ギガらくwi-fi 設定。 法人向けWi

評判がヤバイ?ギガらくWi

ギガらくwi-fi 設定

「1日3GBまで」といった制限なし• 「3日で10GB」といった制限もなし• ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線が使える ギガ使い放題のクラウドWiFiは、すでに多くの会社から発売されております。 そのほとんどが同じ端末(ルーター)、同じサービス内容です。 違いと言えば、運営会社、月額料金、端末補償内容の3つくらいになります。 ですので、この3点に注目した上で、問題がなければ申込みをすると良いでしょう。 「ギガWi-Fi」について、公式サイトを見るだけではわからない様々なデメリットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 「私的には問題ないかな」と納得してから申し込むようにしましょう。 ギガWi-Fi(公式):• 端末(ルーター)2種類から選べる• 月額料金はずっと変わらない• ルーターは無料レンタル• 最短2営業日で発送可能(佐川急便)• キャリア回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK) 端末(ルーター)2種類から選べる Wi-Fi機能のみを備えたシンプルなルーター「U2S」と、モバイルバッテリー機能などを備えた「G4」の2機種から選ぶことができます。 少しでも安く使いたい方はU2Sを、機能性を重視したい方はG4を選んでいますね。 ギガWi-Fiの選べるルーター U2S G4 月額料金 3,250円 3,480円 付加機能 なし モバイルバッテリー GoogleMap 翻訳アプリ トリップアドバイザー 月額料金はずっと変わらない 月額料金はずーっと定額です。 「初月だけ安い」とか「2年目から値上げする」といったことはありません。 ルーターは無料レンタル ルーターは無料でレンタルとなっています。 最初に端末代を払わなくていいので、初期費用を安く抑えることができますね。 最短2営業日で発送可能(佐川急便) 土日祝日を除き、基本的には 申し込みをした2営業日後に発送手配を行ってくれます。 早ければ4日後から使うことができますね。 配送は佐川急便となっています。 キャリア回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK) ドコモ、au、ソフトバンクの4G LTE回線を使用するので、全国どこでもつながります。 地下でも安心して使うことができるでしょう。 ソフトバンクの通信可能エリアはHP()にて確認することができます。 以上が「ギガWi-Fi」の特徴でした。 ギガWi-Fiの口コミ・評判 ギガWi-Fiの口コミ・評判を見ておきましょう。 いつもどおり回線速度に厳しいTwitterの方々の声を「」で調べました。 残念ながらTwitterで発見できた「業者以外」の口コミはありませんでした。 Twitterで話題になる場合は、だいたいが「悪評」です。 口コミが見つからないということは、特に悪い部分がないということの裏返しなのかもしれませんね。 また、口コミを発見次第、更新していきたいと思います。 続いては料金などの基本スペックを確認しておきましょう。 ギガWi-Fiの料金・ルータースペック・補償 「ギガWi-Fi」の料金・ルーターのスペックなどを確認しておきましょう。 ギガWi-Fi:2つの料金プラン ギガWi-Fiは端末(ルーター)ごとに2つの料金プランがあります。 ギガWi-Fiの違約金 ギガWi-Fiは2年以内に解約すると違約金が発生します。 2年後にはもっと良いポケットWi-Fiが出ている可能性が非常に高いので、更新月に解約することをおすすめします。 ギガWi-Fiの違約金 0~24ヶ月目 18,000円 更新月 0円 26ヶ月~ 9,500円 Wi-Fi安心サービス(端末補償)の概要 端末の故障、破損、水没、全損、盗難・紛失時に 2,726円でリファブリッシュ品と交換することができます。 解約後の再加入は不可。 補償未加入の状態でルーターを壊してしまった場合、 ルーターの再購入費用は30,000円となります。 万が一に備えて、補償は加入することをおすすめします。 モバイルルーターの仕様 「ギガWi-Fi」のモバイルルーターは、クラウドWiFiとして定番の「U2S」と「G4」になります。 