ダイナブック タッチパッド 右クリック。 ノートPCをもっと便利に! Windows 10のタッチパッドジェスチャー|大塚商会

Windows10搭載ノートパソコンのタッチパッドの使い方(ZenBook Flip使用)

ダイナブック タッチパッド 右クリック

スマホ以上に多機能なタッチ操作が可能 こちらがZenBook Flip UX360UAのキーボードおよびタッチパッドです。 キーボードにはバックライトが搭載されており、オシャレなだけでなく暗い場所でもタイピングが可能ですが、電力を節約したい時はFnキーを押しながらF3、F4キーで明るさを調節できます。 それとタッチパッドの右上にある小さな四角い凹みは指紋認証で、Windows Helloに使用します。 このあたりも記事の最後にオマケとして解説します。 何はともあれ、まずはスタートボタンを押して「設定(歯車)」を選びます。 「デバイス」を選び、 「タッチパッド」に進みます。 ここからパッドの感度などを調節できるので、操作にストレスを感じている場合は弄ってみると良いでしょう。 このあたりのジェスチャー操作はノートPCを使う人にとっては半ば当たり前なものもあります。 ほとんど唯一の違いとして「 指1本で動かせるのはマウスカーソルであって画面ではない」ことを除けば、基本的にはスマホのタッチパネルと同じ操作になります。 もう1つの大きな違いは 「長押し」が無いことでしょうかネ。 かわりにダブルタップしたまま引っ張ることでドラッグ&ドロップを行います。 個人的にずっと悩んでたんですが、PCのタッチパッドにはマウスのホイールに相当するボタンがありませんよね。 右クリックとスクロールは指2本でできるけどホイールクリックができないので、ウェブページのリンクを開く時なんかに苦労します。 同様にフォルダアイコンをホイールクリックすると新しいウィンドウで開きます。 ポップアップを呼び出すものなど一部のリンクでは動きませんが、調べ物をする時右クリックがいらないのですこぶる便利ですヨ! タッチパッドにホイールクリックを割り当てるには、「3本指ジェスチャ」の「タップ」に「 マウス中央のボタン」を指定します。 また3本指で上下左右に動かした時にもそれぞれ機能が割り当てられているので、覚えておくと良いでしょう。 4本指で仮想デスクトップの切替えもできる! 4本指での操作にもジェスチャーが割り当てられています。 スマホも一時期10点マルチタッチ方式のタッチパネルとかがフォーカスされたことがありますが、まぁ基本使わないよねw でもPCではジェスチャーが豊富にあると重宝します。 基本的には3本指の時と同じ機能が割り当てられていますが、大きな違いとして 4本指では仮想デスクトップの切替えができるようになっています。 (左右スワイプ時) Windows10の「仮想デスクトップ」とは、その名の通りデスクトップ画面(別の言い方をすればホーム画面)を仮想的に複数作るものです。 こんな感じで1つのモニターに複数のデスクトップ画面を置き、用途に応じて切り替えることができます。 いくつものアプリを同時に起動してタスクバーがギュウギュウになっちゃってたり、Chromeを複数ウィンドウ開く場合にも重宝します。 仮想デスクトップについてはこれまでも何度か紹介していますのでよかったらドーゾ。 これがノートPCだと指4本でスワイプするだけで切り替えられるんだから驚きです。 他にも、指4本のタップ動作にCortanaを呼び出すボタンなども指定できます。 ポータブルな軽量ノートで外出先で使うことが多く、マウスを持ち歩くのが面倒な方におすすめの機能です。 オマケ:ZenBook Flipのファンクションキーアクション キーボードのファンクションキー(F1~F12キーのこと)には他の機能が割り当てられていることが多く、印字も色が変わっていたり、数字やアルファベットではなく記号が使われていたりします。 ZenBook Flipのファンクションキーは次の通りです。 F1 スリープ F2 機内モード F3 キーボードのバックライトの輝度を下げる F4 キーボードのバックライトの輝度を上げる F5 ディスプレイの輝度を下げる F6 ディスプレイの輝度を上げる F7 ディスプレイの輝度をゼロにする?(スリープ) F8 マルチモニター時の出力設定 F9 タッチパッドのロック(無効化)切替え F10 ボリュームミュート F11 ボリュームを下げる F12 ボリュームを上げる これらの機能を使う時は、キーボードのファンクションキー「Fn」を押しながら対応したFキーを押します。 ZenBook Flip以外の製品だと音楽コントロール機能なんかが搭載されたものも多いですね。 デスクトップ用キーボードにも搭載されているものもあります。 指紋をパソコンに登録することで、スリープからの復帰時などにパスワードやPINコードを入力するかわりに指紋でログオンできるようになる機能です。 また指紋だけでなく、ウェブカメラを使った顔認証や虹彩認証(対応製品の場合)も行うことができます。 正直ZenBook Flipの指紋リーダーの精度はXperia X Performanceよりも悪く、数回タッチしないと認識してくれないことが多いですが、それでもPINを入力するよりも遥かに簡単にログオンできてます。 もし今お使いのPCにトラックパッドがついている、ファンクションキーに記号が印字されている、指紋リーダーや虹彩認証カメラがついている場合はお試しください。 そんな感じ。

