お渡し 類語。 「渡す」の正しい敬語の使い方【謙譲語・丁寧語】

渡し(わたし)とは何? Weblio辞書

お渡し 類語

「申し訳程度」の意味とは? 「申し訳程度」の類語は何だろう? 言い換えてみると... 「申し訳程度」の使い方は? 「申し訳程度」を使った例文• 「申し訳程度」を分解して解釈してみよう! 「申し訳程度」の意味とは? 「申し訳程度」という表現を何気なくつかっていますが、しっかりとその言葉の意味を把握していますか? 「申し訳程度」とは、なんとか言い訳できる程度、ほんのわずかな分量だったり、形ばかりということをいいます。 「あそこのランチは『申し訳程度』のデザートしかついてこないの」のように使うこともありますが、 「『申し訳程度』ですが、ほんの謝礼です」などのように、贈り物を差し出すときなどに使用することができる表現なのでしっかり覚えておくとよいですね。

次の

「お渡しください」の意味と言い換え敬語・メール例文

お渡し 類語

は、はい!確かに私から『お渡しさせていただきます!』」… …急な来客、思ってもみない出来事、そんなことビジネスマンにはよくある話ですよね。 そんなとき、自分のやるべきことを確認しながら、正しい敬語も使うなんて、慣れていないとなかなか上手く行かないものです。 丁寧な表現を盛り込むことが正しい敬語とは限らない 実はこの場面、「お渡しさせていただきます」は間違った敬語。 尊敬語の「お」、謙譲語の「させていただく」の二重敬語になっています。 また、「させていただく」は自分がなにかしらの恩恵を受ける場合ですので、上司の指示で動いている今回は適切ではありません。 これでもかと丁寧な表現を盛り込んでみても間違いなのです。 確かにこのお客さんに彼の熱意は伝わったかもしれませんが、出来ればその熱意を正しい言い回しで伝えたいものです。 この場合シンプルな謙譲語が正しい敬語表現 「はい、私が確かにお渡しします」 実はこれが、この場面での正しい敬語。 えっ、これだけ? と思うかもしれませんが、そもそもデータを渡す相手は自分の上司。 「お渡しさせていただきます」とへりくだる必要もないので、ただ丁寧な言い方をすれば正しい敬語表現となるのです。 だって、相手にとってこちらの上下関係などはどうでもよいことなのですからね。 あなたが頼むときは「お渡しください」 「こちらのデータをお渡しください」 一方、あなたがデータを他社に渡してほしいとその他社の方に頼むとき。 この場合は「お渡しください」がベター。 頼んだ誰かがさらに他の人にデータを渡す。 ということは、データを実際に渡すのはあなたが頼んだその誰か。 だから、「こちらのデータをお渡しになってください」と丁寧な尊敬語を…と言いたくなってしまいますが、これは誤り。 こちらに関しても、渡す誰かと受け取る誰かの上下関係はこちらからうかがい知ることができません。 ですから、そんなことは気にせず、ただ丁寧に「お渡しください」で構わないのです。 お渡しくださいというシンプルな一言でも、正しい敬語表現となります。 「お渡しします」と依頼は簡素な丁寧さで 誰かにものを頼むとき、そしてその依頼がさらに誰かと関わってくるとき、あなたはその2人の関係を普通知ることは出来ません。 ですから、そういったときには余計な尊敬・謙譲語は織り交ぜる必要がありません。 すっきりはっきりと、「お渡しします」「お渡しください」と必要最小限の丁寧さで対応をしましょう。 お客様にも同様に使える「お渡しください」 敬語を使う場面は社内や、会社同士だけではありません。 中にはサービス業などで、お客様と直接お話しするお仕事をしている方もいらっしゃると思います。 そういった中で、どうしてもお客様に何かをお願いしなければいけないこともあるでしょう。 でも、そういった場面でも同じ敬語で大丈夫です。 「こちらをフロントまでお渡しください」「あちらで少々お待ちください」など簡潔で分かりやすい敬語を使えば、聞いているお客様も気持ちがいいというものです。 お客様に依頼する場面になると、より丁寧な表現を意識しがちですが、「お渡しください」などシンプルな表現でも正しい敬語となります。 「お渡しください」などシンプルな言葉でも正しい敬語になる 敬語は、慣れていないと正しい扱いが難しいもの。 特に、想定外の場面では焦りでさらに変な言葉遣いをしてしまいますよね。 ですから、「こんなときはこの敬語」「ああいう場面ではこの敬語だろう」と、正しい言い回しを自分の中にあらかじめストックしておきたいもの。 今回はそんな中から、何かを依頼する際の敬語をご紹介しました。 「お渡しください」「お渡しします」…どうでしょう? とても分かりやすくて使いやすいと思いませんか?これなら、緊急の場面でもとっさに出てきてくれるのではないでしょうか。

