トイレットペーパーがない。 トイレットペーパー品薄はなぜ?デマなのに「ない」一部でパニックの理由

トイレットペーパーの品切れが簡単に解消しない複雑な事情

トイレットペーパーがない

【「トイレ紙が不足」は誤り】 SNS上で「トイレットペーパー 品薄」といった言葉が目立つようになったが「新型コロナウイルスの影響で、トイレットペーパーが不足する」という情報は誤り。 トイレットペーパー生産の中国依存度は約2. — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 街のドラッグストアやスーパーなどでトイレットペーパーなどの紙製品が売り切れるケースが相次いでいますね。 マスクに次いでトイレットペーパーが品薄になってしまった背景には、また 間違った情報が拡散されてしまったことによるものです。 そのデマ情報というのが、 トイレットペーパーやティッシュが品薄になりそう。 製造元が中国です。 事前に購入しておいた方がいいかも。 というものです。 「原材料がマスクと同じだから品薄になる」 「中国から原材料が輸入できなくなる」 といった情報が飛び交っていますが、根拠の無い デマ情報です。 この状況に日本家庭紙工業会も回答をしているので、その回答やマスクとの原材料の違いなどを次にまとめてみました。 本当に不足して困っているのはマスクやアルコール消毒液ですよね。 マスクの洗濯方法などに関してはで紹介していますのでご覧くださいね。 スポンサーリンク 【トイレットペーパーの品薄はデマ】根拠や理由原因はなぜ? 一部でトイレットペーパーなどを買いだめする動きが出ていることについて、メーカーが加盟する日本家庭紙工業会では「国内のメーカーは通常通りの生産を行っていて供給量は十分にあるため、トイレットペーパーの在庫がなくなることはない」としている。 3%とのことで、今の所、 新型コロナウイルスによる影響は無い、というものでした。 とは言え、現に街中のお店からトイレットペーパーが売り切れる現象は起きています。 トイレットペーパー売り切れ。 トイレットペーパー買えなくなったらなにでおちりふくのよ? — つばさ A dream is a wish your heart makes. tsubasa077 なぜ売り切れてるか、その理由や原因は明白で、 デマによって拡散された情報で多くの人が買いに行ったからですよね。 確かに全国休校や在宅勤務など家で過ごす時間がかなり多くなってきているので、自宅で消費するトイレットペーパーの量も通常より増えることもあるかもしれません。 でも、 原材料がなく生産が追いつかない、という自体にトイレットペーパーが陥る訳ではありません。 色々とニュースを見ていると、 デマだと知りながらもマスクの二の舞いになりたく無い、と言う理由から買いに来ている人が多かったです。 【トイレットペーパーないのはデマ】 日本家庭紙工業会は、トイレットペーパーが全国的に無くなるという情報が出回っていることについて、「トイレットペーパーが無くなることはない」としました。 出所不明の情報を信じるよりも業界の専門家の方が間違いなく信用できるはずですので落ち着きましょう。 — DIIC 災害情報統合会議 DIIC11 「トイレットペーパーとマスクは原材料が同じだから、そのうちトイレットペーパーも入手困難になる!」という情報を目にしました。 でも、マスクとトイレットペーパーの 原材料は全く違います! マスクも色々種類がありますが、一般的に多く見かける「不織布(ふしょくふ)マスク」との原材料を比較してみましょう。 マスク(不織布)の原材料は不織布です。 まんまやん!って感じですね。 不織布は羊毛やコットンなどの天然繊維やレーヨンのような化学繊維、他にもガラス繊維や無機繊維など、繊維という名のつくものはだいたい原材料として使用出来ます。 つまり、 一般的にはポリエステルなどの合繊繊維が使われることが多いです。 一時的な買い占めにより、 各メーカーや卸元に在庫はあるが、各店舗への配送などが間に合っていないだけ、という状況です。 焦らずに冷静な対応が求められますね。 スポンサーリンク トイレットペーパーの品薄・品切れ・売り切れの反応は? どー考えてもトイレットペーパーが品薄とかデマやとわかるやん。 情報の判断能力が、オイルショックからまるで進歩していない。 — 弁護士 赤堀順一郎 jrhoneybeee ごもっともな感じですね。 ただ転売ヤーに買い占めされたら結果一緒、なんて意見もありました。 どうにかならないのですかね。 スポンサーリンク まとめ 今回はトイレットペーパーの品薄現象について紹介しました。 現段階でトイレットペーパーの品薄・入荷見込みなしは デマ情報です。 原材料が同じとか、生産がほとんど中国という情報が散見しているため、一時的な買い込みが始まり、売り切れてるお店が出ています。 しかしマスクとは原材料は違うし、トイレットペーパーはほぼ日本国内生産をしています。 なぜ品薄なのか、本当に購入する必要があるのか、必要以上に購入していないかなど、一人一人の行動が大事になってきますね。 手洗い・うがいなどはしっかりしましょうね!.

