斎藤 利 三。 齋藤利三

斎藤利藤

斎藤 利 三

明智家の家臣になった経緯 利三は光秀の家臣になるまでにさまざまな主君に仕えていました。 どのような経緯で光秀の重臣となったのでしょうか。 美濃斎藤氏の一族出身 利三は天文3年(1534)戦国武将・斎藤利賢の次男として誕生しました。 斎藤道三とは別の系譜で、美濃斎藤氏の一族出身ではあるものの、その家系については諸説あるようです。 母は越中蜷川家・蜷川親順の娘といわれていますが、徳川家の正史『徳川実紀』には「斎藤利三は明智光秀の妹の子」とも記載されています。 幕府の奉公衆から稲葉家の家臣に 妙心寺智勝院所蔵の稲葉一鉄像です。 もともと利三は実兄・石谷頼辰や光秀と同じように幕府の奉公衆でしたが、上京後は摂津国・松山新介に、次いで斎藤義龍に仕えるようになりました。 ところが同じく義龍の家臣だった西美濃三人衆の一人・稲葉一鉄(良通)が、斎藤家から離反して織田家に従属。 利三はこれに従い、その後は稲葉氏の家臣となります。 光秀に重用され丹波黒井城主になる 一鉄の家臣となった利三ですが、元亀元年(1570)以降は光秀の配下になったようです。 この鞍替えについては、利三が一鉄といさかいを起こして袂を分かち、親戚関係にあった光秀をたよったからともいわれています。 光秀の家臣になってからは、明智秀満と並んで筆頭家老として重用されました。 光秀の丹波平定後は、1万石の丹波黒井城主になり氷上郡の統治にもあたっています。 最期まで主君に付き従った利三 本能寺の変は光秀だけではなく家臣の利三にとっても重要な出来事でした。 このとき利三はどのような働きをしたのでしょうか。 本能寺の変の計画に反対したが… 本能寺の変を描いた『錦絵本能寺焼討之図』です。 『信長公記』や『川角太閤記』によれば、天正10年(1582)光秀は本能寺の変の計画を、藤田行政、溝尾茂朝、秀満といった一部の重臣に打ち明けました。 そしてその中には利三も含まれていたのです。 利三はその計画の無謀さから、秀満とともに反対したといいます。 しかし主君の命令には逆らえませんでした。 また光秀の恩義に報いる気持ちもあったため、首謀者の一人として本能寺の変に参加せざるを得なくなったのです。 山崎の戦いで先鋒として奮闘 本能寺の変の後は、中国大返しにより引き返してきた羽柴秀吉と山崎の戦いで激突します。 利三は先鋒として活躍しますが、結果的に敗れて逃走しました。 梅雨時だったこともあり暑さで衰弱していた彼は、執拗な捜索により近江堅田で捕縛されてしまいます。 そして秀吉の命令により六条河原で斬首されました。 本能寺の変の黒幕は利三だった!? 度重なる焼失や再建を経た本能寺。 現在の本堂は昭和3年(1928)に建てられたものです。 本能寺の変の真相は未だ謎ですが、利三の黒幕説も存在しています。 なぜそのように言われているのでしょうか。 信長から切腹を命じられた 利三の口利きにより稲葉家から那波直治を光秀が引き抜いた際、一鉄はこれを不服として信長に抗議しました。 その意見を聞き入れた信長は、那波を稲葉家に返し、利三を切腹させるよう命じます。 しかし光秀はこの命令を拒否したため、激怒した信長から折檻されました。 信長の判断が下されたのは、本能寺の変のわずか3~4日前のことです。 切腹は周囲のとりなしで撤回されたものの、信長に不服を感じた利三が、主君の光秀に働きかけたのではないかと考えられています。 親戚・長宗我部氏との関係 光秀は織田氏と同盟関係にあった四国・長宗我部氏との取次役を務めており、家臣の利三も長宗我部元親と姻戚関係にあるなど深い関係にありました。 ところが石山本願寺が降伏したことで、その背面に位置していた長宗我部氏の価値が薄れ、信長は同盟関係を結んでいたにもかかわらず四国に勢力を拡大しようと動き出します。 利三はこれを阻止しようとしたとも考えられており、山科言経の『言経卿記(ときつねきょうき)』には「日向守内斎藤蔵助 今度謀叛随一也」と事件の中心人物とするような記載もみられます。 なお、長宗我部氏も信長の裏切りには反発しましたが、のちの史料から降伏を決意していたことがわかっています。 娘は徳川家光の乳母・春日局 麟祥院所蔵の春日局蔵です。 利三の後室は一鉄の娘で、2人の間には斎藤利宗、斎藤三存らが生まれました。 しかし最も有名なのは末娘の福でしょう。 母方の親戚である三条西公国に養育された彼女は、書道、歌道、香道など公家の教養を身につけた後、伯父・稲葉重通の養女になり、稲葉正成の後妻となりました。 その後は2代将軍・徳川秀忠の嫡子・竹千代(後の徳川家光)の乳母に任命され、家光の将軍継嗣において功績を残したり大奥をまとめたりと権勢を振るいました。 朝廷から賜った 「春日局」という称号で広く知られています。 明智家の重臣として全うした 利三はさまざまな主君に仕えましたが、最期は明智家の重臣としてこの世を去りました。 光秀に対しては大きな恩義を感じていたのかもしれません。 利三の死後、その首は親交のあった絵師・海北友松によって京都の真正極楽寺へと葬られました。 斬首後は光秀の首とともに本能寺に晒されたとも言われており、まさに最後まで主君と運命を共にしたといえるでしょう。 <関連記事>.

