クレープ 手作り。 食事からデザートまで!クレープの人気レシピ20選

クレープ作り(ひまわり・さくら組)

クレープ 手作り

クレープの発祥はフランスのブルターニュ地方と言われています。 ここは土地が痩せており小麦粉が栽培できなかったため、蕎麦が常食されていました。 そこで食べられていたそば粉で作ったガレットという料理がクレープの元です。 しかし私たちがクレープと言って思い浮かべる生クリームや果物をたっぷり巻いたものは、意外にも日本で生まれたものと言われています。 この記事では、クレープの基礎知識に加え、まずは基本のクレープレシピ・アレンジクレープレシピ・食事系クレープレシピ・HM(ホットケーキミックス)のクレープレシピ・市販品を使ってクレープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ料理のレパートリーに取り入れてみてくださいね。 クレープ生地の作り方について クレープの生地の作り方はさまざまですが、基本は薄力粉・卵・砂糖・牛乳・塩・無塩バターで作ります。 作り方は、まずボウルに卵を割り入れ静かに溶き、そこに砂糖、塩を入れて混ぜてから牛乳を半分だけ入れます。 少し混ぜたらそこに薄力粉を振るいながら入れて、ダマがない滑らかな状態になるまで泡だて器でよく混ぜます。 ここで少し固めの生地に仕上がるのが理想。 いきなりゆるく作るよりも失敗しません。 そこに溶かしバターを入れて、ザルなどで漉してから30分ほど寝かせます。 寝かせることで粉っぽさがなくなる上、グルテンが安定して伸びが良くなり破れにくい生地になります。 薄力粉は上質の粉が細かいものを選びましょう。 口当たりのよい柔らかな生地に仕上がります。 もちもちした食感が好みなら強力粉を使って作りましょう。 クレープの作り方について 生地ができて焼き始めても、破れてしまったりひっくり返せなかったりと、クレープを作る時の失敗はいろいろ。 専門店ならクレープ用の鉄板があり、生地を丸く均等に伸ばすための道具があったりするのですが、 家庭ではそうはいきません。 でもコツさえつかめば、家庭のフライパンでも十分おいしいクレープは作れます。 まずフライパンに油を引いたら強火で十分に熱し、少し冷ましてから生地を流し入れます。 この時フライパンが熱すぎると生地に気泡ができてしまうので注意。 生地を全体に伸ばしたら、表面が乾き裏面がキツネ色になるまで焼きます。 焼けて端が縮れてきたら、手や菜ばしなどを使って一気にひっくり返します。 ここでもたつくと破れたり折り重なってしまったりするので、思い切りよくやりましょう。 あとは裏側も焼いて完成です。 ポイントを押さえてお店のようなクレープを作りましょう。 フランスのレシピ本をアレンジしたというクレープのレシピです。 作り方は、強力粉と砂糖、卵を混ぜ合わせたら牛乳を少しずつ注いで生地を作ります。 混ぜながら溶かしバターを加えた後、最低30分は寝かせます。 その後、弱めの中火にかけたフライパンで焼いて完成です。 この作り方だと少し厚めのクレープに仕上がるので、薄くしたい時は強力粉を減らしましょう。 材料4つで簡単に作るクレープ生地のレシピです。 作り方は、薄力粉と砂糖を混ぜたら半量の牛乳を加えます。 卵を加えたら残りの牛乳を加えて混ぜ合わせたら生地の完成。 あとはフライパンで薄く伸ばして焼いていくだけです。 コツは材料を加える順番。 この順番さえ守って泡だて器で混ぜていけば、簡単に滑らかな生地ができあがります。 つくれぽ数3500越えの人気レシピ。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

クレープ作り(ひまわり・さくら組)

