キンパ レシピ。 韓国の海苔巻きキンパのレシピ。本場でよく入れる基本具材で簡単!色鮮やかに

キンパレシピ!クックパッドの人気1位は?つくれぽ100超えだけ厳選!簡単な作り方も!

キンパ レシピ

タグ 100均 DIY あいうえお作文 アイス アイデア アイテム アイロン アクセサリー アク抜き アレンジ アンティーク インコ・文鳥 インテリア ウォシュレット うさぎ エアコン エビ エプロン おかず おしゃれ おすすめ おにぎり おもちゃ おもてなし おもてなし料理 おやつ お弁当 お手入れ お玉 お神酒 お酢 お風呂 お風呂掃除 カーディガン カスタネット カニ カバー カバン カビ カビ臭い カリカリ カルキ カレー カレー鍋 キーキー音 キーホルダー キッチン キャベツ キンパ クーラー クエン酸 クッキー グッズ グッズ・アイテム グッピー・金魚・メダカ グラタン グリル グルーガン クロス ゲージ ケア ゴーグル コーデ コツ ゴミ箱 ゴミ袋 ゴロゴロ サーキュレーター サイズ サングラス シール シェービングフォーム しおり ジッパー シミ シミ取り じゃがいも シャンプー シュウマイ ジュニア シンプル シンプルライフ スエード スキー・スノーボード スキンシップ スタンド ズッキーニ ストレッチ スポーツ スポーツサングラス スポンジ スライダー スライム セスキ ソース タイミング ダニ タレ チーズ チーズソーズ チャック つくね つまみ テカリ テニス ドア・窓 トイレ トカゲ どのくらい トマト トマトソース トマト缶 トラブル トレーニング ナス ナット ニオイ ニット ネイル パウンド バスケ パスタ バスタオル バッテリー パテ パプリカ ハムスター バレエ パン ハンガー ハンドメイド パンプス ピーマン ひき肉 ピザ ブーケ ファスナー フィルター フライパン ブラインド プラスチック プラバン フラメンコ ブレーキ フレーム ベーキングパウダー ベーコン ペーパードライバー ヘアアクセサリー ヘアカラー ペイント ベランダ ヘルシー ペンキ ホーロー ポイント ホットケーキミックス ホットプレート ポリエステル ボルト マグカップ マスク マッサージ まっすぐ マナー マラソン・ランニング むね肉 メガネ メス メニュー メリット やかん やり方 やり方・手順 ヨーグルト ライト ラッピング リース リゾット リボン リメイク リュック ルール レース レザークラフト レシピ レモン レンジ ワッフル ワッペン ワンピース 一人 一人暮らし 上靴 下水 中学 丼 乾かす 乾燥 予防 予防方法 予防法 事前準備 交換 人気 人間関係 仕事 代用 会いたくない 体が硬い 体を柔らかくする方法 作り方 作り置き 使い方 便利 保存 保存方法 修理 傷 充電 先生 入学式 共働き 具 具材 内容 再婚 冷凍 冷凍ご飯 冷蔵 出産・産卵 出窓 初心者 刺繍 効果 勉強 勘違い 卓球 原因 友達 収納 取り付け 取り方 同居 名付け 名前 和風 和食 喜ぶ 固定 圧力鍋 塗り方 塩唐揚げ 塩素 墨汁 変色 夏 夏休み 夕食 夕飯 外干し 夢 大切 大学 大根おろし 天日干し 夫婦・家族 女の子 女性 好き 姑 婚活 嫌い 子供 子供が喜ぶ 子連れ 季節 定番 家事 家族 家電 容器 密閉 寝室 対処 対処法 対策 寿命 小・中・高校 工夫 布 布団 干し忘れ 干し方 年下 幸せ 幼稚園・保育園 床 弁当 彼氏 後悔 意味 意識 