製品としての実績と信頼は問題ないでしょう。 ですが、実効速度としては20~40Mbps程度出るので、ポケットWi-Fiとしては十分です。 回線はドコモ、au、ソフトバンクのLTE 他の「クラウドWiFi」と同じく、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使用します。 ただし、ほとんどソフトバンク回線にしかつながらないと思われます。 クラウドWiFiが、この価格帯でサービスを提供できているのはソフトバンクのおかげだからです。 ドコモやauの回線にはほとんどつながらないと思ったほうがよいでしょう。 ギガWi-Fiは海外でもそのまま使える ギガWi-Fiのルーターは、設定も手続きも不要で海外でそのまま使えます。 わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。 アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。 >> 以上が「ギガWi-Fi」の特徴でした。 最後に、絶対見落としできない5つのデメリットについて解説します。 ギガWi-Fi 5つのデメリット 「ギガWi-Fi」5つのデメリットについて解説します。 申し込む前に必ずチェックしてください。 実はギガ無制限ではない(上限150GB)• 初月が日割りにならない• 2年ごとの自動更新• 補償未加入時の再購入費用が高い• ベネフィット社との提携サービスである 実はギガ無制限ではない 実のことを言うと、ギガWi-Fiはギガ無制限ではありません。 直接電話で確認したところ「上限150GBまで」と言われました。 Twitterでも、同じことを聞かされた方を発見。 今日かけたら繋がるけど誰も出ない。 — ぽんさん pon3ponpon33 「ギガ無制限」を謳っておきながら「実は150GBまで」というのは印象として良くないですよね。 確かに月150GBも使えれば、ほとんどの方は足りると思います。 とはいえ、だったら最初から「月150GBまで」と記載して欲しいですよね。 初月が日割りにならない 初月の料金は日割りではなく1ヶ月必要です。 月途中に申し込むと損になってしまいますね。 なるべく月初に申し込むようにしましょう。 2年ごとの自動更新 「ギガWi-Fi」は2 年ごとの自動更新となっています。 2年も経てばもっとコスパの良いポケットWiFiが発売されている可能性があります。 2年後に解約して乗り換えるか、継続して使い続けるか判断すると良いでしょう。 補償未加入時の再購入費用が高い 端末補償が月額400円、さらに補償内容に水没や盗難まで含まれているのはかなりメリットです。 ですが、補償に加入しなかった場合の、 端末再購入費用が30,000円もします。 万が一のことを考えれば、補償には加入しておいた方が良さそうですね。 ベネフィット社との提携サービスである 「ギガWi-Fi」の運営会社は「メディアサービス」という東京の会社になります。 ですが、実際のサービス提供元は「」という会社です。 ルーターも「ベネフィットジャパン」から送られてきます。 もちろん問い合わせ先は「ギガWi-Fi(メディアサービス)」になるのですが、ちょっとわかりにくいのが気になりますね。 以上が「」5つの注意点(デメリット)でした。 「ぜひ使ってみたい!」という方は、よく検討してから申し込むようにしましょう。 まとめ:毎月150GBまでで足りるなら月額最安のクラウドWiFi ギガ無制限ではありませんが、月150GBも使えて月額3,250円は非常にコスパに優れています。 初月が1ヶ月分かかってしまうので、なるたけ月初に申し込むか、月初に送付してもらうようにお願いしましょう。 お急ぎの方はお気をつけください。 「他のクラウドWiFiと比較したい」 という方は、こちらの記事を参考にしてください。 ポケットWi-Fi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくはからお気軽にメッセージをお寄せください。 なる早で返答させていただきます。 しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。 ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。

