ドコモ光お得か。 ドコモ光の引っ越し手続きの4つの手順と費用をお得にする方法

「ドコモ光」は何がお得なのか? 他社にない優位性は?――NTTドコモに聞く (1/2)

ドコモ光お得か

ドコモ光のキャンペーン比較 ドコモ光を申し込める窓口は大きく分けて以下の4つになります。 ドコモの公式サイト• ドコモショップ• 家電量販店• そして冒頭でお伝えしたキャンペーンが一番お得な窓口の「GMOとくとくBB」は、 プロバイダのサイトに該当します。 では、それぞれのキャンペーンの違いを見ていきましょう! ドコモの公式サイトから申込めば、その名の通り公式キャンペーンが適用されます。 他の窓口では公式キャンペーンと併用して、それぞれ独自のキャンペーンも適用されますが、ドコモの公式サイトでは公式キャンペーンのみなので、あまりうまみがありません。 ドコモショップでは店舗によって、商品券をもらえるところもあるようです。 しかも商品券は店頭まで受け取りに行かないといけないみたいです。 これはちょっと面倒ですね。 ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどといった 家電量販店も商品券がもらえる独自キャンペーンを行っています。 また、家電量販店はスタッフの人件費が高いため、どうしてもプロバイダサイトなど、Webで申し込める窓口と比べると特典内容も劣ってしまいます。 そしてこちらもドコモショップ同様、商品券は店頭まで取りに行く必要があるそうです。 プロバイダのサイトからドコモ光に申し込むと、たくさんの独自キャンペーンが適用されます。 上のキャンペーン比較表では当サイトで最もオススメしている【GMOとくとくBB】のキャンペーンを記載しましたが、こちらはキャッシュバック以外にも「セキュリティ1年間無料」や「Wi-Fiルーター無料レンタル」や「ネット接続設定出張サポート無料」などの特典が付いています。 ドコモショップや家電量販店などと違い、【GMOとくとくBB】ではWeb上でドコモ光の申込みが完結するため、わざわざ店頭まで足を運ぶ必要がなく、キャッシュバックも指定の口座に振り込んでくれます。 そのため、ドコモ光のキャンペーンが最もお得でオススメの窓口はダントツで【GMOとくとくBB】(プロバイダサイト)ということになります。 プロバイダのキャンペーンは「GMOとくとくBB」が最もおすすめ! ドコモ光のプロバイダは全部で26社ありますが、その中でもキャンペーン内容が充実しているのは以下4つのプロバイダとなります。 Plala• So-net• DTI• そのため、こだわりのプロバイダが特に無ければ、独自キャンペーンが最も充実しているプロバイダからドコモ光に申込むのがオススメです。 では、それぞれの独自キャンペーンの違いを見ていきましょう! 上の表からも分かる通り、キャッシュバックの還元時期が早いのは【So-net】と【GMOとくとくBB】ですが、特典内容が充実しているのは【GMOとくとくBB】の方です。 その他の特典で、「Wi-Fiルーターの無料レンタル」を行っているプロバイダも複数ありますが、plalaやDTIが提供している「IPv6対応」とGMOとくとくBBが提供している「v6プラス対応」では接続方式が若干異なります。 