香典 送り状。 香典の郵送マナー】方法・文例・葬式・一周忌・法事・喪中葉書・礼状・お礼

お悔やみを手紙で伝える際の正しい書き方・送り方

香典 送り状

香典を辞退する時の文例 香典を辞退する場合、弔問客に香典は受け取らないと言う旨を知らせる為に受付に「香典は辞退します」と表示しておく必要があります。 この場合の文例は 「故人の遺志により香典の受け取りは勝手ながら辞退させていただきます」 となります。 あくまでも故人 亡くなった人 の意思であり、遺族の意向ではない事を告げる。 ハッキリと誰が見ても分かるように「香典は辞退します」と完結に伝える事。 香典辞退の時の受付の対応は? 「香典は辞退します」と明記していても、中には香典を受付で出される人は少なくもありません。 この場合、受付に座る人 大体がお手伝いに来てくれている人や遠縁の親戚になるかと思います 受付に座ってくれる人がその時になって困らないよう、香典は辞退だけど受付で出された際には 「故人の遺志により香典は辞退させて頂いております」 そうお伝えするように事前に伝えておきましょう。 勿論 香典を差し出されたから受け取るのはNGです。 香典を出されてもお断りする事。 スポンサードリンク 香典辞退でも香典を受け取ってしまう場合 中には故人との付き合いの深さからいくら断っても香典を受け取るまで絶対に引き下がらない と言った方もいます。 大阪なので特に多いんじゃないかな?とは思いますが。 この場合、受け取らないといつまでも終わらないですし、食い下がらない相手に「香典辞退」の一点張りを通していても相手を不愉快にさせてしまうだけなので有り難く受け取らせてもらいましょう。 そして四十九日の法要が済んだ忌明け後、香典返しとして満中陰粗供養と挨拶状を付けて受け取った金額の半分、もしくは三分の一の金額の品物を贈ります。 特に年配の方や遠方からの弔問で 香典を辞退すると言う風習が全くないと言う人もいます。 香典を断りきれそうにないと思ったら通常の対応をされる方が望ましいかと、私は思います。 おわりに 葬儀のマナーやしきたりは「一般的なマナー」として一括りにするにはとても難しいです。 近年では香典返しを香典を受け取った時に金額に応じてその場で返す 「即日返礼返し」 と言う新しいスタイルも増えてきています。 これは告別式の後で初七日法要も済ませてしまうのと似たようなもので 香典返しを香典を受け取ったその場で返す、と言うもの。 メリットとしては ・その場で返すので商品を発送する際の送料がかからない ・その場で返すので四十九日の忌明け後に送る手間が省ける ・住所不明などの手間がかからない と言う点。 ただ私の個人的な意見ではありますが、香典は有り難く受け取らせて頂いた方がいいかと思います。 金銭的にも。 だけど香典を受け取る事に対しての抵抗が「後の手間」であって香典辞退をされるのであれば この 即日返礼返しと言う方法をとってみては如何でしょうか? 最近はこの即日返礼に対応している葬儀会館も少なくはありません。 少しでも参考になれれば、です。 ではでは。

次の

香典の郵送方法は?手紙に使う便箋や封筒おすすめは?例文は?

