ち むちむ cherry メリー ポピンズ 歌詞。 チム・チム・チェリー

【歌詞和訳】Turning Turtle

ち むちむ cherry メリー ポピンズ 歌詞

この項目では、1964年に公開されたディズニー映画について説明しています。 原作については「」を、その他の名称については「」をご覧ください。 メリー・ポピンズ Mary Poppins 監督 実写 ハミルトン・S・ラスク アニメ 脚本 製作 出演者 音楽 配給 公開 1964年8月29日 1965年12月18日 1995年3月4日 上映時間 139分 製作国 言語 製作費 600万ドル 興行収入 1億230万ドル 配給収入 4億2900万円 次作 『 メリー・ポピンズ』(原題: Mary Poppins)は、『』を原作とするに製作された製作のである。 映画初主演のがメリー・ポピンズ役を務めた。 との合成という手法が取られ、では最多13部門にノミネートされ5部門を受賞した。 に54年ぶりの続編となる『』が公開された。 ストーリー [ ] 1910年。 の桜通りに住む ジョージ・バンクス氏は厳格で気難しい銀行家。 妻の ウィニフレッドも運動に夢中で、子供は全てナニー(乳母、教育係)任せだった。 2人の子供である、姉の ジェーンと弟の マイケルは悪戯好きで、ナニーがすぐに辞めてしまっていた。 新しいナニーを募集しようと広告の文章を考えているバンクス氏に、子供たちは「優しくて、美しく、親切でおもしろいナニー希望」の広告を書いて見せるが、父は子供たちの意見を汲むどころか、その紙をに放りこんでしまった。 しかし、ジェーンとマイケルの広告は煙突から空高く飛んで、雲の上の のもとに届いた。 翌朝、バンクス氏の出した広告を見て集まった応募者達がバンクス家の玄関の前に並んでいると突然風が強くなり、応募者はみな吹き飛ばされてしまう。 呆気にとられる子供達をよそに、傘を差したメリー・ポピンズが空から舞い降りてくる。 メリーは自己紹介もほどほどに子供部屋へ行き、指をぱちんと鳴らすと散らかった部屋が魔法のように片づき、絨毯で出来た不思議な鞄からは大きなものでも何でも出す。 躾こそ厳しいものの愉快で魅力的なメリーと子供たちはすぐに仲良くなった。 散歩のときには大道芸人 バートの描く絵の中に入って遊び、の馬に乗ってキツネを狩りから守ったり、競馬に飛び入り参加したり、笑いが止まらないせいで宙に浮かんだ叔父さんと一緒に浮かんでしまったりなど、子供達はメリーと一緒に不思議で楽しい体験をしていく。 メリーがやって来てから、子供たちの悪戯が収まっただけでなく、いつも不機嫌だったやが歌まで歌いだすほどに家中が明るくなった事に、バンクス夫人は「家の中が明るく楽しくなったのはいいことだ」と肯定的に考えていたが、一方のバンクス氏は訝しく、不愉快でたまらず、「明るく楽しいのと、無責任に浮かれ騒ぐのとは違う」「明るく楽しいのは結構だが、節度は忘れるな」とメリーを譴責しようとするも逆に丸め込まれてしまい、それならばと子供たちに自分の働く姿を見せ、改めて厳格にしつけようと考えた。 寺院で貧しい老婆が売る鳩の餌に小遣いの2ペンスを使おうとする子供達を、バンクス氏は「そんな下らぬ無駄遣いをしてはならん」と叱り、自分の勤める銀行へ連れて行く。 銀行の老頭取はマイケルの2ペンスを取り上げて無理に預金をさせようとしたので、子供達は思わず「私のお金を返して! 」と大声を出した。 それを聞いた預金者たちは銀行が破綻したのではと勘違いし、あわてて払い戻しに殺到。 たちまち、噂が広がって、銀行外からも次々と預金者達が駆け込み、で銀行は大混乱に陥った。 逃げ出した子供達は道に迷ったが、幸運にも煙突掃除夫姿のバートに出会った。 バートに銀行での騒動を説明した子供達は、自分達が大変な事をやってしまったと反省しながらも「お父さんはいつも怖い顔をしてばかり。 きっと自分達の事が嫌いなんだ」と父親への不満を顕にするが、そんな子供達にバートは「お父さんは酷い人ではなく、銀行という檻の中で誰も頼る人がいない、ひとりぼっちで可哀想な人なんだよ」と教える。 