ここでは詳しい説明は割愛しますが、簡単に言えばGMOとくとくBBが提供している「v6プラス対応」の方が安定度の高い接続方式のため、より速度が出やすくなります。 また、GMOとくとくBBでは、万が一速度が【100Mbps】を下回ったらGMOとくとくBBの月額料金のお支払いにも使えるGMOポイントを100pt還元してくれます。 「速くなかったらポイント還元」というキャンペーンは速度に自信があるGMOとくとくBBだからこそできる、他社にはないサービスと言えるでしょう。 セキュリティソフトの無料期間だけで見ると、plalaがお得ですが、正直セキュリティソフトはプロバイダ指定のものを使う必要はありません。 当然、無料期間はプロバイダ指定のセキュリティソフトを使ってもいいと思いますが、既にご自身でセキュリティソフトを購入していたり、無料のものを使っている方は、それをそのまま継続して使えばいいと思います。 ちなみに私は、マイクロソフトが提供している無料の「」というセキュリティソフトを使っています。 無料ですが、セキュリティの性能は高いのでこれで十分事足りています。 【GMOとくとくBB】のセキュリティソフト無料期間が1年間じゃちょっと不安という方は、ぜひマイクロソフトの無料セキュリティも検討してみてはいかがでしょうか? 以上のことから、「キャッシュバック還元時期の早さ」「回線のスピード」「特典の豊富さ」など、ドコモ光のプロバイダ独自キャンペーンを総合的に比較してみたところ、一番お得なプロバイダは【GMOとくとくBB】という結果になりました。 ドコモ光の月額料金や初期費用は? 以下はフレッツ光とドコモ光の料金比較表ですが、フレッツ光のプロバイダの中でも最も安い「GMOとくとくBB」を利用している場合でも、ドコモ光の安さには敵いません。 回線 プロバイダ 月額料金 一戸建て 月額料金 集合住宅 フレッツ光 BIGLOBE 6,900円 税抜 4,650円 税抜 フレッツ光 OCN 6,800円 税抜 4,650円 税抜 フレッツ光 ぷらら 6,700円 税抜 4,550円 税抜 フレッツ光 GMOとくとくBB 6,460円 税抜 4,280円 税抜 ドコモ光 5,200円 税抜 4,000円 税抜 ドコモ光は、フレッツ光 GMOとくとくBB と比べても 戸建ては月々1,260円 年間15,120円 、 集合住宅は月々280円 年間3,360円 安くなります。 現在フレッツ光で、BIGLOBEやOCNやぷららなどのプロバイダを利用している方は、ドコモ光にすることで、さらにお安くなります。 ドコモ光の初期費用 ドコモ光に申込むと、初期費用として3,000円の契約事務手数料が必ず発生します。 また、新規の場合は工事料 戸建て18,000円、マンション15,000円 が発生しますが、工事料は一括払いだけでなく、お支払い回数が選べるので無理なくお支払いできます。 フレッツ光からの乗り換え 転用 であれば、工事不要で簡単にドコモ光に乗り換えができるため、多くのフレッツ光ユーザーがドコモ光に乗り換えています。