香典 送り状

通夜に出るべきか、葬儀に出るべきか ネットなどでいろんな意見を参考にしてみたところ、やはり、わざわざ連絡をくれたのであればお通夜くらいは出席するべきだという声が多かったですね。 最近は、家族だけで小規模に、シンプルに葬儀を済ませる「家族葬」も増えており、親族以外の人にはあえて連絡しないというケースも増えているようですが、そういう事情でもないのであればやはり出かけるべきです。 「友人の親にはほとんど会ったことないんだけど・・・」という場合でも、友人を慰めるために行くべきだと私も思います。 葬儀というのは、一見、故人を見送るための儀式のように思われがちですが、 実は遺族を慰めるという意味もあるんですよ。 私が逆の立場でも、やっぱり友人には来て欲しいなと思います。 きっとショックや葬儀の準備で睡眠も十分に取れていないだろうし、「大変だったね」と言葉をかけてもらえるだけでも少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。 (好きなお菓子の一つでも差し入れてしてもらえたらもっと嬉しい) ではその場合、香典の金額はいくら包んで持参すれば良いの? 香典はいくら包む? 友人の親の場合、香典の金額は3,000円~5,000円というのが一般的な相場です。 これは、年齢や地域によっても差がないようですね。 ただし、「四」という数字は偶数であることから避けるべしとされていますので、 実質的には3,000円か、5,000円かの二択ということになるんでしょうね。 どちらを選ぶかは、その友人とのお付き合いの深さや、亡くなった親との親交の深さで応じて決めるということです。 家族葬か、一般葬か、永代供養か・・・ということは、あまり香典の金額には関係ないみたいですね。 ただ、もし、自分の親が先に亡くなっていてその友人から香典をもらったのであれば、その金額を目安に考えると良いでしょう。 連名で包む場合はどうする では、例えば「複数人グループの仲良しさんで、そのうちの一人の親が亡くなった」というケースではどうでしょうか。 習い事で一緒だったグループや、ママ友のつながりなどをイメージしていただけるとわかりやすいでしょう。 親とはほとんど交流がなく顔を合わせたこともないという場合だと、わざわざ個々に香典を包むのもかえって気を遣わせてしまいそうで気が引けます。 「それぞれではなく連名で包んだほうがお互いに気がラクだよね、みんなで包もう」という話になった場合はそれぞれいくら出せばよいでしょうか。 この場合は、 あらかじめ合計の金額を決めておいてそれを人数で割るというのが最もシンプルでわかりやすい方法です。 合計金額の目安は「1万円」。 香典を募る場合は、まとめ役となる人があらかじめ金額を伝えたうえで、賛同してくれる人からいただくという形にしましょう。 ただし、個別に葬儀に出る予定の方がいるならば、その人には個別で香典を用意してもらいましょう。 葬儀には会食も含まれますし、出席して欲しいと声がかかっているという時点で他の人とは立場が違います。 「他のみんなからの香典を預かってきた」という形で渡す袋と、自分自身の分の香典を入れる袋、合計で2つの包みを持っていくことになります。 「一同」で香典を包む場合の金額についてはコチラの記事でも紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。 恋人の親が亡くなった場合はどうすれば良い? 次に、「友達」の関係を超えた「恋人」の親が亡くなった場合はどう対処するのが正解なのでしょうか。 香典はいくら包めば良いのか? これについては、「恋人」としての親密度によっても渡すべき金額が違ってきます。 まず、 無難なのは5,000円。 多過ぎもせず少な過ぎもしない、それでいて恋人やその家族にも誠実な印象を与えられる金額です。 面識がなかったならばなおさら、多過ぎるのは逆に失礼になる場合があるので注意が必要です。 ただ、もしその親に一度でも会ったことがある、つまり 「親も公認の恋人」であるならば「一万円」包みましょう。 自分の年齢が30歳を超えているならなおさら、5000円よりも一万円が妥当です。 婚約や結婚はしていないとはいえ、大切な人にとっての大切な人が亡くなったわけですから、そこはできる限りの誠意を尽くしたいですね。 また、形式以上に大事なのは相手の気持ちに寄り添うこと。 