次の

「渡す」の類義語や言い換え

お渡し 類語

「不手際」の読み方・意味 「不手際」の読み方は「ふてぎわ」 「不手際」は 「ふてぎわ」と読みます。 「手際」を「てぎわ」と読みます。 主に「手際がいい」など使われています。 「不手際」の意味は「物事の処理の仕方や出来栄えが良くないこと=ミスすること」 「手際」は、ものごとを行う腕前や技量のことを指します。 また物事の出来栄え、物事の処理する仕方という意味もあります。 これに否定を表す「不」がつくので、「不手際」は ・手際の下手なこと ・物事の処理の仕方や出来栄えが良くない状態 という意味になります。 つまり「不手際」= ミスをするということです。 仕事でいえば、会社が傾くような問題ではなく、更には人の命に関わるような重大な問題でもありません。 従って、ミスの程度が比較的軽いものであると言えます。 しかし「不手際」が広がり不祥事に拡大する場合もあるので、発生した際には直ちに謝罪をすることが大切です。 また「不手際」には「行為に携わる人が不向きである」・「習熟度が足りていない」・「技術が未熟であった」といった意味合いもあります。 「不手際」の使い方・例文 「不手際」は自分に非があった場合に使用する 「不手際」は、 自分に非があった場合に使用します。 例えば、仕事上で対処や処理の仕方を間違えたり、判断を間違えた為に失敗に繋がってしまったときなどに使います。 つまり 「不手際」はミスを起こしたことに対して、謝罪をするときに使う言葉です。 ここでのミスとは、間違いを犯す・時間に遅れる・不注意など様々になります。 「不手際」は起こったミス全てに当てはまるので、具体的な内容については触れることなく、とりあえずミスをしたときに使える表現です。 実際「不手際」は使うことがない方が良い言葉ですが、ビジネスシーンでは多々使う場面はあります。 「不手際」を使用する場面 「不手際」は、具体的にどのような場面で使うのでしょうか。 「不手際」を使用する場面は以下の通りになります。 目上の相手や取引先に対して使うことが多く、明らかに自分より立場が下の人に対しては使用しません。 「不手際」+「お詫び」+「反省」+「今後の心構え」といった構成で使うと、しっかりと謝罪をすることができます。 「不手際」の例文 「不手際」の例文を紹介します。 ・この度は個数を誤り発送いたしましたことを心よりお詫び申し上げます。 今後はこのような不手際がないよう、 再発防止に努めます。 ・今回のキャンペーン中止について、公式サイトで不手際をお詫びしました。 日にちの指定して下さったにも関わらず、お待たせしてしまうことになり、誠に申し訳ございません。 ・弊社の不手際により遅れが生じましたことをお詫び申し上げます。 ・このたびは、こちらの不手際によって納品が遅れてしまい、誠に申し訳ありませんでした。 今後は、お客様に対してこのような失礼な言動がないよう、徹底指導していく所存です。 ・後日、改めて今回の不手際について謝罪に伺わせていただきたいと存じます。 「不手際」を起こした時のお詫びメール・手紙の書き方 「不手際」を起こした際は、それによって迷惑をかけた相手に迅速に謝罪することが最も大切です。 謝罪を伝える手段のひとつとしてメールがありますが、お詫びメールを送る場合は、 まず先に口頭で謝罪をしておく必要があります。 なぜならお詫びメールのみでは誠意が感じられず、簡単に済ませようとしていると思われる可能性があるからです。 口頭または電話で謝罪をした後に、改めてメールを送るようにしましょう。 お詫びメールを書く上で重要となるポイントを紹介します。 「不手際」についての謝罪は最初に伝える メールの場合は件名に「〜についてのお詫び」と入れることが良いでしょう。 お詫びはお互いに素早く処理したほうが効率がいいので無駄な言い訳をだらだら書く必要はありません。 本文を読まなくては内容がわからない件名をつけない、もしくは書かなかったりするのは不適切です。 