えきねっと ログインできない。 Netアンサー/セゾンPortalのパズル認証画像が不鮮明で分かりません。 |よくあるご質問Q&A|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

【レビュー】Android版えきねっとアプリがリリースされたので実際に使って検証してみた 使えない?不評? Q&Aで解説

えきねっと ログインできない

\ 新幹線eチケットに対応!! / チケットレスサービスに特化した、えきねっと公式アプリです。 「新幹線eチケットサービス」対象の乗車券・新幹線特急券と「えきねっとチケットレスサービス」対象の在来線指定席特急券を予約可能です。 複数名でご利用の場合はえきねっとWebサイトからご利用ください。 - アプリからは1列車の購入のみ可能です。 複数列車を1度にお申込みの場合はえきねっとWebサイト(PC)の「乗継」メニューからご利用ください。 - アプリでお申込可能な「えきねっとチケットレスサービス」は在来線指定席特急券の購入のみ可能です。 - 「えきねっとチケットレスサービス」での在来線特急列車のご利用には別途乗車券が必要です。 特急券はアプリでご予約の上、乗車券はSuica・モバイルSuicaなどをぜひご利用ください。 - 予約内容の変更・払戻、ICカード情報の変更はえきねっとWebサイトをご利用ください。 - アプリでは新幹線eチケットサービスの「事前受付」及びえきねっとチケットレスサービスの「事前受付サービス」には対応しておりません。 予約は乗車日の1ヶ月前から可能です。 - アプリの予約一覧にはアプリ上で予約した情報、えきねっとWebサイトで予約した「えきねっとチケットレスサービス」の情報、えきねっとWebサイトで予約した「新幹線eチケットサービス」の情報のみ反映しております。 eki-net. eki-net. またチケットレス対応の特急も限られていて、これまたやむを得ないと思います。 これはサービス拡充を待つしかないでしょう。 複数指定不可。 子供の指定も不可。 …休日とか子供と出かけたい時とかもありますよね。 …JR東チケットレス特急って変更が柔軟にできるのがウリだと思うのですが。 Webを使えってなんじゃそりゃ。 などなど、一人でチケットレス特急で通勤する人の為の予約アプリですが、それにしても機能が少ないですね。 今後に期待です。 チケットレス特急愛用者として上記2点は欲しいです。 【残念な点】 ・毎回ログインしなければならない。 都度or常時ログインを選べる様にしてほしい ・購入出来るチケットの種類が少ない。 特急以下のグリーンチケットも購入出来るようにしてほしい ・マイシートが限定的すぎる 区間ならまだしも時間や号車、シート場所まで指定する必要がない。 どこまで指定するかは選ばせて欲しい ・乗車履歴一覧に金額が掲載されていない 過去の履歴閲覧で号車やシート番号は優先順位が低いのでは?いちいちクリックしないと金額が見れないのは不便 ・suicaが連動していない チャージ機能然り、そもそもsuicaアプリ、JR東日本アプリ、えきねっと、すべて統一してほしい。 バラバラにする必要が感じられない。 アプリ格納庫画面の無駄遣い 【総論】 スマート化が進む昨今、このnonスマートなアプリは、かつてスマホ登場時に溢れ出たアプリたちの名残とも言える。 他者のアプリたちは、社会のニーズに伴い淘汰され、進化してきた。 独占企業という座に胡座をかいて、切磋琢磨を怠ってきた当該企業は、アプリという形でその本質を曝け出している。 まずはwebサイト連動アプリから脱却すること。 これが最優先課題であると私は思う。

