オイル キャッチ タンク 効果。 「オイルキャッチタンクのデメリット」かがやとしゆきのブログ | かがやの整備手帳

オイルキャッチタンクって効果があるものなのでしょうか?

オイル キャッチ タンク 効果

メニュー• オイルキャッチタンクの役割 ブローバイガスと言うエンジンから漏れ出る不燃焼ガスを再度エアクリナーを通ってエンジンへ送るのだが、 ブローバイガスに混ざっているオイルミストをオイルとガスに分離する事ができなるべく綺麗なエアでエンジンを燃焼させる事を目的とする装置。 分離されたオイルはタンクの中に溜め込まれ一定の量が溜まったら手動で排出します。 汎用と専用オイルキャッチタンクってどう違うの? 汎用オイルキャッチタンクは取り付け場所を自分で工夫しなければならなず、下手をすると取り付けステーを自作する必要があったりとDIY素人では取り付けが困難な場合があります。 車種別専用オイルキャッチタンクはブローバイガスを通す耐油・耐熱ホースが付属し車種別に専用設計の取り付けステーが付属するのでDIY素人でも簡単に取り付けられると言う違いがあります。 メリット・デメリットに付きましては 汎用オイルキャッチタンクは価格が安いのだが、 耐油・耐熱ホースや取り付けステーを別途用意しなければならない事がありますし下手をすると取り付け不可能と言う事も。 専用オイルキャッチタンクは価格は高いが、専用取り付けステーにホースが付属するので 説明書を見ながら簡単に取り付けできると言うメリットがあります。 汎用オイルキャッチタンクの取付準備 汎用オイルキャッチを取り付ける前にかならず中身をチェック。 アマゾンや楽天の口コミレビューに多く投稿されている通り、 汎用オイルキャッチタンクを開くと金属の削りカスであるキリコや金属を削った時にヤスリ処理せずにそのままの状態のバリと言うものが沢山あるので パーツクリーナーやサンドペーパーでキリコやバリをできるだけ取り除いてから取り付けするのが望ましい。 今回取り付けしたCNSPEEDと言う汎用オイルキャッチタンクです。 この製品はキリコやバリは比較的少なかった。 パーツクリーナーでオイルキャッチタンク本体とネジや蓋を念の為洗浄。 取り付け前に工夫したところ ホースのイン側とアウト側を繋ぐユニオンと言うのでしょうか継ぎ手はゴムパッキンが付属しているが見るからに隙間が空いているのでガス漏れ対策に「配管用シールテープ」を巻きました。 付属のL字ステー2つを、別途用意した長さ20cm程の一文字ステーの上下に取り付けて「キャッチタンク」を挟むように固定 割れてきたら嫌なので隙間テープで接触する箇所を保護 気休め程度。 付属のホースクランプ大をキャッチタンクセンターに通して一文字ステーと固定しました。 オイルキャッチタンクの取り付け場所 オイルキャッチタンクの取り付け位置は エンジンから離れた場所が良しと言われています。 理由は ブローバイガスが通るホースやキャッチタンクの温度差で オイルミストとブローバイガスを分離しやすくなると言う。 WRXに取り付ける場合、一般的にバッテリーの空いたスペースに取り付けるのだがCNSPEEDのオイルキャッチタンクがバッテリーホルダーに干渉してしまって取り付けられない。 バッテリーホルダーを固定する 縦の棒に キャッチタンクのステーを固定して取り付けられるのだが、高さが17. 0cmしかなくキャッチタンクの高さのマージンを考えれば16. 0cmまでの製品では無いとここに取り付けるのは厳しい。 エアクリーナーとフェンダーの間にちょうどいいスペースがある GDBやGVBにはこの方法で取り付けはできないが、VABにはちょうどエアクリーナーボックスを固定するネジがあるのでそこに別途買ってきた縦に長いステーを使って取り付けしました。 長いステーで取り付けたのは良いが、よく考えたら前後に掛かる荷重に耐えられない。 なのでタイラップバンドかなにかで他の場所も追加で固定する必要があると思います。 エアクリーナーの取り外しは以下の記事を参照ください。 2019-03-17 12:00 ホース類の太さ オイルキャッチタンクを繋ぐホースは別途ホームセンターコーナンプロで 工業用耐油ホースを購入してきました。 ブローバイホース側を繋ぐ太さは 内径11mm~13mm オイルキャッチタンクイン側。 リターン側に繋ぐホースは 内径13mm 15mmだと少しスカスカだと思います じゃないと繋がらないです オイルキャッチタンクアウト側。 それぞれオイルキャッチタンクに繋いで車に取り付けしました。 ちなみにCNSPEEDのオイルキャッチタンクには説明書が付属せず、オイルミストを隔離する敷居も無いのでインとアウトは適当に繋ぎました。 後はエアクリーナーボックスを元に戻して完成。 エアクリーナーボックスとの干渉も心配なく無事取り付けできました。 フェンダーとエアクリーナーボックスの間にオイルキャッチタンクを取り付けると見栄えも何もなく、メンテナンス性も悪いです。 なので今度今度クスコの専用オイルキャッチタンクに買い換えようと思うので、取り付けレビュー追記致しますね。

次の

オイルキャッチタンクの効果!付け方次第でパワーダウン?