次の

NTT|ギガらくWi

ギガらくwi-fi 設定

ギガらくWi-Fiのプランは何が違う? おすすめはどれ? この記事では、 ギガらくWi-Fiのプランを比較して 、おすすめプランを解説していきます。 ギガらくWi-Fiは、NTT東日本が提供する 法人向けのサポート付きWi-Fiサービスです。 そしてギガらくWi-Fiには、3つのプランがあります。 でも3つのプランの違いが分からない人が、意外に多いのではないでしょうか。 結論から言えば、大きな機能に違いはないので、 格安法人向けWi-Fiである ギガらくWi-Fiライトプランをまずは試してほしい。 この記事では、ギガらくWi-Fiのプランを比較して、ギガらくWi-Fiライトプランをおすすめする理由を解説していきます。 4GHz帯) 通信速度 最大1. 3Gbps 最大1. 3Gbps 最大867Mbps 同時接続数 50台 50台 30台 SSID数 15個 8個 8個 消費電力 最大20W 最大13W 最大12W 大きさ W:250mm D:160mm H:37mm W:220mm D:220mm H:35mm W:170mm D:170mm H:28mm 重さ 0. 7kg 0. 9kg 0. 3kg 付属品 ACアダプタ、LANケーブル ヘルプ デスク 365日 9時~21時 この表からわかるように、ギガらくWi-Fiのハイエンドプラン、ベーシックプランは、月額費用は違うものの、通信速度や端末接続数は同じ。 どちらも 通信速度は最大1. 3Gbps、同時接続台数は50台と、法人向けWi-Fiサービスとして申し分のない機能です。 一方、ギガらくWi-Fiのライトプランは、月額費用が2,000円、解約金が5,000円とコストパフォーマンスは高いですが、 通信速度は最大867Mbps、同時接続台数は30台と機能面ではハイエンドプラン、ベーシックプランよりも劣ります。 基本的な各プランの違いは上記の表ですが、実はギガらくWi-Fiはもっと高性能な法人向けプラン。 ただのWi-Fiが使えるアクセスポイントではありません。 実際は上記に加えて、 次のような機能の違いが各プランにあります。 「でも機能をこれだけ並べられても、何が必要なのか分からない。 」 多くのユーザーがこうした疑問を感じるはず。 実際にはこれらすべての機能を使うなんて、ほとんどいないはずです。 ギガらくWi-Fiは、次の機能さえあれば十分な価値があります。 同時接続数• 通信速度• コスト まず同時に接続する台数を想定します。 もし30台以上ならベーシックプラン、30台以下ならライトプランになります。 同時接続数はWi-Fiを使い安定した通信を確保できるかにも影響するため、実際の使用状況によって選ぶのをおすすめします。 また30台以下の場合でも、通信速度が業務に影響する場合は、ベーシックプランをおすすめします。 動画などの容量の大きいファイルをダウンロードしたり、アップロードしたりするなどの場合は、多少コストはかかってもベーシックプランを申し込みましょう。 そして最後にコストです。 同時接続数や通信速度などを優先して、現場が使いやすいWi-Fiを選ぶようにしてください。 コストを優先して機能面で劣っていたら、せっかくギガらくWi-Fiを申し込んでももったいない。 実際の使用環境に適応するギガらくWi-Fiを選び、快適なWi-Fi環境を優先しましょう。 ギガらくWi-Fiのおすすめは「ライトプラン」 どのプランを申し込めばいいか分からない人は、 ギガらくWi-Fiライトプランがおすすめです。 ギガらくWi-Fiライトプランを おすすめする理由は次の3つ。 違約金が5,000円と圧倒的に安い• 月額費用が安い• 機能は他のプランと比べて申し分ない ギガらくWi-Fiライトプランは、ハイエンドプラン、ベーシックプランと比べて、 違約金が圧倒的に安いです。 ハイエンドプラン、ベーシックプランは2年間、もしくは5年間の最低利用期間があり、利用残月数の月額費用が掛かります。 しかしライトプランの違約金は一律5,000円と圧倒的に安い。 この違約金なら、初めて法人向けWi-Fiを使う方や、ギガらくWi-Fiを検討される方にはまずは試してほしいです。 そして月額費用も2,000円と格安。 これでNTT東日本のサポートサービスが付くなら、十分ではないでしょうか。 法人にIT専門の担当者がいる企業は、ある程度の規模がある企業だけ。 実際には総務部や経理部などの担当者が、サブ業務として引き受けている場合も多いはず。 そのためこうしたサポートのあるサービスを申し込んでおけば、トラブル等の発生時に頼れる先があるので安心です。 ギガらくWi-Fiライトプランは、通信速度や同時接続数などのスペックがハイエンドプランやベーシックプランと比べ若干低いですが、実際の使用時にその違いを感じることはほとんどないはずです。 そのくらいの違いなので、もしライトプランの性能の低さが気になる人でも、まずはライトプランを使ってみてもらうことをおすすめします。 まとめ この記事では、ギガらくWi-Fiのプランの違いを解説してきました。