次の

タッチパネルの使いかた<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

ダイナブック タッチパッド 右クリック

Q キーボードで右クリックの代わりができればいいと 思うのですが、うまくいかないときがあって困って います。 ですが、これらのキーで操作しても、マウスの右クリック と同じ役割をしてくれないときがあって困っています。 リンクにマウスオーバーしたときに、どう違うか比較して みます。 左側の図が、マウスで右クリックしたときに現れるメニュー です。 リンクについていろいろ辿れます。 ところが、キーボードで行うと、右側の図のようになります。 キーボードを操作して、リンクを辿ることができません。 キーボード操作でも、ちゃんとリンクが辿れるようなメニューが 現れるようにするには、どのようにすればいいのでしょうか。 教えてもらえると助かります。 ちなみに、OSはWindows7、パソコンはアスースのK53Tです。 A ベストアンサー No. 2の補足です。 私のPC環境の XP,Vista,Win7,Win8(評価版)でも確認していますので, Windowsの問題ではないと思います。 違いがあるとすれば下記のようなことが考えられます。 1 キーボードが標準キーボード違う。 (マイクロソフトの標準と異なる) 2 キーマップを変更するようなソフトをインストールしている。 (マイクロソフトの標準と異なる) 3 その他,キー操作に関するカスタマイズを行なっている。 A ベストアンサー これタッチパネルじゃなくて、トラックパッドじゃないでしょうか? 画面を触って文字を指定するのが、タッチパネル。 銀行のATMがこれです 四角いところを指でなぞってマウスを動かすのがトラックパッド。 最近のノートパソコンに付いているのがコレです マウスと同じで文字の選択はできますよね? 後は、マウスと同じように右ボタンでメニューを表示させてコピー、ペースト できます。 あと、マウスだとマウスカーソルを起動したいアイコンを選択して左ボタンを ダブルクリックしますが、トラックパッドの場合、アイコンの上にマウスカーソル をもっていき、トラックパッドを2回叩くような感じでトントンとすると 起動することができます。 まぁ、トラックパッドを使うには慣れが必要でしょうね。 ちなみに、トラックパッドの右端に指を置いて上下することで上下にスクロール できたりする便利な機能を持ったものもあります。 A ベストアンサー UBSメモリに保存の操作(例) 1 名前を付けて保存します。 2 USBメモリを装着します。 3 ファイルが保存されたフォルダを 普通は、「ドキュメント」)を開きます。 6 USBメモリを抜き取ります。 USBメモリからデータを読み出す操作(例) 1 USBメモリを装着します。 2 「フォルダを開く」を選択して「OK」を押します。 (自動的に展開される場合もあります。 ) 3 目的のファイルを選択して、右クリックから「コピー」を選択します。 4 ディスクトップなど分かりやすいフォルダを開いて、右クリックから「貼り付けします。 5 コピーされたファイルをダブルクリックなどで開きます。 6 編集作業の途中と作業の最終には「上書き保存」します。 htm UBSメモリに保存の操作(例) 1 名前を付けて保存します。 2 USBメモリを装着します。 3 ファイルが保存されたフォルダを 普通は、「ドキュメント」)を開きます。 A ベストアンサー こんばんは。 マウス自体の故障か、ソフトのなんらかのトラブルか切り分けてみましょう。 マウスのプロパティ画面が表示されるので、ボタンタブを選択します。 なお、以下の確認が済むまでプロパティ画面が閉じないでください。 チェックマークが付くはずです。 チェックマークが外れればマウスは正常なので、#2さんの通りリセットして様子を見てください。 右クリックしてチェックマークが外れなければ、マウスの故障と思います。 マウスのプロパティ画面は、キーボードのESCキーを押して閉じてください。 カチカチと鳴っている場合はスイッチが故障していると思われます。 保障期間内であれば無償修理を、そうでなければ修理より買い替えが良いかと思います。 (長々と判りづらい文章ですみません。 ご参考になれば幸いです。 ) こんばんは。 マウス自体の故障か、ソフトのなんらかのトラブルか切り分けてみましょう。 マウスのプロパティ画面が表示されるので、ボタンタブを選択します。 なお、以下の確認が済むまでプロパティ画面が閉じないでください。 チェックマークが付くはずです。