次の

【トイレットペーパーがない?】ティッシュや除菌シートもないって本当?

トイレットペーパーがない

<トイレットペーパーの大量買いは、もはや社会的迷惑行為です。 社会を混乱させ、そうなれば、あなたの家庭も困ります。 東京だけではなく、地方都市でもトイレットパーパーが店から消えつつあります。 トイレットパーパーが不足するのはデマで、問題なく生産されていて、在庫もあると、業界も政府も言っているのに。 「トイレットペーパーがなくなる」。 みんなデマ、流言、誤情報です。 熊本地震の時には、「ライオンが逃げた」というデマが広がりました。 地震でみんなが不安がっている時に、この情報はインパクトがありました。 あっと言うまに、このウソ情報は拡散されました。 不安な時は、人は不安がっていて当然だと感じる情報に飛びつきます。 不安だからこそ、少しの危険情報にも敏感になります。 情報を収集しようとする欲求が高まっているのです。 情報を知った人は、誰かに伝えたくなります。 伝えるのが親切と思いまます。 デマは、完全に信じた人だけが広げるわけではありません。 「~らしい」「よくわからないけど~」、このような形でも十分にデマは広がります。 デマが広がる中では、その情報は誤ったデマだという正しい情報も出てきます。 今回のトイレットペーパー騒ぎも同様です。 <>2/27 ところが、ライオン騒ぎの時も同様でしたが、正しい情報が出た後でも、「それは誤っています」という情報よりも、「ライオン逃げた」「トイレットペーパーがなくなる」という誤情報の方が、変わらずに広く早く広がっていきます。 ライオン逃げた、トイレットペーパーなくなる、という情報の方が、情報の価値が重要な情報と人々が感じるからです。 不安が高い「強者」の人々です。 不安が高いので、不安情報に飛びつきます。 情報強者なので、ネット上の情報にもすぐにアクセスします。 彼らは強者で、時間やお金や体力があります。 素早く店に行き、大量買します。 いくつもの店を回る人もいます。 そんな様子を見る人々がいます。 報道されてしまうこともあります。 すると、追随する人が現れます。 こうなると、本当に店から商品が消え始めます。 そうなると、最後に、冷静な人々すら、生活防衛上の買い急ぎが始まってし舞います。 どんな理屈を言っても、トイレットペーパーがなくなったら大変だ、もう我が家にはないという人は、生活防衛上の買い物をしないわけには行きません。 さらに、一度大量買いをした強者の人々は、大量買いが癖になります。 お一人様一個までとなれば、何店でもまわって、大量買いします。 このような人々がいると、普通の人は、どこの店に行ってもいつも売り切れになってしまいます。 「トイレットペーパーは十分にあります」と言葉で伝えても、空っぽの棚は、やはり衝撃的です。 オイルショック時のトイレットペーパー騒動も、そうして収まりました。 もはや、マスクやトイレットペーパーの大量買いは、社会的迷惑行為です。 大量買いしている強者の皆さんは、ぜひみんなのことを考えて欲しいと思います。 パニックは、自分だけ助かろうと思う人々が作り出します。 マスクもトイレットペーパーも、大量買いは迷惑行為だという雰囲気を作りたいと思います。 社会的なパニックが起きれば、結局各家庭も困ることになります。 学校の突然の休校に関しては、学校、職場、学童保育、地域、ママ友の、助け合いの輪が広がり始めています。 マスクもトイレットペーパーも、互いに配慮し合いましょう。 みんなで助かろうと思うことが、あなたもあなたの家庭をも守ることにつながります。 「なくなったら大変」は、ごもっともです。 トイレットペーパーがもう1個2個しかない人が慌てるのはわかります。 しかし、何十個もあるのに「なくなったら大変」と思い大量買いを続けるのは、心のバランスが崩れている証拠です。 この新型コロナウイルスの危機を乗り越えましょう。 危機感を持つのは大切です。 しかし、心理学の研究によれば、個人の心が持てる危機感には限度があります。 マスクやトイレットペーパーにばかり気持ちが行ってしまうと、他に用心しなければならないことに気が回らなくなってしまいます(:Y! ニュース個人有料)。 あなたのためにも、みんなのためにも、もう一度、冷静さを取り戻しましょう。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の

