BIG CAT、17日には渋谷DUO MUSIC EXCHANGEで開催。 前項のCOLOROCK LIVEとはセットリストが異なっていた。 6月25日、ツアーライブDVD「」を発売。 8月30日、鎌倉音楽祭 鶴舞2008 「鶴岡八幡宮 奉納ライブコンサート」に、、、、とともに出演。 10月15日、「やくしま森祭り 2008」のコンサートに、、、とともに出演。 12月2日-25日、シングル「恋バス」リリース記念として、に「恋バスCAFE」をオープン。 リリース日の3日には、矢井田が1日店長を務めた。 2009年• 2月18日、デビュー10周年として、ベストアルバム『』・ビデオクリップ集『』を同時発売。 青空レコードおよびクリアスカイコーポレーションとの契約を終了。 6月1日、第1子を妊娠したことを発表。 10月28日、長女となる第1子を出産。 ユニバーサル時代 [ ] 2010年• 7月28日、所属事務所をに移して活動再開することを発表。 12月1日、レーベルをに移籍した上で、年明けにシングルリリースと単独ライブの開催が明らかになる。 12月23日、塩谷哲プロデュース「Saltish Night vol. XIV」に出演し、自身の楽曲である「この恋はもうしまってしまおう」「My Sweet Darlin'」「悲しみが吹いた時(未発表曲)」のほか、アンコールでは他の出演者全員で塩谷の楽曲「星の夜」を披露した。 妊娠・出産の関係で公式的には発表されていなかったものの、2009年前半を最後に事実上の活動休止状態となり、公の場には顔を見せていなかった矢井田にとって、これが再始動宣言後初のステージとなった。 2011年• 1月17日、(東京)、20日はなんばHatch(大阪)にて「10周年記念限定ライヴ〜ただいま、ありがとう〜」を開催。 2008年3月から4月にかけて行われたライブツアー以来、この単独ライブは約3年ぶりである。 2月9日、約3年半ぶりとなるシングル「Simple is Best」をリリース。 4月20日、シングル「同情みたいなLOVE」をリリース。 5月18日、前作より3年2か月ぶりとなる8th album「」をリリース。 6月、HEATWAVEの山口洋が中心になって立ち上げた福島県相馬市の復興支援プロジェクト「MY LIFE IS MY MESSAGE」に参加を開始。 6月-7月、6都市で約3年ぶりとなるライブツアー「矢井田 瞳 LIVE TOUR 2011 VIVID MOMENTS」を開催。 (:/:/:/:/:/:/:/:福岡ドラムロゴス)• 11月30日、シングル「」をリリース。 2012年• 7月11日、シングル「」をリリース。 7月-8月、ワンマンライブ「矢井田瞳 夏の元気祭り 728・815」を7月28日は東京ので、8月15日には大阪ので開催。 9月26日、9枚目のオリジナルアルバム「」を発売。 9月29日、大阪・「panodrama」発売記念イベントを行った。 初の地元凱旋ライブとなった。 (:NHKホール(東京)/:(大阪)/:(名古屋)/:神戸国際会館こくさいホール) 2013年• 7月-8月、前年に引き続き「矢井田瞳 夏の元気祭り 728・815」を、7月28日は東京のSHIBUYA-AXで、8月15日には大阪のなんばHatchで開催。 、自身初のミニアルバム「」を発売。 11月-12月、アルバムを引っさげたライブツアー「123456」を、11月30日に愛知Diamond Hallで、12月11日は大阪のなんばHatchで、翌12日には東京の赤坂BLITZで開催。 2014年• 2月、塩谷哲とのDUOライブ「〜しおのやいだ〜Acoustic Live」のビルボードライブ公演を開催。 (・:ビルボード東京/・:ビルボード大阪)• 7月-8月、「アコースティックで元気祭り~2014プレミアム~」を開催。 (:大阪 /:)• 、自身の念願であった子連れが可能なライブ「昼のオトノハvol. 1~おやことやいこ~」を開催。 11月、スタンディングライブツアー「矢井田瞳 TOUR 2014~スタンディングでGO!~」を開催。 (:東京 /:愛知 /:大阪 ) 2015年• 4月、モバイルファンクラブ「Ch. yaiko」開設。 6月-9月、「矢井田瞳 弾き語りTOUR2015〜ヤイダヒトリ〜」開催。 (全国15公演+追加2公演)• (札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡) 2016年• 、10枚目のオリジナルアルバム「」を発売。 4月-5月、アルバム「TIME CLIP」を引っさげたライブツアー「矢井田瞳 LIVE TOUR 2016『TIME CLIP』」(名古屋・大阪・東京)を開催。 、追加公演「矢井田瞳 LIVE TOUR 2016『TIME CLIP』〜ナニワで裏ヤイコ〜」を大阪・umeda AKASOにてCh. yaiko会員限定で開催。 、所属事務所であるヤマハミュージックパブリッシング・からの移籍を発表。 7月-8月、「矢井田瞳 夏の元気祭り2016 〜おやことやいこ〜」を開催。 (:大阪 エルセラーンホール/:東京)• 、追加公演「Ch. yaiko MEMBER 限定追加公演〜おやこと裏やいこ〜」を東京・で開催。 