もう 少々 お待ち ください 英語。 今しばらくお待ちくださいって英語でなんて言うの?

今しばらくお待ちくださいって英語でなんて言うの?

もう 少々 お待ち ください 英語

カジュアルに表現する「ちょっと待って」の英語フレーズ just a moment ちょっと待って just a moment は「ちょっと待って」という意味合いの英語表現としては最も基礎的で一般的な表現といえます。 とっさの状況で Just a moment. と言えるようになれば、「待ってて」の意向は相手に十分に伝わります。 moment の代わりに minute や second を使って Just a minute. のようにも表現できます。 moment (瞬間)も minute (分間)も second (秒間)も、ここでは単に「わずかな時間」という程度の意味で用いられています。 one moment ちょっと待ってね one moment は「ちょっと待ってね」と伝える表現です。 One moment, please. というように少し丁寧なニュアンスで用いられることもよくあります。 wait a moment ちょっと待って! wait a moment も 「ちょっと待って」と伝える表現です。 切迫した状況で相手を引き止めるような、「ちょっと待ってよ!」くらいのニュアンスで使われる向きがあります。 少々キツイ印象を与えやすいので、使用場面は選んだ方が良いかも知れません。 この wait a moment の moment も、 minute や second に置き換えて表現できます。 Give me a sec to explain! 少しだけ説明する時間をちょうだいよ! hold on ちょっと待ってて(電話切らないでね) hold on は「ある状態を維持する」という意味のフレーズです。 電話上で「ちょっと待って」と言いたいときにも使います。 電話上以外で使うこともあります。 その時には、「その場から動かずに待っていて」という意味で使われます。 hold on a moment や hold on a second のように、時間を表す単語(a moment、a second)と一緒に使うのが一般的です。 また、hold on と同じ意味で hang on もよく使われています。 hang on の方が少しカジュアルな印象です。 「ちょっと待ってて」の代わりに使われることがあります。 少し丁寧に「お待ちください」と言いたいとき 基本表現に , please と付けるだけでも十分いける just a moment をはじめとする基本表現に please と言い添えて言い表せば、それだけでも丁寧なニュアンスが加わります。 Just a moment , please. One moment , please. Hold on , please. Please give me a second. Could you ~? のような丁寧な依頼表現を使う より丁寧でフォーマルな表現としては、丁寧な依頼表現の定番といえる Could you ~? の質問形が適切でしょう。 「お待ち頂けますか」と問いかけることで、相手に是非の判断を委ねる形になり、結果として相手の意思を尊重した(丁寧な)表現となります。 C ould you wait a minute , please? 少々お待ち頂けますでしょうか• Could you give me a second? 少々お時間を頂けますでしょうか ビジネスシーンで使える「少々お待ちください」表現 ビジネスシーンで「お待ちください」のように述べる場面では、 Please bear with me. といったフレーズがよく使われます。 bear with ~ は「~に耐える」「~に辛抱する」という意味合いで、「ご迷惑をおかけしますがもう少々お待ちください」という気遣いのニュアンスを含みます。 《保留》の意味で「ちょっとだけ待って(考えさせて)」と表現する場合 「ちょっと待って」的表現は、時として「もう少し(じっくり)考えさせて」という意味合いで用いられることもあります。 数分でなく一晩くらいの時間が欲しい場合もあります。 そうした「少し考えさせてください」という意味合いで「ちょっと待って」と伝える場合には、英語表現も変えた方がよいでしょう。 for a while は「少しの間」とか「しばし」のように訳されます。 具体的な時間感覚は文脈によってさまざまです。 let me sleep on it 一晩考えさせて let me sleep on it は、大きな決断をする前などに「よく考えさせて」という意味合いで用いられる慣用的表現です。 一晩じっくり考えさせてというニュアンスが感じられる表現といえます。 let me get this right 頭の中を整理したい let me get this right は、直訳するなら「正しく理解させて」といったところで、頭の中を整理したいから、そのための時間をちょうだい、というニュアンスが表現できます。 入り組んだ状況で判断が迫られるような場面に適した表現と言えます。

