コロナ 対策 家賃 補助。 家賃支援給付金の申請方法とは?家賃補助制度【コロナ対策】個人事業主・中小企業・事業主

【家賃補助】最大600万円!家賃支援給付金(テナント賃料の補助制度)の申請手続きは?必要書類(賃貸借契約書等)は?いつから支給が始まる?【新型コロナ感染症】

コロナ 対策 家賃 補助

キーワード :• 緊急事態宣言が解除されたものの、コロナ禍は企業経営に大きな爪痕を残しています。 売上が急減したため、家賃の支払いに困る事業主が多数いるのです。 「このままでは倒産や廃業が続出する」とにらんだ現内閣は、先日28日、閣議決定しました。 今回は、6月下旬以降注目の「家賃支援給付金」についてお伝えします。 事業継続の下支えとするべく、地代や家賃を一部補助するためのお金として考案されました。 事業経営者にとって大きな経済的負担となるのは「人件費」「地代家賃」の2大固定費です。 人件費については、すでに雇用調整助成金や小学校休校等対応助成金・支援金により手当されていますが、地代家賃については、令和2年5月末日現在、次の3つの対応策しかありません。 ・固定資産税の納税の猶予(令和2年度分)• ・固定資産税の減免措置(令和3年度分)• ・家賃を減額した場合の法人税法上の損金算入扱い(通常は寄付金として損金不算入) この3つに加え、今般話題の持続化給付金で家賃をまかなえるはず、というのが当初の政府の目算でした。 しかし、緊急事態宣言が解除されてもまだまだ予断を許さない状況下では、既出の措置や給付金だけで足りないのが現実です。 そこで、他の様々な支援策とともに、家賃支援給付金が第二次補正予算案としてまとめられ、閣議決定したわけです。 ・令和2年5月から12月までの間のいずれか1か月間の売上高が前年同月比で50%以上減少していること• ・令和2年5月から12月までの間のいずれか連続する3か月間の売上高が前年同月比で30%以上減少していること ちなみに、もう一つの事業主向けの国のお金である持続化給付金は「令和2年1月から12月までの間」「いずれか1か月の売上が前年同月比で50%以上」というのが条件です。 一見似ていますが、条件となる期間が違うので、混同しないようにしましょう。 算定給付額は直近の月額家賃を基準に算定されます。 法人で最大600万円、個人で最大300万円が支給されますが、誰でも必ずこの金額が受け取れるわけではありません。 1店舗だけを保有するなら月額50万円(総額300万円)が、複数店舗を保有するなら月額100万円(総額600万円)が上限額となります。 また、給付率は75万円を境に変わります。 出典:経済産業省ミラサポplus「令和2年度第2次補正予算案の事業概要」 これだけだと分かりにくいので具体例で考えてみましょう。 月額家賃60万円の店舗を1店舗だけ保有しているケースと、月額家賃60万円の店舗を3店舗保有しているケースとで比べてみましょう。 【月額家賃60万円の店舗を1店舗だけ保有】• 1店舗だけを保有するなら月額25万円(総額150万円)が、複数店舗を保有するなら月額50万円(総額300万円)が上限額となります。 給付率は法人と同じですが、割合の変わる境目が違います。 月額家賃が37. 出典:経済産業省ミラサポplus「令和2年度第2次補正予算案の事業概要」 こちらも具体例で考えてみましょう。 家賃設定は法人のケースと比較しやすいように、法人の例で示したものをそのまま使用します。 【月額家賃60万円の店舗を1店舗だけ保有】• 5万円• 5万円• 具体的には以下のような資料が必要になるはずです。 ・確定申告書別表一(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付)• ・法人事業概況説明書• ・対象月の売上台帳• ・通帳の写し• ・確定申告書第一表(収受印が押されているもの、e-Taxの場合は「受信通知」を添付)• ・青色申告決算書(青色申告を行っている個人事業主のみ)• ・対象月の売上台帳• ・通帳の写し• ・本人確認の書類の写し• 実際に申請受付が開始されるのは、6月17日に閉会する国会で予算を成立させた後、6月下旬か7月あたりからではないかと思われます。 支給は7月以降になるはずです。 上記はさまざまな情報源からまとめたものに過ぎません。 国会で成立した後、経済産業省のホームページなどで正確な情報を必ず確認するようにしてください。 バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます 最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