戸建て・アパート 手作り 押し花 挨拶 掃除 掃除・洗濯 排水口 揚げ物 換気扇 支度が遅い 料理 新聞 新聞紙 方法 旅行 早く乾かす 時短 時間 景色 曇り止め 最強 有効活用 服 服・ファッション 服装 朝 朝ごはん 期間 本 本場 材料 枚数 柑橘類 染み抜き 桜 梅雨 棚 植物 業者 正月 武士 歯磨き・歯ブラシ 歴史 残り 母 毎日 比較 毛玉 毛玉取り 気持ち・心理 水 水垢 水抜き栓 水槽 水泳 水漏れ 油汚れ 泡立て方 注意 注意点 洗い方 洗う 洗剤 洗剤投入口 洗浄 洗濯 洗濯槽 洗濯物 洗顔 浴室 海 海外 消す 消臭 消臭剤 湿気取り 準備 漂白剤 漢字 炒める 焼きおにぎり 焼き方 焼肉 煮浸し 片付け 片付け・収納 特徴 犬 猫 献立 理由 理由・原因 生乾き 生乾き臭 生地 男の子 男性 相場 石 秋刀魚 種類 窓拭き 窓掃除 管理 節約 簡単 米 紐 素材 紫外線 結婚 絵・イラスト 締め方 練習 練習メニュー 練習方法 繁殖 置き場 美味しい 習い事 肩こり 育て方 脱皮 自分 自分で 自宅 自己紹介 自転車 臭い 色 花 花束 茶渋 茶碗蒸し 菓子・デザート 菜箸 落とし方 落とす 虫 虫除け 衣類 裁断 裏技 裏返し 親 観光 言葉 試合時間 調味料 豆腐 豚ひき肉 豚挽き肉 豚肉 貴重品 費用 賞味期限 赤ちゃん 趣味 足の臭い 身長・体重 車 車・運転 車同士 近所 造花 道具 違い 違反 選び方 那須 部屋 部屋干し 酸性 酸素 酸素系漂白剤 重曹 野球 野菜 釣り 鍋 除湿剤 雑菌 離婚 雨 雨よけ 電圧低下 電子レンジ 韓国 頻度 風呂 風呂掃除 風呂釜 食事 食用 飲み物 飼い主 飼い方 飾る 餌 高所 髪型 鳴き声 鳴らし方 鶏肉 黒ずみ 黒豆 目次• 韓国本場のキンパの作り方、まずはキンパについてご紹介 韓国で食べられているキンパは見た目は日本の海苔巻きのような食べ物ですが、日本のおにぎりのように手軽で頻度が高く食べられています。 沢山の食材が入っていてキンパをだけでも体に良い栄養を摂取することができます。 茹でたほうれん草や綺麗な黄色のたくあん、茹でた人参などで色鮮やかな食材をごま油と塩で味付けしたご飯の上に乗せて、のりで巻かれている食べ物です。 中の食材を色々なものに変え楽しむこともできます。 ほうれん草(生のカットされていないもの) 80グラム• 人参 50グラム• 卵 1個• 黄色いたくあん1本• 大きい韓国海苔 2枚• 白いりゴマ• ごま油(ご飯の味付け用) 12グラム• 塩(ご飯の味付け用) 10グラム• 先にごま油で野菜に膜を作る事で味のついたものに直接触れず野菜から水が出づらくなります。 まずは中の具材の野菜から用意します。 ほうれん草を水を張ったボウルの中に入れて分かれている茎の間も開いて入っている土を出します。 人参は皮をむいて斜めに5ミリくらいの厚さにスライスしさらにそこから千切りします。 大き目の鍋に多めの水を入れて沸騰させます。 沸騰したら塩を一つまみ入れて洗ったほうれん草を茎からいれ、再度沸騰して20秒ほど立ってからざるにあけ冷水に浸します。 フライパンを熱しごま油を敷きます。 1で用意した人参をフライパンの中に入れてそのままごま油をからませます。 全体がごま油でツヤが出たら塩を少々入れて人参がしんなりするまで炒めます。 2で茹で上がったほうれん草をそろえ5センチほどの長さにカットします。 カットしたほうれん草はしっかり水気を絞りボウルに入れ全体をほぐします。 