、豊中市制施行80周年記念式典に参加。 書き下ろし楽曲「その先へ」披露。 、ライブBD「」をリリース。 全国16公演 2018年• 、TOKYO FM『大家志津香のエン活!』にて「TIMELESS SESSONS SPECIAL」と題して()と初対談。 、神奈川県民ホール開催の「TIMELESS SESSIONS in YOKOHAMA」に出演。 関連人物・エピソード [ ]• 中学校の先輩にのがいる。 高校の一年先輩に元アナウンサーのがいる。 関西大学の同期生にのがいる。 2018年7月31日、TBSラジオ『』で共演、大学時代の山里とのエピソードを語っている。 デビューのきっかけとなった番組「」のアシスタントを現在はの(当時は大学生)が務めていた。 (大阪大学大学院)の矢井田修・教授・学生部長は実父。 時々矢井田のCDを持ち歩いているという。 大の好きで、デビュー直前までラーメン屋の薩摩っ子ラーメン店でをしていた。 では、のファン。 2017年、球団歌「」のリードボーカルを担当。 ・での阪神主催試合で、動画が公開された。 上方のお笑いが好きで、特に漫才を好む。 同じ豊中市出身のとも親交がある。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 枚 発売日 タイトル インディーズ 2000年5月3日 1st 2000年7月12日 2nd 2000年10月4日 3rd 2001年1月24日 4th 2001年6月27日 5th 2001年9月27日 6th 2002年3月27日 7th 2002年7月10日 8th 2002年12月4日 9th 2003年4月23日 10th 2003年9月10日 11th 2004年3月17日 12th 2004年10月27日 13th 2005年7月6日 14th 2006年3月15日 15th 2006年6月21日 16th 2006年11月1日 17th 2007年10月10日 18th 2011年2月9日 19th 2011年4月20日 20th 2011年11月30日 21st 2012年7月11日 その他シングル [ ]• nothing, 1999年6月21日• SEESEE名義。 より発売。 I Like 2 2000年9月22日• YAIKO名義で英国で発売されたシングル。 2000年9月15日にアナログ盤も発売。 Darling Darling 2001年1月1日• YAIKO名義で英国で発売されたシングル。 同日にアナログ盤も発売。 初恋 〜Exclusive〜 2006年12月4日• シングル。 恋バス 2008年12月3日• アルバム [ ] オリジナルアルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 備考 1st 2000年10月25日 2nd 2001年10月31日 3rd 2002年10月9日 初回限定盤 ライヴ音源とウェブ・ページにアクセス可能な8cmCDシングル付き。 4th 2003年10月29日 CD-EXTRA仕様 5th 2005年8月15日 6th 2006年11月22日 初回限定盤 PVとライブ映像が収録されたDVD付き。 7th 2008年3月5日 8th 2011年5月18日 初回限定盤 ライヴ映像が収録されたDVD付き。 9th 2012年9月26日 10th 2016年3月2日 ベストアルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 備考 1st 2004年7月28日 完全限定版でBOX仕様。 2nd 仕様。 3rd 2004年12月1日 4th 2009年2月18日 同日にクリップ集も発売。 ミニアルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 1st 2013年9月18日 ライブアルバム [ ] 枚 発売日 タイトル 備考 1st 2003年2月19日 CD+DVDの2枚組み。 2nd 2005年12月7日 その他アルバム [ ]• 2002年1月23日• YAIKO名義 紙ジャケット仕様+ステッカー封入。 Hitomi Yaida COLOROCK LIVE 2008(音源のみ)• iTunes Store配信限定。 トリビュート・アルバム [ ]• 「EARTH ARK」魔装機神サイバスター Vocal Edition 1999年8月21日• SEESEE名義 「nothing,」で参加。 ASIN: B000064CAU• DEATH NOTE TRIBUTE 2006年6月21日• 収録曲、「37. (2010年2月24日)• M-15「人にやさしく(Live ver. )」で参加。 M-2 「夜明けのオケヒット featuring 中村中、矢井田瞳」• M-10「もう一度世界を変えるのさ(album ver. M-2,11 「Song of Autumn Silver Grass」にヴォーカルとして参加。 Disc-3 M-16「wonderful life」にコーラスとして参加。 