次の

現状では窓口のほうがラク?「えきねっと」が使いづらい理由

えきねっと ログインできない

えきねっと 事前受付を使って大失敗 1. えきねっとについて&えきねっとのいいところ 新幹線や特急の指定席を予約する方法としては、 ・みどりの窓口 ・電話予約 ・旅行代理店経由 ・えきねっと などがありますが、私は えきねっとを使って指定席券を予約することが多いです。 えきねっととは、JR東日本内の新幹線や特急等の指定席、乗車券をウェブサイトで予約できるインターネットのサービスで、メールアドレスを登録すれば無料で使用できるサービスです。 えきねっと「事前受付」とは? えきねっとには「事前受付」というサービスがあります。 JRの指定席券は、 乗車1ヶ月前の午前10時から一斉に発売されます。 ゴールデンウィークやお盆のような連休時期は、指定席も混むため、1ヶ月前の10時になったらすぐに切符を買いたいと思いますよね。 えきねっとの「事前受付」は、通常は1ヶ月前の10時からしか申し込めない指定席券について、 そのさらに1週間前から予約できるというサービスなのです。 JR指定席は乗車日1ヶ月前の午前10時00分から発売を開始いたしますが、パソコン・スマートフォンからは発売開始日のさらに1週間前(同曜日)の午前5時30分から乗車日1ヶ月前の午前9時54分まで事前のお申込みをすることができます。 ( この場合でも実際に手配を行うのは、乗車日1ヶ月前発売日の午前10時00分からとなります。 ) このサービスを使うことで発売開始日に駅窓口などへ並ぶことなく指定席をお申込みいただけます。 (からの抜粋です) 実はこの赤字の部分がポイントなのですが、発売開始日の1週間前に申し込めるだけで、 実際に指定席の手配を行うのは、他の手段と同じく1ヶ月前の午前10時からになります。 また、事前受付を行った場合、 座席の指定及び座席の変更はできません。 えきねっとを使うメリットである「発券までは座席変更が何回でも可能」「シートマップで座席指定」は、 事前受付の場合は使えないため、要注意です。 人気がある列車の指定席を取りたい時に、みどりの窓口に並ばずに切符が買える、しかも事前に手続きしておくことができるなんて、とても素晴らしいサービスじゃないか、と思っていました。 今回、事前受付サービスを使うまでは。 というのも、このGWの旅行の切符を取るのに「事前受付」をして大失敗してしまったのです。 伊豆について調べてみると、 スーパービュー踊り子号のグリーン車がオススメという口コミを見つけました。 仕事が忙しかったのですが、どうしてもスーパービュー踊り子のグリーン車に乗りたくなったので、この 事前受付を使ってグリーン車を申し込もうと思い、えきねっとの画面から事前受付をしてみました。 えきねっとにログインして、日付選択の画面を開くと、1ヶ月と1週間先までの日付を選択することができます。 これは3月29日にえきねっとから申し込みをした時の画面です。 通常は1ヶ月先の4月29日までしか予約できませんが、1ヶ月と1週間後の 5月5日まで選択可能になっています。 事前に申し込みを済ませ、これで一安心と思っていました。 乗車希望日1ヶ月前になり、その日の 10時10分頃、予約の結果を確認しようと思い、えきねっとにログインしてみました。 コンピューターが自動で申し込みをするから、窓口で並ぶ人達よりも早く手続きできると思い込んでいた私は、既に購入まで処理が終わっているものだと思っていました。 が… 事前受付の結果確認の画面を開くと、予約状況の欄が「 手続中」となっています。 たくさんの人が申し込んでいるから混み合っているのかな?と思いましたが、 発売開始から10分経っても結果が分からないという状況は考えてもいなかったので、不安になって、指定席の予約画面から空き状況を確認してみました。 そうすると、まだ空席があったので、 事前受付をキャンセルして自分で予約しようかと思いましたが、 事前予約は、当日の9時54分を過ぎるとキャンセルができなくなるので、ここで自分で予約してしまうと 事前予約の分とダブルブッキングになる可能性がありました。 