オイル キャッチ タンク 効果

汎用オイルキャッチタンクを改造!(バージョン3) 気がついてみたら今月ブログの更新はじめてだったりするんだ。 w えー、オフレコの話としてちょっと車のメカニカル的なトラブルがあって、そもそも直す必要のない部分の修理をしていたりしてましたので、まあ今月も色々車いじりは行っていました。 そうそう、このタイトルでブログを書くのが多い気がするのは気のせいとして...。 本日 オイルキャッチタンクの交換を行いました。 先月のゴールデンウィーク明けぐらいに クスコ製 オイルキャッチタンクから HPI製 オイルキャッチタンクに交換したんですけど、本日また交換です。 今回はヤフーショップで良く見かける汎用オイルキャッチタンクを改造しての取り付けです。 なんでまた? オイルキャッチタンクの交換を行ったかというと、話すと長くなる話をすると、市販の オイルキャッチタンクと言われるものは、名前の通り、 オイルキャッチタンクなんです。 そもそも オイルキャッチタンクと言われて売られている商品の目的は、サーキット走行などで エンジンブローをおこした際、ブローバイ経路を経由して吹き出されたオイルをコース上に撒き散らさない事が目的で、 クスコさんからは競技用 オイルキャッチタンクとして2. 0〜3. 0Lの容量のものが販売されています。 これは本当の意味で名前の通り オイルキャッチタンクなわけで、どこにも ブローバイガスをセパレートする機能などは書かれておりません。 自分もそうですが、多くの人は勘違いして オイルキャッチタンク= ブローバイガスの オイルセパレーターって思っていると思いますが、実は オイルキャッチタンクとして売られている商品のほとんどは、名前の通り オイルキャッチタンクであって ブローバイガスの オイルセパレーターではありません。 というのも大半の オイルキャッチタンクは中身が空洞で、 ブローバイガスのガス自身が軽いので、特に オイルキャッチタンクの上部にホースを接続するタイプの オイルキャッチタンクは、 ブローバイガスが殆ど素通りしてしまいます。 まあ、すべて全部が素通りするわけじゃないので、自分のようなNAエンジンに過給器を搭載したような場合で ブローバイガスが多く発生するような状態でなければ オイルキャッチタンクに殆ど ブローバイガスが溜まらないはずです。 ですが、市販汎用 オイルキャッチタンクでも、 オイルセパレーター機能というか オイルセパレーターを目的としていながら オイルキャッチタンクという名で販売している製品も幾つかあります。 有名所では、 その他車種限定のようですが、 OSRタニグチの オイルキャッチタンクは オイルセパレーター機能が売りのようです。 に説明動画がありました。 結局、自分の車は過給器を後付けしたのでインマニに 正圧がかかることでノーマルの ブローバイガスオイルセパレーターをそのまま使えないため、 オイルセパレーター目的で オイルキャッチタンクを取り付けていたわけですが、この オイルキャッチタンクは本来 オイルセパレーターじゃなければダメなわけです。 ちなみにBMWのエンジンのブローバイガス還元増値はPCVを使用した クローズドタイプではなく、 シールドタイプとなっています。 シールドタイプっと言っても PCVに相当するバルブがオイルセパレーターについています。 (最近の過給器付きエンジンはどうだか知らないけど。 ) Rotrex社ベースの遠心スーパーチャージャーを使用した社のスーパーチャジャーキットの説明書などを見ると(ネットでbmw e46 aa supercahger pdfなんて検索すれば見つかります。 )PCVらしき分岐パイプがキットに付属しており、細いパイプ経由で常にインマニにブローバイガスを吸わせてノーマルのPCV相当するバルブをそのまま経由してスーパーチャージャーの手前のサクションパイプに接続していますが、これだとノーマルの ブローバイガスオイルセパレーターのPCVに相当する部分が加給圧がかかったときにバルブが閉じられてしまい、アイドリング中などはバルブが開いてしまうので、動作が逆になってしまいます。 まあそれでも純正の ブローバイガスオイルセパレーター(BMWではCCVと言いますね)を経由して吸い込みはされるみたいですけど。 以下は、海外のフォーラムで拾った写真で、E46 323に社のスーパーチャジャーキットを取り付けて、ブローバイガスをスーパーチャジャーが吸い込み、その結果エアフィルターから漏れ出した状態です。 話がそれましたが、ブローバイガスを完全にオイルセパレートできる能力のあるオイルキャッチタンクが必要なわけで、前回の取り付けた内容はの過去ログにありますが、HPI製の オイルキャッチタンクを取り付けたとき、若干 オイルセパレーションできるようにエンジン側からの配管部分にはアルミパイプを接続して オイルキャッチタンクを素通りしないようには対策したのですが、先にも説明した通り ブローバイガスは軽いため オイルキャッチタンク内で冷えることなく、特に スーパーチャージャーが高回転で回転している場合は オイルキャッチタンクの出口側が負圧になるので、殆ど素通り状態になってしまいNGなわけです。 そこで今回、市販されている オイルセパレーター機能を持った オイルキャッチタンクの内部構造や、他のホームページ でオイルキャッチタンクを改造して オイルセパレーションを行っている方々のホームページを参考に、を改造して使用しみることにしました。 関連リンク: 購入したは9mmと15mmのニップルが付いているスクエアータイプです。 写真は改造用パーツを組み込む前の写真です。 エンジンヘッドから接続される側の口には、10mmのアルミパイプをロウ付けして0. 5mmのアルミ板に刺しこみ、その部分はで内部に放出された ブローバイガスが漏れないようにしてあります。 の出口への経路は内部でパンチングアルミ板〜上部のアルミ板の穴という経路でしか流れないようにしました。 使用した液体ガスケットは、です。 関連リンク: 中身は見えませんが、内部へ組み込みが完了した状態。 ニップル部分はを使用いし上部の蓋もでシールしてイン側に息を吹き込んで漏れがないのを確認。 (問題がなければもう永遠にこのを開けることはないでしょう。 ) 関連リンク: 取り付けはこれまで取り付けていた場所と同じ場所へ取り付けました。 もともとの クスコ製を取り付けていたステーを改造して付属のステーを改造して取り外しが容易にできるように細工してみました。 エンジンルームに場所がないのでの清掃は毎回取り外しが必要です。 今回購入したと前回の HPI製には内部に溜まったオイルを抜く ドレンボルトが付いていますが、本体を外さないと中身を捨てることができません。 (かなり面倒ですけど、クスコの密閉型よりはましかな?) ちなみに前回の HPI製には ブローバイガス特有の黄〜オレンジ系の汚物は溜まることはありまでんでした。 レベルゲージが若干黄色くなる程度で、溜まる気配すらなかったです。 (素通りしていたか、あまり回さなかったかのどちらですかね?) 多分、殆どの中を素通りしていたと思いますので、今回ので効果があることを期待。 夏場なのでそんなに溜まることはないと思いますけど...。 経過は後日ご報告いたします。 スポンサーリンク• 166• 273• 377• 377•

