セブン つけ麺。 これは革命!セブンイレブンの冷凍つけ麺「とみ田」の濃厚魚介豚骨

セブン 冷凍『とみ田 つけ麺』うますぎぃ!!!((´∀`*))│とりぷるセブン

セブン つけ麺

セブンイレブンのとみ田監修濃厚魚介豚骨つけ麺 今回紹介するのは先に言っておきます。 もうこれはコンビニ革命です!コンビニのあらゆる商品のクオリティーを超越したといっても過言ではない・・・そんなセブンイレブンさんの商品をご紹介いたします。 その商品の名は・・・ 「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」税込み価格429円 以前、セブンイレブンさんから発売している冷やし麺のほうの「とみ田」も頂いたのですが、そちらもかなりクオリティーが高かったですが今回の冷凍食品のとみ田にも驚かされました! 冷やし麺のとみ田の記事はこちら 冷凍食品コーナーで販売されている このセブンイレブンさんから 冷凍食品として販売されているとみ田。 コンビニにはこれまで驚かされる冷凍食品がたくさんありましたが、今回のこの冷凍食品のとみ田のつけ麺はもう、もはや 革命といえるレベルでしょう… そんな冷凍食品のつけ麺とみ田気になる方はセブンイレブンさんの冷凍食品コーナーにて見つけてみてください! セブンプレミアム「ゴールド」シリーズ 余談になってしまうかもしれませんが、セブンイレブンにはセブンプレミアムという商品ブランドがあるのはご存じでしょうか。 スタンドパック総菜やスイーツ、冷凍食品に袋菓子、日用品にも!セブンイレブンで販売されている多くの商品にこのマークがついています。 そのセブンプレミアムのブランドコンセプトがこちら セブンプレミアムは「進化しつづけるブランド」。 わたしたちは、お客さまが求める商品を提案しつづけます。 女性の社会進出や高齢化、エコへの関心、健康志向、安全安心など、ますます多様化する生活のニーズに、きめ細かく応えます。 「もっと美味しく」、「もっとお得に」。 セブンプレミアムは、あなたの楽しく豊かな食卓を応援します。 引用:セブンイレブン公式サイト このセブンイレブンさんの想いが込められたセブンプレミアムブランドに「ゴールド」という冠をつけたシリーズが存在するんです。 それが「セブンプレミアムゴールド」シリーズ セブンプレミアムゴールドブランドのコンセプトはこちら セブンプレミアム ゴールドは「最上級のブランド」。 上質な原料を、こだわりの技術で仕上げました。 すべてのお客様にご満足いただける美味しさで、あなたの食卓を豊かにします。 引用:セブンイレブン公式サイト 見ての通り「最上級」を掲げているんですね。 私もこのゴールドシリーズいくつか食べたことがあるのですがまだまだコンビニのチルド総菜などのクオリティーがそんなに高くない頃から一線を画していましたね。 はい、そして少し脱線してしまった感もありますが、何が言いたいかというと・・・今回ご紹介する「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」税込み価格429円もこのセブンプレミアムゴールドシリーズだということです。 ジョブチューン: 先ほどご紹介したセブンプレミアムゴールドシリーズの紹介の際にこの冷凍食品のとみ田のつけ麺も紹介されて、とみ田店主の富田治氏も登場し商品の開発秘話などを語っていました。 レンジのみ!火を使わないカンタンな作り方 さて前置きが長くなってしまいましたが、実際に作って食べてみましょう!まずは調理をしていきましょう。 麺と具 チャーシューのみ 、スープに分かれています。 この下記の通りとは[調理方法]に記載のあるレンジアップの時間です。 レンジアップ目安時間 〇具付麺:500W 約6分30秒 600W 約5分30秒 〇スープ:500W 約1分50秒 600W 約1分30秒 どちらも凍ったままで この時間を目安に具付麺、スープともにレンジで温めていきましょう! スープはほんとうに 凍ったままの袋をレンジで温めてどんぶりに移す だけでした。 具付麺はつけ麺なので 「流水で冷やしてシメる」という作業があります。 私も何度かこのつけ麺以外に冷凍食品のつけ麺を食べてきましたが、毎回この麺を冷やす際はザルとボールを用意して行っていました。 〇部にあるように ハサミで袋を切ります。 熱くて「持つ」というより指で「つまむ」ことしかできないほど熱いです。 そしてこの写真は水切りがそのまま袋でできることを伝えたい写真です。 この調理、 一切火を使わないんです!普段料理をあまりしない方にももってこいです。 箸で持ち上げただけでつるっと食感のもちっとした麺かなと感じれます。 濃厚魚介豚骨と聞くとスープは割とドロッとした感じかと思えば案外さらっとしています。 全粒粉でしょうか。 そして濃厚魚介豚骨のスープを纏った麺を口に運ぶと・・・ ここで これは革命だ!と思うほどのうまさを感じれます。 つるつるっとした麺は噛めばもっちり、そして噛むごとに小麦の香りがします。 この極太の麺 最高です。 スープもそんなに粘度がなく、さらっとしているんですが、細かく削った魚節から魚介の香り、味わい、そしてあとから豚骨のまろやかさが包み込んでくれます。 ほんとうにすばらしい!の一言の一品でした! チャーシューも大判で厚みもありしっかりとチャーシューだという食感のもので満足。 この味が近くのセブンイレブンで買えて、そしてお家でかんたんに作れるなんてほんと時代の進化を感じます。 セブンイレブンの冷凍つけ麺「とみ田」のコンビニ. comおすすめ度 さて恒例となってきましたコンビニ. comおすすめ度なんですが、このセブンイレブンのセブンプレミアムゴールドブランド「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」のコンビニ. com的おすすめ度は・・・ 小麦粉、焙焼小麦ふすま、脱脂小麦ふすま、食塩、脱脂小麦胚芽/かんすい、着色料(クチナシ)【スープ】ポークエキス、さばぶしエキス、しょうゆたれ、チキンエキス、チキンオイル、砂糖、だし加工品、調味油脂、混合削りぶし(粉末)、醸造酢、そうだがつおぶし(粉末)、かぼす果汁、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉)、着色料(クチナシ、カカオ)、酸化防止剤(V. E)煮豚/ゲル化剤(加工でん粉、キサンタン)、トレハロース、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(一部に乳成分・小麦・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む) 最後に いかがでしたでしょうか。 セブンイレブンの 「中華蕎麦とみ田濃厚魚介豚骨つけめん」お値段税込価格429円をご紹介しました。 詳しくはセブンイレブンの公式サイトをチェックしてみてください。 セブンイレブン公式サイト.

