水沢 うどん。 本舗 丹次亭 上州名物水沢うどん

【水沢観音・水沢うどん街へ!】六角堂など見どころを写真付きで解説。

水沢 うどん

水沢うどん 水沢うどんは、400年あまり前より、水沢地内にある水澤寺(水澤観音)付近で提供される手打ちうどんである。 そのうどんは、秋田県の稲庭うどん、香川県の讃岐うどんとならび、日本三大うどんのひとつとして称される。 特徴は、やや太めでコシがあり、透き通る感じの白い麺である。 一般に冷たいざるうどんで提供される。 つけ汁は店ごとに工夫されており、主にしょうゆだれとゴマだれがある。 伊香保温泉南東約4kmの水澤寺(水澤観音)付近に13軒の店がある。 どの店舗も昼間しか営業しておらず、観光バスが入れる大きな駐車場を持つ店が多い。 うどん自体は地元の食文化であるが、後述の通り参拝客向けを起源とするため、 同じく日本三大うどんに挙げられている稲庭うどん、讃岐うどんと比するとやや観光客よりである。 水沢うどんの歴史 400年あまり前、水沢地内にある水澤寺(水澤観音)の参詣客向けに上州産の小麦と水沢山から 湧き出た名水でつくられた手打ちうどんが奉仕で出されていたことが起源。 水澤寺は飛鳥時代の創建で坂東三十三箇所の十六番目の札所。 由緒があり古くから参詣客が多かった。 上州(群馬県)は古くから小麦の栽培が盛んで、現在でも群馬県は小麦の生産量全国第2位を誇っている。 日本三大うどんのひとつで400年以上の歴史があります。 伊香保の温泉街から車で7~8分くらい下った所に水沢観音があり、その周辺にうどん屋さんが集まっています。 (水沢うどん街道) 現在、13軒のお店(水沢うどん商標登録店組合加盟店)があります。 水沢うどんは、小麦粉、塩、水沢の水だけで作られています。 (添加物は一切使用していません) 水沢うどんは、足で踏み、手でこねても、粉を殺さず、粘着力を出すように努め、茹で方も透明感が出たら揚げて水に入れてよくさらす。 今でもなお、この古くからの製法を守り、伝統ある水沢うどんの味をお伝えしております。 また、群馬、伊香保温泉近郊の水沢観音門下の松島屋の水沢うどんのポイントは、塩と水加減にあります。 国産小麦粉、塩、水沢山の湧き水を使い練り、 (練る事により、小麦粉の中に含まれるグルアジンとグルテニンが絡み合ってグルテンが出来る、このグルテンが大事なこしになります。 ) 生地を鍛え、寝かせる作業を数回繰り返して24時間かけて仕上げ、その日と次の日の天候を見極めて決めます。 水沢うどんの麺のコシは何度も足で踏むことによって出していくからです。 踏んで伸ばして10回繰り返し、切って天日に2度干して完成します。 当店の水沢うどんは、舌触りがやわらかくコシのある麺でその喉越しは絶妙です。 水沢うどんに旬の薬味を付け合せて冷たい汁で、寒い時期には汁を人肌に暖めて。 又、水沢うどんを水でさらさず釜から麺を直接あげる 釜あげ なども良くあいます。 水沢うどんの伝統の製法と水沢観音の門前で、 水沢山からの湧き水という清らかな水から生まれた「水沢うどん」の味わいを皆様にお届けいたします。 水沢うどんのコシの強さ、瑞々しさをどうぞご堪能ください。 群馬県のオススメ水沢うどん.