その中にごま油を入れて全体に絡めます全体が絡んだら塩を一つまみ入れて混ぜます。 卵をボウルに割り、大きめのフォークで混ぜます。 フォークで混ぜる事で白身が切れてしっかり混ざりあいます。 塩コショウを入れて、フライパンで薄焼きにします。 たくあんを長いまま1センチ四方になるように切ります。 炊き上がった固めのご飯をボウルに入れてごま油を入れて全体にまぶします。 それから塩を入れて味付けをします。 巻きすに海苔を大きいまま乗せて自分側から三分の一海苔を残してご飯を敷きます。 作った具材をすべてご飯の上に乗せます。 太さが均等になるよう、切った断面の色合いも考慮しながら置きましょう。 自分側から巻くたびに少し圧をかけて巻き最後は少しのりが安定するまで時間をおきます。 食べやすい大きさにカットして出来上がりです。 本場のキンパも種類が豊富 日本には助六寿司という海苔巻きや稲荷寿司がコンビニや食品店などで手軽に購入できます。 ご飯が酢飯になっていて1つずつ手でつまんで食べられ手軽に食べられます。 キンパは同じように手軽に食べられる食品のひとつで色々な味付けのキンパが売られています。 甘辛い味付けが食欲をそそる。 コチュジャンの辛く甘い味付けされた鶏肉が具材として入っているキンパです。 食べ応えがありますが使われているお米が雑穀米のため食物繊維もしっかり取れます。 炭火焼きの風味が後を引きます。 豚のばら肉をしっかり焦げ目をつけて焼いたような味付けにしキンパに入れたものもあります。 使われている野菜はえごまの葉でシソと似ていますが、味は香ばしく少しくせのある風味が後を引きます。 お子様にも食べられる味付けのキンパ 定番のほうれん草や人参、たくあんのほかにチーズやスパムというような優しい味のものが入っているキンパもあります。 チーズのクリーミーさとスパムの濃厚な味が合います。 キンパの本場韓国のコンビニでも人気!ちょっと変わったキンパの作り方 手軽な食材をプラス かにかまをほぐして入れたり、ちくわを縦に四つ切にして入れたり自分流のキンパを作ってみましょう。 野菜のキンパはあっさりして食べやすいですが食べ応えのあるキンパにする事でお腹も満たされます。 あまり手をかけずに作ってみましょう。 しっかり油を絞ったツナ缶詰や細かく切った白菜キムチ、きゅうりのナムル等を使ってキンパを作ってみましょう。 熱を使わず簡単に作り始められます。 中に入れる食材の水分をしっかり切ることが大事です。 チーズタッカルビキンパ 鶏肉を甘辛いコチュジャンと摩り下ろしにんにくで味付けし香ばしく焼いたタッカルビを細かく切ってキンパに巻いてみましょう。 中にとろけるチーズを一緒にまくとチーズタッカルビのキンパになります。 本場韓国有名店のキンパの作り方もご紹介 卵多めのキンパ 基本のキンパの卵の使い方とは全く違い、ただ沢山入れただけではなくひとてまくわえることが大事です。 ほうれん草のナムル• 人参のナムル• たくあん• 白いりゴマ• ごま油• 卵 2個• 韓国のり(大きいもの)• 巻きす• 卵の作り方がポイントです。 卵をボウルに割りいれ塩コショウを入れてフォークを使ってしっかり白身と黄身を混ぜます。 フライパンに油を敷いて薄焼き卵を作ります。 裏表しっかり焼きましょう。 焼けた卵はまな板の上に乗せて細く切ります。 全部細く切ったら再度同じフライパンに戻しごま油、白ゴマで香ばしく味付けします。 中に入れる卵の出来上がりです。 巻きすに韓国のりを敷きご飯を薄くしきます。 その上に具材を乗せて巻くと本場の味に近いキンパの出来上がりです。