バートがバンクス氏宅まで子供達を送り届けると、バンクス夫人はバートに自宅の煙突掃除と子守を無理矢理に頼みこんで出かけてしまう。 子供達はメリー・バートと一緒に煙突を通って屋上に吸い上げられ、地上では見られない夕暮れの美しいロンドンを体験する。 すると、あちこちからバートの友達の煙突掃除夫達が現れて、一行は屋上からバンクス宅の中まで、上を下へと煤だらけになりながら盛大に歌い踊りつづけた。 そこへ帰宅したバンクス氏はハチャメチャな状況を前に呆れ怒るが、その時銀行の老頭取から呼び出しの電話がかかってくる。 電話口の言葉からクビを宣告されると悟り、すべてはメリーのせいだと意気消沈するバンクス氏を穏やかに窘めながら、バートは歌で「子供に愛情を注げるのは今のうちだけ」である事を教え諭した。 その後、子供達は「私たちのせいでごめんなさい」とバンクス氏に謝り、せめてもと小遣いの2ペンスを渡す。 バンクス氏は子供達に「ありがとう」とお礼を述べながら、自分のこれまでの振る舞いや子供達への接し方が独り善がりだった事に気づく。 出頭した銀行で、やはりバンクス氏は取り付け騒ぎを引き起こした責任を押し付けられて、クビを宣告されると、憂さ晴らしといわんばかりに老頭取(の指示を受けた息子重役)から嫌がらせを受けてしまう。 しかしそのおかげで吹っ切れたバンクス氏はメリーの魔法の言葉「」()を思い出して笑い出し、老頭取に本音をぶつけながらジョークを教える。 突然の豹変に呆気にとられる老頭取や役員達を尻目に、バンクス氏はクビになったことなど気にも留めず「ウサギの盛り」のようなハイテンションで、楽しそうに銀行から去って行き、そのまま行方不明になってしまう。 本当に大切なものは仕事ではなく、家族・子供達だった事を理解したバンクス氏は朗らかに翌朝家に戻り、一家は揃って凧揚げに出かける。 公園では老頭取の息子重役達も凧揚げをしていた。 彼らによれば、老頭取はバンクス氏が教えたジョークのおかげで心から大笑いしながら、実に幸せに亡くなったというのだ。 重役たちはバンクス氏を銀行に復職させることを告げ、一同はみんなで歌いながら凧揚げを楽しむ。 あれだけメリーに懐いていた子供たちも、やはり本当の父と母が一番だった。 自分の役目は終わったと感じたメリーは、次の子供たちのために旅立つことを決意する。 凧を売るバートに「さよならメリー・ポピンズ、またすぐ帰ってきておくれ」と見送られながら、メリー・ポビンズは風に乗り、空に舞い上がって行った。 登場人物 [ ] この節のが望まれています。 主人公 [ ] が使え、美人で賢く優しいスーパー(の事、とは若干ニュアンスが異なる)。 普段は雲の上で暮らしている。 鞄の中にはたくさんの道具が詰まっており、明らかに入らない大きなサイズの物まで入っている。 ジェーンとマイケルの書いたナニー募集の広告を見て、ジョージの厳格な条件を見て集まってきたナニー達を魔法で追い払ってバンクス家にやって来た。 基本的に穏やかで理知的な物腰であるが、ジェーンとマイケルに見せた魔法についてはぐらかす言動が多く、ジェーンとマイケルが自分を実の親以上に慕う事には突き放した態度を取る。 しかし、本心では子供たちを愛しており、子供たちの実の親には叶わないと距離を置かざるを得ず、やがては別れなければならない事を悲しんでいた。 バート メリーの昔からの親友で、快活な性格で屈託のない好青年。 よく間違えられるがメリーの恋人ではない。 歌も上手ければダンスも上手く、何でもこなす。 煙突掃除屋をはじめ、、、など日によっていつも違う仕事をしている。 昔は気難しく笑わない子供で両親にもよく思われていなかったらしいが、メリーの呪文を聞いて何も怖いものがなくなり、今のような性格に変わったらしい。 バンクス家の人々 [ ] ジョージ・バンクス に勤める厳格なお父さん。 全てきっちりとしなければ気がすまず、メリーを快く思っていなかった。 ウィニフレッド・バンクス ジョージの妻で、ジェーンとマイケルのお母さん。 夫と違ってメリーには肯定的だが、女性のを主張する運動に夢中で、子供たちのことはいつもナニーに任せっきり。 ジェーン・カロライン・バンクス バンクス家の長女でマイケルの姉。 楽天的な性格で、部屋の片付けが苦手。 