次の

NTTを名乗る営業電話に要注意【ギガらくWi

ギガらくwi-fi 設定

「1日3GBまで」といった制限なし• 「3日で10GB」といった制限もなし• ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線が使える ギガ使い放題のクラウドWiFiは、すでに多くの会社から発売されております。 そのほとんどが同じ端末(ルーター)、同じサービス内容です。 違いと言えば、運営会社、月額料金、端末補償内容の3つくらいになります。 ですので、この3点に注目した上で、問題がなければ申込みをすると良いでしょう。 「ギガWi-Fi」について、公式サイトを見るだけではわからない様々なデメリットをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 「私的には問題ないかな」と納得してから申し込むようにしましょう。 ギガWi-Fi(公式):• 端末(ルーター)2種類から選べる• 月額料金はずっと変わらない• ルーターは無料レンタル• 最短2営業日で発送可能(佐川急便)• キャリア回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK) 端末(ルーター)2種類から選べる Wi-Fi機能のみを備えたシンプルなルーター「U2S」と、モバイルバッテリー機能などを備えた「G4」の2機種から選ぶことができます。 少しでも安く使いたい方はU2Sを、機能性を重視したい方はG4を選んでいますね。 ギガWi-Fiの選べるルーター U2S G4 月額料金 3,250円 3,480円 付加機能 なし モバイルバッテリー GoogleMap 翻訳アプリ トリップアドバイザー 月額料金はずっと変わらない 月額料金はずーっと定額です。 「初月だけ安い」とか「2年目から値上げする」といったことはありません。 ルーターは無料レンタル ルーターは無料でレンタルとなっています。 最初に端末代を払わなくていいので、初期費用を安く抑えることができますね。 最短2営業日で発送可能(佐川急便) 土日祝日を除き、基本的には 申し込みをした2営業日後に発送手配を行ってくれます。 早ければ4日後から使うことができますね。 配送は佐川急便となっています。 キャリア回線なので、全国どこでも使える(地下でもOK) ドコモ、au、ソフトバンクの4G LTE回線を使用するので、全国どこでもつながります。 地下でも安心して使うことができるでしょう。 ソフトバンクの通信可能エリアはHP()にて確認することができます。 以上が「ギガWi-Fi」の特徴でした。 ギガWi-Fiの口コミ・評判 ギガWi-Fiの口コミ・評判を見ておきましょう。 いつもどおり回線速度に厳しいTwitterの方々の声を「」で調べました。 残念ながらTwitterで発見できた「業者以外」の口コミはありませんでした。 Twitterで話題になる場合は、だいたいが「悪評」です。 口コミが見つからないということは、特に悪い部分がないということの裏返しなのかもしれませんね。 また、口コミを発見次第、更新していきたいと思います。 続いては料金などの基本スペックを確認しておきましょう。 ギガWi-Fiの料金・ルータースペック・補償 「ギガWi-Fi」の料金・ルーターのスペックなどを確認しておきましょう。 ギガWi-Fi:2つの料金プラン ギガWi-Fiは端末(ルーター)ごとに2つの料金プランがあります。 ギガWi-Fiの違約金 ギガWi-Fiは2年以内に解約すると違約金が発生します。 2年後にはもっと良いポケットWi-Fiが出ている可能性が非常に高いので、更新月に解約することをおすすめします。 ギガWi-Fiの違約金 0~24ヶ月目 18,000円 更新月 0円 26ヶ月~ 9,500円 Wi-Fi安心サービス(端末補償)の概要 端末の故障、破損、水没、全損、盗難・紛失時に 2,726円でリファブリッシュ品と交換することができます。 解約後の再加入は不可。 補償未加入の状態でルーターを壊してしまった場合、 ルーターの再購入費用は30,000円となります。 万が一に備えて、補償は加入することをおすすめします。 