次の

「今しばらく」と「少々」の違い 意味と使い方、英語表現について

もう 少々 お待ち ください 英語

「お待ちください」を使ったその他の言い回し お待ちくださいませ 「ませ」は丁寧を表す助動詞「ます」の命令形です。 「いっらしゃいませ」「ご覧くださいませ」といったように、接客業などで多々活用されています。 「くださいませ」は相手に何かしてほしいときに、その行動を行うように促す言葉です。 ですので 「お待ちくださいませ」は、相手に待っていることを促す表現になります。 「お待ちください」というよりも 「お待ちくださいませ」といった方が、丁寧で柔らかい印象を与えられます。 「くださいませ」は柔らかい印象の言葉のため、主に女性が使用することが多いです。 「お待ちください」は丁寧な言い方ですが、命令形の言葉なので、何度も使用したり、強い口調で使ってしまうと失礼に当たる可能性があるので、使用する際は気をつけましょう。 今しばらくお待ちください 「しばらく」は「少しのあいだ」「しばし」を意味しています。 「今しばらく」は「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 「現在サイトをリニューアル中です。 今しばらくお待ちください」「ダウンロード中です、今しばらくお待ちください」といったように使われます。 「今しばらく」は長時間または長期間、相手を待たせてしまう場合には使用できません。 「今しばらく」を長い間待たせる場合に使ってしまうと、相手が思っている以上に待たせることとなり、非常に失礼になってしまいます。 しばしお待ちください 「しばし」は「少しのあいだ」「ちょっとのま」を意味しています。 「しばしのお別れ」「しばしのご歓談」なんて言いますよね。 「しばし」は「今しばらく」と同様に、「すぐではないけれど、あまり時間がかからないさま」という意味合いで、 やや短い期間相手を待たせる場合や、少しのあいだ時間がほしい場合に用います。 少々お待ちください 「少々」は、「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「少々」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 ですので、極端に長く待たせてしまう場合には「少々」は使用しません。 「少々」は「今しばらく」と似ていますが、 「少々」の方が「今しばらく」よりも、相手を待たす時間が短いイメージになります。 「少々お待ちください」は顧客の応対などで頻繁に使いますが、ビジネスメールにおいてもよく使用されます。 例えば質問や依頼など、考えたり調べなくてはいけない場合に「ご返答まで少々お待ちください」「こちらで確認いたしますので、少々お待ちください」などと使うことができます。 もう少々お待ちください 「もう」は「あとわずかの時間で、ある事態になるさま」「間もなく」、「少々」は「数量・程度がわずかであること」「すこし」を意味しています。 「もう終わります」「もう帰ります」などと言いますよね。 「もう少々」は、すでに待たせた後にも関わらず、予想以上に時間がかかってしまった場合に使います。 「少々お待ちください」というよりも「もう少々お待ちください」といった方が、相手を待たしてしまう時間が長いイメージになります。 少しお待ちください 「少し」は「数量・程度などが少ないこと」「いささか」を意味しています。 「少しお待ちください」は、ほんのしばらくの間、主に数秒間から数分間の間、相手に時間を求めるときに使用します。 「少しお待ちください」は「少々お待ちください」と非常に似ています。 「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い分けとしては、会社の方針によってどちらかを使用するか異なるだけで、明確な違いはありません。 ただ「少しお待ちください」と言うよりも 「少々お待ちください」と言った方が、何となく丁寧な感じがしますよね。 「お待ちいただく」を使った言い回し お待ちいただけますか 「お待ちいただけますか」は、 ・「お」=尊敬を表す接頭語 ・「待つ」 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「お待ちください」だと相手に待つことを強いているようなニュアンスになりますが、「お待ちいただけますか」は相手の意向を確認するような言い方のため、非常に丁寧な表現です。 ちなみに「お待ちいただけますでしょうか」としてしまうと、「ます」と「です」で二重敬語になってしまうため誤りになります。 お待ちいただいてもよろしいでしょうか 「よろしいでしょうか」の意味は「問題ないでしょうか」「差し支えないでしょうか」です。 「よろしいでしょうか」は、「いいですか」「いいだろうか」と同じ意味ですが、これらより丁寧な表現になります。 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 「お待ちいただいてもよろしいでしょうか」は「待ってもらってもよいですか」と相手に確認したり、同意を得る表現となります。 「お待ちください」への返信は? 転職などで企業から「お待ちください」と連絡がくることがありますが、どのように返信するのが正しいのでしょうか? 返信は必要ないだろうと思うかもしれませんが、連絡してくれたことに対して返信をすれば、相手に良い印象を与えることができます。 「お待ちください」ときたら、メールをくださったお礼と、連絡を待っている旨を簡潔に記して返信をするのが良いです。 例文 ・お忙しい中、貴重な時間を割いていただき感謝いたします。 引き続き、よろしくお願い申し上げます。 ・お忙しい中、お返事をいただきましてありがとうございます。 ご連絡お待ちしております。 ・承知いたしました。 ご多忙にも関わらず、ありがとうございます。

次の

少々お待ちくださいって英語でなんて言うの?