マイケル・バンクス バンクス家の長男でジェーンの弟。 少し頑固で気難しい性格。 のはジョージ役のに似ている事から起用された。 エレン バンクス家の。 貧乏くじを引かされることが多く、不思議な現象を起こすメリーにも驚かされっぱなし。 ブリル バンクス家の。 エレンとは犬猿の仲で、いつも口げんかばかりしている。 ケイティ・ナナ メリーの前任のナニー。 元々ライオンのだったはずが、なぜかウィニフレッドにナニーとして雇われていた。 ジェーンとマイケルに手を焼き、物語の冒頭で辞めてしまう。 その他 [ ] ブーム海軍大将 バンクス家の隣に住む元軍人で、ジョージの友人。 引退後も海軍の規則正しい生活を続けているが、毎日朝と夕方の決まった時間になると代わりにをぶっ放し、バンクス家は振動と騒音でいつも迷惑を蒙っている。 バート達煙突掃除人が屋根の上で踊るのを見て、(日本版では)が襲撃したと勘違いして花火弾を放ったこともある。 原作では、子供達が出かけた夜中の動物園で、動物と関係が逆転して、檻の中に入っていたことがある。 ジョーンズ巡査 バンクス家が住むチェリー通りの治安を守る警官。 凧を探して迷子になったジェーンとマイケルを保護したり、銀行に向かって帰ってこないジョージの居場所を探すなど、なにかとバンクス家を助ける。 原作には登場しないキャラクター。 アルバートおじさん 大の笑い上戸で、笑い出すと止まらず体が浮いてしまう。 降りるためには、悲しいことを考えなければいけない。 原作ではアルバート・ウィッグという名前で「ウィッグさん」と呼ばれる。 ハトの餌を売る老女 前の広場で2でハトの餌を売っている。 メリーの水晶玉で見えただけではなく、子供たちがバンクス氏の銀行に行く途中で、出会う。 映画では、バンクス氏と子供二人で出会っているが、原作ではメリーと子供二人で出会っている。 ミスター・ドース・ジュニア ジョージが勤める銀行ので、ドース・シニアの息子。 常に父親の言いなりに動く事しかできず、一度も父親の笑った顔を見た事がなかった。 原作には登場しないキャラクター。 ミスター・ドース・シニア 本作の。 バート役のがで演じている。 かなりの高齢で、常に杖をつき歩行すら不自由そうにしている。 銀行を一代で築き上げたでであるが、その本性は顧客に預金させる為なら手段を選ばず、子供の僅かばかりのお小遣いさえも預金させようとしたり、少しでも銀行に損失を与えた行員は陰湿な嫌がらせをしながら解雇を宣告するほどに、守銭奴かつ儲け第一な性格。 息子や大勢の銀行員を従えジェーンとマイケルに預金や投資の重要性について頭ごなしに説得した挙句、強引に2ペンスを奪い取るもそれが原因で銀行始まって以来初のに発展してしまう。 騒ぎの原因であるジェーンとマイケルを銀行に連れてきたジョージに全責任を押し付けて解雇しようとするも、改心したジョージに真っ向から「インチキはお前だ」と反抗され、その後吹き込まれたジョークにより笑いながら宙に浮かびそのまま息を引き取る。 原作には登場しないキャラクター。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹き替え ソフト版 版 () 台詞: 歌: バート ミスター・ドース・シニア ジョージ・バンクス ウィニフレッド・バンクス ジェーン・カロライン・バンクス () マイケル・バンクス アルバート エレン () ブリル () ハトの餌を売る老女 ブーム海軍大将 () ミスター・ビンナクルー () ジョーンズ巡査 () ケイティ・ナナ ミスター・ドース・ジュニア ペンギン・ウェイター () () 八代駿 狐 ダラス・マッケノン• 版、版から発売されたビデオには字幕スーパーが収録されている。 『シング アロング ソング』では、メリー・ポピンズの吹き替えをが担当している。 フジテレビ版:初回放送1986年11月1日21:03-23:24『』 備考 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年6月)• 絵柄はが関わりのあるディズニーアニメーションと同じである。 