また「〜についてのお詫び」でなくても、「ご迷惑をおかけして申し訳ありません」といった謝罪の文でも良いでしょう。 メールで一番重要なことは 「謝罪」をすることです。 理由がどうであれ、「不手際」を起こした事実は消えないので素直に謝りましょう。 「不手際」の内容は簡潔にまとめる 謝罪をした後は、 自らの非を認めることが必要です。 認めなけば反省していないことになります。 さらに何故「不手際」が起きてしまったのか、 原因が判明している場合はその旨を伝え、判明していない場合は現在調べているという旨を伝えます。 また相手からしたらお詫び文は、さっさと読み終えてしまいたいので、必要のない内容まで入れる必要はありません。 言い訳がましくならないように、説明と謝罪を混合させないようにしましょう。 「不手際」に対する今後の対応について 反省を述べた後は、 今後の対応について記述します。 ミスが生じてしまった原因と反省そして今後の対応を書くことで、 同じ過ちやミスを繰り返さないという意思をはっきりと示しましょう。 メールを書いている時点で原因が判明している場合は、再発防止のため策を記述し、判明していない場合は、原因がわかり次第、再発防止策と合わせて後日メールで報告することを記述します。 お詫びメールの例文を紹介します。 株式会社山田商事の田中です。 このたび、お届けした商品に間違いがありましたことを、心よりお詫び申し上げます。 ご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ございませんでした。 原因について調べましたところ、配送時に手違いがあったことが判明いたしました。 平素より、商品発送には細心の注意を払っているにもかかわらず今回のような事態を招いてしまい、お恥ずかしい限りです。 改めて、ご注文の品を本日発送いたしました。 御社の皆様の寛大なご配慮に感謝いたしますとともに、これからはこのような不手際のないよう、十分注意いたします。 今後とも、末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。 株式会社山田商事の田中です。 すでにお気づきかと思いますが、昨晩の件名「歓迎会」のメールは誤って送信してしまったものです。 私の不注意による、メールアドレスの指定ミスが原因です。 ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 これからはこのような不手際のないよう、十分注意いたします。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 メールでは失礼かと存じますが、改めまして謝罪いたします。 このたびは弊社の社員が大変失礼な態度で応対し、不愉快な思いをさせてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。 このような不手際を起こしたことは、上司である私の不徳の致すところであると、その責任を痛感いたしております。 今後は、このようなことを繰り返さないよう、社員教育を徹底して参る所存でございますので、これからも変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます。 「不手際」「手違い」「不始末」「不備」の違い 「不手際」・・・物事の処理の仕方や出来栄えが良くないこと=ミスすること 「手違い」・・・手順を間違えること、手配を誤ること 「不始末」・・・後始末の仕方が悪いこと、他人に迷惑を及ぼすような行いをすること 「不備」・・・必要なものが十分に備わっていないこと、不完全であること 「手違い」の意味は「手順や手配を間違えること」 「手違い」の意味は「 手順を間違えること、手配を誤ること」です。 自分や自分の会社が手段や手順の誤りによって、相手に迷惑をかけてしまった場合に使います。 「私のミスで」「私の間違いで」などと使うよりも「私の手違いで」と使う方がかしこまった印象を与えます。 