次の

ドコモ光なら当サイトからの申し込みが断然お得!ドコモ光の料金プラン|【当サイト限定特典】ドコモ光お申込みサイト

ドコモ光お得か

ドコモ光のキャンペーン比較 ドコモ光を申し込める窓口は大きく分けて以下の4つになります。 ドコモの公式サイト• ドコモショップ• 家電量販店• そして冒頭でお伝えしたキャンペーンが一番お得な窓口の「GMOとくとくBB」は、 プロバイダのサイトに該当します。 では、それぞれのキャンペーンの違いを見ていきましょう! ドコモの公式サイトから申込めば、その名の通り公式キャンペーンが適用されます。 他の窓口では公式キャンペーンと併用して、それぞれ独自のキャンペーンも適用されますが、ドコモの公式サイトでは公式キャンペーンのみなので、あまりうまみがありません。 ドコモショップでは店舗によって、商品券をもらえるところもあるようです。 しかも商品券は店頭まで受け取りに行かないといけないみたいです。 これはちょっと面倒ですね。 ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどといった 家電量販店も商品券がもらえる独自キャンペーンを行っています。 また、家電量販店はスタッフの人件費が高いため、どうしてもプロバイダサイトなど、Webで申し込める窓口と比べると特典内容も劣ってしまいます。 そしてこちらもドコモショップ同様、商品券は店頭まで取りに行く必要があるそうです。 プロバイダのサイトからドコモ光に申し込むと、たくさんの独自キャンペーンが適用されます。 上のキャンペーン比較表では当サイトで最もオススメしている【GMOとくとくBB】のキャンペーンを記載しましたが、こちらはキャッシュバック以外にも「セキュリティ1年間無料」や「Wi-Fiルーター無料レンタル」や「ネット接続設定出張サポート無料」などの特典が付いています。 ドコモショップや家電量販店などと違い、【GMOとくとくBB】ではWeb上でドコモ光の申込みが完結するため、わざわざ店頭まで足を運ぶ必要がなく、キャッシュバックも指定の口座に振り込んでくれます。 そのため、ドコモ光のキャンペーンが最もお得でオススメの窓口はダントツで【GMOとくとくBB】(プロバイダサイト)ということになります。 プロバイダのキャンペーンは「GMOとくとくBB」が最もおすすめ! ドコモ光のプロバイダは全部で26社ありますが、その中でもキャンペーン内容が充実しているのは以下4つのプロバイダとなります。 Plala• So-net• DTI• そのため、こだわりのプロバイダが特に無ければ、独自キャンペーンが最も充実しているプロバイダからドコモ光に申込むのがオススメです。 では、それぞれの独自キャンペーンの違いを見ていきましょう! 上の表からも分かる通り、キャッシュバックの還元時期が早いのは【So-net】と【GMOとくとくBB】ですが、特典内容が充実しているのは【GMOとくとくBB】の方です。 その他の特典で、「Wi-Fiルーターの無料レンタル」を行っているプロバイダも複数ありますが、plalaやDTIが提供している「IPv6対応」とGMOとくとくBBが提供している「v6プラス対応」では接続方式が若干異なります。 ここでは詳しい説明は割愛しますが、簡単に言えばGMOとくとくBBが提供している「v6プラス対応」の方が安定度の高い接続方式のため、より速度が出やすくなります。 また、GMOとくとくBBでは、万が一速度が【100Mbps】を下回ったらGMOとくとくBBの月額料金のお支払いにも使えるGMOポイントを100pt還元してくれます。 「速くなかったらポイント還元」というキャンペーンは速度に自信があるGMOとくとくBBだからこそできる、他社にはないサービスと言えるでしょう。 セキュリティソフトの無料期間だけで見ると、plalaがお得ですが、正直セキュリティソフトはプロバイダ指定のものを使う必要はありません。 当然、無料期間はプロバイダ指定のセキュリティソフトを使ってもいいと思いますが、既にご自身でセキュリティソフトを購入していたり、無料のものを使っている方は、それをそのまま継続して使えばいいと思います。 ちなみに私は、マイクロソフトが提供している無料の「」というセキュリティソフトを使っています。 無料ですが、セキュリティの性能は高いのでこれで十分事足りています。 【GMOとくとくBB】のセキュリティソフト無料期間が1年間じゃちょっと不安という方は、ぜひマイクロソフトの無料セキュリティも検討してみてはいかがでしょうか? 以上のことから、「キャッシュバック還元時期の早さ」「回線のスピード」「特典の豊富さ」など、ドコモ光のプロバイダ独自キャンペーンを総合的に比較してみたところ、一番お得なプロバイダは【GMOとくとくBB】という結果になりました。 ドコモ光の月額料金や初期費用は? 以下はフレッツ光とドコモ光の料金比較表ですが、フレッツ光のプロバイダの中でも最も安い「GMOとくとくBB」を利用している場合でも、ドコモ光の安さには敵いません。 回線 プロバイダ 月額料金 一戸建て 月額料金 集合住宅 フレッツ光 BIGLOBE 6,900円 税抜 4,650円 税抜 フレッツ光 OCN 6,800円 税抜 4,650円 税抜 フレッツ光 ぷらら 6,700円 税抜 4,550円 税抜 フレッツ光 GMOとくとくBB 6,460円 税抜 4,280円 税抜 ドコモ光 5,200円 税抜 4,000円 税抜 ドコモ光は、フレッツ光 GMOとくとくBB と比べても 戸建ては月々1,260円 年間15,120円 、 集合住宅は月々280円 年間3,360円 安くなります。 現在フレッツ光で、BIGLOBEやOCNやぷららなどのプロバイダを利用している方は、ドコモ光にすることで、さらにお安くなります。 ドコモ光の初期費用 ドコモ光に申込むと、初期費用として3,000円の契約事務手数料が必ず発生します。 また、新規の場合は工事料 戸建て18,000円、マンション15,000円 が発生しますが、工事料は一括払いだけでなく、お支払い回数が選べるので無理なくお支払いできます。 フレッツ光からの乗り換え 転用 であれば、工事不要で簡単にドコモ光に乗り換えができるため、多くのフレッツ光ユーザーがドコモ光に乗り換えています。

