ひき肉 臭い。 豚肉の臭い消しの方法7選!豚肉を美味しく食べる保存方法やレシピを紹介

ひき肉の冷凍保存、方法や期限、解凍は?下味付やハンバーグ、パラパラにも冷凍可?

ひき肉 臭い

ひき肉を漢字表記すると「挽肉」になります。 挽肉(ひきにく)は、細かくすり潰した肉のことです。 ひき肉のことを「ミンチ」ということもあります。 ひき肉の材料には、商品価値の低い屑肉(くずにく)が使われることもあります。 ひき肉を使った料理ではハンバーグが有名ですね。 ハンバーグの名称は、ドイツ・ハンブルグの地名が由来のようです。 ハンバーグの原型は、欧州に侵攻したモンゴル帝国から採り入れたタルタルステーキであったとされています。 欧州の労働者などに、廉価な屑肉などを口あたりのよい料理に仕上げたのがハンバーグになります。 日本でのハンバーグは、東京の洋食店が売り出した「ミンスミートカツレツ」が始まりのようです。 「ミンスミートカツレツ」は、後に「メンチカツ」と呼ばれるようになります。 現在では、メンチカツやメンチコロッケは「メンチ」と呼ばれることが多いようです。 次に、ひき肉のこと・ひき肉が灰色に変色・ひき肉の色が黒い・合挽き肉の色が茶色・ひき肉が臭うときは?などの紹介をします。 ひき肉 ひき肉は、肉の種類によって分けられます。 牛ひき肉は、牛肉を挽肉に加工したものになります。 豚ひき肉は、豚肉を挽肉に加工したものになります。 合い挽き肉は、豚肉と牛肉を素材として加工した挽肉になります。 合い挽き肉は「合い挽き」とも呼ばれています。 ひき肉の種類には、豚肉と鶏肉を素材として加工したものもあります。 鶏ひき肉は、鶏肉を挽肉に加工したものになります。 ひき肉は、挽き方によっても分けられます。 挽く目の細かさで、粗挽き・中挽き・細挽きなどに分けられています。 挽く回数によっても分けられます。 挽く回数によって、「一度挽き」と「二度挽き」に分けられます。 次に、ひき肉が灰色に変色・ひき肉の色が黒い・合挽き肉の色が茶色・ひき肉が臭うときは?などの紹介をします。 ひき肉の変色 ハンバーグやメンチカツやオムレツの材料に使ったひき肉が余ることがあります。 余ったひき肉が灰色に変色したり、ひき肉の色が黒いと感じたりしたことはありませんか。 合挽き肉の色が茶色になっていると、食べられるのか気になりますね。 余ったひき肉の残りを冷蔵庫に入れていて変色していたらどうすれば良いのでしょうか。 食べられるのか心配になるし、捨ててしまうのはもったいないし困ってしまいますね。 ひき肉の様子が気になった時に行うチェックは3つです。 ・消費期限が切れていないか ・ひき肉の変色具合 ・ひき肉の臭いなどです。 ひき肉に限らず肉は変色します。 赤みの肉は空気に触れて酸化して茶色く変色します。 茶色く変色した肉の酸化が進むと黒色になることもあります。 黒色に変色したら臭いのチェックをしてください。 変色しただけで、ツーンとした臭いやベタベタの粘りが無い肉であれば十分に加熱すれば食べられます。 ひき肉がツーンと臭う ひき肉が灰色に変色したり、ひき肉の色が黒い・合挽き肉の色が茶色になるのは酸化するからです。 変色しても、ツーンとした臭いやベタベタの粘りがなければ加熱調理して食べられます。 肉にある脂の臭いが酸化してキツくなることもあります。 臭いが気になるようであれば、ネギ・しょうが・ニンニク・料理酒などで臭みを消して調理をすれば食べられます。 酸っぱいツーンとする臭いや、ベタベタの粘りがでていたら食べてはダメです。 調理をした後でも、料理を口に含んで味に異変を感じたらスグに吐き出してください。