次の

家賃が払えない!など新型コロナ影響に、国の「救済」続々と!知っておくべきこと速報

コロナ 対策 家賃 補助

2次補正 歳出総額31兆9000億円 政府、午後決定へ — 日本経済新聞 電子版 nikkei 家賃支援制度はいつから始まるのでしょうか?早く始まってほしいのですが、最短でも6月中旬から下旬スタートの可能性が高いです。 家賃支援制度が盛り込まれた第2次補正予算案が5月27日に閣議決定される見込みです。 その後、様々なプロセスを経て国会で審議され可決されるといよいよ申請がスタートします。 つまり、国会での予算の成立がいつになるかが重要です。 最大200万円の持続化給付金の時は、4月7日に閣議決定され、4月30日に国会で成立し、5月1日から申請がスタートしました。 つまり、閣議決定後、早くても3週間程度は時間がかかると予想されます。 追記 6月8日に国会に提出される見込みです。 国会は17日までなので、中旬には国会で予算が成立する見込みです。 そうすると、次は予算成立後から支給開始までの時間ですね。 持続化給付金の場合は、次の日だったかな?持続化給付金の場合は、振り込みまで最短で1週間、長くて1ヶ月以上かかっています。 家賃支援制度の最新情報をわかりやすく — goki gokigoki 最新情報はツイッターを御覧ください。 下記は4月末時点の情報です。 日経新聞によると、安倍首相は4月28日の衆院予算委員会で新型コロナウィルスの影響が長期化した場合に追加の家賃支援を検討する考えを示しました。 なんか、まだまだ遅い感じがしますね。 「長期化した場合に追加の家賃支援を検討する」というレベルなので、当面は融資で耐えて下さいということになります。 家賃支援制度の内容や金額は?融資が前提? 家賃支援制度の内容や金額について現段階で検討されている内容を簡単にまとめます。 自民党案 テナントが金融機関から借りた資金の返済について、家賃分をテナントに助成するという仕組みです。 つまり、まず、事業者が金融機関から融資を受ける必要があります。 そしたら、国が家賃分を助成してくれるという形になります。 金額については家賃分の全額なのか一部なのか、上限金額があるのかなどはまだ明らかになっていません。 これは、アメリカの給与保護プログラムの仕組みを参考に考えられています。 アメリカの場合は、事業者が融資を受け雇用を維持すれば、給与や、家賃などの支払いに当てた部分の返済が免除されるという仕組みがあります。 自民党案は、融資が条件になる家賃補助制度です。 この問題点は、融資を受けられないところには家賃補助もないということだし、家賃補助のためだけに融資を受ける人が増えると、融資の手続きの時間がさらに長くなってしまう可能性があります。 家賃支援制度の野党案は? 野党は共同で、すでに支援の具体策を固め、法案を衆議院に提出しました。 内容は、政府系金融機関が家賃を支払い、テナントの支払いを猶予するという形です。 こちらは、事業主にすると基本的に家賃の借り入れということになりますね。 現在の情報では、この借入とセットなのかどうかはまだ判別していません。 まとめ 新型コロナウィルスの影響の家賃支援制度について見てきました。 国レベルの家賃支援制度の申請が始まるのは、6月中旬から下旬だと推測できます。 内容も、与党案だと融資とセットで、その際に家賃が補助される仕組みで検討されています。 金額については、全額なのか、一部なのかわかりませんが、恐らく全額補助もないし、上限金額の設定もあると見ておくのが良さそうです。 融資とセットかどうかは今の所不明です。 月額上限50万円 半年間 最大で300万円以内 複数店舗を持つ中小企業等は、最大600万円の 給付 対象は、単月の売上が前年同月比5割以上減るか、連続3ヶ月の売上が前年同期比で3割以上減った事業者。 との情報があります。

次の

コロナウイルス感染症関連給付金・補助金・助成金一覧まとめ

コロナ 対策 家賃 補助

政府は2020年度第2次補正予算案で、新型コロナウイルスの感染拡大で収益が減った中小企業や個人事業者の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」を創設し、関連費用として約2兆円を計上した。 感染防止対策やテレワークの環境整備を後押しするため、計1000億円を投じて「持続化補助金」など3補助金も拡充。 緊急事態宣言の解除を受けた事業再開の支援に全力を挙げる。 家賃支援給付金は、前年同期と比べた売上高が5月から12月の間に一カ月でも半減するか、連続する3カ月の合計で30%以上減少することが条件。 個人は150万円、法人は300万円を上限に、家賃の3分の2を半年分支給する。 複数店舗を所有する場合は特例として上限をそれぞれ300万円、600万円に引き上げる。 政府は予算案の成立を待って6月末にも受け付けを開始したい意向だ。 店舗の消毒などに取り組む企業に対しては、持続化補助金の上限を現在の100万円から150万円に引き上げる。 人が密集するライブハウスなどは一般の店舗よりも徹底した対策が必要となるため、さらに50万円上乗せする。 テレワーク導入経費については補助率を現在の3分の2から4分の3に引き上げる。 これらの対策については、既存の「ものづくり補助金」や「IT導入補助金」でも補助率などを拡充する。 医療用の「N95マスク」など衛生物資を増産する企業には設備投資費用を助成するほか、中小事業者向けの経営相談事業も強化する。

次の