オネエ 羽生。 羽生結弦選手の彼女は今井遥?証拠はおそろいの・・・!プーさんやオネエ疑惑の噂も検証【画像】

3本も予想外よ!羽生結弦からのスケ連公式最新メッセージ届く!

オネエ 羽生

「いて座のゆづくんは、今年、運勢が最高でした。 まさに人生のピークです。 なので、今シーズンの活躍は当然のことだったとも言うことができます。 でも、1月には「土行」が強くなる運気のとき。 これは体が重くなってしまう星まわりになるので、お正月にお餅やおせち料理をあまり食べすぎないようにしてほしいですね」 そう語るのは、今夏に「(羽生結弦は)この先、もっと回転にキレが出るわ」とニコ生ラジオで鑑定し、ズバリ的中させたオネエ占い師のLove Me Do。 彼が人々を引きつける魅力のルーツは、なんとあのパーツにあるという。 こけしって、見たら自然と神としてあがめてしまうような、日本人にはそういうDNAがあるんですよ。 【神パーツ2】キレイで大きな手 キレイで、指の長い人は海外で活躍することが多いです。 指が短くても、キレイな手なら国内での活躍が期待できます。 言葉に力を持つタイプ。 形が逆三角形なので、チャレンジ精神が旺盛です。 【神パーツ4】スラリと長い首 長い首の人を見ると、支配したい、独占したい、という衝動にかられるんです。 みんなゆづくんを「私だけのものにしたい!」のかも。 【神パーツ5】ぬいぐるみが表現力をプラス ぬいぐるみは自己表現のパフォーマンス力を上げてくれるアイテムです。 表現力にもプラスに働くのでどんどん持ってね。 大抵のアスリートは、この土行が強くなった時期に引退しています。 でも、ゆづくんが持ち前のチャレンジ精神でこの時期を乗り越えられたら、また新たな神話を生み出してしまうのかもしれません。 彼とは正反対の、天然な感じでスキだらけのコだと相性がいいわね」.