次の

業務スーパーで買っていいもの・美味しいもの・おすすめ 買ってはいけないもの・まずいもの・ハズレ商品

ひき肉 臭い

初投稿 編集の練習も兼ねて、何度も書き直す予定 20190718追記 大阪を中心に、色んな所に展開しているスーパーである。 「」という名称のスーパーであり、別に業務用のもの専門で扱っているわけではない。 さて、この店は他のスーパーと違い、 商品の当たり外れが凄まじい。 「お、これは安い上に味はまあまあ」というものもあれば、 「 ヤバイ」と味覚が訴えるものもしばしば。 なので、自分用としても、ここを見てくれている人のためにも、リスト化することにした。 役立ってもらえれば幸い。 ルール ・産地は気にしない。 ・味覚は当然人によって異なるが、なるべく万人に沿える形で記載する ちなみに、私自身の味覚は鈍感気味である ・は大いに考慮する ・添加物は気にしない ・全てについて理由を記載する もの ・冷凍肉団子 500g300円位。 まずくはない。 だが、肉にあるまじき謎の食感。 ふわふわしてるんだよね。 原材料で一番混ざっているものが肉以外のものだった。 ・冷凍人参 独特な、薬っぽい臭いがする。 あまり体に良くなさそう。 ・冷凍焼き鳥(もも) 50本1000円くらい。 もも肉である。 食べているときになにか違和感を感じて、全て解凍。 そして分解したら、7割が皮だった。 ・徳用ソーセージ 加工肉独特な臭みが強い。 ・ブランドの エグい。 薬品の臭い。 ・GSマヨネーズ で扱っているマヨネーズは二種類あるが、その一方。 マヨネーズのような何か。 まずくはないが、美味しくもない。 の偉大さを感じられる。 ・にんにくの漬物 薬品臭い。 ・納豆 3パック40円くらいで、 容器がプラスチックのもの。 変な匂いがする。 ・レトルトパスタソース というか、Hachi食品をようであるが、Hachi食品のもの。 全体的に大味で、あんま美味しくない。 ・普通の牛肉・豚肉 (を求めていくなら)大して安くないです。 29日は肉の日で割り引かれますが、その日に限って定価が高くなってます。 ・味付きメンマ 味がだいぶ甘い。 ちょっと臭いが変。 ・たっぷりカルシウムの低脂肪 牛乳の、偽物。 牛乳系で一番安い。 栄養成分表を見ればわかるが、普通の牛乳の栄養価に比べるとほぼ半分。 ・一部の麺 に限ったことではないが、大黒食品(マイ・フレンド)のものは不味い。 麺がもしゃもしゃしているし、スープがどれも貧弱。 ただし、値段だけで見れば超安い。 無駄に買いすぎないようにしよう。 ただし、めんつゆと醤油に関しては、ものによっては味がちょっと微妙。 とにかく安い。 ・冷凍フライドポテト 1kgで200円位。 揚げる手間はあるものの、安い。 うまい。 ・冷凍チキンナゲット これも挙げる手間があるものの、安い。 ポテトとナゲットがあれば、マックに行かなくてもいいな! ・おろしニンニク、刻みニンニク・おろし生姜。 1kgで500円位。 これらの薬味をよく使う人なら、お得。 ・納豆 3パックの、 容器が発泡スチロールであるもの。 45円位。 単に安く、他の納豆と遜色ない。 ・缶詰 一缶100円位。 ホッとかに乗せるアレ。 外で食べるのと遜色ない。 ・キムチ 500gのもの。 200円位。 普通に食べられる味。 ・スライスチーズ 他のスーパーでも売っているもの。 ちょっとだけ安い。 その他、4個セットのチーズやピザとかに乗せる用のチーズも安い。 ・4枚切りベーコン チーズと同様、ちょっとだけ安い。 ・柔らか煮豚 600g600円位 普通に美味しい煮豚。 ・油揚げ 5枚50円位 普通の油揚げ。 ・もやし 一袋19円。 ・パスタ類各種 通常のスーパーより安く、味も悪くない。 ・中華麺の乾麺 1kg300円位。 とんこつラーメンに利用するような細麺。 普通に美味しい。 ・炭酸水 1L40円位 まあ、普通の炭酸水。 ・豆腐 麻婆豆腐のような料理にするならあり。 冷奴など、豆腐をきちんと味わうものには不向き。 一丁29円。 マルちゃんの焼きそばに比べると流石にコシが違うものの、十分食べられるレベル。 同ジャンルで、ゆでうどんとゆで蕎麦。 両方美味しくはないが、19円で腹を満たせると考えれば良いもの。 ・トマトジュース トルコ産で、紙パックのもの。 1L100円位で、お得。 有塩・無塩のとあるが、無縁の方がよく売り切れてる。 ・鮭フレーク 160g. 他店に比べて4割ほど安いが、味は悪くない。 ・冷凍ピザ() 1枚・直径25cmのもの。 300円。 これにチーズやハム・ピザソースを追加してあげると良い。 ・ファミリア 2Lくらいのアイス。 消費できるなら、単純にお得。 ・中華三昧 インスタントラーメン。 普通のスーパーだと一袋150円~200円する、やや高いものだが、だと100円。 このシリーズは美味しい。 zirouX.

