天使の選択 あらすじ。 【ネタバレ】貴志祐介『天使の囀り』映画化して欲しくない小説ナンバーワンだと思う(あらすじ、感想)|1mm

映画【天使のくれた時間】あらすじと感想!大切なものに気づかせてくれる

天使の選択 あらすじ

イ・ヨンソ役:シンヘソン• キム・ダン 役:エル キム・ミョンス• チ・ガウン 役:イ・ドンゴン• クム・ニナ役:キム・ボミ• チェ・ヨンジャ役:ト・ジウォン ただひとつの愛の5話あらすじ 戸惑う二人 ヨンソとダンのキス現場を見てしまったガンウは、いたたまれずその場を立ち去ります。 ヨンソとダンは突然パッと体を離し、気まずい空気に。 そのとたん雨が降ってきて、ダンは「まずい!」とヨンソを置いて走り去ります。 ヨンソが一人置いてけぼりにされて憤慨していると、ガンウが傘をさしかけて車に乗せてくれました。 ガンウは今後は体づくりとレッスンに励むようにと伝え、2週間で体をつくれと言います。 一方、ニナはヨンソの元へ向かうガンウを呼び止めて「あなたが好きです」と告白しますが、ガンウが「くだらない!」と言い捨てて行ってしまったので、「ヨンソが復帰すれば私はまた彼女の影になってしまう」と姉のルナに泣きながら言うのでした。 ダンはヨンソにキスをしてしまったことに罪悪感を抱き、先輩天使フからは「任務に集中しろ」と説教されるし、ガンウからは「俺に協力するんじゃなかったのか?」と食ってかかられる始末。 ダンに電話するのをためらうヨンソ、家の中に入るのをためらうダン。 二人はお互いに自分の気持ちに戸惑い、深いため息をつくのでした。 ヨンソ、レッスンを始める! 翌朝、ヨンソがダンの無断外泊と無断欠勤に腹を立てていると、ダンがやってきて「昨日のキスは無かったことにしよう」と言います。 口では「同じ考えよ」と同意するものの、「彼にとってキスは何でもないことなの?」とヨンソの怒りは増すばかり。 やがてヨンソは3年ぶりにトゥーシューズをはき、レッスンを始めます。 しかしターンをしようとすると倒れてしまい、歯を食いしばるヨンソ。 ダンが心配して駆け寄ると「私に触るな!」とすごい剣幕で追い払います。 ダンが出て行こうとすると、ニナから電話がかかりヨンソに会いたいとのこと。 ニナはヨンソにトゥーシューズのプレゼントを渡し、「これは決闘の申し込みよ。 私も腕を上げたから油断しないでね。 」と挑発するのでした。 ヨンジャの策略 記者会見の効果でヨンソの評判が上がり、世間の注目が集まる中、ヨンジャは理事会で「日本の大富豪のイシカワセイジ氏が韓国のバレエに興味を持っています。 今がチャンスです。 」と強気の発言をします。 そしてガンウにも「ファンタジアの未来が懸かっているの。 ヨンソも出演させて」と釘をさします。 君は何者だ? ターンがうまくできずにイラつくヨンソは、ダンをレッスン場に呼び出して彼をパートナーに見立て、体を添わすようにして踊ります。 顔を近づけたり、体に触れたりするヨンソにダンはドキドキが止まりません。 そこにガンウが練習環境の確認だと言って入ってきます。 ガンウはダンを外に連れ出して「君の正体は?目的は?財産目当てか?」と質問責めにし、「彼女の復帰を邪魔したらタダじゃおかない!」と怒鳴るのでダンは返す言葉がありませんでした。 ある天使の悲しい話 ダンは先輩天使フの元へ行き、「彼女にキスをしてから胸がドキドキして変なんだ」と話す。 すると、フは呆れかえり「15年前にある天使が一人の女性と出会い恋をし、神の前で彼女を愛していると告白した。 神を捨てた天使の行く末は…消滅しかない」と悲しい話をして聞かせます。 それを聞いてますます頭を抱えるダン。 私を好きだった? ろくに食事もとらず、とりつかれたようにレッスンに打ち込むヨンソを心配して、ダンは「無理をしちゃダメだ」と忠告します。 するとヨンソは、「私に優しくしないで。 弱くなってしまうから」と涙を流し、「私のためだけに存在すると言ったでしょう。 ある島の浜辺にやって来ると、そこに即席のステージが作られていました。 実はヨンソの部屋で見つけた1枚の写真に心動かされたダンが、撮影場所であるこの浜辺に一足先に来ていたのでした。 裸足になりステージで踊りはじめたヨンソに、ダンの目はくぎ付けになります。 幼い日に、一人の少女が同じ場所で自分のために踊ってくれた光景が突然目に浮かんだダンは…。 ただひとつの愛 5話のみどころ ダンを意識し始めたヨンソが、「キスは何でもないこと?」と怒ったり、ニナと親しいことを知って「いろんな女に手を出してるのね」と嫉妬心を見せる場面や、あのキス事件以来明らかにダンに嫉妬しているガンウが「俺に協力するんだろう?彼女を本気で好きなのか?」と食ってかかる場面など、第5話ではそれぞれのジェラシーがふんだんに散りばめられています。 「任務だから」と自分を抑えているダンにしても、ヨンソとガンウのツーショットを見ると心穏やかでないのはバレバレですよね。 特におすすめシーンは、バーで偶然出会ったガンウにダンが「怒ってるのか?熱はないな」と彼の顔を遠慮なく触りまくり、ガンウがあっけにとられている所。 いつもしかめっ面のガンウのコミカルな一面を見られて得した気分です。 それにダンとの掛け合いがすごく面白く笑ってしまいますよ。 ただひとつの愛 5話の感想 いよいよヨンソがレッスンを開始し、3年ぶりなのでいくぶん緊張してトゥーシューズに足を入れる瞬間や、差し込む朝日を浴びながらヨンソがしなやかに手足を伸ばす姿は本当に美しく、神々しささえ感じたほどです。 「1週間で体をつくる」と自分にムチ打っているのを見るのは痛々しいですが、ファンタジア・ナイトでヨンソが美しく踊る姿を早く見てみたいものです。 そしてガンウとヨンソの初めての出会い、ヨンソとダンの初めての出会いが少しずつ明かされてきて、運命的に繋がっていた3人にさらに興味が増しました。 ただひとつの愛 5話の視聴率 ただひとつの愛の視聴率ですが、まず韓国と日本では放送時間の長さが違います。 日本では1話1時間で放送となっていますが、韓国では1話30分の放送となっています。 ここでは、韓国での視聴率をご紹介したいと思います。 ただひとつの愛 9話の視聴率 6.7%•

