住友商事株価。 住友商事(株)【8053】:信用残の時系列推移

高配当の商社株は買い時か?|5大総合商社(三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅)を徹底比較

住友商事株価

Contents• 2019年度の業績は? 上記が住友商事の2019年度の業績です。 残念ながら住友商事の業績は2018年度と比較すると1,492億円の減益となり1,714億円の黒字着地となりました。 前期比と比べると46. また、収益に関しては0. 住友商事としても2019年度は非常に厳しい決算であったことが伺えます。 スポンサードリンク 2020年度の業績予想は? 上記にも記載されているように住友商事は今期の業績を未定としています。 今回、住友商事のように今期の業績を未定としたのは三菱商事、豊田通商につづいて3社目となります。 いかに今期の業績の予想を立てることが難しいかわかりますね。 住友商事の配当金は? 上記が住友商事の配当金予定です。 正直、ここが一番驚きました。 もしかしたら勘の良い人は今期の配当金が80円だから減配しているんじゃないかと思いかもしれませんがそれは違います。 今期の配当金は通常の配当金70円に加え特別配当の10円を加味した上で80円の配当を出しています。 そのため、実質的今期は減配をしていません。 この発表のためか株価も決算後約100円ほど上昇して1,292円となっています。 そのため、今期の配当利回りは驚異の6. 個人的にも少し出しすぎな気が。。。 ちなみに2019年度の配当金は80円で配当性向は58. もちろん今期の業績は未定なのでわからないですが、業績が下振りになった場合は減配の可能性は高いので注意が必要です。 もし、住友商事に投資を考えている方がいたらこの辺りを参考にしてみてください。 スポンサードリンク まとめ ・2019年度は減収減益 ・2020年度の業績予想は未定 ・2019年度の配当性向は58. 今回、増益を発表したのは伊藤忠商事と豊田通商だけという結果となりました。 他は減収減益です。 正直、コロナの影響は商社にとって非常に大きかったことが伺えます。 逆に、それでも2019年度増益を発表した2社がいかにすごいのかもよくわかります。 今回、住友商事のよかった点をあげるとすれば減配を発表しなかったことにあると思います。 これは株主さんにとって朗報だったと思います。 ここで減配を発表しなかったのでなんとか今期はこの配当を維持して欲しいです! 他の商社に関しても分析した記事があるので興味がある方は是非参照してみてください。