次の

業務スーパーで買っていいもの・美味しいもの・おすすめ 買ってはいけないもの・まずいもの・ハズレ商品

ひき肉 臭い

他の回答者の方々がおっしゃっているとおり、脂の酸化が原因の一つだと考えられますが、もう一つの原因として牛肉本来のにおいもあるのではないかと思います。 >たとえて言うとマトンのような臭さです。 と書いていらっしゃいますが、もともとマトンのにおいと言うのは、牧草を消化するための酵素が原因となっています。 現在、国産牛や米国産牛肉の場合、大部分が穀物肥育であるため上記の消化酵素を多く含む牛肉はあまり多くありません。 ところが、オーストラリア産牛肉の場合、日本向けに限定されているものは穀物肥育の物も多いのですが、全体としては牧草肥育の物のほうが圧倒的多数です。 そのため、ひき肉用など安価なものにはまれに牧草肥育の牛肉が使用されることがあり、結果的にマトンのようなにおいがしてしまった可能性も考えられます。 ご参考までに Q 今日ハンバーグを作ったのですが、食べる時になぜか肉の臭みが残っていました。 一度作った時はうまくいったのですが・・・ 使用した食材は 牛豚合い挽き肉(チリ産/国産) 卵 たまねぎ ピーマン 人参 塩コショウ 牛乳に浸した食パン です。 焼き方はいつもどおり 片面に焦げ目をつけて、ひっくりかえして弱火でじっくり焼きです。 時間ははっきりわかりませんが、焦げ付くのが恐くていつもより加熱が足りなかったかもしれません。 焼き色はピンク色のところは残っていなく、出来上がりはいつもより柔らかかったです。 自分では焼き足りなかったのかな・・・と思うのですが、何が原因か教えていただける方、アドバイスをください!お願いします。 Q 電子レンジだけでなんちゃって肉じゃがを作るのですが、挽肉の臭みが少し残ります。 後は特に問題なく美味しく食べられるのですが、この臭みだけをどうにかしたいのです。 簡単な下処理なんてありますでしょうか?レンジに入れる前に塩コショウとお酒で5分漬けておくとか・・・材料はいたってシンプルです。 具材料 :80g合挽肉 :100gたまねぎ :80gにんじん :80gじゃが芋 合わせ調味料 :大さじ3 しょうゆ :大さじ2 砂糖 :小さじ1 出汁の素粉末 上記全てを耐熱ボウルに入れてラップしてチンです。 これだけです。 なんちゃってではありますが、そこそこ肉じゃがになります。 ただやはり肉の臭みが残るので、気になっております。 チンする前に火を使わないで臭みを取る処理方法はありますでしょうか?訳ありで火を使わない方法で考えております。 詳しい方いましたらアドバイスよろしくお願いします。 A ベストアンサー 合わせ調味料に酒は入れないのですか? 普通に火を使い鍋で肉じゃがを作る際には、酒やみりんといったアルコール分が入ります。 特に酒は、肉に限らず魚や貝類、海老などの臭み消しにもよく使いますよ。 挽き肉は臭いの出やすい食材です。 薄切りや小間切れの肉で代用されてみては? それよりも、挽き肉を使った肉じゃがというのは、はじめて聞きます。 