次の

Windows 10(タッチパネルでの基本的な操作方法)

ダイナブック タッチパッド 右クリック

電源を入れてWindowsを起動すると、パソコンのディスプレイに矢印マークが表示されます。 これを「ポインタ」といい、操作の開始位置を示しています。 この「ポインタ」を動かしながらパソコンを操作していきます。 図2 【操作にあたって】 タッチパッドを強く押さえたり、ボールペンなどの先の鋭いものを使わないでください。 タッチパッドが故障するおそれがあります。 ポインタを動かす> 操作を始める位置を示すポインタ。 タッチバッドに置いた指の方向にあわせて動きます。 指を上下左右に動かして、ポインタが指の動きのとおりに動くことを確認してください。 指がタッチパッドの端まできてしまい、それ以上動かせなくなったときは、いったん指を離してから、タッチパッドの中央に置きなおして操作します。 図3 <2. クリックする> アイコン、文字などを選択するときに使います。 ポインタを目的のアイコンや文字などの位置にあわせて、左ボタンを1回押します。 アイコンなどを選択すると、色が変わります。 これを「反転表示」といいます。 図4 <3. ダブルクリックする> ダブルクリックすると、ファイルを開いたりアプリケーションを起動できます。 ポインタを目的の位置にあわせて、左ボタンをすばやく2回押します。 図5 <4. 右クリックする> 右クリックすると、メニューが表示され、そこから行ないたいことをクリックして選択できます。 ポインタを目的の位置にあわせて、右ボタンを1回押します。 図6 <5. ドラッグアンドドロップする> ドラッグアンドドロップをすると、アイコンやウィンドウを移動したり、複数の文字やアイコンを選択したりできます。 ポインタを目的の位置にあわせて、左ボタンを押したまま、別の指でタッチパッドでポインタを動かします ドラッグ。 ポインタが目的の位置に移動したら、左ボタンから指をはなします ドロップ。 図7 <6. スクロールする> スクロールとは画面を動かすことです。 スクロールすると画面に表示しきれない部分を見ることができます。 タッチパッドの右辺に指をおいて上下に動かすと、上下にスクロールします。 タッチパッドの下辺に指をおいて左右に動かすと、左右にスクロールします。 図8 <7. タッピング機能> タッチパッドを指で軽くたたくことをタッピングといいます。 タッピング機能を使うと、左ボタンを使わなくても、次のような基本的な操作ができます。 ドラッグアンドドロップ タッチパッドを続けて2回たたき、2回目はタッチパッドから指をはなさずに目的の位置まで移動し、指をはなします。 図10 関連情報• 2本指でタッチパッドを操作する方法は、以下のリンクを参照してください。 3本指でタッチパッドを操作する方法は、以下のリンクを参照してください。 マウスの基本的な使いかたは、以下のリンクを参照してください。

次の