ビジネスシーンでは手順や手配に間違いがあった場合は「手違い」を使うようにしましょう。 「大変申し訳ございません。 私の手違いによるものです」 「本日お届けする予定でしたが、こちらの手違いで遅れております。 誠に申し訳ございません」 「不始末」の意味は「後始末が悪いこと、他人に迷惑を及ぼしてしまうこと」 「不始末」の意味は「 後始末の仕方が悪いこと、他人に迷惑を及ぼすような行いをすること」です。 一般的には後始末をしっかりとしていないことに使います。 たとえば「タバコの不始末が原因で家事が起こる」などです。 ビジネスシーンでは、ミスが起こったあとの始末の仕方が悪いときや他社や顧客などに対して迷惑をかけるようなことをしてしまった場合に使われます。 「この度は弊社社員の不始末により、多大なるご迷惑をおかけし誠に申し訳ございません」 「彼は今回の不始末について責任を取らされるだろう」 「不手際」の類語 「不手際」はミス全般に使用できますが、類語にはミスの具合などで使う状況が限られているものもあります。 「不手際」の類語について、例文を加えて紹介します。 不行き届き(ふゆきとどき) (意味:注意が行き届かないこと・管理体制が上手くいってなかったこと) 管理体制に落ち度があった場合に使います。 「私どもの監督不行き届きでご迷惑をおかけしました。 大変申し訳ございません」 「不行き届きがないよう、確認は何度もするようにしましょう」 過失 (意味:あやまち・不注意、怠慢などのために犯した失敗) 不注意や見落としなどで発生を防止できなかったときに使います。 「いくら過失であったといえ、真摯に受け止め今後このようなことがないように努めてください」 「自分自身の過失を認め、正直に謝罪した」 落ち度 (意味:怠慢から起きる失敗、あやまち) *怠慢や不注意によって生じた失敗のことを指す場合に使います 「当社の落ち度により、お客様に不愉快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます」 「君に落ち度はなかったよ、気にしなくて大丈夫」 手抜かり (意味:不注意のため、しなければいけないことを十分にしないこと) *注意が行き届かなかった為に生じた失策を指す場合に使います 「彼が対応をすると注意が行き届いており、手抜かりがないのでありがたい」 「今回はいつも以上に手抜かりなく作業にあたってください」 手落ち (意味:方法や手続きなどに不十分な点があること) *不足や欠点があることを指す場合に使います 「当方の調査に手落ちがありました」 「本日の工程は手落ちなくすべて行われました」 失態 (意味:面目を損ない、体裁を失うような失敗をする) *人の笑い者になってしまうような失敗をした場合に使います 「これ以上の失態を犯してはいけない」 「彼はあの時なぜあのような失態を演じてしまったのだろうか」 不調法(ぶちょうほう) (意味:手際が悪いこと、不始末をしでかすこと) *軽はずみから生じた失敗を指す場合に使います 「不調法をいたしましたこと、深くお詫びいたします」 「不調法のないように気を付けましょう」 他にも ・ヘマをする ・しくじる ・下手をこく ・ドジを踏む といった類語がありますが、くだけた言い方となりますのでビジネスシーンではあまり使わないようにしましょう。 「不手際」の英語表現 ビジネスシーンにおける「不手際」は英語では単純に「mistake」と訳すのが基本です。 和英辞書でよく出てくる ・clumsy(clumsiness) ・awkward(awkwardness) などの単語は「不器用な、不自然な」という意味なので「不手際」とは少しニュアンスが違います。 また英語で正式に謝罪するときは「sorry」よりも「apology」「apologize」などの単語を使うのがベターです。 「大変、深く、重ねて」というニュアンスで「sincere」「sincerely」という言葉で修飾することが多いです。 例文です。

次の