次の

日本三大うどんのひとつ「水沢うどん」の特徴と魅力

水沢 うどん

水沢うどん(みずさわうどん)とは、群馬県渋川市伊香保町水沢の名物料理。 讃岐うどん、稲庭うどんと並び、日本三大うどんのひとつとして挙げられています。 伊香保温泉街から車で10分程度と近く、温泉からの帰りに寄るのにも最適です。 今回は、初めての方にぴったりな水沢うどん元祖のお店、岡本太郎の芸術作品を見ながら食べられるお店、朝から営業しているお店、という特徴的なオススメの3店を厳選してご紹介致します。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:帆村 由花 水沢うどんの起源は、約400年前、水澤寺(水澤観音)の参詣客向けに上州産の小麦と水沢山から湧き出た名水でつくられた手打ちうどんが奉仕で出されていたことだとされています。 現在では、水澤寺近くに水沢うどんの店舗が立ち並び「水沢うどん街道」と呼ばれています。 その中でも水沢うどんの元祖と言われているのは、創業天正十年の「田丸屋」です。 初めて水沢うどんを食べる人にはオススメの1軒です。 伊香保温泉街から水沢うどん街道に入り、水澤観音を過ぎるとすぐに、風格のある立派な建物が見えてきます。 店舗の前には布袋様の大きな石像が立っています。 道を隔てて店舗の反対側には約100台分の駐車場があり、その駐車場の一角におみやげを売っている建物があります。 店舗に入ると鍵付きの下駄箱があり、そちらで靴を脱ぎます。 混み合っている際は、レジ前にある用紙に名前を記入して待ち合いスペースで待ちましょう。 店内はテーブル席とお座敷席があり、その数は350席ほどです。 回転率も良いので混んでいても比較的早く順番が回ってきますよ。 田丸屋のうどんは、厳選した小麦粉、水沢の水、天然塩、北海道礼文島産の利尻昆布、熟成された本枯れの鰹節などを使用。 シンプルな材料だからこそ、厳選された良質なものを使っているそうです。 写真は「もりうどん」です。 他のお店と比較すると麺はやや細め。 コシと弾力があり、もっちりとした程よい食感が楽しめます。 ぜひ食べてほしい田丸屋の胡麻つゆ 写真:帆村 由花 つゆは、醤油と胡麻がありますが胡麻がオススメ。 田丸屋の胡麻つゆは、最高級の金胡麻を丁寧に炒って作られた濃厚でクリーミーなつゆです。 胡麻つゆはおみやげ用に販売されていないので店舗で食べるしかありません。 この胡麻つゆが気に入って田丸屋に通われている人もいるんだとか。 両方のつゆを試してみたい方は、「二色つゆ」というメニューを頼むとどちらのつゆも楽しめますよ。 ちなみに、うどんが盛ってある特徴的な三角ザルは、茹でたての麺の水切りに最適な形なんだそうです。 決して上げ底をしているわけではないそうです。 田丸屋のおみやげうどんは、「半生うどん」と「生うどん」があります。 他のお店では生うどんはあまり見かけないので、すぐに食べる場合は田丸屋の生うどんを購入することをオススメします。 半生うどんでは味わえないおいしさですよ。 <基本情報> 住所:群馬県渋川市伊香保町水沢206-1 電話番号:0279-72-3019 アクセス:渋川伊香保ICから約20分(駐車場100台完備) 写真:帆村 由花 大澤屋第一店舗のお隣には「丹次亭」があります。 丹次亭は営業時間が8:30〜なので、遅めの朝食をとるのにもオススメです。 写真は「天ざるうんどん」です。 舞茸の天ぷらもありますが、お店のオススメは野菜の天ぷらだそうです。 麺は他のお店と比較するとやや太めで柔らかめ。 水沢うどんでは珍しく、麺の上に海苔が乗っています。 座席は、入口を入ってすぐにボックスのテーブル席、奥にはお座敷席の大広間があります。 駐車場も広いので入りやすいです。 <基本情報> 住所:群馬県渋川市伊香保町水沢192 電話番号:0279-72-3739 アクセス:渋川・伊香保IC渋川・沼田方面出口から約25分(駐車場60台完備).

次の

【水沢観音・水沢うどん街へ!】六角堂など見どころを写真付きで解説。

水沢 うどん

sponsored 元祖と言われる「田丸屋」へ 徒歩10分県内に12店舗もうどん屋が立ち並ぶ水沢うどん街。 どの店も評判が良く、悩ましい。 初めは知人からの推薦で「清水屋」に行く予定だったのですが、なんと寒いうどんしかないうえに、タレが麻のみとのこと。 今回は二人で旅行に来ているのでどうせならシェアして違う味を食べたい。 ということで暖かいうどんと、タレもバリエーションのある店をチョイスすることに。 僕らの要望に当てはまる店は数店舗あったのですが、今回はその中でも最も古くから営業していると言われる田丸屋で食事をいただくことにしました。 なんと1582年から400年以上続いているのだとか。 ちなみに向かいにはお土産屋さんが ちなみに向かいにはお土産屋さんがあります。 今回は昼食がメインでしたので寄りませんでしたが、お土産用に水沢うどんを購入できます。 こちらは15:30で閉まってしまうので、行くならば昼食前の方がいいかもしれません。 情緒ある雰囲気に圧倒 早速店に入るのですが、見た目から圧倒されました。 ジブリで見たことありそうな雰囲気。 店内も一つ一つの設備がしっかりと手入れされていることがわかります。 何と言ってもこの暖かさ。 寒さの中で凍えていた僕らにとってはまさに天国。 床もとても暖かい。 早速メニュー決め。 田丸屋はメニューが豊富で少し迷いましたが、当初の目的からブレずに二色うどんと暖かいうどんを注文しました。 コシのある水沢うどんに癒される 店内の温かみにうつろうつろしていると、料理が運ばれて来ました。 うんまそう・・・ まずは暖かいうどんから。 これがもう最高ね。 寒い中のうどんってなんであんなに幸せなんですか? 少しとろみのついたスープに汁気を吸い始めている麺、たっぷりとスープに浸された油揚げがコラボレーションして僕の口を埋め尽くします。 人参とごぼうの皮の天ぷら。 サクサクしていて食べやすい。 大根おろしを上に乗せて食べるのが最高なのです。 水沢うどんもいただこう。 しっかりとコシのある麺が醤油だれと絡む。 ずるっと口いっぱいに頬張るのが美味しいんですよね。 胡麻だれはとてもインパクトが強い。 こんなに香り高い胡麻だれをいただけるのは滅多にないかも。 食後もこの暖かい店内故になかなか足が外に向かない。 そんな僕たちにも店員さんは暖かいお茶を淹れてくれ、一言「ごゆっくりどうぞ」と声をかけてくれます。 なかなか東京のお店では味わえない優しさ。 店内の雰囲気にもその温かみが伝わって、非常に幸せな気分になれました。 あれだけお店がある中で400年以上続くのも納得。 また行きたいと思うのはその暖かさゆえでしょうか。

次の