あの国はトイレットペーパーが流せる?流せない?海外旅行前に知っておきたいトイレ事情

トイレットペーパーがない

<トイレットペーパーの大量買いは、もはや社会的迷惑行為です。 社会を混乱させ、そうなれば、あなたの家庭も困ります。 東京だけではなく、地方都市でもトイレットパーパーが店から消えつつあります。 トイレットパーパーが不足するのはデマで、問題なく生産されていて、在庫もあると、業界も政府も言っているのに。 「トイレットペーパーがなくなる」。 みんなデマ、流言、誤情報です。 熊本地震の時には、「ライオンが逃げた」というデマが広がりました。 地震でみんなが不安がっている時に、この情報はインパクトがありました。 あっと言うまに、このウソ情報は拡散されました。 不安な時は、人は不安がっていて当然だと感じる情報に飛びつきます。 不安だからこそ、少しの危険情報にも敏感になります。 情報を収集しようとする欲求が高まっているのです。 情報を知った人は、誰かに伝えたくなります。 伝えるのが親切と思いまます。 デマは、完全に信じた人だけが広げるわけではありません。 「~らしい」「よくわからないけど~」、このような形でも十分にデマは広がります。 デマが広がる中では、その情報は誤ったデマだという正しい情報も出てきます。 今回のトイレットペーパー騒ぎも同様です。 <>2/27 ところが、ライオン騒ぎの時も同様でしたが、正しい情報が出た後でも、「それは誤っています」という情報よりも、「ライオン逃げた」「トイレットペーパーがなくなる」という誤情報の方が、変わらずに広く早く広がっていきます。 ライオン逃げた、トイレットペーパーなくなる、という情報の方が、情報の価値が重要な情報と人々が感じるからです。 不安が高い「強者」の人々です。 不安が高いので、不安情報に飛びつきます。 情報強者なので、ネット上の情報にもすぐにアクセスします。 彼らは強者で、時間やお金や体力があります。 素早く店に行き、大量買します。 いくつもの店を回る人もいます。 そんな様子を見る人々がいます。 報道されてしまうこともあります。 すると、追随する人が現れます。 こうなると、本当に店から商品が消え始めます。 そうなると、最後に、冷静な人々すら、生活防衛上の買い急ぎが始まってし舞います。 どんな理屈を言っても、トイレットペーパーがなくなったら大変だ、もう我が家にはないという人は、生活防衛上の買い物をしないわけには行きません。 さらに、一度大量買いをした強者の人々は、大量買いが癖になります。 お一人様一個までとなれば、何店でもまわって、大量買いします。 このような人々がいると、普通の人は、どこの店に行ってもいつも売り切れになってしまいます。 「トイレットペーパーは十分にあります」と言葉で伝えても、空っぽの棚は、やはり衝撃的です。 オイルショック時のトイレットペーパー騒動も、そうして収まりました。 もはや、マスクやトイレットペーパーの大量買いは、社会的迷惑行為です。 大量買いしている強者の皆さんは、ぜひみんなのことを考えて欲しいと思います。 パニックは、自分だけ助かろうと思う人々が作り出します。 マスクもトイレットペーパーも、大量買いは迷惑行為だという雰囲気を作りたいと思います。 社会的なパニックが起きれば、結局各家庭も困ることになります。 学校の突然の休校に関しては、学校、職場、学童保育、地域、ママ友の、助け合いの輪が広がり始めています。 マスクもトイレットペーパーも、互いに配慮し合いましょう。 