モバイルルーターの仕様 「ギガWi-Fi」のモバイルルーターは、クラウドWiFiとして定番の「U2S」と「G4」になります。 製品としての実績と信頼は問題ないでしょう。 ですが、実効速度としては20~40Mbps程度出るので、ポケットWi-Fiとしては十分です。 回線はドコモ、au、ソフトバンクのLTE 他の「クラウドWiFi」と同じく、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使用します。 ただし、ほとんどソフトバンク回線にしかつながらないと思われます。 クラウドWiFiが、この価格帯でサービスを提供できているのはソフトバンクのおかげだからです。 ドコモやauの回線にはほとんどつながらないと思ったほうがよいでしょう。 ギガWi-Fiは海外でもそのまま使える ギガWi-Fiのルーターは、設定も手続きも不要で海外でそのまま使えます。 わざわざ海外旅行用でポケットWi-Fiをレンタルする必要はありません。 アジア、アメリカ、ヨーロッパなど、世界中で使うことができます。 >> 以上が「ギガWi-Fi」の特徴でした。 最後に、絶対見落としできない5つのデメリットについて解説します。 ギガWi-Fi 5つのデメリット 「ギガWi-Fi」5つのデメリットについて解説します。 申し込む前に必ずチェックしてください。 実はギガ無制限ではない(上限150GB)• 初月が日割りにならない• 2年ごとの自動更新• 補償未加入時の再購入費用が高い• ベネフィット社との提携サービスである 実はギガ無制限ではない 実のことを言うと、ギガWi-Fiはギガ無制限ではありません。 直接電話で確認したところ「上限150GBまで」と言われました。 Twitterでも、同じことを聞かされた方を発見。 今日かけたら繋がるけど誰も出ない。 — ぽんさん pon3ponpon33 「ギガ無制限」を謳っておきながら「実は150GBまで」というのは印象として良くないですよね。 確かに月150GBも使えれば、ほとんどの方は足りると思います。 とはいえ、だったら最初から「月150GBまで」と記載して欲しいですよね。 初月が日割りにならない 初月の料金は日割りではなく1ヶ月必要です。 月途中に申し込むと損になってしまいますね。 なるべく月初に申し込むようにしましょう。 2年ごとの自動更新 「ギガWi-Fi」は2 年ごとの自動更新となっています。 2年も経てばもっとコスパの良いポケットWiFiが発売されている可能性があります。 2年後に解約して乗り換えるか、継続して使い続けるか判断すると良いでしょう。 補償未加入時の再購入費用が高い 端末補償が月額400円、さらに補償内容に水没や盗難まで含まれているのはかなりメリットです。 ですが、補償に加入しなかった場合の、 端末再購入費用が30,000円もします。 万が一のことを考えれば、補償には加入しておいた方が良さそうですね。 ベネフィット社との提携サービスである 「ギガWi-Fi」の運営会社は「メディアサービス」という東京の会社になります。 ですが、実際のサービス提供元は「」という会社です。 ルーターも「ベネフィットジャパン」から送られてきます。 もちろん問い合わせ先は「ギガWi-Fi(メディアサービス)」になるのですが、ちょっとわかりにくいのが気になりますね。 以上が「」5つの注意点(デメリット)でした。 「ぜひ使ってみたい!」という方は、よく検討してから申し込むようにしましょう。 まとめ:毎月150GBまでで足りるなら月額最安のクラウドWiFi ギガ無制限ではありませんが、月150GBも使えて月額3,250円は非常にコスパに優れています。 初月が1ヶ月分かかってしまうので、なるたけ月初に申し込むか、月初に送付してもらうようにお願いしましょう。 お急ぎの方はお気をつけください。 「他のクラウドWiFiと比較したい」 という方は、こちらの記事を参考にしてください。 ポケットWi-Fi選びに関して、何か質問・相談がある方はコメント欄もしくはからお気軽にメッセージをお寄せください。 なる早で返答させていただきます。 しかしながら掲載された情報の正確性を保証するものではなく、関連して生じた一切の損害について当社は責任を負いません。 ご契約の際には必ずご自身で内容をご確認ください。

次の