もどかしい気分でしたが、事前に申し込んでいるのだから席も取れるだろうと思い、結果を待つことにしました。 昼休みになり、事前受付の結果確認の画面を開くと… 「購入不成立」!! 10時10分に確認したときには空席があったのに、事前受付で買えないというのはどういうことなのか?? 調べてみると、 事前受付経由で切符を手配した場合、入っている予約を順に処理していくので、10時になってすぐに切符が取れるということはあまりなく、 混み合っている時は昼前くらいまで時間がかかることもあるようです。 ネットの情報では、発売初日の発券については、駅ネットの事前予約よりも、 窓口や旅行代理店で10時ちょうどに購入手続きをしてもらう(「10時打ち」というそうです)、もしくは 自分でえきねっと経由で席を取る方が早いということでした。 … 「事前予約」は「事前に」予約手続きができるだけで、当日の購入手続きは早くないのですね。 しっかりしてよ、えきねっと!! これなら10時10分に自分で手続きしておけばよかった…。 事前予約という言葉で安心して使ってしまいましたが、口コミを調べておけばよかったです。 グリーン車は取ることができなかったので、同じ列車の普通車を取ろうとしましたが、4人まとめて座れる席は無く、 2人ずつで別々の車両ならどうにか確保できるという状況でした。 泣く泣くこの飛び席を確保しましたが、旅行へのモチベーションはかなり下がってしまいました。 事前受付不成立から、奇跡のリカバー 2. きっかけはみどりの窓口 その日の会社の帰りに、みどりの窓口に行って、ダメモトでグリーン車の空き状況を確認してもらいました。 やはり満席でしたが、駅員さんからは「発売初日に満席になっても、その後キャンセルや日時変更で空席が出ることがあるので、どうしてもその列車に乗りたかったら、 あきらめないで空き状況を確認してみるといいですよ」と言われました。 そして、「空席があるか無いかは、えきねっとでも調べられますし、こちら(みどりの窓口)にお越しいただければ前後の列車の空きも調べられますので、何かあればいつでもお越しください」と笑顔で言われました。 優しい駅員さんの言葉で心が温かくなりましたし、ちょっとだけ光が見えた気がしました。 次の日に、空席発見! その日の夜に、えきねっとで空席が出ていないか見てみましたが、やはり満席のままでした。 またヘコみましたが、でも駅員さんがあきらめるなって言っていたしな、と思い、次の日(発売二日目)の昼休みに、もう一度えきねっとで空席を確認してみると… 空席がありました! しかも4人一緒に座れます!!ヤッター!! 速攻で席を確保し、購入手続きを済ませました。 それにしても、 昨日は満席だったのに、今日になったらこんなに空席ができるというのはどういうことなのでしょうか? えきねっとで予約した場合、発券前なら席の変更が何回でも可能なので、えきねっとで申し込んだ人が多ければこんなこともあるかもしれませんし、旅行代理店がとりあえず確保した席をリリースするということもあるようですが、それにしても理由がよくわかりません。 今回はたまたま運が良かった? 翌日にキャンセルが出る傾向があるのか気になり、このゴールデンウィークのスーパービュー踊り子号のグリーン車について、発売開始日と翌日の空席の状況を、何日間か確認してみました。 ということで、今回だけがたまたま運が良かったのかもしれませんが、「空席状況をちょこちょこ確認する」といいことがあるかもしれませんね。 お盆休みの予約状況を調べてわかったことを、以下の記事にまとめました。 また、指定席のキャンセルが出やすいタイミングについても詳しく調べてみました。 ( この時は、スマホやパソコンで手軽に確認できるえきねっとの出番です!) この記事を読んだ人が、一人でも多く希望の列車・席を確保できることを祈っております!!!.