次の

知っておけばドヤ顔で自慢できるカスタムシリーズ〜オイルキャッチタンク編〜

オイル キャッチ タンク 効果

オクヤマと工藤自動車のコラボレーションにより、ジムニーに最適なオイルキャッチタンクが出来ました。 ノーマル車からチューニング車すべてのJB23Wに。 なぜオイルキャッチタンクを装着するのか ブローバイガスは、インテークやエアクリーナーに戻されて、再燃焼させることで大気に放出させないようにしていますが、インテーク内に戻されるブローバイガスや微粒子などの化合物は、100%が燃焼されるわけではありません。 ガスの一部は液化(スラッジやカーボンを含むオイル)へと変異し、インテークパイプやインテークマニホールドに付着して汚れの層を作り出してしまいます。 その結果、吸入効果や燃焼効率の低下の原因となるとともに、白煙の増加にもつながります。 この現象の対策として、インテーク内に戻す前にガスを溜める場所を設け、液化した不純物をできる限り取り除いてしまおうというのが、オイルキャッチタンクです。 モータースポーツ車両だけではなくブローバイガスが発生しやすいジムニーには特にお勧めです。 また、走行が少ないのにオイルキャッチタンク内のオイルのたまり量が多ければエンジンに何らかのトラブルを抱えている証拠です。 それらのトラブルの早期発見にも役立ちます。 CARBINGブランドオイルキャッチタンクの特徴 取付自由度の高い0. タンク内にセパレートを設け、ブローバイガスとオイルやスラッジ、カーボンなどの不純物とを確実に分離させます。 材質は軽量で耐久性に優れたアルミ(A5052)を採用。 錆防止のために表面にアルマイト処理が施されております。 ドレーンボルトも標準装備されており、オイル抜きも簡単です。 また、溜まったオイルの量を確認する為のレベルゲージが標準装備されております。 付属品のホースには、エンジンルームでの採用を考えて、耐油・耐熱・耐曲げ性の高いブレードホースを採用しています。 穴あけ不要 セット内容 オイルキャッチタンク本体 ジムニーJB23W専用ブラケット 取り付けボルト類 専用長ブレードホース1. 8メートル ステンレスホースバンド 耐候タイラップ 大事な愛車を常にいい状態に保つ為、装着されることをお勧めいたします。

次の