歯医者 お盆 休み。 お盆休み2020の期間はいつからいつまで?山の日の祝日変更で銀行は?│トレンドの樹

歯痛なのに歯医者が休み!その悩み解決します

歯医者 お盆 休み

8月11日(金)山の日• 8月12日(土)• 8月13日(日)• 8月14日(月)• 8月15日(火)• 8月16日(水) というように、お盆の4日間+山の日+土曜日で、 6連休が期待できます。 業種別お盆休みの時期 さて、上記のお盆休みが一般的なお盆の期間とお盆休みになるわけですが、お盆休みの期間というのは必ずしも上記の6日間というわけではありません。 業種によって異なるので注意が必要です。 では、お盆休みを業種別に見ていきましょう。 銀行窓口や郵便局が一週間もお休みになったら、私たちも困ってしまいますよね。 暑中見舞いも届かなければ、お金をおろすこともできない・・というのが一週間も続くことがないように、基本的にこれらの期間はお盆にも営業しています。 銀行では、銀行業法で休日に関しても国で定められています。 銀行業法では祝日のみが休業日と制定されていますので、お盆休みは祝日ではないため窓口・支店・本店も全て通常通りの営業となります。 そして、公務員の方もお盆休みという形で休日を一斉にとるような制度はありません。 ですので、このような業種の方々は個人が 有給などの制度で順番にお休みをすることになります。 金融などの方は夏休みという制度はなく、例えば証券会社は年に2回5日間の連休が取れる、というような制度を取り入れたりしています。 連休は夏休みとは限らないのこの業界の方たちの特徴ともいえます。 私たちのライフラインと言える業種の方たちはお盆休みを返上して働いてくれているのですね・・・お疲れ様です!! 一般的な企業 8月11日〜8月13日(6連休) 一般的な企業は通常の山の日からの6連休となる企業が多いです。 ただし、最近では「夏休み」「お盆休み」というかたちでの休暇ではなく、有給をその分増やしたり、連休がとれる制度などを採用し、夏休みでもいいし秋休みでもいい・・・なんていう選択ができる会社が多くなってきています。 夏休みの帰省などで夏に休暇を取りたい人と、混んでいるお盆シーズンを避けて空いているときにレジャーに行きたい人など、それぞれのニーズに合わせて連休がとれるスタイルは嬉しいですよね。 製造業など 8月11日〜8月20日(10連休) 製造業は、工場などの関係で全ての機能を同じ日程でいっぺんに停止させ長期休暇とする企業が多くあります。 食品メーカー、自動車メーカーなどがそれに該当します。 これらの場合、 お盆の4日間が該当する週はまるまるお休みになるケースが多いです。 どうなるかというと・・ 13日から16日の週の一週間がまるまるお休みになり、前後の土日と山の日をくっつけて、なんど 10連休!! 有給をくっつけて20連休、なんて夢のような休みのとり方をしている方も見たことがあります。 なんて羨ましい・・・でも、その分普段フル稼働して生産ラインを流し続けてくださっています。 どんな業種もみなさん一生懸命社会のために日々働いてくれているんですね。 日本のみなさん・・・おつかれさまです!!! まとめ 2017年のお盆休みは、8月11日(金)〜8月16日(水)の6連休が一般的です。

次の

2020年のお盆はいつですか?お盆期間は?