THE PEANUTS TRIBUTE SONGS(2016年9月7日)• M-5「明日になれば」にとヴォーカルとして参加。 VHS・DVD・Blu-ray [ ] 発売日 タイトル 規格 ミュージック・クリップ集 2001年4月2日 DVD・VHS ライブ・ビデオ 2001年11月28日 DVD・VHS ボックス・セット 2002年7月3日 DVD ライブ・ビデオ 2002年7月3日 DVD・VHS ツアードキュメントビデオ 2002年7月3日 DVD・VHS ミュージック・クリップ集 2003年3月29日 DVD・VHS ライブ・ビデオ 2004年1月28日 DVD 2005年2月16日 DVD 2005年1月27日 DVD 2008年6月25日 DVD 2016年12月2日 Blu-ray ミュージック・クリップ集 2009年2月18日 DVD カヴァー曲 [ ] (2000年10月4日) のカヴァー。 シングル『my sweet darlin'』に収録。 みずいろの雨 (2000年10月27日、2001年12月31日) のカヴァー。 渋谷 ON AIR EAST でのライブ、矢井田瞳 COUNTDOWN LIVE 2001-2002 で披露された。 CD化・DVD化に至っていないカヴァー曲である。 I'm so small (2001年11月28日、2001年12月31日) のカヴァー。 ライブDVD『HITOMI YAIDA 2001 SUMMER LIVE SOUND OF CLOVER』に収録。 また、矢井田瞳 COUNTDOWN LIVE 2001-2002 でも披露された。 なお、2013年のライブツアー「矢井田瞳 夏の元気祭り 728・815」で12年ぶりに披露された。 ラブレター (2002年7月3日) のカヴァー。 ライブDVD『Candle in the eyes』に収録。 fast car (2002年7月10日) のカヴァー。 シングル『アンダンテ』に収録。 (ライブDVD・CDにおいては、同じものであるが、映像になっているのはDVDの方である。 ) ベルと本とキャンドル(原題:Bell Book and Candle)(2003年9月10日) のカヴァー。 シングル『一人ジェンガ』に収録。 タイトルは邦題であり、歌詞も矢井田が日本語に訳している。 You Are My Sunshine (2005年3月19日 - 4月3日まで) と、による楽曲のカヴァー。 「やわらか」のCMでカヴァーされた。 CMでは矢井田が弾き語りで歌っている。 この曲も、CD化・DVD化に至っていないカヴァー曲である。 涙そうそう (2005年10月30日) ・のカヴァー。 アコースティックライブ『京都文化祭典'05 京の華舞台 平安神宮幻夜コンサート第2夜』で披露された(この模様はで放送された)。 津軽海峡・冬景色 (2005年12月7日) のカヴァー。 ライブDVD『Hitomi Yaida MTV Unplugged』に収録。 ファイト! (2008年6月28日) 中島みゆきのカヴァー。 『中之島音楽特区(SALTISH NIGHT)』で披露された。 わかんない(原題:Until Dawn)(2011年2月9日) のカバー。 シングル『Simple is Best』に収録。 安らぎはまだ先に(原題:Don't Dream it's Over)(2011年4月20日) のカバー。 シングル『同情みたいなLOVE』に収録。 喝采 2014年7月28日・8月15日 のカヴァー。 「アコースティックで元気祭り~2014プレミアム~」で披露された。 あなた(2014年11月6日・11月11日・11月12日) のカヴァー。 「矢井田瞳 TOUR 2014~スタンディングでGO!~」で披露された。 2006年に行われた『爽健美茶限定 矢井田瞳 LIVE』での披露曲は大半がカヴァー曲であるため割愛する。 楽曲提供 [ ]• i don't know me. (2008年9月3日) 作詞・作曲:矢井田瞳、編曲:村田昭 (みつき名義)の1stアルバム『』(2008年9月3日発売)に収録。 つかまえて! (2009年7月15日、歌詞のみ) 作詞:矢井田瞳、作曲:noi、編曲: の5thアルバム『』(2009年7月15日発売)に収録。 One (2009年11月25日、歌詞のみ) 作詞:矢井田瞳、作曲:alan・、編曲:中村康就 の2ndアルバム『』(2009年11月25日発売)に収録。 feat. 矢井田瞳(2010年5月26日) 「TOKYO GROOVE」(2010年5月26日発売)のDISC2『COVER Songs』で、メジャー2ndシングル『』をカバーしたHALCALIとのフィーチャリングアーティスト(デュエット相手)としてセルフカバー参加。 フィナーレ (2013年1月23日) 作詞・作曲:矢井田瞳、編曲:釣俊輔 の4thアルバム『』(2013年1月23日発売)に収録。 ワレナイ風船 (2014年9月24日、歌詞のみ) 作詞:矢井田瞳、作曲: のアルバム『TARTETATIN ARE ALLRIGHT! 』(2014年9月24日発売)に収録。 