タイトル 作詞 作曲・編曲 出演者 時間 1. 「メイン・タイトル(Overture)」 合奏 、 、 3:01 2. 「古い鎖を断ち切って()」 、 、 1:45 3. 「私の暮らし()」 、 、 2:01 4. 「理想の乳母さん()」 、 、 , 1:39 5. 「お砂糖ひとさじで()」 、 、 4:09 6. 「大道画家(Pavement Artist)」 、 、 2:00 7. 「楽しい休日()」 、 、 ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク 5:24 8. 「()」 、 、 ジュリー・アンドリュース、ディック・ヴァン・ダイク 2:03 9. 「眠らないで()」 、 、 ジュリー・アンドリュース 1:45 10. 「笑うことが好き()」 、 、 ディック・ヴァン・ダイク、、ジュリー・アンドリュース 2:43 11. 「英国の銀行(A British Bank The Life I Lead )」 、 、 デヴィッド・トムリンソン、ジュリー・アンドリュース 2:08 12. 「2ペンスを鳩に()」 、 、 ジュリー・アンドリュース 3:51 13. 「信用第一の銀行()」 、 、 ディック・ヴァン・ダイク、銀行員、デヴィッド・トムリンソン 3:33 14. 「()」 、 、 ディック・ヴァン・ダイク、ジュリー・アンドリュース、カレン・ドートリス、マシュウ・ガーバー 2:46 15. 「踊ろう、調子よく()」 、 、 ディック・ヴァン・ダイク、キャスト 8:42 16. 「男には夢が()」 、 、 デヴィッド・トムリンソン、ディック・ヴァン・ダイク 4:28 17. 「凧をあげよう()」 、 、 デヴィッド・トムリンソン、 ディック・ヴァン・ダイク、ロンドンの人々 1:53 原作については「」を参照• 著『メリー・ポピンズ』のディズニー童話• 文・絵『メリー=ホピンズ』少年少女ディズニー文庫• 原作と映画を比較した章が含まれる。 /編著『メアリー・ポピンズのイギリス』 原作と映画の違い [ ]• 時代背景• 原作では時代はいつか、はっきりと描かれていないが、映画では1910年(エドワード朝時代)と指定されている。 メリー・ポピンズのキャラクター• 原作では、いつもツンとして不機嫌そうであり、子供達に命令ばかりしている(それでも子供たちはメリー・ポピンズを熱愛する)。 この性格は典型的なナニーの属性である。 原作では、自分が美人であることを非常に誇りに思っていて、鏡に見とれたり、その旨の発言をすることが、非常にしばしばである。 原作では、「自分は礼儀作法が完璧である」と言っており、空中を飛んだり、逆さまになったりしても、スカートの裾は足にぴったりはりついている。 原作では、不思議なできごとが起きても、「知りません。 自分とは関係ない」「そんなことが起きる筈がありません。 夢か勘ちがいでは」とはぐらかして、自分が魔力がある存在だと認めない。 また「子供部屋の自動かたづけ」のような「見るからに魔法」とわかるような魔法は使わない(原作では、メリー・ポピンズの親戚や友人が、超自然的な出来事を起こすことが多い)。 原作では、「階段の手すりの上を、一人ですべって登る」場面はあるが、映画にある「子供達と一緒に、階段の手すりの上をすべりおりる」場面はない。 原作では「雲の上に住んでいる」とはっきり明示されてはいない。 映画で使用される魔法の言葉は原作には登場しない。 原作では、コブラがイトコだったり、自分の帽子の花を勝手につつく鳩に向かって「焼き鳥にしてやる」と罵るなど、魔女的な要素がある。 原作では、動物とはもちろんのこと、太陽や風とも会話が可能である。 また、メリー・ポピンズの親戚は非常に長命と思われる発言をする人物が多い。 バンクス氏のキャラクター• 原作ではメリー・ポピンズを嫌っておらず、彼女がナニーにきてくれたことを大歓迎している(召使たちを含めて、バンクス家の全員がメリー・ポピンズがきたことを喜んでいる)• 「全てきっちりとしなければ気がすまない」という性格は、映画独自の設定で、原作にはない。 