次の

焼肉のタレで簡単 キンパ風太巻き 作り方・レシピ

キンパ レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

『簡単キンパ』木金レシピ☆ヒルナンデス(6/27放送)

キンパ レシピ

ごま油の香りが良い韓国の海苔巻き 日本に住み始めたばかりの時に、意外とこのキンパが一番恋しかったです。 韓国の海苔巻きを김밥(キンパプ・キンパ)と言いますが、韓国ではキンパ専門店が多くてよく利用していました。 美味しく野菜も取れて、安くて、忙しい時もすぐ食べられる手軽さがあるので、昔から皆に愛されています。 お店で買って食べる時が多いですが、遠足など特別な日には家で作ります。 今回は キンパの作り方を写真と合わせて分かりやすく紹介します。 韓国人がよく入れる基本具材6種類で ベーシックキンパ4本、ツナマヨを追加して ツナキンパを2本作りました。 ツナの代わりにプルコギを入れても美味しいです。 日本の太巻きに比べて、ご飯の量は少なめ。 酢飯ではなく、温かいごはんで作ります。 人参、ほうれん草、ゴボウは多めに入れるのがおすすめです! 人参とほうれん草で彩りよくなり、甘辛いゴボウはキンパの味と歯ごたえの良いアクセントになります。 ご飯 3合半• 海苔 6枚• 調味料 醤油、塩、酒、みりん、砂糖、ごま油、白ごま、サラダ油、粉唐辛子(好み)、マヨネーズ(ツナ用)• 【 具材】カニカマ、キンパ用ハムを入れる人も多いです。 プルコギなどその他人気具材はに詳しく書きました。 【 海苔】韓国のりではなく、普通の海苔を用意します。 ひと目で分かるレシピ キンパ具材の準備が完了。 1 卵に酒1、塩少々を加えてよく溶きます。 フライパンにサラダ油をひき、卵を入れます。 弱中火で両面を焼いた後、包丁で細長く切ります。 2 人参を千切りにします。 フライパンにサラダ油をひき、人参を中強火で炒めます。 最後に塩を入れて薄めに味付けします。 3 ゴボウを千切りにします。 フライパンにゴボウと水1カップ、醤油3、みりん2、砂糖2を入れて、汁気がなくなるまで中強火で煮詰めます。 4 ほうれん草の根本を切り落とし、30秒間茹でます。 水気をよく絞ってから、ごま油1、白ごま(すりごま)たっぷり、塩少々を入れて和えます。 5 たくあんを細長く切ります(キュウリ、カニカマ、ハムを入れる場合、細長く切る)• 6 さつま揚げを細長く切り、サラダ油で炒めます。 7 ツナは油をしっかり切り、マヨネーズ1~2を混ぜます。 ( プルコギキンパを作る場合は、牛肉に醤油、砂糖、酒、おろしにんにく、ごま油、コショウを入れて揉み込んで10分後に炒める)• 8 温かいご飯に、ごま油2、塩少々、(白ごま)を入れて混ぜます。 常温で半日~1日間日持ちします。 写真付きの詳しい作り方 中・大サイズのフライパン1つとほうれん草を茹でる鍋が必要です。 この流れで作ると、フライパンを洗わずに済みます~。 Step1 卵に酒大さじ1、塩少々を加えてよく溶きます。 フライパンにサラダ油をひき、卵を入れます。 弱中火で両面を焼きます。 裏返した時に少し破れてしまいましたが、全然大丈夫です^^ 包丁で細長く切ります。 日本式で厚目で焼いても良いです。 Step2 人参を千切りにします。 スライサーを使って細く切っても大丈夫です。 フライパンにサラダ油をひき、人参を中強火で炒めます。 最後に「塩」を入れて薄めに味付けします。 卵焼きと人参の完成。 さて、次はゴボウ。 Step3 ゴボウを千切りにします。 ごぼうは泥を洗い落とし、たわしやアルミホイルでこすって皮をむきます。 ささがき、または斜め薄切り後千切りにしてから、水に5分ほどひたしておきます。 のように、後半に豚(牛)のひき肉を加えても美味しいです。 根本から半分を先に入れて15秒ほど、全部を入れて15秒ほど茹でます。 