SUN SUN SUN (2015年8月5日、作曲のみ) のミニアルバム「恋のはじまり」に収録 著書 [ ]• サイキンノヤイコ(2001年4月)• 転がる。 (2006年11月) タイアップ [ ] 曲名 タイアップ nothing, 系アニメ「」エンディングテーマ B'coz I Love You 系「」オープニングテーマ my sweet darlin' 「COOLPIX 880」CMソング Girl's Talk 「富士ヨット学生服」CMソング Look Back Again 「」CMソング Over The Distance 「ACTIVE 北海道 2001」キャンペーンソング le vent brulant 系「」エンディングテーマ Buzzstyle 系ドラマ「」主題歌 「JUST Real! yaikoの「素」(2017年10月- レギュラー放送中 火曜19:00-19:30) テレビCM [ ]• エフティ「バージンブライト」シャンプー・コンディショナー(2002年)• 「リプトンリモーネ」(2003年)• 東芝製「 A5304T」(2003年)• 第54回兼代表選考会(2005年)• 「やわらか」(2005年)• 「」(音楽のみとライブバージョン)(2006年)• 「マイティア美瞳」(2008年)• 「米唐番」(2016年)• 「脱臭炭」(2016年) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 専攻はおよび。 アニメ『』のエンディング・テーマだったこの曲はメジャーデビュー後のアルバム『』収録の「Nothing」の原型であり、このCDは現在、オークションなどで高値で取引されることがある。 基本的な公演内容は前述した2公演と同じであるが、大規模会場において見受けられる観客用大型ビジョンやが設置されていなかった。 国内アーティストとしては・・に次いで4例目であった。 「青空レコード」の販売はの「」が請け負う。 これらは翌2008年のライブツアーにおいても同様。 このライブツアーからは、一部のバンドメンバーが変わり、曲のテンポが速めになっているなど楽曲にアレンジが多くなされていた。 矢井田本人は、このライブツアーに参加したバンドメンバーをアルバム『IT'S A NEW DAY』に掛け合わせ「IT'S A NEW BAND」と称している。 矢井田は千里中央近くの大阪府出身。 撮影場所は阪神甲子園球場のグラウンド、1塁側スタンド、室内練習場で、球団専属のチアガール「Tigers Girls」と共演。 ユニフォームの背番号は「815(ヤイコ)」。 出典 [ ]• 矢井田瞳 official web site. 2017年9月16日閲覧。 THE PAGE 大阪 2017年4月1日. 2017年9月16日閲覧。 MusicVoice 2017年5月10日. 2017年7月16日閲覧。 2011年1月18日. 2017年7月16日閲覧。 インタビュアー:小池千尋. 2017年9月16日閲覧。 2005年. 2017年7月16日閲覧。 Hitomi Yaida on the web. 2000年6月22日時点のよりアーカイブ。 2017年9月15日閲覧。 Hitomi Yaida on the web. 2001年8月2日時点のよりアーカイブ。 2017年9月16日閲覧。 2012年7月30日. 2017年9月16日閲覧。 矢井田瞳 2016年3月1日. インタビュアー:もりひでゆき. 2018年7月16日閲覧。 prime sound studio(青山スタジオ). 2017年9月16日閲覧。 2014年8月22日閲覧。 スポニチアネックス. 2001年1月27日. 2001年2月4日時点のよりアーカイブ。 2017年9月16日閲覧。 2001年2月26日. 2014年8月22日閲覧。 2010年12月1日. 2014年8月22日閲覧。 - 阪神タイガース 2017年3月16日。 2019年4月14日閲覧。 2010年4月19日. 2014年8月22日閲覧。 2014年9月3日. 2014年10月9日閲覧。 「」や「(現「」)」などで放送。 ORICON STYLE. 2016年7月11日. 2016年7月12日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年11月21日. 2016年11月24日閲覧。 外部リンク [ ] ウェブサイト• - 公式サイト(2019年7月 - )• - 公式サイト(2010年7月 - 2016年6月)• - 公式サイト内のブログ• - 青空レコードによる矢井田瞳の公式ページ• - ユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト• - ヤマハミュージックアーティストによるアーティストページ• - ヤマハミュージックコミュニケーションズによるアーティストページ• - プロモーションビデオ• - "my sweet darlin'"のプロモーション・ビデオ。 青空レコードのYouTube公式チャンネルより。 - "もぎたての憂鬱"のプロモーション・ビデオ。 UNIVERSAL MUSIC JAPANのYouTube公式チャンネルより。

次の