みんなで助かろうと思うことが、あなたもあなたの家庭をも守ることにつながります。 「なくなったら大変」は、ごもっともです。 トイレットペーパーがもう1個2個しかない人が慌てるのはわかります。 しかし、何十個もあるのに「なくなったら大変」と思い大量買いを続けるのは、心のバランスが崩れている証拠です。 この新型コロナウイルスの危機を乗り越えましょう。 危機感を持つのは大切です。 しかし、心理学の研究によれば、個人の心が持てる危機感には限度があります。 マスクやトイレットペーパーにばかり気持ちが行ってしまうと、他に用心しなければならないことに気が回らなくなってしまいます(:Y! ニュース個人有料)。 あなたのためにも、みんなのためにも、もう一度、冷静さを取り戻しましょう。 テレビドラマも、小説も、人の心を描いています。 舞台は江戸時代だったり、未来の宇宙だったりしますが、そこに登場するのは、愛し憎み攻撃し助け合う人々です。 作家は芸術的センスで人間の心を描き出しますが、心理学者は科学的な方法で人間の心の不思議に迫っていきます。 人は「どうするべきか」ではなく、「どうすることが効果的か」を探ります。 心は、人間の一番身近にあって、一番わからないものです。 相手の心もわからないし、何より自分自身の心がわからなくなるときもあります。 心理学を通して、自分を知り、人を知り、をよくして、幸せになりましょう。 心理学者やカウンセラーではなくても、経験や信念があります。 心はとても身近なので、人はみんな「心理学者」なのかもしれません。 それぞれの人が、それぞれの感情と考えを持っています。 世の中にはひどい人がいます。 腹を立てて当然です。 当然です。 こんなに傷つくことがあった、みんな私をわかってくれない、泣くのは当然です。 でも、ちょっと待って。 その考え、そのときのあなたの感情は、正しいのでしょうか。 その考えで、成功するのでしょうか。 その気持ちで、その行為で、仕事が上手くいき、人間関係が改善され、あなたは幸せになれるのでしょうか。 また、一人ひとりがつい陥ってしまう「自動思考」があります。 本当はそうではないのに、すぐにいつもの考えや感情が湧き出て、誤解が誤解を生み、努力も水の泡です。 これでは、とてももったいない! 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」と考えられるようになりましょう。 自分の心、人の行動。 ちょっと立ち止まって考えられると、冷静になれます。 やさしく強くなれます。 愛と勇気がよみがえります。 あなたは、もっと自由に、もっと楽しく生きられるのです。 女は話し合って問題解決しようとし、男は話題にしないことで解決しようとする。 そして互いに相手が解決を望んでいないと思い込む(男女のコミュニケーション)。 人は、問題が発覚したその瞬間に「このことは事前に予測できていたはずだ」と感じる(原因帰属)。 人間は、他者の行動を実際以上にその人の性格のせいにする。 自分自身の時には環境のせいにするのに(原因帰属の基本的錯誤)。 やる気が高すぎる人(結果を重んじすぎる人)は、子どもや部下のやる気を奪う(達成動機)。 うつ病は、もっとも周囲の理解が必要なのに、もっとも理解されにくい病気(精神医学・臨床心理学)。 本当はうつ病ではない自称うつ病の人が周囲を傷つけている(精神医学・臨床心理学)。 自分を信じることは大切だが、自分の意志力を過信する人は失敗する(認知行動療法)。 子どもを愛しているのに、愛が空回りしている親がたくさんいる(子育て・発達心理学)。 