次の

【辛口オネエ】羽生善治竜王(1)天下取り男の太陽と月は?【ホロスコープとサビアン】

オネエ 羽生

占い・開運 2017. 19 開運占い軍団 この記事は約2分で読めます。 【辛口オネエ】羽生善治竜王(1)天下取り男の太陽と月は?【ホロスコープとサビアン】 羽生善治すごいわよね。 竜王ですってよ?ドラクエの世界だけの話かと思ったらもー!びっくり。 半世紀も生きる前に天下取っちゃう人っているのねー。 画像出典: で、こういう天才ってどんな人?って気になるけど、アタシ将棋のことはぜんぜん分かんないから、さっそくホロスコープで読んでいくわね。 で、そのあとでやっぱり気になる奥さんとの相性もね。 羽生善治騎士のホロスコープ 1970年9月27日7時34分 埼玉県所沢市生まれ 出生時間も出生地も判明してるのよね。 これは占い師としてはとてもありがたいわ。 だけど、出生時間あるからこそ観るべきポイント多いんで、今回は太陽と月を観て、それ以外はまた次回ね。 太陽天王星合12室ノーアス!『引きこもり』あるいは『テレビの向こうの』変人奇人または天才 まず男の人の人生全般と運勢は太陽で観るんだけど、12室にあって天王星と合。 12室に太陽がある人って、引きこもりというか、漫画家とか音楽家で創作活動のためにずっと部屋にこもってる人になることが多いんだけど。 あと、研究者で研究所に詰めてるとか。 羽生竜王の場合は、子供の頃は将棋教室通ってて友達もいたらしいからヒッキーじゃないけど、将棋って室内で対局で長時間かかるし、それを何千もこなしてきたわけよね。 だから、職業的に「部屋の中にいる」ことがすごく多いんで当てはまってるかしらね。 あと、12室太陽は芸能人にも多いのね。 12室のもう一つの意味に、っていうかさっきの部屋にこもりがちな人ってのと関連するけど、だからこそ「あまり会えない人」になるわけ。 会えなくてもその存在を知られなければ初めからいないことになるけど、12室太陽だと「存在をみんな知っているけど会えないレアキャラ」的になる。 んで、芸能人ってテレビ通じてみんな知ってるけど、実際は滅多に会えないじゃない? だから、テレビで活躍してる人や俳優に12室太陽多いんだけど、羽生竜王もそれに当てはまるわね。 太陽天王星合はヒラメキ型、直感型。 発明家とかにも向いてるタイプ。 なにかの天才、型にはまらないニュータイプに多い。 で、羽生竜王の太陽は、この天王星との合以外、他の主要天体とはメジャーアスペクトがないのよ。 これって「ノーアスペクト」って言って、文字通り「アスペクトがない」のって、他の天体に邪魔されることなく、自由自在に好き勝手にその能力を発揮できるのね。 だから、太陽天王星の天才的ヒラメキのエネルギーを純粋に太陽の目的=将棋 に使える人なんだと思うわ。 月リリス合は「とことん」のめり込む あと、せっかく出生時間が分かってるから月を観ると、獅子座23度で、27度のリリスと合。 どの星座も後半の20度以降は、その星座の性質が成熟してきていい形で発揮されやすいんだけど、獅子座だからそのまんま帝王的なカリスマ性発揮。 月は「大衆」を表すし、そこにリリス合だけど出生図のリリスは合する天体の象徴する相手を魅了できると言われてるのね。 一般人なら主に妻や女性全般を魅了できる、あとはセールスマンとかで誰にでも好かれやすいとかってなるけど、彼みたいにテレビに出るような立場だと不特定多数の「大衆を虜にする」ことができるわけね。 月のサビアンがゾクッとするほど将棋の天下取りっぽい! あと、出生時間が分単位で分かる人しか使えないからふだんは観ないんだけど、今回は分かるから月のサビアン観てみたのね。 そしたらさ、、、久々にゾクッとしたのよ。 あ、サビアンについてはそのうちしっかり紹介するけど、天体や感受点の度数1度ごとにその運勢やら性格やら象徴する謎のポエムみたいな文章が割り当てられてて、それを「サビアンシンボル」って言うのね。 で、羽生善治竜王の月は、獅子座23. 27度で、サビアンって実際の度数にプラス1度の項目を参照することになってるんで「獅子座24度」になる。 獅子座24度のサビアンは『霊的な達成に完全に集中している男が、表面的な清潔さを無視して座っている』 ・・・羽生竜王が清潔感無視してるかってそれはないけど、でも、すごくない?竜王になった羽生善治氏をまさに象徴してない? (ちなみにこれスタッフに指摘されたんだけど、獅子座24度はもう一つ『身嗜みを気にしない男』って書き方になってる訳書やその解説もあるんだってね。 ただ、アタシが持ってる書籍だと先に挙げたののほうになってるし、文言がなんといってもかっこいいし、意味も分かりやすいから好きなんで、そっち採用ね) じゃ、次回は太陽月以外の天才ポイントについてね。