次の

住友商事の株価分析。業績下方修正で配当減額、今後どうなるのか配当推移を確認【8053】

住友商事株価

この記事ではこんな疑問にお答えします。 「住友商事の株に興味があるけど、業績や財務はどうなんだろう?」• 「住友商事の株価は割安?割高?」 住友商事は 国内で総資産4位の総合商社です。 主に6つの事業部門(金属、輸送機・建機、インフラ、メディア・デジタル、生活・不動産、資源・化学品)を持ち、非鉄金属やCATV(具体的にはJCOM)などに強いです。 住友商事は 配当利回りが約5. 今の住友商事の株価は買い時と考えてよいでしょうか?でも株価分析希望が多かったので、調べてみました。 本記事では 住友商事の業績や財務内容、株価の割安さなどから、今の株価は買い時なのか?について私の考えを紹介します。 住友商事の売上高は2017年に急減していますが、これは会計上の定義が変わったことに伴うものです。 業績が急に悪化したわけではありません。 住友商事の業績をみるときは、売上高で見るとわかりにくいため、連続性がある経常利益で見るとよいです。 一般的に商社の業績は資源価格の影響を受けやすいです。 住友商事は競合他社に比べて事業ポートフォリオが分散されているほうですが、それでも2015~2016年に資源価格が急落したときは経常利益が急減しています。 2017年以降は急回復しており、今期の利益も高水準の計画となっていますが、その成長は安定的とは言いにくいです。 住友商事の業績はよくも悪くも 資源価格に左右されやすいため、投資する際は資源価格の推移に注意する必要があります。 住友商事の実績PBRの推移 住友商事のPBRは2018年に1. 0倍に近づいた時もありました。 しかし、その後は低下を続け、現在の PBRは約0. 62倍となっています。 PBRは1倍が解散価値(事業を清算したときに残る、帳簿上の価値)といわれ、下値の目安とされています。 住友商事のPBRは割安な水準です。 そのため、私が株価の割安さを判断するときは、 企業価値評価手法によって求めた理論株価を重視しています。 企業価値(理論株価)を計算する手法はいろいろありますので、自分の考え方に合った手法をとるとよいです。 私の場合は、 の財務分析ツールで使われている手法と基本的に同じ考え方であるため、前記ツールを参考値として使っています()。 住友商事、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産の売上高・経常利益の比較 会計基準の変更などによって、売上高は上下が大きいので、経常利益で比較するとよいです。 住友商事、三菱商事、三井物産の3社は2015~2016年の資源価格の急落に伴って、業績が急下降しています。 一方、伊藤忠商事は非資源分野に強いため、落ち込み幅が比較的少なく、安定的に経常利益が成長しています。 資源価格に敏感なのが苦手であれば伊藤忠商事、市況に敏感な点を逆に利用したいのならば三菱商事、三井物産、住友商事を選ぶとよさそうです。 投資指標の比較 住友商事、三菱商事、伊藤忠商事、三井物産の投資指標を比較した結果が以下です(引用:マネックス証券の銘柄スカウター)。 また、好調な業績を背景に、住友商事の配当金は年々増加しており、配当利回りは約5. 住友商事は高配当株投資に適した大型株です。 一方、住友商事などの商社株の業績は資源価格に左右されやすいです。 今後、もし景気が悪化して資源価格が下落した場合、住友商事の株価は低迷する可能性があります。 すでに住友商事の株価は割安な水準なので、将来の景気悪化をある程度織り込んでいると思いますが、どこまで業績が悪化するかはわかりません。 資源価格の先行きには注意が必要です。 銘柄選定の参考になれば幸いです。 会社名 おすすめの用途 当ブログの評価記事 SBI証券 何でも 楽天証券 投資信託 () マネックス証券 米国株 松井証券 ロボアドバイザー () auカブコム証券 日本株 GMOクリック証券 日本株 () 岡三オンライン証券 日本株 ライブスター証券 日本株 SBIネオモバイル証券 日本株 () ストリーム(株アプリ) 日本株 () LINE証券 日本株 () 以下では、日本株投資で特におすすめな証券会社として、以下の4つを紹介します。 :1株から少額投資できて、手数料も格安• :操作性が良くて、はじめての投資でも使いやすい(1株から少額投資可能)• :株式の取引手数料が無料(従来型の委託手数料について)• :最大手のネット証券でオールマイティーに便利 関連記事:• 格安な手数料で、1株から少額投資したいならSBIネオモバイル証券 日本株の通常の取引単位は100株(1単元)です。 住友商事の株価は1356. 大金を一度に投資すると、失敗したときのダメージが大きくなりますし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないという問題があります。 少額からリスク控えめに投資したいなら、 の単元未満株制度を使うとよいです。 なぜなら、 格安な月額手数料で、1株から何度でも売買できて便利だからです()。 SBIネオモバイル証券は2019年4月に営業開始した新興ネット証券ですが、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社なので、 信頼感もあります()。 あなたにおすすめの投資方法を診断します 長期投資にはいろいろな方法があり、 自分の性格や期待リターン、かけられる時間などによって、自分に適した投資方法は違います。 自分に合った方法がわからなくて、どうやって始めればいいかわからないという方は多いのではないでしょうか? そこで、 自分に合った投資方法を診断するツール「ロイガイド」を作りました。 最大5つの質問に答えるだけで、診断結果と今後必要なノウハウ(当サイトのコンテンツまとめ)が出るようになっています。 これから投資を始めたいという方や、投資がうまくいかなくて悩んでいるという方は、ぜひ診断してみてください()。 おすすめの投資方法診断ツール「ロイガイド」 以下の質問に順番に答えていってください。 前の質問に戻ることもできます。

次の

[8053]住友商事の株価・配当金・利回り

住友商事株価

みんかぶ予想株価は「1,343円で【買い】と評価されています。 みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の