普段、あまり弱みを見せない人ほど、身近な人の「死」に直面した時は心身共に深いダメージを受けていたりするものです。 とりたてて用があるわけでもないのに急に電話をかけてくる・・・なんてこともあるかもしれません。 そんな時は、可能な限り時間をとって、ゆったりくつろいだ雰囲気で相手の話を聞いてあげてくださいね。 訃報を後日、知った場合は? また、よくあるのが「友人の親が亡くなったことを後で知った」というパターン。 私も何度か経験していますが、おそらくは 友人側の「気を遣わせたくない」という配慮なのでしょう。 自分が友人の立場だったとしても、親の葬儀に来てもらったり香典をいただくというのはちょっと申し訳ない感じがします。 その友人がしょっちゅう実家に遊びに来ていて、私の親とも親交があったというのであればすぐに知らせるでしょうし葬儀にも来てくれたら嬉しいなと思いますが、面識もなかったとなれば話は別です。 ケース別に見ていきましょう。 何か月も経った後、喪中はがきで知った この場合は、香典は不要です。 理想的なのは、手紙で返事を書くこと。 「突然のことで驚いた」「今まで知らずにいて申し訳なかった」「何か力になれることがあれば言って欲しい」といった内容でしたためます。 亡くなった方と面識があって、何か思い出に残るエピソードがあるのであればその話題も加えてみましょう。 (例:お母さんに夕食をごちそうになった時のことを今でもよく思い出します、など) 「母(父)のことを覚えていてくれたんだ」と、きっと嬉しくなるはずです。 亡くなって数週間の頃に、LINEやメールで連絡がきた できれば、家を訪問して香典を渡しましょう。 葬儀やら片づけやらが終わってひと段落した状態で、改めて母(父)親の不在を痛感して寂しい気持ちになっている時期です。 ぜひ、会って励ましの言葉をかけてあげてください。 遠方で行くのが難しい場合は、お悔やみの手紙を添えて現金書留で香典を送りましょう。 直接連絡がきたわけではなく、人伝てに聞いた このような場合は、あえて連絡しないほうが良いでしょう。 相手はきっと、 知られたくないから言わなかったのです。 実際に会う機会があって、その時に本人の口からその話題が出たら励ましの言葉をかけてあげましょう。 その他、香典に関するマナーについてはこちらのサイトが非常にわかりやすいのでぜひ参考にしてみてくださいね。 年齢と共に事情もちょっと変わってくるかも・・・ 「友人の親が亡くなった時に包む香典の金額には地域差や年齢差はない」とお伝えしましたが、年齢を重ねてある程度の歳になるとベースとなる金額がUPします。 すなわち、20代、30代の前半には「5,000円」包めば良かったものが、40代を超えるとベースが10,000円になるのです。 こちらのサイトでも紹介されていますが、年齢が上がればそれに見合った金額を包まなけばいけません。 いやらしい言い方ですが、 香典の金額には社会的な立場、責任の重さが反映されているのです。 社会から今までいただいてきたものを、今度は自分のほうから還元していく・・・そんなイメージで考えると、20代と40代以上で香典の金額に差が生じてくるのも納得できるのではないでしょうか。 年齢別の香典の相場についてはこちらもわかりやすいですね。 自分に続く後輩たちに良い手本を見せるためにも、ある程度の年齢になったら香典はケチるべきではありません。 自分はいつまでも若いつもりでいても、周りはそうは見てくれません。 20代から30代、30代から40代、40代から50代・・・と年齢の節目を迎える時には葬儀や法事で包むべき香典の金額も確認し直したほうが良さそうです。 葬儀の場で渡す場合(通夜、葬式、告別式) 入口に、受付があります。 「この度は、誠にご愁傷様でございます」と、一言挨拶• ふくさから香典の包みを取り出し、手渡しする• この際、芳名帳への記帳も忘れずに! 後日、友人に渡す場合• 必ず、訪問のアポイントを取る• 訪問したら、「この度はご愁傷様でした」とご挨拶する• 仏間に上がらせていただき、仏壇の前で手渡す• お線香をあげる お線香の作法についてはコチラをチェック! ご自宅に伺う場合は、友人だけではなくその家族にも必ずご挨拶を。 また、「長居せずに帰る」というのが礼儀ですから、 あらかじめ「〇時になったら席を立つ」と決めておいたほうが良いでしょう。 最愛の人を亡くし、また葬儀の準備やらなにやらでお父さん(もしくはお母さん)は心身共に疲弊しているはず。 気を遣って気丈にふるまっていたとしても、長居は禁物です。