料理として出来上がった際に食べにくくないですかね。 個人的には牛肉>豚肉>鶏肉の順で臭いを感じます。 挽き肉を合挽きではなく豚挽き肉に変えるのも手かもしれません。 臭み消しとしてよく使う長ネギの青い部分やスライスした生姜などを一緒に入れてチンしてみるのも。 色々試してみてください。 Q 私は好き嫌いは基本的に無い方なのですが、唯一、 豚肉の「豚くさい(?! 」臭いが非常に苦手です。 それが、高めの国産のお肉を買っても、(私にとっては)嫌な 豚肉の臭いがむうっとくるものもありますし、安い外国産のお肉でも 臭みが無く美味しく頂けるものもあったりして困っています。 通常は、生肉の段階では何も感じず、加熱した時に 立ち上る臭いで「今回のお肉は当たりだ!」とか「ハズレだ!」 などと感じています。 本日も、シチューを作ろうとして豚肉を炒めていたのですが、 その臭いに気持ち悪くなり、結局自分は一口も食べられませんでした。 こんな事を感じるのは私だけでしょうか? (夫に話しても良く理解してもらえません) 美味しい豚肉(臭みのない豚肉)を見分けるコツはありますか? すごく困っているので、何かアドバイスありましたら よろしくお願いします。 A ベストアンサー 豚肉の嫌なにおいの原因は、主に以下の二つだといわれます。 1 先祖がえり 豚はもともと野生の猪を改良したものです。 生物には「先祖がえり」という現象があって、もともとの先祖の性質を強く持つ固体がまれに出現しますが、豚の場合、猪独特の体臭を持つ固体が出現するということになります。 2 去勢不備 雄豚は子豚の時に去勢をしますが、これがきちんと行われないと、においの強い豚になってしまうことがあります。 どちらも加熱すしないとはっきりわからないので、やっかいですね。 さてどういう豚が臭いが少ないかというと、確率の問題ですが、皆さんのおっしゃるとおり質の高い豚は相対的にこうした現象が出にくいようです。 ただ「質の悪い外国産」とのご意見がありましたが、外国産全てが日本産より質が低いわけではありません。 デンマーク、スウェーデンなどは国際的に高品質で知られています。 実際のところ日本の畜産は欧米に比べて後発(当然ですが)ですので、かならずしも全てが高品質と評価されているわけではありません。 加工用に回る量自体が少ないですし、国内消費がほとんどなので、国際的な評価の対象外となっているのが実態に近いです。 何でも国産が優れているというわけではないですよ。 豚肉の嫌なにおいの原因は、主に以下の二つだといわれます。 1 先祖がえり 豚はもともと野生の猪を改良したものです。 生物には「先祖がえり」という現象があって、もともとの先祖の性質を強く持つ固体がまれに出現しますが、豚の場合、猪独特の体臭を持つ固体が出現するということになります。 2 去勢不備 雄豚は子豚の時に去勢をしますが、これがきちんと行われないと、においの強い豚になってしまうことがあります。 どちらも加熱すしないとはっきりわからないので、やっかいですね。 さてど...

次の