次の

妖精みたい? かわいい? 羽生結弦の新CMが「オネエすぎる」と視聴者が騒然|日刊サイゾー

オネエ 羽生

2002年以降、現在に至るまで05年をのぞき、全ての年で日本人が世界選手権で表彰台に上り、かつ五輪でもメダルを取っています。 これは驚くべきことです。 だからこそ、マスメディアで大きく取り上げられ、産業としても経済的に潤ってきたと思います。 例えば、 日本スケート連盟の1年間の経常収益額は、オリンピック競技を統括するすべての競技団体の中でもトップクラスです。 ともすれば、メジャースポーツを脅かすくらいの経済力を持っている。 私も出場しましたが、14年の世界選手権(埼玉)での収益規模は、日本のほとんどの国内競技団体の年間収益より高い。 それだけ経済的に潤うのは良いことだと思います。 日本の選手が競技力で国際的な立場を高めていったことの表れであり、日本スケート界の努力の証しなので、本当に喜ばしいことだと思います。 しかしながら一方で、 このような経済状態がいつまでも続くという保証はありません。 蓄積した経済力や資金をどのようにスポーツ振興や競技の未来へ向けて使うかが、次に重要になります。 例えば、1970、80年代に比べるとスケートリンクが圧倒的に減ってきている。 リンクがなければ競技会は開催できませんし、そもそも選手の育成さえもできなくなります。 スポーツにおいて施設は、そのスポーツ文化を支える何よりも大事なインフラなのです。 だからこそ、競技の統括組織は入場料収入や放映権料などで得られる資金をどのように活用するか、産業全体を見渡すことのできるガバナンスの視点で考えなければなりません。 「日本スケート連盟の1年間の経常収益額は、オリンピック競技を統括するすべての競技団体の中でもトップクラスです。 ともすれば、メジャースポーツを脅かすくらいの経済力を持っている。 私も出場しましたが、14年の世界選手権(埼玉)での収益規模は、日本のほとんどの国内競技団体の年間収益より高い」 これだけフィギュアスケートが成長したのも、数々の活躍を見せてきたトップスケーター達の功績によるものよね。 でも近頃のスケ連は、いまの「フィギュアバブル」に完全にあぐらをかいた状態よね。 伊藤氏の五輪成功しか考えていない発想、特別強化指定の男子の枠の少なさ、アイスリンク閉鎖問題など挙げたらキリがないわよね。 そして日本のフィギュア界に多大な貢献をし続けている現役スケーターすら、しっかりと守ろうとしないその姿勢! コロナにおいても海外のスケーターを招き入れて、平気でリンクを提供するような資金こそ無駄金っていうものよ。 自国の選手を強化しないでどうすんのよ。 いつまでもこの状態が続くとは限らないとはまさにその通り。 手遅れになった時に、スケ連はもういいや~ってすべてを放棄してしまうのかしらね!? それぐらいに先行き大丈夫?と思う事だらけよ。 今ある資金をどのようにスポーツ振興や、競技の未来に向けて、選手の育成に使用していくかが、とても重要なことであるのに。 フィギュア界を離れ、外から客観的に見ることができる町田氏だからのコメントは、実に的を得ていると感じたわ。 圧倒的注目度!羽生結弦のGoogleトレンド推移の結果がすべてを物語っている! こちらはASTAによる、「2015年~2020年のGoogleトレンドの推移」よ。 ISUもこうした統計調査をきちんと公開した上で、選考しました!と言えばもっとアワードの説得力が増すのにね。 もう見て頂くと、一目瞭然。 羽生結弦(水色)が圧倒的に独走状態よ! また興味深いのが、フィギュアシーズン、とりわけ競技会があるときにトレンド数値は跳ね上がるのだけど、 年を重ねる毎に、オフシーズンですら、高い数値をキープしながら推移しているということよ! どれだけ世間が高い興味を示しており、高い人気を誇っているかがもう結果として出ているわよね。 「一般投票などの結果は闇に葬るなんぞ、お主も悪よの~、悪代官」 「ええ~い、控えぃ、控えおろう! この紋所(ASTA が目に入らぬか! 」と水戸黄門ばりに言ってやりたいわ笑 【内容紹介】 公認大会で史上初となる4回転ループに成功、オリンピック2連覇、世界歴代最高得点の歴史的記録保持者であるなど、スポーツ界において数々の伝説を残す羽生結弦選手。 その進化は今もなお止まらず、2019-2020シーズンからは4回転アクセルの次に難しい4回転ルッツをプログラムに組み込み、より高難易度なプログラムに挑戦し続けています。 そんな羽生結弦選手ですが、シニア選手としてデビューしてから今年で10シーズン目を迎えました。 その記念として、これまでの歩みを振り返る特別号を出版したいと思い企画しました。 デビュー戦であるNHK杯2010から歴史的快挙を成し遂げた四大陸選手権2020まで、たっぷりの写真で当時の感動が甦る特別号です。 「怪我ってなんのこと?」 そしてジスラン台に乗ってるがツボすぎるわ笑 読者ドングリ様の素敵かつユーモアに溢れる解説動画、ぜひぜひご覧くださいまし。 今あたしの脳内で、好きな選手の技を素敵なフレーズで表現したものを当てましょう選手権が カタチになりつつあるわ。 お衣装にしてもそう。 