次の

韓国ドラマ【天使の選択】の相関図とキャスト情報

天使の選択 あらすじ

キム理事にお金を要求されたウンソルだったが、警察に行くと言うと理事は携帯電話を置いて立ち去っていった。 ミンジェはダルボンに手を借り、父が亡くなった火事について調べていた。 ウンソクはスンオクから宅配物を受け取っていた。 それはファンさんの息子からで、中にはウンソクの事故の映像のCDが入っていた。 一方、ユランに連れられチムジルバンにいたチョロンだったが高熱をだし意識を失ってしまう。 スポンサードリンク 天使の選択-138話 たまたまかけた電話でユランから状況を聞いたミンジェはチョロンを病院へ連れて行った。 株主総会が開かれていた。 結果サンホの退任が決まる。 そこに警察が来て、サンホは殺人未遂の容疑で任意同行を求めらる。 しかしサンホは警察の隙を見て逃亡する。 ミンジェは火事のときの工場長を見つけたが、うつ病のため話が出来ない状態だった。 ウンソルはサンホとユランがジハクが命を奪ったというのが気になり、調べてみることにする。 天使の選択-139話 ミンジェはダルボンにドリーム化粧品の理事にウンソクがなれそうだと聞き安心した。 ダルボンはウンソルとこのまま別れてもいいのか聞くと、ミンジェは火事の詳細がわからないと身動きが取れないと話した。 2人が別れたことを知ったワン会長はなぜ別れたのか問うが、ユランがミンジェの妹だと知り衝撃を受けるのだった。 ミンジェとウンソルに工場長から話が聞けると連絡が入る。 火事はサンホの父親が自分の不正を隠すため灯油をまき、ドアに鍵を閉めて火をつけ、そして中にいたミンジェの父親が亡くなったということだったのだ。 天使の選択-最終回 父親の亡くなった理由を知ったミンジェとウンソルは帰宅した。 ウンソルはサンホから遺産が欲しければ家に来いというメールを受け取る。 ウンソルはサンホに父親の亡くなった理由を伝えていた。 サンホがウンソルに掴みかかっているところにミンジェとユランがやってきて、サンホを引き離し殴った。 サンホを責めるユランだったが頭をテーブルに打ち倒れる。 サンホは逮捕された。 ユランはウンソクにチョロンを頼むと息を引き取った。 サンホは面会に来たヨンジャにすべてがお前のせいだと恨みを言う。 2年後。 ミンジェは外国から帰国した。 ウンソルはソンオクのプレゼントを買い、帰ろうとするとショッピングバッグが入れ替わっていた。 すぐお店に戻るとそこには同じようにショッピングバッグがかわったと言う人がいた。 ミンジェとウンソルは顔を合わせて笑顔になった。 途中ドロドロって思ったけど、気分がいい最終回になってよかった〜。