もう 少々 お待ち ください 英語

え……!ちゃんと敬語で話してますよ?! 相手に待って欲しいときに使いたい「お待ちください」は、敬語表現になっているためビジネスでも使用できる言葉です。 とはいえ、使用の際には少し注意が必要。 敬語ではあるものの命令形のため、相手に命令したような印象を与えてしまう場合があります。 日常的なやりとりの中で使う分には特に問題はありませんが、 目上の相手や大切なクライアントなどには、より丁寧な言い方で伝えるのが望ましいです。 「少々お待ちください」や「お待ちくださいませ」などのように、前後にクッション言葉を付けて工夫してみましょう。 または「お待ちください」というフレーズ自体を置き換えてしまう方法もあります。 「お待ちください」の意味 「お待ちください」は、「お」「待ち」「ください」の3つに分類できます。 「お」は、名詞や動詞の連用形の前に付いて尊敬の意味を表す言葉。 日常的に使用している敬語フレーズでよく見られますね。 そして「ください」は「くださる」の命令形で、「くれ」の尊敬語にあたります。 相手にものなどを請求したいときに使う言葉です。 「お待ちください」は、「待ってくれ」という意味を敬語で丁寧に表現したもの。 ただ、丁寧な表現にはなっているものの、命令形というスタイル自体は変わっていません。 そのため、相手に命令できる立場にないときにはさしひかえるのがおすすめです。 「お待ちください」の使い方 「お待ちください」は丁寧な表現ですが、伝えた相手に命令されたような気分を与えないように、命令形の印象を和らげる表現をおさえておきましょう。 取引先との会話など、より丁寧な表現が望まれるビジネスシーンでは、「お待ちください」の前後にさらに言葉をプラスして使うのがポイントです。 付け加える言葉によって相手に待たせる時間の印象が変わってきますので、時と場合に応じて使い分けるのがコツ。 「お待ちください」を使用した例文 ここでは「お待ちください」という言葉を維持して、より丁寧な印象を与えられる文章を紹介します。 表現ごとに例文をまとめましたので、シーンにあわせて工夫してみましょう。 お待ちくださいませ 「お待ちください」+「ませ」の表現方法です。 「ませ」は、丁寧語「ます」の命令形。 相手に何かを要求したいときに、丁寧な気持ちを込められる表現です。 ただ「ませ」は、女性特有の表現や言葉を意味する女性語のひとつでもあります。 接客業などでは性別に関わらずよく使用される言葉のため、必ずしも女性だけのもの、というわけではありませんが、言葉の背景を知っておくと場面別に選びやすくなるでしょう。 「お待ちください」の類語(言い換え表現) 「お待ちください」は命令形のため、シーンによっては使いづらい場合もあります。 そのようなときには、類語表現を用いた言い換えを利用しましょう。 相手に待ってもらう、ということは、相手の時間をいただいている、ということでもあります。 言い換え表現では、お時間をいただく、という考え方に焦点を当てるとわかりやすいですよ。 「お時間をいただきたく存じます」 「お時間をいただきたく存じます」にある、「いただく」は「もらう」の謙譲語で、頼んで手に入れることなどを指します。 「存じます」は、思うや考えるなどを意味する謙譲語「存ずる」が形を変え、「ます」が付いて丁寧になった言葉です。 つまり、あなたの時間をもらいたいと思います、という意味を表しています。 謙譲語が使われ敬意を表しているため、クライアントや上司などに向けてビジネスシーンで使っても問題ない表現です。 ・Hang it here and please wait! ・I will prepare it for you so please wait for a while. ・I will get you connected so please wait a little. ・For now it is under adjustment so please wait for a while. 「お待ちください」は言葉をプラスして丁寧な表現に変えよう! 上司やクライアントなど目上の方に伝えるときには、「お待ちください」に適切な言葉を組み合わせてより丁寧な表現を心がけましょう。 待ってほしい時間やその場の状況にあわせて、上手に言い方を工夫してみてくださいね。

次の