次の

【2020年7月】プロが選ぶドコモ光で一番お得なキャンペーン

ドコモ光お得か

引越し手続き前に準備するもの• ご契約名義• ペア回線の携帯電話番号• ご契約ID(お客様ID)• 引越し先の住所• 工事希望日 引越し手続き方法 詳細 WEB申し込み インフォメーションセンター(電話) ドコモ携帯:151 一般電話:0120-800-900 (9時〜20時 ) ドコモショップ 後日工事担当者から連絡が入り、工事日を決めて申し込み完了となります。 WEB申し込みなら、24時間受け付けをしている、 移転事務手数料・移転工事費用相当のdポイント還元を行っているのでおすすめです。 撤去工事を行う 現住所で利用しているドコモ光の撤去工事を行います。 工事には立ち会いが必要となる場合がありますので、余裕を持ってお申込みをしましょう。 開通工事を行う 引越し先でドコモ光の工事を行います。 一戸建ての場合は派遣工事となる場合が多いですが、 マンションですでに光コンセントが設置されている場合、無派遣工事ですぐにインターネットが利用できる場合があります。 派遣工事の場合は1時間ほど時間がかかります。 ドコモ光の工事内容に関しては『』でまとめています。 インターネットの設定をする 引越し先でのドコモ光の工事が終わったら、無線LANルーター・プロバイダの設定をしてインターネットに接続をしましょう。 工事担当者はONUとドコモ光の設定しかしてくれませんので、PCの設定は自分で行う必要があります。 既にドコモ光を利用されていて、同じプロバイダを利用されるのであれば、特別な設定は必要ありません。 設定をしても繋がらない場合 インターネットが繋がらない場合、以下の原因が考えられます。 ID・パスワードなどの設定が間違っている• ONUと無線ルーターの配線が間違っている• 機器の電源が入っていない マニュアルどおりに設定しても繋がらない場合は、ドコモ光へお問い合わせをしてみてください。 ドコモ光の引越し費用 ドコモ光の引越しの費用はいくらかかるのか?を解説していきます。 戸建て、マンションでも 移転工事料金は異なります。 エリア内での移転費用 一戸建て マンション 工事費 9,000円 7,500円 移転事務手数料 2,000円 2,000円 合計 11,000円 9,500円 現住所の工事とは別で引越し先での工事が必要となりますので、工事費用がかかります。 東日本と西日本エリアをまたぐ引越しは費用が高い 一戸建て マンション 工事費 18,000円 15,000円 移転事務手数料 2,000円 2,000円 合計 20,000円 17,000円• お引越し先がNTT東日本かNTT西日本か確認をしてみてください。 NTT西日本のサービス提供地域 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 後ほど説明しますが、エリアをまたぐ引越しの場合は、一度解約して新規契約しなおした方がお得になります。 無派遣工事の場合 一戸建て マンション 工事費 2,000円 2,000円 移転事務手数料 2,000円 2,000円 合計 4,000円 4,000円 引越し先でドコモ光の無派遣工事ができる場合は 工事費は2,000円しかかかりません。 マンションの場合、以前住んでいた人が光回線を利用していて光コンセントが設置されている場合があります。 派遣工事か無派遣工事か確認をしてみましょう。 土日の工事は工事費用が高い 工事日を土日で希望される方は 追加工事費用が3,000円かかります。 土日は工事の予約が取りづらいのもありますので、平日工事の方がお得になります。 WEBお申込み特典で実質0円 ドコモ光の引越しをする際に以下の条件を満たしていると、WEBお申込み特典を受け取ることができます。 WEBフォームから引越しの申し込みをする• 7ヶ月以内に引越し先でドコモ光の利用開始する• ペア回線の契約者がdポイントクラブ会員 移転事務手数料2,000円と工事料2,000円〜18,000円相当がdポイントで還元されます。 ドコモ光の引越しにかかる期間 ドコモ光の引越しにかかる期間は、 申し込みから2〜3週間ほどです。 引越しシーズンの混み合う期間では1ヶ月以上かかってしまい可能性もありますので、早めに引越し手続をすることをおすすめします。 新築への移転期間は1ヶ月ほどかかるので要注意 新築に引越しをされる場合はNTTへの住所登録が必要となりますので時間がかかります。 新築はサービス提供エリアのエリアマップに登録されていないので、住居新築届けを提出し、新居の住所が確定してから申し込みとなります。 通常は2〜3週間ほどの期間での開通となりますが、 新築の場合はNTTの住所登録に更に2〜3週間程かかりますので、新築への移転期間は1ヶ月以上かかります。 使えない期間はWiFiがレンタルがおすすめ 引越し先での工事が先になりインターネットが使えない期間は ポケットWiFiをレンタルされる方が多いです。 ポケットWiFiのレンタルならば1泊2日、1週間、1ヶ月など用途に合わせてレンタルできるのでとても便利です。 関連記事: ドコモ光は移転と解約新規どっちがお得? ドコモ光を引越しする際には『 移転』手続きと、解約して新規で契約し直す『 解約新規』をする方法があります。 実は移転をするよりも解約新規をしてしまった方がお得になるケースが多いのです。 