人は、自分の意見にあった情報を選び、自分の意見にあったように解釈する(認知的不協和)。 いったん否定的なセルフイメージを持つと、それが性格になってしまう(セルフ・スキーマ)• ネット・コミュニケーションは、愛も憎しみも燃え上がりやすい(社会心理学)。 凶悪事件の犯人は、孤独と絶望感に押しつぶされた人(犯罪心理学)。 心の隙間を埋めるような恋は、破滅へと向かう(恋愛心理学)。 問題があることが悪いことではありません。 悩みのない人はいません。 でも、問題がないふりをしたり、問題は解決不可能だと思い込んだりすることで、事態は悪化していきます。 たとえば…• 「ありがとう」が言える人は幸せになれる(ポジティブ心理学)。 希望は、心を開き、一歩を踏み出したときに生まれる(希望学)。 期待されている子は伸びる(ピグマリオン効果)• 大きな悲しみも、乗り越えられる方法がある(レジリエンス)。 心が張り裂ける出来事を通して、成長することもできる(PTG:外傷後成長)。 あなたは、なりたい自分になれる(新しいパーソナリティー理論)• 愛されるコツは愛すること(好意の返報性)。 「やればできる」の土台は「自分にもできる」(セルフ・エスティーム)。 心に痛みを感じている働くお母さんは大丈夫(社会心理学・役割間葛藤)• お金も腕力もなくても、あなたも人の助けになれる(カウンセリングマインド)• やる気のない部下も生徒も、上司や先生との人間関係でやる気を出せる(内発的動機づけ)• 親や先生に愛されると、やる気がわく(癒しの場と活躍の場・内発的動機づけ)。 人のために行動できる人は。 幸福になれる(ポジティブ心理学)。 ただの気休めや、きれい事ではありません。 近年の心理学は、人間の明るい側面にも目を向け始め、成果を上げています。 でも、あなたの心も癒されます。 過去の事実は変わらなくても、過去の出来事が今のあなたに与えている影響は変えることができます。 家庭や仕事や学校で、悩んでいる人もいるでしょう。 どうしようもないこともあるでしょう。 でも心理学の研究によると、お金や体の健康や容姿や周囲の状況など、環境が幸福に与える影響力は、10パーセントに過ぎません。 私なんか「どうせこんなもの」「しかたがない」と感じているのは、誤解です。 心理学の知識を使って、「ちょっと待てよ」「ちょっと待って」と考えられれば、あなたの感情が変わります。 心理学のテクニックを活用すれば、効果的な行動が取れます。 あなたの心は変わり、結果的に現実も変化し始めるでしょう。 ゴールを決めるのは、あなた自身です。 心理学が、そのアシストをいたします。 心理学の基本的な理論とテクニック、ぜひお伝えしたい最新心理学の情報、そして心理学者からの心のメッセージをお送りしていきます。 実は、「メッセージ」は、不特定多数の人には届けにくいものもあります。 このコンテンツを選んでくださったあなたにだからこそ、お送りできるメッセージがあります。 現代社会の「今」を取り上げ、毎日のあなたのニーズに応えます。 心理学の研究によれば、泣くこと苦しむことにも意味があります。 でも、悲しみに押しつぶされ、失敗で無気力になり、時にはやる気が空回りするのが人間です。 希望と成果につながる効果的な方法を、これからお伝えしていきます。 心の傷が癒され、能力が発揮され、もっと優しく、もっと強く、良い親、良い上司、良い友人、良いパートナーになれるように。 あなたが、あなたらしくなるために。 ~~~~~~~~~~~~~~~~•

次の