水気をよく絞ってから、ごま油1、白ごま、塩少々を入れて和えます。 ほうれん草の水気をしっかり絞るのも大事。 白ごまの代わりに、すりごまでも良いです。 たっぷり入れます。 Step5 たくあんを細長く切ります 韓国のキンパに入るたくあんは、甘口なので、甘めのたくあんを入れるのがオススメです。 これで、具材5種類が完成です~。 ほうれん草の代わりに、生のキュウリを入れることも多いです。 生のキュウリは、炒めずに細長く切るだけでも良いです。 カニカマ、ハムを入れる人も多いので、好きな方は細長く用意します。 ハムはサラダ油で少し炒めたほうが美味しいですね。 Step6 さつま揚げを細長く切り、サラダ油で炒めます。 粉唐辛子は基本入れませんが、ピリ辛が好きな方にオススメです。 Step7 ツナは油をしっかり切り、マヨネーズ大さじ1~2を混ぜます。 ツナ缶1つで2本のツナキンパが作れます。 プルコギキンパを作りたい方は、牛肉に醤油、砂糖、酒、おろしにんにく、ごま油、コショウを入れて揉み込んで10分後に炒めます。 Step8 温かいご飯に、ごま油大さじ2、塩少々、(白ごま)を入れて混ぜます。 切るように混ぜます。 ご飯は硬すぎるより少しだけ水気が多いほうが良いです。 少ししっとりした感じのあるご飯が他の具材と味がまとまりやすくてオススメです。 白ごまは、好みで。 ご飯に少し味付けする人が多いですが、全く味付けをしない人もいます。 海苔も用意します。 これですべての材料が揃いました! す巻きがなくても大丈夫ですが、あったほうが全体の形を整えられるから綺麗に巻けます。 完成したキンパを乗せる皿も用意して、巻いていきます~。 順番は特にないですが、細かく切ってあるゴボウ、人参を先に乗せたほうが、巻くときに失敗しにくいです。 海苔だけ残っている部分に ご飯粒をつけると、くっつきやすくて良いです。 好みで海苔の外側にごま油を薄く塗り、白ごまをかけますが、後で6本まとめてやります。 お皿には、巻き終わりを下にしておきます。 どんどん巻いていきます~! ゴボウはこれくらいたっぷり入れるのが美味しいです。 日本の海苔は、韓国の海苔より厚くて破れにくいですが、もし破れたりしたら、に書いたどおりに、4分の1くらいに切った細い海苔を斜めに重ねて巻く手もあります。 6本のキンパ、全部巻き終わりました。 もともと8本を巻くつもりだったので具材が残ってしまいましたが、レシピの 具材の量は、6本分で調整したものです~。 ごま油を垂らして、スプーンで軽く塗って、白ごまをかけます。 上の2本は、ツナキンパ。 残りの4本は基本キンパ! もう一度、上から一枚^^ 横から一枚^^ ごま油の香りがよく、食欲をそそります。 早速食べるために、3本を切りました。 包丁で切っていきますが、時々濡らした布巾で包丁を拭きます。 ツナキンパ2本と基本キンパ1本を切って、美味しく完食しました。 (ひとりで食べてないです) これは、ツナキンパですが、 ツナを入れようと思って、ゴボウを少し少なめに入れてしまいましたが、 ゴボウは写真より多めが美味しいです。 日本で紹介されているキンパのレシピを見ると、ゴボウが入ってない時が多いですが、ゴボウの甘辛さと歯ごたえはキンパで大事なポイントになるので、省略しないほうが良いと思います。 でもゴボウキンパを作るおばあちゃんの映像も紹介しながら、同じ話をしました^^ 残りのキンパは、韓国のキンパ専門店のように、1本ずつアルミホイルに包んで保存するのが良いです。 日本のおにぎりもラップよりアルミホイルが美味しさが保つそうです。 常温で半日~1日間、日持ちします。 キンパは冷めても美味しいですが、冷蔵庫に入れて冷たくなると美味しくないです。 残りの具材で、もう一度キンパを作ろうかなと思いましたが、結局ビビンバにしました。 子供の遠足の時とか、おうちで何かイベントがある時にぜひ作ってみてください^^.

次の