ドコモ光では新規契約をすることで、 工事費無料キャンペーン、現金15,000円キャッシュバック、dポイント10,000円分プレゼント、無線LAN無料レンタルなどを利用することができます。 これらのキャンペーンは以前ドコモ光を利用していた方にも適用されるのです。 ただ、違約金によっては移転をした方が良い場合もありますので、解約の際にどれくらいの解約金がかかるのかを確認してみてください。 解約新規と移転の費用を比較 ドコモ光の定期契約では契約満了月の翌月と翌々月以外では以下の契約解除料がかかってしまいます。 ドコモ光の違約金• 一戸建て・・・13,000円• マンション・・・8,000円 関連記事: 移転手続きをした場合と解約新規をした場合の費用を比較しました。 移転 解約新規 工事費用 戸建て:9,000円 マンション:7,000円 無料(キャンペーン) 移転事務手数料 2,000円 0円 契約事務手数料 0円 3,000円 解約金 0円 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 合計 戸建て:11,000円 マンション:9,000円 戸建て:16,000円 マンション:11,000円 移転の方がかかる費用は安いのですが、解約新規の場合は 現金15,000円キャッシュバック、dポイント10,000円プレゼントなどの特典を受け取ることができます。 解約新規のデメリット• ドコモ光電話の電話番号が変わる• 解約金がかかる• インターネットを利用できない期間が生じる• 移転よりも手続きが面倒 一度解約となりますので、インターネットが利用できない期間が生じ、ドコモ光電話やひかりTVも再契約する必要があります。 プロバイダも新規契約となり設定が必要となりますので、移転の場合よりも手続きは多くなります。 東日本、西日本をまたぐ引越しなら解約新規がおすすめ 特にNTT東日本とNTT西日本をまたぐ場合は、ドコモ光の新規契約キャンペーンを受け取ることができますので、移転をするよりも解約新規をする方がお得になります。 移転 解約新規 工事費用 戸建て:18,000円 マンション:15,000円 無料(キャンペーン) 移転事務手数料 2,000円 0円 キャッシュバック 0円 -15,000円 dポイント 0円 -10,000円 契約事務手数料 0円 3,000円 解約金 0円 戸建て:13,000円 マンション:8,000円 合計 戸建て:20,000円 マンション:17,000円 戸建て:-9,000円 マンション:-14,000円 移転をするよりも解約新規をした場合の方が、一戸建ての場合は29,000円、マンションの場合は31,000円もお得になるのです。 どちらにしても電話番号も変わりますので、あまり移転をするメリットはありません。 月額料金が安い• 家の中でも外でも利用できる• スマホ、PCの回線を1つでまとめられる• 引越し時の工事が必要ない 特にWiMAXならば最大通信速度1. 2Gbpsと光回線ユーザーでも満足できる速度が出ますし、自宅のみで利用される方にはコンセントにつなぐだけで工事なしですぐに使えるホームールーターも販売されています。 キャンペーンで端末が無料なのでポケットWiFiも考慮に入れてみてください。 関連記事: ドコモ光の引越しの注意点 モデムの返却が必要になることがある 今利用しているドコモ光のモデム(ONU)や無線LANルーターは返却しなくてはいけない可能性があります。 ドコモからレンタルしている機器を交換する必要があるか確認をしてみましょう。 返却が遅くなると費用がかかってしまう可能性があります。 引越し先で使えないこともある ドコモ光が引越し先では使えない可能性もあります。 引越し先がドコモ光の サービスエリア外だった場合は別回線へ乗り換える必要があります。 特にマンションの場合、回線工事が終わって無ければ導入できません。 集合住宅によってはauひかりなど、別のインターネット回線事業者が導入されている場合もありますので、マンションに適した光回線に変更をしましょう。 プロバイダは変更しなくてもよい 地域限定のプロバイダを利用しているので無ければ、プロバイダはそのまま利用することができますので、メールアドレスなどは変わりません。 しかし、ドコモ光はプロバイダによって速度が変わりますので、せっかく新居へお引越しをされるのであれば、月額料金が安く・高速通信が可能なプロバイダへ変更をしてみてはいかがでしょうか? メールアドレスを残してプロバイダだけ変更なども行うことは可能です。 おすすめのプロバイダや変更手続きは以下の記事でまとめています。 関連記事: ドコモ光電話・ひかりTVは追加費用がかかる ドコモ光電話やひかりTVのオプションを利用している場合、2,000円〜30,000円前後追加料金がかかる場合があります。 ドコモ光電話は同一区間内以外への引越しの場合、 電話番号は変更となります。 いくらかかるかは状況によって変わりますので、ドコモショップの窓口やドコモインフォメーションターへ確認してみてください。 まとめ ドコモ光を引越し先で利用する方法は移転、解約新規、乗り換えなど複数の方法があります。 普通に移転するよりも解約新規で再契約した方がお得になるケースは多くありますので、どのケースが一番良いのか確認してみてください。 特にドコモ光にこだわりがない場合はキャッシュバックがお得なキャンペーンを利用して乗り換えてしまうことをおすすめします。

次の