原作では、子供の頃に「厳しい女性家庭教師」に厳格な教育をうけ、今でもその女性のことを恐れている。 原作では、映画にあるような、自分の仕事(銀行業)への不満は描写されていない。 原作では、映画にある、バンクス氏の職場(銀行)を子供達に見せる場面はない。 原作ではバンクス氏の職場そばでランチをとるために、メリー・ポピンズが子供二人をシティに連れていく場面がある。 原作では、映画にあるような、銀行の顧客のパニックは起きていない。 原作では、子供たちと一緒に凧をあげる場面はない。 凧あげを手伝うのは公園の管理人である。 原作では、「片足が義足のスミス」のジョークは登場しない。 バンクス夫人のキャラクター• 原作では夫人に「ウィニフレッド」という名前はない。 また、「女性選挙権運動をしている」というのは映画の独自設定。 バンクス家の子供たち• 原作では4人(2巻からは5人)の子供がいるが、映画では上の2人しか登場しない。 原作での下の双子の子供は、赤ん坊の頃は、動物や風などの言葉がわかる。 「大きくなるとわからなくなる。 大きくてもわかるのはメリー・ポピンズだけ」という設定。 バートのキャラクター• 原作ではバートの職業は、「マッチ売り&街頭絵描き」の一種類のみ。 バートの描いた絵の中に入るシーン• 原作では、メリー・ポピンズの休日に起きたできごとであり、メリーとバートの2人で絵の中に入る。 お茶を飲み、メリーゴーランドに乗るだけの、短時間で終わっている。 また、原作でのバートの登場はこの場面のみであり、バートは子供たちと出会ってはいない。 ミュージカル [ ] この節のが望まれています。 プロデューサーのによって制作され、2004年にで初演、2006年にはで初演している。 その後も世界各国で上演を続けている。 プレビュー公演:2018年~• 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)231頁• 日本での公開は2019年。 シネマトゥデイ. 2018年3月6日. 2018年5月24日閲覧。 - に公開されたディック・ヴァン・ダイク主演のイギリス・アメリカ合作の映画。 同じくイギリスが舞台だった事もあり、本作に関わった作曲のシャーマン兄弟、振付のマルク・ブローとディーディー・ウッドなど多くのスタッフが携わっている。 - のアメリカ映画。 本作品の制作背景を描いた。 外部リンク [ ]• (日本語)• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の

メリー・ポピンズ リターンズの曲目・サウンドトラック徹底解説【前作の音楽も使用!】

ち むちむ cherry メリー ポピンズ 歌詞

概要 [ ] オリジナル版ではやが唄ったが 、によるプロデュースのの『 ()』の劇中でも唄われる。 また、にあった に登場する『メリー・ポピンズ』のシーンでも本作が流され、のでは ()のショーの中でも『メリー・ポピンズ』のシーンで本作が用いられる。 本作は1964年にを受賞した。 2005年にはのアルバム『 Julie Andrews Selects Her Facorite Disney Songs 』にも挿入されている。 作家陣 [ ] 作詞と作曲を手がけたのは、と ()()である。 二人は『メリー・ポピンズ』の劇中曲でとを受賞している。 インスピレーション [ ] 本作は『メリー・ポピンズ』のを担当したによる (、)のスケッチからヒントを得て作られた。 1961年に映画化が決定するまでに、シャーマン兄弟はすでに作品のキャラクターを多く取り入れながら "" を完成させていった。 そしてバートのテーマ曲「チム・チム・チェリー」が誕生した。 また本作はイディッシュ民謡の「 (、、)」とも同様に音の類似点をいくつか共有している。 パロディ [ ] 同一のタイトルを用いて、ソング・パロディストの (、) がパロディ曲を制作したことがある。 これは、テレビで見るアメリカ製商品をの対象にしたパロディである。 ・のや、のたちは、それぞれのチームのローカルライバルで、ととのシャツを着用する、、を相手にしたバージョンの曲を唄う。 