次の

コンビニ「冷凍つけ麺」はどれがおいしい? セブン・ローソン・ファミマで食べ比べてみたところ……

セブン つけ麺

セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺』 『 とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺』は、千葉の人気ラーメン店「 とみ田」が監修した、チルドタイプの「 冷やしつけ麺」! とみ田オリジナルの小麦粉を使った三層麺を使用し、とみ田の濃厚豚骨魚介の味を再現したスープに柑橘系果汁を加えることで、濃厚でありながらもすっきりとした味わいに仕上げてあるとのこと。 価格は550円(税込)、カロリー617kcalです。 実はとみ田監修の冷やしつけ麺は今回が初ではなく、これまでも夏になると販売されてきた商品なのですが、毎回ブラッシュアップされてるようです。 冷やしつけ麺とだけあって、青を使った爽やかなパッケージ。 「とみ田」監修商品がセブンイレブンで頻繁に出始めている ちなみにここ最近、セブンイレブンで「とみ田」監修の商品が頻繁に出はじめていて、カップ麺や、チルドタイプの二郎系ラーメン、そしてつい先日も冷凍の「つけ麺」が発売(千葉先行)されました。 冷凍つけ麺も食べてみたかったのですが、まだ千葉でしか手に入らなさそうなので、お預けを食らっています。 マジで旨い。 セブンの二郎系ラーメンとして大ヒット。 かなりハイペースでの商品展開です。 「とみ田」はそんな中本に続くセブン御用達のラーメン店になるのか、今後の商品展開に注目です。 セブンイレブン『とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺』実食 それでは早速、とみ田の「冷やしつけ麺」を食べていきたいと思います。 チルド&冷やしタイプなので、 お湯もレンジも必要なしというのはかなり嬉しい。 さらっと作り方も交えながらご紹介します。 ご了承ください。 これを外します。 中に「ちょこ」があると思ったら外にありました。 ゆず皮、ネギ、メンマ2片、大きいチャーシュー2枚です。 スープは少しどろっとした感じもあり、濃厚そうな見た目。 コンビニのざる蕎麦と同じタイプ。 とみ田オリジナルの小麦粉を使ってるそうです。 セブンのとみ田監修豚ラーメンの麺と見た目はとても似ています。 特に魚粉の風味が秀逸で、「さばぶし」や「いわし煮干し」といった魚介の香ばしさがブワッと鼻を突き抜け、まるでラーメン屋さんで提供されたつけ麺を食べているかのような本格的な味を楽しめます。 また、冷やしつけ麺であることに加え、ゆず皮や柑橘系果汁が使用されているため、濃厚なだけでなく後味スッキリで爽やかな味わい。 火もレンジも使わないし夏にぴったりですね。 ウマすぎる。 お箸で原型を保ったまま持つのにもヒヤヒヤするほどで、食べるのに歯なんて必要ありません。 つけ麺と言えば「スープ割」も定番。 スープ割したい方は残ったつけ汁にお湯を適量入れて楽しんでください。 筆者はスープ割がどうも苦手なのでそのまま全部飲み干しました(笑) いやぁこれだけ美味くて、ボリューミーで、具材もしっかり入っている「つけ麺」がコンビニで食べられて、しかもほぼワンコインの550円(税込)だなんてさすが天下のセブンイレブンですわ。 お店で出しても下手したらバレないレベルだと思います。 チルドの前作「豚ラーメン(二郎)」も同じ550円で、味・具材・ボリューム、そして手軽さを考えると2商品とも超コスパよし。 暑くて蒸し蒸しした夏はやっぱり涼みたいので、今回の冷やしつけ麺は最高ですね。 ぜひ定番商品にして欲しい。 とみ田監修 冷やしつけ麺は品薄になる可能性も。 セブンで見かけたらとりあえず買っとけ! 今作に同じく「とみ田」が監修した前作「豚ラーメン」は、発売当初売れすぎて入手困難な状況が続いていました。 (今は普通に買いやすいと思います) 今回の『 とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺』も食べてみたいという人が殺到し、最初のうちは品薄になる可能性が十分に考えられます。 「早く食べてみたい!」という方は、セブンイレブンで見かけたら即買いだ!.