次の

韓国ドラマ「天使の選択」のあらすじ(作品情報)|韓国旅行「コネスト」

天使の選択 あらすじ

数多くの実写映画化・アニメ化された作品を描く 矢沢あい先生の作品の一つ「天使なんかじゃない」(株式会社集英社)! 携帯電話がまだない時代の青春漫画。 切ない恋をしている登場人物たちの波乱万丈な高校生ライフが輝かしいと同時に、胸が痛くなる切なさ。 この記事はネタバレも含みますので、 先に無料で試し読みをご希望の方はコチラ。 天使なんかじゃないのあらすじは? 私立聖学園は創設されたばかりの新設高校。 第一期生として入学した冴島みどりは、二学期の登校早々クラスメイトに勝手に生徒会役員に推薦されていた。 そこから始まる濃い翠の学園生活。 気になっていたリーゼントの須藤晃や、イケメンで女子生徒に大人気の瀧川秀一、体育会系で翠の中学時代からの友人である河野文太、頭脳明晰・容姿端麗・お金持ちのお嬢様である麻宮裕子が一緒に生徒会メンバーとして選ばれる。 3年間の学園生活におけるイベントや活動を通じそれぞれの恋模様にも変化が起こります。 そして、切ない恋に苦しむのは生徒たちだけでなく先生もまた…。 晃が高校生になる頃には、将志はパリで画家になるべく長期滞在、博子は聖学園で美術の教師と遠距離恋愛をしておりました。 しかし、晃が将志を日本に連れ帰ったことを切っ掛けに、二人は結婚。 翠たちの卒業式を終えた後に、二人でパリへ渡ることを決意したのです。 そんな二人が、思いあっているのに幸せになるまでにツライ決断を下さなくてはならないシーンが切ないのです。 大人だからこそ簡単に出来ないことっていっぱいありますよね? 仕事であったり、責任であったり…そんな困難を乗り越えた二人の幸せの姿が本当に素敵です。 そして、何より将志のキャラクターが本当に魅力的! 真剣な顔をしている時は、晃にソックリですが、普段は軽い調子で翠の笑いのツボとなっています。 博子も美人で何でもできるイメージではありますが、実は運動や料理が苦手といった可愛らしい一面を持っており、実はぽやぽやした似たものカップルなのかもしれません。 高校入学後、同じ生徒会役員として…そして翠の手を借り、少しずつ距離を詰めていきます。 しかし、2年生に上がると、志乃も同じ高校に入学してきたうえに次期生徒会に立候補します。 マミリンにとってツライ恋が再び幕を開けます。 しかし、同時に瀧川もマミリンを意識するようになります。 様々なことにマミリンとの浮気を疑う、志乃と付き合うことに限界を感じ始めていました。 というのも、マミリンが一生分の勇気を込めたバレンタインのチョコレートを志乃が捨ててしまった罪悪感にしのが苦しんでいた結果、瀧川とマミリンの仲を疑っていました。 イジメられていた自分と唯一向き合ってくれたマミリンには適わないと思っていた、志乃にとっても瀧川との交際はツライものがあったのでは無いでしょうか。 そんなツライこともいっぱいあった二人もようやく結ばれます。 しかし、マミリンの大学の進路を巡ってぶつかるシーンもあり、ある意味この作中で最も成長したのはマミリンだったのでは無いでしょうか。 頭脳明晰・容姿端麗という誰しもが羨むステキカップルです。 この二人について、あまり詳しいストーリーは記載しませんが、あんな優しい目が出来るうえに行動もカッコいい高校生ヒーロー滅多にお目にかかれないのでは!? そして、翠のように素直で相手を真っすぐ見つめることが出来るヒロインも魅力的な最高のカップル! 二人が幸せになる軌跡が見逃せません。 未だ実写化されていない作品ですが、是非ドラマ化などして頂きたい作品です。 携帯電話がないからこそのもどかしさや、カッコいいシーンが盛りだくさんです。 また、友情にも熱い作品であり、登場人物それぞれが名言も多く持っています。 筆者のイチオシはマミリンの「あたしは冴島翠みたいになりたい」です。 マミリンも言う通り、感情の赴くままに、悲しい時には泣いて、嬉しい時には心から笑うという当たり前のことが、本当はとっても難しいのではないでしょうか。 特に、年を重ねるたびに感情に蓋をしたり、ごまかしたりするようになっていく方がほとんどだと思います。 そんな、感情表現をストレートに出来る翠が周囲から一目おかれる理由もわかります。 高校生たちの切ない恋愛模様あり、熱い友情あり、ギャグありと、ついつい感情移入してしまう「天使なんかじゃない」! 是非、一読してみて下さい。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の