イギリス人コメディアンの ()は、自身のスタンドアップコメディ収録DVDに、本作の歌詞で言葉遊びをした「ティムティミニー・ティムティミニー・ティムティムトゥーユー」というタイトルを付け、その表紙にはヴァインが煙突掃除人に仮装した写真が使われている。 日本語詞によるカバー [ ]• (1965年、 BS-7103)。 日本語詞は、編曲は。 B面は「ひとりぼっちの羊飼い」。 (1965年、キングレコード BS-7105)。 日本語詞はあらかはひろし、編曲は半間厳一。 B面は「ブルー・レディに紅いバラ」。 (1965年、 TP-1164)。 日本語詞は萩原芳子、編曲は橋本光雄。 B面は「」。 日本語詞は三浦康照、編曲は山屋清。 (1974年、東芝レコード TS-4079。 「睦哲也ダンス教材」の1枚)。 日本語詞は横山健、編曲は角田圭伊吾。 NHKみんなのうた [ ] チム・チム・チェリー 歌手 、 作詞者 リチャード・M・シャーマン (訳詞) 作曲者 ロバート・B・シャーマン リチャード・M・シャーマン 編曲者 映像 映像制作者 初放送月 1966年4月 - 5月 再放送月 2006年8月24日・同年12月13日・2007年1月2日() 2011年4月3日() の『』では1966年4月から同年5月まで放送。 日本語詞は、編曲はが手掛け、歌はとが担当した。 映像は製作のアニメーション。 『みんなのうた』での放送後、視聴者からの楽譜の希望が多かった曲の一つである。 定時でのは行われていないが映像は残っており、まず2006年8月24日・同年12月13日・2007年1月2日の3回に渡って、のの『』で再放送、その後2011年4月3日放送の『』(第1回)で地上波では45年ぶりに再放送された。 この映像は『みんなのうた』のには収録されていない。 またNHKから発売された楽譜集には第5巻に収録され『メリー・ポピンズ』の場面も収録されていたが、その後の再版では著作権の関係上、一部の紹介外国曲と共に削られた。 日本内外の計113名のが「アーティスト」とされ、日本の歌手ではや、、、らが登録されている。 訳詞としては、との名義が登録されている。 は、WONDERLAND MUSIC COMPANY INC ()。 日本でのサブ出版 はとである。 脚注 [ ] []• 135. 1989年5月1日、(当時)と同時にオープン。 2017年8月13日をもってクローズ。 シャーマン兄弟とは無関係である。 Tim Vine. com 2016年6月24日. 2017年12月23日時点のよりアーカイブ。 2018年6月2日閲覧。 横尾の『みんなのうた』担当は、1964年6月 - 7月の『蛙』、1964年10月 - 11月の『』、1965年2月 - 3月の『焼き栗』に次いで4回目にして、現在のところ最後。 また先述の3曲は音声は現存するも映像は現存しないため、映像が現存するのは本曲が唯一。 「NHK『みんなのうた』名曲、愛唱歌生み35年 母と子へ966のメロディー」『』1996年3月27日付東京夕刊、9頁。 両名義共にのディレクターが日本語訳詞をする際に用いたペンネームである。 音楽出版者が全世界の地域について単独でその活動を行うことは難しいことから、特定地域の出版者と、その地域についての利用開発やプロモーションを任せる契約を結ぶことがある。 この場合、作詞者・作曲者から直接権利を取得した音楽出版者は OP Original Publisher と呼称し、OPと契約を結び特定地域についての活動を任せられた音楽出版者は SP Sub Publisher と呼称する。 サブ出版業務は演奏・録音については日音、出版についてはヤマハミュージックEHと分担されている。 関連項目 [ ]• : (). (サンタクラリタ、Champhor Tree Publishers、1998年) 外部リンク [ ]•

次の

【メリー・ポピンズ】歌唱披露映像「Chim Chim Cher

ち むちむ cherry メリー ポピンズ 歌詞