クレープ 手作り

クレープの発祥はフランスのブルターニュ地方と言われています。 ここは土地が痩せており小麦粉が栽培できなかったため、蕎麦が常食されていました。 そこで食べられていたそば粉で作ったガレットという料理がクレープの元です。 しかし私たちがクレープと言って思い浮かべる生クリームや果物をたっぷり巻いたものは、意外にも日本で生まれたものと言われています。 この記事では、クレープの基礎知識に加え、まずは基本のクレープレシピ・アレンジクレープレシピ・食事系クレープレシピ・HM(ホットケーキミックス)のクレープレシピ・市販品を使ってクレープレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ料理のレパートリーに取り入れてみてくださいね。 クレープ生地の作り方について クレープの生地の作り方はさまざまですが、基本は薄力粉・卵・砂糖・牛乳・塩・無塩バターで作ります。 作り方は、まずボウルに卵を割り入れ静かに溶き、そこに砂糖、塩を入れて混ぜてから牛乳を半分だけ入れます。 少し混ぜたらそこに薄力粉を振るいながら入れて、ダマがない滑らかな状態になるまで泡だて器でよく混ぜます。 ここで少し固めの生地に仕上がるのが理想。 いきなりゆるく作るよりも失敗しません。 そこに溶かしバターを入れて、ザルなどで漉してから30分ほど寝かせます。 寝かせることで粉っぽさがなくなる上、グルテンが安定して伸びが良くなり破れにくい生地になります。 薄力粉は上質の粉が細かいものを選びましょう。 口当たりのよい柔らかな生地に仕上がります。 もちもちした食感が好みなら強力粉を使って作りましょう。 クレープの作り方について 生地ができて焼き始めても、破れてしまったりひっくり返せなかったりと、クレープを作る時の失敗はいろいろ。 専門店ならクレープ用の鉄板があり、生地を丸く均等に伸ばすための道具があったりするのですが、 家庭ではそうはいきません。 でもコツさえつかめば、家庭のフライパンでも十分おいしいクレープは作れます。 まずフライパンに油を引いたら強火で十分に熱し、少し冷ましてから生地を流し入れます。 この時フライパンが熱すぎると生地に気泡ができてしまうので注意。 生地を全体に伸ばしたら、表面が乾き裏面がキツネ色になるまで焼きます。 焼けて端が縮れてきたら、手や菜ばしなどを使って一気にひっくり返します。 ここでもたつくと破れたり折り重なってしまったりするので、思い切りよくやりましょう。 あとは裏側も焼いて完成です。 ポイントを押さえてお店のようなクレープを作りましょう。 フランスのレシピ本をアレンジしたというクレープのレシピです。 作り方は、強力粉と砂糖、卵を混ぜ合わせたら牛乳を少しずつ注いで生地を作ります。 混ぜながら溶かしバターを加えた後、最低30分は寝かせます。 その後、弱めの中火にかけたフライパンで焼いて完成です。 この作り方だと少し厚めのクレープに仕上がるので、薄くしたい時は強力粉を減らしましょう。 材料4つで簡単に作るクレープ生地のレシピです。 作り方は、薄力粉と砂糖を混ぜたら半量の牛乳を加えます。 卵を加えたら残りの牛乳を加えて混ぜ合わせたら生地の完成。 あとはフライパンで薄く伸ばして焼いていくだけです。 コツは材料を加える順番。 この順番さえ守って泡だて器で混ぜていけば、簡単に滑らかな生地ができあがります。 つくれぽ数3500越えの人気レシピ。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【手作り】簡単♪苺のミルクレープ*オーブン不要【ドームケーキ】

クレープ 手作り

もくじ• ノージーを見た直後は、まず画用紙を丸く切って、その上にイチゴやキウイのイラスト(を書いて切り抜いたもの)を糊でペタペタ貼っていたのですが、それだとくり返し遊ぶことができません。 以前、なども、一緒に遊べそう! というわけで、なんとなく揃えてみたのがこちらの材料。 クレープ生地に見えるように肌色っぽいものをチョイス。 くるくるっと巻いて売っているフェルトで、手芸をするとしたら正直質はそんなに良くないと思うけれど…工作なら全然問題なし!!!(手芸でも問題ないけどね!) 適当な紙皿を型紙の代わりにして、くるくるっと円を書いていきます。 下書きにそってチョキチョキカットすればOK! 1ロールで8枚もとれました!1枚だと強度というか、なんとなく頼りない気がしたので2枚重ねることに。 はじめは中表にして縫ってみたのですが、ひっくり返した時の「なんか違う」感が拭えず、ミシンで内側1cmあたりをダダダダダっと縫ってみると、ようやくしっくり。 100均の紙粘土でトッピングを制作 同じくセリアで購入したピンク色の紙粘土。 軽くてふわふわのタイプをチョイス。 ただただこねて丸めてイチゴを作ってみました。 娘と一緒に作りましたが、扱いやすいし1日放置したらしっかり乾燥したので、翌日には使えましたよ! なんとなくイチゴの形に整えて、つまようじでつぶつぶを表現したらオッケー。 絞り袋に綿をつめて口金でリアルに表現 生クリームをデコレーションするために、絞り袋も用意。 ビニール袋なんかで良いと思うのですが、より本物気分を味わうために、家にあった絞り袋に綿を詰めました。 トッピングを並べてクレープ屋さん開店準備 フェルトのクレープ生地を持ちやすいように、少し厚手の画用紙でカップのようなものも作りました。 適当にカットして巻いているだけですが、これだけでぐっと安定します。 レタスはくしゃくしゃっとした折り紙。 トマトは以前作った物。 ウインナーと目玉焼きは、端切れのフェルトを使って新たに加えました。 フェルトのクレープ生地は2枚ずつ重ねて、全部で4枚。 すでに持っているおもちゃを使って、中身のアレンジができる所もお気に入りです。 フライングタイガーで購入したでも紹介しましたが、クレープとアイスでお店屋さんごっこをしたり、パーティーの設定でテーブルに並べたり、おままごとのバリエーションも増えているようで、こちらも楽しい気持ちに。 手作りおもちゃで愛情&愛着倍増 今回の工作(いつもだけど)、お金も全然かかってないからさらに良い。 笑 多少の手間はかかりますが、作っている自分が1番楽しんでいるので苦ではないのかも。 また、隙間時間を見つけてトッピングの制作ができればいいかな、とおもいます。 フェルト生地のクレープ屋さん、おすすめです! 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• 16 カテゴリー• 117• 14 プロフィール.

次の