次の

初盆のお供え物は遠方で行けないと送る?お悔やみの文例は?

香典 送り状

そもそも香典は郵送しても良い? 香典は葬儀において、故人のために供える金品のことであり、遺族への支援や気遣いの意味も含んだものです。 仏教だけでなく、キリスト教でも同様の風習があります。 葬儀に参列できない場合、が、同様に 香典についても郵送することはマナー違反ではありません。 むしろ、お悔やみの気持ちを伝えるためには送った方が良いでしょう。 そして、故人に対するお悔やみと参列できなかったお詫びの手紙を添えて、現金書留封筒に入れ、郵便局から送りましょう。 現金は一般の封筒や宅配便では送れないので、注意が必要です。 現金書留封筒は大きめにできているので、通常の不祝儀袋であれば問題なく入ります。 ただし大きいサイズの不祝儀袋は入らないこともありますので、一般的なものを選ぶようにしましょう。 現金書留封筒には自分の名前や住所を書きますが、 不祝儀袋にも自分の名前や住所を記入します。 封筒の宛名は葬儀の喪主の名前を書きます。 香典を郵送する宛先とタイミング 通夜まで日があり、 当日までに郵送が間に合う場合は、斎場に直接香典の入った現金書留封筒を送ることも可能です。 一般的には投函してから1,2日で到着しますが、できるだけ余裕を見て、日付指定で送ると確実です。 通夜がすぐに行われる場合は、斎場に送っても間に合わないため、後から喪主の住所宛に送ります。 葬儀の直後は何かと忙しい時期となるので、避けるのが賢明です。 かと言って遅すぎてもタイミングを逸してしまいますので、 葬儀から数日程度たった頃に着くように手配すると良いでしょう。 喪主は香典を頂いた方に対して、まとめて香典返しを行います。 到着が遅れると二度手間をかけてしまうので、あまり時間を空けすぎても負担を与えてしまいます。 香典の金額と、お金の入れ方 香典に使う紙幣は、1万円札や1,000円札など、同じ種類のもので統一します。 そして、合計額の頭が1,3,5,10になるようにします。 また、4や9は避けるべき数字といわれています。 具体的な金額としては、知り合い程度であれば3,000円~5,000円、仲の良い友人や職場関係であれば5,000円〜10,000円、親戚の場合は10,000円~30,000円が相場となります。 不祝儀袋にお金を入れる際には、すでに使われていて折り目のある紙幣を用意します。 新札を使っても問題ありませんが、その場合は一回折ってから使うようにしましょう。 あまり汚くシワのついたお札も失礼になります。 そして必要な金額の紙幣を、向きを揃えて入れるようにします。 手紙の添え方 香典を送る際には、絶対ということではありませんが、手紙を添えるとより丁寧です。 実際に手渡しする場合は、「この度はご愁傷様でした」などの言葉を添えるのが一般的ですから、それに当たるものと思えば良いでしょう。 ですから、決して長々と文章を書く必要はありません。 ポイントをおさえて簡潔に書いてください。 使う便箋は、白色の縦書き無地のタイプを使います。 また、便箋よりも小さい一筆箋でも問題ありません。 一般的な便箋であれば三つ折りで、一筆箋の場合はそのまま封筒に入ります。 香典に添える手紙の文例 香典に添えるお悔やみの手紙では、時候の挨拶や「拝啓」などの書き出しは不要です。 書く内容の要素は、故人に対するお悔やみ、葬儀に行けなかったお詫び、香典を同封しますという主旨、そして遺族への心遣いと故人の冥福を祈り、纏めます。 喪主との面識がない場合は、自分と故人との関係性も書いておきましょう。 実際の例文は、以下のようになります。 本来であればご葬儀に参列すべきところですが、遠方にてかなわず、誠に申し訳ございません。 心ばかりではありますが、ご香典を同封いたしますので、ご霊前にお供えくださいますようお願い申し上げます。 家族の皆様にはお力をお落としのことと存じますが、くれぐれもご自愛くださいませ。 略儀ながら書中にて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 まとめ 突然の訃報で葬儀に参列できないことはあるものです。 そうした時は手紙を添えた香典を遺族の方に送れば、あなたの気持ちも伝わります。 葬儀に関しては一定のマナーや決まりごともあるため、それらを踏まえることも必要です。 もし葬儀に関して分からないことがあれば、いつでも経験豊富な当社までご連絡ください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の