次の

「えきねっと」で予約の切符、券売機で発券できない障害 システム改修でソフトに不具合

えきねっと ログインできない

のインターネットサービス「えきねっと」では、ネット上で新幹線などの指定券予約ができる(撮影:梅谷秀司) JR東日本の指定券予約サービス「えきねっと」の使いづらさが、たびたびネット上で話題になっている。 実は筆者は「えきねっと」を使いづらいとは思っていない。 というのも、自宅のパソコンできっぷを予約するときには時刻表を見ながら検索しており、きっぷのルールもだいたいのところはわかっているからだ。 駅できっぷを予約するときにも、駅員のマルス(JRの指定席予約システム)端末操作の動きを観察している。 だがそんな人は例外的であり、世の中一般から見れば「変わっている」のだ。 一般の人は、きっぷの規則にもあまり詳しくなければ、駅員のマルスの操作など観察してはいないだろう。 つまり「えきねっと」は、きっぷの買い方を熟知していないと使いにくいと言えそうだ。 現状では窓口のほうが楽 それならば、一般の人に使いづらいといわれるのはむしろ当然のことである。 高度なシステムであっても、利用するのは一般の人である。 6月下旬、ツイッターで「えきねっと」の使いづらさが話題になったことがあった。 その中で、交通に関するシステム構築などを行う「トラフィックブレイン」社長の太田恒平さんがなぜ使いづらいのか、その理由を説明していた。 そこで、この件について詳しく話を聞くべく、太田さんに会うことにした。 太田さんは鉄道にも詳しく、「えきねっと」がなぜ使いにくいのかを詳しく説明してくれた。 まず、いまだに窓口に人が並んでいるのは、窓口のほうが楽だからと太田さんは言う。 窓口の場合、利用者のあいまいな要望を駅員が整理して端末に入力し、発券してくれる。 だが、ネット予約の場合は、利用者が自ら意識して考え直し、整理した上で操作し、予約しなければならない。 トラフィックブレインの太田恒平社長(筆者撮影) そもそも、きっぷの仕組み自体が複雑である。 国鉄時代から往復割引や乗継割引、都区内や特定市内といったさまざまな制度が存在するのに加え、ネット販売によりJR各社で販売価格やサービス、システムが変わり、より複雑化が進んでいる。 きっぷの制度や予約システムの使い方を熟知していないと、利用目的に合ったきっぷの買い方がわかりにくいのだ。 たとえば、新幹線と在来線特急を乗り継ぐ場合だ。 乗継割引(一定の条件下で新幹線と在来線特急を乗り継ぐと在来線特急料金・指定席料金が半額になる)を使うのと、新幹線を「えきねっと」限定の割引きっぷ「えきねっとトクだ値」で購入し、在来線特急のきっぷを別に買うのとどちらが安いのか、一般にはなかなかわからない(たいていは後者のほうが高い)。 情報の一覧性に課題 「えきねっと」自体については、「多くの人がログイン画面で戸惑う」と太田さんは言う。 予約などを行う際に必要なIDを入力するログイン画面には、「えきねっとユーザーID」と「My JR-EAST ID」の2種類のID入力欄があり、使用頻度が低ければどちらのIDで登録したか忘れている人もいる。 また、日頃使っているのとは別の端末でアクセスすると今度は認証に手間取り、パソコンやスマートフォンを買い替えた際には混乱することが多い。 また、太田さんは「欲しい情報が一覧できない」という欠点があるとも指摘する。 たとえば「乗換・運賃案内」の画面では、出発地と目的地を入力すれば利用できるルートと列車が表示されるが、その画面上で直接、表示された列車の予約や空席の確認をすることはできない。 利用者が操作している段階で、その次にどのような表示が求められるかといった「先読みをしないインターフェイスになっている」ということだ。 使い勝手という点でも、「えきねっと」で予約したきっぷは、原則としてJR東日本・JR北海道の駅と、JR西日本の北陸新幹線エリアの一部駅でしか受け取ることができないという問題がある。 たとえば東海道新幹線のきっぷを予約した場合、東京近郊のJR東日本の駅で往復分を受け取ることは可能だが、もし復路のきっぷを新大阪や広島で受け取ろうとしたらできないことになる。 システムの利便性にも課題がある。 深夜はメンテナンスを行っているため、毎日 23時40分〜0時20分、1時40分〜5時30分の間はきっぷの申し込みや変更などができない。 JR東日本に問い合わせたところ、これは「『えきねっと』の運営において欠かすことのできない作業」という。 一方、航空券の場合は航空会社のサイトだけでなく、旅行会社などのサイトでも予約でき、さらに航空券とホテルなどをまとめて予約できる例が多い。 これは予約システムがオープン化されており、外部の企業のサイトからも参照できるようになっているためだ。 「えきねっと」に限らず鉄道各社の予約サービスは、自社で囲いこんでいるという問題があると太田さんは指摘する。 本来ならば、外部の乗換検索サービスから空席照会などが参照できるようにするべきである。 現在は多くの人が乗換検索アプリで利用する列車を検索していることを考えれば、そこからシームレスに予約ができてもいいはずだ。 JR東日本も改善は行っている。 「『えきねっと』が使いづらいという声はあるか、改善の予定はあるか」と問い合わせたところ、「頂戴いたしましたご意見・ご要望につきましては、サービス改善の参考とさせていただいております」との返答があった。 利用者からの意見を受けた改善の一例としては、従来は登録できるメールアドレスが携帯電話のキャリアメールのみだったのが、その他のメールアドレスでも可能になった点がある。 「2017年6月1日からスマートフォン版、携帯版『えきねっと』の会員登録について、すべてのメールアドレスで登録を可能にし、スマートフォン版、携帯版『えきねっと』でのみサービス提供している『チケットレスサービス』、『ライナー券予約』について、すべてのメールアドレスでご利用がいただけるように改善しました」という。 えきねっとだけの問題ではない だが、「えきねっと」の抱える課題は、国鉄以来のマルスシステム自体が抱える課題にもかかわってくる。 それゆえに上記のサービス改善も、「えきねっと」のシステムのみで解決する部分で行われている。 太田さんは「システムが巨大すぎて手をつけられない」と語る。 「予約の仕組みが開放されてもいないし、標準化されてもいない」と太田さん。 「えきねっと」の抱えるさまざまな課題に対して太田さんは「昔のものを引きずっている」と指摘し、「中の人は歯を食いしばっても直すべき」と厳しい評価をする。 現行のマルスシステム「マルス501」は、2002年10月から稼働し、いまも使い続けられている。 その間にJR各社はさまざまなネット予約システムをつくり出し、きっぷの仕組みはより複雑化した。 「えきねっと」やJR各社の予約システムとマルスシステムとを合わせた改善を、JR東日本と各社には検討していただきたい。 それだけ予約システムは利用者にとって複雑なのだから。 外部サイト.

次の