次の

セブンイレブンつけ麺のアレンジまとめ!売り切れ続出な理由は?

セブン つけ麺

魚粉を入れたたれはかなり美味しいとコンビニの冷凍麺の中でも人気が高いです。 「濃厚な魚介の風味はお店にも引けを取らない」との口コミが多く見られました。 コンビニの冷凍麺はまずいとの印象が強い方が比較的多いようですが、その印象が覆されるようなもちもちとしたコシのある麺が濃厚だれとよく絡み、かなり満足できるコンビニつけ麺です。 麺も300gとかなりボリュームがありますが、それに負けないくらいのガツンとした魚介と豚骨のたれはお腹がすいたときにはピッタリです。 「食べ盛りのお子さんも満足できるボリュームで、コンビニ商品なのに安いから母親としては助かる」との声も見られました。 そのままでも満足のいくボリュームですが、足りない方はコンビニでおにぎりを一緒に買うのがおすすめです。 麺を食べ終わった後の 濃厚なたれに、おにぎりを浸しながら食べるアレンジ方法は病みつきになること間違いなしです。 3種類の国産小麦に小麦ふすまを加えたコシのある太麺を、濃厚豚骨魚介の奥深い味わいのストレートスープでいただきます。 三元豚を使ったトッピングのチャーシューは、肉本来の食感と素材のうま味が感じられます。 人気ラーメン店であるとみ田が監修しているだけあり、コンビニの冷凍つけ麺だとは思えないかなり本格的な味わいになっています。 小麦の風味が感じられるコシと弾力のある麺は、 茹でたての食感がかなり忠実に再現されています。 その麺にしっかりと絡みつく魚介豚骨スープは、かなり濃厚で魚粉の風味がしっかり感じられます。 具はチャーシュー1枚のみとコンビニ内でも比較的少なめですが、どのコンビニよりもしっかりとしたものが入っています。 他のコンビニよりも値段はかなり上がってしまいますが、断トツでとみ田つけめんは人気がありました。 仕上がりがコンビニで買える商品だとは思えないほどクオリティが高く、400円以上しますがそれでも安いと感じる方が多いようです。 とみ田の本店は平日2時間以上、休日は3時間以上並ばないいけないほど行列ができます。 その待ち時間を耐えられないという方には、かなりおすすめなコンビニつけ麺です。 「コンビニでも行列店の味が楽しめる」「お店の味そのまま」との口コミが多く、再現商品はまずいと印象が強い方でも満足できるコンビニの冷凍つけ麺となっています。 濃厚なストレートタイプのスープは思ったよりもさらっとした仕上がりになっています。 ですが、麺との絡みは抜群で、サバや煮干しなどの魚介の風味が豚骨スープによく馴染み複雑な味わいを感じることができます。 麺、スープともにとみ田の自信作だけあって、「そこら辺のお店とは比較できないほどの出来栄えだ」との口コミが多かったです。 ただ、具材が比較的少なめなので、一緒に味付け茹で卵やネギを購入するとより美味しく頂けるでしょう。 さらに意外なアレンジ方法として、スープに粉チーズ・オリーブオイル・にんにく・黒コショウを加えるというものもありました。

次の