歯医者 お盆 休み

連休中の救世主「休日歯科応急診療」について 『休日歯科応急診療所』をご存じですか?これは、各市区町村が歯科医師会などと連携して、休日の急患に対応してくれる診療所のことです。 主に市民会館や保健センターで診療を行っており、その地域の先生が順番に担当することが多いです。 料金は休日加算でやや割高になりますが、痛みを抑える為の応急処置が受けられます。 ただし、基本的には継続した治療は行わず応急処置のみになり、痛み止めを出す、取れてしまった詰め物を付け直す、といった対応のみになります。 今すぐにでも痛みをとってほしい!という方はぜひお住まいの地域の休日歯科応急診療している歯医者さんを検索してみてください。 休日歯科応急診療でももちろん保険証が必要なのでお忘れなく!おくすり手帳をお持ちの方は、保険証と一緒に持っていきましょう。 連休だからこそできる!短期集中治療について 連休中に歯医者さんを見つけられたとしても、継続して通院ができないから、結局最後まで通えなさそう…と不安を感じる方もいますよね。 一般的な歯医者さんでは、虫歯治療でも最低2回、複数虫歯がある場合は、それ以上かかるケースも多くあります。 これは、保険治療の関係で、一度にたくさんの治療を行うことができない、という背景があります。 平日忙しく、休みの日以外はなかなか歯医者さんに行けない、という方は「短期治療」を行っている歯医者さんを選ぶのも手です。 歯医者さんの中には、忙しい方や、なにかイベントや出張があってこの日までに治療を終わらせたい!という方のために、土日や連休を使って、集中的に治療をしてくれる歯医者さんがあります。 短期集中治療を行っています、とうたっていなくても、先生に相談をしたらもしかすると対応してくれるかもしれません。 ぜひご自身の地域で対応している歯医者さんがないか検索してみてください。 虫歯による歯の痛みを抑える応急処置方法 連休のあいだ、歯医者さんに行けないときにできる、痛みを抑える為の応急処置を3つご紹介します。 親指と人差し指の付け根にある「合谷 ごうこく 」というツボです。 歯の痛み以外にも頭痛や様々な症状に効くと言われています。 やり方は、反対側の親指で合谷を押します。 3秒押し、2秒離す、を3~4回繰り返します。 市販のものであれば、価格は12錠で700円ほどで、これは胃にも優しく小粒で飲みやすいうえ、早めに効いてくると言われています。 ただし妊婦の方の服用は安全性が確立されておらず、65歳以上の高齢者の方は薬剤師相談服用してください。 虫歯の穴が大きく空いている場合には「正露丸」を詰めると痛みを和らげることが期待できます(参考:大幸薬品HP)。 詰め物が入らない小さい虫歯の場合は「新今治水」を塗ると良いでしょう。 これは虫歯に効く有効成分が高い割合で含まれており、塗って数分で効き目が出ると言われていますので、なるべく早く痛みから逃れたい!という方におすすめです。 年末年始などの連休中に辛い思いをしないために!虫歯にならない為の予防が大事 今回この記事を読んでいる方は、きっとつらい思いをしたはずです。 連休中に耐えがたい歯の痛みに襲われた、という場合は、虫歯が神経にまで達していて、ずいぶん前から虫歯になっていた可能性があります。 そうならない為にもやっぱり大事なのは日ごろからの予防です。 しかし、自分でもケアには限界があり、歯磨きをしていても磨き方にクセがあったりすると虫歯のリスクはなくなりません。 やはり、一番確実なのは定期的に歯医者さんで検診を受けることです。 検診が面倒に感じる方もいるかもしれませんが、定期健診を受けていれば痛い思いもせずに済みますし、虫歯治療にかかる費用も要りません。 また、歯は一度削ったり抜いてしまうと人工的には戻せても、耐久性や機能は天然の歯に勝るものはありません。 将来入れ歯になってしまったり、差し歯や銀歯だらけになってしまうと、充分に食事が楽しめなかったり、口を開いた時の見た目を気にしてしまい、ふだんの生活に支障が出てしまうこともあります。 そうならない為にもしっかり歯医者さんで検診を受けて、健康な歯を維持していくことが大事なのです。 まとめ 連休中にに歯のトラブルが起きた場合、一時的な応急処置は可能ですが、虫歯が治るわけではありません。 必ず連休明けに歯医者さんへ行き、きちんと治療しましょう。

次の

大阪・東大阪市の歯科・歯医者デンタルクリニックT.T.C.