次の

斎藤利三の息子

斎藤 利 三

「斎藤」の一文字目に使用される異体字はあわせて31種類あると言われている。 なお、「」は「いむ(心身を清める)」、「」は「ととのえる」の意味で別の漢字であるが、江戸時代に「斎」の略字として「斉」が使用された(なお、ではそれぞれ「斋」と「斉」となり、共通性がさらに失われている)。 中頃のの子・がであったことに由来する苗字とされる。 藤原利仁の後裔は・をはじめ、北陸各地にとして発展した。 斎藤氏は平安時代末からなど各地に移住して繁栄した なお「斉藤氏」は「斎藤氏」から派生しており、さらに「齊藤氏」が派生したと考えられる。 藤原北家利仁流斎藤氏 鎮守府将軍・藤原利仁の子叙用を祖とする。 叙用の父・利仁はの・秦豊国の娘を母に持っていたことから 、を中心に一帯に勢力を築き、叙用の孫斎藤伊傳は越前国押領使となった。 また同じく叙用の孫斎藤忠頼は加賀介に任じられたため 、加賀にまで勢力を広げた。 その後裔はそれぞれ 越前斎藤氏と 加賀斎藤氏の2系統に分かれた。 加賀斎藤氏 鎮守府将軍・藤原利仁の子叙用の孫で加賀介であった忠頼を祖とする。 忠頼の子斎藤吉宗は 弘岡斎藤氏の祖となる。 加賀斎藤氏から堀氏などが分かれ、 弘岡斎藤氏は林氏・富樫氏となった。 越前斎藤氏 鎮守府将軍・藤原利仁の子叙用の孫で越前国押領使であった伊傳の子孫である越前国疋田 (現在の疋田)を本拠とした 疋田斎藤氏と同国足羽郡河合郷(河合)を本拠とした 河合斎藤氏の2派に分かれる。 疋田斎藤氏 藤原叙用の孫で越前国押領使であった伊傳の子斎藤為延 を祖とする。 越前国敦賀郡疋田を根拠地とした。 斎藤姓も用いたが、地名から取り、為延の子為輔が方上氏(進藤氏)を称し、その弟斎藤為頼の子である斎藤頼基・斎藤成真・斎藤為永らがそれぞれ竹田氏・宇田氏・を称した。 さらに竹田氏から大谷氏、宇田氏から葦崎・志比氏、疋田氏から千田・熊坂氏などが分かれた。 『平家物語』で滝口入道として知られるはこの系統といわれる。 吉原斎藤氏 吉原斎藤氏は藤原叙用の孫で越前国押領使であった伊傳の子斎藤則光を祖とする。 則光の子斎藤孝則の系統は粟生氏となった。 河合斎藤氏 河合斎藤氏は則光の孫斎藤助宗 を祖とする。 助宗は「越前国住人輔宗」の名で中央の歴史書に登場する人物。 越前国足羽郡河合郷(福井県福井市河合)を根拠地とした。 斎藤姓も用いたが、助宗の子・斎藤成実の系統は坂南・都筑・脇本、成実の弟・斎藤景実の系統は稲津・松本・大見などを称した。 そのほか、 美濃斎藤氏や長井別当と呼ばれたを始祖とする 長井斎藤氏(武蔵斎藤氏)とはこの系統といわれる。

次の

斎藤氏

斎藤 利 三

1555年、斎藤義龍は叔父・ と共謀して仮病を装い、弟の斎藤孫四郎・斎藤喜平次らを に殺害させた。 1556年、斎藤義龍 30歳 は、斎藤道三を討つために挙兵。 斎藤家の家臣の多くは、斎藤義龍に味方した。 ただちに、斎藤道三の娘・帰蝶 お濃 を正室としていた が救援に向かうも間に合わず、斎藤道三は の戦いにて討死した。 斎藤道三は、斎藤義龍の見事な采配に「しばらくは斎藤家も安泰」と述べたとされる。 斎藤道三の末子・ が織田家に亡命した為、 は偏諱を与えられ斎藤長龍と改名させ、美濃斎藤家当主を名乗らた。 斎藤義龍は父殺しの汚名を避けるためか、将軍家・ に一色氏を称することを願い出て、足利家一門である一色氏を称し、一色左京大夫義龍と名乗った。 また、父に味方した、同じ一族の明智氏の などを攻撃して滅ぼしたと考えられている。 内政では貫高制に基づき安堵状を発給し、長年の内乱で混乱した所領問題を適切に処理。 そして、宿老による合議制を導入するなど、 としての基礎を築いた。

次の