先日のに続く、の子守唄2曲目。 邦題は「2ペンスを鳩に」。 お父さんの職場の銀行のすぐそばにある、セント・ポール寺院前の鳥の餌売りのおばあさんの歌です。 この曲は実際現地に行く前夜、メリーが子供たちに優しく歌う子守唄ですので、映像も歌も教会の雰囲気を生かした、優しく荘厳なものとなっています。 が、歌っている歌詞の内容は、まぁ優しいかもしれないけど全然きれいじゃない。 教会幻想を取り除くために、東京に置き換えて意訳??? してみましょう。 #原詩が好きな方、大っ変申し訳ないです。 私も好きなのですが、敢えてやってみます。 「浅草寺の雷門の前に、朝早くから鳩の餌売りのおばあちゃんがいるの。 いつも道行く人に『鳩の餌、一袋100円だよ~』って声を掛けてるわ。 『たった100円で「鳩助け」ができるんだ。 気持ちがいいよ~』 いいことしてあげると、仁王様達の像も微笑んでくれるんじゃないかしら。 」 …色気ないでしょ。 でも実際、こういうお話で、とても美しくて優しくて神々しい曲に仕上がっているのです(ヴォーカリーズのコーラスが、神々しさの追討ち隊をやっております。 ちなみに、この曲の最高音はト音記号五線譜に納まるD。 最低音は五線譜より下のGで、しかもこの音がサビの入り。 中音域を美しく聞かせて物語を進め、サビの "Feed the birds, tuppence a bag "を、低い音で落ち着いてじっくり聞かせる。 ジュリーの声はソプラノですから、こんな使い方ができるのも、この作品が舞台先行ではなく、映画オリジナルの作品だからこそ、でしょう。 で、実際銀行に向かってみると、確かに餌売りのおばあちゃんはいる。 みすぼらしい格好で、鳩の大群に囲まれながら。 このイメージは間違いなく神々しいジュリーの歌のものではなく、雷門の前で大量の鳩の中、100円の餌を売るおばあさん。 まじめで堅実で教育熱心な銀行家であるバンクス氏の目にもそのように映るらしく、「手持ちの100円で鳩に餌をやりたい」と言う子供の意見を、「そんな無駄遣い許しません」と一蹴。 わかるなぁ。 この感覚。 #しまった、100円じゃなくて2ペンスだった。 1910年代の通貨価値はわからないけど、そんな感覚の額です。 普通なら、ここで鳩の餌と2ペンスの話は終わってしまうのですが、ここから先が作品のパワーの見せ所。 このジュリー =メリー の子守唄が、作品を一気に大転換の場へ引きずり込むのです。 知らない方は、是非わくわくしながら観てください。 この子守唄も、お勧めはやはりジュリーの英語版です。 日本語版もきれいに聴けますけどね。 あと、このDVD、日本語トラックだけ何だか非臨場感を感じるなぁと思っていたら、わかりました。 後乗せの日本語セリフだけ、妙に定位が良いのです。 会話してるほぼ全員が、真ん中にべったりと鎮座。 あと、音量バランスも音楽に比べ大きめ。 友人を助手席に乗せて「何だかラジオみたい」という意見をもらってなるほど、と思いました。 作曲者シャーマン兄弟のインタビュー付きですが、この部分の対訳は、ありません(歌の歌詞対訳はありますよ)。 入っている曲 (原題はそのうち追ってUpします 1. メイン・タイトル Main Title 2. 古い鎖をたち切って 3. 私のくらし 4. 理想の乳母さん 5. お砂糖ひとさじで A Spoonful of Sugar Helps the Medicine Go Down 6. 大道画家 7. 楽しい休日 8. スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス Supercalifragilisticexpialidocious 9. 眠らないで Stay Awake 10. 笑うのが大好き 11. 英国の銀行 12. 2ペンスを鳩に Feed the birds - tuppence a bag- 13. 信用第一の銀行 14. チム・チム・チェリー Chim Chim Cheree 15. 序曲 Overture 16. 男には夢が 17. タコをあげよう 18. シャーマン兄弟インタビュー 19. チム・チム・チェリー Chim Chim Cherry 20. タコをあげよう 21. アイズ・オブ・ラブ 22. 女王のテーマ.

次の