歯医者 お盆 休み

歯医者の休診日は日曜, 祝日, 木曜が一般的 歯科医院は、日曜、祝日、木曜休診が一般的なイメージかと思います。 細かく言うと、土曜は午前中のみ、または15時や17時まで、祝日がある週は振替で木曜休みが削られる歯科医院が多いです。 私が以前働いていた歯科医院では、日曜、祝日、水曜休診で土曜のみ午前診療、祝日がある週は振替で水曜休みが削られるというしくみでした。 私が住んでいた地域では比較的に珍しい休診日の取り方をしていたかと思います。 この一般的な木曜休みは、中休みと言われるもので歯科医院以外にも、開業医が運営する診療所などの小規模な医療機関の休診日にもよく見られるものです。 私が勤めていた歯科医院のように、中休みの休診日を水曜に変更して運営している歯科医院も増えてきているのが現状です。 しかし、歯科医院は今やコンビニよりも数が多いと言われており、競争率が非常に高いです。 なので、地域によっては休診日がなく年中無休で診療をしている歯科医院や例外で24時間の診療を行なっている歯科医院もあります。 歯医者はなぜ木曜に休むのか? 小規模な医療機関は、大規模な医療機関とは違いスタッフの人数がとても少ないです。 医療界の特有の事情でもありますが、㎜単位以下の細かな仕事をしている為、想像以上に激務です。 なので、祝日がある週で中休みがない場合、疲労感は強烈です。 私が働いていた歯科医院は長期休みの振替もあったので、長期休み後は中休みが全て削られることが度々あり、長期休みの存在が憂鬱で仕方なかったことを覚えています。 歯科医院に関して付け加えて言えば、歯科医院にあるライトは、実はただのライトではなく、無影灯という影を生じないように作られたライトです。 分かりやすく言えば、オペ室で使われてる大判なライトと同じしくみになっています。 その無影灯で明るく照らされた口腔内を小さな鏡で見ながら作業をするので、尚更大変だったりします。 その多忙で激務な状況の為、医療ミスに繋がってしまうことがあります。 なので、医療ミスを防ぐためにも中休みは存在しているのではないかと思います。 また、学会や勉強会などのセミナーが木曜に開催されることが多くあります。 今では、土曜や日曜にも開催することも多くなってきましたが、木曜に開催する名残が残っているのが現状かと考えられます。 そのため、開業したての歯科医師や勉強熱心な歯科医師、教える立場の歯科医師達は、木曜に開催されている学会や勉強会などに参加している可能性も多いです。 私も、自主的にセミナーに参加したことは何度かありますが、歯科医院によっては、歯科医師だけではなく、スタッフ全員参加のところもあります。 日本の歯科医療は先進国にも関わらず、世界的に低いと言われており、医療の現場は常に進化を遂げで新しい考え方や最新の機械の導入も多いです。 もっと学んで勉強する為にも、安全に正確に処置をする為にも、歯科医院にとって中休みの存在はとても大切なことかもしれません。 歯科医師会の勉強会が木曜に多いことも歯医者が木曜休みが多い理由の一つ 医師会と同様に歯科医師会というものが存在します。 地区ごとに分かれている組合のようなものにあたります。 必ずしも歯科医師会に入会をしなくていけない訳ではありませんが、ほとんどの歯科医院は歯科医師会に入会しているかと思います。 歯科医師会では、診療等の色々な情報交換を行ったり、勉強会を行ったりしています。 その為、歯科医院の多くが木曜休診なので、基本的には木曜に開催されることも多いそうです。 実際に、私が働いて歯科医院の院長も木曜日の午前か午後のどちらかが不在というのはよくありました。 その歯科医師会の方針で、地区によっては競争率の高い歯科医院の足並みを揃える為に、木曜休診と決めている場合もあるそうです。 そう思うと、コンビニより多く、競争率が高い歯科医院の経営は大変なのかもしれません。 歯医者が木曜に休みでも焦らないように, かかりつけの歯科医院を持っておこう かかりつけの歯科医院はありますか? かかりつけの歯科医院はとても必要なものです。 基本的に歯医医院に来院する患者さんのほとんどが症状がある時のみです。 今になって少しずつ予防歯科に対する認識が増えてきているものの、それでも特に日本人の口腔内に対する認識はとても低いと言われています。 ヒトは産まれたその日から、口から食べ物を摂取して生きています。 大袈裟に聞こえるかもしれませんが、歯を失うということは、最終的にはヒトの命に関わってくることです。 口の中を健康に保つこと、それを維持しようと努力すること、それは全身の健康へと繋がっていると言っても過言ではないかと思います。 私が働いていた歯科医院は、口腔外科に特化した歯科医院だったのもありますが、新規の患者さんの口腔内は、重度の場合が多かったです。 その中には、病状がとても悪かったため、歯科医師が手をつけられずに歯科医院を点々とした患者さんも勿論います。 かかりつけの歯科医院さえあれば、3ヶ月から6ヶ月の間隔で定期的に検査とクリーニングを実施しているはずです。 そのため、予防を始めてとして、早期発見、早期治療をすることが可能になり、外傷以外は軽度で済むことが多くあります。 そして、定期的に通うことによって、患者さん自身も安心感が生まれます。 今は症状がなくても、ある程度ご自身の口腔内を把握することができるので、もし仮に急に症状な出たとしても、それが例え運悪く休診日だったとしても、焦らずに済むのではないでしょうか? 痛みや症状が出る前に予防する為にも、信用のできるかかりつけの歯科医院を見つけて頂くことが最善の策だと考えられます。 歯医者が木曜休みが多い理由まとめ 歯科医院の休診日• 歯科医院は、日曜、祝日、木曜休診が一般的に多い。 近年では、日曜、祝日、水曜検診も増えつつある傾向がある。 例外で24時間体制の歯科医院や、年中無休の歯科医院も存在する。 中休みの必要性• 小規模な医療機関はスタッフの人数が少なく多忙で激務なことが多い。 歯科医院では㎜単位以下の作業をしているため、疲労感が強い。 医療ミス防止のための休息は必須。 医師会や学会、勉強会などのセミナーに参加している場合もある。 歯科医師会の存在• 医師会と同様に歯科医師会があり、地区ごとに分かれている。 必ずしも歯科医師会に入会する必要はないが、多くの歯科医院が歯科医師会に入会している。 地区によっては、歯科医師会で木曜休診と決めているところもある。 かかりつけの歯科医院• 日本人の口腔内に対する意識が極めて低い。 歯は口の健康であり、全身の健康でもある。 定期的に検診やクリーニングに通っていれば、自身の口腔内を把握することができ、安心感もあるので、例え運悪く休診日に症状が出ても焦らずに済む。 歯科医院や小規模な医療機関特有の事情により、中休みが存在しています。 中には、病院は休んだら患者が困る、病院は休んではいけないという考えの人もいますが、安心、安全、正確に処置をする為にも、中休みは大切で重要なものでです。 もしも、急に症状が出てしまい困らないためにも、かかりつけの歯科医院で定期的に検診やクリーニングへ行くことをお勧めします。 カテゴリー• 150• 136•

次の