誰かがディスってたんですけど、まっちーは普通のことを難しい言葉で説明し、殿は難しい事を噛み砕いて誰にでも分かり易く話すって。 それも一理あるんですよね? 本と会話が同じな訳は無いけれど、アドラー心理学の本より「嫌われる勇気」が読まれる様に、学者、研究者の本は誰に向かって書いているんだろう?って考えちゃうんですよね。 とりま、図書館に購入リクエスト出して、買ってもらえなかったら再考する? うーむ、悩む。 どなたか購入されましたら、感想お願いしますね。 リン 2020年7月21日 10:36 AM おはようございます。 朝から、本当にモヤモヤが吹っ飛ぶようなおねえ様の威勢のいいたんか!! にふれて元気に一日を過ごせそうです。 思えば、おかしいことだらけのスケート界・・・。 最近、ありえないほどのスルーがすぎて、政治的な圧力さえかんじています。 ご機嫌をうかがい遠慮しいしいやっているうちに、あちらさんは、圧に加えてアンチまでも利用して 日本スケート界から羽生結弦を分断????? さて、その結果日本は、膨大な世界中のファンからの支持の喪失だったとまだお気づきではないのでしょうか。 敵意すら持たれてませんか? もはや。 日本のスケレンは。 日本の指導者たちや選手たちは権力や流れに身を任せすぎて・・・?? 、そんな姿勢にあまんじるかぎり この世界に魅力も希望もありません。 あちらは、羽生結弦の人気とファンの落とす莫大な金を見て羨望の眼差しだったのでは? そして、近年まれに見るジャンパーの出現に、とってかわりたい欲がでたのでしょうか????? 日本は、早く目を覚まして自国に生まれた奇跡的な天才を大切に守っほしいのに。 1部マスコミまで一緒になって羽生下げネイサン上げ運動なんて どこまでも卑屈。 と、またまた負の妄想。 チーン。 そこに、おねえさまのスケレンへのどこまでも見捨てない愛の喝! 素敵なブログに感謝!!! めいと 2020年7月21日 3:15 PM 知らなかったわ、そんなにもうかっているなんて…。 でもリンクの運営は事業者任せなのよね?ひどいわ。 関東はリンク閉鎖と老朽化の話しか聞こえてこないというのに。 考えてみたら、オリンピック開催地だった北海道と長野からフィギュア選手がほとんど出てこないのって変よね。 気候的に冬は屋外の天然氷で練習できるから体育の授業でも取り入れている位身近な競技のはずなのに。 みんなスピードとカーリングに持っていかれてしまうのかしらね。 スケ連はいつまでも野辺山合宿の実績ばかりアピールしてないで、野辺山にたどり着く前にフィギュアから離れてしまう人材を少しでも減らせるように、経済面でも環境面でもサポートしてあげなさいよ…。 TonTon 2020年7月21日 5:50 PM まっちーの指摘ってすごく重要ですよね。 印象論ではなく、客観的な数字を持ってきて論じる。 それにより、具体的に問題点が明確になってきますよね。 不透明な組織は必ず弱体化する気がします。 よく、元選手(しかもギリ地方大会にでれるかでれないか)とか、ちょこっとかじった、とかっていう人が、我々一般スケオタがワーワーいってると、「なにもわからん素人のくせに・・」みたいにいうじゃないですか。 それは確かにそうだろうけど、であるならば、ちゃんとした技術の知識がある人、採点基準の経緯について記憶のある業界人が表に出てきて、ちゃんと筋の通った説明をし、一般人からの質疑応答という洗礼を受けないと。 ジャーナリストからのインタビュー申し込みをよいしょ記事以外ではすべて断っているようでは、素人がYoutube上の動画、SNS情報からでしか採点の正当性について検証できないのも仕方ないですよね。 ところでウメドンさんのボキャブラリー、妙に親和性の高さを感じるTonTonでした。。 ナミ 2020年7月21日 8:38 PM こんばんは。 スケ連ってフィギュアの他にショートトラック、スピードスケート、カーリング等ありますけど、どの種目もフィギュアと同じで大会参加料同等額徴収、優秀成績者にも賞金無、国内外大会参加時には選手がコーチの渡航費も負担、ユニホーム代、靴代など選手の自腹。 等々、同じ・・・ですよね。 もしも、フィギュア以外の種目がフィギュアよりもスケ連サポートが大きかったら理不尽ですね。 フィギュアで大儲けしているのだから他種目よりもフィギュアの援助を多くして欲しいです。 それはそうと、中京大学のオーロラリンクは既に閉じられていたんですね。 残りは幾つなんでしょう。 トヨタという大企業が地元にあっても苦しい状況なんですね。 真央ちゃんは九州のリンク支援しているから同時に2つは無理ですね。 安藤さ~ん何とかして! フィギュア特別強化選手が男子よりも女子が多いのは、既にジュニア女子は韓国勢に抜かれているので、そこらあたりに何か理由があるのかなと思っています。 男子は鍵山君や駿君など有望な若手がいるので、「ごめん、駿君。 今年は女子に金掛けさせて。 」って感じかなと思っています。 それにしても、韓国ジュニア女子はどのようにして育成したんでしょう。 資金はどこから出ているんでしょう。 木下アカデミーはユヨンちゃんの資金サポートもするのでしょうか?.

次の